棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

福崎文吾

羽生五段の羽生マジック

(将棋)福崎 文吾vs羽生 善治 1988年 #1


(将棋)福崎 文吾vs羽生 善治 1988年 #2


(将棋)福崎 文吾vs羽生 善治 1988年 #3


羽生三冠がまだ五段だった頃、NHK杯で初優勝したときの2回戦、
「妖刀」と呼ばれる福崎文吾九段(当時七段)との対局の動画です。
解説の加藤治郎名誉九段が言っていますが、
羽生さんは火曜日に戦うと負けたことがないとか、
当時からジンクスのようなものが話題になっていたんですね。
最近だと竜王戦で森内名人がカツカレーを食べると勝つとかが話題になりました。
羽生さんはデビューしていきなり勝率1位と新人賞、翌年は勝率1位と敢闘賞、
そしてこの動画の1988年は対局数80、勝利数64、勝率8割、16連勝と4部門で1位になり、
最優秀棋士賞にNHK杯優勝までもぎとりました。
解説の加藤名誉九段は羽生さんが14歳くらいのときに、
対局していると中原名人はじめ多くの先輩が取り囲んだと言っていますが、
若い頃から既に天才というのはわかるものなんですねえ。
渡辺二冠も9歳のときから話題で、中原十六世名人が渡辺少年の話を聞いて、
その子に羽生君はやられるんだと言ったことも有名です。
しかし、子供の頃から段位があがっていく早熟の天才でなくても、
才能を見破る人がいます。

米長邦雄著「将棋の天才たち」より

丸山忠久九段(38歳)は謎の多い棋士である。その実生活は誰も知らない。
といって変人とか友人がいないという訳ではなく、人懐っこい笑顔をもつので、
丸山の将棋は「ニコニコ流」と呼ばれている。
本人のプロデビューは遅く、中1、中2と2回奨励会の試験に落ちた。
しかも師匠の佐瀬勇次名誉九段に二枚落ち(飛車・角なし)で負けたというから、
大したことはない。よくプロ棋士になれたというところだ。
<中略>
丸山は私の弟弟子にあたるが、彼が中学生のとき、佐瀬勇次師匠が、
「ヨネさん。今度丸山というのが入門したけどね。これがタイトルを獲る逸材なんだよ」
と明言した。私は
「奨励会のテストを2度落ちた人間が、まさか」
と思ったが、師匠の予言はピタリと当たった。
師は丸山忠久のどこを見てそう断言したのかこれも謎である。師匠の慧眼には恐れ入る。


ちなみに米長永世棋聖が小学6年生の頃、佐瀬師匠は米長永世棋聖のご両親に、
「息子さんは名人になれるかわからないが、八段にはなれます」と言ったそうです。
米長永世棋聖は49歳の時、名人への挑戦7回目でとうとう名人位を獲得しました。
6度挑戦を跳ね返されてもなお挑戦者に勝ちあがるというすさまじい根性が、
師匠の見立てを上回ったということかもしれません。

それにしても最後に銀を打ったときの羽生さんの駒音は高かったですね。
福崎九段の「妖刀」切れ味と、
羽生三冠の羽生マジックが飛び出す見ごたえのある将棋です。 
加藤名誉九段の、
「これがあるからおっかないんだなあ。この羽生天才の将棋は。」
というのもなかなかの名調子だと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

NHK 将棋講座 2014年 01月号
¥530







福崎井上の将棋漫才?

福崎文吾名誉前王座の神解説


2005年におこなわれた第63期名人戦第2局を、
正立会人の福崎文吾九段と副立会人の井上慶太九段が解説する動画です。
この前に藤井九段が解説したということもあって、
福崎九段が完全に笑いを取りにいっています。
井上九段も関西人ですが、突っ込みきれずにたじたじです。
福崎九段は十段と王座のタイトルを獲得したタイトル2期の強豪で、
相手の意表をつく指し手から妖刀の異名を持っています。
若い頃は近寄りがたい雰囲気だったと言われていますが、
何があって漫才解説をするようになったんでしょうかね。
将棋は森内名人に金をタダで押し付ける変わりに相手の攻めを遅らせるという妙手が出て、
森内名人が勝ちました。
このとき森内名人は対羽生戦8連敗中だったのですが、
この妙手で勢いに乗った森内名人が防衛を果たし、
翌年、翌々年も名人位を防衛して十八世名人の資格を得ました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

福崎九段、矢内女王、里美倉敷藤花のトークコーナー

福崎文吾前王座 vs 矢内理絵子女王・里見香奈倉敷藤花のトークコーナー


2009年の第36回近鉄将棋まつりより、トークコーナーの動画です。
福崎文吾九段はタイトル2期の実力者で、
相手を惑わす手が飛び出すことから妖刀と呼ばれていました。
昔は近寄りがたい雰囲気を放っていたそうですが、
今はすっかり丸くなり、笑いを取りにいく解説が特徴です。
里見香奈倉敷藤花は当時17歳であまりトークに慣れてなかったはずですが、
福崎九段がうまくリードしていますね。
女性のタイトルホルダー2人を相手に、
顔の話題や歳の話題も平気でぶっこむ福崎九段でした。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界8月号

棋士の三つの顔

※神戸学校での講演から一部抜粋

将棋は勝負なのですが、それだけではありません。
ひとりでできるものではなく、ふたりで対局する、
ふたりでよい作品を創り上げていくという芸術家的な部分もあると思います。
また、将棋の心理を追求していくという研究者の部分も必要だと思います。
「三つの顔」というのは「勝負師と研究者と芸術家」。
この3つの要素が棋士には必要ではないかと最近思うようになりました。 
昔はデータというのがほとんどありませんでした。
東京の棋士がどういうふうに指しているのか、大阪ではまったくわからない、
盤の前に向かってからが勝負でした。
だから、昔、棋士は勝負師だったと思うんです。
最近は、情報化社会になり、研究者の部分がかなり占めてきていると思います。 
研究者の部分が強すぎると自分の研究、
情報などわかっている部分だけで勝負しようということになってしまって、
未知の世界に踏み出す勇気がなかなか持てないのではないかと思います。
また芸術家の部分が強すぎると、自分の思い通りに進んでいるときはいいけど、
ちょっとミスをしたり構想が破綻してしまったときに、
嫌気がさして、ぽっきり折れてしまうかも……。
また、勝負師の部分が強すぎると、先の勝負にだけ固執してしまい、
次の相手とだけ勝てばいいんだということになると、自分自身のレベルアップができない。
この「三つの顔」をバランスよく持つのが棋士としてはいいのではないかと思います。
普段は研究者、対局の序盤は芸術家の部分が必要で、
終盤は勝負師に徹するということが自然にできる人が
トップを長くやっていけるのではないでしょうか。 


上記は谷川浩司九段の講演ですが、
谷川先生自身は芸術家の色合いが強い棋士だと思います。
谷川先生といえば、終盤であっというまに相手玉を寄せきってしまうことから光速流と呼ばれ、
終盤のスピード感覚を将棋に持ち込み寄せの感覚を変えた人と言われています。

将棋世界2012年11月号
「福崎節」で語る谷川将棋と羽生将棋

谷川さんは僕が挑戦者になったのを、とても喜んでくれたんですよ。
全局を通して、すごく機嫌がよかった。
前夜祭とかあるでしょう。お酒飲んで、何回かカラオケにつき合ってくれた。
僕は、いつもどおり歌ったんですが、あとで聞いたら、谷川さんはタイトル戦の前に、
カラオケにいくひとじゃないいうんですね。
僕はタイトル戦二回目でしたが、棋戦によって、しきたりも雰囲気も違う。
谷川さんはタイトル戦の常連でしたから、いろいろと気づかってくれたんでしょうね。
すごく親切でした。
<中略>
谷川さんの終盤は、ドラマを求めるんですよ。一刀のもとに切り捨てるのが好きでね。
<中略>
ふつうの手じゃダメなんで、かなわぬ恋を実現させるようなところがあるんです。
だれでもするような恋じゃないから、危ない目にも遭う。
だから、ファンの方もワクワクするんですね。


本ブログでも紹介しましたが、谷川先生の光速の寄せは見ていてとても楽しいです。



記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ