棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

Apery

将棋電王戦FINAL初戦は斉藤五段がAperyに勝利

いよいよ今日から始まった電王戦ファイナル、
初戦の斉藤慎太郎五段対Aperyの対局は、斉藤五段が勝利しました。
斉藤五段おめでとう!

タイムシフトで視聴できます

den1-1
これが電王手君から進化した電王手さんだ!

今日の将棋は、後手番のAperyの角道を止める四間飛車に、
斉藤五段が穴熊に囲おうとしたところで、
Aperyから大乱戦を仕掛けるという展開になりました。

この局面は解説の鈴木八段や木村八段は後手が無理をしているという見解でしたが、
夕方くらいに現地で解説していた糸谷竜王は先手がいいけど勝率は53%、
鈴木八段は80%勝つよHAHAHAと言っていたので見解が分かれていました。

負けが決まったAperyは宣言通りの王手ラッシュ。
解説の鈴木八段はやめてくれよーという感じでしたが、
今回はFINALということで、
もうこういう舞台に立つことは無いかもしれない平岡さんの気持ちはわかります。
多分鈴木八段は弟子の梶浦三段が今日の三段リーグで2連勝して四段に昇段したので、
早く祝いたいんじゃあああという気持ちも多分に含まれてたと思われます。

それにしても斉藤五段の勝ち方はかっこよかったですね。
対局後のインタビューで開発者の平岡さんも満足そうな表情をされていました。

見所
角川会長のコメント。1:05:20~
電王戦継続したいからもっとおらにパワーをわけてくれ!みたいな感じで、
皆様の声で継続できるかもしれないので、意見投稿よろしくとのこと。

電王手さん開発者澤田さんインタビュー。1:31:00
僕が電王手君の開発だけやってるように思われちゃって、本当は違います。

現地解説の村田顕弘五段の動揺っぷり。9:36:40~
え、りゅ、りゅ、りゅうとりましたか?
あのー、え、ちょっとあのーえ、ちょっとあの聞いてもらっていいですか?
りゅうをとるっていうのは、えー。
文字に起こしたらひふみんみたいだ。人間ってこんなに動揺できるんですね。

他にもお互いを口撃する鈴木八段と木村八段、
弟子の四段昇段が決まってデレる鈴木八段、
謎の盛り上がりを見せる現地大盤解説、
かっこよく決めに行く斉藤五段など見所シーン満載です。

斉藤五段の決め手が見えなかったPonanza

著書にサインをもらった平岡さん
かっこよく決めてもらってノーサイド感がすごいですな

その他
今回から現地の棋士が話したことが画面に表示され、
twitterに投稿されることになりました。
音声認識技術をつかっているそうで、豊川七段のおやじギャグにも対応しようとしたが、
ちゃんとできたかは分からないとのこと。
藤田女流のりょうどりへっぷばーんは誤認識されましたが、
駄洒落を言う時の発音は普段の発音とちょっと変わってしまうといういことで、
豊川七段の自然に出てくるおやじギャグならいけるかもしれません。


感想
初戦で勝つかもしれないという期待値が高い斉藤五段でしたので、
無事に勝ってひとまず次回以降の勝敗も注目ということになってよかったです。
鈴木八段や木村八段はいつも通り安定した解説でしたが、
関西の大盤解説会の盛り上がりはすごかったですね。
将棋もAperyが乱戦を仕掛けて面白い展開になりましたし、
きっちり動きをとがめてかっこよく勝った斉藤五段は立派です。
対局後の記者会見も落ち着いている斉藤五段とパニクっている平岡さんも、
どちらも真剣に取り組んできたというのが伝わってきて熱かったです。
これは2局目の永瀬六段も気合が入るでしょう。
終局後に鈴木八段と木村八段が初手から並べましたが、
最後の王手ラッシュの手順までちゃんと覚えてるのには驚きました。

視聴者数:300,202
コメント数:375,184

ダークホースのAperyが世界コンピュータ将棋選手権で優勝

5月3日、4日、5日の3日間にわたって開催された、
第24回世界コンピュータ将棋選手権は、
2次予選を8位ぎりぎりで通過したAperyが大逆転で初優勝しました。

決勝トーナメントは二次予選の結果1位から順に、
激指、NineDayFever、ツツカナ、Bonanza、ponanza、YSS、N4S、
Aperyの8ソフトで決勝リーグが争われる事になりました。
YSSの山下さんはなんと渋滞に巻き込まれ、二次予選の初戦を不戦敗となり、
最初の4局で1勝3敗と絶体絶命の危機に陥りましたが、
そこから5連勝で決勝トーナメントに勝ち残り、
解説の勝又六段にゾンビと言われてました。
これで19年連続決勝リーグ入りですから、毎年安定して強いですね。
その他ではツツカナがトラブルによりノートPCで戦うことになりましたが、
それでも3位で二次予選通過とやっぱり強いです。
また、ponanzaがネットワークトラブルで2回負け、新しい事をやる難しさが伺えます。
習甦はマシントラブルにより本来の力が出せず、
二次予選を4勝5敗で敗退となりました。
GPS将棋は今回クラスタ化をせずに挑みましたが、
5勝4敗の11位で二次予選敗退になりました。

決勝リーグでは前日のトラブルを修正したponanzaが5連勝とし、
3勝2敗でAperyとNineDayFeverが追う展開で、
これはponanza優勝かと思われましたが、これが波乱の幕開けでした。
6回戦のponanzaとAperyの直接対決で、
解説の遠山五段がAperyが優勢なのではという局面で、先手Aperyは評価値+300、
後手ponanzaも+180とお互い自分がいいという評価で割れました。
その後Aperyが+1000点だという局面でも、ponanzaは-80だと言い張り、
どちらが正しいのかという将棋になりましたが、
Aperyと遠山五段が正しくて直接対決を制し、Aperyが最終局まで望みを繋ぎました。
また、最終局もponanzaが+300、YSSも+420とお互い自分がいいという評価になりましたが、
YSSがらしからぬ猛攻でponanzaを押し切り、
勝又六段「YSSの事昨日ゾンビって言っちゃったんだけど今日は死神ですね」
これでponanzaが5連勝からの連敗でAperyと勝ち星が並んでしまい、
直接対決の結果が効いてAperyの初優勝となりました。
YSSは優勝を争ったponanzaにもAperyにも勝っているので、確かに死神ですね。
また、Bonanzaは二次予選と決勝でNineDayFeverに連勝しましたがponanzaに連敗、
といったように将棋ソフトの間でも相性があるようです。

第24回世界コンピュータ将棋選手権結果
1位 Apery(5-2)
2位 ponanza(5-2)
3位 YSS(4-3)
4位 NineDayFever(4-3)
5位 激指(4-3)
6位 Bonanza(3-4)
7位 ツツカナ(3-4)
8位 N4S(0-7)

ツツカナはノートパソコンで決勝リーグは流石に厳しかったですか。
最後に新人賞と独創賞が発表され、
新人賞にN4S、独創賞はNineDayFeverとなりました。
PonanzaはPonaXが5月30日発売となりますが、アピールできたかな?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

マイナビ 将棋新世紀 PonaX
¥10,871







記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ