棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

山口恵梨子

第73期名人戦七番勝負第2局初日が終わる

羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期名人戦七番勝負第2局初日は、
羽生名人の封じ手で初日が終わりました。

ニコニコ生放送では9時から、解説に中村修九段、
聞き手に山口恵梨子女流初段で大盤解説会が始まりました。

羽生名人の初手は▲2六歩。
山口女流「修先生今日は角換わりの予想でしたけど」
中村九段「参ったな、相掛かりになりますねこれは。でも意外と考えますよ。
初手76歩のイメージで角換わり矢倉をイメージしてきてますから」
行方八段は目を閉じて1分ほど置いてから△8四歩と指して、
相掛かりを受けて立ちました。

meijin2-1
おはようございます。
山口女流「注目のポイントを教えてください」
中村九段「この二人なんで多分矢倉か角換わりだと思ってたんです。
90%くらい▲7六歩だと。▲2六歩が9%、1%が▲5六歩かなと。
9%出ちゃいましたね。
行方さんは▲5六歩にたいしては△3四歩かもしれませんけど、
相手が居飛車の場合は大抵△8四歩です
あ、▲2五歩突いちゃいましたね。完全に相掛かりになりました。
矢倉や角換わりはみんなで研究されていますので、
1日目から終盤近くまで行くんですけれども、
相掛かりは手探りなので今日はそんなに進まないんじゃないかと思いますね。
考えていることは10手20手30手先のことです。
考えすぎちゃって1手目じゃなくて3手目を指して負けちゃう人もいますけど」

中村九段「羽生さんの着物高そうだなあ。
私も立会いで和服なので草履を履くじゃないですか。
男性の草履って見た目があまり変わらないんですよね。
でも間違えちゃいけないから分かりやすいところに置いておくんですよ。
でも出る時に綺麗に並びかえられちゃって、
ひょっとしたら家に羽生さんのぞうり3足くらいあるんじゃないかな?
間違えてるんじゃないかという不安がね」

相掛かりで飛車先が交換できる戦型になったので、
中村九段「▲3六歩、▲3七桂を入れてから飛車先を交換できれば、
飛車を▲2九まで一手で引けるのになあ」
山口女流「先生序盤から工夫をされますよね」
中村九段「それでずいぶんね…。
神谷広志がよく言うんですよ。あんたは序盤が下手くそなのに得をしようとするって」

アンケート目が悪いですか

目のよさだけが自慢です23.8%、メガネです61.5%、コンタクトです(ソフト)8.7%、
コンタクトです(ハード)2.6%、レーシックです3.4%。
中村九段「目のよさが自慢ってすごいことですよ。大事にしてください」
山口女流「メガネ3月のライオンモデルとかありますよね。
先生はデザインにこだわりとかありますか」
中村九段「メガネの淵の上は黒いのにしてるんですよ。眉毛が薄いから。
眉毛描く自信もないし。
行方君は昔かわいかったんですよ。
師匠の大山先生に連れられて船の旅とか。伊豆の方だったような気がするけど。
団先生よりもっと前なんですけど、学生でお手伝いで、
黒ぶちメガネで一生懸命手伝ってましたよ。
大山先生は誰よりも働いててね、
みんな船酔いでダウンしているところで麻雀卓を直したりとか、大好きでしたよ」
山口女流「すごい体力ってイメージですけど」
中村九段「トップになる人は考えられないくらい体力ありますね。
大山先生、中原先生、羽生さん。
谷川先生はあまりイメージ無いとか言うと怒られちゃうかな?」

その後対局中にシップや針とかやったことがある人がいるという話になり、

山口女流「マッサージとかはどうなんですかね?」
中村九段「1回やったことありますよ。失敗しました。
夕食休憩のときにあまりおなかがすかなくて、
30分くらいすっきりしたら勝てるかなと思って。
やっぱりね気持ちよかったんだけどね、
対局中に普通マッサージとか受けないでしょ」
山口女流「先生受けてるじゃないですか」
中村九段「外に出て歩いている時に、
気がつかない良い手が思いついたっていう印象が残ってるんで、
刺激を受けた方がいいのかな」

初日の午前中のゆるいトーク

中村九段「対局のときに佐藤康光さんがメガネのスペアを持ってきてるんですよ。
私も新人王戦の立会いの時だったと思いますけど、
メガネのレンズが落ちたんですね。
その時は千駄ヶ谷だったので休憩時間中にメガネ屋さんで直してもらったんですけど、
その後しばらくは私もメガネのスペア持参してました」

リレー質問
森下九段から中村九段へ
中村先生は50歳になってさらに強くなられ、将棋にも迫力を感じます。
年齢を重ねてなお強くなる秘訣、情熱を持ち続ける秘訣を教えてください。
中村九段「こういうこと聞くかねえ。森下さんらしいですけどね。
強くなってる?強くはならないですよねえ。
打ちのめされることが多くてね、コンピュータなんかで練習しても勝てないですよ。
今まで私が30年40年やってきたのが何だったっていうのが辛いんですけどね。
この年になって教わることが多いというのは辛いですね」
山口女流「先生もコンピュータで研究されるんですか」
中村九段「うーんやっぱりあのね、勉強になりますからね。
この年になってこんな手があるんだっていうのが分かると嬉しいんですよね。
知らなかったことを教われるというのは、
コンピュータだろうがなんだろうが嬉しいですね。
昔は強くなりたいだけで、
あの時もっと詰め将棋といとけばよかったなとか思うこともありますけど」
山口女流「森下先生も詰め将棋言ってました」
中村九段「お互い終盤逆転負けが多いからかな?
やっぱりプロで残る人は終盤が強い人ですね。
行方さんもイメージとして、
終盤時間がなくなったときに乱れないというのがありますからね。
今回1局目はなりませんでしたけど、羽生さんと終盤競り合う展開になれば、
強さが出ると思います。
イメージとしては郷田さんのイメージ、長考派で終盤しっかりしているというのがね。
行方さんは羽生さんとは3勝13敗という感じなんですが、
勝ったのがJT杯、銀河戦、タイトルに挑戦した王位戦で、
本人としては王位戦は防衛されて早指しで勝っただけですから、
羽生さんに勝ってるっていう印象がないとおもうんですよね。
だから早く結果が欲しいんじゃないかと思います」

鈴木女流から山口女流へ
山口女流は振り飛車党でいらっしゃいましたが、最近は居飛車党になられました。
有吉先生の棋譜で勉強されているとのことですが、
今まで何局くらい並べましたか。
山口女流「データベースで33局しかなくて、有吉先生の全集で、
33、4局並べましたけどそのくらいしか。
順位戦の有吉加藤戦を持ってきました。なんか300手とかいうのもありましたよ」
中村九段「記録係り本間4級ってすごい時代ですね。二段佐藤紳哉!?」

ということで有吉加藤戦を並べることに。
山口女流「森下先生に濃厚な矢倉を勉強しなさいと言われたので」
中村九段「平成7年ですね。私にとっては最近に思いますけどね。
20年前の名人って誰だか知ってる?竜王戦の挑戦者決定戦に新四段が出たんですよ。
それが行方さんで、決定戦に勝ったのが羽生さんだったんですよ。
それから頑張ってね、ここまで来たんです。
弘前は大変なことになってるんですよ。
青森の新聞は青森出身の相撲の序二段の成績とか、
行方さんの予選の成績とかも出るんです。
力が入ってしまうのはわかるんですけどね」

有吉九段の矢倉早囲いに、加藤九段も矢倉早囲い、のような手順から普通囲いに。
それを見て有吉九段が攻撃態勢を着々と整えてると、
平凡に指すと作戦負けになると見た加藤九段が、
居玉ながら矢倉の囲いの銀を前進させて、△1五歩から戦いになりました。
矢倉らしいあちこちで戦いが起こっている大乱戦でした。

山口女流「そして現局面ですが一手も進んでないと」
中村九段「飛車先くらい交換したんでしょ?え?してないの?」
相変わらず行方八段はマイペース。1時間の長考中。

中村九段「さっき神谷の話がでたから言うけどね、
彼が長考する時に、美濃囲いを銀冠にするじゃないですか。
銀を王様の頭に上がった瞬間に長考するらしいんですよ。
嫌でしょこのタイミングで仕掛けられると。
将棋は長くて消耗戦なので、お互いストレスをかけあうんですよ。
序盤の指し手にでてこないところにお互い神経を使って、
優勢になったっていうところで間違えちゃうんですよ」

詰め将棋コーナー

meijin2-2
駒の形詰め将棋
▲2一金△同玉▲1一飛成り△同玉▲1三飛成り△1二駒合▲2二金

meijin2-3
▲1一飛成り△同角▲1二飛成り△同玉▲2三桂成り△2一玉▲3二金

meijin2-4
山口女流の自作詰め将棋(伊藤果先生に手直ししてもらった)
山口女流「最初27手詰めだったんですけど、伊藤果先生に手直ししてもらって、
31手詰めになりました」
中村九段「27手詰めなら1分でいけるかなと思ってたんですけど、
伊藤果先生の手直しって聞いて並べるのやめようかなと思っちゃいました」
山口女流「10分で何段ですかね?」
中村九段「まだ解けてない」
伊藤先生に6三歩が汚いと言われたらしい。そこに追うのがばれちゃうからとのこと。
山口女流「これ合い駒問題なんですよ」
中村九段「うっそー。(あーなってこーなってもにゃもにゃ)
4二に何合い駒するかだけなんでしょ?どうせ」
▲2三歩成り△1四玉▲2四と△同玉▲3五馬△同玉▲45飛成り△2四玉
▲2五竜△1三玉▲1二と△同玉▲2四桂△1三玉▲1四歩△2二玉▲3二桂成り
△同玉▲2三竜△4一玉▲4三竜△4二角▲3二銀△5一玉▲4二竜△同玉
▲4三銀上成り△5一玉▲7三角△6一玉▲6二角成り
まで31手詰め。
中村九段はぼやきつつあっさり解いてしまいました。プロぱねぇ。

31手詰め将棋の最中に行方八段は△7二銀。
後手番なので追随していく方針に決めたということらしい。

次の一手アンケート
meijin2-5
 中村九段「▲2六飛車指されたら私帰りますよ。
まあ私も角道開けられないまま7六飛車って回って、
9六歩9七角とかやったことありますよ。
ひどい飛車角だって言われてね。まあ勝ちましたけど。
だから何でもあり得ないって言うのはだめかな?」
コメントで中村高橋戦が見たいと流れて
中村九段「高橋さんは同期ですけど一番指しててきつかったです。
将棋が重たいんですよね。攻め自体はすごく軽くてすごく参考になる将棋なんですけど。
矢倉がねえ恐ろしく強かったですからね。
なになに戦高橋道雄って書かれてるの見るだけで重たい気持ちになってね」

休憩中に羽生名人は▲9六歩。

中村九段「まだまだ作戦がわかんないですねお互いにね。
なんか▲9六歩突くとひねり飛車かなとも思いますけどね」

初日午前中のゆるいトーク

中村九段「振り飛車から居飛車党になると覚えることいっぱいで大変でしょ」
山口女流「前期の成績がひどいです」
中村九段「振り飛車でも居飛車の感覚で指す人も増えてますし、
横歩取りとか激しい将棋もっされました?
私はついに指さなくなりました。先手の時ですけど。
先手で横歩取った時にちゃんと角上がってくれればいいんですけどね。
いろいろ変化があってさらに相手が若手だと常に研究してますからね。
朝からコーヒーをゆるりと飲んでるような将棋が指したいんですけど、
飲ませてくれないんです。余裕が無いんですよ朝から。
昔は朝ゆっくり指してさあこれからだったんですけど、
今はさあこれからも許してくれないですからね。
もう瞬きしてる間に戦いになっちゃう」

質問メール
中村先生は2009年度のB級1組昇級の時に、
一番嬉しかったことを聞かれてNHK杯にシードされることと答えていましたが、
NHK杯に出れるということはどれくらい嬉しいのですか。
中村九段「今だと3回勝たないといけないんです、予選で。
当時だと先崎君とか屋敷君とかそういう人がごろごろいるんですよ。
なので嬉しかったですけどね。
NHK杯は1発勝負ですし勝つ可能性も高いですけど、
若手も結構震える棋士もいますから、
度胸据わってるベテランが勝つことも多いですけどね。
攻め将棋って多少間違えても玉に影響ないことも多いじゃないですか。
受け将棋だと間違うと玉に直結するので、まあ言い訳ですけどね。
たまに出てもねえ粉々になっちゃうんであれが辛くてねえ。
解説しててもこんな将棋指したら辛いなと思っちゃって、
将棋の内容が悪いとテンション上げるのがね、大変です」
山口女流「嬉しいですか?テレビにでるのは。
私師匠が予選抜けたときにメールが来ました」
中村九段「堀口さんは奨励会同期なんですよ。
詰め将棋が鋭くて駒をたくさん渡すとすぐに寄せられるんです」
山口女流「修先生なんで受ける青春なんですか」
中村九段「奨励会時代に、飯田先生が柔道が強かったんですよね。
それで受けるんです。攻めきれないんです。
なんだかよくわからなくて、将棋って攻めちゃいかんのかなと思って。
奨励会では下手の攻めを受ける、それから反撃するという将棋が多かったんで、
丁寧に面倒見るのが好きだったんですね」
山口女流「青春はどこから」
中村九段「青春は知りません」

中村先生はバニラというかわいらしい犬を飼っていますが、
中村太地先生もバニラという犬を飼われていて同じ名前です。
犬談義をすることはありますか。
また、羽生名人は挨拶で長く棋士を続けるには猫を飼うことと述べていましたが、
棋士界では犬派猫派どちらが多いですか。
中村九段「太地君は犬の名前も同じで苗字も同じで、まあそれはいいんですけど。
僕も名人戦の前夜祭行ってまして、
加藤先生と内藤先生が猫を飼っているのでそう言ってましたね。
羽生さんは犬と兎だったかな?」
山口女流「神谷先生も猫派じゃないですか」
中村九段「すごいですよ。加藤先生を尊敬してますよその点に関しては。
犬飼うようになってその気持ちが分かりました。家族と一緒ですよね。
猫ってあんまり従順じゃないですよね、自分勝手というか。
そういうのがいい人もいるし犬がいい人もいるし。
昔はインコ、兎、どじょう、長く生きてるといろんなもん飼ってますね。
どじょうは縁日で子供が買ってきて飼うことになりました」
山口女流「なんて名前だったんですか」
中村九段「ないない」
山口女流「絶対ありますよね」
中村九段「みんな亡くなっちゃうからね。それが寂しいですね。
どじょうって水がすぐ汚くなっちゃうんですよね。
一時避難させてから水を換えて、その後つかまえるのが大変でね」

伝説の星のあるない論争について、
中村先生に真相を語っていただければと思います。
中村九段「しゃべればしゃべるほど私は恥ずかしいんですけどね、
だからしゃべらない。
まあお酒飲んでの話ですから、郷田なんかも飲んでて、
郷田はねえ変な奴なんですよ王将になったから言うけど。
事の発端は函館で酒飲んでて酔っ払ってたんですよ。
将棋盤には星がないって、ないじゃないですか、ないんですよ、っていう話をね。
100円かけようが100万円かけようが羽生さんまで巻き込んで、
大変な話になっちゃったんですよ」
山口女流「それで深夜の3時くらいに羽生さんに電話を」
中村九段「流石にそんなことはして無いと思いますが。
昔棋聖戦ロサンゼルスでやるって話になって、挑戦者になるつもりだったんで、
もし負けたら記録係りで行きますって言ったら負けて記録係りになった、
ということもありました。
酔っ払って多分谷川さんに電話かけて、しかも私は何話したか覚えてないんですよ。
星のある無い論争?しゃべれない!以上!」

中村九段対南九段のタイトル戦、不思議流体地蔵流を並べることに。
先手が中村修王将、後手が南芳一棋聖。
中村九段「南さんは昔から全然変わらないですよね。
胡坐かかないし、いや正座の方が楽なんですふふふとか言って」
山口女流「南先生言ってましたけど前傾姿勢にしているのがいいらしいですよ。
腰が楽みたいで」
ということで相掛かりの将棋になりました。

meijin2-6
中村九段「あまりにひどい感じなんでひどい言われ方しましたけど」
確かに歩が7七にいて飛車が7六にいますね。これが不思議流全盛期?の将棋か。

meijin2-7
山口女流「先生ここで封じ手ですけど覚えてますか?」
中村九段「覚えてないなあ忘れちゃうんですよね。今なら▲1五歩かなあ。」
山口女流「先生それです」

meijin2-8
中村九段「ここで決め手っぽい手が出るのかな?
昔はこういうところで手が見えたんだけどねえ」
と言いつつ▲1二歩の決め手をあっさり見つけてしまいました。

山口女流「それで指し手のほうはまだ動いてないと」
と言うことで中村九段が準備してきたクイズタイムに。

中村九段
現在の王将は郷田王将ですが、
羽生さんの王将はどこまで動いたことがあるでしょうか。
3段目のなかに1箇所だけ旅をして無い箇所があります。
3択にしましょう。
1三、2三、3三、この3つのうち羽生さんが旅してない場所があります。
どこでしょう。

meijin2-9
山口女流「個人的には3番だと思います」

正解は3番。3三玉に入られたこともある。
森下さんは入って勝った。木村さんは入ったけどつかまった。
2段目は5二玉がない、2二玉もない、あと1箇所だけないがどこでしょう。

meijin2-10
この出し方で1番だったら策士すぐる。
正解は7二玉。
中村九段「もしこの将棋が入玉形になったら、
3三に入らないかなーということも楽しみにしておいてください」

昼食アンケート
中村九段「前回ウナギっていってウナギ食べましたからね。
特に食べたいものはないけどなあ」

meijin2-11
中村九段「コンビニは無いでしょ普通」

昼食休憩明けに羽生名人は▲7六歩。
中村九段「初手がこれだと思ってました。やっと来ましたね」

meijin2-12
がらりというお店

meijin2-13
かつおのたたき
中村九段「対局のときに来たときもあるんですけどね、
ご飯おかわりタダだと思うとついつい頼んじゃうんですよ」

meijin2-14
壁が気になる。

詰め将棋の正解者プレゼントは不思議流受けのヒント。
山口女流「この本のタイトルは」
中村九段「昔羽生さんの本でなんとかのヒントっていうのがあって、
それをヒントにね。フフフ」

meijin2-15
そしてプレゼントじゃないけど新商品の糸谷竜王のスイーツハンカチ!

meijin2-16
一発逆転ハンカチ!
タイトルホルダーになるといろいろありますね。

といったところでクイズの続き。
羽生名人の王様が1段目で行った事があるマスはどこか。
9一に行った事はある。あと2箇所。
7一にもある。あと1箇所はどこでしょう。

meijin2-17
正解は3一。
中村九段「すいませんねこんなくだらないことに皆さんアンケート答えていただいて」

今年の名人戦初日雪降ったじゃないですか。その後4月16日に雹が降ったんです。

meijin2-18
ここでも羽生人気。正解は行方市。
中村九段「中村市は今無いんです。
西土佐村と合併しましてね、四万十市になってるんです」

ということで初手から解説に。

meijin2-19
山口女流「終了っと」

ここでティロフォン杉本七段から
杉本七段「もしもしこんにちは」
中村九段「これは杉本先生ですね」
山口女流「現地はどうですか」
杉本七段「あまりにも指し手が進まなくて」
中村九段「何してました」
杉本七段「のんびり見学してました」
中村九段「私も立会いでこういう展開になると、
コーヒー5杯くらい飲んじゃうんですよね」
杉本七段「私も3杯目になりました。
意表の展開だと思いますがいかがでしょうか」
中村九段「一手一手慎重でさぐりあってるような感じですね。
1局目は早かったので2局目はお互いじっくり指そうとか思っているのか」
山口女流「現地で印象に残ったことはありますか。
行方先生や羽生先生のようすなども教えてください」
杉本七段「前夜祭で行方さんの挨拶も気合が入っているような気がしましたね。
羽生さんはいつも通りというか」
山口女流「鮎の塩焼きおいしそうだったんですけど」
杉本七段「久しぶりに食べましたけどたくさん食べ過ぎました」
山口女流「トイレかなり高級だと聞いたんですけど」
杉本七段「エアコンもついてますし1日過ごせそうだなとか」
中村九段「すごいですねそれは」
山口女流「わざわざ栃木県から取り寄せたんですよね」
杉本七段「釣り上げて取り寄せたみたいです。
大盤解説はホテルのほうでやっておりまして、
これから大盤解説のゲストにも出る予定です」
山口女流「控え室の様子はどうでしょうか」
杉本七段「新聞社の方や関係者の方がたくさんきています」
中村九段「行方さんは前日飲みすぎてませんでした?大丈夫でした?」
杉本七段「前夜祭ではかなりセーブされてた感じでしたけど、
その後は見てないので」
山口女流「杉本先生は?」
杉本七段「意味もなくセーブしてました」
山口女流「谷川先生の紫綬褒章祝賀会に出られたと伺っていますが」
杉本七段「350名以上の方、棋士も60名くらいいたと思います」
山口女流「中村先生と杉本先生はお弟子さんが女流棋士という共通点がありますけど、
どういう感じに接しようとかありましたか?」
杉本七段「私ですか?基本的には弟子に取らないんですけど、
室田の場合も断ったんですけど、本人の熱意に負けたというか。
中村先生はいかがですか」
中村九段「いやー熱意?近所に住んでたっていうのもあったんですけど。
男の子と女の子では違うところがあって、
男性は四段になるまでかなり時間かかりますから。
女性は早くに女流棋士になってしまうのがだいたい分かってるんで、
長い付き合いになるかもしれないなという感じはするんで、
ただ好みが合いそうかなと思ったんで。
言うこと気かなさそ…見てなければいいんですけど」
山口女流「杉本先生は藤井君というお弟子さんがいると」
杉本七段「今中学一年で奨励会二段です」
中村九段「北浜君が恐れてましたよ」
山口女流「藤井先生も恐れてましたね。
僕のあだ名がシステムになるとおっしゃってました」
杉本七段「噂には聞いたことがあったんですけど、
藤井先生本当にそんなことおっしゃってましたか」
中村九段「いろんなところから噂を聞くじゃないですか。
詰め将棋作る方も凄いって」
杉本七段「今は作らさせないようにしてるんですけど、
本人に聞くとわりと短時間に作れるらしいんで、
さまたげにならないのかもしれないですけど」
山口女流「入門されたときはどうでしたか」
杉本七段「入門というか小学校1年の頃から知ってるんですけど、
その頃から数十年に一人の逸材だなと思いました。
将棋以外に関しては寡黙なんですけど、感想戦になるとプロ感覚だなあと思いました。
プロじゃないと分からないようなことをひとりごとでつぶやいていたので。
私あまり将棋の技術を教えたことが無いですね。教えることもないんで。
詰め将棋がもともと好きだったみたいですね」
中村九段「中学生で四段になった人が4人いますけど、本当に合致します」
杉本七段「まだまだこれからどうなるかわかりませんから。
何もしなくても勝手に成長してくれるのでそういう意味では安心です」
中村九段「阿部光瑠もね、たまに奨励会の成績を見て、
36勝6敗で何だコレと思ったことがあります。
確かにあれもいつのまにか強くなったですね」
山口女流「先生確か最近本を出されたという」
杉本七段「今週の金曜日に発売になります。
相振り飛車の絶対手筋という本です。
香川女流王将との将棋も書かせていただきました」
中村九段「いやいやいや。結構プロも買うんですよ勉強のために」
※中村九段は弟子に阿部光瑠五段、上村亘四段、香川愛生女流王将、
杉本七段は弟子に室田伊緒女流二段がいます。

電話が終わるとそこは

meijin2-20
おやつタイムだった!


meijin2-21
中村九段「ほらきた!」
もごもご説明する山口女流に
中村九段「早く食べようよ。
さっき健康診断の表もらってね、昨年しぼうかんだし石かなんかもあったりして、
今は大丈夫なんで」

休憩中に羽生名人は▲1六歩。
羽生名人は▲9六歩と端に手をかけているので、
後手の行方八段は△8三銀と棒銀を見せたのですが、そこで悠然と1筋の端歩。
山口女流「端歩は心の余裕と言いますけど」
中村九段「その言葉にずいぶんだまされました」

羽生さんのところに残っているロールケーキは、
頼んだプリンだけじゃ寂しいだろうということで現地の方がつけたらしい。

質問メール
タイトル戦の第1局は振り駒で先後を決めますが、
将棋は先手の勝率が若干高いので、第1局に先手がいいのか、
はっきり先手だと分かっている第2局がいいのか、
中村先生は第1局はどっちがいいですか。
そういう状況忘れちゃいましたけど、今もしそうなったらどっちでもいいですけど。
タイトル戦はあの立会いが多いでしょ。
そうするとね、指してるわけじゃないですけど参加してるわけで、
この前終わったからいいますけど王将戦第3局目、郷田さんが電車に遅刻してきたんです。
困ってね。電話したら寝坊してますって。
前夜祭には間に合ったんですけど盤の検分には間に合わなかったんで、
申し訳ないですけど渡辺王将の前に座りまして、
久しぶりにタイトル者の席に座って、嬉しいもんでしたね。
タイトル戦ってやっぱり真剣勝負だし、
普段の対局とは違って多くの人が係わる一種のお祭りみたいな感じで、
中心にいるんだなというのと責任感を強く感じます。
このお祭りを楽しくするのもつまらなくするのも自分次第だって。
今は立会人だから無難に終わって欲しいと思ってますけど、
扇子がうるさいとかそういうこともなくね。
主役だけど何だろう、その二人の将棋で周りが盛り上がるというのがあるんで、
みんな腫れ物に触るような感じで、若いときは申し訳ないなと思ってたんですけど、
何の話だっけ?振り駒?どっちでもいいです。
どっちかというと先手の方が一手得だからいいかな。

A級プレーオフで解説された、
野月先生と山口女流との角厨対飛車厨の対局が面白かったので、
是非お願いします。
どっちが勝つかっての?分からない。飛車だと思うけど。
普通に指してればそんな強い方が勝つんじゃないですかね。
ということで山口女流が飛車2枚、先手でやることに。

meijin2-22
山口女流の初手は野月七段に指された▲5六歩。

meijin2-23
飛車を並べる山口女流。これはちょっと勉強してきたか。
中村九段「なんかチェスみたいだね」
ここから怒涛の攻める大和撫子タイム。

meijin2-24
▲3七桂!
中村九段「ひえー恐れを知らない」

meijin2-25
▲4五桂!
中村九段「ひえーこれが噂の。このタイミングで飛ぶ?」

meijin2-26
▲4五銀、▲5五銀、▲4三金で悩む山口女流に、
中村九段「私の第1感は違うけど」
何故か中村九段が▲3六歩からの展開を指導する展開になり、
▲3六歩以外で指す羽目に。
※後手の3五にいる銀が働いている守り駒なので、それを攻めるということらしい。

meijin2-27
山口女流「何で私こんな駒少ないんだろう」
攻めダルマモード発動か。

meijin2-28
△5九飛
山口女流「詰めろですか?」
中村九段「さあー?」
山口女流「教えてくれないんですか?」
※実は詰めろ

meijin2-29
山口女流「参りました」ということで感想戦になりました。

盤上では羽生名人が▲2四歩。
中村九段「これもねえ朝10時台に突くチャンスもあったんですけどねえ。
現地の大盤解説の杉本さんもどうやって時間を潰しているのか」
山口女流「クイズありますよ先生」
中村九段「まだもう少し先までとっときたかったんですけど」

質問メール
中村先生が現地からのティロフォンで出演したときに、
中村先生の娘さんがかわいらしいので会ってみたいと山口女流が話していましたが、
その後会いましたか。
山口女流「ずばり無いです。お写真でしか拝見したことがないので是非」
中村九段「いえいえ別に、是非、はい」
山口女流「将棋会館いかがでしょうか」
中村九段「将棋指さないので…」

昔の名人戦は緊迫感がありましたが、
最近は自由な雰囲気になっているように思います。
対局室での規制などあるのでしょうか。
自由というわけじゃないんですけど。
音声入ってるんですよね。観戦者の席に普通の人が入ったら5分持たないですよ。
緊迫感はすごいですね。解説者は緊迫感が無いのが多いので申し訳ないんですけど。
昔はそういうのが無かったのでより際立ってたのかもしれないですし、
立会いの先生も迫力ありました。
私みたいにふにゃふにゃなのはあまりいませんでしたし、
丸田先生とかすごかったです。
羽生さんが名人戦の挑戦者プレーオフで将棋連盟でやったときに、
ちょっと明らかに変な手が出ちゃったときに、
控え室に30人とかいて歓声とか上がっちゃったんですよ。
それを丸太先生が一喝しましてね。何て言ったか忘れちゃいましたけど。
まあオープンになったから自由というのもあるのかもしれないし、
将棋界に詳しくない人も見れるようになったので。
奨励会の幹事のときに取材でテレビとか来られたときもあったんですけど、
やっぱりわからないですからね。
負けたら退会かもしれないようなピリピリやってるところで、
後ろでパシャパシャやられたり、
奨励会の魅力を外に発信できるようにはなったんですけど、
何だか分からないといったものが薄らいできたというのはあるかもしれないですね。
ニコ生とか電王戦とか、車将棋って何ですかあれ。
車がどんどんひっくり返ってトランスフォームになるのかと思ったんですけど。

スーパー雑談タイム
中村九段が毎年出演している京急将棋祭りについて
中村九段「先崎君と井道千尋さんが出演した時で、
神谷広志と屋敷君か櫛田くんが対局で、
千と千尋の神隠しってやろうとしたらね、かみさんに古いって言われちゃって」

中村九段「郷田君の記念グッズを作ろうかなと。
郷田が角を使った合格グッズとか。
棋士で角のつく人が二人いるんです。兄弟なんですよ。
なかくらさん。分からなかったでしょ?」
「パチッ」
中村九段「くだらないことばっかりやってるうちに▲5八玉って」

盤上の解説に戻り、
中村九段「ひねり飛車ではないですね、バランスを取った手ですね。
こうなると▲4八金とかも入るかもしれないですね。
ここでまた考えますね。だって狙いがなんとも」
コメントで弟子勝ったよと流れて、
中村九段「王位リーグ3連敗しててね、ひとつ勝ってまあよかったかな。
相手が広瀬さんで勝ったのはまあ自信につながるかな」

そこで中村九段のクイズタイム!
私この将棋矢倉か角換わりかと思ってまして、
桂馬が2五に跳ぶか4五に跳ぶか、当然二人の将棋たくさんあるんです。
羽生さん行方さんの1年間と4ヶ月の勝敗を調べて、くだらないでしょ?
羽生さんが4五か6五に跳んだときは11局あって、10勝1敗。
相手に跳ばれたときは7局あって、4勝3敗。
10勝1敗の1敗は誰でしょう。
あれ?NHK跳んで負けてた?それじゃそれは置いといて、忘れてください。
12局あって10勝2敗、もう一つの負けは誰でしょう。

佐藤康光九段13.4%、渡辺明棋王58.4%、豊島将之七段28.2%。

渡辺君は跳ぶのが多いんだよね。跳ばせないんだけど。
実は豊島君が王座戦で勝ってます。

それでは次の問題です。
行方さんが4五桂か6五桂跳ばれた方は2勝3敗。
跳んだほうが9局なんですけど、7勝2敗、ひとつは羽生さんなんですよ。負けたのが。
もう一人は誰でしょう。

佐藤康光九段20.9%、森内俊之九段39.5%、渡辺明棋王16.5%、豊島将之七段23.0%。

森内さんが正解でした。
もうひとつだけね、2五桂もやりたいんです。
これ結構羽生行方で差があるんですよ。
2五か8五桂は羽生さんが跳んだ将棋が5局で4勝1敗。
毎回やるのあれですけど負けた相手やりますか。

深浦康市九段36.6%、阿久津主税八段11.0%、
佐藤康光九段30.6%、屋敷伸之九段21.8%。

阿久津屋敷ってのはあんまり勝ったの見たことなんですよね。
屋敷君って勝ったっけ?正解は深浦さん。

羽生さんが2五か8五に跳ばれた将棋は7勝1敗。
角換わりで桂馬が跳ぶときとかに言いたかったんですけどねえ。
負けた人は誰でしょう。

森内俊之九段21.7%、渡辺明棋王46.9%、佐藤康光九段18.7%、豊島将之七段12.6%。

正解です。おめでとう。彼はやっぱ攻め将棋ですからね。跳んだときは強いです。

それで次行方さん。
行方さんが自分で2五桂跳んだのは4局指して0勝4敗。
だから4五に跳ぶように誘導しないと。
逆に相手に跳ばれた将棋は3勝1敗。
だから今日羽生さんが桂馬飛んだら、羽生ファンは4五に跳ぶように祈って、
行方ファンは2五に跳んでもらうように祈って、
ってやろうとしたら相掛かりだったんですけど。

次の一手アンケート

meijin2-30
中村九段「封じ手多いですねえ」
山口女流「先生1局教えてください。3六歩で」
中村九段「3六歩ねえ」
その後先手の攻めを後手が受け止めて、
中村九段「私が攻めるとうまくいかないねえ」

meijin2-31
今日の封じ手圧力団体は控えめ。
森九段「6時半になりましたので羽生名人の封じ手となります」
羽生名人「それでは封じます」
ということで27手目を羽生名人が封じて初日が終わりました。

meijin2-32
先手番で封じ手

いやー力戦で序盤から考えることが多い相掛かりですが、27手目に封じ手ですよ。
むちゃくちゃゆっくりした進行でしたが、
解説の中村九段がいろいろ準備してくれて、楽しく解説を聞くことが出来ました。
おかげで画像が32枚とかいう大変なことに。
最後に中村九段がしゃべれない!以上!と言っていた、
星のあるなし論争について。

将棋世界1998年6月号より

舞台は海の幸をたらふく食べた後に入ったスナック。
女の子に囲碁と将棋の違いを説明している時のことだった。
酔った(多分)中村さんがいった。
「囲碁の盤の上にはところどころ目印がついているんだ。将棋盤の上にはそれがない」
なかなかに気がつかない、中村さんらしい説である。
たしかに碁盤には九つ、漆が盛り上がった点がある。そこを星といえ。これは間違いない。
だが将棋盤になかったかなあ。
先崎、郷田はしばらく沈黙した。なにせ一週間以上将棋盤を見ていない。
将棋のことなど一瞬も考えていない。自信がもてない。
やがて、おずおずと郷田が切り出した。
「そうでしたっけ、中村さん。
将棋盤にも星みたいな飾りが付いていたんじゃあなかったっすか」
中村さんが「あのねえ」といった。「付いてないって」。
先輩である。その話はいったん終わった。
しばらくくだらない話をした後、郷田がぶつぶつ呟きだした。
「やっぱり付いているっすよ中村さん。そう付いている。四つついている」
「はあー、付いていないって、そんな点なんかあるわけない」
ある、ない、ある、ない。我々はもめた。両者とも一歩も譲らない。
酔っ払いがくだらないことでアツくなるのは世の常である。
それに、二人とも頑固なんだ、これが。
「ある、ある、ある。あるといったらある。大丈夫ですか中村さん」
「ない、ないに決まっている。だいたい郷田も何年将棋をやっているんだ、ないものはない」
「中村さんこそ本当にタイトルを取った男ですか、ある、あ、り、ま、す」
「いや、絶対にない」
この絶対という一言が郷田の闘志に火を付けた。郷田軍の進撃がはじまる。
「中村さん、今、絶対といいましたね。ぜえったい、ですね」
「ああ絶対だ」
「絶対ってことは100%ないってことですね、じゃあ僕が百円ここに出します。
百円と百万円で賭けましょう」
「あのなあ、お前、そういう極論……」
「極論は中村さんじゃないすか。万が一つも間違いないなら、百円貰い得でしょう」
「……」
「ほら中村さん、百円、あげますよ」
僕は正直いってあるともないとも確信が持てなかった。横で女の子が呆れだした。
「二人とも、本当に将棋指しなの」
このままでは埒があかないので、誰かに電話して聞いてみようということになった。
当時飛ぶ鳥を落とす勢いの羽生の家にジーコンジーコン。
「ねえねえ先崎だけど」
「なんですか、こんな夜中に」
「いや、実は(中略)で、あるかないか分かる、できれば見てくれない」
羽生も呆れたのだろう。
「悪いけどもう寝てるんで、そんなのいちいち見る気しないよ、けど、あるんじゃない」
席に戻って二人に、羽生がたしかあるんじゃないかといっていたと伝えた。
その時の中村さんの台詞はカッコ良かった。
「羽生時代もこれで終わった」
その後の羽生の活躍はご存知の通り。あるかないかは皆さんの盤で確かめて頂きたい。
そう、市販されている九割の盤の上には、ひっそりと、存在を恥ずかしがるかのように……。

この6年後、羽生さんは七冠を達成しました。
「羽生時代もこれで終わった」はすごいフラグでしたね…。

電王戦FINAL第4局はponanzaが村山七段に勝利!

人間の2勝1敗で迎えた電王戦FINAL第4局、村山慈明七段対ponanzaの対局は、
ponanzaが勝利して2勝2敗となりました。
山本さんおめでとうございます。

タイムシフトで視聴できます。

今日の対局は序盤の研究家である村山九段がどういう戦型を目指すのか、
というのが最初の注目ポイントだったのですが、
何とponanzaの初手が▲7八金!

denou4-1
山口女流「あのー康光先生これは予想していたでしょうか」
佐藤九段「これはとりあえず村山さんの表情を見てればわかりますね」

denou4-2
山口女流「あの天を仰いでいますけど」

その後相横歩取りの激しい展開になりましたが、
ここで応援に奈良市観光協会の嶋田さんとしかまろくんが登場。

denou4-3
嶋田さん「大好物は何だと思いますか?」
香川女流「…おせんべい?」
嶋田さん「正解です!」
しかまろくんも鹿せんべいを見せると目の色を変えて奪いに来るんだろうか。

denou4-4
盤上ではponanzaが馬を作って持久戦になりました。
激しい流れにしたかった村山七段にとっては嫌な展開に。そして…

denou4-5
じわじわponanzaの評価値が良くなります。
そこで村山七段は勝負手を放ちますが

denou4-6
ponanzaは慌てない。
そのままひたすらじわじわ流でponanzaが押し切り、村山七段無念の投了となりました。

対局後インタビュー
山本一成さん
勝ててとっても嬉しいです。
あと、コンピュータが追い込まれてて今1勝2敗で、
ここで負けてしまうとコンピュータの負けということで、
ちょっとイベントとしてもどうかなと思ったので、
そういった意味でも勝ててやっぱり嬉しかったですね。
ponanzaが力が出る将棋だったというのも嬉しいです。

村山七段
相横歩取りという奇襲のような戦法を選んだんですけれども、
ponanza相手に正攻法で後手番で堂々と受けにまわるというのは、
練習していて厳しいと思ったのでこういった作戦を選んでいました。
激しい変化を中心に研究していたんですけれども、
本局はponanzaが飛車を引く手を指して力戦の将棋になったんですけれども、
力戦になってしまうとponanzaの中盤終盤の力がでるような展開になってしまうので、
厳しい勝負になると思いました。
本日のponanzaは意外とバランス型というか、
攻めてくるのかなと思ったところでしっかり受け止められてしまって、
また違ったponanzaの力を見ることが出来ました。
内容的には完敗だったと思います。

この将棋は相横歩取りという戦型でしたが、
ponanzaが指した▲7七歩は森下九段の記憶によると、
40年前に故米長永世棋聖が指して以来、公式戦では指されていなかったそうです。
しかしその後飛車交換を避けるのがponanzaの新構想で、
佐藤九段もプロ棋士的には衝撃的な一手と解説していました。
村山七段も手が止まり、ponanzaが確率の低い手を選んだことが伺えましたが、
その後ponanzaが飛車を▲2六飛と回って村山七段に△2五歩を打たせ、
一旦▲5六飛と途中下車してから▲8六飛と周り、
馬を作ってじわじわ優勢を拡大するというちょっと異次元な将棋を見せてくれました。
私もたまーーに相横歩取りを後手番で指すので、序盤から定跡講座が勉強になりました。
また午前中から佐藤九段が、後手玉が詰む順を数通り解説しているのを聞いて、
1億と3手読む男って凄いなあと思い、とても楽しめました。

来場者数:312,344人
コメント数:281,567

第64期王将戦第3局初日が終わる

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑む第64期王将戦七番勝負第3局の初日は、
郷田九段の封じ手で初日が終わりました。

ニコニコ生放送では9時から、解説が神谷広志八段、
聞き手が山口恵梨子女流初段で大盤解説会が始まりました。しかし…

9時になっても始まらない対局。
記録係りがやばいと思って開始の合図をして、、途中で周囲に止められてました。
立会人中村九段「指し始めてください」
神谷八段「指し始めてくださいって言いましたよね。あんまり聞いたことないなあ」
中村九段も動揺しているか。

注目の戦型ですが、渡辺二冠の3手目が▲6八銀で矢倉になり、
神谷八段「お、よかった!」
最近は後手番で振り飛車も指す渡辺王将に山口女流が理由を聞いたらしく、、
渡辺王将「王様が固いからだよ」
とのことらしいです。渡辺王将らしいですね。

リレー質問
塚田九段から神谷八段へ
昨年加藤一二三先生とアウトデラックスに出演されましたが、
その後の反響やエピソードを教えてください。
エピソードは山ほどあるんですけどね。
ずいぶん撮ったんですよ。1時間ちかく撮って、流れたのが7分。
アウトデラックスのスペシャルみたいな番組で、
事件を解決するという趣旨だったんですけど、
私と加藤先生でなんかいろいろあったんですね。
それを真相を言い合ってちゃらにしようじゃないかという趣旨でした。
ストーブはですね、加藤先生がストーブを部屋に入れられてるわけです。
その時私は敗勢だったんですけど、顔の方に向けられたので、
暑いし負けてるしで腹が立って、ストーブ暑いですよと。
向こうは金持ち喧嘩せずで戻しましたけど。
本当はほとんど加藤先生が一人でしゃべっていて、
編集でなんとなくみんなが平等にしゃべってるように見えますけど、
ずーっと加藤先生がちゃべってて、手がつけられない感じ。
その中で僕が四間飛車に棒銀ってやるのは、
蟹とじゃんけんするのにパーを出すようなものですって言ったら何言ってるんだと。
その後奨励会の子に僕の棒銀はダメなんでしょうかと言われたので、
それは大丈夫だ、加藤先生の棒銀がだめなんだと、今やってもいいですよ。
と言って具体的な手順を並べ始める神谷八段。
棒銀が困っている局面まで並べて、
神谷八段「加藤先生はいつもこの局面になってから30分40分考えるんですよ。
これが蟹とジャンケンするのにパーを出すということなんですよ」
山口女流「今後の加藤神谷戦を楽しみにしております」
居飛車からの仕掛けのタイミングを遅らせて、後手に△6四歩を突かせないと、
後から後手に△6四角と回られて困る、という趣旨でした。

山田女流から山口女流へ
山口さんは天然の雰囲気ですが、とてもしっかりしている印象です。
計画などもしっかり立てていますが、
女流棋士何人かと旅行に行くならどこに行きますか。
季節やメンバーなども教えてください。
山口女流「研究会を4人でやってるんですけど、
研究会の後に新年会をやろうということで計画をしていて、
前日が山田女流の誕生日だったので、サプライズでお祝いをしようということで、
4人で新年会やってケーキもやってくるという計画だったんです。
ですが最後の詰めが甘くて、お会計を久美さんに払わせてしまったんですよ。
だから天然って書いてあるのかな」
神谷八段「いい加減にしろってことですねそれはね」
旅行に行くとしたら研究会のメンバーで、
季節は昔先輩が秋に京都に将棋旅行に行ったらしいので、
将棋やってない季節がいいなあ。
北海道は将棋が盛んって聞いていますが、
沖縄のほうはやっている方が少ないと聞いているので、沖縄がいいですかね。
神谷八段は30数年前にグアム島に行ったそうです。
また、研究仲間の塚田九段、中村九段、島九段、堀口七段、
室岡七段と一緒に旅行に行って、あちこちで悪さしてきたと言ってました。
堀口七段の師匠の加藤博二先生の別荘が富士市にあって、
合宿と称して行って、先生がいると将棋をして、いなくなると遊んで。

盤上では相矢倉の持久戦に。

山口女流「郷田先生が眼鏡を変えられたとのことです」
神谷八段「良く見てますね。げんかついだんですかね」
山口女流「今28連勝とかコメントで流れてきましたけど、先生の記録ですね」
神谷八段「昔のことですね。もう応仁の乱とかそれくらいの。
当時は話題になって、ちょうどジャパンカップでパット・エデリーが来日した時に、
週刊誌の人にこの人がジャパニーズチェスチャンピオンだと嘘紹介されてたんですよ。
馬券もエデリーから買ったけど外しましたけど」
※1987年ですかね。エデリーはムーンマッドネスに乗って5着でした。

山口女流「窪田先生がスズメ蜂ウォーターを飲んでて…」
神谷八段「窪田さんはねえ面白いんだけど変わった人ですからね。
ものすごく頭いいんですけど」

両対局者について
神谷八段「渡辺さんと郷田さんは僕はどっちも勝ったことないんですよ。
勝ちそうになったことはあるんですけど。
丸山さんにはねえ優勢になったことすらないんですよ。
人間と指してるような気がしない」
※河口俊彦七段が著書で、
恐らくプロが対戦したくない人の筆頭が名人になるころの丸山九段とか、
微生物の群にジワジワ侵食されるような気持ちになるとか述べています。

質問メール
神谷先生は55年組みの一人です。
中村修九段や塚田九段、高橋九段など、
55年組の若かりし頃の面白いエピソードを教えてください。
僕はさっきの島、中村、塚田とは付き合いが合ったんですけど、
さっきいった加藤先生の別荘に行ったときに、
僕の持っている袋からパチンコ玉がでてきてごまかすのが大変だったとか。
塚田はまじめ、中村さんもまじめはまじめ、
中村修とは競馬とかも行った。
非常に仲いいんですけど、
世間のイメージはだいたい僕が遅刻してきて中村修が待ってるとかでしょ?
むしろ僕が待っていて、あいつは10分20分遅刻してきても「やあ」で終わりなんですよ。
山口女流「先生現地で見てますよ」
神谷八段「いいよ、こいよ!
あいつは財布が空になるまでやっちゃって、
僕は最後に飲みたいから1万2000円3000円残すんですよ。
でも世間は逆に見てるでしょ?それが気に入らないんですよ。
あいつは100円200円。だからあいつの方が勝つときは勝ちますけどね。
2日で30万負けたとか言ってるときもあったけど、
結婚したら突然尻に敷かれたという感じで桁が2つくらい変わった。
まあ敷かれがいのある尻かもしれないですけどね。
中村修に関してはなんぼでも話せます。
僕と中村で負けた方がB1から落ちるという対局で、
僕が負けたんですけどその時も一緒にタクシーで帰りました」

と話していたら急遽中村修九段からティロフォン
山口女流「修先生こんにちは」
中村九段「はいこんにちは」
神谷八段「こんにちは~」
中村九段「ちょっと見てましたけどちゃんと仕事してください」
神谷八段「どこがどうちゃんとしてない?」
中村九段「私の悪口で時間を稼がないでください。
もちろん違うことはひとつもないんですけど、知られて無いことは言わないでください。
見た目は頑丈そうで力もあるんですけど、
ブランコが苦手、ちょっと危険があるものは苦手」
神谷八段「確かにジェットコースターとか揺れる系は苦手なんだけど…」
山口女流「先生一緒にブランコ乗ったんですか」
両人「いやいやいやいや」
中村九段「私はほめることしかないですけど」
神谷八段「何か高感度アップ狙ってるな?」
中村九段「もちろんです」
神谷八段「理事選とか出ようとしてるんだよきっと。
お宅は数手先が見えないから競馬場で200円とかになっちゃうんだよ」
中村九段「それはねえ独身の頃は最後の最後に勝てると信じてましたから。
いくらあっても足りない。
いくらなんでも最近は資金も苦しくなってきましたので大人になりました」
神谷八段「中村さんはいい人なんで変なジョークでも真面目に返されちゃうんで。
僕は暴走することもあるんですけど、中村さんの悪口聞いたことないでしょ?
誰にも好かれるタイプなんだけど、遅刻のイメージははっきりしておきたいなと。
今日も記録係りに最初の挨拶されちゃいましたけど、
始まるの1分くらいすぎてなかった?」
中村九段「私の時計が遅れてて不注意なんですけど」
ここから将棋の話になりましたが、電波が悪くなってしまって
山口女流「先生もう一度…」
中村九段「真面目な話は2度もやりません。
1階に過去の写真があったんですけど同じ着物だったんですよ。失敗しました」
神谷八段「誰も気にしないよ」
中村九段「そうなんです今年になって眉毛が薄くなったんですけど、
誰も気にしないんですよ」
神谷八段「ほめるとこねーから眉毛でもほめとくかってことでしょ?
ここで△4五歩ついて指すかどうか分岐点だね」
中村九段「指さない!かけてもいい!」
神谷八段「じゃあ僕はつくと予想しましょう」
中村九段「晩御飯1回」
神谷八段「了承しました」

アンケート△4五歩つくかつかないか
神谷先生派・つく56.2%、中村先生派・つかない43.8%。
神谷八段「ありがとうございます」
山口女流「これはフルコースでございますか」

そして郷田九段は△4五歩。
神谷八段「さあ何の店があったかなうちの近所はな」
棋譜コメントによると、
中村九段が「ひどいよ」と言ってガクッと肩を落としているようです。

dsc_0199
背中がさびしそうな中村九段。

神谷八段「何年か前に脳内メーカー?が流行って、
羽生善治の48%は罠でできているってでてきて結構当たってるなあと思った。
渡辺明も結構罠だった」

質問メール
15年前に学校でしてもらった神谷八段の指導対局は、
今でも並べられるほどはっきり覚えています。
松菱の跡地はどうなるのがいいですか。
※静岡県浜松市のローカルねたです。
競馬の場外馬券売り場といいたいところですけど、公園がいいですかね。
デパートとかそういう類は田舎とはいえありますんで、公園ぐらいが希望であります。
フットサルになるという噂もあったんですけど。
山口女流「スポーツはされるんですか」
神谷八段「今は散歩くらいですけど、
昔島さんと二人でスカッシュの試合にでたことがあるんですけど、
0-9で負けました。僕に9-0で勝った人も次の試合で9-0で負けてました。
島先生は4-9くらいで僕より全然上でした。
高橋九段とテニスをしたこともあるんですけど、10枚落ちくらいの実力差で、
3人対1人でやっても負かされました」

最近プロの矢倉が減って角換わりが多いです。
後手の△4五歩に先手の決定打がないのが理由だと思いますが、
今のプロの△4五歩の見解を教えてください。
今は相当有力なんで矢倉が減って角換わり、相掛かり。
先手がちょっとでもよくする手順を模索している。
この対局でまた新手がでて定跡が進む可能性がありますよ。

1月31日と2月1日に、幕張メッセで闘会議があります。
飯島七段と山口女流も出演されるとのことですが、
言える範囲で詳細を教えてください。また、どうぶつ将棋は山口女流とも指せますか。
2月1日にゲストで出させてもらいます。
サモンズボードというガンホーさんのゲームをやらせてもらいます。
飯島先生がコスプレをするかどうかを話していて、私は和服です。
ガンホーの担当者の方と打ち合わせしたときに、
飯島七段に和服がなかったらうちの会社でコスプレがありますよと言われました。
浅草のサンバフェスティバルにガンホーさんがでていて、
その時の衣装が残っているみたいです。
アナログゲームメディアで将棋が指せますが、行けたら行きます。

子供に将棋を教えて、逆に子供に教えられたことはありますか。
こっちはもう擦れちゃっているんで、
純粋に指している子供を見るとそういう気持ちは大事だなと思う。
指し手も自由ですし、例えば桂馬が跳ねてきてそれはだめだよと言っても、
だって跳ねたかったんだもんとか言われるとそれもそうですねと言うしかないんです。
加藤桃子さんは僕はもうすごい知り合いなんです。
生まれる前から知ってるんですお腹のなかにいるころから。
加藤さんのお父さんが元奨励会で同期でして、
奨励会やめて大学にいって教員免許とって、高校で将棋の部活を始めたんですけど、
藤枝になかなか勝てなくて、
僕が教えりゃーすぐに勝てるようになるよといって教えに行ったことがあります。
その時に奥様にもお会いして、3月に産まれる予定ですと言われました。
4歳か5歳くらいから加藤桃子さんはきてて、2枚落ちとかは結構指しました。
子供の頃は負けてわんわん泣いてたりもしたけど今はもうタイトルホルダーで。
子供の頃は13手詰めが解けるのに11手詰めが解けないのが不思議ー、
とか言っててかわいかった。子供は純粋だなーと思った。

盤上では郷田九段が長考中。次の一手で将棋の性格が全然変わってしまうらしい。

質問メール
リアル車将棋は天童の人間将棋がモデルと聞いていますが、
お二人は人間将棋の経験はありますか。
僕は人間将棋はないけど天童に行ったことはあります。
天童は将棋を前面に押し出してるというか、
郵便ポストも将棋で、詰め将棋も町中にあって、
衛星放送とかで言って欲しそうだったから、
結構あったかいですねーとかいったらどっちらけになっちゃった。
人間将棋は漫才みたいにしゃべりながら指すので将棋を知らない人も是非とのこと。

指導対局は相手にやる気を出させると聞いていますが、
角頭歩など嵌め手っぽい手を指されたら粉砕するんですか。
角頭歩は平手ってことですよね。平手はあまりないですからね。
ちっちゃい子供なら負けてあげますよ。勝って嫌いになられちゃ困るもん。
大人は基本全部負かす。子供は負けてあげる。強い子供は負かす。
さっきいった教えているときも、女の子の強くない子には負ける。
男子のレギュラーは負かす。
駒落ちの上手も人によってこうも違うのかとかはある。
僕は2枚落ちだと玉を6三あたりに置いてゆらゆら指す。
飛車落ちくらいなら7二に置いてゆらゆら。
浜松の遠鉄百貨店でミニ将棋祭りを毎年やっていて、
低学年の部の優勝者と加藤桃子女流とか、そんな席上対局もあったりするらしい。
8月の終わりくらいに毎年やってるので是非とのこと。

アウトデラックスの話
長時間やったんですけど僕が受け狙いでどっちらけになっちゃったとかもあって、
編集でなんとかしてもらった。
矢部さんにでも将棋強いんでしょと言われて、
でも僕はウーパールーパーの別名みたいですよと答えたんですけど、
アホロートルって言うんでそけどもほらどっちらけになっちゃったでしょ。
マツコが本当に嫌そうな顔しててすごい気まずくなっちゃった。
でもマツコさんてすごく頭いいなと思いました。
いろんな事件の中に、盤を動かした動かさない事件の話があって、
加藤先生は自分の盤を真ん中において、人の盤を隅において水掛け論になった。
くじをやって加藤先生のいうことが通るか、
そのまま元通りかということになったんだけど、
それは実は加藤先生が一方的に得なわけです。
将棋界の仕組みのことを知らないマツコさんが一瞬で理解して、頭がいいなあと思った。
係りが作って、加藤先生が拾いやすい方が元に戻す方だったんですよ。ふふふ。
ずいぶん昔に加藤井上の順位戦と、中原真部の竜王戦と私の対局が一緒の部屋で、
そのときも加藤先生は真ん中に置いたんです。
そして中原先生が入った時に、
中原先生が「加藤さんおかしいですよ、喧嘩売ってるの?」って。
僕は30半ばくらいで、こええと思った。
どうもこの人はやりたい放題やってて、
怒られたらパニックになる人なのかなということで、アウトデラックスの流れに。
今は盤上カメラに映るように記録係りが置くので、そういうことはできないらしい。

次の一手アンケート
△4二飛39.3%、△4四銀右24.5%、△1四歩11.3%、△その他24.8%
神谷八段はコメントで流れた△9三桂を柔軟な発想とべた褒めしてました。

山口女流「島先生はファッションにもすごいこだわりがあると有名ですけど」
神谷八段「まあ田舎もんだと思いますけどね。
あ、理事の悪口言うと仕事減らされちゃうな」
やりたい放題である。

昼食アンケート
陳記20.2%、猪八戒13.7%、ほそ島屋11.3%、
藤本18.0%、千寿司14.7%、アンフォラ22.2%。

郷田九段の再開後の一手は△4七銀左。
山口女流「いやー先生何が起こったんですか?」
神谷八段「さっきから結構考えてるんですけど、これは当たんないですねこれは無理だ」
そして狙っていると思われる手順を並べて、
神谷八段「あるかなー、言ってていかにも何かこじつけ。
しかしこんな矢倉見たことないですけど。
まあ将棋の解説なんか適当に聞いてもらって」
その後もいろいろ手順を並べますが、
神谷八段「相当Mの人じゃないとこんなの読まないでしょ」
さらに違う手順を並べて
神谷八段「あ、よかった。やっとひとつ何かできた」
馬を作って5三に引く狙いは考えられるとのこと。

昼食アンケートの正解はアンフォラ。
待っている間にどうぶつ将棋を指していたらしい。
将棋の棋士と言ったら栗アイスがサービスでついたということで、
その写真も紹介されました。
藤井先生がフルコースを頼んだ時の裏話。
予約がないとフルコース食べられないが、
周囲の人が藤井九段を先生と呼ぶので、
この方はすごい人なんだろう、もしかしたらミシュランガイドの人かもしれない、
と店員の方が思ってフルコースを出したらしい。
藤井九段が食べた後にお客さんが増えたそうで、藤井効果ぱねぇ。

どちらを持って指してみたいか
先手・渡辺王将30.2%、後手・郷田九段19.7%、
何とも(ニャンとも)言えない50.1%。

次の一手アンケート
▲4五歩28.6%、▲6四角16.5%、▲8六銀13.0%、▲1六歩18.0%、その他23.8%。

詰め将棋の解答の後、正解者に神谷八段の色紙ということで、
神谷八段「僕の色紙なんて欲しい人いるんですか?え、あのー、はぁー」
そして書いた字は「ケセラセラ」※なるようになる的な意味
神谷八段「当たった方ご愁傷様です。ヤフオクとかでも売れるんですかね?」
山口女流「私ヤフオクに出されてたことありますよ。300円でした」

棋士の書について
神谷八段「原田先生とか字が上手いと言われてましたが、
書家の先生が、あんなものは売り物にならない、
まったく同じものを書いてみせましょうかと言っていたそうです。
しかし将棋界で1人だけ真似できない人がいる、
その先生が書いたものはまねできない、あれは売り物になる、と言っていました。
その人の名前は忘れましたけど、しーごーろくしちはちきゅう何だったかな」

初手から並べることに。
例の神谷八段が中村九段との賭けに勝った局面で、
山口女流「先生がフルコースを勝ち取った手ですね」
神谷八段「山口さんもどうですか」
賭けに勝った方の現場が勝手に盛り上がってます。
盤上では?渡辺王将が自分の手番でおやつ時間を迎えることに成功しました。

ousyou31
すぐに平らげました。

ニコニコ生放送のおやつは、
グラマシーニューヨークのイチゴタルト(とちおとめ使用)

ousyou32
 神谷八段は甘いものが一切ダメとのことでトマトジュース。

山口女流「大変申し訳ないんですけど今日すごい豪華なおやつですね。
先生に申し訳ないですけどとちおとめ甘くておいしいです」
神谷八段「今日は栃木のね、宇都宮餃子万歳です」※神谷八段は浜松です
おやつを食べ終えた渡辺王将がすぐに指してしまったので、
山口女流が食べ終わらないまま解説に。

次の一手アンケート
△7二飛27.6%、△3三桂20.8%、△5五歩15.8%、その他35.7%。
神谷八段「この解説者いい加減だとばれてるな」
その後その他候補の手も解説して、
神谷八段「どこが頭だか尻尾だかよくわかんない将棋になってるな」
矢倉で羅針盤がきかないというのも不思議な感じです。
神谷八段「お互いここ(4五)の位は意味が無いと思っているのかな。
昔羽生森内の名人戦だったかな、すごく強い先生に、
矢倉のここ(4五)の位は無意味だと言われて、
あまりの将棋観の違いにびっくりした記憶があるんですけど」

そしてそろそろ休憩にと山口女流が言ったところで、郷田九段が△7二飛。
神谷八段「当たった↑。良かった↑」
簡単には休憩させない格調高い手。

ティロフォン
山口女流「こんにちは」
佐藤七段「名前ですか(スロー)。佐藤修司と申します(スロー)。
おねがいします(スロー)」
神谷八段「時間がそっちはゆったり流れてるのかな」
佐藤七段「ちょっと睡魔と闘ってるんですよ。なかなか大変なんです。
解説ではなく中学生の方とじゃれあってきました。将棋を指しました。
げんきょくめんですかーーー。うーーーーん、まあ先手ですかねえ。
たぶん5五歩とかこられると5四銀の形作られるといやなので、
そーすると後手は穴熊に潜る。はい。
後手の手を封じるという意味が強いですかねえ。
現地といっても外出てないので、寒いんだろうとは思うんですけど。
雪降るかもしれない予想なんですよね。東京も明日は雪かもと思うんですけど。
もうちょっと動いてもらわないと解説しにくいです」
神谷八段「お互いに4五の位は重視してないみたいだけど」
佐藤七段「後手の方から位を保つのは結構大変かなとは思ったんですね。
なので先手としたら位は権利だと思っているのかもしれないです。
いちごですか。ジュースは飲んでないですがいちごはいただきました。
まあとちおとめですね。まあおいしいです。
いちごはやっぱり酸味があるのがいいんですね。
ただあまたるいのはおいしくないんです」
神谷八段「睡魔との闘いには是非勝利してください」
佐藤七段「仕事はだいたい修先生に丸投げで私はマグロ状態かなあ」
どこぞの戦場カメラマンみたいでした。

山口女流「秀司先生ってこんなキャラでしたっけ」
神谷八段「キャラ作ってるのかなあ。本当に眠いのか」

眠そうな佐藤七段が言っていた△4五歩を郷田九段が指したので、
今後の展開を解説に。
細かいやりとりの中で得をしようというのが渡辺王将らしいと神谷八段。
この手は流石に無いよ言ったあとに、
神谷八段「昔芹沢九段が北海道で王位戦か何かの解説をしてて、ここはこの一手です、
違っていたらここから飛び降りますとか言って、外したってことはありますけどね」
渡辺王将は端歩を突く▲1五歩。この手には△5五歩しかないと神谷八段。

現地の検討の様子。

ousyou33
神谷八段「左の人は誰かな」
山口女流「松本先生みたいですよ」
神谷八段「松本?」
山口女流「松本六段」
神谷八段「ああ松本か!この写真じゃわかんないよ!」
山口女流「先生松本先生とは交流あるんですか?」
神谷八段「ないっす」
この会話で無いんかい。

質問メール
初めて東京に遊びに行きます。
将棋会館にも行ってみたいのですが、一般人も行っていいのですか。
本なども買っていこうかと思っています。
他に東京のおすすめスポットもありましたら教えてください。
山口女流
1階の販売部で売ってます。本とか扇子とかも。
実際に棋士がこういうのがいいですとか書いてるんで、
阿部健治郎先生は小さい字でぎっしり書いてたり性格がでます。
将棋会館道場があって将棋が指せます。
神谷八段
僕がよくいくのは上野動物園が好きで3ヶ月に1回くらい。
レッサーパンダが好きなんですよ。
ジャイアントパンダをパンダというのが許せないんですよ。
パンダは本来レッサーパンダなんです。
10分くらいぼーっと見てるのが好きなんですよ。
美術館とかもあって、月曜だけはどこもやってないんですけど、
僕は美術わかんないけどそーなのかーと分かったふりしてるのは結構好きなんで。

ここでティロフォン
すべてを察した神谷八段「俺は死んだことにしといて」
松本六段「もしもしこんにちは。はじめまして松本です」
とりあえず無難な方向に持っていく山口女流「現局面はいかがでしょうか」
松本六段「この局面は多少予想してるんですけど、
4五歩でようやく戦いになるんじゃないかな」
山口女流「先生それ2手指しになっちゃうんですけど」
松本六段「あ、1五歩突いたんですねこれ。それじゃ5五歩突くんじゃないかな」
山口女流「現地ではいかがおすごしでしょうか」
松本六段「寒いんですよ。雪が心配ですね」
山口女流「佐藤先生もそう言ってました」
松本六段「あの先生外出てないから。私は体感してるんで大丈夫です。
理由ですか?ちょっと郵便局行きまして税金を…もうすぐ締め切りなんで。
いちごですか?僕はまだ食べてないんですけど、私家近いんで家から来てるんですよ」
山口女流「松本先生髪きりました?」
松本六段「きってないんじゃない?」
山口女流「中村九段はどうされてますか」
松本六段「仕事してるっていっときます。ふふふふふ」
※私は栃木県宇都宮市出身なんですが、松本六段の栃木弁懐かしかったです。

ここで郷田九段が▲5五同歩に△5五銀と指して、
これはまったく考えてなかったと神谷八段。
▲4五飛と歩がただで取られてしまうので、後手は何に代償を求めるのか、
というのを検討で考えまくってました。
仮に長考するなら最初の20分や30分は▲4五飛を考えるとのこと。
後手は先手の飛車を捕獲にいくのはあまり幸せになれないので、
強引でも攻めに行くか、5筋に厚みを築くか、どうなんだろうと神谷八段。

ousyou34
ニコちゃんにはしゃぐ神谷八段
山口女流「いかがですかこれは」
神谷八段「かわいいですね、うん、かわいい」

渡辺王将は歩を取る▲4五飛。
先手の歩得で局面のバランスが崩れたので、
ここ数手で優劣がわかるようになると神谷八段。

20150129a_2
封じ手予想アンケート
△9五歩18.7%、△5四銀32.0%、△5六歩14.7%、その他34.6%。

神谷八段「その他は何があるんだろう。
△4四歩?それは無いです。これだったら出禁でいいです」

王将戦裏話
神谷八段「王将戦は2日目のお昼休みとかに対局者に聞いちゃうんですよ。
第1局は渡辺さんに聞いたら3七角成りは意表を突かれたって言ってて、
郷田さんは3七角成りはこれしかないとか言ってたらしいです」

王将戦罰ゲーム
神谷八段「個人的には大田原牛で牛の格好がいいんですけどどうだろうなー」

封じ手時刻が迫り、
ousyou35
神谷八段「間に合うのか?大丈夫か!おい!」
渡辺王将も見守ります。
間に合いましたが郷田九段は非情にも22分オーバーの大長考でした。

郷田九段がこれだけ考えたということで再度封じ手アンケート
△9五歩17.5%、△5四銀30.6%、△5六歩11.2%、その他40.7%
山口女流「あ、その他が増えてる」
神谷八段「最初から最後まで信用されない」

神谷七段
拙いというか出鱈目というか投げやりというかいい加減な解説でしたけど、
明日は畠山さんがばっちり解説すると思います。

ということで初日が終わりました。
いやー神谷八段がひたすら無双していたような1日でした。
神谷八段の正直さと適当さが存分に発揮された名解説だったと思います。

明日のニコニコ生放送では9時から、
解説に畠山鎮七段、聞き手に竹部さゆり女流三段で大盤解説会が始まります。
明日の畠山七段はおやつのリクエストもしているということで、
なかなか気合が入っています。
畠山七段が入念に選んだおやつを竹部女流が食い散らかす絵がもう思い浮かびますが、
さてどうなることやら。

関連リンク
アウトデラックスに出演した時の加藤九段と神谷八段の様子、
両者の性格、最後に裏話まで独自の視点で書かれています。

ハワイでの第27期竜王戦第1局初日が終わる

森内俊之名人に糸谷哲郎七段が挑戦する第27期竜王戦七番勝負第1局は、
糸谷七段の封じ手で初日が終わりました。
第1局は海外のハワイでの対局ということで、
普段とは違った雰囲気のタイトル戦になっています。写真は竜王戦中継ブログより。

記者会見に挑む森内竜王と糸谷七段
img_9043
img_9045

地元ラジオ局に出演する谷川会長と森内竜王と糸谷七段
img_8748
img_8751
img_8755

ワイキキ・ビーチで記念撮影
img_9119

なかなかリラックスムードです。
また、関西の棋士達が糸谷七段の応援に駆けつけています。
img_9202
※応援しています

img_9558
※応援しています
※写真の西川和宏五段は新四段になったときに、
総会に集まった200人近い先輩達の前で「酒が好きです」と挨拶した剛の者です。

前夜祭では挑戦者の糸谷七段が一神教とシャーマニズムについてスピーチしていました。
初のタイトル戦のスピーチでこれはなかなかの怪物ぶりですね。
糸谷七段は大阪大学文学部から大阪大学大学院文学研究科に進んだ、
棋士としては変わった経歴の方ですが、哲学専攻の棋士らしい挨拶ですかね?
新人王戦で優勝した時は、中学時代に「資本論」を読破したという話をして、
主催紙「赤旗」の皆さんが大いに喜んだとか、
第一声が「将棋は斜陽産業ですので」だったので、
当時の米長邦雄会長が怒って帰ったとか、
エピソードには事欠かない怪物棋士です。香川女流には弱いですが

そんなわけでハワイで開催されている竜王戦の第1局ですが、
同行している野月浩貴七段、関西若手棋士主催の西遊棋、関東若手棋士主催の東竜門
それぞれがハワイからTwitterで様子を伝えてくれていますので、こちらもどうぞ。

さて対局は振り駒で糸谷七段の先手番となり、角換わり腰掛け銀の定跡型になりました。
ニコニコ生放送では朝の4時から対局場の生中継、
8時半から解説富岡英作八段、聞き手山口恵梨子女流初段で大盤解説会が始まりました。
富岡八段はこの二人ならどちらが先手でも角換わりかなと思っていたそうです。
富岡八段は角換わり腰掛け銀の同型から富岡新手を発見した棋士で、
この手でどうも先手が勝ち、
という結論を出してしまったようなインパクトを残した棋士です。
今の角換わりが手待ち合戦になっているのも、
普通に組み合ったら富岡新手で先手が勝ちなんでしょう?となっているせいで、
角換わりの解説にピッタリ、角換わりの大家ですな。

そして解説が始まりましたが、角換わり特有の手を待ちながら隙をうかがう展開になり、
糸谷七段が飛車を▲4八飛車から▲2八飛車と戻した手について
富岡八段「実は私もよくわかりません」

今日はponanzaの評価値や候補手も見れるということで、
ponanzaの△5九角から角金交換で攻めていく手順も解説してくれました。
結構うるさい攻めかもしれない、人間にはなかなか思いつかない手、
違う場面での△5九角はある手だが、この場面で指すのは人間には無い感覚で、
最近プロの若手がコンピュータを使って研究しているのもわかるとのこと。

この後森内名人のインタビューが放送され、
長いシリーズになるが対局が盛り上がるように全力で挑みますとのこと。
アロハ着てました。
富岡八段「嬉しそうな顔してましたね。目じりがさがっているかんじ」

糸谷七段はインタビューで、初タイトル戦だが普段と変わらずに挑む、
ハワイの景色を楽しんで帰りたいとのこと。余裕があるなあ。

記録係りの石田四段もインタビューがあり、
立候補で記録係りになった、寝ないように頑張るとのこと。
立候補制だったのか…。
富岡八段「動きが無いと眠気が襲ってくる。人間の生理現象で仕方ない」

富岡八段の色紙「好手は歩から」
安定のぐらぐら机などとコメントされてましたが、さらさらっと書いていました。
ずいぶん書きなれている…
好手を指したいのであればまずは小さい駒で細工しようということらしい。

糸谷七段の色紙は「自由」、絵みたいに自由に書いていて富岡八段感動。
富岡八段「ただもんじゃない気がしてきました」
森内竜王は「安詳」。
運営は2時から仕事しているらしい。お疲れ様です。

初手から解説になり、先手の糸谷七段が定跡手順ではなく工夫して指しているとのこと。
右の銀を3八に置いたまま、棒銀、早繰り銀、腰掛け銀の態度を保留して、
相手の駒組を見ながら決める工夫をしているとのこと。後だしジャンケンですな。
結局角換わり腰掛け銀の定跡型に合流しましたが、
この後の後手は△7三桂を跳ねるタイミングを見きわめるのが重要らしい。
早いと桂馬の頭を狙われて形勢を損なうとのこと。

他にもこの対局では出ませんでしたが、先手が▲2八角と打つ定跡を解説し、
郷田九段が後手で好手を発見して一時下火になったが、
最近だと羽生王位がタイトル戦で採用して圧勝していて、
森内竜王は糸谷七段の▲2八角を誘ったのかもしれないと解説。

また、手待ちの▲6八金に後手の手待ちの△2四銀と指す手順は、
豊島七段が最初に丸山九段相手に指して、王位戦第3局でも出たとのこと。
この時は羽生王位が先手番で先に仕掛けたが、後手が優勢になったらしい。
富岡八段「しゃべりだすと一時間くらいしゃべっちゃうからね。
面白いんだよね角換わりの将棋はね」
本当に楽しそうに定跡の解説をしていました。

糸谷七段は▲9八香と穴熊に囲う手を見せ、
山口女流「先生穴熊組めますかね?」
富岡八段「穴熊…組めないと思うなあ」
ponanzaは先手-200の評価。
攻め好きponanzaは穴熊なんか嫌いじゃってことなのか、
この瞬間攻められるだろということなのか。

コンピュータについて富岡八段
「若手はみんな使ってるって聞いてる。
我々の世代だとあまり使ってないような気がする。違和感がある。
自分で考えるっていう面白みが減ってくる気がするから。
なおかつ将棋が好きで楽しめるなら導入する価値があると思う」

次の一手アンケート
△1二香29.5%、△6五歩24.9%、それ以外45.6%。
富岡八段もニコニコ生放送でコメントしたことがあるらしい。
答えてもらったこともあるとか。
富岡八段「私はその他が有力だと思います(キリッ」
そして休憩に入った直後にその他の△3五歩。

休憩後はponanzaの攻め好き予想手を解説し、
富岡八段「野獣攻めだったよ?今の?」
興奮気味にそんな手あるの?みたいな手が出てくるので、
研究になるよと褒めていましたが、
この後買ってしまいそうなくらいの食いつきっぷりでした。

質問メール
富岡八段はB級1組で故村山聖九段と2度指していますが、
その時のエピソードを教えてください。
富岡八段が当時27歳か8歳くらい、村山九段が22歳か3歳くらいだった。
自分が勝てばA級だったが、その将棋は負けてしまい、後で並べなおしたら完敗だった。
その後村山新八段になった。自分は力不足。
村山さんはその時から天才的な冴えがあって、考えていることがこいつは違うなと思った。
序盤もうまかったが中終盤の怪力がすごく、普通に力でぐーっと持って行かれた。
村山さんとは2局とも矢倉。

ちなみに富岡八段が角換わりを指すようになったきっかけは、
40近くなってから新しいことにチャレンジしたくなったからとのこと。
角換わりは江戸時代から原型があって、
その頃の将棋、昭和初期、大山升田時代、ときてその進歩の延長上に今の新手がある。
ここに何かありそうだなというところを突っ込んで調べて、
無くても勉強になるわけだから、俺があると思うから考えるんだ、
という精神でいくとたまにある。
大きな通りの真ん中に大きな穴があるんだけど、
何でみんな素通りしていくんだろう、おかしいな、
と思って調べたり、それで角換わりは面白い。
それが勝率に繋がらなかったりして悔しいところなんですけどね。
新しい手を見つけるのは楽しい。

バックギャモン世界選手権で森内竜王が4位になった。
数々の逆転勝ちをして4位になったらしいが、富岡八段は何かゲームをしますか。
森内さんはどのゲームをやってもそのゲームの特徴、本筋を捉える力が優れていて、
すぐに強くなっちゃう。ゲームの達人なんじゃないかな。
羽生さんなんかだとチェス。
全員そうかというかどそうでもなくて、意外と不器用な棋士もいる。
自分は登山が好きで、仕事で地方に行くと一日休みをもらう。
こないだ岩手で仕事があったので、一日休みもらって登山に行き、
紅葉がすごく綺麗だった。
将棋を室内でさして、休みはアウトドアが私としてはそういうバランス。
中川さんは登山研を開いている。メンバーは渡辺竜王とか。
歩くと脳が活性化されるんですか?
それが糸谷ペース。歩きながら考えることでリズムをとっていく。

棋士に向いている性格はありますか。
几帳面で整理整頓が好きな人が向いていると思うんですが。
几帳面な人も向いている。整理整頓能力が早い、美しい将棋の方が強い、
駒があちこち散らばっている将棋はなかなか勝ちにくい。
綺麗に駒が捌けていく将棋の方が勝ちやすい。
この銀無くていいなとか思えると、その駒を捌いていくという感覚がでる。
私はものがたくさんあるとパニクるので、迷いたくないので単純に単純にいく。
最近は物を増やさないように心がけている。
なるべく少なく少なくしていくように。
将棋の手も狭く狭くかもしれないな。私の場合はね。

電王戦で座布団や駒台をまわしているのを見たが、向きが決まっているのか。
これはある。座布団の向きがあるかないか。
私の勘なんだけど棋士は縦縦に入っているのがすき。
将棋の盤も縦に線が入っていて、
駒台も縦に線が入っている方が美しいと感じるようにできている。
これを横にすると盤が縦、駒台が横の木目になってしまう。
これを記録係りが間違えるとぱっと棋士が直す。そろえるのが癖になっている。
座布団も縦系の座布団と横系の座布団がある。
窪田六段が研修会で60枚もある座布団を、全部同じ目になるように並べなおしていた。

ここで立会人の佐藤九段の前日インタビュー。
立会人と解説としてきたんですけど他の棋士に申し訳ないな、とのこと。
ハワイいいのぅ。

その後はponanzaの読み手順を解説後に、
富岡八段「既に形勢に差がついている恐れはあるね」
ただしponanzaは後手持ち、富岡八段はponanzaの読み通りに進んだら先手持ち。

形勢判断アンケート
森内竜王34.4%、糸谷七段28.4%、Nyan37.1%。
ハワイということでにゃんがアルファベットに。

ここで糸谷七段の考慮中に定刻5分前になり、谷川会長と佐藤九段が入室。
富岡八段「さすがにここで指すだけの根性はないでしょう」

封じ手予想として▲3六歩、▲3六角、▲2八飛を解説後に、
コメントに▲5八角という受けの手登場。
解説を進めるとなかなかありえる手とのこと。

封じ手アンケート
▲3六歩21.6%、▲3六角19.2%、▲2八飛6.0%、▲5八角35.3%、その他17.8%。

どれを指しても良くなりそうな順がありそうで、糸谷七段もかなり迷っていました。
富岡八段「将棋はいい手がたくさんあるときに間違える。
一手しかなければそれが細い道でも間違えない。
初めてのタイトル戦でいい手がいくつかあるのでこれは迷うでしょうね」

ずっと考え続ける糸谷七段 
アンケート
10分以内に封じる20.2%、30分以内に封じる28.3%、1時間以内に封じる9.0%、
1時間以上7.8%、うっかり指しちゃう34.7%。
うっかり指すとそれが封じ手になり、反則負けにはならないらしい。
森内竜王は定刻を25分過ぎたところで席を立つ。
対局者としてこれは長くなるなと感じたのだろうか。
富岡八段はこのくらいの局面だと本筋に見える手を20手30手ほどの深さまで読み、
それ以外の手はあまり読まないとのこと。
深さで30手だと枝葉入れたら何手になるんだ…。

定刻を30分過ぎたところで、
封じ手の封筒にサインするシーンまでばっちり生放送されて終了となりました。
が、ここでちょっとしたハプニング。
前日に谷川会長に封じ手のやり方を教わっていた糸谷七段ですが、
取材陣がカメラを構えて待っているのを忘れて封筒を会長に手渡ししてしまったので、
一旦封筒を糸谷七段に戻してから、
両手でおじぎしつつ立会人に渡すシーンを撮影しなおしていました。
封じ手って難しい。 

img_9987
封じ手を渡すシーンの再現に笑いをこらえる森内竜王

こうしてハワイでの対局となった1局目の初日は終わりました。

20141016_58
富岡八段「わからない…私は…▲3六角かな」

明日2日目もニコニコ生放送では4時から生中継、
8時半から解説藤井猛九段、聞き手飯野愛女流一級で大盤解説が始まります。
タイトル初挑戦の糸谷七段が、
哲学挨拶、封じ手シーン再現に続く伝説を残してくれるのか、
勝負の行方以外にも注目です。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~[Kindle版]
糸谷哲郎著
¥1,200






行方八段の酔っ払いティロフォンショッキング

【攻めの山口】行方八段をぐりぐり攻める深浦とえりりん【テレフォン】


渡辺明王将に羽生善治三冠が挑んだ第63期王将戦第4局、
二日目のティロフォンショッキングで行方尚史八段が出演した時の動画です。
行方八段は青森県弘前市出身で、この第4局も青森県弘前市での対局で副立会、
弱いけどお酒が大好きとあれば、
地元のファンに飲まされて二日酔いもやむなしといったところです。
現地解説会では同じく青森出身の工藤佳織アマが務めたそうですが、
「工藤さんは深浦さん好みなんじゃないですか?」
「まあ恵梨子ちゃんもかわいい、もちろんね」
と言ってとさっそく酔っ払いトークになりました。
その後も「深浦さんとしゃべるとついついいらんことしゃべっちゃう」と言いながら、
深浦九段が話した行方八段のいい話をひっくり返して、
電話が終わったら「酔っ払って電話かかってくる声と似てましたけどね」と、
突っ込まれてしまいました。
ちなみに山口女流は後日、
この放送を見ていたお父さまに深浦先生に電話を持たせるなと怒られました。

控え室の行方八段が工藤アマは深浦さん好みと断言
000_2768

写真は王将戦ブログより

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋・終盤の教科書
深浦康市著
¥1,663






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ