「電王戦リベンジマッチ 激闘23時間」菅井竜也五段 vs 習甦


2014年7月19日18時~20日17時まで、ニコニコ23時間テレビが放送されます。
その企画第1弾として、久本雅美さんによるゲストを迎えての本音恋愛トーク、
作曲家・新垣隆さんの交響曲HARIKOMIの製作、
そして菅井竜也五段が習甦と対局するリベンジマッチが発表されました。
持ち時間は8時間、使い切ると秒読み1分、チェスクロック方式ということで、
両者使い切ると16時間プラス秒読みという長丁場になります。
対局は19日13時からということで、ニコニコ23時間テレビに先立って開始されますが、
持ち時間をフルに使うと終わるのが翌日5時プラス秒読みプラス休憩時間ということで、
終盤頭が働いている視聴者はいるのだろうか…。

リベンジマッチについて羽生先生と森内先生でもした事ないんですよ、
人間追い込まれたら120%くらい力出すんですよと豪語する菅井五段ですが、
将棋界での追い込まれる環境というのはタイトル戦くらいですから、
そんな環境に身を置いて早くトップに追いつきたいという菅井五段の意思が見えます。

羽生善治、岡田武史著「勝負哲学」より岡田監督の話

「うーん、どうもすっきりしないなあ」と悶々とした気持ちを抱えながら、
その夜、試合のビデオを何度も見直していました。
すると、夜中の三時半ごろ、ふっと女神のしっぽをつかんだ気がしたんです。
三本目のやり方にプラス、松井、大久保の両サイドも加えた五人のMFを
全員横に並べてみたらどうだろう─そうひらめいたんですね。
<中略>
それからコーチを叩き起こして、また映像を見直し、
ホワイトボードの磁石で何度もシミュレーションをして、夜が明けるころには、
ひらめきが「これしかない」という確信に変わっていったんです。


2010年のワールドカップで、
岡田監督は大会の直前でシステムの変更と選手の入れ替えを決断しました。
その結果ワールドカップ4試合でわずか2失点、ベスト16という結果に繋がりましたが、
そこには深夜のひらめきがありました。
動画の中で久保利明九段が、振り飛車は感性で指していくと述べていますが、
勝負哲学の中で羽生さんは、いままでに経験したいろいろなことや
積み上げてきたさまざまなものの層が厚いほど、生み出された直感の精度が上がる、
と述べています。
また、岡田監督は直感を働かせるタイミングについて、
結論を出す瀬戸際までは理論でできるだけ精密に積み重ねるけれども、
最後の一片を埋める決断は直感ですると述べています。
電王戦に出場が決まった直後から急に成績が上向いた森下卓九段のように、
菅井五段も何かを掴んでもっと上のステージに行って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

勝負哲学
羽生善治、岡田武史著
¥1,620