棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

阿久津主税

羽生名人が行方八段を4-1で下し名人位を防衛!

羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期名人戦七番勝負第5局は、
羽生名人が勝利して名人位を防衛しました。

meijin5-1
本田女流「注目の封じ手は何でしょうか」
阿久津八段「ここは△7三銀か△7五歩の2択ですね。
羽生名人は駒が前に出て行く将棋なので△7五歩ですかね」
本田女流「どきどきしますね」

注目の封じ手は△7三銀。
阿久津八段「こうやって外れるんですね」

ニコニコ生放送では9時から、解説に阿久津主税八段、
聞き手に本田小百合女流三段で大盤解説会が始まりました。

meijin5-2
おはようございます。

△7五歩は先手の馬が後手の攻撃陣を牽制する形になるので、
それを嫌ったのではないかとのこと。
守りの方で手をかけずに攻めに手を加える藤井矢倉なので、
これから行方八段が攻める展開になるらしい。

リレー質問
飯塚七段から阿久津八段へ
居飛車振り飛車両方指されますが、それぞれ作戦を選ぶ時の感覚や、
気持ちの違いを教えてください。
阿久津八段「どちらもやるんですけど、最近居飛車の方が私は多いんですけど、
結構その日で決めます。
先後が決まってない将棋でしたら、
常にやりたい戦型は何個かあるんですけど、その日の気分とか、
先手なら角換わり、相掛かり、後手だったら横歩取りとか、考えていく事が多いです。
振り飛車やるときも、ごきげん中飛車をやったら穴熊が多い相手というように、
戦型がしぼりやすいと思ったらやることが多いですね。
振り飛車をやる時が今日飛車振りたいなあと思う事が多いです。
振り飛車のほうが捌けた時気持ちいいなあとか、
ずっと同じ戦型ばかり指していると飽きるので」
本田女流「居飛車と振り飛車の感覚って全然違うじゃないですか」
阿久津八段「そこまでではないかなと思います。そこまで気にして無いですけど」
本田女流「居飛車だと相手の振り飛車を押さえ込むために手厚くとか」
阿久津八段「私振り飛車やると、
序盤で失敗することが多いから我慢の展開が多いんですけど、
綺麗に捌けると爽快感があるので。
そういう将棋は練習将棋でやればいいという人もいるかもしれないですけど、
公式戦でやってこそ身につくことがあると思います」
本田女流「いいですね。私は練習将棋でやることはあるんですけど、
捌けない振り飛車党になります」
阿久津八段「練習だからじゃないですか?
本番でやったほうが何倍も勉強になることが多いんで、
1回やったほうがいいかなと思うんですけど。
振り飛車でも相手の囲いとか相振り飛車とかあるんで、
やっていかないと覚えないかなと思います。
本田さんは玉型が固い将棋が好きなので、
最近の振り飛車は玉型が固いので合うと思いますよ」

室田女流から本田女流へ
新婚さんということで、お料理をよく作っていらっしゃると思いますが、
新婚生活ぶりを根掘り葉掘りお聞かせください。
本田女流「伊緒ちゃん来ましたね。家でも普通ですね、普通にすごしてます」
阿久津八段「料理はどんなものを作ってるんですか」
本田女流「みなさん作ってるように、納豆料理を中心に、納豆毎日食べさせてます」
阿久津八段「納豆料理ってどういうのか気になりますけどね」
本田女流「和えたりとか、おつまみで油あげに納豆入れて焼くとか、
納豆の玉子焼きも作ります。納豆の天麩羅とか地元にいくとありますよ。
刺身もマグロの赤身とかとまぜるとおいしいです。
納豆サンド結構好きみたいですよ。パンだけだと栄養が不十分なので」
阿久津八段「それあんまり料理って感じしないですけど。
新婚さんの話聞きたいのに納豆だらけで」
本田女流「納豆大丈夫ですか?」
阿久津八段「私あんまり食べる機会が無いですけど好きですよ」
本田女流「納豆にこだわりはありますか」
阿久津八段「たれはあまり好きじゃないですね。しょうゆの方がいいです。
たれちょっと甘いんで」
本田女流「メーカーによって違うみたいですよ。
私はくめ納豆を買って食べてます。
水戸人はくめ納豆の人が多くて、東京だとおかめの方が多いですもんね」
阿久津八段「確かに本田さんの地元にいったときも、くめ納豆食べてましたね」
本田女流「そうですね。おみやげに納豆を贈る時もあります。
船の形のに入れてあるんですけど、阿久津さんにもお渡ししましたよね」
阿久津八段「家であんまりご飯食べないから、
お酒をかってきて納豆だけ食うみたいなね」
本田女流「船の形した納豆はプレゼント用で普段はパックの食べてますよ」
阿久津八段「ちょくちょく新婚生活の話はってコメントが流れますけど」
本田女流「洗濯物の量が増えたとか?買い物の量が増えたとか?
そんなにたいした事はないです」
阿久津八段「幸せだとしてもうちの業界の人は、
あんまりこういうとこでは言わないですよね」
本田女流「まあ阿久津さんもそのうち頑張ってください」
阿久津八段「こういう人多いですよね。切り返されるというか」
本田女流「阿久津さんはどういう人が好みですか?」
阿久津八段「明るい人がいいですかね」
本田女流「棋士ってなんかあるんですか?癒し系がいいとか」
阿久津八段「人によるんじゃないですか?」
本田女流「勝負の世界だから癒されたいみたいな」
阿久津八段「割合多いのかなとも思いますけど」
本田女流「阿久津さんはそうじゃないと」
阿久津八段「癒し系は定義がいろいろありそうなんで」
本田女流「一緒にお酒飲める人のがいいですか?」
阿久津八段「まったく飲めない人よりはいいかなと思いますけど、
逆にすごい飲むとかだと大変じゃないですか。本田さんは家では飲むんですか?」
本田女流「家では飲まないですね。
前回も名人戦の打ち上げで飲むじゃないですか。なので家では飲まないですよ」
阿久津八段「だんなさんお酒飲みますよね」
本田女流「お友達でいつもありがとうございます。仲良くさせていただいて」
阿久津八段「何かそういわれると変な感じですけど、
飲み友達というかよく飲みますよね」
本田女流「電王戦もだんなニコファーレに応援に行きましたから」

といったところで初手から解説に。

meijin5-3
こういう7三桂と8五歩の形はダサい。△8五桂と飛べないと角が狭いから。
先手も角を4六から6八に引き上げることで、後手の角の狭さを利用する。
封じ手候補だった△7五歩は枝分かれの局面で100手くらいはぱっと見えるが、
じゃあその局面はどちらがいいかと言われると難しいとのこと。

本田女流「何手くらい読むんですかとかよく聞かれますよね」
阿久津八段「実戦で中盤で読むのは100手200手だと思いますけど、
同じ局面に戻るときもありますし、違う手順だと相手に変化されてとかもあるので」
本田女流「佐藤先生でしたっけ、1億と3手読むと言われてましたね」
阿久津八段「その3手多いことが大事なんだって事なんですかね。
ただ進んだ先の局面で形勢判断ができないと、
20手先まで読んでましたって言われても、
20手先で自分がダメだったら意味が無いじゃないですか。
控え室でみんなで検討してれば読みは上回りますけど、
対局者の方が形勢判断は辛いということが多いですね」

meijin5-4
本田女流「対局室静かですね」
阿久津八段「進まないと思ってましたけどこんなに進まないとは。
行方さんが△7三銀を見て1時間近く考えたのは意外でした。
前日のうちから考えてたと思うんですけどねえ」

ということで一旦休憩に。
行方八段の▲4一角成に羽生名人は△4二金引。
先手の馬を巡る攻防に入ったようだ。

解説に戻って、先手の馬が取られる前に何か動く展開になるとのこと。

アンケートどちらを持ちたいか
先手:行方八段23.2%、後手:羽生名人43.0%、判断できません33.7%。
阿久津八段「はー意外な感じがしますねえ。
まあ羽生さんのブランドという感じがしますねこれは。
なんとなく後手を持つ方が当分の間受けに回る将棋になるので嫌ですけどね。
逆かなあと思ったんですけど」

解説の後に次の一手アンケート
▲1五銀22.2%、▲3五歩25.7%、▲5五歩12.1%、▲7五歩20.2%、その他19.7%。
阿久津八段「私の感覚だと▲3五歩か▲7五歩だと思いますけどね。
あ、全部出してもらいましたね。これはその他不利じゃないですか」
本田女流「出ましたね。ずいぶん分かれてます。その他健闘してますよ」
阿久津八段「これだけ言ってその他が多いのは悲しいですけど、
▲5五歩は微妙と解説して人気がないのは嬉しいですね」

質問メール
阿久津先生は400勝に王手がかかってますが、通算勝数にこだわりはありますか。
これまでで一番印象深い白星も教えてください。
阿久津八段「自分では知らなかったんですけど、
携帯の中継を見ていて佐藤天彦さんに負けたときの棋譜コメで見ました。
翌週に羽生さんとやってまた逃したんで、
早いうちにね、400勝って緊張するというのはないんですけど、
コメントで何回も見るのはね。早く勝ちたいと思いますけど。
まあ1000勝とかだったらすごいと思いますけどね」
本田女流「これまでで一番印象深い白星は」
阿久津八段「印象深い…白星で印象深いって難しいですね。
負けた方は覚えてるんですけど。
自分のくだらないというか、心の乱れで悪手を指してしまうとか、
そういうのは後々まで考えますね。
勝ったら勝ったでいつまでもそれに喜んでいると痛々しい人というか。
印象に残ってるのは朝日オープンで、
番勝負をやってた頃のなんですけど、鈴木大介さんとやった将棋が印象に残っています。
普段から付き合いのある先輩なんですけど、対局前はすごいぴりぴりしてたなあと」
本田女流「対局中との差が激しい人いますよね。
鈴木先生は普段は気さくな方ですけど」
阿久津八段「普段は研究会とかお酒飲みに行ったり競馬いったりしてるんですけど、
当日は全然しゃべんないで会った時に挨拶したくらいでした。
中には対局相手とお昼食べに行ったとかびっくりしちゃう話も聞きますけど。
対局始まっちゃえば変わらないですけどね」
本田女流「阿久津さんは変わりますか」
阿久津八段「それなりにぴりっとしてるとは思いますけど、
やる前1週間2週間前から鈴木さんとはぴりぴりしてました。
終わったあとの感想戦とかもさらっとでしたけど、
数日後には一緒に競馬にいきまして、その時に感想戦の感想戦をしたり、
後で考えたけどこういう手はどうかなとか。
自分の感じで言ったら、
終わったら終わったで1ヶ月くらいはそっけない感じになっちゃいますけど。
本田さんはどうですか」
本田女流「私は寝たらもう忘れます。
でも女流棋士と遊びに行くとかもないので、あんまり気にしないかもしれないですね」
阿久津八段「本田さんは勝って印象に残ってる将棋あります?」
本田女流「やっぱり負けてるほうが印象に残ってるんですかね。
タイトル戦に負けたのは印象に残ってますね。勝ったのは残ってないですね。
次に切り替えちゃうからなのかなあ」
阿久津八段「負けたときのが自分の悔いが残る一手とかがありますからね」

阿久津先生の本で駒落ちの勉強しています。
ただ、教えてくれる相手がいないのでコンピュータ相手に練習しています。
4枚落ちでやってますが力戦調になり、脅威の終盤力で逆転される事が多いです。
いずれ指導対局を受けたいのですが、その際に心がけておくことがあれば教えてください。
阿久津八段「なかなか近くに将棋を指してくれる人がいないと大変ですね。
結構独創的というか、今までに無い定跡の形を載せてたりするんで」
本田女流「これは全部の駒落ちをかいてあるんですか?」
阿久津八段「8枚落ちから2枚落ちですね。
どの駒落ちでも居飛車党振り飛車党両方ありますね。
定跡といっても昔からのものなので、
昔の定跡ですと駒落ちでしか出てこないものとかもありますから、
2枚落ちは四間飛車美野囲いが一番いいと思いますけどね。
平手でも出てくる形になりますから。
競馬でとったら買います?是非当てて欲しいですね。
なかなか棋士が来られない地方の方ですとそういう機会がないですからね。
いい経験というか、指した事が無いとか、
普段緊張しすぎる人が結構多くて、普段の力を出せなかったと言う事が多いので、
やる前にこういうの初めてなんでとか言った方が、
ちょっと会話でリラックスできるというのがあるんで。
後は自分の実力がわからなくてとかだと、
こちらとしても言ってもらえればやりやすいですね」
本田女流「阿久津先生の本買ってますと言ってもらえればね」
阿久津八段「それは綺麗に負けます。
定跡をやってきた人は勉強してきたんだなと思いますし、
定跡じゃなくてもいい手を指されたら上手く負けましたってなりますから。
定跡を知らなくても固くならずに、駒がぶつかってから強いという人もいますし、
終わったあとの感想戦で疑問に思った事を言ってもらえれば、
直接指導対局受ける時の醍醐味だと思います。
機会があったら固くならずに挑んでもらえれば」
本田女流「この人終盤逆転負けが多いと書いてありますので、
終盤ですと詰め将棋とかでしょうか」
阿久津八段「初段とかになる前の方だと詰め将棋なんですけど、
私が解くのが好きじゃないんですよね。
今解くのは10手後半とか20手とかくらいですね。
短いのを数解いた方が圧倒的に役に立つので、
お勧めしたいのは1手詰めをたくさん、簡単になったら3手、
物足りなくなったら5手7手とするのがいいと思います。
5手詰めがしっかり解けるようになったら初段だと思いますね。
今は森先生とか浦野先生とか短編を出されている方もいますからね」
本田女流「浦野先生は綺麗な詰め将棋ですよね」
阿久津八段「詰め将棋はセンスだなと思いますね。私はセンス無いなと思いました」

行方八段は1番人気の▲7五歩。

去年出演されたときに、メールでA級順位戦について聞いた者です。
もうそろそろ今期順位戦が始まります。
A級復帰にむけての意気込みをお聞かせください。
阿久津八段「そうですね、昨年は応援していただいた方に非常に申し訳ないというか、
情け無い結果になってしまったんですけれども」
本田女流「まあA級復帰に向けての意気込みということで」
阿久津八段「内容がね、スタートから自分らしくないというか、
駒が前に出て行く将棋が指せていなかったというのが悔いが残っているので、
そこを直しながら」
本田女流「A級の雰囲気はどうでしたか?」
阿久津八段「雰囲気はよく言われるんですけど、そんなに変わらないと思うんですけど、
普段から他の棋戦で当たりますからね。
結果が見られる世界なんで、やることとすれば内容を上げながら結果を出せるように。
また今期は12局と局数も増えるんでね、心のぶれだったり、順位戦は長丁場なので」
本田女流「安定感とか大事ですよね生活とかも」
阿久津八段「耳が痛いんですけどね。
人間ですからコンディションいい時と悪い時があると思うんですけど、
悪い時でも80%出せるといいと思います。
いい時に120%で悪い時でも80%だったらね、
いろんな棋戦で活躍できるんじゃないかなあと。
割合行方さんなんかはブレがあると思いますけどね」
本田女流「結婚されて成績が良くなったと」
阿久津八段「そういうのみなさん拾ってきますね」
本田女流「生活が安定してくるんですかね?
飲みに行く時間が減って家で勉強する時間が増えるとか」
阿久津八段「そんな感じなんですか?
そういうのをうまく出来るといいのかもしれないですね。
行方さんもそういう意味じゃ奥様がうまくやってるんですかね」
本田女流「気持ち的なものなのでしょうか。前に行く将棋ができなかったというのは」
阿久津八段「言うのは簡単なんですが、出るタイミングが悪いんですね。
負けが込んだりしてくると、勝負勘で悪い方を選んだり、そういうリズムが悪かったかな。
勝負どころでの嗅覚が良くなかったかなと思いますね。
調子がいいときはもちろん誰でも上手く行ってるように見えるんですけど、
勝っててもリズムが悪いというか、内容が悪いと思うと、
調子を落とした時に反動がきます」
本田女流「是非A級復帰頑張ってください」
※今月将棋大会で4戦4敗をやらかした私にも耳が痛い話でした。
大人がいるクラスに参加する小学生とか強いに決まってるって、
頭では分かってるんですけど、
子供に伸び伸び指されて自分は手が縮んで負けるとかへこむっす。

阿久津先生に質問です。
羽生名人や阿久津先生の棋風は切れ味が鋭いと言われますが、
切れ味が鋭いってどういうことなのでしょうか。
本田女流「将棋用語なんでしょうかね?」
阿久津八段「比べられてるのが羽生名人ということでちょっと困りますよね。
羽生名人は切れ味、全部強いよねということなんですかねフレーズ的には。
でも鋭いだけじゃダメなんですね。
切れ味はよく言うと、勝つときにすぱっと、
流れるような手順で勝つのが切れ味だと思います。
でも自分は切れ味があると思うことがないんですよね。
そういう方たくさんいますから。谷川九段とか。
糸谷さんとか出てますけど糸谷さんは切れ味の将棋じゃないですね。
加藤一二三さんなんかもそうですけど、ずんずん進んでいく感じですかね。
重厚という感じだと思うんですけど」
本田女流「行方さんは?」
阿久津八段「行方さんは粘り強い。囲いじゃない囲いになってから強いというか。
行方さんお酒が好きで夜型というか、将棋も終盤になってからしぶといというか。
結構陣形がばらばらになってから崩れないで相手にくっついていくとか、
そういう技術がすごく高いイメージがありますね」
本田女流「棋風って性格に比例するんですかね」
阿久津八段「性格は普段知らない人がいるんで分からないですけど、
すごい攻める人、ファーストチャンスが見えたら確実に攻めてくる人、
っていう人もいますし、不確定要素があると攻めない人もあります」
本田女流「指導対局でも見た目と将棋が全然違うという方がいますね」
阿久津八段「実際の性格と将棋の性格は違いますよね。
将棋は趣味ですから、将棋くらい好きに攻めさせてくれよとか。
手つきも丁寧な感じの人と豪快な感じの人とか、
棋士でも有利でも手つきに出ない人とすごく出る人と、
北浜さんの名前出てますけど、すっごい攻め将棋ですね」
本田女流「女流結構攻めますよね。
アマチュアの方が疑問に思ってる手を結構指していると思いますので」
阿久津八段「結構やりますよね。そこまでやるのと」
本田女流「私は攻めたいんですけど、攻めが鈍くて受けてることが多いです」
阿久津八段「バランスよくっていうのは難しいですよね」
本田女流「攻めるときと受ける時で悩みますよね」
阿久津八段「そういうところが棋風だと思いますね。
迷ったら攻める手を読みますけど、時間が無かったら好みが出ますね」
本田女流「恵梨子ちゃんも結構せめてますね」
阿久津八段「恵梨子ちゃんは攻めしかないですね」
本田女流「恵梨子ちゃんは攻めが切れてても真顔で攻めてきます」
阿久津八段「最近は受けも勉強してますって言ってますけどね」
本田女流「でも棋風が出るっていいですよね。見て分かるような将棋だと」
阿久津八段「そうなれば一人前って感じですけど、
山口さん結構無理攻めも多いんで、
男性棋士ですと戸辺君なんかは切れそうで切れない攻めを繋いでくるので、
戸辺攻めとも言われていますね。二人とも中飛車が得意ですし。
でも戸辺君のは真似するのは難しいですねえ。これでよく繋がるなと思いますので」

羽生名人は△4一角。
阿久津八段「なるほど。こちらの方が馬が早く消えるんですね」

プロ棋士のLINEスタンプがありますが、私は登場してすぐ購入しました。
阿久津先生の3パターンをどう使えばいいか分かりません。
使用例なんかを教えてください。
阿久津八段「私すぐに買いました。やっぱりね、全然使って無いです。
将棋連盟公認のスタンプなんですけど使いにくいんですよ。
将棋やってない人には絶対使えないと思います。
広瀬さんの冬眠しますとか、穴熊だからなんですけど分からないですよね。
羽生さんでも2つしかないのに自分が3つあってもいいのかな」
本田女流「みなさん使ってらっしゃる方いるんですかね」
阿久津八段「あまりいないんじゃないかな。LINEはされますか?」
本田女流「私今やってないですね
(プリントを見て)あーこれはどんな時に使うんだろう。
加藤先生のうひょーとかかわいいですね」
阿久津八段「糸谷さんの散歩行くかとかね。
広瀬さんの今夜は穴熊とか意味が分かんないですけどね」
本田女流「阿久津さんが知人に送る時に自分ので送ると嬉しいんじゃないですか」
阿久津八段「送るわけ無いじゃないですか。
屋敷さんの禁酒中ですとかは断る時に使うんですかね。
使ってみたいのは岩根さんのさみしーちゃんかな。
自分が一番使うのは佐藤慎一君のがけっぷちですね。
何か追い詰められてる時とか競馬当たらない時とか、
後はなかなか、佐藤しんやさんの毛っとかない…とか、
あ、毛が無いって意味なんですね今気づきました。
将棋の知らない人にも使えるようなね、
おはようとかおっけーとかあるといいんですけど」

本田女流「解説行きますか?メール行きますか?」
阿久津八段「メール行きましょう」

阿久津先生にソフトについてお聞きしたいことがあります。
コンピュータは飛車先の歩の交換を気にしない、
むしろ手損と考えてるそうです。
最近飛車先を切らす作戦をソフトに詳しい若手が指していました。
これが正しいとなると将棋にとてつもないブレイクスルーと起こすと思いますが、
阿久津先生はこの考え方をどう思いますか。
阿久津八段「まあ飛車先の歩をそんな高く評価していないということですね。
手損ということでもなくて、他に価値の高い手を指すということで、
それがなくなれば交換してきます。
でもまあこれは新しい可能性が出てくる事なんで、
確かに矢倉とかで左美濃に囲って飛車先を交換されるけど後手が先攻するとか、
交換するのは得なんですけど、他のところで得を目指すという発想がでてきています。
今後も指されていくとは思いますね。
これだけ強くなってるソフトがやってるわけで、実際は面白そうだなと思います。
ただただ定跡型で受けに回るよりもね」
本田女流「練習とかで何か意表突いた指し方とかありましたか?」
阿久津八段「ponanzaの序盤は結構びっくりするような、
76歩に…せっかくだからやりますか」

meijin5-5
後手がponanza。初手△3二銀から後手が飛車先を交換させて、
代償として先攻するという作戦。

meijin5-6
▲7六歩△3二銀▲2六歩△4四歩。
昔は初手▲7六歩に△4四歩と指すのをパックマンと呼んでいた。
阿久津八段「しまったとか言いながら△4四歩を指すとか書いてありました」

meijin5-7
狙いはこの図。
▲7七飛には△7四歩、▲8六飛だと持久戦になる。
阿久津八段「昔子供の時に流行りましたけどね。
相手が騙されなくても結構不利にならないです」

meijin5-8
阿久津八段「しまったで思い出しましたけど、
昔神吉さんが初手からしまったと言いながら△3四歩指してました」

meijin5-9
喜んで馬を作るとこんな罠がある。6枚落ちなのに無慈悲に勝ちに行く神吉七段。
本田女流「斬新ですね」

昼食アンケート
そば11.6%、カレー8.6%、パスタ13.1%、そこいらのNATTO23.1%、
うなぎ19.1%、ステーキ9.0%、例の味噌汁15.5%。
阿久津八段「やっぱり。そうだよね」
本田女流「まあ裏切って別のとこでも」
阿久津八段「違うの食べたらそこいらの納豆風味の何かを食べましたって」

次の一手アンケート
△7五歩26.8%、△6五歩17.8%、その他55.4%。
阿久津八段「3択くらいだとその他が当たると思うんですよね。
5択6択とかになるとその他当たらないじゃないですか」
何故かその他が当たると嬉しい阿久津八段。

一旦昼食休憩に。

阿久津八段「おなかいっぱいで大変です」

meijin5-10
昼食アンケートの正解は松永

meijin5-12
阿久津八段「蕎麦裏切らないですよね。
対局で海老3本は指しすぎかと思って頼まないんですけど」

meijin5-11
本田女流「まあ同じのを」

meijin5-13
阿久津八段「本田さんと蕎麦の量が違うのは僕は大盛りで」

meijin5-14
阿久津八段「結構しっかり食べられてますね。
飲み物はグレープフルーツジュースって書いてありました」

meijin5-15
本田女流「なんか天麩羅もおしゃれですね」
阿久津八段「見てると食べたばっかりだけどまだ食べたくなるなあ」

meijin5-16
本田女流「おおっすごい」

meijin5-17
本田女流「すごいですね素敵ですこれ、ロマンチックです」
阿久津八段「是非だんなさんに」
本田女流「無理ですよー」

meijin5-18
阿久津八段「一人で入りたいですねえ」
本田女流「豊川先生と一緒じゃだめなんですか?」

昼食休憩明けの羽生名人の手は△7五歩。
阿久津八段「私その他押しにするために2択にしたんですけど、
当たってしまいました」
銀取りに打った▲3五歩がびしっと今日一番の駒音だったとのこと。
羽生名人の△4二金引も舞うような手つきだったらしい。

meijin5-19
ばらばらな後手陣をヒフミンアイで味わってから形勢アンケート。
アンケートどちらを持ってみたいか
先手:行方八段40.3%、後手:羽生名人25.4%、ニャンとも34.2%。
長い戦いなら後手、早い戦いなら先手とのこと。

第5局で応援しているのはどっち?
行方八段38.6%、羽生名人61.4%。
本田女流「羽生名人強いですねぇ」

meijin5-20
詰め将棋の解答の後にプレゼント、駒落ちの教科書

meijin5-21
あっくんの目ヂカラ~
阿久津八段「久しぶりに書くの恥ずかしいなあ」
これは貴重品。

行方八段は▲6一角。
先手からの攻め筋が多いので、後手が先手の攻めを切らすのは相当大変とのこと。

アンケートラーメンといえば?
とんこつ21.9%、醤油28.8%、みそ17.4%、塩12.8%、つけ麺5.2%、坦々麺5.6%、
二郎もしくはインスパイア系3.4%、その他4.9%。
阿久津八段「すっげー広いなこれ」
本田女流「室谷さん一人で行けちゃうんですよ」
おやつの話がこじれてラーメンの話に。

meijin5-22
行方八段はジンジャーエール連投。

ニコ生のおやつは

meijin5-23
本田女流「私ここのケーキ好きなんですよ、HARBSのミルクレープ」
阿久津八段「これだけ大きいと分かってたら蕎麦大盛りしなかったですね。
それじゃ食レポお願いしますよ」
本田女流「ほどよい甘さで間のブルーベリーの食感がアクセントになって、
とても爽やかな味です。こんな感じのがさらっと出るといいんですか?」

meijin5-24
羽生名人はフルーツの盛り合わせ
本田女流「フォークじゃないところがすごいですね」
分かるような分からないような。

meijin5-25
行方八段はバニラアイス
阿久津八段「やっぱりジンジャーエール!」

一旦休憩に。

羽生名人は阿久津八段の解説通り△5三金。
阿久津八段「あんまり当たるイメージ無かったんですけど」
消去法で選んだ手だったのでとのことでした。
▲5五歩で攻め味が増えるのでいいのではないかとのこと。
後手玉が詰む変化もありました。

ヒフミンアイ

meijin5-26
阿久津八段「こんなに便利だと私思ってなかったんですけど。
加藤先生の理にかなった手だったんですね」

質問メール
明後日の日曜日は日本ダービーが開催されます。
阿久津先生の予想をお聞かせください。
阿久津先生の予想にオールインします。
我が家の夏の予定は阿久津先生にかかっています。
阿久津八段「やばいっすね。
あのねー今日の解説に来るに当たって、危険だなと思ってたんですけれども。
私オールインしない方がいいと思いますけどね。
私ニコ生に出て週末G1で予想したこと2回あるんですけど、2回とも外してますね」
本田女流「週末雨の予想ですけど」
阿久津八段「雨が得意な馬だったり苦手な馬だったり。
私が買おうとしてる馬がリアルスティールという馬なんですけど。
乗ってる福永さんがね、まだダービー勝った事ないんですけど、
勝てそうなチャンスで頑張って欲しいです。
調教師の先生も何度かお会いした事が会って、
もちろん知っている方に勝って欲しいというのはありますけど、
新馬戦も強いと思ったことと、
2戦目の共同通信杯も見ていて、G1勝つんじゃないかなこの馬はって思ったので、
応援したいなという気持ちがあります。
穴っぽいところではアダムスブリッジです」

日曜日はいよいよ日本ダービーですが、注目馬を数頭教えてください。
ちなみに自分はサトノクラウンから流す予定です。
阿久津八段「私もサトノクラウン買おうと思ってますけど、
1番人気になりそうなドゥラメンテはちょっとお行儀が悪いんですよ。
ちょっとね、やんちゃなのより、しっかりした馬に勝って欲しいなあと。
後はレーブミストラルとか。青葉賞勝った馬ですけど」
本田女流「渡辺先生とかも競馬好きで有名ですけど」
阿久津八段「渡辺さんと会った時は競馬の話のほうが多いです。
橋本さんに先週会ったときもダービー何買うのかと話しました。
リアルスティールから11番サトノクラウン、12番アダムスブリッジ、
7番レーヴミストラル、ドゥラメンテもG1勝ったから一応、
それとタガノエスプレッソを3着狙いで。
今週8時間くらい研究してるんで、
予想が全然外れたら買われた方は会った時に言って下さい。
私でもね、この番組予想させてもらうとちゃんと買わなくちゃいけないなと思って、
買っちゃうんですけど当たった事ないんですよね。
そろそろ当てたいと思います」
本田女流「棋士仲間と買いに行くんですか?」
阿久津八段「競馬好きの友達とかと行ったりすることが多いですね」
本田女流「棋士は勝負事が好きなんですかね?」
阿久津八段「競馬がすきなんですね。競馬が上手いって人はなかなかいないです」
本田女流「屋敷さんは競艇ですね」
阿久津八段「棋士は時間が自由なので凝り性の人は嵌まりますね」

今日の対局は何時くらいに終わると思いますか。
夕休って6時から6時半くらいでしたっけ。
8時くらいですか?普通かなあ。
この段階で終盤に全然入ってないということは夕休に入ると思うんですよ。
行方さんが勝つなら8時過ぎになるんじゃないかなと思います。
名人が勝つとすれば手数が長くなると思うので、9時過ぎになるんじゃないかなと。
夕方までに、6時までに終わる事は相当無いと思います。

行方八段はばしっと▲2四銀。
阿久津八段「突き捨て入れませんでしたよ。
入れなくても攻めきれるってことですかね」

行方八段は銀損の▲2三銀成を決行し、急に展開が早くなりました。
羽生名人の銀得、行方八段の猛攻といったところ。
先手の攻め筋をいろいろ並べて、
阿久津八段「先手の攻めが細いような気がしてきました」

といったところで一旦休憩に。

meijin5-27
休憩中に羽生ゾーンに銀が放たれました。
本田女流「そして、進みました」
阿久津八段「受けきるか攻めきるかという将棋になりました。
タイトル戦でこれだけ直線的な叩きあいになるのは珍しいですね」

ここでティロフォン豊川七段から
豊川七段「どうもマンモス」
阿久津八段「マンモスよろしくおねがいします」
本田女流「現地の検討とかの様子はいかがですか」
豊川七段「現地はとるいち先生をはじめ熱気が凄いですよ」
阿久津八段「大盤解説はどうでしょうか」
豊川七段「今日は深浦さんと中田功さんが出ています。
さっき内藤九段のトークショーとかあって大盛り上がりでした。
ちからとさゆりもびっくりで」
阿久津八段「局面の方は△2七歩じゃなかったですね」
豊川七段「銀なら歩成りでしょうか?」
その後2人ですらすら符号を言い合って、
豊川七段「あ、痛い!負けマンモス!」
阿久津八段「△2七銀も驚きの手だと思いますけど」
豊川七段「銀を打つということは凌げると見たんだと思うんですけど」
阿久津八段「結構先手も調子よく攻めてるのか攻めさせられてるのか、
現地の見解はどうでしょうか」
豊川七段「青野先生どちら持ちなんですかね」
電話の裏で会話の後、
豊川七段「難解ホークスですー九段の技をしても難解ホークスで。」
今福岡なんでソフトバンクホークスにしといてください」

meijin5-28
豊川七段「いやあんま見ないでください。ちょっと重力に負けて落ちてきてるんで」

本田女流「先生新作のギャグとかないんですか」
豊川七段「ないですよーはい。本田さん私生活はどうですか」
本田女流「もう結婚して2年たつのでそんなに変な事はないです」
豊川七段「阿久津さん私生活は?」
阿久津八段「私はぼちぼちですけど」
豊川七段「困ったときは相手に振り飛車ってね」
阿久津八段「多いですよね将棋界の人は。ちょっと聞くと倍返しで」
豊川七段「福岡はいいですよかとこたいで」
阿久津八段「中田先生もごいっしょなんですよね」
豊川七段「そうそう昨日も2時半まで将棋界の未来について語り合ってましたよ」
本田女流「本当ですか?駄洒落についてじゃないんですか?」
豊川七段「本田さん今日も赤いセーターかわいいですねー」
本田女流「カーディガンです(笑。対局者の様子はいかがでしょうか」
豊川七段「行方さんはすごくリラックスしています」
阿久津八段「ずっとジンジャーエール頼んでると思うんですけど」
豊川七段「あれすごい名物みたいですよ。
お昼中田さんが飲んでうん!おいしい!って言ってました。
彼昔から三つ矢サイダーが好きで、炭酸系いけるみたいですよ」
阿久津八段「楽しそうですね現地ね」
豊川七段「いやいやいや真面目にやってますよ」
本田女流「先生今回副立会いですから、
対局室に入った時は駄洒落は言えないですからね」
豊川七段「いやいやいや何をおっしゃるうさぎさん」
阿久津八段「なんだかコメント見てるとマンモス先生になってますね」
豊川七段「それじゃみなさん失礼しまーすマンモス!」

本田女流「こんなに楽しく現地の様子を知らせてくれて、
それで検討はどうでしたっけ?」
阿久津八段「検討は、難解だって言ってましたかね。
△2七歩だとぼんやりして勝負が長引く展開でしたけど、
△2七銀打としたのでいけると見てるんじゃないかと言ってましたね。
△2七銀打はこれ行ったら喧嘩必死っていう手です。
後手も上部に逃げ出す展開も見えてきて、
ここで押し切らないといけないようになりました。
休憩前にここまで激しくなるとは思えませんでしたね。
△2七銀みたいな手を見ると、△5五歩入れとけばよかったとか考えちゃうんですよね。
入れておけば△5八飛と回るのが絶好なので」

行方八段はすごい手つきで▲同飛。
銀と飛車の交換ながら後手玉に殺到する狙い。攻めが繋がるか。
そして飛車を切ってから▲5五歩。
本田女流「形勢的にはどうでしょうか」
阿久津八段「今は後手の指し手の方が分かりやすい、読みやすい展開になってますね。
この進行で寄せきれるかと言われると少し心配です」

アンケートどちらを持ちたいか
先手:行方八段12.8%、後手:羽生名人44.4%、南海ホークス(ソフトバンク)42.7%。
阿久津八段「これだと正しい数字が出ない気がします」
本田女流「とりあえず3を押してみたくなりますもんね」

18時に休憩なので、45分までいったら指さないと言っていたら、
44分50秒に羽生名人が△同歩。
阿久津八段「いきなりこの振りはびっくりしましたね」
しばし解説の後、
阿久津八段「まあ休憩でしょうね」
先手の攻めが角金銀桂のぎりぎりの攻めで、
羽生名人の方がいいんじゃないか、
△3九飛にいい手がないとはっきり羽生名人がいいとのこと。

meijin5-29
行方八段は定刻に現れず。羽生名人はさっさと△3九飛車。
阿久津八段「ここで先手の行方八段に上手く続く手が見えなかったんで、
次の手に注目ですね」
行方八段は▲3四銀。その後咳き込み退室。

本田女流「それじゃここでアンケートいきましょうか次の一手の」
阿久津八段「え…ここの局面じゃその他無いんですけど」

アンケート次の一手
△同飛成27.7%、△2四玉60.9%、その他11.4%。
阿久津八段「その他11%いるの『えー』って感じですね」

質問メール
棋士の先生のネクタイがおしゃれで毎回ひそかに楽しみにしています。
意識している事がありましたら教えてください。
阿久津八段「最も苦手な分野ですね」
本田女流「メーカーとかそういうのは?」
阿久津八段「全く分かりません。ぱっと見ていいなと思ったら買います。
ネクタイの方が普段の服より見ていて楽しいなと思いますけど」
本田女流「現地には佐藤天彦さんがいますけど、
こだわりのメーカーがあるんですよねなんかすごい長い文字の。
あ、アンドゥムルメステールでてきました。
阿久津さんは験を担ぐとかはありますか?」
阿久津八段「ないですね。負けてると何も着れなくなるんで。
お昼とか前回これ食べて負けたなあとかありますけど、1局分くらいですかね」

羽生名人は△2四玉。
阿久津八段「これは寄らないと見切ったということでしょうかね」
即座に▲3三桂成△3五玉と進み、大盤解説へ。
解説中に行方八段が▲2五銀。
阿久津八段「何か不気味な早さですけど、何かあるんですか?」
羽生名人も△2六玉。
阿久津八段「あれー?どんどんどんどん」
行方八段は後手の飛車を金銀との2枚換えで外す手順を選びました。

質問メール
競馬の趣味で渡辺明先生と仲が良いと聞きました。
お二人そろうと競馬の話が中心になるのでしょうか。将棋の話はされないのでしょうか。
阿久津八段「そうですね、将棋の話も勿論しますけど、
終わった時は競馬の話が多いですかね。
阪神の方とかも旅行に行きながら行った事もあって、
将棋の話を長くした事はないかもしれないですね」
本田女流「研究会は?」
阿久津八段「研究会はないですけど、競馬研はあります。
あ、競馬するだけですよ?
あえて趣味が同じだから将棋をやろうということはないですね」
本田女流「何か渡辺さんの他にも競馬を一緒にする方はいますか」
阿久津八段「橋本さんとか佐藤慎一君とか、歳が近い人は馬が好きな人が多いですから。
あと記者の方や将棋の好きな競馬ファンと」
本田女流「誰が勝ってるんですか?」
阿久津八段「チャラに出来ればいいという考えでやってます。
100円買って75円しか返って来ないんで、勝てる人はそうはいないと思います。
たまに大きいの当たったとかは聞きますけど、
トータルだとだんだんマイナスの方に行く感じですかね。
一応75%返って来れば普通の人ですけど、自分の場合は95~97%くらいなので、
それなりに勝ってるほうだと思います。
最近は大きく負けないようにと心がけてますけど」
本田女流「あとスロットの話とかきてますけど」
阿久津八段「いやーそれはねぇ。ギャンブラーじゃないですか」

今年春になり、新入社員が入ってきましたが、ジェネレーションギャップを感じます。
阿久津先生も年下の棋士に対して感覚の違いを感じることがありますか。
阿久津八段「そうですねやっぱり最近感じる事が多いですね。
いい意味でも悪い意味でもというか。若手が結構入ってきてますからね。
最近の若手はさばさばしてるというか、
よく言えばすっきりしてるというか、微妙な感じで言うと付き合いが悪いというか、
先輩に誘われるのがめんどくさいとかテレビでやってるのを見るとわかるなと。
でも自分達が積極的に声をかければ、好きな子もいますからね」
本田女流「どんな棋士を誘うんですか?」
阿久津八段「自分から後輩で誘った事はあまりないですね。
先輩に声をかけられて感想戦やろうとか言われたり、
そういう意味では自分から誘わないといけないかなと思いますけど」
本田女流「阿久津さん棋士になって何年くらいですか」
阿久津八段「棋士になって15年ちょっとですかね。
でもなかなかそういうのは気にしないで誘って、
一緒にめし行ったり飲み行ったりする方がいいかなと思います」
本田女流「気になる若手の方はいます?」
阿久津八段「面白い子も多いですけどね、佐々木勇気君とか」
本田女流「ほわっとしてますよね」
阿久津八段「マイペースというか。
感想戦で『あーちょっと難しいかー』とか。ため口かもしれないですけど。
若い棋士と将棋対局する機会が増えて、
感想戦でもずばずば言ってくれると嬉しいですね」
本田女流「生意気だとかはないんですか」
阿久津八段「まあ自分より生意気な人はいないというか、
逆転負けした時にこんな将棋の感想戦やる意味無いでしょとか言った事もあります。
10も20も上の先輩にそんな事言ってよく怒られなかったなと思います。
ストレートに言ってる子がいると、昔の自分を思い出すと言うか、
『ああわかるわかる』みたいな。本田さんはどうですか」
本田女流「ここ1年で5人くらい入ってきて、
女流の親睦会が年に1回ありまして、そこでお会いする感じです。
この子があの子かーとかちょっと確認して。私の事とか分かんないと思います」
本田女流「いやいやいやオーラでてますって」
阿久津八段「おばさんオーラとか?
友達とひそひそあの子新人だよとか話して、ちょっと話しかけてみようとか。
最近女流棋士で京大の人とか入ってきてますね」
阿久津八段「新しいほうの山口さんですね。名前も恵まで一緒なんですよね」
本田女流「子供の教室をやってるんですけど、卒業生が女流棋士になったりするので」
阿久津八段「私が教えたの覚えてるよね?とか言うんですか?」
本田女流「多分忘れてるんだろうなと思ってたんですけど、
どこどこで指した事ありましたよねとか言ってくれます」
阿久津八段「やっぱり若い人達の感覚とかね、大分違うなと思いますね。
将棋ももちろん違いますけど、今ネットとかあるんで趣味とかも広がりが大きいです。
将棋連盟の野球部とかサッカー部とかやる人が減って、
いろんな趣味が広くなったと思います」
本田女流「何部に入ってました?」
阿久津八段「野球もサッカーも入ってましたけど今は全然行ってないですね。
バスケも行った事があります。
でもどれも人が少なくなって、おじさんばっかりって感じがしますよね。
若手が入らないと盛り上がらないですからね。
ボーリングも行った事がありますね。
部活じゃないですけど関係者とか棋士とか、でもやってる事は部活みたいな感じでした」
本田女流「あ、書道部はありますね、囲碁部もあります」

盤上では羽生名人の入玉がほぼ確定し、
行方八段が駒を拾って入玉に向かうのを羽生名人がどう寄せるのか、
という勝負になりました。
阿久津八段「先が見えない将棋になりましたね。
終わる時間8時から8時半くらいって言いましたけど全然終わらないです」

ということで一旦休憩に。
休憩中に羽生名人の王様の入玉が確定し、
行方八段は竜を自陣に戻して徹底抗戦という泥試合に。

meijin5-30
本田女流「これはどういう戦いになるんですか?」
阿久津八段「持将棋を巡る戦いになりました」
点数と王様への寄せを両方睨んだカオスな展開に。
本田女流「これは終局は何時くらいになりそうですかね」
阿久津八段「10時くらいですかね?」

羽生名人は盤上に大駒を放ったため、
大駒を取りきれれば行方八段が点数で勝てるのでは?
という持将棋特有の勝負になりました。
阿久津八段「行方さんからするとかなり楽しみが出ましたね。
でも検討といっても検討が盛り上がる展開ではないですね」
本田女流「見守る感じですかね?」

行方八段は羽生名人の飛車の捕獲に成功。
後は王様が詰まされないように上部に脱出すればいいということに。
羽生名人は上部脱出を防ぎつつ、
行方八段の王様を寄せにいく狙いも含みにした手を選びました。
持ち時間はお互い残り10分に。

そして羽生名人は持将棋になったら点数が足りなくなるリスクを恐れずに、
行方八段の王様を寄せにいきました。
行方八段もスルーで銀を拾い、
阿久津八段「いいんですか?いやー誘ってますね」

羽生名人は行方八段の王様を狙いつつ竜にも狙いをつける攻め。
持将棋になっても竜を取れば5点なので引き分け以上と阿久津八段。

本田女流「ここで現地から写真が届いてるようです」
阿久津八段「このタイミングですか?」

meijin5-31
阿久津八段「記者室の様子ですか」

meijin5-32
本田女流「検討しているというよりは見守っているという感じですね」

meijin5-33
本田女流「写真がぶれてるのが多いですね」
阿久津八段「カメラマンの方も疲れてるんじゃないですか?」

羽生名人は行方八段の竜を取り、
持将棋の点数を確保してから寄せの体勢に入りました。

meijin5-34
羽生名人勝勢といったところで水を飲む行方八段。
直後に投了となり、羽生名人の防衛が決まりました。

本田女流「手数は170手ということになります」
阿久津八段「もっと行ってる感じの将棋でしたね」

阿久津八段
本当に凄い将棋でしたね。
行方さんの方も矢倉の先手番で主導権を取りに行く積極的な作戦で、
羽生さんがすごいバラバラの陣形からまとめあげまして、
そこから入玉を巡る攻防になったり、行方八段も巻き返したり、
どう将棋が終わるのかと思ったときに羽生さんが寄せに行って、
厳密に全部の寄せが寄っていたかは分かりませんが、
あそこから寄せに行ってしまうのが羽生名人らしいというか、凄い将棋でした。
見ていてどうなるのか分からなくて、
凄い将棋で一視聴者のように楽しませてもらいました。
この将棋で寄せに行って決着がつくのかと感心しました。

ということで名人戦は4勝1敗で羽生名人の防衛という結果になりました。
行方八段も1局目以外はいい将棋を指せていたと思うんですけど、何で負けたんだろう。
解説の阿久津八段は中盤の難所でずばずば手を当てて流石でした。
170手の大熱戦でしたが、
持将棋ではなくきっちり王様を詰ませに行った羽生名人は流石でした。

6月2日からは豊島将之七段が羽生善治棋聖に挑戦する第85期棋聖戦が始まります。
ニコニコ生放送では9時から、解説に田村康介七段 、
聞き手に山口恵梨子女流初段で大盤解説会が放送されます。
羽生棋聖は7連覇中ということで相当得意にしている棋戦ですが、
豊島七段がどこまで迫れるのか、タイトル奪取なるか注目です。

電王戦FINAL最終局はまさかの結末に!

2勝2敗で迎えた電王戦FINAL第5局、阿久津主税八段対AWAKEの対局は、
阿久津八段が勝利して人間側の3勝2敗に終わりました。

タイムシフトで視聴できます。

いやあ今日は思いも寄らない展開になりました。
以前電王AWAKEに勝てたら100万円という企画で、
AWAKEに悪手を指させる順で山口直哉さんが100万円をゲットしているのですが、
阿久津八段も同様の意図の手順で指し進めました。
そして…

denou5-1
あ、やった。
後手の△2八角が悪手で、手数がかかるものの角を捕獲できる順があります。
さらに…

denou5-3
巨瀬さん「ここで投了します」
終わってもーた。

河口俊彦著「盤上の人生 盤外の勝負」より

十数年前だったか、評論家で将棋ファンだった石堂淑郎さんが、
羽生、佐藤、森内など「新人類棋士」(懐かしい言葉だ)と言われた青年達を
「彼等は人生の挫折というものを知らない。
筋のない竹みたいな人生で、見ていておもしろくない」と言っていた。
A級から落ちたなどは、挫折というほどのものではない。
しかし佐藤のような負けを知らない人にとっては、大ショックだったろう。
棋士人生も下降トレンドに入ったか、と感じたかもしれない。
だが、さっきも言ったようにこの人はモノが違った。
B級1組には一年いただけですぐA級に戻り、二十四年の春には、
王将戦で久保利明を四勝一敗で破り、王将位を奪った。
こうなってみると、佐藤の内面で、節が一つ出来た、と言うことになるのだろう。
森内の十一連敗からの立ち直りにも同じことが言える。
だから佐藤もまたこれからが楽しみだが、
この人の将来には、羽生、森内と違う面が見えてくる。
棋士仲間から信望が絶大なため、早くも将来の会長という声が出ていて、
恐らく何年か後には会長になるだろう。
そこでまた節が一つ出来て、大山が会長になって変わったのと同じように、
新しい佐藤康光が生まれるはずだ。


阿久津八段はシャープな将棋や、指したい手を指して勝つタイプと評されますが、
電王戦第5局のPVを見てもわかるように将棋も生き方もかっこつけタイプなんですね。
その阿久津八段がA級順位戦で全敗した後の対局で、
勝っても賛否両論、負けたら批難轟々という、らしくない戦型にあえて挑んだのを見て、
私は故河口俊彦八段の上記の内容を思い出し、
阿久津八段も節を作って新しい阿久津八段になるのだろうと思いましたし、
その最初の対局を生で見れてラッキーだと思っていました。
なので巨瀬さんの気持ちもわからなくもないですけど、投了は残念でした。

将棋世界2015年3月号より プロ編入試験を受ける直前の今泉さんの話

三段リーグのことは今も上手く言葉に出来ないです。
言葉にしようとすると、まだ割り切れていないんやなと思います。
自分の嫌な部分をほじくり返しているような気がして……。
もう終わったことなんやからって蓋を閉じていても、パカッと開けると、
またコレを掘るん?ってなるんです。僕は甘かった。
結局、甘いから四段になれなかったんです。
三段はみんな三段になるだけの実力はあるわけですから。
甘い、という言葉はいつも自分に返ってくる。痛いんです。
自分の言葉に自分がやられてしまう。


名人戦第1局を解説していた森下九段も、
奨励会の話になると言葉がなかなか出てこなかったです。
巨瀬さんにも奨励会、プロ棋士、AWAKE、電王戦に対する思い入れがあって、
投了ということになったのでしょう。

そんなわけで終わってしまったのですが、
もしAWAKEが△2八角を指さなかったらということで、
AWAKE側を永瀬六段が指し継ぐエキシビジョンマッチになりました。

denou5-2
この後永瀬六段が普通に勝ちに行って盛り上がりました。
このまますんなり阿久津八段が勝ってめでたしめでたし、
という展開を全力で否定する鬼軍曹でした。
対局自体は阿久津八段が劣勢をひっくり返してかっこよく勝ったんですけどね。

伊藤さん
直接これの役に立つとかって正直考えてないんですよ
それはたぶん他の人も一緒だと思うんですけど

保木さん
誰かが役立ててくれるだろうくらい

伊藤さん
だいたい理系の人間ってね
自分のやってる事が人に理解されないのはですね
もう慣れてるんで


Puella αの開発者である伊藤さんと、
Bonanzaの開発者である保木さんの言葉を抜き出したものです。
その研究が役に立つかどうかは他人が勝手に決めるもんだと言ってますね。

対局後の記者会見で巨瀬さんが、
「プロが勝たなければいけないのは確かなのですが、面白いと思ってもらわないと」
と述べています。
しかし、面白いと思うかどうかは視聴者が勝手に決めるので、
投了するのは巨瀬さんの勝手ですが、
「今日の指し方はそれを否定するような指し方だ」
は無いんじゃないのと思いました。
△2八角を見て上記のように思う私のような変人もいるんだよ。
巨瀬さんは職業がエンターテイナーじゃないから投了までは納得できますし、
△2八角とかつまんねと視聴者が言うのは勝手ですけど、
ルールを呑んで参加した出演者のあんたが言う?と思いました。
そのおかげで最後の記者会見は開発者五者五様に、
気配り九段の阿久津八段という面白会見でしたけど。

来場者数:360,584人
コメント数:526,648

第8回朝日杯将棋オープン戦、伊藤五段が準決勝進出

森内俊之九段、三浦弘行九段、阿久津主税八段、伊藤真吾五段の間で争われた、
朝日杯将棋オープン戦第4ブロックは、
伊藤五段が阿久津八段と三浦九段を破り準決勝進出を決めました。

ニコニコ生放送では14時から、
解説に戸辺誠六段、聞き手に室田伊緒女流二段で大盤解説会が始まりました。
振り駒の結果と金が4枚出て、
先手となった三浦九段はうんうんうんと3回うなずいていました。
これは研究炸裂か。

戸辺六段「角換わりの将棋の可能性が高いです。
しかしこの二人はお互い序盤の研究が十分だと知っているので、
逆にお互いが意図的に力戦に持ち込むということもします」

注目の序盤は三浦九段が矢倉を選ばず、森内九段が横歩を選ばず、角換わり、
と思ったら森内九段が角道を止めました。
角換わりの流行にノーと言える男。
矢倉模様になりましたが、
先手が▲2五歩を決めているので今の定跡形ではない戦いになりました。
お互い飛車先の歩を切って、なおかつ▲8七歩や△2三歩と謝らずに、
着々と攻撃形を作っていきます。
こういった飛車角桂香を使う軽い形の将棋は三浦九段は得意と戸辺六段。
戸辺六段「この二人なら三浦さんが攻め将棋かなと、森内九段が受けかなと」
森内九段が攻めになる組み合わせってあるんだろうか。
力戦なので序盤からスローペースになりました。
戸辺六段は戸辺攻めと呼ばれる攻め将棋なのですが、
解説でも角を切って派手に攻め込む手順を並べてわかせてくれます。
戸辺六段「昨日中継を見ていたんですけど、見ていても緊張感がありますね」

将棋の棋士は癖などもお互いよく知っているという話題になり、
室田女流「棋士の方は棋士の物まねがうまいですよね」
戸辺六段「昔から真剣に盤を挟んでいるので、
こういうこと言いそうだよねとか話していると自然に出来ちゃうんです」
室田女流「先生も、カメラ戻ってきましたけど」
戸辺六段「無茶ぶりですか?気分が乗ってきたらやります」

宣伝タイム
棋士のLINEスタンプが昨日から発売らしい。

asahi41
生放送中に購入するという斬新な宣伝方法の室田新手。LINEの棋士スタンプ100円です。

盤上では三浦九段が横歩、森内九段が矢倉を指しているような、
よくわからない局面になりました。

戸辺六段「今は振り飛車にこだわってやってるので、
あまり居飛車は指さないですけど、居飛車の将棋も並べれば勉強になるので。
でも見るのとやるのじゃ違いません?」
室田女流「新鮮な気持ちで指せます」
戸辺六段「先入観が無いから自由な手が指せるじゃないですか。怖いもの知らずで」
室田女流「この局面の急所というのはどこですか」
戸辺六段「この将棋は先手から手が作れるか、
駒が当たる場所はだいたい8筋なのでそこで戦いが起こせるか」

asahi42
プロ同士だったら後手を持ちたいという人の方が多いらしい。
私が後手で指したらすぐに崩壊しそうなんですが…。
戸辺六段「手が分からない時は見たことのある自然な手を指すのがいい」
後手なら矢倉を作ったり端歩を突いたりしてから、
相手の8四歩に何かアクションをするのがいいとのこと。
先手の王様がここならいいんですけどねと美濃囲いを作って、
戸辺六段「何の解説かわからないですけど、トベアイ。
とりあえず振り飛車にして考える」

戸辺六段曰く、
トッププロは分からない局面で、まあこんなもんかと指す手がすごくいい手なんですね。
戸辺六段による渡辺二冠評なのかもしれない。

局面は三浦九段が攻めて森内九段が受ける展開。
しかし森内九段はもう1分将棋になってしまいました。

三浦九段の▲5三歩の垂らしに、
戸辺六段が取っちゃだめなんですよと解説しかかったところで、
森内九段はさっと△同角。
あれ?ということで考え込む三浦九段。
しかし三浦九段は予定通り桂馬で▲4五桂と角銀両取りをかけました。
森内九段はどうするんだろう。
戸辺六段「先手が優勢じゃないとおかしいというか指せるんじゃないかなと思います」
その後も三浦九段が2、3、7筋の歩を突いてあちこちから攻めていきました。

そうしていたら阿久津八段と伊藤五段が退室。
室田女流「隣千日手らしいですね」
戸辺六段「へー、個人的には嬉しいですけど」
そしてすぐに阿久津八段対伊藤五段の対局が再開されました。
朝日杯は休憩がほとんどないんですね。

その後も三浦九段は、
銀を呼び込んだり歩を捨てて形を乱したり、細かい技を駆使して攻めていきます。
戸辺六段「森内九段がちょっと辛いですね。必死に頑張ってるんですけどね。
三浦九段の揺さぶりがうまくて崩されちゃってますね」
早指しは実践的に戦うというのがよく出てくるとのこと。

asahi43
なるほど、狙っている手が見えましたとにんまりの戸辺六段。

戸辺六段「いやー三浦さんがすごくうまく指しましたよね。
自陣手付かずでなかなかこういう展開にならないですから」

その後も手数は長くなっても絶対に負けませんという、
手堅い寄せを三浦九段が見せて、
戸辺六段「痛いですねー」
室田女流「さっきからずっと痛いですねーって言ってる」
この将棋はこれに尽きます。
そして三浦九段がどう寄せきるのかという局面でさっと受けの手を指し、
室田女流「ああ、辛い」
戸辺六段「辛すぎます」
指し手を奪って投げなさいという指し方なんですよと戸辺六段。
そしてとうとう森内九段の王様が詰まされ、三浦九段の勝ちになりました。
昨日の羽生三冠の将棋もそうでしたが、
朝日杯くらいの早指しだと、所謂友達を無くす手という決め方が多い印象があります。

終盤の面白いところということで、阿久津八段と伊藤五段の対局も大盤解説に。
解説が開始してすぐに伊藤五段が△9二玉と早逃げ。
伊藤五段は粘りが特徴と戸辺六段。
先手の王様も7七にいて、もう最終盤といったところですが、
局面は先手の阿久津八段がよさそうだけどまだまだわからないと戸辺六段。
しかし阿久津八段が伊藤五段の攻めを手抜いての角成りに、
戸辺六段「大丈夫ですか?これで勝てたら相当強いですけど」
どうやら伊藤五段がうまく指したようで、
阿久津八段の王様が即詰みなんじゃないかとの解説。
戸辺六段「阿久津さんがこういうミスをするのは…。
すごく踏み込む棋風ではありますけど…」
そして伊藤五段が阿久津八段を破り、2回戦進出を決めました。

asahi44
これで写真撮られるのはつらい。△9二玉の早逃げがドラマを生みました。

この将棋を初手から解説に。
序盤は伊藤五段の角交換からダイレクト向かい飛車。
阿久津八段はいきなり▲6五角と咎めにいって大乱戦になりました。
千日手の指しなおし局なので、持ち時間が無くなっています。
室田女流「初手から1分だから大変ですね」
戸辺六段「なかなか経験したことないですけどね、気合が大事ですかね」
中盤金桂香と飛車の3枚換えになり、阿久津八段が駒得の分優勢に。
その後も阿久津八段が快調に攻め立てていきます。
戸辺六段「阿久津さんが決めに行って焦ったんですね。なるほどわかりました。
阿久津さんは勝ちになったら一直線で勝ちに行くタイプなんですよ」
不利な伊藤五段は攻めたり守ったり、
相手に読まれないような手を指しているように見えました。
そして伊藤五段の△7二桂に、
室田女流「これに騙されてしまったんですかね」
戸辺六段「騙されましたねこれは」
この桂馬が△6四桂と跳ねた時に、
阿久津八段の王様に詰めろがかかるという罠でした。

19時からの三浦九段と伊藤五段の対局は、伊藤五段の先手になりました。
戸辺六段「伊藤五段が先手ということで、振り飛車は間違いないと思うんですけど、
初手▲7六歩か中飛車を宣言する▲5六歩か。
初手合いですが、二人は研究会をしているという話も聞かないので、
本当に初手合いかもしれません」

伊藤五段の初手は▲5六歩。
先手中飛車になり、後手の三浦九段は居飛車で迎え撃つ構え。

戸辺六段「三浦九段は棋譜を並べてみると、
若い頃は振り飛車穴熊も結構多かったです。
三浦将棋は局面をごちゃごちゃとやって、終盤の切れ味を出すという特徴があります」

開始早々両者意地を張って早くも前例が無い将棋になりました。
戸辺六段が三浦九段は持久戦を選んだと解説したところで、
伊藤五段は▲1八香と上がって穴熊に囲おうとしますが、
それを見た三浦九段が飛車先を突いて急戦の構えを見せて、
伊藤五段はなかなか▲1九玉と潜れません。

室田女流「それでは質問メールに」
戸辺六段「あ、このタイミングでいくんですか」

質問メール
将棋世界で、かりんの将棋上り坂↑というコーナーが始まりました。
※戸辺六段が講師役、伊藤かりん(乃木坂46)さんが生徒役での連載です。
コーナーが始まった経緯を教えてください。
去年から将棋を始めて、今5級くらいで壁に当たっているようなので、
本人もやる気十分なのでお手伝いできたらということで始まりました。
何で自分なのかなと思いましたが、
どうもファンの方を相手に将棋教室を長くやっていた、
ということが考慮されたみたいです。
とりあえず初段が目標です。
当初居飛車党と聞いて、いろいろ準備したんですけど、
最近振り飛車覚えたんですよと言われたので、
じゃあ振り飛車でいきましょうということになりました。

盤上では三浦九段が飛車先の歩を突き捨て、角道も歩を突き出して開けました。
伊藤五段もここを凌げば穴熊に囲う手が残っているので、丁寧に対応していきます。
とうとう穴熊に潜る手が回り、伊藤五段満足な序盤でしょうか。
戸辺六段「これなら先手持ってみたい気がしますね」
戸辺六段は振り飛車党ですが、奨励会3級くらいまでは居飛車党だったそうです。
そこで壁に当たっていたところで、
鈴木大介八段が練習将棋ですごく楽しそうに振り飛車を指しているのを見て、
最初に振り飛車穴熊から入ったらしいです。
奨励会は香落ちの対局が多いので、
王様を固く囲って、ごちゃごちゃした戦いに持っていく指し方を目指したらしい。
戸辺六段「僕が大山先生の将棋を勉強してると言うと、
戸辺君が一番大山先生からかけ離れてるだろうと言われるんですよ」

ここでヒフミンアイになり、
戸辺六段「加藤先生と対局していて、
席を外して戻ってきたら僕の座布団の後ろから鬼の形相で見てるんですよ。
その時はまた外へ歩きに行きましたけど」
室田女流「流石に押しのける勇気は無かったと」
戸辺六段「いやいやいやいやいや。
まさか、ねえ、大先生があんなに楽しい先生だとは思わなかったんですよ。
あ、井山さんはどんな方ですかってコメントがありますけど」
室田女流「スルーしようかと思ったんですけど、普通の方です、ふふふ」
※室田女流のだんな様は囲碁界のスーパースター、井山裕太四冠です。

宣伝コーナー
盤上の詰みと罰という漫画を戸辺六段が監修しているのでよろしくとのこと。

と言っている間に伊藤五段が秒読みに。

asahi45
戸辺六段「何か嫌な筋があるのかな?」
三浦九段はじっくり自陣の銀を前線に繰り出す手を見せ、
伊藤五段は1人で千日手をする手待ちに。
戸辺六段によると伊藤五段は千日手を1局で3回やったことがあり、
三浦九段も若い頃は千日手厭わずというタイプだったらしい。
戸辺六段「お互いいい意味でねちっこいというか、
将棋の場合はねちっこいとかしつこいは褒め言葉ですからね。
私も軽くてしつこいと言われたことがあります」
室田女流「ふふふ」
軽くてしつこいは普通の世界だと相当ダメな部類だと思います。
盤上では三浦九段が快調に攻め始めました。

asahi46
戸辺六段「伊藤さんは必ずしも苦しいからこういうポーズではなくて…」
ここから伊藤五段は飛車銀交換の勝負手を繰り出しました。
室田女流「形勢の方はいかがですか」
戸辺六段「少し後手の三浦さんがよさそうですが、
先手の方が手数計算がしやすいので、
三浦さんからぴったりしたこの手で勝ちということが無ければ穴熊ペース」

ここで戸辺六段が「私には指せない」という手を伊藤五段が指し、
三浦九段が妥協したような応手。
戸辺六段「おあぁこれいい手だったんだー」
これはどっちが勝っているのか。
その後も伊藤五段は戸辺六段が読んでいない手を連発し、
戸辺六段「ほー↑」「そこですかーんーぎりぎりの…おぁー」
これは準決勝見えてきたか。
しかし最終盤三浦九段は粘りに粘り、
振り飛車党を応援するファンにとっては心臓に悪い展開になりました。
戸辺六段「まだ伊藤さんが優勢ですが、もうミスは許されない局面になってます」
そして長手数の即詰みがあるかもしれないという局面で、
伊藤五段も踏み込んで詰ましにいき、
三浦九段が投了して伊藤五段の準決勝進出が決まりました。
これはかっこいい。

戸辺六段
いやー本当に、何というか興奮しましたね。これぞ振り飛車というか。
中盤には歩の手筋がありましたよね。
三浦さんの方も最善を尽くして頑張ったと思うんですけど、
すごい終盤切れてましたね。

戸辺六段は三浦九段と伊藤五段について、
研究会という話も聞かないから本当に初手合いかもと言っていましたが、
三浦九段と伊藤五段の対談記事を読んだことがあったような、
と思って本を漁ったらありました。
将棋世界の2012年2月号で、伊藤四段(当時)と三浦八段(当時)が対談しています。
それによると伊藤五段が奨励会三段時代に、
三浦九段が声をかけて研究パートナーになった時期があったようです。
伊藤五段がフリークラスから上がった直後ということで、
記事ではずいぶんフランクな三浦九段を見ることが出来ます。

三浦九段
「伊藤君のことは私生活も含めてよく知っていますが、
最近は顔つきが違っていた。
彼女と別れてから、将棋に集中しだしたでしょう」
「でも最近、女性と話す機会が多すぎた。もっと将棋に集中しないと。
私はこれから女性を遠ざけます。伊藤君を見習って」

などなど伊藤五段を困らせています。
気持ちはいつでもウェルカムなんですよと反論する伊藤五段に、
「それじゃまた勝てなくなるよ」とたたみかけたりもしています。
また、伊藤五段は将棋の研究もよくしているし、明るいしということで、
先輩から誘いやすいらしく、
奨励会三段の時は三浦九段以外にも、木村八段、丸山九段、
深浦九段、藤井九段といったトップ棋士と研究会をやっていたようです。
その対談記事には、16連勝で迎えた屋敷九段との対局では勝負にならなかった、
トップ棋士はすべてが違うと伊藤五段が述べていますが、
今日の終盤の勝ちっぷりはかっこよかったですよ。

羽生王座が劇的勝利で王座防衛!

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦五番勝負第5局は、
羽生王座が豊島七段に勝利し、王座を防衛しました。
これで羽生王座は王座通算22期、タイトル通算90期となりましたが、
タイトル通算100期とかになってしまうんだろうか。

最終局となった今局は振り駒の結果羽生王座が先手番になり、
第3局と同じ横歩取りになりました。
第3局は羽生王座が敗れていますが、
王様を▲6二玉と指して敗れた第3局から変化しました。
その後豊島七段がひねり飛車から美濃囲いに構え、
羽生王座がどう囲うのかとなったところで昼食休憩になりました。

ニコニコ生放送では13時から、解説阿久津主税八段、
聞き手安食総子女流初段で大盤解説会が始まりました。

阿久津八段
「豊島さんはその時期時期で凝っている戦法を連投するんだけど、
このタイトル戦はたくさんの戦型がでた。
私も今朝起きたのが9時過ぎだったんですけど、今朝羽生さんが先手になったんだなと」
コメントで早起きですねとつっこまれて
「これで早いって言ったら他の人に怒られますよ。
最近は10時11時まで寝てるということは少ない…、
少ないってことはたまにあるってことですね。
今朝は夢の中で行方先生がでてきたんですけど、
何か将棋じゃない謎のボードゲームで勝負していました」
※阿久津八段はたまに寝坊します。対局に遅刻することも。

羽生さんは右の銀を使って豊島さんの飛車とか角とかを押さえていきたい。
ゆっくりした戦いにしたい。
後手はコンパクトにまとまっていて、早く戦っていきたい。
手の広い局面がこの後も続くので、ゆっくりした進行になり、
夕方くらいから戦いになるんじゃないかなとのこと。

リレー質問
屋敷九段から阿久津八段へ
菊花賞の予想を教えてください
私ねぇ。前も1回高松宮記念かなんかの予想を番組の途中でやったんですけど、
予想大はずれしたんですけど。
先生の馬券買って損しましたよと言われるわけにはいかないので、
結構がつんと買って大外れしたことがあるんですけど。
予想は基本難しいですね。やっぱり走っている馬が動物なんで、
強い馬でも走る気がなかったり、
たくさんの頭数で競争するんで、進路がなくなったり不利をうけてしまうんですね。
それを騎手が上手く導いてあげたり、
上手くてもあいつ上手いからと厳しく当たられたり。
予想して予想通りきまるとすごく面白いんですけどね。
安食女流「勝率は?」
いやぁ勝率…結構ね、寺銭とられるので、
75%以上なら頑張ってると言われるんですけどね。
75%よりはあると思うんですけど。
予想はね。最近私の競馬の予想はことごとく外れますね。
秋華賞は私の好きなレッドリヴェールという馬がね、直線入る頃には全然だめで。
日刊スポーツさんとかで予想やらせてもらったことは何度かありますよ。
NHKマイルカップでね、私の指名した本命がスタート大きく出遅れてね、
直線伸びて4着とか中途半端な結果になったんですけど。
ワンアンドオンリーがあんまり好きな感じじゃない馬だったんですけど、
ステップレースを見たら本番に余力を残しているなと思いました。
すごく普通の予想でね、あまりしゃべりたくなかったんですけど。
残りは馬柱を見てから決めようかなと。
トーホウジャッカルという馬もいいレースをしていたんですけど、
人気になったら買いたくないかな。

中村女流から安食女流へ
得意料理を教えてください。
多分桃ちゃんのほうが料理得意だと思うんですけど。
あまりないんですけどあえていうならハンバーグ。普通のですけど。
阿久津八段「普通じゃないハンバーグってどういうハンバーグなんですか?」
安食女流「すごいたくさん作っちゃいます」
阿久津八段「ハンバーグを?」
安食女流「それでは現地の写真が届いたということで」
阿久津八段「ちょっと逃げを打った?」

ここで対局者が食べる昼食の写真が表示され、豊島七段の昼食に
安食女流「ウーロン茶もおいしそうですね、横浜な感じが」
阿久津八段「ウーロン茶も?」
横浜な感じのウーロン茶って何だろう。そんな昼下がり。

阿久津八段は好みは後手だが、
将棋の理屈的には先手によくなっていって欲しいという不思議な見解。
安食女流は9時から見ていたが、羽生王座の方が動きが多く、
豊島七段は静止画像みたいに動きが少なかったとのこと。
初手から解説し、阿久津八段の横歩取り講座の後に休憩タイム。

休憩明けにアンケート
どちらを応援していますか
羽生王座62.7%、豊島七段37.3%。
2択しかないことについて阿久津八段「逃げ道を用意しない感じですね」

大盤解説会に行ったことがあるかどうかアンケート
よく行きます3.5%、行ったことはあります19.8%、行ったことありません76.7%。
阿久津八段「1回行っちゃえば面白いと思うんですけどねー」
阿久津八段は米長先生が名人をとった時の対局の大盤解説会に行ったことがあるらしい。
チャンピオンよりなかなか取れないみたいな人の方が好きとのこと。
今日の将棋会館の大盤解説会は渡辺二冠ということで、
阿久津八段「なんか今見て行きたくなってきたんですけど。
渡辺二冠の解説はねえ、忌憚の無い、ざっくり斬ってくる解説なので」

おやつの時間になると、モンブランがでてきてテンションが露骨に変わる安食女流。
安食女流「モンブラン大好きなんですよ」
阿久津八段「渡辺さんも好きみたいですけどね、モンブランが。
栗は嫌いみたいですけど。モンブラン栗抜きとか頼んでましたよ」
モンブランに夢中で返事が適当になる安食女流。
ROERMOND(ルールモント)のモンブランらしい。モンブランの栗抜きって何だ?
阿久津八段は女流のタイトル戦の記録のときにおやつがでたことがあったらしい。
清水女流と矢内女流のタイトル戦で、
集中の邪魔になるかなと思い、対局が終わってからすごい勢いで食べたら、
清水さんにもう1個もらったらしい。

阿久津八段は相変わらず
「手の感じとしては先手持ちなんですよ。
将棋の理屈として先手によくなって欲しいから。でも指すのは後手なんですけど」
指す時は理屈よりロマン派なんだろうか。

どちらを持ちたいかアンケート
羽生王座34.2%、豊島七段19.9%、ニャンともカントも45.8%。

質問メール
西宮のご出身と知って以来応援しています。震災以降の西宮もずいぶんかわりました。
阿久津先生の西宮の思い出を関西弁で教えてください。
関西弁はもうほとんど忘れちゃいました、というか綺麗な関西弁じゃないので…。
安食女流「なんか少しかっこつけてますね」
住んでたのが小学校3年生までなので、だいぶもう矯正されちゃってるというか。
将棋はそんなにたくさんやってなかった。野球とかスポーツをやることが多かった。
でも将棋のルールを覚えて、朝の早指し戦を5時からとかでやってたんですけど、
盤に並べて見てたとか。
スポーツの方が好きで、関東に引っ越してから将棋道場に通うようになった。
引っ越してなかったら普通に会社勤めとかしてたかもしれない。
後は怪我が多かったですね。
幼稚園のときにジャングルジムから落ちて、園長先生の車で運ばれた事とか、
駐車場の策で跳び箱しようとしたらがくっと下がって指が血まみれになったとか、
落ち着きがないと通信簿に書かれてたと思いますね。

阿久津先生の下の名前は主税(ちから)といいますが、
どのような意味がこめられているのですか。
そうですねえ。なんか父親が税理士だとか、そういう風に言われたこともありますね。
子供の頃はしゅぜーしゅぜーと言われました。
実際は忠臣蔵の大石主税からからとった。
何でそれをつけたかはおやじのしゃれ。
好きだったのと出身が兵庫県なのと、父親の誕生日が討ち入りの12月14日生まれ、
私の誕生日じゃないんですよ?
子供の頃は名前で呼ばれなくて嫌だったときもあるけど、
大きくなったらすぐに名前を覚えてもらえるというか、
何故かある先輩棋士に主水くん主水くんと言わてましたけど。

どうやったらかっこいい駒音が出せますか。
はじめ3本の指で持って、空中にあるときに人差し指を下に入れて、2本指にしてばしっと。
斜めにするとかっこいいですか?これは決め手のときだけですかね。
最後自分の人差し指を抜く感じで、指をたたかないようにすると上手く鳴りますかね。
安食女流は家で練習した。阿久津八段は学校で消しゴムで練習した。
癖になってしまって買い物するときの小銭を持つ時とかにもやってしまうらしい。
などと話している間に豊島七段がピシッ!
安食女流「あ、今いい音しましたね」

電王手君への要望はありますか。
ガンダム風がいいとかかわいい女性とか師匠のお面をつけてほしいとか。
まだガンダム風とかなら想像できてかっこいいかなと思うんですけど、
萌え系だったら集中力が出るのかなとか思いますね。
人がやってるのは見たいと思いますけど。
阿久津八段「いけめんの電王手君がいたらどうしますか?」
安食女流「見ないと思います」
この中だったらガンダム風。師匠のお面が一番無いと思う。

最近は持将棋を見る機会が多いですが、
阿久津先生は持将棋はありますか。入玉するこつとかもあれば。
最近多い気がします。昨日も中継見てたら300手くらいになってた。
安食女流はやったことはあるらしい。
阿久津八段は公式戦で1回あった。でも入玉の将棋は嫌い。
なので玉が3段目か4段目のときに持将棋を提案したが、
そのせいで後から棋士にいろいろ検討されたらしい。
なるべく自分の成り駒を作ってから玉を上がる。
相手の駒が先にいないかどうか。
相手の自陣に桂馬がぽつんといるだけでも結構押し戻される。
自分の玉と竜とか馬だけだと、
竜とか馬を攻められるついでに玉も攻められてしまう。
一番いいのはお互い入玉したら、はい、やめ、引き分け。

コンピュータの新手で感銘をうけたことはあるか。
来年の意気込みと将棋界とコンピュータが今後どのようにかかわっていくのがいいか。
YSS新手の△6二玉も面白いというか、見た目で怖そうとかがなくて、
視点を変えると見えてくるというか。
名人戦で矢倉の端攻めがこわいなかで、森内名人のこの手が成立するなら、
今までの定跡がだいぶかわるんじゃないかとも思った。
コンピュータ角嫌いですよね。角と守りの金を交換するのが多いような。
意気込み
ファイナルなので注目される大きいところでやらせてもらえて光栄。
棋士としてはすごいうれしいというか頑張っていきたい。
毎年毎年強くなってるわけじゃないですか。
不思議な手を指してる時もあるけどトータルでみるとやっぱり強いものは強い。
自分もやってみたらそういうのが生きる部分ももちろんあると思うので楽しみ。
終盤割り切れる局面になったら人間より桁が違うくらい早い。

ここで塚田九段からティロフォン
午後になって棋士の数も増えて検討に熱が入っている。
羽生さんは普段通り、豊島さんも結構落ち着いている。
激しくならなさそうなので手順より構想とかを検討してる。
さっき聞いたら羽生さん持ちの棋士が多いが、私は豊島さんを持ちたい。
形勢というよりは好みの段階だと思う。
あと2時間くらいで夕食休憩だが、そこまでに戦いが起こるのかもわからない。
そして香川女流王将にチェンジ
香川女流「もしもーし、あ、こんにちはー」
阿久津八段「何でそんな元気ないんですかー?」
香川女流は昨日女流王将を防衛していて、
阿久津八段「おめでとうございます」
香川女流「ありがとうございます」
阿久津八段「今日はこの電話のために現地にいってるんですか?」
香川女流「勉強しにきました」
阿久津八段「やっぱり気分がいいからですか?」
香川女流「そうですね、というか厳しいですね。ちょっと怖いです」
午前中から検討に参加していた。
早く戦いになる変化もあったが今はおだやかな感じ。
大一番ならではの指し方というかお互いなかなか動きたくないというか、
最終局ならではの空気を感じる。
横歩は練習将棋だと後手番で指すことがたまにある。
私だったら美濃囲いができてるし後手を持ってみたい。
阿久津八段は後手を持ってさすことが多いが先手が優勢になって欲しい気持ちが強い。
37の銀をうまく使いつつ王様を上手く囲えれば、
先手の模様がよくなりそうかなと見てる。
豊島先生は糸谷先生と仲がよくて3人でいることはたまにある。
糸谷先生と話してしまうのであまり話したことは無いかもしれない。
普段の豊島七段はこんなに怖くない。
豊島さんは多分船江先生とか斉藤慎太郎先生とかと練習将棋指してる姿は見た。
阿久津八段「ハワイにもいってるし現地率高いですね」
香川女流「ふふふ。ありがとうございます。
海入ったのが15年ぶりとかだったんですけどすごい綺麗で楽しんでしまいました」

その後対局者のおやつの映像が表示され、羽生王座のおやつレアチーズケーキを見て
安食女流「なんかこう横浜って感じですね」
阿久津八段「んぐっ!?」

阿久津八段
すぐに先手から攻めると後手玉が堅いので痛い目に遭う。
矢倉を完成させてから攻めれば先手が優勢なので、
羽生王座は王様を固める方針で、豊島七段は動かなければいけない。
今の先手の囲いは100円くらい。これが4回我慢すると矢倉になって1万円になる。
羽生王座は方針がわかりやすいので、豊島七段は何かしら早い勝負にしないといけない。
待っているだけだと後手がまずい。

質問メール
去年の中田功七段のNHK杯で、
先に三間飛車に振ったのをみて阿久津八段のファンになりました。
この対局のことです
中田七段が得意にしている三間飛車を指した。
たくさんファンの方に言われましたね。中田さんが三間飛車のスペシャリストなので。
後で見たらインタビューの時に今日は三間飛車でと宣言してて。
駆け引き上相振り飛車みたいにしたかったんですけど。
結局終盤でお互い人相悪い感じで秒読みの叩きあいになった。
悪手もお互いたくさん指してどっちが勝つかわからないみたいな。
そういうところが面白かったとか後で言われた。
あの後中田先生と麻雀を打ちに行った記憶があるんですけど。ビール飲みながら。

安食さんの今日の服がかわいすぎます。
もしよかったらブランドなどを教えてください。
どうもしてないんですけど、メイド服じゃないです。好きなブランドなんです。
読み方がちょっと怪しいんですけど、えくしーず…ごにょごにょ。
コメントでアクシーズファムと流れたので多分それっぽい。

天野貴元さんのオールインを読みました。
阿久津八段と小学生の頃の思い出が書いてありました。
天野さんとの思い出を話してください。
阿久津八段「安食さんも教室をやったりブログをやったり」
安食女流は天野君が小学生のときに研修会で指した。棒銀ですごい強いなと思った。
阿久津八段「安食さんは負けちゃったんですか」
安食女流「もちろん(キリッ」
阿久津八段が小学校4年生か5年生、天野さんが2年生くらいで道場で初めて指した。
2年生だから自分より元気で生意気。
天野君が1番指していて2000局くらいは指している。
休憩のときに天野君、佐藤慎一君、長岡君とわいわい指していた。
年齢は阿久津八段の3個下。弟みたいなもんですかね。
イベントごとが好きなので、楽しいですよ。
頑張ってる?頑張ってるんじゃなくて目立ちたがり屋かな。

最近居飛車党の棋士が振り飛車を指すのを見るが、
作戦の一部なのかその時の気分なのか、どのようなことを考えて戦型を決めるのか。
最近居飛車党とか振り飛車党とかいう括りが減ってきた。
安食さんくらいずーっと振り飛車党というのはあまり。最近では珍しいですね。
久保さんもたまに居飛車。ほとんど譲らないっていうのは戸部さんくらいですかね。
私は気分によって戦型を決める。
角交換振り飛車とかは、
自分が嫌だなと思った局面を相手ならどうするのかなと思って指すとか。

阿久津先生A級おめでとうございます。
A級順位戦は他と違いますか?戦ってみて感じることを教えてください。
※阿久津八段は初めてのA級順位戦で、現在0勝4敗です。
本当に苦しい結果になってるんで、もっと頑張らないとという感じですよね。
他の順位戦と違うのは日程がばらばらなので全部別々という感じがするのが違うかな。
他の棋戦でも当たっている棋士なのでそんなすごい違うかなとは思う。
結果が出てなくて良くないなあと。1局1局がんばってやらないとと思います。

豊島七段もうまく動き、一手指した方がよく見えるとの解説。
先手が矢倉に組んだのも大きなポイントだが、
後手が55の位をとって先手の角の働きを抑えたのも大きなポイントで、
だいぶ景色が変わったとのこと。

形勢判断アンケート
羽生王座33.8%、豊島七段37.9%、分からない28.2%。

考慮時間は羽生王座が3時間40分、豊島七段が3時間44分使いほぼ互角。夕食休憩に。

休憩明けに初手から解説。
後手の55の位のおかげで先手の陣形が1万円から5000円くらいに下がってしまった。

そして豊島七段が歩を垂らし、羽生王座が真っ向から咎めに行く。
羽生王座が残り1時間に。
しかし双方まだ歩しか持ち駒がなく、中盤の入り口といったところ。
激しい戦いになるのはこれからですな。
安食女流は豊島七段とは仕事でしか話たことがないが、しっかりした印象とのこと。
阿久津八段「安食さん結構みんなしっかりしてるって言いますよね」
安食女流「そうかも」
その後安食女流「私も結構しっかりしてると思うんですけど(キリッ」
阿久津八段「笑っちゃいますけどね」
鋭い返しなのか何なのか。

盤上では羽生王座が豊島七段の垂れ歩を取り、
豊島七段に歩を渡してしまった損の代償があるのかという局面に。
次の一手アンケート
△5四飛33.5%、△7四歩6.8%、△5三角18.1%、△3三桂10.1%、その他31.5%。
阿久津八段は自分が対局してても何指すのかわからない局面で当たる気がしない、
その他がお勧めと言ってました。

豊島七段は1番人気の△5四飛。
しかし数手進んで先手の方が模様がいいと阿久津八段。
戦いが起こると阿久津八段の解説通りの進行になりました。
安食女流「阿久津先生の解説通りに進んでいますね」
阿久津八段「この辺は進んでもらわないとこっちも困りますね」
頼もしいA級八段である。
ここで羽生王座に離されずについていくことが難しいと阿久津八段。
12時間近くたってようやく歩以外の駒が駒台の上に置かれました。
後手は形勢が悪いが、動くとより反動で悪くなりそうな困った形とのこと。
豊島七段は△5七歩。ぱっと見狙いがわからない手。
安食女流「手裏剣ですか?」
阿久津八段「手裏剣はもっと鋭いイメージなので…おまじない?」

コメントで棋譜コメントの千田四段が話題になりました。
「行ったことがないですけど、
現局面の後手は、富士山の7合目くらいの酸素の薄さかと」
千田四段はポエマーなのか。

羽生王座は▲2八歩と八段目に歩を受ける激辛流。
豊島七段もじっと△7一角と引いて、阿久津八段は根性のある一手、
絶対自爆だけはしないぞという手と言ってました。
阿久津八段「恐ろしい勝負術ですね」
先手に激しく攻めてもらう方が逆転しやすいという考えとのこと。
しかし羽生さんはじっとと金を下げる△1三と。
とにかく後手に△2四桂と打たせて反撃したいということらしい。我慢比べみたいだ。
豊島七段は暴れずに△5八歩と歩を垂らす。
阿久津八段「いやぁ…(ため息」
豊島七段はいつもの淡々とした表情ながらすごい根性だ。
とうとう羽生王座はから激しい順を選択し、
豊島七段が形勢は悪いながら我慢比べに勝って、激しい流れに持って行きました。
阿久津八段「豊島さんとしては辛抱のかいが一応あった」
羽生王座も豊島七段も残り9分。
羽生王座優勢ながらもまだ中盤の終わりくらいの局面で、
まだまだ何が起こるかわからない面白い展開になりました。
そして羽生王座の手番の時に、残り時間2分の豊島七段が席を外しました。
この落ち着きである。

最終盤に羽生王座が角取りにかまわず端歩を▲9四歩と取り込んで決めに行き、
豊島七段も角の王手で合駒請求をし、△9二歩と辛抱する必死の防戦。
残り時間は羽生王座が1分、豊島七段が2分、
解説の阿久津八段は決めに行ったような感じだったのに難しいとのこと。
その後も攻める羽生王座に、飛車を捨てて粘る豊島七段。阿久津八段は「ひょえー」
豊島七段はその後も攻めに使いたい銀を守りに使って阿久津八段「ひえー」
その銀を羽生王座はかまわず竜で取って「うわあ」
決まってるんだろうかこの攻めは。
相当危ない手順に踏み込んだ気がしますと阿久津八段。
その後も手の解説と「ひえー」を繰り返していましたが、
見ているほうもエキサイティングで面白い終盤になりました。
そんな最中に天井カメラの映像が止まったり動いたり。カメラ頑張れ超頑張れ。
コメントも叫びっぱなしの終盤戦でしたが、とうとうはっきりし、
最後に豊島七段はコップに水を汲み、飲んでから投了となりました。

阿久津八段
豊島さんにとっては残念な結果になった
シリーズを通してみると王座に2連勝される苦しいスタートから2連勝し、
今局も最後苦しい将棋からここまで挽回して、面白いシリーズになった。
戦型もいろんな種類が登場した。
今日は息苦しい感じの将棋。
戦いになってからもなかなか土俵を割らない豊島さんも凄かったし、
ねばる豊島さんに勝った羽生さんも流石。
これで羽生王座は22期。
私も興奮してしまっておーとかえーとか言いながらになってしまったんですけど、
面白い1局でした。

いやー今日はすごい対局を見ることが出来て興奮しっぱなしでした。
ちなみに観戦記を書くことになっている山本一成さんのTwitterは、
なんか後手の評価値がぐんぐんあがってる。。
なんか先手の評価値がぐんぐんあがってる。。
どっちだよ。。
羽生さんの手が震えてます。いつもより余分に震えてます。
これどうやって観戦記書くの・・
でした。
タイトル戦の決着局で、持ち時間が残っていなくて、
それでも角を見捨てて攻めたり竜を切って攻めたり、
こんな順に踏み込んで勝ちきってしまうとは、いやーすごい怖いものを見てしまいました。
羽生王座がおっかない順に踏み込んで押し切ってしまった終盤で、
手の善悪なんて誰に聞いたら分かるんだろうか。
分からないものを分からないまま分からなかったって書くしかないのかもしれない。
これで羽生王座はタイトル通算90期。
大台の100期まであと10期と書くともうすぐという感じもしますが、
普通タイトル10期も獲得する棋士はそうそういないので、
どこまで勝ちまくってしまうんでしょうか。
ちなみに今日解説の阿久津八段は、28日に羽生四冠と対局します。
が、がんばれー…。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

豊島の将棋 実戦と研究
豊島将之著
¥1,620






王将戦第6局は羽生三冠が勝ち、3勝3敗で最終局へ

渡辺明王将に羽生善治三冠が挑戦している第63期王将戦七番勝負第6局は、
先手番の羽生三冠が勝利し、3勝3敗と逆王手をかけました。

渡辺王将は最近後手番では振り飛車も指すようになり戦型が注目されましたが、
羽生三冠の初手▲7六歩に何でもやってこいと△8四歩と指し、
居飛車に態度を決めました。
羽生三冠は角換わりではなく矢倉を選択し、渡辺王将は得意の後手急戦矢倉に行きます。
第3局では先手渡辺王将の矢倉に後手羽生三冠が急戦矢倉で挑み、
後手の羽生三冠が勝利しています。
ただし先手が良さそうな分かれから羽生マジック1発で突然終わったという将棋で、
どちらが先に手を変えるのか注目されました。

ニコニコ生放送では初日が阿久津主税八段で、聞き手が山口恵梨子女流初段でした。
阿久津八段は2月13日にB1からA級に昇級を決めたので、
リレー質問でA級で何勝する自信がありますかと質問され、
「やるからには全勝って言った方がいいんでしょうけどなかなかねー。
3、4、5勝あたりが残留ラインですけどー。下を見るとねー。」
と答えにくそうな様子。順位戦は生意気なことを言うと後が大変ですからねぇ。
山口女流には卒論のテーマを教えてくださいという質問でしたが、
日常で使われる将棋用語の研究とのことです。
また、山口女流によると、
里見香奈女流三冠は豊川孝弘七段の親父ギャグ解説が好きだとのことで、
もしかしたらA級順位戦最終局はニコニコ生放送を見ていたかもしれませんね。
女子高生時代に生瀬勝久さんが好きと答えた人は感性が違いますな。
応援アンケートでは羽生三冠70.5%、渡辺王将17.1%、両方12.4%となり、
将棋界での羽生三冠の人気投票は無敵ですねえ。
前日にお酒を飲むのに驚いたと山口女流が言ってましたが、
地元の方や主催者の方と交流する社交の場ですからお酒もちょっとは飲むのでしょう。
阿久津八段はA級に昇級した次の日に小倉に旅行に行ったそうです。
また、毎年4月か5月に渡辺王将と関西へ競馬旅行に行き、
指導対局をしたり厩舎に入れてもらったりするそうで、旅行が好きなんですかね。
山口女流も明日藤田綾女流と伊奈川愛菓女流と3人で日帰り旅行らしいです。
旅行ブーム?
盤上では渡辺王将がどう王様を固めるかの選択肢になり、
阿久津八段は12時くらいに渡辺王将が指して、羽生三冠が30分考えて昼食休憩と予想。
コメントでフラグと言われていましたが、11時52分に渡辺王将が指して、
12時10分に羽生三冠が指してやっぱりフラグでした。
しかしこの52分に指した手で、第3局から離れることになりました。

午後に入ると質問メールで、
阿久津八段のお父さんが阿久津八段のサイン会で本を5冊くらい買っていた、
と目撃情報が送られ、定年したので将棋イベントによく行くようになり、
自分が出るイベントにもこっそり来て後で駄目だしされるとぼやいていました。
山口女流もお父さんがニコニコ生放送を見ていて、
深浦先生に携帯を持たせるなと駄目だしされたそうです。父は厳しいですな。
その後何故か山口女流がアルパカを描くことになりましたが、
攻める大和撫子の異名を持つ山口女流が、
阿久津八段にも描くような流れを一生懸命つくり、
阿久津八段が全力で嫌がる展開になります。
山口女流の絵はいい感じに犬っぽい絵になっていましたが、
何故かふさふさ感を出そうとしてぐりぐりと泡を書き足して台無しに。
何で画伯と発想が同じなんでしょうか。
NHK杯で中田七段が三間飛車宣言をしたのに、
阿久津八段が三間飛車にしたと突っ込まれた時は、
コメントは知らないで指していたがひどいことをした、
後で動画を見たらお互いすごい怖い顔をしていた、
あの後中田七段とビール飲みつつ麻雀をした、と答えていました。
ティロフォンショッキングは近藤正和六段ですが、出番を1時間待ってたらしいです。
近藤六段を1時間待たせてアルパカ描いていたんですな。
島根といえば銀山だから銀がキーポイント。
今銀がいる5四、5六の位置に歩が垂らせた方が勝つと大胆予想します。
その後も近藤六段がゴキゲンだからゴキゲン中飛車の由来通りにずっと話していました。
阿久津八段と近藤六段は通算で近藤六段から見て1勝4敗らしく、
矢倉の将棋で何故か勝って中飛車の将棋は全部負けたとさっそくぼやいてみたり、
今流行っている中飛車から左側に穴熊を組む将棋は、
近藤六段が昇級のかかった対局で同じく昇級がかかっていた阿久津八段にぶつけ、
その将棋は負けて誰も見向きもしなかったのに、
菅井五段が指したらみんな左穴熊左穴熊と言うようになったとぼやきを重ねたり、
阿久津八段や松尾七段にぶつけたのがまずかったのかなとまたぼやいたり、
口調がゴキゲンなのに話の中身はぼやきまくりでした。
対局場は標高1000Mで空気が薄いらしいです。対局者は大丈夫なんでしょうか。
前日車で移動する時は、近藤六段が聞き手に回るほど羽生三冠が話をしていて、
1時間半くらいしゃべりっぱなしだったそうです。
また立会人の鈴木大介八段は記録の梶浦三段が弟子なので、
弟子の前では少しきりっとしていると笑っていました。
その後も話しまくっている近藤六段でしたが電波が悪くて電話が切れてしまいます。
すぐにかけなおしてきましたが、
また話せと現地の声がきたので解説に行ってきますとのことでした。
今までのティロフォンで最長記録だったんじゃないでしょうか。
その後の次の一手アンケートでは、
皆さんも商品が当たるとかならその他がいいんですよ、
と言う阿久津八段がフラグだったのか意外なところから開戦します。
つい一手前に渡辺王将が△1四歩と受けた端に▲1五歩とぶつけ、
羽生三冠が仕掛けました。
すると攻める大和撫子の異名を持つ山口女流が急に楽しそうに駒を動かし始め、
流石ですねと阿久津八段に突っ込まれていました。
その後羽生三冠がさあ攻撃するぞと角道を開けたところで、
渡辺王将の封じ手になりました。
阿久津八段が言うには、
渡辺王将は封じ手の時間がずれるとそのまま関係者の食事などの時間がずれるので、
長考しないで封じる派とのことですが、
18時を少し回ったところで封じ手になりました。

二日目のニコニコ生放送は解説が森内俊之竜王名人、
聞き手が室谷由紀女流初段でした。
リレー質問は阿久津八段から森内名人へ、
結婚されてからタイトル戦に出るようになったイメージですが、
結婚してよかった所は何ですかとの質問でした。
そういえば東の王子の阿久津八段も西の王子の山崎隆之七段も独身ですね。
森内名人は独身の時は無茶な生活の時もあったけど結婚してからは安定した、
と無難な回答。
室谷女流へは東京の生活には慣れましたかとの質問でしたが、
2回目の大雪の時が引越し日だったらしく、19時間もかかったとのことでした。
室谷女流は4月1日付けで関西から関東所属に変わるのですが、
例えば森内竜王名人が序盤は銀を奇数の筋に進出させるのが角が使えるので良い形、
と言ったときに室谷女流さっと駒を動かして良い例と悪い例をあげるのが、
関西で鍛えられてきました感がしてよかったです。
解説中の森内名人「関西弁出ましたね。いいですね。」
封じ手は候補にあがっていない捻った手でしたが、森内名人は先手持ちとのこと。
記録係の梶浦三段が封じ手を当てたそうです。
やっぱり同じ空気にいると捻った手だなとかが分かるんでしょうか。
その後羽生三冠が歩を突き出して渡辺王将の銀が下がった手を見て、
森内名人「涙の撤退。」
先後を入れ替えて見るひふみんアイについては、
「私も実際にやられたことがあります。」
この後解説中の大盤の先後を入れ替える中座アイになり、
森内名人「私の顔が見切れていますね。」
羽生三冠人気と森内名人の羽生三冠優勢が合わさり、
どちらが優勢かアンケートは羽生三冠85.1%対渡辺王将14.9%まで広がります。
その後小学生名人戦で、
森内名人が対局後に詰みがあったのを指摘して負けた小学生が泣いた事件を受けて、
森内名人も泣いたことがありますかとの質問メールには、
小学校時代決勝戦ですごい頓死をした時に、
泣いたかどうかはわからないけど気持ちに残ったことがあると答えていました。
午後に入ると羽生三冠が怒涛の攻めで優勢を拡大していきました。
こうなるとニコニコ生放送では解説よりも質問になりますね。
森内名人はクイズが得意なことで有名ですが、
アメリカ横断ウルトラクイズでクイズに興味を持ったそうです。
さらにアタック25のパネルの開け方を羽生三冠や佐藤康光九段と研究した、
という噂には本当ですと答えていました。豪華な研究会だ。
森内名人は去年渡辺王将と竜王戦を戦いましたが、
渡辺王将が本当に森内名人の手番の時におやつを食べないで、
少しの時間席を外して戻ったらおやつが無くなっていたのを見て、
急いで食べたんだろうな、不思議なところに気を使うんだな、
と思ったら笑いそうになったそうです。確かに不思議なところかもしれない。
食べ物に話題がいくと、島朗九段と鈴木環那女流が森内名人とカレーを囲む会をやった、
タイトル戦で名古屋で食べたエビフライカレーはえびが27cmもあって、2日続けて食べた、
地獄蒸しプリンは確か大分だったかなと、すごい記憶力を発揮していました。
どうやって覚えているんだろう。
また、女性が将棋をやってくっるようにするのはどうすればいいかという質問には、
室谷女流が姉がボードゲームが好きで将棋を始めたが、
自分は運動の方が好きだったので好きではなかった、
ジュースとおやつにつられて週3回通っていた、
おじさんがたまに負けてくれたので、
勝ったことが嬉しくて続くようになったと答えていました。
勝たせて褒めてあげることが重要らしいです。あとおやつ。
チェスは羽生さん曰く満員電車の中にたくさん詰まっている感じで、
最後は地味な応酬になるゲームみたいです。
他にはモノポリーなども森内名人はするのですが、
家族で人狼をやったときは人狼をひきあてたら嬉しくて顔に出てしまい、
すぐにばれてしまったそうです。
ここまでやたら質問メールに答えてばかりにみえますが、
実は質問メールや詰め将棋の回答の応募が殺到しすぎてメールフォームがパンクし、
応募できなくなるというハプニングもありました。これが竜王名人の人気ですか。
午後は大盤で初手から並べなおす時に、
先手後手を入れ替えて渡辺王将の気持ちになって見てみようということに。
最初は不思議な感覚でしたが、慣れればこちらも面白そうですね。
ただし渡辺王将が猛攻される展開だったのでさらに希望が無くなったように思えました。
注目のおやつタイムは羽生三冠の手番で迎えましたが、渡辺王将は待たずに食べました。
渡辺王将は形勢が顔に出る方ですが、
もうだめだと思っている時はおやつを待たないという法則もあるかもしれません。
森内名人のおやつはLeTAOのドゥーブルフロマージュ。おいしそう。
ティロフォンは鈴木大介八段でした。
立会人は終局時には対局室にいるのですが、
早めに終わりそうなのでいつ入ればいいのか森内名人に聞き、
森内名人は立会人が入ると緊張するのでまだ入らない方がいいと答えていました。
ティロフォン中に手がぱたぱたと進んだので、
投了前に部屋に入らないといけないと早々に退散しましたが、
間に合わなかったのか気を使ったのか、結局投了時に部屋にいませんでした。
ソフトによると33手詰めだったそうで、
負けるとタイトル挑戦失敗かつ自玉に詰めろがかかってるという状態で、
33手詰めをきっちり詰ますのだから凄いと思いました。
終局後に時間があったので質問メールに答えていました。
森内名人が振り駒を数千回振って、
歩が表になりやすいというデータを得たという都市伝説には、
1000回も振ってないが100回くらい振ってだいたい同じだったので辞めた、
と答えていました。噂は大きくなるものですね。100回もすごいですけど。
また、定刻で封じ手になる直前に、立会人がそれでは封じ手をというタイミングで、
「あ、指します」と言って指したのはだいたい事実だそうです。
今ならありがたく封じ手をさせてもらいますとも言っていたので、
封じ手する方が有利と見ているんでしょう。

これで3勝3敗となり、第7局に勝った方が王将ということになりました。
第7局は振り駒で先手後手を決めますが、
渡辺王将は後手番で振り飛車をしたり、今日は後手急戦矢倉で敗れるなど、
後手番で指す戦型に苦労しているように思います。
また、3月は3日、5日、7日と対局があり、棋王戦も16日、負ければ23日と続き、
複数タイトルを持つ厳しさがいよいよ出てきました。
王将戦の第7局は26、27日で、棋王戦も16日と23日に敗れると31日に対局となり、
重要な対局が続きます。
将棋のタイトルホルダーは意外に体育会系じゃないと務まらないんでしょうか。

王将戦第7局のニコニコ生放送は、
初日の解説が中村太地六段で聞き手が安食総子女流初段、
二日目は解説が久保利明九段で聞き手が藤田綾女流初段です。
久保九段は関西所属なので、
ニコニコ生放送での解説は滅多に無いと思いますので見逃せません。
また、今週の土曜日から電王戦も始まります。
15日の第1局は解説が鈴木大介八段と中村太地六段、
聞き手が本田小百合女流三段です。こちらも今から楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

覆す力
森内俊之著
¥756






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ