棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

藤田綾

第8回朝日杯将棋オープン戦、豊島七段が準決勝進出

今日はニコニコ生放送で、初の朝日杯の生中継がありました。
朝日杯は全部の棋士が参加する早指し棋戦で、
持ち時間は40分、使いきると1分将棋となります。
そのため序盤はNHK杯よりもさくさく進行していきました。

ニコニコ生放送では解説が近藤正和六段、
聞き手が藤田綾女流初段で大盤解説会が始まりました。

近藤六段「チェスクロックですとノータイムで早いですね。
これ話しているとどんどん進んで遠い昔のことを解説しているみたいな」
序盤は記録係りがついていけてるのが不思議で仕方ありませんでした。

糸谷竜王対豊島七段は糸谷竜王の先手で角換わり腰掛銀に。
しかし先手の糸谷竜王から同型を避けました。
最近同型の後手に新発見があって同型復活傾向らしい。

糸谷竜王、豊島七段、久保九段、稲葉七段のブロックについて
近藤六段「この4人誰が残っても実力者なんですけど、
注目は新竜王になった糸谷さんじゃないですかね」

先手の糸谷竜王の王様が穴熊に入った瞬間に、後手の豊島七段が先攻していきました。
糸谷竜王は席を外して、戻ってきたら直ぐに指す竜王戦でもおなじみだった不在流。

近藤六段「飛車を引くと歩がピッタリなんでね、普通は桂馬を跳ね…」
ぱしっ(駒を指す音)
藤田女流「あ、飛車を引きました」
近藤六段「これが生放送の恐ろしいところでね」
今度は豊島七段が席を外しました。案外そういうものなのか。

アンケートどちらを持ってみたいか
先手・糸谷竜王26.0%、後手・豊島七段47.7%、どちらとも言えない26.4%。
攻めてるほうが好き?
豊島七段は自身の飛車と相手の穴熊の香車を交換する鬼攻め。
糸谷竜王がそれを誘ったんだけれどもさてさて。

近藤六段「横歩取り、角換わりなんかはもう中盤が短くて、
戦いが始まったらもう優劣がついている場合もありますからね。
将棋の対局はもう興奮してるから、意外と手が進んでしまうんですね。
後からもっとゆっくり指せばよかったなとか反省するんですけれども、
その時は興奮してるから止まらなくなっちゃってね」
藤田女流「糸谷竜王がすごい前傾姿勢に」
近藤六段「気合が乗ってるねえ」

近藤六段「糸谷さんの手が遅いと言うことは豊島さんペースなのかもしれません。
早い時は本当に早いですから」
ここで画面が対局場に切り替わると…
近藤六段「あ、席外してただけだった」
幻惑の不在流。
近藤六段「糸谷さんのように動き回るスタイルでタイトルを取ったのは珍しいと思うね」
そして記録係りまで不在になり、戻ってきて困る糸谷竜王。
asahi2
糸谷竜王(これ指しちゃっていいのかな…。)
 
戻ってきてすぐに指すというペースが乱れたか。
記録係りがチェスクロック持参で戻ってきたので、故障か電池切れではとのこと。

そして開始から1時間くらいの間に4者とも1度は席を外しました。
意外に席を外すものらしいです。

ここで対局場のマイクから「はあ、そっか」のため息。糸谷竜王かなあ。
そして糸谷竜王が席を外しました。

終盤は糸谷竜王勝ちかというところで豊島七段の名手がとびだし、
もう訳が分からない展開に。
今度は豊島七段が王手竜取りを決めて豊島七段の勝ちか、
というところで糸谷竜王も攻防手を放ちます。しかし…
近藤六段「これは豊島さん余裕がでてきましたね。ネクタイのあたりが余裕」
近藤六段のネクタイ評価関数。
最後は糸谷玉に豊島七段が必死をかけて、糸谷竜王の最後の攻撃を交わしきり、
豊島七段の勝ちになりました。

質問メール
将棋の盤や駒を買うときに注意した方がいい事はありますか。
自分の気に入ったものを使うのがいい。
持った時のさわり具合は人の好みによって違う。
駒の大きさによって盤を決めればいい。駒台もセットで売っているのがあれば高さも合う。
足がついている盤は気分がいい。
奨励会は三段になると使う盤が高くなる。
糸谷さんも最近えらくいい盤駒使ってるなと思ってるのでは。
近藤六段は師匠の故原田九段から頂いた物を使っているそうです。

最長何手の詰め将棋を解けましたか。
近藤六段「私はねえ、私の修行時代は伊藤宗看、看寿の詰むや詰まざるやの、
将棋図巧の最後の方の100手以上あるやつ、そうそう117手詰めかなあ。
これをやって一気に強くなった覚えがあります。
当時はパソコンとか情報がなかったから、詰め将棋が修行だったんですね。
私は新潟で、詰め将棋と棋譜並べだけで実戦はほとんどやってなかったんです。
皆さんも是非、解かなくていいんで並べてくれれば、ひとつの芸術ですから。
一週間もずっと考えてそれでも詰むって感覚に入らないのもありました」
藤田女流「私は長くて50数手。ずっと考えて解けないのに、
お風呂入ってるとふっと解けたりする」
将棋図巧と将棋無双は10数手詰めでもすごいらしい。

そして16時くらいから久保九段対稲葉七段の棋譜を大盤で並べることに。
先手の久保九段が角交換四間飛車、の出だしから角道を止める展開でした。
中盤久保九段の飛車と銀桂の二枚替えになり、振り飛車が捌いて悪くなさそうでしたが、
稲葉七段が竜を引いて守り、香車も受けに投入してどうもここから稲葉ペース。
最後は先手の美濃囲いに△3六桂が飛んで来て粘れない形になり、稲葉七段の勝ち。

質問メール
将棋会館の売店は関東と関西で違いはありますか。
書籍とか扇子とかは変わらないと思う。
ただ関西は関西棋士のグッズが多いと思う。
関西棋士のサイン本が置いてあったりとかそういったことじゃないですかね。

三段リーグでの藤井先生との対局で、
藤井先生が王手放置をして負けたという話がありますが、
その時の話やその他ありえないような対局の話をお聞かせください。
お互い藤井三段と近藤三段で、藤井三段が20歳、私が19歳でした。
藤井三段が勝勢で、こちらは苦し紛れに王手したんですけれども、
そしたら読みきったつもりで王手してきたんです。
こっちも興奮してたから、王様を取って駒台の上にばしっと置いて、
隣で対局してた人が驚いていました。
その後藤井三段は連戦連勝して、15勝3敗で昇段しました。
他にありえないような対局というと、私と野月七段との対局で、
詰ませても勝ちそうだし、詰ませなくても勝ちだし、と悩んで詰ましに行ったんですね。
それで王手したら、香合いが絶妙手で逆転されてしまいました。
そういうのが勝又教授のネタになるんですよ。こんちゃん何かないとか聞かれるんです。

本家ごきげん中飛車講座をお願いします。最新型を是非。
確かに全盛期はものすごく指されまして、居飛車党の方まで指してました。
ただ超速銀がでてから指されなくなりました。
3七銀に持久戦なら銀には銀をあわせてじっくり指して、
許さない気分なら3二金から5六歩という、菅井さんがやるような指し方がいいです。
それと超急戦もいろんな変化がでてきています。

2局目が19時で遅いというコメントがありましたが、
千日手や持将棋を考えて19時からの予定になっているらしいです。

そして17:10くらいからまた休憩に。
19時からなら会社勤めの人も見れるかもしれない。

18:45に入室し振り駒開始。豊島七段が先手に。

第2曲は豊島七段対稲葉七段。振り駒で豊島七段の先手になりました。
稲葉七段が横歩ではなく一手損角換わりを選択し、豊島七段は棒銀へ突き進みました。
早指しで一直線に棒銀にいくとかアマチュアの将棋みたいで、
プロがやると迫力があります。
その後稲葉七段が棒銀の進軍を受け止めて、豊島七段が一旦穴熊に入り、
稲葉七段は豊島七段の棒銀を追い払いつつ厚みを作る展開になりました。

どちらをもってみたいか
先手・豊島七段34.6%、後手・稲葉七段31.3%、ニャン34.2%。
ほぼ互角。穴熊対厚みは3%差で穴熊が人気か。

豊島七段の▲3四歩に「ぱっと見▲1六角を狙ってるのかな?」
と言ってすらすら並べる近藤六段。
角を捕獲する手順で、そんなぱっと見があってたまるかと思いました。
稲葉七段は角を助けて辛抱する手順に。
ここで対局室の写真が紹介されました。
asahi4
歴代の永世名人の掛け軸らしい。木村名人、大山名人、中原名人の掛け軸とのこと。

盤上では豊島七段の角と稲葉七段の銀桂香の3枚替えになり、
その後も豊島七段が着々とリードを広げました。
そして聞こえてくる稲葉七段のため息。

ところがため息をつきつつ根性の粘りで、近藤六段が実戦は難解と表現するような混戦に。
稲葉七段「そっかあー、しかし…」
結構ぼやくタイプか。
しかし終盤は豊島七段の穴熊の遠さを生かして形勢を押し戻し、
asahi6
この涼やかな対局姿に。
ほどなく稲葉七段が投了し、豊島七段の勝ちになりました。

ニコニコ生放送での朝日杯は初めてでしたが、NHK杯よりも手の進みが早く、
時間が無くて読みきれない中での勝負術がとても楽しめました。
糸谷竜王が有利と見られていた局面でしっかり返し技を用意していた豊島七段、
竜引きや香打ちの受けで久保九段の攻めを空中分解させた稲葉七段、
最終局もしっかり返し技を用意していた豊島七段に、
「そっかあー」というため息から不利ながらも違う手をひねり出した稲葉七段。
こう見ると豊島七段は結構黒いのかもしれない。

第27期竜王戦第5局初日が終わる

森内俊之竜王に糸谷哲郎七段が挑む第27期竜王戦七番勝負第5局は、
森内竜王の封じ手で初日が終了しました。

ここを勝てば竜王になる糸谷七段の初手は▲7六歩。
加藤九段「初手は▲7六歩だと思っていました。矢倉はないと思います。
森内さんは矢倉も得意なんですけれど、糸谷さんはどうなんでしょうか。
多分腰掛け銀だと思います」

加藤九段はスーツではなくカジュアルなスタイル。
普通のおじいちゃんじゃねえかとコメントで突っ込まれてました。

加藤九段「七番勝負で3勝は勝っている方は大分気が楽ですよねー」

第4局は金沢のかなや青巒荘と聞いて、青巒荘のエピソードを語る加藤九段。
中原さんとのタイトル戦で4勝2敗で防衛した時の第1局がこの場所だったらしい。
また、米長さんとの対局もあり、加藤九段がチーズを頼んで食べていたらいい手が指せて、
米長さんも負けじとチーズを頼んだら違うチーズが出てきて、加藤九段が勝ったらしい。
昔の十段戦(竜王戦の前身)は7人くらいで、関東の各地を廻ったらしい。
加藤九段「第1局ハワイ行ったんでしょ?うんうんハワイ、ハワイねえ」
棋王戦の第1回が最初のハワイ対局らしい。この記憶力は何なのか。
渡辺六段と森内竜王の竜王戦で、一緒に焼肉食べたらしい。
加藤九段「僕の将棋結構知ってる↑」嬉しそう。
昭和54年の中原さんとのタイトル戦も研究しているらしい。
郷田九段も加藤九段の将棋を研究しているらしい。
加藤九段「彼も長考する。長考すると普通意表の手を指すが、
僕も郷田さんも普通の手がいいと思ったらそれを指すところが一緒。
先輩では升田先生も将棋を観ていてくれて、感想も言ってくれたり、激も飛ばしてくれた。
升田先生は感想戦も熱心で、朝の7時くらいまで感想戦もやって、
その後にこんないい将棋をを指せた、見てくれ、と言われて並べてもらったりもした。
本気で感想戦をやった棋士は大山名人。
二上さんとの感想戦は後日第二次感想戦が始まる。
今は研究会の時代だから、気のあった仲間とやればいいやという感じ。
昔は感想戦が研究会のようなものだった」
※渡辺明著「明日対局」に、加藤先生に「渡辺さんは僕の▲6二歩は知っていますか」
と聞かれ、大山全集を並べていたので「もちろんです」と胸を張って答えることが出来た、
と書いてあります。
韓国での竜王戦第1局のことで、焼肉も韓国で食べたのでしょう。

12月3日はひふみのひ。とのコメントで12月3日のエピソードを語る加藤九段。
昭和43年の12月3日から4日にかけて、大山十段と十段戦第4局を指した。
▲4四銀に7時間考えて指して、それがいい手で勝った。
直感でこの先に何かあると思ったから、どう考えても▲4四銀なんだけど先を考えていた。
加藤九段「これ負けてたらしゃべらないけどね」
谷川さんは負けてもいい将棋なら評価するが、自分は負けたら評価しないとのこと。
腰掛け銀は加藤九段が奨励会に入ったくらい、終戦直後に大流行した。
ただし短期決戦型なので、研究の量で勝とうという将棋で、
研究が進んだ後は一時廃れて矢倉が大流行した。
その後角換わり腰掛け銀の定跡の歴史講座に。
最初は後手が△7三桂馬と指していたが、△4三金が発見されて千日手模様になり、
先手から打開が難しく、後手は戦えるということで、
数年くらいほとんど腰掛け銀が指されない時期があったらしい。
※すぐ上の渡辺二冠がもちろんですと答えた▲6二歩というのが、
▲4四銀の先にあった妙手です。
大山十段の封じ手が△5二歩であろうと予想した加藤九段が、
初日が終わって19時から0時まで5時間考え、
さらに封じ手開封後に2時間考え、そして見つけた手でした。

そして独演会のまま50分が過ぎ、質問メールに行こうとする藤田女流でしたが、
加藤九段はかまわず話を続けて藤田女流の仕掛け失敗。
囲碁の先生と話すのも魅力的らしい。
例えば感想戦は、囲碁の場合はご飯を食べて、お風呂に入って、
それから時間をとってじっくりとやる、ということもあるらしい。
58分過ぎにようやく現地の写真に。
10時過ぎ、斜めになっていた2三歩を森内竜王が直しました。
角を交換した際に糸谷七段が触って曲げてしまったらしいのですが、
糸谷七段が席を立った後に直す気配りの竜王。
ponanzaも後手の森内竜王の+197。
ponanza予想手の△6五歩の仕掛けは加藤九段も解説していたので、
やっぱり仕掛けたいよねとご満悦。
そして質問メールの回答がないまま休憩に。怒涛の1時間でした。
森内竜王は△6五歩を選択。初日の午前中から早くも戦いに。

加藤九段曰く
森内竜王の将棋は、柔よく剛を制すとあるが、森内竜王は剛、羽生さんは柔。
若い頃の森内さんと指したが、居玉で指されて負かされて、森内竜王の剛が分かった。
大山先生は柔、升田さんは剛、自分は剛、郷田さんも剛、渡辺二冠も剛、
こうしてみると将棋の棋士はだいたい剛なんだ、柔で勝つのは大変ですよ。
局面は糸谷七段の手番ですが、加藤九段は指したい手は▲2五桂とのこと。
後手としては仕掛けたところなので、ずっと守っていてくれる方がいいらしい。
それが突如私は私と攻めてこられると困る、と解説していると糸谷七段も▲2五桂。
加藤九段「ああ▲2五桂ね。当たった当たった。
僕は一目で言ったわけだけど、糸谷さんは研究範囲なんだここまで」
研究の手を一目で言い当ててご満悦の加藤九段。
藤田女流「それではここでヒフミンアイを…」
加藤九段「ヒフミンアイね。うふふふふ」
その後はこう進めば糸谷さんがいい、こう進めば森内さんがいいと、
解説も止まらない加藤九段。駒を動かすのは藤田女流ですが。
糸谷七段の10時のおやつはゆずジュースと練りきり(椿)。
加藤九段「いいですねーいい色してますねー」
11時にようやくリレー質問に。

リレー質問
佐藤九段から加藤九段へ
私は現在40代ですが、40代50台の将棋の勉強の仕方を教えてください。
元々佐藤さんは棋士の中でも研究量は1、2を争う。意欲的に研究している。
意欲的というのは、ものすごく新しいことに挑戦している。なのでリスクは高い。
そんなことまで考えてるのかというとこまで研究している。
私の実体験でいいますと、ライバル棋士の実戦集、
大山升田の100番指しなんかを読んで勉強した。
中原米長の100番指しも読んで勉強したが、図面が入っているものがいい。
マイナビから出ている本は大山先生が率直明快に書いていて、
将棋に対する哲学や取り組み方も書いてあって面白かった。
大山先生が晩年病気を直して順位戦に復帰した時に、
ファンが大山先生に大変ですねと言って、大山先生も大変ですよと答えた。
ファンは落ちる可能性があるから大変だと言っているが、
大山先生は全部勝てば名人挑戦だという意味で大変だと答えている。
そういうのがいっぱい出てくる。あと「意地」という言葉もいっぱい出てくる。
気持ちの持ち方が大きい。抽象的になるんだけれども。
私は30歳のときに将棋に行き詰まりを感じて、
33歳のときに中原名人と名人戦を戦って4連敗で負けたが、
今回は負けたがいずれ名人になれると神様からメッセージを頂いた。
限界は突破できるものだと思っている。
突破するには人生観で考えてみると言う必要は絶対にあると思う。

※英レディング大学院で地政学や戦略論を学び、
博士号をとられた奥山真司さんのブログより、戦略の階層。

宇宙観(死生観、哲学・宗教観、魂、アイデンティティー)
世界観(人生観、歴史観、地理感覚、心、ヴィジョン)
政策(生き方、政治方針、意志、ポリシー)
大戦略(人間関係、兵站・資源配分、身体、グランドストラテジー)
軍事戦略(仕事の種類、戦争の勝ち方、ミリタリーストラテジー)
作戦(仕事の仕方、会戦の勝ち方、オペレーション)
戦術(ツールやテクの使い方、戦闘の勝ち方、タクティクス)
技術(ツールやテクの獲得、敵兵の殺し方、テクニック&テクノロジー)

加藤九段は行き詰まりを感じたという30歳の時にキリスト教の洗礼を受けています。
宗教観は宇宙観の階層になりますが、
限界を突破するにはより上の階層で考えてみることが重要だとのことでしょう。

糸谷七段の早指しについて、
加藤九段「糸谷七段の早指しは将棋の歴史上ナンバーワン」

その後藤田女流へのリレー質問の紙をもらったが、
しゃべりたいのでと突っぱねる加藤九段。無敵すぎである。
旅行は気分転換に行くもの。
私はタイトル戦の前に御祈りの旅に行ったこともある。エルサレムにも行った。
人間は楽しいことが先にあると原動力になるので、そういうのを持っているといい。
当時は30代だけど今は74歳になって、
旅行に行くというよりは内面を引き締める時期かなと思っている。

室谷女流から藤田女流へ
旅行好きと言ってましたが、予定の場所はありますか。
加藤九段「どこいったの?」
藤田女流「ヨーロッパにも行きました。
イタリア、フランス、スウェーデン、フィンランド」
9月にシンガポールに行ってきたのでしばらく予定は無いとのこと。
その後加藤九段は、
旅行の話→旅行の記事を書いた話→記事といえばキリスト教の記事を書いたよ→
アウト×デラックスは打ち合わせ15分→ハヤブサ打ち上げ成功するといいね、
という怒涛の進行でした。
ハヤブサは理系的な興味ではなく、
宗教家なので神様が御創りになった神秘的な意味で興味があるらしい。

盤上では糸谷七段は穴熊のハッチを閉める▲8八銀。
加藤九段「いやー渋いですね。関心した。よく将棋知っているな。
驚きました。相当これ研究してるんだ。冷静な人だな。こんな冷静な人なんだっけ?」

第1局の前夜祭で糸谷七段が哲学の話をからませて挨拶をしたと聞き、
加藤九段「彼は哲学の話がしたいんだ。若い若い。うふふふふ」
そして哲学トークに。
ひふみんニーチェとかも読んでいるらしい(ただしニーチェはばっさり斬られる)。

加藤九段は森内さんと対局したときに、
森内さんの和服の色のモスグリーンは平和の色なので、闘志が失せて負けたらしい。
昔は紺色が主流だったのこと。そして2回目の休憩に。
ponanzaは早くも森内竜王の+312。
初日の午前中なのにもう中盤になっています。

休憩後直感で30手くらい進める加藤九段。そして「一目森内竜王の方が良さそうですね」
違うパターンを30手くらい進めて「これだと糸谷さんが良さそうですね」
とにかく手を進めて変化をつぶしていくスタイル。そして
加藤九段「次の対局はどこの場所だっけ?」
神武以来の天才の中では森内竜王の勝ちになっているらしい。

アンケートどちらを持って指したいか
森内竜王50.3%、糸谷七段11.6%、ニャンとも言えない38.1%。

後から読む手はこんなバカに上手くいく?っていう手が多くなってしまうらしい。
直感は無心で後から読む手は都合の良いように考えてしまうからとのこと。

昼食アンケート
うなぎ79.8%、それ以外20.2%。
25歳前後はラーメンだった。
ふじもとさんは将棋会館から歩いて5分なので、よく食べていた。
天ぷら定食もたまに食べるらしい。
加藤九段「うなぎはご飯と食べるといい。うな重が一番。
NHKのためしてガッテンで言ってた」

昼食休憩中にponanzaの評価値は森内竜王の+518に。
まだ初日の午後の解説が始まってないんですがそれは。

再開直後に森内竜王が▲4八角成りと指し、
加藤九段「なるほどなるほど、これはいい手だと思います」
その後検討を進めて
加藤九段「感動しました」

昼食アンケートの答えはもちろんふじもとのうな重。
うなぎはスタミナがつくし、一年中安定しておいしいとのこと。
対局の日は昼と夜と食べるが、それ以外の日ではあまり食べないらしい。

森内竜王と糸谷七段の昼食の写真を載せている間に、森内竜王が眼鏡に。
と思ったらすぐに外す。森内竜王の眼鏡はレアシーンですね。

将棋史上の謎。
羽生さんと渡辺さんの竜王戦で、ここでこう指せば羽生さんが勝っていたのに、
指せないで負けたというのがある。具体的には▲6二銀成りと指せなかった。
私が名人になったときに、
私の必敗の将棋だったのに中原さんが間違って勝ったのも不思議。
羽生さんも渡辺さんも▲6二銀成りに気づいていなかったのが不思議、
と渡辺二冠に言ったら、将棋というのはそういうものです、
と言われて終わってしまった。
加藤九段が森内竜王に、
持将棋は苦手だから持将棋を打開してほとんど負けているといったら、
そんなことありませんよ、○○○手で負かされていますよと返されて、
驚いて後日調べたら手数まで合っていたらしい。森内竜王も謎記憶力。
加藤九段と違って負けた将棋を覚えているのも森内竜王らしいか。

質問メールに行こうとしたらトイレか何かで席を立つ加藤九段。フリーダムはここにある。

質問メール
藤田さんに質問です。カスパロフさん対羽生さんのチェスについて。
チェス対局の聞き手はもちろん初めてで、本当にカスパロフさんの緊張感がすごくて、
空気がぴりぴりしていた。
チェスアプリダウンロードして結構やっています。
そして戻ってくる加藤九段。

加藤先生に質問です。
将棋の天才達に米長先生が加藤先生に仕掛けたいたずらについて書いてありました。
当時はどんな気持ちでしたか。
そうですねー覚えてるよーな覚えてないよーな話なんですけど。
うーんとですね、えーとですね、
タイトル戦になると真面目に考えてくれるんですよ。
真面目になってしまった米長さんだと勝ちやすいの。
タイトル戦の米長さんは与し易かった。
普段はいい意味でふざけている部分があるからやりにくかった。
タイトル戦はほとんど五分になる。タイトル戦以外は負け越している。
予選の将棋は彼にとっては軽く指せるの。
※ある対局で夕食休憩に入ったときに、
米長先生が加藤九段が入ってくる部屋に先に入り、
明かりを消して座禅を組んでじっとしていた。
入ってきてスイッチを入れた加藤九段は米長先生を見て、
すぐに電気を消して隣の部屋に入り、お祈りを始めた。
驚いてうな重を落とすことを期待していた米長先生は、
これでは張り合いが無いとがっかり。 

盤上では加藤九段が終盤の入り口と表現するような局面に。
まだ初日のおやつ前なんですが。

森内竜王の将棋を並べて研究してみると、
羽生さんを相手に寄せ付けずに勝つ将棋もあるが、
その一方で全然頑張らないで負けてしまう将棋もある、とのこと。

加藤九段「40歳前後の頃のタイトル戦ではチョコレートを食べていたので、
NHKの番組にチョコレート派で出たことがある。
チョコレートは今でも食べるし太らない。
洋菓子はモンブランとかイチゴショート、エクレア、シュークリームも好き」

おやつ休憩を明けると何故か加藤九段に変わって片上大輔六段が解説に。
片上理事は糸谷七段の兄弟子でもあります。

片上六段「糸谷七段なんかこうねー、独特なんですよね。
どこで将棋を覚えたんだというか。
インターネット将棋で強くなってプロになった初めての世代なのも影響してると思う。
目の前に座っていると伝わるものが普通はあるが、
その予想と全然違う手が飛んでくる。
普通指すなっていうのは空気でわかるが、指すなと思ったのに指さなかったり、
油断しているとぱっと指したり」
初手から解説に。
片上六段「これは必修手筋、いわゆる味付け海苔ですね」

糸谷七段が▲2九飛と逃げた局面について
片上六段「こういうところって考え甲斐のあるところなんですよね。
そういうところで早いというのは決断が早いというのか勝負に辛いというのか」
その後も変化の解説でたらちゃんもでてきました。
将棋界には豊川先生のおやじギャグが伝播しているのか。
そして森内竜王の△7六銀に、
片上六段「怒ってるんですかね?負けじと早指しで」
糸谷七段はすかさず▲3五歩。「彼は何時間の持ち時間を持って帰る気なのかな?」
森内竜王の語録で時間は持って帰れないというのがある。
もう詰みのような局面でもすごい慎重で、
石橋を叩いて渡るみたいなところがあると言われた時の言葉らしい。
ニコニコ動画は普段どのくらい見ているのかについては、
片上六段「発表会とかちゃんと失言が無かったか見てるんですけど」
糸谷七段とは竜王戦についてはそれほど話していない。
挑戦者決定戦が羽生名人だったので、それほど勝つとも思ってなかった。
ただ1番勝ったんでもしかしたらと思った。
3局目見ていて、本当に勝っちゃうんだーと思った。
次の日に頑張ってねとか簡単に話した。
彼は彼なりに緊張するところがあって、西遊棋イベントで挨拶で緊張して、
豊島七段に緊張しすぎやと突っ込まれたこともあるとのこと。
藤田女流「今後はどういった展開になるんでしょうか」
片上六段「最近話す方はアドリブでなんとかなるんですけど将棋の話は難しいんですよ」
理事職は挨拶大変ですからねえ。

単純に先手の攻める手を3手進め、後手の攻める手も3手進め、
これなら後手の方が早いんじゃないですかね、ざっくりですけどと片上六段。
こんな考え方もあるのか。片上六段は若干後手持ちらしい。
片上六段「糸谷七段は残り6時間半?5時間残して負けたら前代未聞ですけどね」
解説が終わると片上六段の出番終了ということで休憩に。

現地カメラでは森内竜王が眼鏡をかけ、すぐに外すパターン。
今日は眼鏡の日なんだろうか。

再び加藤九段の解説に。
糸谷七段の▲8七銀打はなかなか指せない、頑張っている手らしい。
次の一手で当てられるプロ棋士はほとんどいない、指されてみればうーんという手らしい。
森内竜王は金銀を攻める直接手ではなく△7四桂と力をためる。
次の9六歩が厳しいので攻め合いは先手負けとのこと。
その後も違う変化を並べますが、どうも森内竜王がいい変化が多いようです。

現地の色紙の映像になり、長谷川女流が夢で井上九段が溢。
photo_42
加藤九段「溢れるいいなあ…。僕も使わせてもらおう。
希望があるから人間は生きていけるんだ、なんちゃって。ははははは」

現地の写真で写っていた高野六段について、
高野六段は子供のときにお父さんが加藤九段の本を買ってきて、
それを読んで勉強したって言ってた、偉いと加藤九段。
加藤九段お気に入りリストに入っていると思われます。
本と言えば、2年がかりで書いた振り飛車破りの棒銀の本が近々出版らしい。
加藤一二三棋士生活60周年盤と言ってもいいくらいの本にできたとご満悦でした。
実戦集で初手から終わりまで書いてある局が多いらしい。
例えば加藤九段が森内竜王とタイトル戦をやる、となったら、
1局8時間くらいかけて研究するらしい。プロの研究ってどこまで掘るんだろうか。

そして局面の解説を始めたと思ったらまた席を立つ加藤九段。
トイレかな?自由な加藤九段である。

局面の解説というところで手を渡された藤田女流は、奥義アンケートどちらを持ちたいか。
森内竜王50.6%、糸谷七段12.3%、ニャンとも言えない37.1%。
さっきとあまり変わらない割合でした。
ponanzaの評価値は森内竜王の+393。

△7四桂をさりげに指せるあたりは森内竜王が好調で、
表情からも自信が溢れているとのこと。
加藤九段「いやぁいい手だぁ(ため息)」
ため息をついている間にponanzaの計算が進み、森内竜王の+432に。
ponanzaもいい手だとため息をついたんだろうか。
しかし加藤九段が▲5五角という手を見つけて、
加藤九段「いやーいい手だなー▲5五角は。盤上この一手」
自分の手をこのべた褒めである。
しかし▲5五角に飛車を捨てて攻め合う順を並べてうっかり詰まされる加藤九段。
その後も検討を進めて、
加藤九段「どうも加藤流▲5五角は不成立ですね↓」
加藤九段の飲み物がお茶からポンジュースにチェンジ。

藤田女流「ここで一旦休憩に入りたいと思います」
加藤九段「はい、はい、将棋としてはとてもいい将棋で…」
無敵である。

休憩中に糸谷七段は▲9八桂。
これは守るだけの手なのでと加藤九段がさっき言ってた手でした。

盤上では糸谷七段の囲いが金金銀銀桂桂香飛というなんだかすごい穴熊に。
しかし進めると糸谷七段がやはり悪いらしい。
加藤九段「腰掛け銀は攻め合いの将棋。しかも先手番なのに攻められてる。
腰掛け銀の攻めはなかなか途切れない。
腰掛け銀と言えば廣津久雄先生との将棋で、腰掛け銀で僕が負けたんだけど、
廣津先生はその将棋に勝って九段になったの」
ひふみん独演会である。

藤田女流「これだけ進んでいると初日の夜はどうするんでしょうか」
加藤九段「初日の夜は戦いに入っているのが一番いい。戦いに入っていれば読める。
序盤の作戦段階はどうでも指せる状態だから。
相手がどうくるか分からないからやきもきして、時間かけて考えても仕方が無い。
駒がぶつかっていれば気楽でいい」

加藤九段の一番好きな駒は銀か角。
ただし金が3枚横に並んだ将棋が自身の名局集にあり、4枚並んだ将棋もあって、
そういう将棋は負け無しらしい。

加藤九段「例えば羽生さんや谷川さんに、
将棋で強くなるにはどうすればいいか子供たちが聞いたら、
勝つ努力をしましょうと言うと思う。
でも僕はそうは言わない。
将棋というものはいい手を指せば勝てるという哲学があるので、
いい手を指しましょうと言います」
※多分羽生さんや谷川さんは、
将棋は最後に悪い手を指した方が負けるという哲学があるためと思われる。

そして森内竜王の封じ手になりました。
75_2
封じ手アンケート
△6七歩43.9%、△9五香20.7%、△6六桂10.7%、その他24.6%。

加藤九段「とにかく森内竜王の将棋はね、良くなったら逃さないの」
前局は終盤に大逆転負けでしたが、
そんな展開に持っていっているということが復調の兆しだったのでしょう。
後は着地を決めるだけですな。

加藤九段
ずいぶん大いに張り切って、将棋の面白さを解説することができて、
この将棋面白いですよねー、一手指した方が良く見えますもんね。
ここまで来ればかなり読めるので、明日は大きな波乱もなく、
森内竜王が押し切りなんじゃないかと思います。

最後にリアル車将棋について話が及び、
加藤九段は将棋界は新世紀に入ったと大喜びでした。柔軟な74歳である。

明日はニコニコ生放送では解説に高橋道雄九段、
聞き手に飯野愛女流一級で大盤解説会があります。
森内竜王が踏ん張るのか、糸谷七段が一気にタイトルを取ってしまうのか、
加藤九段のコメントがフラグになるのかならないのか、
ニコ生スタッフへのおすそ分け(御坂美琴のヤシの実サイダー)まで準備している、
高橋九段の解説も含めて見所満載です。とても楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

負けて強くなる ~通算1100敗から学んだ直感精読の心得
加藤一二三著
¥840






竜王戦第2局は糸谷七段が圧勝!

森内俊之竜王に糸谷哲郎七段が挑戦している第27期竜王戦七番勝負第2局は、
挑戦者の糸谷七段が勝利し2連勝としました。

注目の封じ手は▲2四歩。
封じ手予想アンケートでは9.7%というちょっと意外な手でしたが、
糸谷七段はいつも通りさして時間を使わずに手を返していきました。

ニコニコ生放送では9時から大盤解説会でしたが、
何故か聞き手の藤田女流のみでスタート。この様子どこかで見たことがある…。
藤田女流「コメントたくさん頂いていますが、遅刻じゃないですよ。大丈夫です」
豊川七段が遅刻したときも聞き手が藤田女流だったんですけどこれは…。

どちらを応援しているかアンケート
森内竜王63.4%、糸谷七段36.6%。
ponanzaは糸谷七段の+110でした。
一手損角換わりはコンピュータの評価値が辛く、
最序盤でいきなり-200とかになっていたので、
ponanza的には後手が相当挽回したということなのかもしれない。
10分くらいたってから中村九段登場。
中村九段「いやいやいや。面白かったですね。
封じ手知らないんですけど、まあ現局面を見て分かったというか。
▲2四歩は無いと思ったんですけどね。
昨日はちゃんと7時に出るつもりだったんですけどね。そしたら8時…」
藤田女流「なんか私ポニーテールにすると一人になる気がして、やめようかな」

中村九段「竜王戦の1回戦で、藤田さんに今回は海外対局なんですよと聞いて、
挑戦者にならないといけないなと思って毎日神棚におがんで、
勝たせてくださいじゃあれだからいい将棋が指せるようにとか、
3組の棋士が挑戦者になれるようにとか、それだけはかなったんですけどね」
※糸谷七段は3組優勝からの挑戦です。

席を立つ糸谷流について
中村九段「どこに行ってるんですかね。糸谷さんカメラかなんかつけてもらって…」
そしたら戻ってきてすぐに指す糸谷流。
森内竜王の封じ手▲2四歩は意外だったが、
封じ手は相手の読みを外す難解な手を指すのが基本ではないけどあるとのこと。
中村九段は家でコンピュータ相手に、昨日の終了図から指してみたらしい。
封じ手一番人気の▲3四銀は、
△4八歩とたらして△4九角からごちゃごちゃやってくるらしい。
▲3四銀からの展開はコンピュータ相手に指したり研究していたようで、
中村九段「私が対局者だったら、これで▲2四歩がきてすこし嫌になっちゃう」

リレー質問
森下九段から中村九段へ
50歳を過ぎてさらに強くなる秘訣を教えてください。
強くなるって別にあの…こちらが教えて欲しいくらいですけど。
将棋界ってなんだかんだいって40代が主力じゃないですか。
20代の頃から強かったですけど。
30代と40代はいろんな意味で大差な気がするんですよ。
ところが40代と50代だと個人差がでてくるんですよ。
そうするとあんまり年齢気にすることがなくなったんですね。
それこそ森内さんたちの世代が勝ってるんだから、
私たちの世代が勝ってもいいんじゃないかなとか、
それこそ20代の棋士がばんばん勝ってたらもうだめかなとか。
最近コンピュータが本当に強くなってくれて、ある意味ありがたいなと思うことは、
将棋指して、感想戦やって、結局わかんないで終わることがあると、
とりあえずコンピュータの判断を見ると、それなりに答えてくれて、
こういう考え方もあるんだなと納得できることもある。

その後ponanzaの読みを見ながらちょっと解説になりました。

安食女流から藤田女流へ
もし女流棋士になってなかったら何をしていたと思いますか。
私なんかできることが少ないので、何でしょうね。
ほんと低学年の頃はケーキ屋さんとかそういうレベルなんですけど。
あまり手先も器用じゃないのであまり思いつかないんですけど。先生はどうですか?
中村九段「TOTOの社員になりたかったんですよ。
男性は思い当たることがたくさんあるんですけど、飛び散るのが気になる」
藤田女流「先生朝の9時半です」
中村九段「それをいろいろ研究したかったんですよ。
今は泡で飛び散るのを防ぐとかいろいろあるんですよ」
※藤田女流は11歳!でプロの女流棋士になったので、
他の仕事をしているイメージが湧かないんじゃないですかね。

中村九段の不思議流TOTO押しが出たところで初手からの解説に。

ポイントとしては後手の73桂馬が85に跳ねることになるが、
跳ねた時は形勢が傾いていることが多い。
先手の47金も、56金にあがることになるが、
これも困ってあがるのが意図してあがるのか。
その手が指されたら形勢を言いたいと思います。とのこと。

ponanzaが読んでいて、
中村九段が浮かびにくい手と言っていた△2八角を糸谷七段が指す。
後手は早い流れにしたい。先手はゆっくりした流れにしたいとのこと。
さらに現地の検討手順を並べて、
中村九段「こういう細かい攻めを考えるのは畠山さんですよね」
藤田女流「はいそうです」
※畠山鎮七段と畠山成幸七段は双子の兄弟で、
弟の畠山鎮七段は名前はマモルだけど攻める棋風、
兄の畠山成幸七段は受ける棋風です。

質問メール
先日放送されたNHK杯の熊坂学五段と香川女流王将の対局で、
中村九段は中盤で熱の入った解説とエールを送っていましたが、
香川女流王将がタイトルを防衛し、熊坂五段も連勝して絶好調です。
香川女流や熊坂五段とのエピソードがあれば教えてください。
非常にいい将棋だった。解説していても内容がいいと熱が入ってしまう。
終盤興奮したのは、熊坂五段が奨励会のときに自分は幹事をしていたから。
両者競り合って最後美しく勝って欲しいと思って。
香川女流が防衛した後連絡?
1局目負けたあとに電話きまして、先生負けましたって泣いてました。
持ち駒かなんかを落として、反則まがいの手になってしまって残念だったなど言ってた。
2局目は気にしないでとはいった。
3局目のアドバイスはない!ハワイいってたよね?
それで負けてぼろくそになったらそれはそれでいいし。
3局目は同じ日に中村九段も対局で、集中できずにそわそわしていたらしい。
熊坂五段は真面目で一生懸命やってたのを知っているので、
なかなか成績に出なくて、最近本当に将棋見てると落ち着いて指せている。
自分の力を8割出せる人ってなかなかいない。相手がいますから。
この年になるとみんな後輩で同じ世界を目指してきた人なんでかわいい。
ただ渡辺君とか橋本阿久津とかは、奨励会の頃はかわいかったけどね、
今はかわいくないね。全然勝てないからね。平気で負かせにくるからね。
先日新人王戦で優勝した阿部四段について
彼は初め負けてね、2局目勝ってこれでよしっと。
藤田女流「アドバイスは何かされ…」中村九段「いや全然」
彼は青森で人と指すというよりはインターネットで将棋を指して、
早指しはほんとに棋界でもトップクラスだと思う。
藤田女流「何か一門で集まるとかは?」
中村九段「ない!大阪に逃げちゃう人もいるし!
北浜君も大阪行っちゃいましたから。そしたら勝ちはじめるし!」
※北浜健介八段中村九段の弟弟子。今年度から関西に移籍し、今のところ勝率6割です。

ぶるぶる将棋について質問です。
プロの先生はまわって指していますが、下手はこう指しましたとか言った方がいいですか。
JTの復興イベントで磐木にいって、ぶるぶる将棋を指した。
プロ棋士7人くらいで50人くらいを相手にする。
1対1とか3面指しくらいなら覚えてるが、50人だと流石に手番がわからないことがある。
手は言わなくてもいい。上手は棋風に左右される。
右に囲おうとしたのに一周回って他の棋士が指し継いだ盤を見たら左にいるとか、
必死かけようとしてるのに戻ってきたら詰ましに行ってるとか。

封じ手について
王将戦で封じ手をした。
お腹壊してねえ、トイレ駆け込んだんですけどねえ。
藤田女流「練習とかしましたか」中村九段「いやしません」
封じ手についてはやり方を聞いた。緊張はしなかったが、書き間違えたらどうしようとか。
丸つけて矢印でいいんだけど、慎重な人は符号も書くんだけど、
矢印と符号が違ったらどうするんだろうとか。
1局目であれだけやってればもう緊張することはないでしょう。
封じ手は予想してるから、立会人は開封のときに予想が外れると「うん?」ってなる。
書いた以上変えられないので、損なんだけど、
取る一手なので歩を捨てる手を書いて後悔したことはある。
僕らの時代は関係者に悪いなとか、20人以上いるので待たせることになっちゃうなとか、
定刻を過ぎたらどうしようかとつまんないこと考えてた。
棋譜は持ち時間の確認、相手の時間の使い方を見る。
最近記録用紙じゃなくてタブレットで記録とるようになった。
そうすると棋譜見せてって言えない。
タブレット見せてくださいとかカンニングしてるみたいでしょ。

森内竜王が激しい手順を選び、糸谷七段が考え始める。
中村九段「これはねえ。あぐらになったら長いですよ」
そしてあぐらになる糸谷七段。
背広より着物の方が将棋は指しやすいらしい。
スーツは座る用にできてないから、夏なんかすぐにすり減ってしまう、
などと話していたら糸谷七段はすぐに正座になおって△3一銀。
中村九段「もう指すの?早いなあ」
激しい手順になり、
中村九段「午前中に優劣がつくという形になってきた」
ponanzaは糸谷七段の+192。

どちらを持って指してみたいかアンケート
森内竜王24.3%、糸谷七段40.8%、にゃんともいえない34.9%。
中村九段「コンピュータは形勢判断をするときに、
形にこだわらないタイプだなと思った」

その後一直線に斬りあう変化でも難解との解説。

テレビ棋戦とかでトイレに行けないとわかっていると不思議とでない。
残り1時間とかだとそわそわしちゃう。
残り5分とかになったら行けないなとか、出ないんだけど行っちゃうとか。
糸谷さんが頻繁に立っているけど気持ちはわかっちゃう。緊張で咳き込む人とかもいるし。
最近しゃべっても、前夜祭とかでしゃべったことが、
すぐその日のうちに流れちゃうじゃないですか。
大盤解説でもここだけの話ですよとか、
NHKではしゃべれませんがとか言って話すことはなくなりました。

質問メール
出演される側として、ニコニコ生放送の登場で変わったなと思うことはありますか。
特に藤田さんはニコ生四天王として、変わったことはありますか。
中村九段
私はあんまり変わってないですけど。
藤田女流
イベントに行くと感じますね。
ニコ生で宣伝させていただくとそれを見てきましたと言われたり、
サイン会とかで絵を描いてくださいとか言われたり。
ニコ生を見て初めてイベントに行ったという方も多いですよね。

ここで咳き込む音がする。糸谷七段が咳き込んで席を立ったようだ。
中村九段曰く集中しるぎて無意識に止められなくなっている。
丸山さんとか佐藤さんとかもそう。
羽生さんに負かされすぎてうなされて止まらないってわけじゃないんですけど。
空咳といえば加藤さんも有名。

ここで宣伝
藤田女流「11月2日にも東竜門イベントがありまして、指導対局、トークショー、
2部制なんですけど、1部は指して楽しむ、2部は見て楽しむイベントになっています。
私はどちらも出ます。みなさん是非」

棋士の方々は研究が嵌まっての勝ち、未知の局面での捻り合いからの勝ち、
どっちがうれしいですか。将棋界での一般論と個人的見解を教えてください。
それはもう未知の局面で勝ったほうがいい。研究だと自分で勝った気がしない。
最後まで研究通りで勝った将棋も見ますけどあれじゃむなしい感じがする。
見てるほうも結末が分かっているのを見るのも面白くないと思う。
本当に今激しい将棋が多くなってきたし、
片方が研究不測だと1本道でしょうがないって事もでてきたので。
横歩取りなんかも激しい将棋がでてきて、
タイトル戦も昔は1日目は駒がぶつかるまででおしまいって雰囲気がありましたけど、
今はもう9時過ぎて遅刻して来たら大変なことになってますからね。
将棋界の一般論っていうのはないんですよ。
プロ棋士100人に次の一手を聞きましたとかをやって、
80人がこの手を選びましたと言って、それが正解じゃないってこともあるんですよ。
個性とか人と違った手が指せる人がプロに上がってくる。
相手に意表をつかれても、読みの蓄積が無駄になってもそれにめげずに、
精神の強い人がトップ棋士になるんだなと思う。
奨励会幹事をやっていて、
幹事席にやってきてぺちゃくちゃしゃべっている人が上がったなあと思う。近藤君とかね。
一生懸命やってるなあと思う人でもなかなか上がれなかったりしてね、
個性が生きる世界なんで。

糸谷七段の座る位置が盤に近いことについて。
こないだ野月さんと指したんですけど、1メートルくらい後ろにいるんですよ。
一緒に指している気がしないというか。お願いしますって聞こえてるのかなとか。
終盤はこちらの方に手がくるじゃないですか。
そうすると届かないんでこっちに来るんですよ。無言の圧力を感じるというか。
斜めに座る人もいるんですよ。気になって仕方が無いというか。

ここで両者席を外して不思議な対局場生中継に。
中村九段「対局者控え室っていうのがあるんですけど、
2人一緒になっちゃうけどどうするのかな。まさか顔会わせるのも嫌だろうし。
神経質な人は初日が終わった後の夕食会みたいなのでも別室にする人もいます」

次の一手アンケート
△2八金19.4%、△5九金29.3%、△8五桂7.2%、その他44.1%。
藤田女流「それでは後手番なんでヒフミンアイを見てみましょうか」
中村九段「みんな普通に言ってますけどそれは将棋用語なんですか?」
後手から見ると、忙しい局面なので何か動かないといけないとのこと。
そして糸谷七段が棋譜用紙を確認して、
中村九段「本日7回目の棋譜確認」
不思議流は回数をカウントしているらしい。
ponanzaは△5九金で糸谷七段の+61。さっきより接戦になったとみているようだ。

お昼アンケート
うなぎ56.7%、中華12.5%、パスタ10.1%、定食20.6%。

昼食明けに中村九段と藤田女流がサンタクロースの帽子をかぶって登場。
今年もクリスマスフェスタやるよーとのこと。
中村九段「今企画も考えてるんですよ。アナと雪の女王にあやかってね。
綾と、由紀と、女王。ね?いいでしょう?」
藤田女流「それ私が出るんじゃないですか」
ここで生放送でプレゼント用の色紙をかかなくなったことが判明。
安定のぐらぐら机と言われた机がとうとう壊れたらしい。

詰め将棋の解答の後に初手から解説。
現局面までいったところで中村九段が糸谷七段ややよしと言い、
森内竜王が一手指してからponanzaの評価値を見たら森内竜王の+179。
さらに先まで解説を進めるも、それでもやっぱり後手を持ってみたいと中村九段。
14:40くらいで既に森内竜王の残りが50分に。

おやつタイム
中村九段「おいしいおやつなんでしょうね。この時間に食べるおやつはね」
糸谷七段はすごい勢いでおやつをかきこんでました。
ニコニコ生放送のおやつはGURUCHURORO原宿店の、
ストロベリークッキーチュロスとハロウィン限定パンプキンチュロス。

食べている間に糸谷七段がばしっ!
中村九段「あ、指しましたね。解説しないといけませんけどちょっと待ってくださいね」
そしてもごもご。食べ終わって糸谷七段が席を外しているのを見て
中村九段「私勝ちましたって感じの手つきでしたね。昔月光仮面って人がいてね」
藤田女流「人ですか?」
中村九段「いやいやいや、疾風のように現れて疾風のように去ってゆく」
ponanzaの評価値は糸谷七段の+317。形勢の均衡が崩れてきたか。
ponanzaの▲2四成銀という読みを見て、
中村九段「根性がすごいよね。これ指せるのは深浦さんくらいじゃないかな」

しばらく呆然としているような考えているような森内竜王。
ばしっと指した糸谷七段の△2五角が読み抜けだったか。
コメントでどのくらいの差なのですかと質問がきて、
中村九段「これはねえ。大差です。投げてもおかしくないくらい。
うーんあのねえ…指せないんですよ、指す手がないんです」
と言いつつ解説を進める、というか手を戻して、
この局面でこうやった方がよかったかなあという反省会モードに。
そして席を外す森内竜王。
中村九段「こういうので席を外すパターンは、気持ちを落ち着けるというか、
この後インタビューとかもありますので」
糸谷七段は気にせず棋譜用紙の確認。本日10回目くらい?
中村九段「気持ちが切れちゃうとね、自分で負けに行っちゃうんですね指し手が」

森内竜王が戻ってきて残り12分に。そして糸谷七段が正座。
投了するかもという空気なのかな?と思いました。
残り10分を切って中村九段も藤田女流も視聴者もそわそわし始めます。
そして秒を読まれた森内竜王の▲4四成銀に糸谷七段は無慈悲なノータイムで△6五歩。
森内竜王は銀損して角を助けるという苦しい非常手段に出て、
ponanzaは糸谷七段の+896。うーん苦しい。
もうどうにでもしてくれという森内竜王に対し、糸谷七段はなかなか指さずに考え、
中村九段「こういう時間帯が一番辛いんですよ。
早く斬ってくれって思っちゃいますからね」
などと言っていると糸谷七段はのんびりおやつタイムに。
中村九段「いやはははは。これはきつい」

そして糸谷七段は△8五桂。
中村九段「最初に△8五桂を跳ねる時に形勢を判断しますと言いましたけど、
後手必勝形です」

とうとう中村九段が、これ逆転したら明日の読売の一面になっちゃいますよ、
と言うくらいの局面になりました。
そしてやっぱり糸谷七段が席を外して
藤田女流「あぁ、このタイミングで」
投了もあるかもしれないタイミングなんでねえ。
そして森内竜王の▲6八銀と首を差し出しました、
次の糸谷七段の△5八竜で必死がかかります。
森内竜王がペットボトルの水をカップに注ぐとコメントがざわつきました。
残り5分でコップの水を飲み、
残り4分、残り3分となってから森内竜王の投了となりました。

この対局は90手目の糸谷七段の△2五角で急転直下という将棋でしたが、
それでは直前の手がだめだったのかというと、
もうちょっと前から形勢が糸谷七段に傾いていたように見えました。
相手の飛車を押さえ込みつつ、最後は縦方向の攻めも絡めて勝つというのは、
右玉党にとっては安心できる勝ちパターンなんですが、
糸谷七段も74手目に△2八金と、
森内竜王の飛車を押さえ込んだところで好転したと感じた、と感想戦で述べています。
中盤の捻り合いから相手より時間を残しつつ勝ちパターンに持っていったという、
流石関西の怪物です。

342
感想戦の糸谷七段。ご満悦である。

第3局の初日は11月6日、ニコニコ生放送では解説が中村太地六段、
聞き手が鈴木環那女流二段です。
中村九段「リレー質問?さっき下にいたんだけどね」
と言いつつNHKとニコニコ動画どっちがやりやすいですかという爆弾を残していきました。
竜王戦は若手棋士が活躍する棋戦で、初代竜王の島九段や、
佐藤康光九段、藤井猛九段、渡辺明二冠も竜王戦が初タイトルです。
糸谷七段がこのまま初タイトルまで突っ走るのか、森内竜王が粘り腰を見せるのか、
第3局はどうなりますかねえ。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~
糸谷哲郎著
¥1,575






王座戦第1局は羽生善治王座が豊島将之七段を下す

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦第1局は、
振り駒で先手になった羽生王座が豊島七段を破り先勝しました。

対局開始とニコニコ生放送の開始時間が9時、大盤解説が13時からでしたが、
午前中から異様な対局になりました。
両者とてつもないハイペースで指し続け、
11時くらいの段階では日曜日のNHK杯の11時くらいの局面になっていて、
結局午前中だけで89手も進む異様なペースで対局が進みました。
89手目に羽生王座から新手を放ち、そこで豊島七段が考えて昼食休憩になりました。

ニコニコ生放送では13時から解説が真田圭一七段、
聞き手が藤田綾女流初段で大盤解説がスタートしました。
真田七段曰く、豊島七段はタイトル戦が2回目だが、
最初のタイトル戦は振り飛車党の久保九段だったので、
前回とは違った楽しみのあるタイトル戦なのではとのこと。
初手から解説になりましたが、
最初に後手の豊島七段に急戦矢倉にするか持久戦にするかの選択肢があって持久戦、
次に羽生王座にどんな攻撃陣形をとるのかという選択肢があって、
▲4六銀▲3七桂戦法を選択しました。
真田七段「もうちょっと気の利いた名前がないかな、符号を言ってるだけだから」
現局面まで進んでからは、
ちょっとした手順の前後でその後の展開が大幅に変わってしまう、
という変化をじゃんじゃん解説していました。
羽生王座から手を変えましたが豊島七段も当然研究済みのはずと真田七段。
90手目の局面での視聴者アンケートは、
羽生王座24.6%、豊島七段36.4%、ニャンとも言えない39.0%と、
羽生補正を物ともしない豊島補正が見られました。電王戦パワーなのか。
真田七段は後手で相手に動いてくださいというタイプだそうです。

質問メール
棋風という言葉を耳にするが、自分の棋風を動物に例えると何ですか?
真田七段
自分から手を出さないので動物で言うと何になるのかな。
多少パンチを入れられても倒れないぞという感じの動物だと何かなあ。
打たれても倒れない系の。何だろう。
藤田女流
私は攻めるのが好きなので、一撃を入れる系は何ですかね。
サニキ
ライオン?ライオンは2分くらいしか追いかけられないらしいよ。
攻め好きと言うのは基本ライオン系じゃないかな。

加藤一二三九段がうな重ではなくエビフライ定食を頼んだが、
その時の対局相手は真田七段だった。何かありましたか。
真田七段
何を頼んだのかはまったく気づかなかった。
自分が対局じゃない方が僕も注目していたと思う。
ただし感想戦では加藤先生は上機嫌だった。
先生はすごく一生懸命な時とやだという時とムラがある。
僕は相手の戦法を受けて立つところがあるので、
加藤先生は感想戦を結構一生懸命やってくれる。
横歩取りとかは多分感想戦やってくれない。

ここで羽生王座が飛車を取り、真田七段
「切りあって終わりという局面から遠ざかった。
中盤の終わりから終盤の入り口あたりに戻った感じ」

リラックス方法は何ですか。
だいたい対局2日3日前くらいからパターンがある。
理想はマッサージとかサウナとかに入っておきたいが、僕は映画を見る感じ。
大阪の対局だと前日に大阪入りして映画を見るときもある。
最近はルーシーも見た。
そこでコメントに藤田女流はホラーが好きと書かれ、
昔バタリアンとか、あとゾンビ系も見る。
藤田女流はゾンビ系にすごいはしゃいでいました。多分大好きなはず。
最近はムカデ人間を見たらしい。

勝負飯というのはあるか。
昼麺類で夜ご飯ものと決まっている。
持ち時間に合わせて、長いときは前の日の夜にもしっかり食べる。
3時間以下ならそこまでじゃないような。重め軽めという基準で考える。

ここで福崎九段からティロフォン。
藤田女流「先ほど検分の写真で」
福崎九段「ちゃんと仕事してるでしょー?」
研究の将棋なのでほんとにお互い真っ向勝負。
ホテルは関西の棋士、女流棋士もたくさん来ている。
途中で寝てしまうほど熱心にやってる。
将棋連盟からも近いし今の若手は熱心な方が多いから頼もしい。
昔は一人でやってたから我々も楽しい時代になりましたね。
奨励会のこも来てるし女流もきてるし香川王将もきてるしそうそうたるメンバー。
お二方真面目に楽しく頑張ってください。

福崎九段はコメントでも面白いと絶賛でした。
言い方も面白いんですがなかなか文章では書けないっす。

今の将棋界はたくさんの親子、夫婦がいますが、
一緒に解説しているのはみたことありません。
真田先生が夫婦で解説しないのはなぜですか。
だめってことはまったくない。やったこともある。女流名人戦とかやった。
子供が産まれてまだ小さいので、夫婦で空けるのは難しいから今は夫婦でやってない。
及川くんと上田さんも今度やるし、嫌ってことはないと思う。
子供が大きくなったら、今までも解説してたのであると思う。

その後の解説ではもう止まらない真田七段。
ずーっと大盤を使って駒と口と頭を動かしまくってました。

後手玉が安定したので、駒の配置の意味を切り替えて、
局面を切り替えてみるための時間がいる。
先手が攻めるにしても、
後手玉に駒を近づけていくのか、飛車を攻めつつ遠巻きに行くのか、
全体のバランスを捉えてどの迫り方が有効なのか手を選ばないといけない。
後手が一番激しく攻め合いに来た時の速度とかも見ないと。
なのでここからは指し手がスローペースになる。
羽生さんの場合は、
相手がねじりあいになったときどういう手を好むのかというのを見てくるので、
第2局以降に影響がある。
初戦は豊島さんは勝っておきたい。
豊島さんは勝っても油断してはいけない。
3局目4局目あたりになると羽生さんはまったく別人みたいになる。
相手の癖をつかんでしまうから。
後になればなるほど相手の傾向を掴んで、将棋の内容もどんどんよくなる。
昔大山先生もそうだったらしく、番勝負で1局目は負けるがその後4連勝ということがある。
もう分かったとばかりに5局目とかになると圧勝するのがパターンだった。
番勝負の最初にリードしておくに越したことはなく、ここからの内容は非常に重要。

どちらが優勢かアンケート
羽生王座39.6%、豊島七段25.4%、ニャンとも34.9%。
羽生王座が攻めっぱなしの豊島七段が受けっぱなしなので、
豊島補正が消えてしまったのかもしれない。

この後は真田七段の、時には羽生研究家かとも思えるような解説で独壇場でした。
真田七段
羽生さんが今タイトル戦真っ最中の王位戦の2日制と、
王座戦の1日で5時間の対局は相当違うので、羽生さんの将棋の作りも変わる。
名人戦では封印していた横歩取りを棋聖戦では解禁するなど、
持ち時間によって戦型から変えてくる。
長考する豊島七段についても、
この局面は残り時間が1時間あれば乗り切れるくらいなので、
何時間使ってもここで主導権を握れるかどうかが問題と解説。

豊島七段は15:47分くらいにようやくおやつを食べ始める。
真田七段「しばらく指す気ないぞってことですね」

その後段位の免状の話に。
谷川十七世名人、森内十八世名人、
羽生十九世名人の名前が並んだ豪華な免状になっているのでぜひとのこと。
真田七段がプロ棋士の免許状(アマは免状)をご開帳。
名前が将棋連盟会長のだけというのが違うみたい。
和服で木の盤というのは、
江戸時代からやってきたことを伝統で守り続けているという意味がある。
免状も同じく江戸時代の名人が発行したものなので、
和紙を使って手書きでやって伝統文化を形にしているという意味がある。

ここで次の一手アンケート。
真田七段によると、受けの手は一長一短があり、
純粋にプラスだけという手を見つけにくい状況で、
展開によってはマイナスになってしまうとのこと。
攻める手は意味がはっきりしているので、
勝てるかはどうかは分からないがプラスではある。
と解説している間に豊島七段は△9六歩と端から攻め合い。
真田七段「これは第一感で浮かぶ手ではなく、
良くも悪くも羽生王座の▲4一飛と豊島七段の△9六歩の2手は両者の個性がでた」
その後の検討で
「△5九銀不成では勝てないから消去法で出た手なのかもしれない。
先の先まで読んでこの手でいいということであれば、それはものすごい読みの質と量」
また、この手は理論じゃないので羽生さんもそんなに考えないですよと言い、
その通り羽生さんはさほど考えずに▲同歩。
豊島七段もさほど考えずに△5九銀不成。
端歩は終盤に向けて、先手玉が詰む変化をたくさん仕込んだということらしい。
羽生さんが切り合いにいくと見せて、
局面を落ち着かせるみたいな展開になれば羽生さんが優勢、
切り合いならもうどっちかが倒れているという形勢判断になる。
先手の6六の桂馬がいなくなって、先手玉がそちらに逃げる展開になれば羽生さんがいい。
真田七段は羽生王座が切り合わない展開にして優勢になるのではという見解。
ただし豊島七段は明確に切りに行った。きちんと受ける気はさらさらない。
1歩渡すと、その歩がと金になるので歩でも渡すのは大きい。
豊島七段は過激に行ったので、
羽生さんはお互いの詰む詰まないをはっきり読まなければならなくなった。

ここで羽生王座は66の桂馬をどかしつつ飛車取りに当てる▲7四桂。
サニキは羽生研究家なのか。
▲7四桂はすぐに指されたので、この早さは気になる、
他のたくさんの手をどういう理由でこんな短時間で切り捨てたのだろうとのこと。
豊島七段がどこに飛車を逃げるか、9筋だと攻めに使うことになるし、
3筋は守りに使うことになるが、
どちらにしてもそんなに短時間で読みきれるわけではないので、
時間があるのにあっさり指したのが不気味。羽生王座の自信を感じるとのこと。
ここで席を外す豊島七段。流石に意外な手だったか。
真田七段
「手が広い局面からの、
▲4一飛から▲7四桂という関連性がなさそうな手順を描けるのは才能」

豊島七段は長考の末攻撃的な▲9二飛を選択。

羽生王座の▲4一飛から▲7四桂は読みに無い手だったはずなので、
豊島七段が細い正解の糸を手繰り寄せなければいけない正念場。
未知の局面になってからバランスを崩さないというのが将棋の強さ。
羽生王座は豊島七段の研究にバランスを崩さずについていっている。

豊島七段が残り1時間を切ったところで夕食休憩に。

休憩明けに豊島七段は切り合いを挑む△6六歩。
しばらく手の解説をした後に真田七段
「自信もってやればすごい手ですよこれは」
羽生王座の攻めを呼び込んで勝とうという手で、
針の穴ほどの漏れもあってはならないとのこと。

ここでティロフォン。香川女流王将から。
朝から検討とタイトル戦の空気を勉強しにきたとのこと。
谷川会長、淡路九段を始めたくさんの棋士が検討しているらしい。
若手は△7一歩が有力ではないかと思っていてその先を検討していた。
控え室は先手持ち。

ここで夕食の話題に。
真田七段曰く対局中の食べ物は本当に味がわからないらしい。

さらに解説を進めると、
△6六歩は切り合いの他に後手玉の入玉を助ける意味もあることが判明。
しかしその後検討を進めると、重要な局面で先手玉が詰まないことが分かり、
豊島七段は自信があるのではなくて修正案、頑張りに行った手と真田七段。
豊島七段が中盤に指した△9六歩と▲同歩が入っているせいで、
先手玉が打ち歩詰めの順に逃れることが分かり、
△9六歩の後に豊島七段に予定変更があったのではとのこと。
この後はっきりと羽生王座に形勢が傾きました。
真田七段
「先手に一手余裕があって、相手の王様を寄せればいいというのは、
将棋をやってて一番楽しい時。
だいぶ羽生さんの顔に余裕が出てきた。将棋やってて一番楽しい時間だから。
後手も一手間違えたらわかりませんよという体勢だが、相手に楽しまれちゃうんですよ。
今日1日頑張った甲斐があったなあという時間帯」

羽生さんが席を外しして真田七段
「測ったように自分が勝ちになった時に席を立つのが羽生流、って藤井さんが言ってた。
棋士は自分は癖がないと思っているものなので、羽生さんも気づいていないと思う。
将棋はお互い苦しいという局面があるので、
苦しいと相手に悟られると相手に勇気を与えてしまうから、
苦しい思っていることは悟られないようにしないといけない。
優勢の場合は悟られても関係ない。最善手を指し続ければいいから」

まとめに入る真田七段
「実戦心理や勝負のあやというのが良く出た将棋で、今後も同じ局面が出てくると思う。
羽生さんはどこまで行っても局面のバランスを保っていることが多い。
この対局もこの一手で豊島さんを倒したと言うよりは、
上手くついていって結果端歩を逆用したような形になって勝つことになった。
豊島さんも伸び代をものすごく感じる。
読みの絶対量が豊富で、今日も自分から動いて倒れてしまっただけなので、
この辺のバランスが取れるようになったら羽生さんにとっても相当難敵になるはず。
大きな対局ばかりが続くと、体力はきついが頭は冴えてきて、
そういう状態にならないと入らないスイッチが入るんだ、って中原先生が言ってた」

豊島七段は何と角のただ捨てに。
投了図を美しくということではなく、若手らしく泥臭く、
少しでも勝てる可能性のある手を指そう、
自分から負ける手は指したくない、という意図なのではとのこと。

そしてここでも席を外す羽生王座。羽生流ですな。
真田七段「こういうのは戻ってきて比較的すっと指しますよ」
羽生王座は戻ってきたら予言通りにすっと▲3三金。
羽生研究家もここまでくると凄すぎます。
豊島七段は周囲をきょろきょろしたりぼーっとしたり水を飲んだり、
盤上没頭ではなく心の整理の時間帯に。
10分くらいの残念棒の後に豊島七段の投了となりました。

真田七段
「本当に密度の濃い将棋。
研究局面から羽生さんが新手を出して、
この一局でこの局面の奥の深さを感じさせてくれる、
またプロの対局にも出てくる予感を感じさせる将棋だった。
次は豊島七段の先手なので矢倉か角換わり、
豊島さんが角換わりを目指して羽生さんが受けて立つ展開になると予想します」

今日は最後まで真田七段が解説しっぱなしで、
とても将棋の勉強になった気がする1日でした。
女流棋士ですと伊奈川愛菓女流初段の羽生ファンっぷりが有名ですが、
男性棋士筆頭は真田七段かもしれません。
この二人で羽生さんのタイトル戦の解説をするとどうなるんだろう、
という怖いもの見たさも出ました。
指し手やら癖やら席を立つタイミングやら、おやつのメニューや食べるタイミングなど、
いろいろな羽生さんの行動を予言、的中しまくる狂気解説になるのかもしれない。

今日の将棋は関西の若手棋士の間で研究されていた局面になったようで、
現地に行っていた大石直嗣六段が豊島七段との研究会で経験したことがあるそうです。
当然後手良しという結論だったから豊島七段がぶつけたわけで、
それを羽生王座が跳ね返したという格好になります。
羽生さんは将棋の強さを、
未知の局面で最善に近い手を指し続けることができる力と表現していますが、
真田七段の、羽生王座は豊島七段の研究にバランスを崩さずについていっている、
という言葉もそれを感じさせてくれるものでした。
羽生王座は今年度に入ってから、タイトル戦に出ずっぱりなのに勝率1位、
という意味不明な強さを見せています。

493
これが山崎八段が言った、勝ったくせに怒っているというやつなんだろうか。
写真は王座戦中継Blogより

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界 2014年 10月号
¥800







行ってきました京急将棋まつり

ひーとだかりー人だかりー。

そんなわけで京急将棋まつりに行ってきました。
開会式が10:45ということでだいたい10:40くらいに着いたのですが、
もう既にここが最後尾とか書いてあるプラカード掲げている人がいてびびりました。
どうも羽生さんのサイン会の抽選カードに並んでいる列と、
藤田女流の指導対局に並んでいる列だったようで、いやはや驚きです。
開会式では出演者の欄にはありませんが中村修九段が挨拶していて、
すべての対局の審判長とのこと。4日全部そうなんですねきっと。
その後も中村九段は取材を受けていましたが、
出番がきて司会の鈴木女流に
「中村修さま。いらっしゃいましたらステージまでお越しください」
と迷子のアナウンスみたいに言われてました。かわいそうすぎる。

11:00から豊川七段と上野五段の席上対局と、
一般参加の将棋大会でしたが、将棋大会はA級(三段以上)が53人、
B級(二段以下)が78人と結構な人数が参加していて、
席上対局も100人くらいが見ているといった状態でした。
他にも指導対局があるので最初から200人オーバーという大盛況でした。
席上対局は解説永瀬六段で聞き手が貞升女流、
みんなで決める次の一手という題名がついていましたが、
これは対局者、解説者、お客さんそれぞれ手を考えて、
3種類の中からお客さんの多数決で決めるということだったようです。
将棋は豊川七段が横歩取り模様から取らずに飛車を下げるという力戦で、
お客さんが手を言うのはちょっと厳しかったです。
ですが上野五段が穏やかに行くか激しく行くか変化球で行くかという選択肢のところでは、
多数のお客さんが激しく行けと手を挙げて、
その後の展開もなかなか盛り上がりました。上野五段攻め切って勝ったし。

昼食は10階がレストランということで覗いてきましたが、
あんな綺麗なとこにおっさん一人じゃじゃアウェイ感がぱねぇ、
ということで地下1階の食事エリアでラーメン。
京急が初めてだったのと方向音痴が重なってプチ迷子になりました。
エスカレーターが3個くらいあるんすよ!
さっきエスカレーター見たなと思って違う道に進んでどんどん迷子になりました。
エスカレーターとは違うものを目印にしましょう。

午後は羽生さんの出番まで京急をぶらぶら。
お茶屋さんで「一二三」というお茶が売っていてずるいよずるいよと心で叫びつつ購入。
その後催事場に戻るとものすごい人数の行列ができていて、
どうも羽生さんのサイン会の抽選に260人が並んでいる状態だったようです。まじぱねぇ。
羽生さんのトークショーでは300人くらいの人だかりになりました。まじやべぇ。
羽生さんは小学校2年生から将棋道場に通いましたが、
最初の2ヶ月くらいはほとんど勝てなかったとのこと。
勝って嬉しいから続いたというよりは将棋が面白くて続いたということなのでしょう。
また、ちびっこからおじいちゃんは将棋が強かったのかという質問には、
おじいちゃんはアウトドア派で将棋は教わらなかったとのこと。
質問したちびっこのおじいちゃんは孫相手に勝ちまくっているのかもしれない。

女流対局では藤田女流対貞升女流の予定でしたが、
2日後に公式戦で対局するということで、
急遽鈴木女流対藤田女流の対局になりました。
聞き手が貞升女流になりましたが、解説の上野五段が
「貞升さんならどう指しますか?あ、こういうこと聞いちゃだめなんだ?」
と、いつもとちょっと変わった解説会に。
将棋は先手の藤田女流の三間飛車に鈴木女流の穴熊となり、
飛車角総交換の大捌きになったかと思ったら、
一瞬で鈴木女流が藤田女流の王様を即詰みにしてしまいました。
即詰みルートに入ってからの鈴木女流のノータイム指しが怖かったです。
ちなみに感想戦は…。
鈴木女流「穏やかな棋風ってそれ褒めてないでしょー」
貞升女流「私そんな性格悪くないんでー」
上野五段「早くここから離れたい」

今日のメインイベントは羽生名人対永瀬六段の席上対局でした。
解説は豊川七段で聞き手が藤田女流と超豪華布陣です。
豊川七段「みなさん今日の最後、ファイナル、大鳥圭介」
永瀬六段といえば千日手が多いことでも有名ですが、
今日の将棋も相矢倉から羽生名人が攻撃を仕掛けて永瀬玉周辺で千日手模様になり、
永瀬六段のカウンターと思ったら羽生玉周辺で千日手模様になり、
感想戦で別の変化を掘り下げたら千日手模様になり、
今日は永瀬六段の千日手デーでした。
しかし席上対局では永瀬玉周辺の千日手は羽生名人が打開し、
羽生玉周辺の千日手模様は永瀬六段が打開し、結果永瀬六段が攻め切って勝利!
永瀬六段の角のただ捨てからの猛攻がかっこよく決まりました。

私は観る方での将棋イベントは初参加でしたが、
席上対局を見ているのはやっぱり面白いですね。
永瀬貞升コンビは、
豊川藤田コンビは豊川七段が遅刻して、
藤田女流が名人戦の解説を1人でしなければならなくなって困ってたなーとか、
そんなことも思いつつ観てました。

明日は将棋大会に級位者クラスもあるので、指す方でも楽しんできたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

決断力
羽生善治著
¥864






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ