棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

Bonanza

ダークホースのAperyが世界コンピュータ将棋選手権で優勝

5月3日、4日、5日の3日間にわたって開催された、
第24回世界コンピュータ将棋選手権は、
2次予選を8位ぎりぎりで通過したAperyが大逆転で初優勝しました。

決勝トーナメントは二次予選の結果1位から順に、
激指、NineDayFever、ツツカナ、Bonanza、ponanza、YSS、N4S、
Aperyの8ソフトで決勝リーグが争われる事になりました。
YSSの山下さんはなんと渋滞に巻き込まれ、二次予選の初戦を不戦敗となり、
最初の4局で1勝3敗と絶体絶命の危機に陥りましたが、
そこから5連勝で決勝トーナメントに勝ち残り、
解説の勝又六段にゾンビと言われてました。
これで19年連続決勝リーグ入りですから、毎年安定して強いですね。
その他ではツツカナがトラブルによりノートPCで戦うことになりましたが、
それでも3位で二次予選通過とやっぱり強いです。
また、ponanzaがネットワークトラブルで2回負け、新しい事をやる難しさが伺えます。
習甦はマシントラブルにより本来の力が出せず、
二次予選を4勝5敗で敗退となりました。
GPS将棋は今回クラスタ化をせずに挑みましたが、
5勝4敗の11位で二次予選敗退になりました。

決勝リーグでは前日のトラブルを修正したponanzaが5連勝とし、
3勝2敗でAperyとNineDayFeverが追う展開で、
これはponanza優勝かと思われましたが、これが波乱の幕開けでした。
6回戦のponanzaとAperyの直接対決で、
解説の遠山五段がAperyが優勢なのではという局面で、先手Aperyは評価値+300、
後手ponanzaも+180とお互い自分がいいという評価で割れました。
その後Aperyが+1000点だという局面でも、ponanzaは-80だと言い張り、
どちらが正しいのかという将棋になりましたが、
Aperyと遠山五段が正しくて直接対決を制し、Aperyが最終局まで望みを繋ぎました。
また、最終局もponanzaが+300、YSSも+420とお互い自分がいいという評価になりましたが、
YSSがらしからぬ猛攻でponanzaを押し切り、
勝又六段「YSSの事昨日ゾンビって言っちゃったんだけど今日は死神ですね」
これでponanzaが5連勝からの連敗でAperyと勝ち星が並んでしまい、
直接対決の結果が効いてAperyの初優勝となりました。
YSSは優勝を争ったponanzaにもAperyにも勝っているので、確かに死神ですね。
また、Bonanzaは二次予選と決勝でNineDayFeverに連勝しましたがponanzaに連敗、
といったように将棋ソフトの間でも相性があるようです。

第24回世界コンピュータ将棋選手権結果
1位 Apery(5-2)
2位 ponanza(5-2)
3位 YSS(4-3)
4位 NineDayFever(4-3)
5位 激指(4-3)
6位 Bonanza(3-4)
7位 ツツカナ(3-4)
8位 N4S(0-7)

ツツカナはノートパソコンで決勝リーグは流石に厳しかったですか。
最後に新人賞と独創賞が発表され、
新人賞にN4S、独創賞はNineDayFeverとなりました。
PonanzaはPonaXが5月30日発売となりますが、アピールできたかな?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

マイナビ 将棋新世紀 PonaX
¥10,871







渡辺竜王対Bonanzaを振り返る

渡辺竜王ボナンザ


2007年に行われた大和証券杯特別対局、Bonanza対渡辺明竜王の対局の動画です。
当時はハイスペックなマシンに積んだBonanzaがどのくらい強いのかが誰もわからず、
最初の挨拶から期待と不安と謙遜が混ざっていて面白いです。
動画の7:34くらいにBonanzaが▲6四歩とつき、
鈴木大介八段が今のプロの人では指せる人がいないと言っています。
この手は渡辺竜王も驚いたらしく次のように語っています。

渡辺明著「明日対局。」より

ここです。第21図からの▲6四歩。
見た瞬間、思わず「なんだそれ?(なんだその暖手は)」と声が出ました。
▲9一馬の利きが止まるし、▲6三歩成としても穴熊には響きません。
「これはもらった」と思い熟考に沈みました。
数分後「…実は▲6四歩は好手?」
<中略>
ボナンザは「▲6四歩と突いたら相手は攻めてくるしかない。それならば受けきれる」
という読みで▲6四歩を選んだのです。
人間なら「▲6四歩は馬筋が止まって怖いから」という感覚的理由で考えない手です。
一連の手順を見て「今までのボナンザとは別人のように強い」ということが分かりました。


その後Bonanzaが優勢という展開になりましたが、
8:53に渡辺竜王が指した△3九竜で、渡辺竜王の勝ちになりました。
その後の会見ではコンピュータは終盤が強いので△3九竜を見落としたのは意外だった、
との感想が述べられていますが、
今ではこの手はコンピュータには難しい手だったというのが分かってきました。

将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~より
習甦開発者竹内章さんの話

2007年の渡辺二冠対ボナンザの一戦で、
相穴熊の終盤、図から渡辺さんが△3九竜と切り、
一手一手の寄せでボナンザに勝ちましたよね。
ボナンザは自玉がだんだん受けなしに追い込まれているのに、
駒をたくさん持っているので優勢と最後のほうまで判断していた。
<中略>
――今の習甦ならあの△3九竜を指せますか。
評価関数によってばらつきはありますが、いまだに、はっきり指せますとは言えません。
習甦も一時指せた時期もあるんですが、今はまた指せなくなりました。


渡辺二冠は対局直後にブログで、
コンピューターは詰みがすごいので終盤が強いというイメージがありましたが
詰み以外の終盤の技術は苦手ということがわかった
と述べていますが、結局これが正解に一番近いんだと思います。
また、この対局では中盤Bonanzaの▲6四歩からBonanza優勢になり、
終盤渡辺竜王がひっくり返したという将棋でしたが、
今度の電王戦第3局に登場する豊島将之七段もYSSとの対局を通して、
コンピュータは序盤が不自然で中盤が強く、
終盤は人間も戦えてたまに不自然なウッカリをする時があると言っています。
ということは前回の電王戦で、
コンピュータの得意な中盤戦で形勢をひっくり返した佐藤慎一四段や、
船江恒平五段の将棋が一番盛り上がったというのは必然だったのでしょう。
現在はponanza(ノートPC)に勝てたら100万円!というイベントがあり、
3月1日と2日でponanzaが84連勝しました。
イベントは今週末の8日9日にもあり、アマチュアが勝ったら、
ponanza開発者の山本一成さんの結婚資金から100万円が賞金として贈られる、
ということで盛り上がっています。
アマチュアが優勢になる対局も結構でていて、山本さんもTwitterで悲鳴を上げています。
100万円を持って行く人が現れるのか注目です。

当時の渡辺二冠のブログ記事
大和証券杯特別対局ボナンザ戦。その1(対局準備)
大和証券杯特別対局ボナンザ戦。その2(当日編)
ボナンザ戦補足など。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~
¥1,554






将棋電王トーナメントPV

将棋電王トーナメント


ドワンゴの川上会長が、
「珍しくためになるPVでしたね。NHKみたいな。」
と言った将棋電王トーナメントのPVです。
PV中で勝敗が決まるまでの手数は10の220乗通りくらいとありますが、
観測可能な宇宙内の原子の数がだいたい10の80乗くらいとのことですから、
将棋の世界はずいぶん広いということがわかりますね。

マイナビに電王戦に関する記事がのっています。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか
夢枕獏、海堂尊、貴志祐介著
¥1,680






Bonanza大復活で2度目の優勝

第23回世界コンピュータ将棋選手権の決勝が終わり、
Bonanzaが初登場初優勝を遂げた2006年以来の優勝を遂げ、
去年の二次予選敗退から大復活を果たしました。

最終結果はこちら

1位Bonanza(5-2)
2位ponanza(5-2)
3位GPS将棋(5-2)
4位激指(4-3)
5位NineDayFever(3-4)
6位ツツカナ(3-4)
7位習甦(2-5)
8位YSS(1-6)

5勝2敗で3ソフトが並びましたが、
どれだけ強い相手に勝ったかという差でBonanzaの優勝となりました。
簡単に言いますと自身が勝った相手がどれだけ勝ったかで順位を決めています。
BonanzaはGPS将棋、激指、NineDayFever、ツツカナ、YSSに勝っているのですが、
今並べたソフトが合計で16勝しています。
ponanzaはBonanza、激指、ツツカナ、習甦、YSSに勝っていて、
これらのソフトは合計で15勝、GPSは同様の計算で14勝ですので、
Bonanzaが強いソフトに勝ったということで優勝になりました。

Bonanzaは2009年にソースコードを公開しました。
その後ボナンザライブラリを利用した、
ボナンザチルドレンと呼ばれるソフトが次々登場して、
コンピュータ将棋界に革命を与えたソフトです。
しかし盤上でもボナンザ囲いと呼ばれる囲いを編み出しました。
これは今のボナンザでは出てこないのですが、
優勝した2006年のバージョンではよく指されていたものです。
しかし、今では角換わりの将棋で、
タイトル戦でもでてくる重要な囲いの一つになりました。
例えば第25期竜王戦第2局第4局で、後手になった丸山九段が指されています。
第2局は負け、第4局は勝ちだったのですが、
負けた第2局でも囲いを作って先手の攻めが止まったところでは、
後手がやや指しやすいくらいだったようです。
このようにBonanzaはコンピュータ将棋界、盤上の将棋両方に影響を与えました。

第3回電王戦が第2回のように開催されるとすると、
出場ソフトはBonanza、ponanza、GPS将棋、激指、NineDayFeverの5ソフトになります。
第2回で圧倒的な差し回しだったGPS将棋が3番目に登場ということで、
プロ棋士側としては頭が痛いところかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ