棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

村山慈明

電王戦FINAL第4局はponanzaが村山七段に勝利!

人間の2勝1敗で迎えた電王戦FINAL第4局、村山慈明七段対ponanzaの対局は、
ponanzaが勝利して2勝2敗となりました。
山本さんおめでとうございます。

タイムシフトで視聴できます。

今日の対局は序盤の研究家である村山九段がどういう戦型を目指すのか、
というのが最初の注目ポイントだったのですが、
何とponanzaの初手が▲7八金!

denou4-1
山口女流「あのー康光先生これは予想していたでしょうか」
佐藤九段「これはとりあえず村山さんの表情を見てればわかりますね」

denou4-2
山口女流「あの天を仰いでいますけど」

その後相横歩取りの激しい展開になりましたが、
ここで応援に奈良市観光協会の嶋田さんとしかまろくんが登場。

denou4-3
嶋田さん「大好物は何だと思いますか?」
香川女流「…おせんべい?」
嶋田さん「正解です!」
しかまろくんも鹿せんべいを見せると目の色を変えて奪いに来るんだろうか。

denou4-4
盤上ではponanzaが馬を作って持久戦になりました。
激しい流れにしたかった村山七段にとっては嫌な展開に。そして…

denou4-5
じわじわponanzaの評価値が良くなります。
そこで村山七段は勝負手を放ちますが

denou4-6
ponanzaは慌てない。
そのままひたすらじわじわ流でponanzaが押し切り、村山七段無念の投了となりました。

対局後インタビュー
山本一成さん
勝ててとっても嬉しいです。
あと、コンピュータが追い込まれてて今1勝2敗で、
ここで負けてしまうとコンピュータの負けということで、
ちょっとイベントとしてもどうかなと思ったので、
そういった意味でも勝ててやっぱり嬉しかったですね。
ponanzaが力が出る将棋だったというのも嬉しいです。

村山七段
相横歩取りという奇襲のような戦法を選んだんですけれども、
ponanza相手に正攻法で後手番で堂々と受けにまわるというのは、
練習していて厳しいと思ったのでこういった作戦を選んでいました。
激しい変化を中心に研究していたんですけれども、
本局はponanzaが飛車を引く手を指して力戦の将棋になったんですけれども、
力戦になってしまうとponanzaの中盤終盤の力がでるような展開になってしまうので、
厳しい勝負になると思いました。
本日のponanzaは意外とバランス型というか、
攻めてくるのかなと思ったところでしっかり受け止められてしまって、
また違ったponanzaの力を見ることが出来ました。
内容的には完敗だったと思います。

この将棋は相横歩取りという戦型でしたが、
ponanzaが指した▲7七歩は森下九段の記憶によると、
40年前に故米長永世棋聖が指して以来、公式戦では指されていなかったそうです。
しかしその後飛車交換を避けるのがponanzaの新構想で、
佐藤九段もプロ棋士的には衝撃的な一手と解説していました。
村山七段も手が止まり、ponanzaが確率の低い手を選んだことが伺えましたが、
その後ponanzaが飛車を▲2六飛と回って村山七段に△2五歩を打たせ、
一旦▲5六飛と途中下車してから▲8六飛と周り、
馬を作ってじわじわ優勢を拡大するというちょっと異次元な将棋を見せてくれました。
私もたまーーに相横歩取りを後手番で指すので、序盤から定跡講座が勉強になりました。
また午前中から佐藤九段が、後手玉が詰む順を数通り解説しているのを聞いて、
1億と3手読む男って凄いなあと思い、とても楽しめました。

来場者数:312,344人
コメント数:281,567

第8回朝日杯将棋オープン戦、羽生名人が準決勝進出

今日はニコニコ生放送で、朝日杯第3ブロックの中継がありました。
最初に羽生名人対丸山九段の対局を中継し、
次に村山慈明七段対窪田義行六段の解説、
最後にそれぞれの勝者の対局の中継となります。

asahi31
今日の羽生さんはバカには見えないモードなのか。
伊藤流で並べるマイペースの窪田六段の盤上を見つめる丸山九段。 
そして真打登場。

asahi32
どう見ても寝癖です(14時)

今日の解説は田村康介七段、聞き手は中村桃子女流初段でした。
田村七段はマッハ指しとの異名を誇る早見え早指しの名手で、
しかも今期は19勝6敗の勝率.760と絶好調ですから、解説にも期待がかかります。

振り駒の結果先手丸山九段、後手羽生名人で対局開始とまりました。
羽生名人の選択で角換わりになり、定跡通りにどんどん進んで
田村七段「5秒も考えないですね」
お互いどんどん進めて
田村七段「羽生さんと丸山さんの角換わりで、
研究のぶつかり合いみたいな感じになってますね」

開始8分で53手、もう銀交換から戦いが始まりました。
中村女流「この局面は前例があるんですか?」
田村七段「私は見たことないんですけど多分無いんじゃないですか」
丸山九段の▲2四歩から前例を離れたらしいと聞いて、
田村七段「丸山さんノータイムで突いてましたね」
実際には2手後の▲2八飛で前例を離れたらしい。こっちもノータイムでしたけど。
そして羽生名人が考え込みました。
前例を離れるとぴたっと止まるんですねえ。どんな記憶力してるんだろう。

田村七段「私早いのは好きなんですけど秒読みは苦手で、うるさくて駄目なんですよ。
窪田さんは得意なんじゃないですかね。
羽生さんの場合は何でも勝っちゃうから、
早指しが得意なのかなんなのかよくわかんないですけど」
羽生名人の△2六銀に丸山九段はノータイムで▲4六銀。
田村七段「まだ研究通りって感じなんでしょうね」
そして羽生名人の△3七角に少し考える丸山九段を見て、
田村七段「▲同角の一手で間を入れるのがよくわからない」
結局▲同角からぱたぱた進み、
丸山九段がどう攻めを繋いでいくのかという局面になり、長考に入りました。
田村七段「私の目には先手が困ったように見えるんですけど」
歩の頭に銀を打つ▲5四銀くらいしかないんじゃないかなあ、
との解説で丸山九段も▲5四銀。
こんな手どうやったら見えるようになるんだろう。

asahi33
対局風景

田村七段「丸山さんの扇子がばかでかいんです。3倍は最低ありそうです」
※村山七段の前においてある扇子が普通サイズです。 
中村女流「窪田六段の後ろのは」
田村七段「あれは空気清浄機か何かだと思うんですけど」
田村七段はハンカチとタバコくらいらしい。
そして羽生名人はまったく予想できなかった△4七角。守らないんだ。
その後先手が攻めかかる手順を次々解説し、マッハ解説が絶好調でした。
田村七段「ぼんやり打って、やってこいっていうのがいい手なんですねえ」
ここでヒフミンアイに。
田村七段「景色は違うけどとても読みやすくなるとは思えないですけどね」

盤上では丸山九段の攻めが繋がってきましたが、
田村七段は少し後手持ちだが先手玉が固いのでいい勝負とのこと。
そして飛車を取り合って第2ラウンドに入りました。
丸山九段が▲5五飛と馬銀両取りにかけたところでお互いの持ち時間が3分になります。
羽生名人は両取り逃げるべからずとと金を作って攻め合い、
丸山九段は馬を取りました。
田村七段「ここは羽生さんならではのような手がでそうですけどね。
凡人には次の手がわからないです」
しかし羽生名人は平凡に▲3八飛。
田村七段「割と平凡そうな手ですけどこんな手で間に合っちゃうんでしょうか」
しかし攻め合う手順を並べたら間に合っちゃいました。これでいいのか。
丸山九段は攻め合いは勝てないとみて上部脱出の手を指して
田村七段「うわ、粘る手順にいきました」
羽生名人が攻めに行き、
田村七段が金引きは全部読みきるの大変だから▲5五角で両取りじゃないですか、
と言ったところで丸山九段は金引き。
後手はこれをやられたら行くしかないとのこと。
そして解説通りに数手進み、丸山九段が銀を取らずに▲4四桂とする解説にない勝負手。
しかし攻めを繋げる手順がみつからず
田村七段「ちょっと焦っちゃったかなあ」
羽生名人のカウンターが決まって勝勢になりました。
田村七段は詰み手順見つけるのも早く、変化手順の結論を次々と出していきます。
そうしているうちに、隣で悶絶して考えていた窪田六段の対局が終わりました。
田村七段「どうでもいいですけど、
窪田さんに朝日杯で必勝の将棋を逆転されたことがあるんですよ。
必敗から必勝になったんですけど、
そっから窪田流で自陣に金銀べたべた貼られているうちに間違えちゃいました」
対局は羽生名人が安全勝ちの手順を選び、丸山九段の投了とまりました。

田村七段「▲4四桂で差がついちゃったかなあと思いますが、
銀を取る▲5三角成りだったらちょっとわかりませんでした」
丸山九段は結局その4四にいる桂馬を成り捨てて、▲3二桂成△同玉で投了しました。
投了図に残るのが嫌だったのかなあ。

中村女流「次の対局はどんな戦型が予想されますでしょうか」
田村七段「まあ窪田さんは100%飛車を振ると思うので、
四間飛車か中飛車だと思います」

16時45分から、先手村山七段対後手窪田六段の対局の解説に。
後手の窪田六段の角道を止める四間飛車。
窪田六段はどこに振るか分からないが、四間飛車は昔からの得意戦法とのこと。
そして藤井システムのような構えに。
中村女流「村山七段は振り飛車に対してはどういう作戦が多いんでしょうか」
田村七段「基本持久戦タイプですかね」
しかし村山七段は急戦を仕掛けていきました。
そして村山七段の桂跳ねで前例を離れたとのこと。
村山七段は研究家ですからねえ。
村山七段の飛車が成りこんだところで
田村七段「手番は先手だが後手にと金ができているのでほとんど互角」

村山七段の角切りにちょっと棋風ではないかなあと田村七段。
もっと着実にいく方がらしいとのこと。
窪田六段が村山七段の竜の横利きを、
普通は3二歩ととめるところであえて5二桂と止めました。
田村七段「窪田さんは相手の読みを外すのがうまいんでね。らしい手だと思います」
そしていつのまにか村山七段の優勢から混戦になりましたが、
最後は窪田六段が鮮やかに決めました。

田村七段「村山さんがおそらく研究していた局面で、
村山さんがいい局面もあったと思いますが、
5二桂とか窪田さんらしい受けの強さが出て、窪田さんのいいところが出た将棋でした」

質問メール
第56期王位戦挑戦者決定リーグの発表がありました。
リーグ戦に挑む心境を聞かせてください。
田村七段は若手や前期挑戦者の木村八段がいるリーグですが、どう戦いますか。
はいあの、ありましたね。
1回戦が山崎さんだったと思うんですけど。
木村さんが一番やりやすいというかお互い知っていて、
成績は全然悪いですけど何も考えずにできると思うんですけど。
他の人は対戦が少なくて考える要素も無いんですけど、まあ適当で、もちろん頑張ります。

以前中村女流の、
豊川先生のおやじギャグのあしらい方に感銘を受けてメールした者です。
豊川七段がテレビで取り上げられ、おやじギャグがよりいっそう浸透し、
おやじギャグが嫌いな私は肩身の狭い思いをしています。
将棋界でもおやじギャグが浸透していますか。
田村七段「豊川さんは対局中は真面目ですよ。
感想戦ではありますね、気心知れた人だったらあります」
中村女流「連盟でばったりあってもマンモスって元気をもらえる先生です」
ぼやきとかで駄洒落っぽいのは他の棋士もあるらしい。

将棋ファンが作る非公式棋士レーティングで、
田村七段は2014年の上昇トップの棋士でした。
ということは2014年で最も勢いのあった棋士となりますが、
将棋の勉強の仕方など何か変化がありましたか。
まったくないですね本当にないです。
生活スタイルも変わってないですし、うん何でしょうね、たまたまなんですかね。
なんか渡辺さんに偶然勝っちゃったので、
少し丁寧に指そうかなとか思ってるんですけど。
偶然なんですよ、負けるとき10連敗くらいしますよきっと。
あんまりプレッシャーとか感じない将棋なので、
大きい勝負だとより勢い良く指そうとするから、そこで転ぶかもしれないですけど。

19時になり、振り駒の結果窪田六段の先手で対局開始。
窪田六段の駒の並べ方は少数派の伊藤流なことについて
中村女流「ほとんどの棋士は大橋流ですよね」
田村七段「たまにでたらめ並べてくる人もいますけどね。
加藤一二三さんとか並べるのが早くて、
どうやって並べてるのかわかんないんですけど」

そして注目の窪田六段の初手は

asahi34
まず上着を脱ぐが正解でした。

戦型は窪田六段が端歩と5筋を突いてのゴキゲン中飛車模様から、
角交換のダイレクト向かい飛車になり、
羽生名人がさっそく△5七角と打ち込んで乱戦になりました。
田村七段「窪田さんが売った喧嘩を買ったような展開になりました」
その後ぱたぱたと大盤を進めて
田村七段「こっちの方が窪田流という気がしますねえ」
窪田六段も同じ手順を選択。
中村女流「窪田六段は早指しは得意なんですか?」
田村七段「窪田さんは結構早指しが得意で、羽生さんは将棋が得意なんですね」

中村女流「先手の王様の囲いはどうなるんですか」
田村七段「窪田さんは王様が2八って感じじゃないんですよねえ、
2八銀くらいですますんじゃないですかね」
中村女流「後手の王様は」
田村七段「後手の囲いもねぇ囲わないんじゃないですか」
囲い方もままならない大乱戦である。
手が広すぎて棋風がよくでるとのこと。

asahi35
みなさんはどう指しますか。いろいろ散らかってます。

羽生名人が端歩を突いて
田村七段「一手パスですね。これ窪田流はほぼ間違いなく受けると思います」
しかし考え込む窪田六段に
田村七段「私が突くとすぐ受けてくれるんですけど考えてるから…」
そして窪田六段は▲4五歩と位を取りました。
田村七段「私ならむしろ歩が戻りたいですけどねえ」
そして羽生名人が△5四銀と4五の歩を取りに行って
田村七段「強情な手が来ましたねえ」
この対局の羽生名人は戦闘モードなんだろうか。
しかし窪田六段の取ってこいよという▲5五歩にノータイムで銀を引きました。

アンケートどちらを持ちたいか
先手・窪田六段32.8%、後手・羽生名人44.1%、互角23.1%。
田村七段「相手が羽生さんじゃなかったら先手持ってみたいですね。
自分と自分だったら後手かなあ。でも先手持って指した方が楽しいですよこれ」

手が止まったので質問メールに

明日の聞き手の室田女流が、この放送を見ているとツイートしてました。
藤田女流も見ているそうです。
中村女流から見て室田女流とはどんな方ですか。
明日の質問メールの参考にしたいと思います。
綾ちゃんも見てるんですか、緊張しますね。
お二人ともほんわかキャラですよね。
言うことはずばっと言うタイプかなと思います伊緒ちゃんは。
綾ちゃんはほんわか一色ですね。
伊緒ちゃんはGLAYが大好きなので、
そのネタだとテンションがあがるのではないかと思います。

羽生さんの狙いは△1二香から△1一飛で端からの突破を見せて、
窪田六段に暴れさせようということでした。
窪田六段も羽生名人の玉頭で暴れようという手を指し、
羽生名人は飛車を回る前に△1五歩と突き捨てて△1二香。
窪田六段の攻めを全部手抜きで端を突破するという狙いと解説の田村七段。
しかし窪田六段は田村七段の手順よりもさらに早い攻めを見せて、
△1一飛の隙を与えません。
とうとう羽生名人が持ち駒の金を打ち、玉頭戦がスタートしました。
窪田六段が3、4、5筋の位を取り、羽生名人が1筋から反撃を狙うという展開、
というところで羽生名人が△7五歩と戦場とは離れた歩を突きました。
これがやわらかい手というやつなのか、変調なのか。
田村七段「形勢はわからないですけど、
窪田六段がうまく指してるというか頑張ってると思いますよこれ」

しかし羽生名人が窪田六段の桂馬を金で食いちぎるという手から、
急に羽生名人ペースになりました。
窪田六段は玉の早逃げで粘ろうとしますが、羽生名人は竜を作って迫ります。
そこで窪田六段が持ち駒の角や金を打って粘りに行き、
田村七段「これが窪田流でねえ、手が見えなくなってきちゃうんですよね。
羽生さんはそんなことないと思うんですけど」
中村女流「先生先ほどからすごく手が当たりますね」
田村七段「窪田流は結構ね」
しかし羽生名人も窪田流の粘りに手を焼いているのか、
田村七段がちょっと重たいかなあと表現する攻めになりました。
窪田六段は馬を作って自陣に引き上げて徹底抗戦。
そこで羽生名人は無理に攻めずに、竜を引き上げて窪田六段の攻めを誘いました。
そして羽生名人の玉の早逃げに、
田村七段「うへー手堅い、困りました。指す手ないですね」
そして磐石の体勢を築いてからじっと寄せにいきます。
窪田六段は唸りながら粘りますが、
とうとう刀折れ矢尽きて投了となりました。

田村七段
いやあ見たこともない力戦の将棋になりました。
羽生さんの地下鉄飛車で決まるのかなと思ったら、
窪田さんが玉頭から押し返して行きました。
3六歩から4七銀でもしかしたらと思ったんですが、最後はやっぱり羽生さんですね。

今日は研究家な村山七段と丸山九段に、力戦大好きな窪田六段と羽生名人という、
タイプが真っ二つの将棋で面白かったです。
解説の田村七段はすごい早見えで、早指し棋戦で時間が無い中、
いろいろな変化を並べて無双していました。
個人的には丸山九段が4四の桂馬を盤上がら消してから投了したのが印象的でした。

明日も14時からニコニコ生放送で朝日杯の中継があります。
1回戦が森内俊之九段対三浦弘行九段、阿久津主税八段対伊藤真吾五段で、
それぞれの勝者が19時から対局となります。
解説は戸辺誠六段、聞き手は室田伊緒女流二段です。
戸辺六段は振り飛車党ですが、渡辺二冠との矢倉の解説は名解説でした。
明日は戸辺六段の解説と、
四間飛車を指さない振り飛車党の伊藤五段がどんな将棋を指すのか注目です。

関連リンク
森内名人対羽生三冠の名人戦の矢倉の将棋を、
渡辺三冠(当時)と戸辺六段が解説する動画です。
解説のはずがいつのまにか実戦とは全然違う変化図から、
渡辺三冠と戸辺六段の矢倉研究会みたいになります。

主人公がかなりイケてんじゃないですかねー

服に無頓着だった渡辺竜王(当時)と村山六段(当時)


2013年の8月に、渡辺明二冠がニコ生で指導対局をしたときの動画です。
渡辺二冠の奥様は別冊少年マガジンにて『将棋の渡辺くん』を連載中ですが、
マンガに描かれている棋士のプライベートについての質問に答えています。
マンガの魅力について聞かれた渡辺二冠
渡辺竜王「魅力?それはやっぱ主人公がかなりイケてんじゃないですかねー」
山口女流「ちょっと竜王につっこめないです先生どうしましょう」
村山六段「ボクモソノトオリダトオモイマス」
ちなみに渡辺二冠は、
自分で服を買うようになったのは20歳になってからと言っていますが、
結婚したのは19歳です。親元を離れて家庭を持って必要に迫られたのだろうか。
動画の最後に、渡辺二冠が財布について聞かれていますが、
奥様のブログにガムテープで補強した財布の写真がアップされています。
財布も必要に迫られないと買わないのかもしれない。

後藤元気著「将棋棋士の名言100: 勝負師たちの覚悟・戦略・思考 」より

とある立食パーティでの出来事。
羽生と雑談しているときに、筆者は誤ってサンドイッチを落としてしまった。
落ちた先は幸運にもテーブルの上で、清潔なクロスが敷かれている。
とっさに拾い上げて皿に戻すと、羽生は茶目っ気たっぷりに微笑んで「3秒ルール」。
ああ、羽生さんも庶民の3秒ルールを知っているのだと、妙に親近感が湧いた。


3秒ルールは羽生さんのお墨付きです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

別冊 少年マガジン 2014年 06月号
¥540







加藤一二三九段と竹部さゆり女流夢の共演

【将棋】ゲストに加藤一二三九段(王将戦 解説・村山慈明六段 竹部さゆり女流)1_2


【将棋】ゲストに加藤一二三九段(王将戦 解説・村山慈明六段 竹部さゆり女流)2_2


昨日放送されたアウト×デラックスで、
竹部さゆり女流三段がなかなかの暴れっぷりでしたが、
結局最後は加藤一二三九段が持っていくんですねえ。
加藤九段は竹部女流に初めてですよね?と聞いていましたが、
実はニコニコ生放送で共演しています。
動画は2013年の3月に対局された王将戦第5局を、
村山慈明七段(当時六段)と竹部女流三段がニコニコ生放送で解説したときに、
加藤九段がゲストとして登場した時の様子です。
加藤九段にうまく話を合わせる村山七段と、必死に笑いをこらえる竹部女流が面白いです。
また、竹部女流は明日、
聞き手として登場します。
解説は遠山雄亮五段で、開場13:50、開演14:00です。
ネットキャンプファイヤー流行るかな?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

最新定跡村山レポート
村山慈明著
¥1,620






駒は升目の真ん中に

将棋 1分切れ負け対局


プロの1分切れ負け将棋


最後時間切れでなく詰ませて勝っちゃうんですねえ。
1分切れ負けなのに二歩などの反則もなく指し手が続くのはさすがですね。



記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ