棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

棋王戦

渡辺棋王が羽生名人を3連勝で下し、棋王防衛!

渡辺明棋王に羽生善治名人が挑む第40期棋王戦五番勝負第3局は、
渡辺棋王が勝利して、見事に3連勝での防衛となりました。

ニコニコ生放送では9時から、解説に深浦康市九段、
聞き手に藤田綾女流初段で大盤解説会が始まりました。

藤田女流「戦型予想はいかがでしょうか」
深浦九段「まあ藤井さん立会いですから、羽生さんの振り飛車も見てみたいですけど、
ただカド番なんですよね。角換わりを予想します」
そして羽生名人は△8四歩と居飛車を選択。
 
kiou3-1
深浦九段「ちょっと藤井さん集中力欠いてますね」

kiou3-2
藤田女流「ここまで渡辺棋王の2連勝ですが、見所をお願いします」
深浦九段「ちょっと羽生さんのペースが上がってないと感じますね。
らしくないというか。これまでほぼ渡辺さんの圧勝といってもいい内容です。
1日制の対局に強いのは羽生さんの特徴なので、どんな戦いをするのかが見所です」

kiou3-3
3手目に時間を使う渡辺棋王。

深浦九段「羽生さんの意図、どの局面に持って行きたいのかな、
ということを考えてるんだと思います」
渡辺棋王は角換わりを選択。

深浦九段「渡辺棋王は先日順位戦で久保九段と戦っていますので、
振り飛車対策は万全だと思います。なので羽生名人は居飛車にしたのかなと」

深浦九段「ちょっとブログを見たんですけど、
今日渡辺棋王は新潟で棋王戦なんですけど、その後の王将戦が佐渡なので、
新潟に滞在して佐渡に行くスケジュールを組んでたらしいんですけど、
プレーオフが入ったので東京に戻るみたいです」
渡辺棋王のブログもチェックして予習する深浦九段。

羽生名人も横歩ではなく角換わりを選択。

リレー質問
中座七段から深浦九段へ
深浦先生にはお子様がいらっしゃるようですが、普段はどのように遊んでいるのですか。
深浦九段「えーっとそうですねー…ゲームとかやってますね」
藤田女流「何のゲームですか?」
深浦九段「わかんない。
上の子は 中学生高校生なんですけど、スマホのゲームなんか楽しいらしいですね。
なので最近口きいてないです。
将棋もしますね。今受験終わって、友だちと遊んだりしてるのがいいみたいで。
下の子は女の子なんですけど、妖怪ウオッチをやっています。
ボスが倒せなくていらいらしてるんですよ。お父さんはレベル上げしてくれって言われて。
なのでお父さんこつこつやって、はいやったよっと。
藤田さんはどんなゲームをされていますか?」
藤田女流「ちょっとまえはドラクエを、レベル上げもしました」
深浦九段「黙々とやるタイプですか」
藤田女流「黙々とやってます」
深浦九段「僕はうわとかあいたーとか言うんですけど、
黙々とやるのが藤田流ですか」
藤田女流「マリオカートとかは曲がる時とか体が曲がっちゃいますけどね」
※中学生と書いていたんですけれども、高校生の間違いでした。
コメントでのご指摘ありがとうございました。訂正2015/3/12 

緊急アンケートゲームで声を出しますか
声を出してやる46.6%、無言で黙々53.4%。
意外と多い声を出す派。
深浦九段「黙々とやるとストレスたまらないですか?」

山田女流から藤田女流へ
バレンタインに綾ちゃんは本命チョコをあげましたか。
藤田女流「これ姉弟子…本当に…(メールの紙を見て)すごいですね…。
前回の放送でチーズケーキ作ったって言ったんですけど…」
深浦九段「それは?」
藤田女流「それはあげました。あげて私が食べました」
深浦九段「どういうこと!?」
藤田女流「大丈夫ですかこれ。
何か変な誤解が…一応作ったということで大丈夫ですか?」
そして
藤田女流「いつもなんか…みんな無難な質問なのに…」
深浦九段「僕ちょっと去年のバレンタインが残念なことがあって、
娘に好きな男の子にチョコレートあげるって言われたんですよ。
娘去年は9歳だったんですけど、ついてったんですよ。
日向君の家に行って、渡すってシチュエーションを父親が見守るっていう。
電信柱の陰ですよ。凄い現場。ちょっともうむなしいというか。
今年は日向君にチョコレートあげないのって聞いたら、もうあきたって言われて、
僕は心の中でガッツポーズしましたね。
今年は宅急便のおじさんにあげようかなとか言ってました。
ですから今年は父親にも手作りで作ってもらえました。
去年は娘を嫁に出す父親の心境が味わえました。
日向君もはにかみながらもらうんですね。どうしていいか、ちくしょう」

タイトル戦の朝の様子について
深浦九段「加藤先生とか朝のバイキングですごい食べてるのをよく見ます。
ほんと皿の底が見えないくらいてんこ盛りなんですよ。
今の棋士に聞いたら食べるほうがおかしいと言われて、
何であんなに食べられるんだろうって言ってました。
ツイッターで書かれてた棋士もいますね」

盤上では角換わりの定跡型になりました。

アンケートあなたのタイプは?
居飛車32.6%、振り飛車17.5%、オールラウンダー12.6%、見る側37.3%。
ニコニコでは振り飛車党は少数派。観る将が最大派。

質問メール
私は長崎県の佐世保出身で、深浦九段と同郷です。
将棋が盛んな都市があるのは何故でしょうか。
例えば加古川市は何人も棋士を輩出しています。
確かに稲葉さん井上さん神吉さん船江さんもそうですね。
今回の対局場の新潟も多いですね。
まあひとつは指導者の方に熱心なかたがいらっしゃる地域は多いですね。
加古川市はいの井上さんが道場をしているので、
その生徒達が棋士になるということがありますね。

深浦先生の最前線物語と言う本を知りました。
そろそろ3が出る頃かなと思っているのですが、もうでないのでしょうか。
トレンドの移り変わりが早いので、書籍にするのは難しいのでしょうか。
結構いろんな場所で読みましたよとか言われます。
この前阿部健次郎五段に言われました。ぼろぼろになるまで読んだって。
結構嬉しかったです。
ちょっと3は考えてないんですけど、今かなり優秀な若手がでてきて、
もう彼らに任せてもまったく問題ないです。
村山七段や、村田顕弘君、
豊島さんとかも書いてますし、やっぱり勉強になりますね。欠かさず買ってます。
私の本には、森下システムの経緯とかも、
森下先生や淡路先生に聞いたりもしたので、ちょっとした物語も書いてたんですけど、
彼らもいい年になったらちょっとしたエピソードも書いて欲しいなと思います。
河口先生がなくなられて、そういったことを書かれる方がいなくなったので。

私は気になる対局が平日にあると仕事に集中できません。
深浦先生はサッカーのワールドカップと、
大和証券杯の時間がほぼ同じだったのに勝利されていました。
どうすれば集中できますか。
細かい日時指定ですね(笑)。
大和証券杯は夜8時で、サッカーの時間も確かその時間でしたね。
サッカーだとね、リアルタイムで見ないと、
録画で見ようとしても情報って入ってきてしまうんですよね。
うーんまあしょうがないですよね。趣味の方は。仕事をしないとあれですからね。
まあ切り替えてやってます。
でも確かにその時は大和証券杯を勝って、
家に何も見ないで何も聞かないで帰って録画を見ました。

深浦先生と佐藤先生とのA級順位戦は、
午前2時過ぎに相手玉を自陣で詰ますというすごい将棋でした。
点数で勝利確実だと思っていたのですが、深浦先生は佐藤玉を寄せにいきました。
安全な点数勝ちは狙わなかったのでしょうか。
藤田女流「他にもメールが来ています」
先週のA級順位戦での、深浦先生の対局は見所満載でしたが、
是非とも深浦先生ご本人に振り返っていただきたいです。
藤田女流「まずは安全勝ちについてお願いします」
深浦九段「そうですね。点数で5点以上入っても点数で勝ってたんですけど、
前局の行方さんとは270手くらいで、逆にこちらが5点くらい足りなくて、
今回は決着をつけたかった。3連敗中だったんですね終盤。
最後いい形で締めたいなと思って。
ただ佐藤さんも苦しいところとは実感していまして、
佐藤さんもいうなれば男らしかったといいますか、
お互い勝負に行ったということで、ぎりぎり詰み上げることができました。
でも展開によっては点数勝負にいかないといけないなと思ってもいました。
ちょっと佐藤さんの点数が足りなくなってきてから、
自分の入玉と両方を考えていました。
1分将棋の中で必死を発見するとうれしいというか、ちょっといいですか」
と言ってちょっと紹介に。
 
kiou3-4
ここから▲2七飛、△同歩成り、▲同飛成りで必死ということを、
深夜の1分将棋で読みきったんですな。

深浦九段「2時に終わって感想戦が4時前に終わって、帰ったのが5時くらいで、
6時くらいに床に就いたんですけど、8時か9時に起きちゃいました」

そして休憩になりましたが、NHK杯の放送が始まりました。

藤田女流「見てました。激辛坦々麺」
深浦九段「木村さんの受け答えもよかったですね」
盤上では開戦間近、午前中に駒がぶつかると深浦九段。

渡辺棋王の▲2五歩は、今のところ後手から仕掛ける手段があるので、
先手が悪いと見られているらしく、
あえて選んだと言うことは研究手が見られるのではないかとのこと。

kiou3-5
深浦九段「寝てるわけじゃないですよ。
考える時は盤面を見たほうがいいんですけど、
何か思い出すといったときは見ない方がいいそうです。
▲2五歩はある手だなと思って洗ってたんですけど、先にやられちゃいましたね。
渡辺さん忙しいスケジュールの中で新しい形を出すっていうのは素晴らしいですね」
そして羽生名人は研究手見せてみろとばかりに△6五歩と仕掛け、
深浦九段「これ渡辺さんのテンションはかなり上がってると思いますよ」
渡辺棋王は即座に▲6六角と打ち込んでいきました。

深浦九段は同じような局面で、
先手の歩が6四にある場合は先手がやれるとされているのに、
6五だとダメと言うのは本当かなということで▲2五歩から先を洗っていたとのこと。
その後の研究を披露し、
▲4五桂馬なら僕と一緒、▲4五銀なら激しい順で何か見つけたということですね、
と言ったところで渡辺棋王は▲4五桂。
藤田女流「先に指されると悔しいとかありますか」
深浦九段「悔しいのも半分ありますね。
でも半分はこの順でいいのかなというのもあります」
その後の羽生名人の手を見て、
深浦九段「あ、同じだ。やられたなあ」

ここでティロフォン遠山五段から。
遠山五段「そうですね今ちょうど検討を始めようかと。
大盤解説会が11時から始まって、そっちは豊川七段と鈴木女流で、
すごい大盛況で会場はもう立ち見の方がいらっしゃいます。昨日も大盛況でした。
今日はタブレットでも記録をとっていて、記録係りが梶浦君なんですけど、
何度もタブレットで記録やってますのでそういった意味では心配ないです。
昨日は割りと二人とも穏やかでしたけど、あまり目を合わせないというか。
今回解説が豊川七段で会場自体はすごくなごやかです。
角換わりは昨日の棋士全員が本命でした。
渡辺さんの構想に控え室は驚いています。
なかなか面白い作戦ではないかとみてるんですけど深浦さんはどうですか」
深浦九段「僕も研究してたんですけど、先にやられてしまって、
次僕が指しても渡辺流だって言われちゃうんです」
これは悔しい成分が半分よりはありそうだ。
遠山五段「この対局は前例が3局あるみたいです」
深浦九段「遠山さんも新潟のお酒いっぱい飲んでるのに冷静な仕事しますね」
遠山五段「朝はふらふらしてました」
そして電話の最中に羽生名人が△7五歩。これが新手らしい。

ここで裏番組のNHK杯で、橋本八段が2歩で負けとコメントが大量に流れて、
深浦九段「そっちも解説したいですけど(笑)」
新手を指されたということで渡辺棋王は長考に入りました。

次の一手アンケート
▲7五同歩32.6%、▲2四歩20.7%、▲3五歩12.7%、▲1五歩3.3%、
▲7五同角13.3%、その他17.4%。
深浦九段「その他当たったら強いですね」

昼食アンケート
激辛坦々麺70.2%、それ以外の中華7.2%、そば5.9%、
うどん2.7%、とんかつ6.6%、カレー7.3%。
深浦九段「羽生さんの勝率くらいありますね」
といったところで昼食休憩になりました。

羽生名人の昼食休憩明けの一手は▲7五同角。
そして深浦九段と藤田女流の昼食はもちろんこれ。

kiou3-6
藤田女流「激辛坦々麺トレンド入りしてたみたいです」
深浦九段「すごいねー橋本君ってやっぱすごいんだ」

そして午後の指し手の解説に。
羽生名人の△4三金上が力強い受けだったらしく、
深浦九段「この局面で何か先手からいい攻め方があればいいんですけど、
難しいならば▲7五同角はどうだったか。
難しいならばこの局面僕は後手を持ちたいです」

ティロフォン豊川七段から
藤田女流「豊川先生ですね」
豊川七段「はいマンモス!
今ちょうどあの青野とるいち先生と、
朝は藤井さんと大盤解説をやっらせていただきました。
藤井さんの渡辺さん論が大盛り上がりで、柏崎のファン熱いです」
深浦九段「よく聞かれるんですけど、マンモスってどういう意味なんですか?」
豊川七段「いや、聞かないでください。挨拶です」
藤田女流「柏崎はどうですか」
豊川七段「日本海が目の前で、山に雪が残ってて、夏は目の前海水浴場で、
お寺もあって歴史のある土地で」
藤田女流「ここまでの局面はどちら持ちでしょうか」
豊川七段「藤井さんがこの局面を渡辺さんの想定内の局面なんじゃないか、
予想通りなんじゃないかと言ってました。僕は後手持ちです」
深浦九段「豊川さんは同期なんです」
豊川七段「僕が棋士番号200番で深浦さんが201番で、
関係ないですけど森とりじ先生が100番で」
深浦九段「三段リーグで豊川さんと角換わりの入玉模様の将棋指したと思うんですけど」
豊川七段「覚えてますよ。書かれてたのも読みました。
奨励会の時にこれは読みなさいって言ってましたよ。
今日の昼食は幕の内で、青野先生が鶏肉苦手なのでから揚げいただいちゃいました。
なので青野とりいちって言っちゃだめですよ」
藤田女流「NHK杯みましたか」
豊川七段「見てないんですけど、今日の対局はだれですか」
深浦九段「行方橋本戦です」
豊川七段「あ、噂は聞いてます。
僕は2歩でトリビアとか出ましたけど橋本さんがうったんですよね今日」
豊川先生が最後までノンストップで喋り倒してました。
この豊川七段を黙らせた加藤先生とは一体…。

コメントで反則はありますかと流れて、
深浦九段「公式戦は無いんですよ。
練習と言うか指導対局で、10面指しくらいやってて、
小学校2年生くらいの子がいて、指した後に先生2歩ですって言われて、
あれやっちゃうと頭が真っ白になりますね。
僕やらない人だと思ってたので、何が起こったのかわからなくなりました」
指導対局では深浦九段は2手指しくらいなら見逃してあげる時もあるらしい。
たまに子供が順番回ってくるまで待ちきれなくて、
子供同士で駒を動かして検討して、戻らなくなってる時があるとのこと。

そして渡辺棋王はじっと▲4七金。
深浦九段「ほー」
5八にいた金を、4七、4六、3五と攻めに使っていく手が狙いとのこと。
その後解説を進めて、
手数がかかるので後手に動いてもらおうという手なのかもしれない、と深浦九段。
そして初手から解説に。

どちらを持って指してみたいかアンケート
先手・渡辺棋王16.3%、後手・羽生名人32.9%、なんともマンモス50.8%
圧倒的マンモス。
深浦九段「なんともマンモスが正解なんじゃないですかねえ」

羽生名人は渡辺棋王の玉頭へ△8六歩。
この手は後の変化だと入らないと見ているからと深浦九段。
ということは激しい順に踏み込むつもりなんだろうか。
先手は歩を3枚持っているので、
取りたい歩ではないが取っても取らなくても形を乱される、
絶妙のタイミングの歩とのこと。
渡辺棋王は▲同歩。大きい利かしが入ったか。
そして2分後におやつ休憩ですが…。

深浦九段「アイスって溶けるからいけないんですよね。
何で頼んだんだって思いますよね」
定番の羽生名人のアイスがぶ飲み事件。

質問メール
羽生先生がおやつにブラックモンブランを頼まれたと聞いた深浦先生が、
「ええ!?ブラックモンブラン?アイスを頼んだんですか?」とおっしゃったと聞いて、
九州出身の私は爆笑しました。
はい、九州ではよく売られているアイスクリームです。
中がバニラで外がチョコクランチみたいな。
僕もすごい小学生の時に食べて、当たり棒つきなんですけど。
中がバニラだから溶けるとそれこそ大変なことになりますよね。
でも最近東京でも買えることがわかって、家の冷凍庫にも入っています。
竹下製菓株式会社 ブラックモンブラン

対局場はおやつタイムに。

kiou3-7
深浦九段「今渡辺さんがよく見えるようにどかしてくれたのかな」

渡辺棋王は相手の手番のときは基本おやつを食べないが、
相手が食べ始めたら食べるらしい、と聞いた深浦九段。
深浦九段「相手が食べ始めたらいいんですね」
そして羽生名人が食べ始めると…

kiou3-8
深浦九段「ほんとだー」

ニコ生のおさんじはペイストリースナッフルス チーズオムレット

kiou3-9
深浦九段「今日は坦々麺とチーズケーキの日なのかな」

一旦休憩に。
休憩中に羽生名人は△7三桂と桂馬の活用。
渡辺棋王は深浦九段が解説した狙い筋通りに▲4六金。
羽生名人は渡辺棋王の角筋を避ける△3二玉でしたが、
深浦九段「この形は僕は先手持ち、先手がいいと思います」
その後変化を掘り下げましたが、やっぱり先手が少しいいとのところで、
羽生名人は解説にない△8七歩。

ティロフォン
藤井九段「あ、あ、うん、うん、あ、あ、もしもーし。
藤井と申しまーすはいはーいきこえますかーおつかれさまでーす」
藤田女流「先ほど大盤解説会にでていらっしゃると聞きましたが、いかがでしたか」
藤井九段「すごい人人人で疲れました。本当にあのー盛り上がりが凄かったですよ」
藤田女流「柏崎はどうですか」
藤井九段「海がみえますよー海が綺麗ですよー綾ちゃんもどうですかー?」
藤田女流「ここまでご覧になっていかがですか」
藤井九段「それで電話したんですよ。
豊川さんが大盤解説で、遠山君と僕しかいないんですよ。
振り飛車党2人で角換わり検討するわけにはいかないでしょ?」
深浦九段「ここ数手羽生さんの指し手がぎこちなくて先手持ちです」
藤井九段「先ほどの局面で△3八馬はどうですか?」
深浦九段「それは▲4八飛車で」
藤井九段「僕もそう思ってたんだけど、遠山さんが▲7九飛車って言うんですよ。
その局面で後手はどう指すんですかーって。
でも▲4七金は、今日予定として▲4七金と指そうと思って来ないじゃないですか。
どこまでが予定なのかなーと。
遠山五段は先手良しといってます。私はよくわからない。豊川さんは後手も指せるって。
正確には私にはわかりませーん」
深浦九段「振り飛車はあると思ってました?」
藤井九段「いやいやいやないと思ってました。
でも候補としてはあげておかないとね。もしかしたら当たることがあるわけだから」
などと話していると現地映像が流れて、
藤田女流「藤井先生対局部屋に日が入ってきちゃいましたけど大丈夫ですか?」
藤井九段「あ、これはちょっと立会人出番ですね。
あ、これ電話してる場合じゃないよこれ。それでは失礼しまーす」

kiou3-10
日差しが入ってきて将棋盤が見えにくい状態に。
そして立会人登場。

kiou3-11
深浦九段「おおかっこいいなあ。素早い対応で」

羽生名人は▲2四歩に手抜きで△8七歩。
深浦九段「お互いきわどい手を選んでるんで、局面が難しいと思ってるんですね」
手抜きで攻め合う発想がなかなか無いとのこと。
渡辺棋王は桂取りに▲2二歩。
深浦九段「細かい攻めを繋いで、来るべき時に▲3五金と。
怯まないのがやっぱり渡辺さんですね」
そして羽生名人の△4八歩にさらっと▲2九飛。
金は取られますがその間に飛車を使って2筋から攻めようという狙い。
深浦九段「▲8七金が渡辺流でしたね。飛車さえ渡さなければ怖いとこないよという」
なんだかまとめに入っている?

質問メール
深浦先生の息子さんが、飯塚先生の教室に通っていると伺いました。
私には5歳の息子がいて、どうぶつ将棋をすすめようと思っているのですが、
深浦先生の息子さんがどのように将棋に興味を持ったのか教えてください。
深浦九段「やっぱり幼稚園のときに教えたんですね。
最初はやっぱり遊びから教えたような気がしますね。山崩しとか回り将棋とか。
興味持ってくれましたし、高校3年までやってくれてます」
藤田女流「どうぶつ将棋とありますが」
深浦九段「これはいいきっかけなんです。藤田さんは将棋はどうして?」
藤田女流「私は父親が将棋が好きで、家で対戦相手が欲しいということで覚えました。
本将棋からでした。
勝つことが楽しくて続いたので、負けてあげるのがいいのかなと思います」

先日のNHK杯で、終盤の終盤まで深浦先生の勝ちだと思ってました。
一度頬を叩いて気合を入れなおすシーンはぐっときました。
形勢はすごく難しくて、感想戦でもあったんですけど、揺れ動いてました。
最後の最後になって初めて勝ちになったと思いました。
とどめの金を1五金と打ってしまったのが敗因で、
打たなければ2、3通り勝ちがあったようです。
頬はたまに叩くんですが、今回はテレビということを忘れていたので、
脳細胞動いてくれーと言う感じでぱちんとやりました。

私にはよくわからない将棋用語があります。
感触の良い手、感触の悪い手、というのがそれで、
似たような将棋用語の味のいい手、味の悪い手というのとの違いを教えてください。
ここだと飛車成りを防ぐために直接的に△2三金と金を打つ手が感触の悪い手。
と言っているときに羽生名人が△5六銀。
深浦九段・藤田女流「え?」
飛車成り放置の強手でした。ということで解説に。
▲4四角に対する△3三銀はどうかというコメントの順を解説して、
先手から攻めてもなかなかうまくいかずに、
深浦九段「なるほど、へー」
しかし一旦落ち着いて引き上げる順を検討すると先手が良さそうということになり、
藤田女流「押してだめなら引くと」

kiou3-12
深浦九段「なんか読みに没頭してるというよりは…」
藤田女流「振り返ってる?」

羽生さんが席を立っている間に渡辺棋王は▲4四角を避けて▲2二飛成り。
そして苦い顔をして、
深浦九段「やっぱり対局者がいなくなると顔に出るんですかねえ。
羽生さんが戻るとぴたっと止まると思います」

kiou3-13
ぴたっ

そして長考する渡辺棋王に、
深浦九段「渡辺さんのこの時間の使い方は珍しいですねえ。
思ったより難しいんですかねえ。
やっぱり対局者と比べると解説者は目分量にどうしてもなってしまいますけど、
この調子だと秒読みまで行きそうですけどねえ」

そして渡辺棋王は▲5八桂馬。羽生名人の馬を攻める手。
深浦九段「うわーこれは読めないですねえ」
飛車が成ったんだから王様を攻めると思いますよねえ。
激辛坦々麺のコメントが大量でした。
藤田女流も大盤で2歩してましたし今日はそういう日なのか。
解説を進めて、
深浦九段「でも優勢側の手とも思えないですけどね。
辛いという感じも無いわけでは無いんですが」
羽生名人は駒音高く△4五馬。
先手が攻める順を解説するも、
深浦九段「なかなか寄らないもんですねえ」
そして盤上も大盤解説も泥試合に。
深浦九段「もう混戦ですねえはっきり先手がいいとは言えません。
いやいや楽しくなってきました」
おかしいなちょっと前は感想戦になるまでの流れとか説明してたのに。
深浦九段は、「すごい可能性が広がってきましたねえ」
と言いながら楽しそうにたくさんの手を並べます。
先手が攻める順を並べると、後手からカウンターが飛んできて、
藤田女流「詰んじゃいましたねえ」
深浦九段「あれー?さっきまで手の幅が狭かったんですけど、
なんだか急に広がってきました。
ということは優勢だった方が失敗したんですかねえ」
と言っていろいろ解説手順を進めていると深浦九段まで2歩。
深浦九段「あややややだめだめだめなしなしなし」
今日は橋本八段と深浦九段と藤田女流が2歩をしました。

盤上では羽生名人がコメントで流れた▲7八銀を逃すと、
みるみる形勢が渡辺棋王に傾きました。
深浦九段「最初は渡辺さんが少し良くて、
▲5八桂と打ったあたりから難しかったと思います。
羽生さんがややよくなって最後▲7八銀だったら勝ちだったかもしれませんけど、
この局面は渡辺さん勝ちになりましたかねえ」
といったところで、
コメントで流れたソフトが探した決め手?と思われる▲8二香を渡辺棋王も選択。
深浦九段はまだ△7九角を決めてから、
△5八銀と勝負する手があると解説していましたが、
羽生名人はまさかの△同飛。
▲同竜となったところで羽生名人の投了となりました。

深浦九段
中盤の渡辺さんのやりたい手は▲6五歩で、△7五歩の羽生さんの新手がでましたが、
渡辺さんもやりたい順になったと思います。
羽生さんも馬を作って少し羽生さんがよくなったかもしれませんが、
お互い力強い手が続きましたし、終盤もわからなくなって、
持ち味が出た将棋だったと思います。
1局目と2局目は渡辺さんのペースで進んでました。
第3局は水面下の読みあいがあって、どっちが勝つかわからない終盤になりましたが、
これを勝ちきるのは渡辺さんも強いなと思いました。

藤田女流「最後△7八銀の解説をとコメントがありますが」
深浦九段「そうですねこれ気になって帰っても寝れませんよ」
ということでいろいろ検討を進めましたが、
 
kiou3-14
深浦九段「あれやっぱ寝れないや」

感想戦より
▲5八桂馬は、銀を取る手だと△6五桂馬が2手空きくらいの手なので、
先手は詰めろで迫る必要があるが手が見えなかったとのこと。
馬がそれれば3手空きくらいなので、
先手も2手空きで迫ればよいので条件がいいと判断したらしい。
そして藤井九段から△7八銀が指摘され、
渡辺棋王「あ、そーっすね△7八銀ちょっと読みきれてなかったんですけど」
羽生名人は驚いていたので見えてなかったかなあ。
その後手順を進めて、
渡辺棋王「竜に当たってるんで手の戻しどころが難しいですね。
銀のときに▲6八香とか考えてたんですけどなんか負けそう。
でも今のも負けそうなんで」
さらに並べて
渡辺棋王「歩成って腹くくるべきでしたかねえ」
歩成りからの手順はなんだか先手に勝ちがありそうとのことでしたが、
実際に並べてみると、
渡辺棋王「しかしですねえこれどうしましょう」
ということで▲5二歩の局面で他に手が無かったかという感想戦になりました。
△7八銀に▲6八香は先手負けっぽいもよう。
渡辺棋王「歩成り以上にスピーディな手があるかなと思って探していたんですけど、
無かったですね」
歩成りに△7八銀で先の長い将棋だったとの結論でした。

今日は深浦九段の解説や、
現地からの豊川七段や藤井九段の電話出演にも大満足でしたが、
ちょっと羽生名人の調子が気になる対局でもありました。
感想戦の様子からも、
渡辺棋王が難しいと思っている局面を羽生名人が悲観的に判断していて、
その局面の画像を振り返るとちょっと集中を欠いているようにも見えました。
これで渡辺棋王はタイトルをひとつ防衛、しかも3連勝ということで、
もうひとつの防衛戦である王将戦のスケジュールにも、
少し余裕が出てきたのは大きいと思います。
渡辺棋王は明後日の10日に名人挑戦者決定戦プレーオフ、12日から王将戦となります。
新潟に滞在してカニを食べ倒して温泉に入りまくって王将戦の佐渡に行く、
というブログで書かれていた豪華プランはお流れとなりましたが、
変わりに来たのが名人挑戦をかけたトーナメントですから、こっちも十分豪華です。
スケジュールは詰まっていますが、どんな将棋を見せてくれるか注目です。

ニコニコ生放送では3月10日の15時から、
解説に佐藤紳哉六段、聞き手に鈴木環那女流二段で大盤解説会が放送されます。
アドリブに弱い佐藤六段が鈴木女流にいじり倒される未来が見えますが、
どうなりますか。楽しみです。

第40期棋王戦第2局は渡辺棋王が勝利して防衛に王手!

渡辺明棋王に羽生善治名人が挑む第40期棋王戦五番勝負第2局は、
渡辺棋王が勝利して防衛に王手をかけました。

ニコニコ生放送では9時から、解説に中座真七段、
聞き手に山田久美女流四段で大盤解説会が始まりました。

羽生名人の初手は▲7六歩。
後手の渡辺棋王は△8四歩とどの戦法でも受けてたつよと意思表示しました。
中座七段「予想が外れました。
予想は相掛かりで、もしかしたら振り飛車もあるかなと思っていたのですが」
羽生名人は▲6八銀と矢倉を選択。
山田女流「相掛かりを予想されたのはどのような理由からでしょうか」
中座七段「1番は私が見たかったんです」

質問メール
屋敷九段から中座七段へ
今回のタイトル戦の展開を教えてください。
1局目は結果的には渡辺棋王が快勝だったと思いますね。
戦型も最新の戦型で非常に興味深い、あ、今解説しちゃいましょうか。
ということで山田女流への質問の後に解説することになりました。

井道女流から山田女流へ
おすすめのチョコの店を教えてください。
山田女流「チョコレートだけのお店ってことですよね。売り場しか知らないんですけど」
中座七段「ゴディバですか?」
山田女流「そうですね」

ということで1局目の横歩取りの将棋の解説に。
分からない時は先手なら▲5四角、
後手なら△5六角と指すといい手になるかもしれないらしい。
こうして解説を聞きながら見ていると、
渡辺棋王が将棋は飛車取ればだいたい勝ちだからとか、
金が4段目に行くのは好形なんだけど2枚しかないから、
王様を守らないといけないので行かないとか、
考え方が存分に出た将棋なような気がします。
渡辺棋王が飛車を取りに行く▲7六桂は羽生名人が見えてなかったみたいですし、
王様が広くなって守る必要が無くなったら金が4段目に出ましたし。
今日はどんな展開になるでしょうか。

盤上では矢倉の王道の駒組みになりました。
この2人の矢倉はJT杯の決勝戦で、先手羽生名人、後手渡辺棋王の対局があり、
後手の渡辺棋王が新趣向を見せて快勝しています。
同じ局面にして羽生名人がリベンジするのか、手を変えるのか。

アンケート居飛車党か振り飛車党か
居飛車34.7%、振り飛車17.1%、オールラウンダー15.8%、見専32.3%。

kiou2-1
おやつをがん見する記録係り。
渡辺王将は午前中におやつを食べることにしたのだろうか。

中座七段「以前加藤先生と対局したときに、
ゴディバのチョコレートを一瞬でばーーっと食べてしまわれて、
もったいないなーと思ったことがあります」
山田女流は羽生名人の師匠の二上九段が会長だった頃、
ゴディバのチョコを職員に配っている姿を見たことがあるらしい。
会長ぱねぇ。
中座七段「山田さん対局のときはバナナなんですよね」
山田女流「お昼はバナナですね。
子供の頃からお昼ご飯を食べた後は勝った事が無いというジンクス持ちなんですよ」
棋士は注文派、外食派、コンビニ派、愛妻弁当派といるらしい。
中座七段「みんなが注文してて自分だけ弁当だとちょっと恥ずかしい」

この後中座七段の奥様の話題(中倉彰子女流初段)で攻勢に出る山田女流と、
原宿将棋通り(山田女流も参加した女流棋士4人のボーカルユニット)の話題で
カウンターに出る中座七段の攻めあいに。

ここで記録係りが身を乗り出しておやつに注目していた理由が判明。
kiou2-2
これ朝10時に食べたのか…。
体重計を持ち歩いている渡辺棋王がこれだけ食べるということは、
王将戦と棋王戦の同時期タイトル戦は食べないとやつれるんだろうか。

渡辺棋王はJT杯のときの趣向とは違い、△4五歩を△4四銀と支えに行きました。
角交換になると先手の▲1六歩が優位に働きそうとのこと。端歩は難しい。

質問メール
棋王戦は毎年北陸で開催されますが、
今年は田んぼの雪もすっかり溶けてしまいました。
中座先生は北海道稚内の出身ですが雪は降りますか。
雪で遊んだ思い出や苦労したことなどを教えてください。
よく降りますね。降るんですけど、海が近くて風が強いのであまり積もらないです。
雪かきはよくやりました。
よくスキーを履いて学校に行くと言われますが、私の小学校では禁止されてました。
雪の中に石を入れて投げたら、自分の家の窓ガラスを割ってしまって、
父親からものすごく怒られたことがあります。
風が強い日は前を向いて歩けないので、背中を向けて歩いていました。
夏は師匠のところに合宿に行きました。山田さんもいっしょでしたね。
※中座七段の師匠は佐瀬勇次九段、
山田女流の師匠は佐瀬九段の弟子の西村一義九段という間柄です。
山田女流「将棋指した記憶より遊んでた記憶が多いんですけど」
中座七段「海で泳いだりしましたね」
山田女流「少し怖いおねえさんだった?」
中座七段「すご…い…やさし…いおねえ…さんで」
急に挙動不審になる中座七段。

私の将棋はいつも不安定で、例えば穴熊に組もうとか、押さえ込もうと思っていても、
相手が指すとついつい咎めたくなって動いてしまいます。
大山先生は1回目のチャンスは見送ると言っていましたし、
方針はぶれないほうがいいと言いますが、正しい方針の立て方を伝授してください。
相手の悪手を咎めに行くということではぶれてないと思いますよ。
棋士も千差万別ですから、相手の手を咎めに行くぶれまくってる人もいますよ。
私もどちらかと言うと咎めに行くタイプですね。
咎めに言っていいと私は思いますけどね。
大山先生くらい強ければということかもしれないですね。

北國新聞の記事に、気になる記事がありました。
北國新聞のビルの中に、焼肉の叙々苑がオープンするらしく、
来年から対局場にものすごくおいしそうな匂いが漂ってしまうかもしれません。
棋士の方は音や動作は気にならない印象がありますが、匂いはどうでしょうか。
中座七段「音や動作も意外と気になりますよね。
タイプにもよりますが、全然気にならない人もいます。
匂いは対局場までは無いと思いますが、
記録係りがいつも揺れていたり、いびきをかいていたりすると気になります。
それで結構がつんと注意してしまって、負けて変なこと言っちゃったかなと後悔したり。
体調が悪いとささいなことが気になります。山田女流はどうですか」
山田女流「気にしない方ですけど、気になる音はあります。
対局前になると、普段は気にならないのに、ガムをかむ音が気になったり、
音楽を聴いててしゃかしゃか音が漏れてきたりすると、
気になって注意したこともありました。
自分も音楽を聴けばいいじゃんということで、それは解決しました。
山田さん何聴いてるんですかってコメントがありましたけど、当然ジュリーです。
勝手にしやがれとか、TOKIOとかは皆様もご存知かと思いますが、
そのキスが欲しいという曲がお勧めです。

私には小さな娘がいまして、将来女流棋士になったらと妄想することがあります。
そこで質問ですが、女流棋士に共通する性格や特徴はありますか。
中座先生は女流棋士と話す機会も多いと思いますのでよろしくお願いします。
山田女流「どんな性格の女流棋士が多いですか?」
中座七段「山田さんお願いしますよ」
山田女流「基本的に負けず嫌いな人は多いと思うんですよ。
おっとりした感じの子だなーという子でも負けず嫌い。
気が強いと負けず嫌いはちょっと違うと思います。
あじちゃんだって負けず嫌いですよ」
中座七段「うちの娘も将棋ちょっとやるんですけど
負けるのが嫌で強い人とあまりやらないとかはありますね」

アマチュアから編入試験を経てプロ棋士になった今泉さんについて質問します。
同時期に奨励会を過ごした中座先生に今泉さんの印象をお聞かせください。
中座七段「三段リーグで、最後の対局も今泉さんだったので印象に残ってますね。
関東と関西で別れてるので直接話したことは少ないんですけど、
実力は本当にプロになれる実力だったと思います。最後の対局は完敗でした。
私が奨励会幹事のときに、三段リーグ編入試験を受けて4期いたんですけれども、
ものすごく若い人達に混じって将棋に一生懸命打ち込んでました。
本当に素晴らしいと思います。
アマチュア時代も長く過ごされて、各大会で優勝されたり、今回こうなって、
アマチュア棋界とプロの架け橋になってこれから活躍されると思います」
山田女流「凄く明るい人です。
関西の人達って関東からきた棋士をご飯に誘ってくれるんですけど、
その中に今泉さんもいました」

※第18回奨励会三段リーグ最終日、
中座七段と今泉四段は11勝5敗で最終日を迎えていました。
今泉四段は最初の対局で木村一基八段に敗れ、昇段の夢が断たれます。
中座七段は最初の対局には勝ちましたが、2局目で今泉四段に敗れ、
ともに12勝6敗でしたが、競争相手が全員敗れ、順位の差で中座七段がプロになりました。
この時今泉四段は中座七段に、おめでとうございますと声をかけ、
中座七段は気が動転して座り込んでしまったそうです。
なお、同じくプロ編入試験からプロに入った瀬川晶司五段は、
この時の奨励会を最後に年齢で退会しています。
この後中座七段は△8五飛戦法、
今泉四段は2手目△3二飛戦法で升田幸三賞を受賞することになりました。
中座七段や瀬川五段は羽生世代、今泉四段は羽生さんより3つ下で、
この辺りの世代は才能のある人が多すぎです。

最近矢倉が減って先手は角換わりが増えています。
原因は△4五歩に対する先手の対策が難しいことにあると思います。
少し前の定跡書には後手の△4五歩は無理筋とかいてありますが、
プロの見解をお願いします。
やっぱり有力だと思いますね。
JT杯の決勝の渡辺さんの構想や、△5五歩とついていく手もありますし、
かなり有力だと思います。
受けだけだとやりたくない棋士もいますが、
反発できるのでやってみようという棋士も増えると思います。
しばらくはいろんな実戦で、一つ一つの変化を実証していくことになると思います。

羽生名人は端歩を▲1五歩と伸ばし、渡辺棋王は△5二飛と中央に飛車をまわりました。
後手から攻めることで、端の2手を甘くさせようという意味とのこと。
そこで羽生名人は▲4六歩と開戦しました。

解説で激しい手順を並べ
山田女流「ここは銀をどこかに打つんでしょうか」
中座七段「これはセンスが問われますね」
山田女流「どうぞ」
中座七段「どうぞ」
ハードルを上げていく中座流。

盤上でも激しい順になりました。
中座七段「これは休憩とれなくなりましたね。
ちょっと渡辺棋王の表情が面白かったですね。こんなに早くとってくるのと。
天下の羽生さんがこの早さですから、ちょっと不安になってると思いますね」
後手が△8五歩、△5二飛型だから踏み込んだと思うと中座七段。
△8五歩を咎めに行ったんですな。
午前中から解説大忙しの展開になりました。

アンケートどちらを持ってさしてみたいか
後手・渡辺棋王22.3%、先手・羽生名人45.3%、ニャンとも言えない32.3%
山田女流「ちなみに中座七段は」
中座七段「3ですかね(キリッ」
羽生名人人気と、羽生名人がら動いて先攻できそうだということですかね。
一旦休憩に。

休憩があけてまだ指さない渡辺棋王。
どうも羽生名人の▲1五歩が新手だったらしいです。
ということは渡辺棋王としては直後の△5二飛の前に考えたいところだったでしょうか。
現地解説の稲葉七段も驚いたという激しい順に踏み込んだ羽生名人の手に、
中座七段「あの攻めっ気の強い稲葉七段が驚くということはねえ。
長考してこれならいいんですけど、すぐぽーんって指してきましたからねえ」
渡辺棋王が長考のまま昼食休憩になりました。

昼食アンケート
パスタ系30.0%、どんぶり系35.7%、中華系13.8%、ファーストフード系20.5%。

昼食休憩明けの渡辺棋王の手は、シンプルに香車を取る△1九角成り。
両者すいすい手が進んで「早いんですよ」と怪訝な表情の中座七段。
お互い自分がいいと思ってるんだろうか。

昼食アンケートの答えはアンフォラ。
お客さんに「お疲れ様です。たった今ニコ生見てました」と声をかけられたらしいです。

渡辺棋王は羽生名人の飛車取りに△2四角と打ち、
解説の中座七段が4七、4八、4九どこに逃げてもいまいちと解説して、
羽生名人も△3五歩。
渡辺棋王はノータイムで△同角ととり、▲3六飛、△6九銀と両者ノータイム。
中座七段「これは渡辺さんいいと思ってると思いますよ」
しかし羽生名人が席を外したところで渡辺棋王は「はぁ」とため息。そして
中座七段「山田さん先手の攻める手を」
山田女流「先手からですか。はぁ(ため息」
解説陣はどうも後手持ちのようです。

手順は違いますが、羽生名人の▲1五歩の局面は、
大晦日の森下ツツカナ戦と同じ形だったようです。
森下九段はそこから△5五歩▲同歩△5二飛でしたが、
渡辺棋王は単に△5二飛としたのが工夫の一着だったのかもしれないとのこと。
などと解説していたら渡辺棋王がじっと歩を垂らす手を指して、
中座七段・山田女流「お」
これで勝てれば話が早いと解説していた手でした。
この手に対して攻め合う手順を解説し、山田女流がぐいぐい攻める順を指摘します。
中座七段「そんな強い手でいいんですかー」
山田女流「いえいえ並べなおせるのが大盤の強みですので」
中座七段「なるほど第一感の手ではなくてということですね」
山田女流「だい…いっ…かん…え…」
これは第一感だ。攻めっ気たっぷりな姐さんである。
しかしどうもだめかなあというところで、羽生名人も受けました。
中座七段「一見つらいんですけどね」
しかしここでヒフミンアイを使うと
中座七段「意外に攻め方が難しいですね。
なんかこうお互いに攻めさせたいような感じですね」

形勢判断アンケート
後手・渡辺棋王40.6%、先手・羽生名人21.7%、ニャン!37.6%。
渡辺棋王持ちの視聴者が多くなりました。
山田女流「両者苦戦っていうのもありましたよね」
中座七段「そうですね。師匠がよく使ってました」
渡辺棋王は飛車取りに△4七銀。ごりごり攻めていきました。
中座七段は飛車切りを誘発しそうだからやりにくいと言ってましたが、
羽生名人はノータイムで飛車を逃げる△1六飛。
飛車を切る攻めは無理筋というのが両者の統一見解のようです。
そして渡辺棋王はじっと△3八銀不成り。
中座七段「将棋は攻めた方がダメなゲームなんですかね?
両者攻めさせようとしているんですけど」

山田女流「最近は北海道よりも寒いところに行かれたそうですね」
中座七段「ロシアのウラジオストクというところにですね、
普及活動ということでですね、日露チェスの交流ということで行ってきました。
現地の方に将棋を教えました。
雪は全然降ってなくて、あまり降らないって言ってましたね。
凄く寒かったですね。雪はないんで恐ろしく寒かったです。
飛行機2時間で着いてびっくりしました。
シベリア鉄道を一週間、9000キロの道のりでモスクワに着いて、
飛行機で帰ってくるというツアーもありますね。
観光も少しさせてもらいまして、領事館の方に案内してもらいました。

kiou2-3
一箇所目は日本センターというところで、
日本語を話せる方もいて、私の代わりにずいぶん説明してもらいました。
通訳の方も今回のために一生懸命将棋用語を覚えていらしたらしくて。
それとすごく女性が多かったですね。

kiou2-4
こちらは二箇所目でチェスができる人が多かったです。
私が作戦負けになった対局も1局ありました。
地元のテレビ局の方が取材に来ていただいて、夜に放送されてすごく嬉しかったです。

kiou2-5
これが三箇所目で第51番学校というところです。
ここは日本の文化に非常に積極的で、日本語の先生が6人います。
子供たちに挨拶とかもされました。普通にこんにちはーとか言われて。
やっぱり漢字が大変なんですけど、みなさん表を見ながら頑張ってました。

と言っている間に羽生さんの手番でおやつタイムに。
渡辺棋王は食べそうな雰囲気ですが…。

kiou2-6
中座七段「羽生さんが食べたから食べたということですかね」

山田女流「中座七段は記録は取ったことはありますか」
中座七段「とりましたねー楽しい思い出ばかりですねー。
失敗は一応なかったですね。失敗する夢はみました。
寝坊してとか、棋譜が抜けててどうしようとか」

ニコ生のおやつは土左日記

おやつを食べ終えてすぐに羽生名人は△4六金。
中座七段「これはおやつを食べる前に指し手は決めてたんですね」
渡辺棋王もノータイムで応戦し、どうも攻めさせたいとのこと。
その後解説を進めて
中座七段「ちょっと後手がいいのかもしれませんね」

対局者のおやつ

kiou2-7
中座七段「これは凄い。加藤先生しか食べられない」

kiou2-8
中座七段「いやーいいですねえ」

休憩中に控え室のコメントが届いて、
『石田九段の問いかけに「4時台には間違いなく終わる」と関六段。
慌しくなってきました。』
とのこと。羽生名人の攻めが瓦解したか。

kiou2-9
これが渡辺棋王の姿勢評価関数。勝勢?

質問メール
中座先生に質問です。高橋先生との研究会を長期間にわたってされていますが、
昔の高橋先生は今と雰囲気がちがいましたか。
アニメの話をしている時は生き生きとしていますが、普段はどうですか。
中座七段「高橋先生とは兄弟弟子で、プロになってすぐに研究会を始めました。
以前はそうでもなかったんですけど、ブログを始められてから、
オープンにいろんな話をされるようになって、私も距離が近づいた気がします。
昔はすごく威厳があって、いや今もあるんですけど、距離が近づいたというか」
山田女流「一緒にお仕事に行ったんですけれども、
アマチュアの方と指すんですけど全部勝たれるんですね。
それですごいですね先生っていったら、
アマチュアにもプロにも勝つのがプロなんですっておっしゃってました」
中座七段「結構前ですか」
山田女流「若い頃です」
中座七段「今はずいぶん変わって、結構負けてあげることもあります」

ここで羽生名人が指して解説に。角を投入して守る手に、
中座七段「これはー粘りに行きましたねえ」
そして羽生名人の底歩に、
中座七段「うわーこれは根性ですねー」
控え室のコメントがフラグだったか。

質問メール
郷田先生のファンなのですが、将棋世界のイメージと読みの将棋観2で、
矢倉や対振り飛車急戦は押し引きが長くて、将棋の力がつくと言っていました。
お二人はどう思いますか。指したりすると強くなる戦法があれば教えてください。
中座七段「確かに力がつくと思います。私も小学生の頃は急戦を指していました。
銀の使い方が身につくんですね。
矢倉もそうですけど金銀の使い方が非常に勉強になります。私もその考え方に賛成です」
山田女流「私も穴熊だと攻めの手ばかり考えればいいですが、
急戦は受けたり攻めたりのバランスを考えないといけないので賛成です」
中座七段「居飛車党でしたら矢倉が大事ですかね。
今は少ないですけど角道を止めた振り飛車も大事だと思いますね」

以前から気になっているのですが、
将棋関連の方は「そうですね」が口癖になってると思います。
中座七段・山田女流「そうですね」
多くの先生がそうですねを頻繁に使っています。何故でしょうか。
山田女流「私も思ってたんですけど、
他の人がそうですねと言ってると気になりませんか?」
中座七段「これは将棋界の伝統かもしれないですね。
先輩がテレビとかで解説しているのを聞いていて、それで覚えたのかもしれません。
ちょっと言わないように気をつけます…はい。
棋士は挨拶とかも、『えー』っていうのが多いですね。私もそうなんですけど。
挨拶の前に『えー』が入る人が多いです。これ将棋界だけですかね?」
山田女流「以前女流棋士で講習会をしていて、
話し方講座をアナウンサーの方を招いて教えてもらったことがあるんですけど、
その時指摘されたのが『えー』ですね。
この文章読んでくださいって言われて、
文章と文章のつながりのところで『えー』って言っちゃってるんですね」
中座七段「将棋の棋士も研修とか受けた方がいいのかもしれませんね」

解説に戻って、渡辺棋王の受ける手を解説した後に、
中座七段「渡辺棋王は突然寄せに行くこともありますので油断はできないですけど」
いろんな手を解説しましたが、渡辺棋王はこういうところが上手いので、
もうちょっとセンスのある手を指すと思うんですけどと言ってました。

質問メール
私は将棋の練習を朝の通勤時間にしています。
電車の中で、詰め将棋や対戦をしています。
プロ棋士の先生は練習方法や時間はどうしているのですか。
それは珍しいと聞いた練習方法があればそれも教えてください。
中座七段「私は研究会をやって、その将棋を家で検討することが多いですね。
それは週に2回か3回か。後は棋譜並べ。
詰め将棋も解きますけど、他の棋士より私は少ないかもしれないですね。
珍しい練習はあまり浮かばないですね。
詰め将棋の研究会は昔やってましたけどね。
藤井さんと行方さんと私で、早解き大会みたいなのをやってました」
山田女流「私は秒読みの時計をばしっと押して、
時間内に詰め将棋を解くというのをやってました。
一人で黙々というのも煮詰まるので。
対局のときは秒読みになるので、1分以内に解かないといけないとか」

そして渡辺棋王は△5五桂馬と相手の歩の頭に打ちました。これがセンスのある手か。
中座七段「何かいい手を指すと思ったんですけど、こういうことですか」
局面をぱっと見て、
何かいい手がありそうな局面だと思う感性もプロの実力のうちということか。
といったところで羽生名人の投了となりました。

中座七段
最後の△5五桂が最速の寄せでした。
銀がぶつかったところは今後の課題局面だと思いますけど、
本局を見た限りでは後手の方がよかったのかなと思います。
本当に渡辺棋王の読みの正確さといいますか、それが出たと思います。
ちょっとこの1、2局は羽生名人らしくない将棋だったかもしれないですね。

山田女流「今回は振り返り解説ということで、
先生が思った勝敗を分けた一手というのを解説してもらおうと思います」
中座七段「勝敗を分けた一手ですか」
kiou2-10
中座七段「勝敗を分けたかどうかは分からないですけど、
歩を垂らして、ここから銀を打って入るというのがすごい発想でしたね」
ここから歩成りを防ぐ▲5七金に対して、△4七銀▲1六飛、
△3八銀不成り~△2七銀不成り~△1六銀不成りと、
飛車を取る手が間に合ってしまいました。

感想戦
△5二飛は他の手だと冴えないかなと思って指したが、予定外の変化になったらしい。
▲4五銀と取られて固まっているようじゃおかしかったですけど、
と渡辺棋王が言ってました。
羽生名人は、
駒損してるんですけどゆっくりした展開にしたいという変な将棋なんです、
端歩を▲1五歩と突いて▲4六銀の組み合わせは欲張りすぎてよくないのかもしれない、
という感想でした。
渡辺棋王は端歩と▲4六銀の組み合わせは珍しい形で、
知らない定跡にはまり込んでいるのかもしれないと思ったが
しょうがないしょうがないという感じで指していた、という感想でした。

今日は渡辺棋王の完勝といった内容になりました。
香得からじっくり歩を垂らして飛車を取りに行く手順で勝ってしまうのと見ると、
子供への指導対局で言った、
「将棋はね、相手の飛車を取ったらほとんど勝ちのゲームだから」という言葉が、
プロレベルでもそうなんだよという本音なんだなと思いました。
第1局も飛車を取りに行って勝ってましたね。

ということで第2局も渡辺棋王の完勝となりました。
棋王戦は五番勝負ですので、渡辺棋王は防衛まで後1勝となります。
棋王戦第3局は3月8日とちょっと間があるので、羽生名人の立て直しにも期待です。
同時進行中の王将戦も3月12、13日ですので、
渡辺二冠はつかの間の休息といったところでしょうか。
今日はおやつ大食い合戦みたいでもありましたが、
間があくのでOKってことだったのかもしれません。
棋王戦第3局は、ニコニコ生放送では解説に深浦康市九段、
聞き手に藤田女流初段で大盤解説会が放送されます。
深浦九段にとって渡辺二冠は、質問三羽烏と揶揄された因縁の相手ですが、
どんな解説になるか楽しみです。

関連リンク
今の将棋界では珍しい?スーパー遺恨試合
渡辺二冠が深浦九段、丸山九段、三浦九段を質問三羽烏と酷評した事件と、
三羽烏の丸山九段とのNHK杯決勝戦の対局動画があります。

第40期棋王戦第1局は渡辺棋王が勝利!

渡辺明棋王に羽生善治名人が挑む第40期棋王戦五番勝負第1局は渡辺棋王が勝ち、
初戦を制しました。

振り駒の結果、渡辺棋王の先手番で始まりました。
将棋界では角換わりが大流行中ですが、
渡辺棋王の角道を開ける▲7六歩に、羽生名人も角道を開ける△3四歩と、
羽生名人が横歩に誘導しました。

ニコニコ生放送では9時から、解説に屋敷伸之九段、
聞き手に井道千尋女流初段で大盤解説会が始まりました。

kiou1-1
これがニコ生流マルチアングル。

この対局はタブレット入力で記録がとられます。
井道女流もタブレットで記録をとったことがあり、
井道女流「消費時間はいいんですけど、
残り時間を聞かれると計算を急いでやらないといけないので大変ですね」
屋敷九段「あれは適当でいいんですよ。
目分量で153分ですとか言っちゃえばいいんですよ」
間違っていたら後から訂正すればいいので、すぐに答える方がいいらしい。
加藤九段が後何分と聞くのはリズムを取っているという説がありますが、
屋敷九段もリズムが重要と言いたいのかもしれません。

横歩取りを始める方向けのコツ
屋敷九段「飛車角をふりまわしていって、負けたらしょうがない。
勝つときは気持ちいいいけど負けるときは悲惨。結構差がつきやすい戦型。
粘って入玉になるとかはならない戦型」

羽生名人が序盤に端歩を突いたのを見て、
屋敷九段「初戦なので積極的な手を用意するのが普通だと思うんですけど、
慣れているというか柔軟な考えですね」
のんびり手を渡された渡辺棋王はどう指すか。

現地の栃木県宇都宮市ではいっしょに将棋祭りも開催中で、
ミニ解説会の最中とコメントで流れて、
屋敷九段「ミニ解説会を見ながら解説したいですね」

羽生名人の端歩をさらに伸ばす△9五歩に
屋敷九段「なんとなく1回突いたから2回突いとけみたいな」
横歩って結構アバウトなんだろうか。
後手陣はほぼ飽和状態で発展しにくいかららしい。
渡辺羽生戦で横歩取りは去年の朝日杯決勝以来とのこと。

井道女流は去年の棋王戦2局目に現地にいたらしく、
井道女流「ブリシャブを食べている三浦先生はイメージと離れていて面白かったです。
それと渡辺棋王に競馬新聞を差し入れするファンの方がいました」
去年の第2局は土曜日だったので、なるほど日曜日の競馬に向けてデータは重要です。

質問メール
将棋用語についてわからないことがあります。
ぴったり詰むとはどういった状況のことなのでしょうか。
駒が余らないことですかね。
詰め将棋なら当たり前ですけど、実戦ですと当然余ることの方が多いですから、
本当にこの一通りで、駒が余らない詰みはぴったりした詰みなのかなと。

お二人が初めてニコ生で解説したとき、前日の夜はどういいう気持ちでしたか。
井道女流
私は今回が初めてなんですけど、緊張していろんな人にメールしました。
ひまー?とか、げんきー?とか。
いい迷惑ですよね、ふふふ。
そういう微妙な単語なんで反応が悪かったです。
誰かと話すとリラックスしますよね。
屋敷九段
僕は忘れましたね。普段通りだったかな。
いつ初めてだったのか忘れてしまってるので。
まあ慣れてると思うんですけど、緊張することはまったくないです。

先日のA級順位戦の解説について
こないだA級順位戦の解説をしましたけど、一番最後の対局が2時過ぎになったのですが、
最後までお客さんが30人くらい残ってました。
だらだらした展開だとあれですけど、結構面白い展開だったので。
深浦行方戦で入玉模様で、結構見せ場があったので最後まで楽しんでいただけました。

バレンタインデーが近いですが、将棋界では義理チョコの習慣はありますか。
バレンタインデー絡みのエピソードもあったら教えてください。
屋敷九段「どうでしょう、井道さん義理チョコの習慣はありますかね」
井道女流「痛いところを…友チョコはあります。
義理チョコとなると男性棋士がすごい多いので、自己破産ですよね、ふふふ」
屋敷九段「結構あちこちにバレンタインのコーナーがありますよね」
井道女流「試食するのが楽しくて、ふふふ」
屋敷九段「試食したいんですけどほぼ100%女性ですよね、いらっしゃるのが」
井道女流はお酒が飲めなく、アルコールが入っているチョコを食べても酔っ払うらしい。

アンケート昨年チョコは何個もらいましたか
1個11.8%、2~5個14.3%、5個以上4.5%、聞かないで52.2%、
自分で買いました11.8%、試食はしました5.3%。
井道女流は山口女流から手作りの友チョコをもらったらしい。

先日初めて競艇場にいきました。
初めて車券も買ってみて、面白いと思いましたが、
屋敷九段が考える競艇の魅力はどういうところですか。
すごくいい質問です。
私は競艇の選手会の外部理事をやってまして、
実は将棋の方のイベントも競艇場でやることがあります。
3月8日に香川県の丸亀競艇場でイベントをする予定で、私も行きますが、
他に関西の棋士も5人ほど行って将棋のイベントをさせて頂きます。
井道女流「先生は競艇は何年くらいされてるんですか」
屋敷九段「20年以上は見てる感じですかね」
井道女流「きっかけは何だったのでしょうか」
屋敷九段「テレビの番組や雑誌ですね。
平和島が近かったので何回か見に行って、はまってしまいました。
1割か2割くらい女性のレーサーもいますが、
結構将棋界と似たようなところがあります。
アイドルフェスの話が出ましたけど、白鳳関が来たり、吉本の芸人さんとかも来たり、
開催されるレースは女性だけのレースですので、
興味のある方は是非お越しください」
G3オールレディースってやつですな。

最近屋敷先生は、加藤先生が泣いて喜びそうな棒銀を指していると伺いました。
棒銀を指すというのは勝ち負けで言うと厳しいと思うのですが、
どうして棒銀を指すようになったのですか。
そうですね、棒銀よくやってますね。
やっぱり加藤先生を目指してといいますか、結構狙いがわかりやすいんです。
今まで矢倉でがっちり組み合う将棋を指してたんですけど、息詰まる感じがして、
それで新しい形を探して指したくなりました。
棒銀で攻めていく姿勢を見せるのもなかなか面白いんじゃないかなと思って、
それなりに勝ったり負けたりでまずまずの成果が出てると思います。
似たような戦い方になりやすいので、試して見たい方にはおすすめです。
玉が薄いので勝ちやすいかと言われると難しいのですが、
薄い玉なのでバランスを取って、攻め始めたらなるべく止まらないように、
攻めが好きな方にはお勧めです。

去年は久しぶりに海外のハワイでタイトル戦がありましたが、
井道女流も現地に行っていたと思います。
楽しかったこと、しんどかったことなど、裏話もあれば教えてください。
井道女流
しんどかったのは時差ですね。
佐藤康光先生も一緒に行ったんですけど、時差に苦しんでいました。
現竜王はハワイを結構満喫されていて、
初めての海外と言っていたんですけどばっちり準備できてました。
食べ物もいろいろ巡られて、パンケーキも何種類も食べて、
関西の仲間と一緒に楽しんでました。
森内先生もご家族へのお土産用にサンダルを選んで注文できるお店に行って、
お勧めだよと私に教えてくれました。
日本語が喋れる方もいたので言葉に困ることはなかったです。
わざわざロスやサンフランシスコから、10数時間かけて来た方もいました。

ここでとちぎ将棋まつりの現地生中継
kiou1-2
片上六段対松尾七段の席上対局を解説する松本六段と室谷女流。
屋敷九段「いいですね松本六段の飄々とした解説が。やりましたよーみたいな」

羽生名人の△2四歩を見て、
じっくりした展開にしていいと思っているのではないかと屋敷九段。
普通は後手の駒組が発展しにくいので、
飛車を△2四飛とぶつける手を残したいらしいです。

次の一手アンケート
△7六飛24.1%、△7四歩23.4%、△9六歩13.2%、その他39.2%。
井道女流「ちなみに屋敷先生はどの手が有力だと思いますか」
屋敷九段「自分で言っといて何ですがその他ですね」

ここでヒフミンアイ
屋敷九段「景色は変わりましたけどテンションも加藤先生のように上げていかないと」
テンションをあげることでより加藤九段に近づけるという屋敷説。
井道女流「1分将棋でも後何分て言うと聞いて、
私はまさかと思ってたんですけど、先日初めて生で見ました」
屋敷九段「記録が何分ですって返事するより早く、はい、はいって返事するんですよ」
羽生名人は△7六飛。

この後屋敷九段の解説になりましたが、横歩取りはあちこち手が行きますね。
井道女流「屋敷先生がもし対局者だとしたらどうしますか」
屋敷九段「気持ちはお昼です」

現地映像では謎のキャラが登場。
kiou1-3
井道女流「しゃべれるんだ(笑」

悪の幹部とご当地アイドルがどうぶつ将棋で戦うらしい。
kiou1-4
屋敷九段「なんとなくアイドルが勝つような流れに見えますけど」

井道女流「屋敷先生はどうぶつ将棋はされるんですか
屋敷九段「やったことはあるんですけどほとんど初心者です。
ちっちゃい女の子に負けたこともありますし」
羽生名人が席を立って
屋敷九段「見に行きましたかね」

羽生名人の手番で昼食休憩になりました。
現地映像で立会人の大内九段が記録係りや記者の方に昼食の場所を説明していて、
屋敷九段「名立会いですね」

昼食アンケート
餃子21.3%、そば20.6%、イチゴ(とちおとめ)32.9%、カレー13.1%、その他12.1%。
選択肢を考える屋敷九段「先ほどとちおとめ出てたんでいちごでいきましょう。
でもこれが一番多いと困りますね」

昼食休憩明けに羽生名人が△1五歩▲同歩△1七歩と仕掛けました。
屋敷九段「ここは長考です」

記録係りについて
井道女流「部屋は対局者に合わせて温度調整をするので、
寒い時用に上着やホッカイロを用意したり、昼食は軽めにしたり、いろいろ準備します。
変に読みを入れちゃうと指された時に時計などを忘れちゃうんですよ。
終盤で詰む詰まないを読んでしまって、
秒読みをうっかりしそうになったことがあります」

昼食アンケートの答えは井道女流がシーフードドリア、屋敷九段が鎌倉野菜のカレー。
ヘルシー忍者である。
昼食の写真が映されて、
屋敷九段「デートとか書かれてますけど」
井道女流「最近そういうの無いので嬉しいです。
先生はデートとかどこに行かれるんですか」
屋敷九段「食事とかですかね」
井道女流「先生がリサーチするんですか?」
屋敷九段「リサーチしたりされたりいろんなパターンがあります」
意外なところをぶっこんでいく井道女流。

お昼休みの詰め将棋の正解者プレゼントは、屋敷九段の角交換四間飛車破り
アマチュア初段~三段くらいの方向けとのこと。

質問メール
井道女流が字が綺麗と評判です(かみかみ)。
詰め将棋のプレゼントに井道女流の色紙もプレゼントください(かみかみ)。
井道女流「自分のことなんですごいかみかみになっちゃったんですけど」
ということで
井道女流「これだけがとりえです」
kiou1-5
井道女流「たまたま6歳の頃から書道習ってたので、これが生きました」

この後初手から解説になりました。
屋敷九段はなんとなく先手をもってみたいが、
先手の陣形は隙があるので、全部を受けるのは難しく、
どこを軽く受け流すか長考になるとのこと。

質問メール
屋敷先生は毎日将棋の勉強をたくさんしていると有名ですが、
インタビューなどで勉強していますかと聞かれると、
していませんと答えるのは何故ですか。
昔は全然してなかったんですよ。詰め将棋くらいで。
スポーツ新聞とかの詰め将棋が解ければいいだろうとか。
自分の中でそこまで分かってないんで、そこまで勉強してるとは思ってないんですけど。
今日の解説も勉強といえば勉強かもしれないですけど、どこまで勉強と言っていいのか。
前よりは将棋に接する時間は増えたかなと思います。
井道女流「若手は週に何回も研究会をしているって聞きますけど」
屋敷九段「週に2、3回やったらパンクします」

モバイル中継をよく見ているのですが、
屋敷九段が独特の作戦で指しているのを見て、あこがれて真似してみたのですが、
難しくて攻めをすぐ切らされてしまいます。
こつや思い入れを聞かせてください。
攻めを継続させるということですかね。
玉形が薄いんでカウンターくらうと負けちゃうんですよ。
渡辺棋王とかは玉を固めて細い攻めを繋げてと言われてますが、
私が最近やっている2枚銀模様というのは、
攻めが切れるということはそんなにないんですけど、
玉形が薄いのでカウンターで負けるというのはよくあるんですよ。
真ん中か3筋か2筋かどこまで攻めが続くのか。
実戦をたくさん指して経験値を積み重ねるのがいいと思います。

最年少タイトルを取った時の、率直な感想を聞かせてください。
率直な感想ですか。ずいぶん前なんでどんな感じだったかあまり覚えてないんですけど、
もちろん嬉しかったんですけど、びっくりという感じのほうが強かったですね。
当時中原棋聖と棋聖戦だったんですね。
確か名人に復帰された頃で、その前期も挑戦していて敗れたんですけど、
その時も最初に2連敗して、こんなもんかと思ったらそこから3連勝でびっくりしました。
対局は無我夢中でやってましたけど。

屋敷先生の伸之という名前は珍しいと思いますが、名前の由来を教えてください。
屋敷九段「うちの親に聞いてください(笑」
井道女流「お子様の名前をつけるときはどうされましたか」
屋敷九段「いろいろな本を読んだり研究したんですけど、
最後はなんとなくで決めました」
井道女流「私は何で千尋ってつけたのと聞いたら、
画数で名前をつけても結婚で苗字が変わると画数が変わってしまうので、
下の名前だけの画数でいいようにと。
最終的には千尋かわいいじゃーんみたいな感じで選ばれたみたいです」

リアル車将棋は、プライベートで見に行く棋士もいたと伺っていますが、
リアル車将棋や車にまつわる思い出話などを教えてください。
屋敷九段「ちょっとその日仕事がありましたので見れなかったんですけど」
井道女流「家で少し見てたんですけど、
すごい車が形も色もいろんな色があって、
将棋知らない人が見ても目で楽しめるような感じでした。先生運転免許は?」
屋敷九段「ここ最近は運転してないんですけど、
リアル車将棋は指す方はできると思いますけど運転するほうはできないでしょうね」

ここでリアル車将棋の棋譜を初手から並べることに。名局と屋敷九段評。

盤上では渡辺棋王が羽生名人の端攻めを逆用して反撃し、
アンケートどっちを持ってさしてみたいか
先手・渡辺棋王25.4%、後手・羽生名人33.8%、ニャンとも言えない40.7%。
解説に戻って、
屋敷九段「100%ない手は△1二歩ですけど、
まあこう言うと指されたりするんですけどね」
羽生名人はフラグの通り△1二歩。

井道女流「屋敷先生はソフトを使って研究されたりするんですか」
屋敷九段「自分の将棋を入れてみたり、点数高いぞーとか。
大体1000点くらいの差があれば終盤逆転されないんですけど、よく逆転されてますね。
読み筋とか見てるとなかなか難しい順なので、
これはなかなか指せないなあとか思ったりもするんですけど、
手順には意味があるので」
井道女流「私は対局終わった人に聞いちゃうんですけど」
屋敷九段「それが一番いいんですよ。
頼りになる人がいっぱいいるのはそれが一番いいんで」

羽生名人が辛抱した△1二歩に対して、渡辺棋王は▲1九飛。
後手からの△1八角を防ぎつつ、2一の桂馬の動きを牽制する手とのこと。
お互い手を消しあってるのかな?

それに対して羽生名人は△5四歩。
王様が5二にいるので玉頭の歩を突き出す不思議な手。
屋敷九段「渡辺棋王が角を手放したので、
ちょっと変化球的というかゆっくりした展開にもちこもうということですかね」

次の一手アンケート
▲7六金14.0%、▲2五歩27.3%、▲9六歩19.8%、その他38.9%。
その他の「手番だからおやつを食べようか」というのが有力と屋敷九段。
といったところでおやつ到来。
渡辺棋王は手番でおやつを迎えることに成功しました。

ニコ生のおやつはバトンドール
kiou1-6

現地では両者チョコレートケーキ
kiou1-7
屋敷九段「チョコレート対決ですか」
井道女流「バレンタインが近いからでしょうか」

渡辺棋王はおやつを挟んで30分以上のかなりの長考になりました。
ニコ生は一旦休憩に。
渡辺棋王は大長考の末▲2九飛。
さっき2九にいた飛車を▲1九飛とやったばかりなんですが、すぐに戻ってきました。

解説再開
井道女流「▲1九飛車は△1八角があるので受けたんでしょうと言っていたんですけど」
屋敷九段「先ほどと違って玉頭の歩がついてあるから、
戦いになってもいいということでしょうか。いいかどうかはまったくわかんないです」

質問メール
以前ニコ生放送で、屋敷先生のことを三浦九段が神って言ってましたが、
屋敷九段から見て三浦九段はどういういった方ですか。
また、普段の三浦九段の様子も教えてください。
神です。勝負の時には鬼になるといったイメージが大きいですかね。
普段は結構おだやかですし、もちろん研究のときは熱心ですし。
研究会という形でやるんですけど将棋はまったく指さないです。
テーマ図を持ち合ったり、詰め将棋を解いたり。
結構長い間やってると思います。10年はやってないですけど7、8年くらい。
その間に指した局数は10局あるかないかですね。

木村八段が羽生先生に挑戦した王位戦のTwitter解説で、
飯島七段が、屋敷九段や横山六段、木村八段と研究会をしていると言っていました。
研究会とはどんなことしているんですか。
まあ真面目にやってますよ。こちらは実戦メインでその後検討するという形式です。
3人が先にやっていて、私が後から加わったんですけど、
3人は多分飯島七段が奨励会の頃くらいからかな。
長い付き合いで、3人の掛け合いが面白いですよ。
多分深夜A時より息ピッタリなんじゃないかな。
※深夜A時は佐藤紳哉六段と飯島栄治七段のユニットです。

タイトル戦のシステムが各々違いますが、
屋敷先生の各棋戦に対するイメージや、相性などを教えてください。
持ち時間が違うとかいろいろあって各棋戦に特徴があるんですね。
それぞれ新聞社の方がいらっしゃるので、いろいろ気を使ってくれるんですけど
どこいっても楽しいですよ。
棋王戦は今回は宇都宮で次回が北陸で、地方を回っていくというのが多いです。
普及に関しても尽力いただいて。
棋王戦は毎年北陸に来るので、井道女流は2月が待ち遠しかったらしいです。

盤上では渡辺棋王がじっと▲6八玉。
△1八角は先手にも手を作らせてしまうので、いつ決行するのか難しいとのこと。
羽生名人が、次に△8五歩から攻めていきますよ、
という△9三桂を指して、渡辺棋王が動いていきました。
屋敷九段が、普通に対応したら悪く無いと思ってるということなのでは、
と言ったところで羽生名人が普通の対応。
しかし屋敷九段は先手の方が少し指しやすいと思うと見解が分かれます。
渡辺棋王がじっと▲2九飛と引いた手を見て、
屋敷九段「局面自体はそんなに悲観してないでしょうけど、
何が飛んでくるかわかんないというのがね」
ここまで羽生名人より渡辺棋王の方が時間を使っていると言う珍しい展開です。
その後羽生名人が席を外し、渡辺棋王の様子を見て
屋敷九段「あんまりいい感じとは思ってなさそうですね、この様子だと」

質問メール
大晦日の森下ツツカナ戦を見ましたが、その時の秒読みが1手15分でした。
今はどの棋戦も秒読みは1分が多いですが、ミスを減らせるなら何分がいいですか。
井道女流「慣れてしまったので1分がいいです」
屋敷九段「30秒だと短い感じがしますけど、1分ならまあいいかなと」
井道女流「考慮時間はこまめに使うのとまとめて使うのと、先生はどちらが多いですか」
屋敷九段「場面場面によりますけど、結構まとめて使うことが多いかなと思います。
秒読みは長ければ長い方が楽ですけど、いつ終わるのかというのがあります。
ミスは減らせるはずだと思いますけど。
企画としては非常に面白いんじゃないですか、森下ルールみたいな。
人間同士でやったら体力がある人が強いとかかもしれません」
井道女流「女流の対局で40秒というのがあるんですけど、
普段30秒なので、20秒と言われた後に1、2と読むんですが、
秒読みが来ないので不安になっちゃって、最初の頃は30秒ぎりぎりで指してました」

羽生名人は端を逆用して成香を作った渡辺棋王に対して、
さらに逆用して飛車を取りに行くという手を選択しました。
渡辺棋王は残り25分に。

渡辺棋王は飛車取りに▲7六桂。
実戦的には嫌な手で、そう簡単に終わる感じではないと屋敷九段。
その後検討を進めて急に渡辺棋王がやれるように見えてきたと評価が変わりました。
渡辺棋王はそのまま羽生名人の飛車を追いつつ、自玉の逃げ道を広げ、
井道女流「現地も後手変調と見られているようです」
屋敷九段「そうですね。▲7六桂はくらったなという感じの手でしたね」
そこで羽生名人が桂馬で飛車金両取りにする手を指して、
屋敷九段「すごい勝負手が飛んできましたね。相当指しづらい手だと思うんですけどね」
プロはみんな先手がいいと思っているんでしょう。

この局面だと渡辺棋王は、しばらく面倒を見て最後に飛車を取れば勝ち、
という方針が決まっているので楽とのことです。
屋敷九段「これはちょっと流石にきついなあと。
逃れられなくなってますからねこの局面だと。
時間が無くても間違いないようがないというか、直線で負けみたいな感じなので」

kiou1-8
渡辺棋王の姿勢評価関数は勝勢といったところか。

屋敷九段「急に形勢が傾きましたね」
井道女流「終盤に入ってからの本当に数手という感じでしたからね」

立会人の大内九段も対局室に入室。投了が近いのか。
羽生名人の△8七金を見て、
屋敷九段「ああこれは次の▲2二飛車で投了じゃないですかね」
そして渡辺棋王が▲2二飛と指したところで羽生名人の投了となりました。

屋敷九段
かなり見所のある難しい将棋でした。
渡辺棋王の手が難しくて、中盤羽生名人のペースかなと思ったんですけど、
▲7六桂が上手い手だったかなと。直線の変化で優勢にしてしまったので。
その前の△3四銀がどうだったのかなということになりますね。

現地大盤解説に渡辺棋王と羽生名人が登場
kiou1-9
渡辺棋王
そうですね、えーーーと中盤の手が難しい将棋だったんですけど。
飛車がなんか行ったり来たりしてた辺りは、
直線的な手だと負けになってしまうのでじっとしてたんですけど、うーん。
羽生名人
仕掛けていってあんまり成果が出ないまま収まってしまったので、
ちょっとづつ苦しい展開になりました。
その後もちょっと形勢もそうですし何やってるかわからない将棋でした。

現地の大盤解説でも△3四銀に変わってということで、変化をつっついてました。
控え室の△5四歩、解説会では△2七桂を主に考えてましたが、
羽生名人は談笑も混ぜつつ答えていて、切り替えが早いんだなあと思いました。
羽生名人は△5四歩について本譜よりましだけど…といった感想でした。

プレミアム会員限定配信の感想戦はこんな感じでした。
kiou1-10

結構取材のカメラでばしばし撮られてました。
横歩取りは端から桂馬や香車を拾う手段がすぐに出てくるので、
お互い桂馬や香車を打たれる傷を作らないように、
じっとしつつプラスの手を探すという展開だったみたいです。
渡辺棋王的には収集困難になってしまったので▲2五歩からいった、
という感触らしいです。
羽生名人の△3四銀に変えて△5四歩は、
羽生名人は後手が駒がないから先手玉を寄せるのが大変、
渡辺棋王は飛車が取れてれば最悪いい勝負なのかなあとのこと。
結局さっきよりはましだが結構長い勝負になるらしい。

個人的には序中盤はしょうがないしょうがないと言いながら感想戦を指していて、
中終盤はうーんうーんと唸りながら指しているのが印象的でした。

kiou1-11
感想戦はプレミアム会員限定ですから、アンケートも高くなります。

今日は横歩取りの将棋になりました。
横歩取りというと飛車角桂馬が飛び交う派手な将棋というイメージでしたが、
感想戦では渡辺棋王も羽生名人も「しょうがない」連発で、
相手の手を消しあう地味な部分を見ることが出来ました。
両者とも同じタイミングで「しょうがない」から「うーん」に変わるのも面白かったです。
中盤の途中からという感じでしたが、
読みで優劣が計算できそうになると「うーん」に変わるんでしょうか。
井道女流はニコニコ生放送初登場ですが、
結構自分の聞きたい手を屋敷九段に質問したり、
聞き手をしつつも楽しんでます感があって見ていて楽しかったです。

ニコニコ生放送では14日に朝日杯の準決勝と決勝、16日、17日に王将戦第4局、
21日に棋王戦第2局と将棋の生放送が目白押しです。
来月から電王戦FINALも始まり、見る将棋ファンにとっても忙しい年度末になります。
できれば全部みたいですけどどうなることやら。

棋王戦第2局は、渡辺棋王が大乱戦を制す

渡辺明棋王に三浦弘行九段が挑戦している第39期棋王戦碁盤勝負第2局は、
渡辺棋王が三浦九段に勝利し、2勝目を挙げて防衛にリーチをかけました。

注目の序盤ですが、後手番の渡辺棋王は、
15日、18日に指したゴキゲン中飛車を今日も採用し、
それに対して三浦九段は、一気に激しい戦いになる超急戦という作戦を採用しました。
この戦型は17手目に先手が桂馬を取りつつ龍を作り、
18手目に後手が銀を取りつつ馬を作るという大乱戦になります。
ゴキゲン中飛車の超急戦というと、今年の1月8日のC級1組順位戦で、
斎藤慎太郎五段対阪口悟五段の対局があり、
超急戦から23手目に新手を披露した斉藤五段が47手で勝利するという、
重要な前例があります。
この対局では、渡辺棋王がその新手の直前の22手目に手を変え、
ここで三浦九段の長考となりました。

ニコニコ生放送では解説が高橋道雄九段、聞き手が貞升南女流初段でしたが、
もうアニメの話題などでまったりしている場合ではないということで、
ゴキゲン中飛車の超急戦の講座になりました。
その後三浦九段の長考になりやっと一息といったところでしたが、
そこで高橋九段がブログにも掲載している謎キャッチフレーズを披露します。
「パワーブレイカー飛車」「トリックスター角」「変わると強いよ歩」
「パーフェクトディフェンサー金」「モビルアタッカー銀」
「ラビットジャンパー桂」「ストライクソード香」「クリスタルマスター玉」
誰かみっちを止めるんだ。いや止めない方がいいのか。
羽生七冠からタイトルを奪取した棋士というと三浦九段が有名ですが、
それでは最初に誰が羽生七冠とタイトル戦をしたのかというと、高橋九段です。
第21期棋王戦でしたが、当時はどこに行っても誰かが待ち構えている状態なので、
夜が明けないくらいのうちにこっそり帰ったそうです。
また、今はタイトル戦の終局後に、会場の方の前で大盤を使って簡単な感想戦をしますが、
これは当時の高橋九段が負けた後に、
せっかくだからお客さんに羽生さんの声を聞いてもらおうと、
提案したのがきっかけだそうです。
高橋九段が指摘していましたが、渡辺棋王は将棋盤の近くに座るタイプで、
三浦九段は遠くに座るタイプだそうです。
高橋九段は遠くに座るタイプだったそうですが、
どうしてもクラウチングスタートのような体勢になるので近くに座るようにしたそうです。
また、渡辺棋王は表情でわかりやすいとのコメントには、
デビュー当時はもっとわかりやすかったと答えていました。
渡辺棋王は本の中では表情に出さないように努めていると言っていたのですが…。
盤上では三浦九段が長考から桂馬を成り捨てる強攻に出て、一気に激しくなりました。
その後昼食休憩に入ったあたりでは、
先手の三浦九段の攻めがなかなかふりほどけないのではとの評判でした。
昼食休憩の後、三浦九段の座る位置がさらに遠くなりました。
高橋九段「敵陣の駒には届かないですよねあれ」
その後三浦九段が2筋にと金を作るのですが、この手が遅すぎるのではないかと評判で、
形勢が後手持ちになります。
ティロフォンショッキングで登場したブルーノ先生こと青野照市九段もやはり後手持ちです。
おやつの時間では、渡辺棋王が少し下がってガトーショコラにかぶりついていたのですが、
そんな渡辺棋王よりも遠くに座る三浦九段がなんだかおかしかったです。
盤上では渡辺棋王が着々とリードを広げて、丸山九段ばりの激辛流な手も飛び出し、
三浦九段が水を飲んで呆然と盤を見つめる辛い展開になります。
結局▲2二歩、▲2一歩成、▲2三歩、▲2二歩成と、
4手かけて作った2枚のと金が働かない展開になり、
37手目に作った2枚目のと金が65手目にようやく金に化ける厳しい展開になりました。
最後は自玉の安全を見切った渡辺棋王が、三浦九段の攻めに手を抜いて決めに行き、
78手までで後手の渡辺棋王の勝ちとなりました。

渡辺明著「勝負心」より

羽生将棋の特徴について尋ねられることがあるが、いつも返答に困ってしまう。
なぜなら、これといった特徴がないからだ。
特徴といえば、「強い」ということだが、それでは将棋を分析したことにはならない。
「特徴がない」というのは、「個性がない」ということではない。
「弱点がない」ということだ。
棋士なら誰でも好きな戦法や苦手な戦型があるものだ。
私は、序盤からいきなり戦いになるような乱戦は好きではないので、
序盤は、玉を金銀で囲うことを優先する。
しかし、羽生さんはどんな戦法でも指しこなすし、
序盤から大乱戦になっても、一歩も引かない。まさに展開不問だ。
むしろ未経験の形を楽しんでいるようにさえ感じられる。
常に新しい形を積極的に追い求めてきた、
その貧欲な姿勢こそ、羽生さんの強さの秘訣なのかもしれない。


15日の佐藤康光九段は渡辺棋王のゴキゲン中飛車に穴熊を採用し、
18日の羽生善治三冠は超速3七銀戦法、今日の三浦弘行九段は超急戦と、
3者共に違った戦型で対抗してきました。
これだけでも振り飛車党の苦悩がよくわかります。
渡辺棋王は羽生三冠を生きる教材とまで言っていますが、
展開不問で弱点のない羽生三冠の貧欲な姿勢を習って、
これからも様々な戦型を指していくことになるのかもしれません。
もう一人のタイトルホルダーである森内俊之竜王名人も、
2月5日の王位戦挑戦者決定リーグで、角交換振り飛車を採用して勝利しています。
今後渡辺棋王の戦型の幅がどう広がっていくのかとても楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

勝負心
渡辺明著
¥788






羽生さんの藤井システムを藤井九段が解説

[将棋]谷川浩司vs羽生善治(第30期棋王戦第1局解説:藤井猛)


谷川棋王に羽生三冠が挑戦した第30期棋王戦の第1局を、
藤井九段が解説する動画です。
このシリーズは羽生さんがストレートでタイトルを奪取しましたが、
谷川棋王は防衛戦に弱いという不思議なジンクスがあります。
芸術家タイプの棋士は弱いのかな?とも思いましたが、
勝負師タイプの故米長邦雄永世棋聖も防衛戦に弱かったので、
何か相性があるんでしょうかね?

河口俊彦著「盤上の人生 盤外の勝負」より

では谷川はどうか。不幸なことにライバルという存在がいなかった。
タイトル争いという面では中原だが、年が一回り以上も離れていて、
ライバルとは言い難い。
すこし後に羽生善治があらわれ、結局、谷川と羽生がライバルということになるが、
やはり世代の違いがあって、ぴったり来ない。
なにしろ、羽生が四段になったとき、谷川は名人だったのだから。
整理すると、升田・大山時代につづいて、中原・米長時代があり、
そして、羽生・森内・佐藤時代となる。谷川はその谷間の世代なのである。
もし、棋士の天才度、といった尺度があるのなら、古今を通じて谷川が一番である。
それほどの棋才を持ちながら、大山・中原・羽生といった人達にくらべて、
タイトル獲得数などで劣る。その原因は、ライバルに恵まれなかったからだと思える。
もっとも、数字を見るとタイトル戦出場数は見劣りしない。
それで獲得数がすくないのは、防衛戦に弱かったからである。
米長も同じタイプだが、なぜだかはわからない。


谷川九段は将棋の終盤にスピード感覚を持ち込んだ最初ともいえる棋士です。
そのスピード感覚を序盤まで広げたのが、
子供の頃に谷川将棋から影響を受けた羽生世代で、
鉱脈を見つけたのが谷川九段、広げたのが羽生世代と言えます。
上の動画の藤井システムなんて最たるものじゃないでしょうか。
現在の藤井九段は角交換四間飛車を得意戦法にしていますが、
相手の手得を悪手にさせよう、後出しじゃんけんをしようという、
谷川九段が見つけた鉱脈とは真逆の鉱脈です。
後出しじゃんけんの鉱脈も大きいものであって欲しいなあと私は思います。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界 2013年 11月号
¥750







記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ