棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

王位戦

阿鼻叫喚の大熱戦!渡辺竜王対藤井九段

藤井猛 圧巻の自戦解説


2012年5月30日におこなわれた第53期王位戦挑戦者決定戦、
渡辺明竜王対藤井猛九段の対局を、藤井九段が解説する動画です。
この動画は途中の局面からですが、
最初に藤井九段が久々の藤井システムを採用して、
2chやTwitterでも大盛り上がりだった対局です。
その後やや暴発気味に藤井九段が仕掛けて渡辺竜王優勢になりましたが、
そこから先手の4二との頭に歩をたたきつける△4一歩や、
と金を取らずに冷静に王様を固める△6二金引きといった受けの渋い好手で差を縮め、
とどめにがじがじ流の攻めが炸裂して藤井九段勝勢となったところで、
動画の冒頭△6六銀打と王手飛車角トリプル取りがかかります。
そしてそこから動画にもあります通り大迷走が始まり、
藤井九段のファンには心臓に悪い展開で、
ジェットコースターに乗っているような興奮でした。
トリプル取りは110手目でしたが、
そこからなんやかんやで166手まで進んでやっと渡辺竜王が投了と、
藤井九段もファンも長い道のりでした。
最後の渡辺竜王の▲5一飛も、うっかり△6一金と受けると詰んでしまうので、
最後まで目が離せない将棋でした。
今でも当時の盛り上がり具合の一部が残っています。
2ch名人
第53期王位戦挑戦者決定戦 ▲渡辺明竜王対△藤井猛九段 Part1 Part2
togetter
藤井九段が王位戦挑戦を決めた直後のTL

この対局は2012年度の名局賞第6位に入りました。
1位は羽生渡辺の王座戦で浦野八段が何これと驚いた手が飛び出したあれです。
えー!?なにそれ?
羽生三冠による伝説の王座戦の解説
2012年度ベスト対局、渡辺三冠の感想

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

藤井猛の攻めの基本戦略
藤井猛著
¥1,260






第54期王位戦は羽生三冠が防衛

8月27日、28日におこなわれた第54期王位戦第5局は、
羽生三冠が挑戦者の行方八段を下し、4勝1敗でタイトルの防衛を決めました。
行方八段は去年ご結婚されてから絶好調で、
今期も王位戦を除けば13勝2敗、
A級順位戦も郷田九段と深浦九段に勝ち2戦全勝でしたが、
羽生三冠の貫録勝ちといったところでしょうか。
第5局は羽生三冠が先手で始まりました。
後手の行方八段が6手目に早くも趣向を見せ、33手目に羽生三冠の封じ手となるなど、
序盤の早い段階からお互いが時間を使いあう神経戦となりました。

勝負哲学より羽生さんの話

高いレベルの戦いほど有効な一手は見つけにくくなります。
なぜならプロの棋士ともなると、
一枚一枚の駒の特徴や役割を吟味しながら、
その働きが最大限に発揮できる位置に一手一手、駒を置いていきます。
王様であればいちばん守りが堅固な場所に、
飛車であればもっとも十字に動きやすいポジションに、といったようにです。
すると、やがてすべての駒がそれぞれベストの位置に配置されることになりますよね。
そうなったら、もう、いちばんいいのはその配置を動かさないことじゃないですか。


第5局の戦いはまさにお互いが相手をこんな状況に追い込みに行く戦いでした。
途中の折衝で羽生三冠がうまくポイントを稼ぎ、行方八段の桂馬の頭に歩を打って、
次に何もしないなら桂馬をただでもらいますよ、だから暴れるしかないんじゃないですか?
といった手を指しました。
この時63手目、8時間あった持ち時間は羽生三冠が24分、
行方八段が12分になっていました。
その後行方八段が暴れにいったのですが、
待ってましたとばかりに羽生三冠が優位を拡大して、
約1時間後には行方八段の無念の投了となりました。
王位戦はニコニコでの中継はありませんが、対局者のカメラ画像があって表情が伺えます。
投了直前の行方八段はタオルを口にあてて、
泣きながら指していると見られても不思議じゃないような、
悲しそうな表情でとても痛々しかったです。
引きずりそうな負け方だったなあ。羽生さんの鬼畜眼鏡モードは久々に見た気がします。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

勝負哲学
羽生善治、岡田武史著







王位戦第1局は羽生王位の先勝

第54期王位戦七番勝負第1局、羽生善治王位対行方尚史八段の対局は、
83手で羽生王位の勝ちとなりました。

行方八段はタイトル初挑戦。
新人賞や勝率一位、棋戦優勝2回など活躍されていましたが、
羽生世代より少し下の世代はどうしても羽生世代の層の厚さに阻まれることが多く、
勝率のわりになかなかタイトル戦の舞台まで上がることができません。
しかし行方八段は去年ご結婚されてから絶好調で、
順位戦A級昇級に王位挑戦と勢いに乗っています。
しかし行方八段を良く知る方は、
とりあえず昨日今日と遅刻しなかったことにほっとしたかもしれません。
行方八段が初めて順位戦でA級に入ったとき、
作家の故団鬼六さんが祝い舟を出そうということで、
将棋の関係者を集めて60人ほどでさくら船を出したそうです。
ところがこのとき主役の行方八段は1時間以上の大遅刻。
八段になったからにはそろそろ身を固めることを考えることも必要ではないか
と近代将棋に書いていた団鬼六さんさんですが、
ご結婚されてからの活躍を喜んでいることでしょう。
とはいえ行方八段はプロ入り直後の竜王戦で羽生さんとの挑戦者決定戦まで進んだ時、
「羽生さんに勝っていい女を抱きたい」
と言ったことが一番有名かもしれません。
今の将棋界は羽生世代が優等生揃いなので、行方八段のようなタイプは貴重ですね。

振り駒の結果羽生王位が先手になり、角換わりの定跡手順をなぞりつつ1日目が終了しました。
近年の2日制のタイトル戦は初日から戦いになることが増えましたが、
この対局は駒がぶつかることなく、42手目に行方八段が封じ手をしました。
確かに角換わりの将棋は後戻りできない局面になることが多く、
ちょっとした形の違いで勝ち負けが変わるので、
どんな局面で相手に手を渡すのかを慎重に選ばなければいけません。
ですが渡辺竜王と丸山九段のタイトル戦は角換わりの戦型で序盤からさくさく進んだので、
羽生王位と行方八段の間にどんな駆け引きがあったのでしょうか。
私にはさっぱりわかりませんが、
とりあえず行方八段が後手番で経験のある局面に持っていくことに成功した、
とは言えそうです。
2日目は相居飛車の将棋らしく、あちこちで歩がぶつかり始めました。
ぶつけられた歩を取ったり、取らずに別の場所の歩をぶつけたりして局面が複雑化する中、
行方八段が一直線に切り込む手を選びました。
これに対して羽生王位も40分ほど考えてから切りあう手を選択。
どちらが読み勝っているのかという勝負になりましたが、
羽生王位の攻めが早く、行方八段の投了となりました。

第2局は7月23、24日に行方八段の先手で行われます。
先手番になる行方八段がどのような作戦で巻き返しを図るのか注目です。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ