棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

稲葉陽

電王戦FINAL第3局はやねうら王が稲葉七段を破る

人間の2連勝で始まった電王戦FINAL第3局、稲葉陽七段対やねうら王の対局は、
やねうら王が勝利してコンピュータ側から見て1勝2敗となりました。
磯崎さんおめでとうございます。

タイムシフトで視聴できます

今日の対局は横歩取りの将棋になりました。
横歩取りというと電王戦ドキュメンタリー、
【電王戦FINALへの道】#27 稲葉陽 vs やねうら王 1分将棋①~#29で、
稲葉七段がやねうら王の飛車を捕獲して勝利するという対局がありました。
途中までその手順になりましたが、
稲葉七段が捕獲する順を避けて力と力の勝負といった展開になりました。

そして午後に入ると、稲葉七段から開戦して局面を動かしに行きました。

dennou3-5
後手の1三にいる角の利きが飛車によって隠れています。
これをチャンスとみた稲葉七段は 

dennou3-3
少し動いてから▲2七歩と相手の攻め駒にアタック。

その後稲葉七段とやねうら王、両者時間を使わずに指し手を進めましたが、
稲葉七段に誤算があったようで評価値が大差になってしまいました。

dennou3-2
これに人間側はイカール星人で対抗。しかし…

dennou3-1
一瞬で崩壊じゃなイカ。

稲葉七段は入玉を目指す動きも見せましたが、
一昨年の塚田九段対Puella αのような展開にはならず、
やねうら王が稲葉玉に必死をかけたところで稲葉七段無念の投了となりました。

対局後の記者会見で稲葉七段は、
飛車を捕獲にいかなかったのは竜に暴れられてしまう展開になるから、
まっすぐ入玉に行かなかったのはあまりにも駒が足りなかったから、
と述べていました。
また、この対局の戦型である横歩取り△3三桂はランダムな要素が強く、
駒組が20~30通りくらいあるとのことで、
稲葉七段としては研究がなかなか及ばない展開、
やねうら王にとっては本番でいい引きができたということでしょうか。
また磯崎さんは、30手目の△4三銀は1秒前くらいまでは△7二玉を選んでいた、
電王手さんが動くまで30秒、
指し手の操作に5秒ほどタイムラグがあるため、
その間にやねうら王が良い手を発見して事前研究とは違う手を選んだのかもしれない、
それが勝負のあやだったのではと感想を述べています。
勝負の神様は細部に宿るというサッカーの元日本代表監督、
岡田武史さんの言葉を思い出しました。

来場者数:522,486人
コメント数:296,134

第8回朝日杯将棋オープン戦、豊島七段が準決勝進出

今日はニコニコ生放送で、初の朝日杯の生中継がありました。
朝日杯は全部の棋士が参加する早指し棋戦で、
持ち時間は40分、使いきると1分将棋となります。
そのため序盤はNHK杯よりもさくさく進行していきました。

ニコニコ生放送では解説が近藤正和六段、
聞き手が藤田綾女流初段で大盤解説会が始まりました。

近藤六段「チェスクロックですとノータイムで早いですね。
これ話しているとどんどん進んで遠い昔のことを解説しているみたいな」
序盤は記録係りがついていけてるのが不思議で仕方ありませんでした。

糸谷竜王対豊島七段は糸谷竜王の先手で角換わり腰掛銀に。
しかし先手の糸谷竜王から同型を避けました。
最近同型の後手に新発見があって同型復活傾向らしい。

糸谷竜王、豊島七段、久保九段、稲葉七段のブロックについて
近藤六段「この4人誰が残っても実力者なんですけど、
注目は新竜王になった糸谷さんじゃないですかね」

先手の糸谷竜王の王様が穴熊に入った瞬間に、後手の豊島七段が先攻していきました。
糸谷竜王は席を外して、戻ってきたら直ぐに指す竜王戦でもおなじみだった不在流。

近藤六段「飛車を引くと歩がピッタリなんでね、普通は桂馬を跳ね…」
ぱしっ(駒を指す音)
藤田女流「あ、飛車を引きました」
近藤六段「これが生放送の恐ろしいところでね」
今度は豊島七段が席を外しました。案外そういうものなのか。

アンケートどちらを持ってみたいか
先手・糸谷竜王26.0%、後手・豊島七段47.7%、どちらとも言えない26.4%。
攻めてるほうが好き?
豊島七段は自身の飛車と相手の穴熊の香車を交換する鬼攻め。
糸谷竜王がそれを誘ったんだけれどもさてさて。

近藤六段「横歩取り、角換わりなんかはもう中盤が短くて、
戦いが始まったらもう優劣がついている場合もありますからね。
将棋の対局はもう興奮してるから、意外と手が進んでしまうんですね。
後からもっとゆっくり指せばよかったなとか反省するんですけれども、
その時は興奮してるから止まらなくなっちゃってね」
藤田女流「糸谷竜王がすごい前傾姿勢に」
近藤六段「気合が乗ってるねえ」

近藤六段「糸谷さんの手が遅いと言うことは豊島さんペースなのかもしれません。
早い時は本当に早いですから」
ここで画面が対局場に切り替わると…
近藤六段「あ、席外してただけだった」
幻惑の不在流。
近藤六段「糸谷さんのように動き回るスタイルでタイトルを取ったのは珍しいと思うね」
そして記録係りまで不在になり、戻ってきて困る糸谷竜王。
asahi2
糸谷竜王(これ指しちゃっていいのかな…。)
 
戻ってきてすぐに指すというペースが乱れたか。
記録係りがチェスクロック持参で戻ってきたので、故障か電池切れではとのこと。

そして開始から1時間くらいの間に4者とも1度は席を外しました。
意外に席を外すものらしいです。

ここで対局場のマイクから「はあ、そっか」のため息。糸谷竜王かなあ。
そして糸谷竜王が席を外しました。

終盤は糸谷竜王勝ちかというところで豊島七段の名手がとびだし、
もう訳が分からない展開に。
今度は豊島七段が王手竜取りを決めて豊島七段の勝ちか、
というところで糸谷竜王も攻防手を放ちます。しかし…
近藤六段「これは豊島さん余裕がでてきましたね。ネクタイのあたりが余裕」
近藤六段のネクタイ評価関数。
最後は糸谷玉に豊島七段が必死をかけて、糸谷竜王の最後の攻撃を交わしきり、
豊島七段の勝ちになりました。

質問メール
将棋の盤や駒を買うときに注意した方がいい事はありますか。
自分の気に入ったものを使うのがいい。
持った時のさわり具合は人の好みによって違う。
駒の大きさによって盤を決めればいい。駒台もセットで売っているのがあれば高さも合う。
足がついている盤は気分がいい。
奨励会は三段になると使う盤が高くなる。
糸谷さんも最近えらくいい盤駒使ってるなと思ってるのでは。
近藤六段は師匠の故原田九段から頂いた物を使っているそうです。

最長何手の詰め将棋を解けましたか。
近藤六段「私はねえ、私の修行時代は伊藤宗看、看寿の詰むや詰まざるやの、
将棋図巧の最後の方の100手以上あるやつ、そうそう117手詰めかなあ。
これをやって一気に強くなった覚えがあります。
当時はパソコンとか情報がなかったから、詰め将棋が修行だったんですね。
私は新潟で、詰め将棋と棋譜並べだけで実戦はほとんどやってなかったんです。
皆さんも是非、解かなくていいんで並べてくれれば、ひとつの芸術ですから。
一週間もずっと考えてそれでも詰むって感覚に入らないのもありました」
藤田女流「私は長くて50数手。ずっと考えて解けないのに、
お風呂入ってるとふっと解けたりする」
将棋図巧と将棋無双は10数手詰めでもすごいらしい。

そして16時くらいから久保九段対稲葉七段の棋譜を大盤で並べることに。
先手の久保九段が角交換四間飛車、の出だしから角道を止める展開でした。
中盤久保九段の飛車と銀桂の二枚替えになり、振り飛車が捌いて悪くなさそうでしたが、
稲葉七段が竜を引いて守り、香車も受けに投入してどうもここから稲葉ペース。
最後は先手の美濃囲いに△3六桂が飛んで来て粘れない形になり、稲葉七段の勝ち。

質問メール
将棋会館の売店は関東と関西で違いはありますか。
書籍とか扇子とかは変わらないと思う。
ただ関西は関西棋士のグッズが多いと思う。
関西棋士のサイン本が置いてあったりとかそういったことじゃないですかね。

三段リーグでの藤井先生との対局で、
藤井先生が王手放置をして負けたという話がありますが、
その時の話やその他ありえないような対局の話をお聞かせください。
お互い藤井三段と近藤三段で、藤井三段が20歳、私が19歳でした。
藤井三段が勝勢で、こちらは苦し紛れに王手したんですけれども、
そしたら読みきったつもりで王手してきたんです。
こっちも興奮してたから、王様を取って駒台の上にばしっと置いて、
隣で対局してた人が驚いていました。
その後藤井三段は連戦連勝して、15勝3敗で昇段しました。
他にありえないような対局というと、私と野月七段との対局で、
詰ませても勝ちそうだし、詰ませなくても勝ちだし、と悩んで詰ましに行ったんですね。
それで王手したら、香合いが絶妙手で逆転されてしまいました。
そういうのが勝又教授のネタになるんですよ。こんちゃん何かないとか聞かれるんです。

本家ごきげん中飛車講座をお願いします。最新型を是非。
確かに全盛期はものすごく指されまして、居飛車党の方まで指してました。
ただ超速銀がでてから指されなくなりました。
3七銀に持久戦なら銀には銀をあわせてじっくり指して、
許さない気分なら3二金から5六歩という、菅井さんがやるような指し方がいいです。
それと超急戦もいろんな変化がでてきています。

2局目が19時で遅いというコメントがありましたが、
千日手や持将棋を考えて19時からの予定になっているらしいです。

そして17:10くらいからまた休憩に。
19時からなら会社勤めの人も見れるかもしれない。

18:45に入室し振り駒開始。豊島七段が先手に。

第2曲は豊島七段対稲葉七段。振り駒で豊島七段の先手になりました。
稲葉七段が横歩ではなく一手損角換わりを選択し、豊島七段は棒銀へ突き進みました。
早指しで一直線に棒銀にいくとかアマチュアの将棋みたいで、
プロがやると迫力があります。
その後稲葉七段が棒銀の進軍を受け止めて、豊島七段が一旦穴熊に入り、
稲葉七段は豊島七段の棒銀を追い払いつつ厚みを作る展開になりました。

どちらをもってみたいか
先手・豊島七段34.6%、後手・稲葉七段31.3%、ニャン34.2%。
ほぼ互角。穴熊対厚みは3%差で穴熊が人気か。

豊島七段の▲3四歩に「ぱっと見▲1六角を狙ってるのかな?」
と言ってすらすら並べる近藤六段。
角を捕獲する手順で、そんなぱっと見があってたまるかと思いました。
稲葉七段は角を助けて辛抱する手順に。
ここで対局室の写真が紹介されました。
asahi4
歴代の永世名人の掛け軸らしい。木村名人、大山名人、中原名人の掛け軸とのこと。

盤上では豊島七段の角と稲葉七段の銀桂香の3枚替えになり、
その後も豊島七段が着々とリードを広げました。
そして聞こえてくる稲葉七段のため息。

ところがため息をつきつつ根性の粘りで、近藤六段が実戦は難解と表現するような混戦に。
稲葉七段「そっかあー、しかし…」
結構ぼやくタイプか。
しかし終盤は豊島七段の穴熊の遠さを生かして形勢を押し戻し、
asahi6
この涼やかな対局姿に。
ほどなく稲葉七段が投了し、豊島七段の勝ちになりました。

ニコニコ生放送での朝日杯は初めてでしたが、NHK杯よりも手の進みが早く、
時間が無くて読みきれない中での勝負術がとても楽しめました。
糸谷竜王が有利と見られていた局面でしっかり返し技を用意していた豊島七段、
竜引きや香打ちの受けで久保九段の攻めを空中分解させた稲葉七段、
最終局もしっかり返し技を用意していた豊島七段に、
「そっかあー」というため息から不利ながらも違う手をひねり出した稲葉七段。
こう見ると豊島七段は結構黒いのかもしれない。

糸谷六段の悶絶解説

【将棋】読み筋に無い手に悶絶する糸谷哲郎六段


8月31日に放送された、第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント2回戦、
稲葉陽七段対大石直嗣六段の対局より、
リアクション芸人のように悶える糸谷六段の動画です。
糸谷六段は第59回、第60回のNHK杯で準優勝した実力者ですが、
近年では持ち時間の長い将棋でも力を発揮していて、
現在羽生四冠と森内竜王への挑戦権を争っています。
プロ棋士となってのデビュー戦では橋本崇載八段(当時六段)に勝利し、
対局後に橋本八段に「強すぎる。怪物だ!」と言われてあだ名が怪物君になりました。
そんな糸谷六段が解説ですが、
対局者の稲葉七段と大石六段は糸谷六段の読みにない手を指して、
その度に糸谷六段が悶えています。
放送では「怒りの端歩」、「位取りには玉を固めよ」といった発言も飛び出し、
楽しそうな糸谷六段につられてとても楽しく見ることができました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~
糸谷哲郎著
¥1,575






わかりやすく困る山崎七段

【将棋】佐藤天彦七段の意表を突いた受けに困った山崎隆之七段


2013年のNHK杯テレビ将棋トーナメント、
佐藤天彦七段対山崎隆之七段(現八段)の対局で登場した、
佐藤七段の力強い受けとそれを見て困ったリアクションをする山崎七段の動画です。
佐藤七段は穴熊に囲って、攻め合いではなく相手の攻めに徹底抗戦、
という▲7八桂を指して、山崎七段は考慮時間を消費しつつ頭も抱えています。
実は佐藤七段は2008年の順位戦で、当時73歳だった有吉道夫九段と対局したときに、
有吉九段が▲9九玉と穴熊に組んで、▲8八香、▲7九桂と徹底的に受けられ、
221手という長手数で負かされた将棋があります。
その将棋は前例は無いながらも佐藤七段の研究範囲であったのですが、
その後の力強い受けについて次のように語っています。

高橋呉郎著「勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像」より

「攻めたのが、よくなかったですね。▲8八香▲7九桂と辛抱されて、攻めがつづかない。
とくに桂馬は、ここまで辛抱されるとは思っていなかったんです。
腕力の強いベテランの先生らしい受けです。
若手どうしだと、腕力がないので、こういう組み立てにならないんです」


順位戦で大ベテランの先輩に見せつけられた力強い受けを、
5年後にNHK杯で魅せてくれる、というのも面白いですね。
有吉九段は大山康晴十五世名人の弟子で、
佐藤七段は大山十五世名人の弟子の弟子という、
師弟関係では伯父、甥の関係にあたります。
有吉九段と佐藤七段は所属が関東と関西に分かれ、
年齢も53歳差ですから一門といった感情は無いでしょうが、有吉九段から佐藤七段へ、
「腕力」と佐藤七段が表現したものが受け継がれたというのは因縁深いものを感じます。

佐藤天彦七段と言えば、
三段リーグ次点2回によるフリークラスでのプロ入りを蹴ったことでも有名です。

天野貴元著「オール・イン ~実録・奨励会三段リーグ」より「とりあえずプロ」を拒否した男

「信じられん話だ。アマヒコは三段リーグをナメてるな。ある意味凄いよ」
ある先輩棋士は、酒の入った席でこう話していた。
僕は何も言わなかったが、おおむね同じ思いだった。
いや、あのとき誰しもがそう思っただろう。
<中略>
彼ほどの実力があれば、フリークラスに入っても、
2、3年のうちに規定の成績をあげてC2級に昇級できたはずだ。
だがそうやって回り道をするよりも、あと、1、2期のうちに三段リーグで2着以内を取り、
表門からC2級に入るほうが名人への近道である、と彼はそう考えたのだろう。
少なくともそこに「とりあえずプロ」という思想がなかったことは確かだ。
<中略>
結局、彼が三段リーグをナメていたのではなく、
僕らが超大物だった彼をナメていたということがハッキリしたが、
彼のような真似のできる三段は今後、出てこない気がする。


佐藤七段は奨励会時代に、
フリークラスでのプロ入りを蹴ったこと以外にも大きな注目を集めたことがあります。
それは瀬川晶司五段のプロ入り編入試験のときに、
初戦の相手として登場し、瀬川頑張れという世間の注目の中で勝利したことです。
その時の舞台の袖で、佐藤七段は奨励会員に、
「奨励会の意地を見せてやってください」と言われてはっとしたそうです。
プロ入りを蹴った人ですから、
同じ奨励会員の中には佐藤七段を快く思わない人もいたでしょうが、
いつのまにか奨励会員の代表として大舞台に立つことになり、
大舞台で結果を出して翌年プロデビューということで、
超大物は何があっても収まるところに収まるように出来ているんですね。

佐藤七段は去年B級2組を全勝で駆け抜け、B級1組でも現在3勝0敗と好調です。
今後どこまで活躍するのか注目の棋士ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
高橋呉郎著
¥1,575






豊島さんといえば…

【将棋】インタビューで例のアレをぶっこんでくる西川和宏四段


西川和宏四段と西川慶二七段は親子であると同時に、
将棋の師匠と弟子の間柄でもあります。
親子の棋士というと、木村義雄十四世名人と木村義徳九段、
板谷四郎九段と板谷進九段、藤森奈津子女流四段と藤森哲也四段、
伊藤果七段と伊藤明日香女流初段がいますが、
西川和宏四段、板谷進九段、伊藤明日香女流初段は父親が師匠も兼ねています。
父親の西川慶二七段は居飛車党の正統派な棋風なのですが、
息子の西川和宏四段は振り飛車党で、
隙を作るように、迷うような指し方をしたいと述べています。
教えすぎると自身の劣化コピーになってしまう恐れがありますが、
まるで違う棋風に育ったのですから、西川慶二七段がうまくやったのでしょう。

米長邦雄著「将棋の天才たち」より

西川慶二七段49歳と西川和宏四段24歳は親子である。
過去にも親子棋士はいたが、江戸時代を別とすれば、両方とも現役というのは史上初だ。
二人とも人に好かれる人柄で、父親は現在理事である。
<中略>
和宏は22歳で四段になった。
新四段は年4人誕生し、総会の日は200名近い先輩達の前で紹介され、
本人が短い挨拶をする。
たいていは「もっと強くなりたい」とか言うものだが、
和宏は「酒が好きです」と明言して皆をドッと沸かせた。


父親の酒好きは有名ですから、やっぱりねと思う先輩棋士も多かったのでしょう。
将棋は予告通り居飛車と振り飛車の対抗形から、
豊島七段が急戦を仕掛け、ねじり合いの接戦になりました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

マイコミ将棋BOOKS 西川流振り飛車 居飛車穴熊破り
西川和宏著
¥1,470






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ