棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

屋敷伸之

将棋電王戦FINAL第2局は永瀬六段がSeleneに鬼軍曹っぷりを見せ付ける

人間対コンピュータの団体戦で争われる電王戦FINAL第2局は、
永瀬拓矢六段があえて無慈悲な勝ち方を選び、人間側の2連勝となりました。

終盤に入り、解説の屋敷九段が後手有利と判断するも、
去年のやねうら王が先手有利と判断していて、
何でだろう、何か受けの妙手でもあるのかなといったところで、
永瀬六段が爆弾を投げ込みました。

dennou2-1
△2七角不成り。不成り?

その後Seleneが内部的に投了となり、一体何が起こっているのか、
教授こと勝又六段が永瀬六段とSelene開発者の西海枝さんに確認を取りました。

するとSeleneが飛車、角、歩の不成りに対応していないというまさかの展開に。
この局面で王手がかかっていることを認識できずに△2二銀と指し、
そこで王手がかかっていることを認識して投了してしまっているようです。
どうせなら△2二銀を指してもらって村田顕弘五段のリアクション芸を見たかったかも。

dennou2-4
永瀬六段「ほっとくと投了って出ると思うんですけど」
屋敷九段「これは立会人の腕が試されますよ」
きっと三浦先生は俺が立会人のときに爆弾投下しないでくれと泣いてると思いました。

ちなみに最初の画像だと去年のやねうら王が先手優勢と判断していますが、
時間が進んで読みが深まると

dennou2-2
去年のやねうら王「+512→-1188さっきはごめん後手勝ちっす」
とはいえやねうら王が指摘していた次の手がなんとも怪しいんですよね。

dennou2-5
▲7六歩打(キリッ

なんか2歩打ってるんですがそれは。はっしーがNHK杯でやらかしたのがフラグだったのか。

屋敷九段「やねうら王大丈夫かなちょっと心配になってきましたけど。
去年のだから大丈夫かな」
これ稲葉七段がこの後試してバグってたら悩むだろうなー。

その後大盤解説で、仮に角を成っていた場合はどう進むかを
三浦九段と永瀬六段が解説していましたが、
その際三浦九段はこんなことを言っていました。
「永瀬六段は99%をより100%に近づけるという意思で角不成りを指したらしい」

この大舞台で顔色ひとつ変えずにコンピュータをバグらせるとは軍曹こわい。

対局後の記者会見はどうなるんだろう、
西海枝さんは完全にアウェー状態だしなあと思っていたのですが、
永瀬六段、西海枝さんのキャラクターでなごやかな記者会見になりました。
ほっと一安心。

来場者数:321,860
コメント数:404,045

電王戦FINAL第2局のタイムシフト視聴はこちら

※関連リンク
永瀬拓矢の負けない将棋実演
将棋ウォーズのニコニコ生放送に出演した永瀬六段が、
3分切れ負け将棋で徹底的に負けない将棋を指す動画です。 

第40期棋王戦第1局は渡辺棋王が勝利!

渡辺明棋王に羽生善治名人が挑む第40期棋王戦五番勝負第1局は渡辺棋王が勝ち、
初戦を制しました。

振り駒の結果、渡辺棋王の先手番で始まりました。
将棋界では角換わりが大流行中ですが、
渡辺棋王の角道を開ける▲7六歩に、羽生名人も角道を開ける△3四歩と、
羽生名人が横歩に誘導しました。

ニコニコ生放送では9時から、解説に屋敷伸之九段、
聞き手に井道千尋女流初段で大盤解説会が始まりました。

kiou1-1
これがニコ生流マルチアングル。

この対局はタブレット入力で記録がとられます。
井道女流もタブレットで記録をとったことがあり、
井道女流「消費時間はいいんですけど、
残り時間を聞かれると計算を急いでやらないといけないので大変ですね」
屋敷九段「あれは適当でいいんですよ。
目分量で153分ですとか言っちゃえばいいんですよ」
間違っていたら後から訂正すればいいので、すぐに答える方がいいらしい。
加藤九段が後何分と聞くのはリズムを取っているという説がありますが、
屋敷九段もリズムが重要と言いたいのかもしれません。

横歩取りを始める方向けのコツ
屋敷九段「飛車角をふりまわしていって、負けたらしょうがない。
勝つときは気持ちいいいけど負けるときは悲惨。結構差がつきやすい戦型。
粘って入玉になるとかはならない戦型」

羽生名人が序盤に端歩を突いたのを見て、
屋敷九段「初戦なので積極的な手を用意するのが普通だと思うんですけど、
慣れているというか柔軟な考えですね」
のんびり手を渡された渡辺棋王はどう指すか。

現地の栃木県宇都宮市ではいっしょに将棋祭りも開催中で、
ミニ解説会の最中とコメントで流れて、
屋敷九段「ミニ解説会を見ながら解説したいですね」

羽生名人の端歩をさらに伸ばす△9五歩に
屋敷九段「なんとなく1回突いたから2回突いとけみたいな」
横歩って結構アバウトなんだろうか。
後手陣はほぼ飽和状態で発展しにくいかららしい。
渡辺羽生戦で横歩取りは去年の朝日杯決勝以来とのこと。

井道女流は去年の棋王戦2局目に現地にいたらしく、
井道女流「ブリシャブを食べている三浦先生はイメージと離れていて面白かったです。
それと渡辺棋王に競馬新聞を差し入れするファンの方がいました」
去年の第2局は土曜日だったので、なるほど日曜日の競馬に向けてデータは重要です。

質問メール
将棋用語についてわからないことがあります。
ぴったり詰むとはどういった状況のことなのでしょうか。
駒が余らないことですかね。
詰め将棋なら当たり前ですけど、実戦ですと当然余ることの方が多いですから、
本当にこの一通りで、駒が余らない詰みはぴったりした詰みなのかなと。

お二人が初めてニコ生で解説したとき、前日の夜はどういいう気持ちでしたか。
井道女流
私は今回が初めてなんですけど、緊張していろんな人にメールしました。
ひまー?とか、げんきー?とか。
いい迷惑ですよね、ふふふ。
そういう微妙な単語なんで反応が悪かったです。
誰かと話すとリラックスしますよね。
屋敷九段
僕は忘れましたね。普段通りだったかな。
いつ初めてだったのか忘れてしまってるので。
まあ慣れてると思うんですけど、緊張することはまったくないです。

先日のA級順位戦の解説について
こないだA級順位戦の解説をしましたけど、一番最後の対局が2時過ぎになったのですが、
最後までお客さんが30人くらい残ってました。
だらだらした展開だとあれですけど、結構面白い展開だったので。
深浦行方戦で入玉模様で、結構見せ場があったので最後まで楽しんでいただけました。

バレンタインデーが近いですが、将棋界では義理チョコの習慣はありますか。
バレンタインデー絡みのエピソードもあったら教えてください。
屋敷九段「どうでしょう、井道さん義理チョコの習慣はありますかね」
井道女流「痛いところを…友チョコはあります。
義理チョコとなると男性棋士がすごい多いので、自己破産ですよね、ふふふ」
屋敷九段「結構あちこちにバレンタインのコーナーがありますよね」
井道女流「試食するのが楽しくて、ふふふ」
屋敷九段「試食したいんですけどほぼ100%女性ですよね、いらっしゃるのが」
井道女流はお酒が飲めなく、アルコールが入っているチョコを食べても酔っ払うらしい。

アンケート昨年チョコは何個もらいましたか
1個11.8%、2~5個14.3%、5個以上4.5%、聞かないで52.2%、
自分で買いました11.8%、試食はしました5.3%。
井道女流は山口女流から手作りの友チョコをもらったらしい。

先日初めて競艇場にいきました。
初めて車券も買ってみて、面白いと思いましたが、
屋敷九段が考える競艇の魅力はどういうところですか。
すごくいい質問です。
私は競艇の選手会の外部理事をやってまして、
実は将棋の方のイベントも競艇場でやることがあります。
3月8日に香川県の丸亀競艇場でイベントをする予定で、私も行きますが、
他に関西の棋士も5人ほど行って将棋のイベントをさせて頂きます。
井道女流「先生は競艇は何年くらいされてるんですか」
屋敷九段「20年以上は見てる感じですかね」
井道女流「きっかけは何だったのでしょうか」
屋敷九段「テレビの番組や雑誌ですね。
平和島が近かったので何回か見に行って、はまってしまいました。
1割か2割くらい女性のレーサーもいますが、
結構将棋界と似たようなところがあります。
アイドルフェスの話が出ましたけど、白鳳関が来たり、吉本の芸人さんとかも来たり、
開催されるレースは女性だけのレースですので、
興味のある方は是非お越しください」
G3オールレディースってやつですな。

最近屋敷先生は、加藤先生が泣いて喜びそうな棒銀を指していると伺いました。
棒銀を指すというのは勝ち負けで言うと厳しいと思うのですが、
どうして棒銀を指すようになったのですか。
そうですね、棒銀よくやってますね。
やっぱり加藤先生を目指してといいますか、結構狙いがわかりやすいんです。
今まで矢倉でがっちり組み合う将棋を指してたんですけど、息詰まる感じがして、
それで新しい形を探して指したくなりました。
棒銀で攻めていく姿勢を見せるのもなかなか面白いんじゃないかなと思って、
それなりに勝ったり負けたりでまずまずの成果が出てると思います。
似たような戦い方になりやすいので、試して見たい方にはおすすめです。
玉が薄いので勝ちやすいかと言われると難しいのですが、
薄い玉なのでバランスを取って、攻め始めたらなるべく止まらないように、
攻めが好きな方にはお勧めです。

去年は久しぶりに海外のハワイでタイトル戦がありましたが、
井道女流も現地に行っていたと思います。
楽しかったこと、しんどかったことなど、裏話もあれば教えてください。
井道女流
しんどかったのは時差ですね。
佐藤康光先生も一緒に行ったんですけど、時差に苦しんでいました。
現竜王はハワイを結構満喫されていて、
初めての海外と言っていたんですけどばっちり準備できてました。
食べ物もいろいろ巡られて、パンケーキも何種類も食べて、
関西の仲間と一緒に楽しんでました。
森内先生もご家族へのお土産用にサンダルを選んで注文できるお店に行って、
お勧めだよと私に教えてくれました。
日本語が喋れる方もいたので言葉に困ることはなかったです。
わざわざロスやサンフランシスコから、10数時間かけて来た方もいました。

ここでとちぎ将棋まつりの現地生中継
kiou1-2
片上六段対松尾七段の席上対局を解説する松本六段と室谷女流。
屋敷九段「いいですね松本六段の飄々とした解説が。やりましたよーみたいな」

羽生名人の△2四歩を見て、
じっくりした展開にしていいと思っているのではないかと屋敷九段。
普通は後手の駒組が発展しにくいので、
飛車を△2四飛とぶつける手を残したいらしいです。

次の一手アンケート
△7六飛24.1%、△7四歩23.4%、△9六歩13.2%、その他39.2%。
井道女流「ちなみに屋敷先生はどの手が有力だと思いますか」
屋敷九段「自分で言っといて何ですがその他ですね」

ここでヒフミンアイ
屋敷九段「景色は変わりましたけどテンションも加藤先生のように上げていかないと」
テンションをあげることでより加藤九段に近づけるという屋敷説。
井道女流「1分将棋でも後何分て言うと聞いて、
私はまさかと思ってたんですけど、先日初めて生で見ました」
屋敷九段「記録が何分ですって返事するより早く、はい、はいって返事するんですよ」
羽生名人は△7六飛。

この後屋敷九段の解説になりましたが、横歩取りはあちこち手が行きますね。
井道女流「屋敷先生がもし対局者だとしたらどうしますか」
屋敷九段「気持ちはお昼です」

現地映像では謎のキャラが登場。
kiou1-3
井道女流「しゃべれるんだ(笑」

悪の幹部とご当地アイドルがどうぶつ将棋で戦うらしい。
kiou1-4
屋敷九段「なんとなくアイドルが勝つような流れに見えますけど」

井道女流「屋敷先生はどうぶつ将棋はされるんですか
屋敷九段「やったことはあるんですけどほとんど初心者です。
ちっちゃい女の子に負けたこともありますし」
羽生名人が席を立って
屋敷九段「見に行きましたかね」

羽生名人の手番で昼食休憩になりました。
現地映像で立会人の大内九段が記録係りや記者の方に昼食の場所を説明していて、
屋敷九段「名立会いですね」

昼食アンケート
餃子21.3%、そば20.6%、イチゴ(とちおとめ)32.9%、カレー13.1%、その他12.1%。
選択肢を考える屋敷九段「先ほどとちおとめ出てたんでいちごでいきましょう。
でもこれが一番多いと困りますね」

昼食休憩明けに羽生名人が△1五歩▲同歩△1七歩と仕掛けました。
屋敷九段「ここは長考です」

記録係りについて
井道女流「部屋は対局者に合わせて温度調整をするので、
寒い時用に上着やホッカイロを用意したり、昼食は軽めにしたり、いろいろ準備します。
変に読みを入れちゃうと指された時に時計などを忘れちゃうんですよ。
終盤で詰む詰まないを読んでしまって、
秒読みをうっかりしそうになったことがあります」

昼食アンケートの答えは井道女流がシーフードドリア、屋敷九段が鎌倉野菜のカレー。
ヘルシー忍者である。
昼食の写真が映されて、
屋敷九段「デートとか書かれてますけど」
井道女流「最近そういうの無いので嬉しいです。
先生はデートとかどこに行かれるんですか」
屋敷九段「食事とかですかね」
井道女流「先生がリサーチするんですか?」
屋敷九段「リサーチしたりされたりいろんなパターンがあります」
意外なところをぶっこんでいく井道女流。

お昼休みの詰め将棋の正解者プレゼントは、屋敷九段の角交換四間飛車破り
アマチュア初段~三段くらいの方向けとのこと。

質問メール
井道女流が字が綺麗と評判です(かみかみ)。
詰め将棋のプレゼントに井道女流の色紙もプレゼントください(かみかみ)。
井道女流「自分のことなんですごいかみかみになっちゃったんですけど」
ということで
井道女流「これだけがとりえです」
kiou1-5
井道女流「たまたま6歳の頃から書道習ってたので、これが生きました」

この後初手から解説になりました。
屋敷九段はなんとなく先手をもってみたいが、
先手の陣形は隙があるので、全部を受けるのは難しく、
どこを軽く受け流すか長考になるとのこと。

質問メール
屋敷先生は毎日将棋の勉強をたくさんしていると有名ですが、
インタビューなどで勉強していますかと聞かれると、
していませんと答えるのは何故ですか。
昔は全然してなかったんですよ。詰め将棋くらいで。
スポーツ新聞とかの詰め将棋が解ければいいだろうとか。
自分の中でそこまで分かってないんで、そこまで勉強してるとは思ってないんですけど。
今日の解説も勉強といえば勉強かもしれないですけど、どこまで勉強と言っていいのか。
前よりは将棋に接する時間は増えたかなと思います。
井道女流「若手は週に何回も研究会をしているって聞きますけど」
屋敷九段「週に2、3回やったらパンクします」

モバイル中継をよく見ているのですが、
屋敷九段が独特の作戦で指しているのを見て、あこがれて真似してみたのですが、
難しくて攻めをすぐ切らされてしまいます。
こつや思い入れを聞かせてください。
攻めを継続させるということですかね。
玉形が薄いんでカウンターくらうと負けちゃうんですよ。
渡辺棋王とかは玉を固めて細い攻めを繋げてと言われてますが、
私が最近やっている2枚銀模様というのは、
攻めが切れるということはそんなにないんですけど、
玉形が薄いのでカウンターで負けるというのはよくあるんですよ。
真ん中か3筋か2筋かどこまで攻めが続くのか。
実戦をたくさん指して経験値を積み重ねるのがいいと思います。

最年少タイトルを取った時の、率直な感想を聞かせてください。
率直な感想ですか。ずいぶん前なんでどんな感じだったかあまり覚えてないんですけど、
もちろん嬉しかったんですけど、びっくりという感じのほうが強かったですね。
当時中原棋聖と棋聖戦だったんですね。
確か名人に復帰された頃で、その前期も挑戦していて敗れたんですけど、
その時も最初に2連敗して、こんなもんかと思ったらそこから3連勝でびっくりしました。
対局は無我夢中でやってましたけど。

屋敷先生の伸之という名前は珍しいと思いますが、名前の由来を教えてください。
屋敷九段「うちの親に聞いてください(笑」
井道女流「お子様の名前をつけるときはどうされましたか」
屋敷九段「いろいろな本を読んだり研究したんですけど、
最後はなんとなくで決めました」
井道女流「私は何で千尋ってつけたのと聞いたら、
画数で名前をつけても結婚で苗字が変わると画数が変わってしまうので、
下の名前だけの画数でいいようにと。
最終的には千尋かわいいじゃーんみたいな感じで選ばれたみたいです」

リアル車将棋は、プライベートで見に行く棋士もいたと伺っていますが、
リアル車将棋や車にまつわる思い出話などを教えてください。
屋敷九段「ちょっとその日仕事がありましたので見れなかったんですけど」
井道女流「家で少し見てたんですけど、
すごい車が形も色もいろんな色があって、
将棋知らない人が見ても目で楽しめるような感じでした。先生運転免許は?」
屋敷九段「ここ最近は運転してないんですけど、
リアル車将棋は指す方はできると思いますけど運転するほうはできないでしょうね」

ここでリアル車将棋の棋譜を初手から並べることに。名局と屋敷九段評。

盤上では渡辺棋王が羽生名人の端攻めを逆用して反撃し、
アンケートどっちを持ってさしてみたいか
先手・渡辺棋王25.4%、後手・羽生名人33.8%、ニャンとも言えない40.7%。
解説に戻って、
屋敷九段「100%ない手は△1二歩ですけど、
まあこう言うと指されたりするんですけどね」
羽生名人はフラグの通り△1二歩。

井道女流「屋敷先生はソフトを使って研究されたりするんですか」
屋敷九段「自分の将棋を入れてみたり、点数高いぞーとか。
大体1000点くらいの差があれば終盤逆転されないんですけど、よく逆転されてますね。
読み筋とか見てるとなかなか難しい順なので、
これはなかなか指せないなあとか思ったりもするんですけど、
手順には意味があるので」
井道女流「私は対局終わった人に聞いちゃうんですけど」
屋敷九段「それが一番いいんですよ。
頼りになる人がいっぱいいるのはそれが一番いいんで」

羽生名人が辛抱した△1二歩に対して、渡辺棋王は▲1九飛。
後手からの△1八角を防ぎつつ、2一の桂馬の動きを牽制する手とのこと。
お互い手を消しあってるのかな?

それに対して羽生名人は△5四歩。
王様が5二にいるので玉頭の歩を突き出す不思議な手。
屋敷九段「渡辺棋王が角を手放したので、
ちょっと変化球的というかゆっくりした展開にもちこもうということですかね」

次の一手アンケート
▲7六金14.0%、▲2五歩27.3%、▲9六歩19.8%、その他38.9%。
その他の「手番だからおやつを食べようか」というのが有力と屋敷九段。
といったところでおやつ到来。
渡辺棋王は手番でおやつを迎えることに成功しました。

ニコ生のおやつはバトンドール
kiou1-6

現地では両者チョコレートケーキ
kiou1-7
屋敷九段「チョコレート対決ですか」
井道女流「バレンタインが近いからでしょうか」

渡辺棋王はおやつを挟んで30分以上のかなりの長考になりました。
ニコ生は一旦休憩に。
渡辺棋王は大長考の末▲2九飛。
さっき2九にいた飛車を▲1九飛とやったばかりなんですが、すぐに戻ってきました。

解説再開
井道女流「▲1九飛車は△1八角があるので受けたんでしょうと言っていたんですけど」
屋敷九段「先ほどと違って玉頭の歩がついてあるから、
戦いになってもいいということでしょうか。いいかどうかはまったくわかんないです」

質問メール
以前ニコ生放送で、屋敷先生のことを三浦九段が神って言ってましたが、
屋敷九段から見て三浦九段はどういういった方ですか。
また、普段の三浦九段の様子も教えてください。
神です。勝負の時には鬼になるといったイメージが大きいですかね。
普段は結構おだやかですし、もちろん研究のときは熱心ですし。
研究会という形でやるんですけど将棋はまったく指さないです。
テーマ図を持ち合ったり、詰め将棋を解いたり。
結構長い間やってると思います。10年はやってないですけど7、8年くらい。
その間に指した局数は10局あるかないかですね。

木村八段が羽生先生に挑戦した王位戦のTwitter解説で、
飯島七段が、屋敷九段や横山六段、木村八段と研究会をしていると言っていました。
研究会とはどんなことしているんですか。
まあ真面目にやってますよ。こちらは実戦メインでその後検討するという形式です。
3人が先にやっていて、私が後から加わったんですけど、
3人は多分飯島七段が奨励会の頃くらいからかな。
長い付き合いで、3人の掛け合いが面白いですよ。
多分深夜A時より息ピッタリなんじゃないかな。
※深夜A時は佐藤紳哉六段と飯島栄治七段のユニットです。

タイトル戦のシステムが各々違いますが、
屋敷先生の各棋戦に対するイメージや、相性などを教えてください。
持ち時間が違うとかいろいろあって各棋戦に特徴があるんですね。
それぞれ新聞社の方がいらっしゃるので、いろいろ気を使ってくれるんですけど
どこいっても楽しいですよ。
棋王戦は今回は宇都宮で次回が北陸で、地方を回っていくというのが多いです。
普及に関しても尽力いただいて。
棋王戦は毎年北陸に来るので、井道女流は2月が待ち遠しかったらしいです。

盤上では渡辺棋王がじっと▲6八玉。
△1八角は先手にも手を作らせてしまうので、いつ決行するのか難しいとのこと。
羽生名人が、次に△8五歩から攻めていきますよ、
という△9三桂を指して、渡辺棋王が動いていきました。
屋敷九段が、普通に対応したら悪く無いと思ってるということなのでは、
と言ったところで羽生名人が普通の対応。
しかし屋敷九段は先手の方が少し指しやすいと思うと見解が分かれます。
渡辺棋王がじっと▲2九飛と引いた手を見て、
屋敷九段「局面自体はそんなに悲観してないでしょうけど、
何が飛んでくるかわかんないというのがね」
ここまで羽生名人より渡辺棋王の方が時間を使っていると言う珍しい展開です。
その後羽生名人が席を外し、渡辺棋王の様子を見て
屋敷九段「あんまりいい感じとは思ってなさそうですね、この様子だと」

質問メール
大晦日の森下ツツカナ戦を見ましたが、その時の秒読みが1手15分でした。
今はどの棋戦も秒読みは1分が多いですが、ミスを減らせるなら何分がいいですか。
井道女流「慣れてしまったので1分がいいです」
屋敷九段「30秒だと短い感じがしますけど、1分ならまあいいかなと」
井道女流「考慮時間はこまめに使うのとまとめて使うのと、先生はどちらが多いですか」
屋敷九段「場面場面によりますけど、結構まとめて使うことが多いかなと思います。
秒読みは長ければ長い方が楽ですけど、いつ終わるのかというのがあります。
ミスは減らせるはずだと思いますけど。
企画としては非常に面白いんじゃないですか、森下ルールみたいな。
人間同士でやったら体力がある人が強いとかかもしれません」
井道女流「女流の対局で40秒というのがあるんですけど、
普段30秒なので、20秒と言われた後に1、2と読むんですが、
秒読みが来ないので不安になっちゃって、最初の頃は30秒ぎりぎりで指してました」

羽生名人は端を逆用して成香を作った渡辺棋王に対して、
さらに逆用して飛車を取りに行くという手を選択しました。
渡辺棋王は残り25分に。

渡辺棋王は飛車取りに▲7六桂。
実戦的には嫌な手で、そう簡単に終わる感じではないと屋敷九段。
その後検討を進めて急に渡辺棋王がやれるように見えてきたと評価が変わりました。
渡辺棋王はそのまま羽生名人の飛車を追いつつ、自玉の逃げ道を広げ、
井道女流「現地も後手変調と見られているようです」
屋敷九段「そうですね。▲7六桂はくらったなという感じの手でしたね」
そこで羽生名人が桂馬で飛車金両取りにする手を指して、
屋敷九段「すごい勝負手が飛んできましたね。相当指しづらい手だと思うんですけどね」
プロはみんな先手がいいと思っているんでしょう。

この局面だと渡辺棋王は、しばらく面倒を見て最後に飛車を取れば勝ち、
という方針が決まっているので楽とのことです。
屋敷九段「これはちょっと流石にきついなあと。
逃れられなくなってますからねこの局面だと。
時間が無くても間違いないようがないというか、直線で負けみたいな感じなので」

kiou1-8
渡辺棋王の姿勢評価関数は勝勢といったところか。

屋敷九段「急に形勢が傾きましたね」
井道女流「終盤に入ってからの本当に数手という感じでしたからね」

立会人の大内九段も対局室に入室。投了が近いのか。
羽生名人の△8七金を見て、
屋敷九段「ああこれは次の▲2二飛車で投了じゃないですかね」
そして渡辺棋王が▲2二飛と指したところで羽生名人の投了となりました。

屋敷九段
かなり見所のある難しい将棋でした。
渡辺棋王の手が難しくて、中盤羽生名人のペースかなと思ったんですけど、
▲7六桂が上手い手だったかなと。直線の変化で優勢にしてしまったので。
その前の△3四銀がどうだったのかなということになりますね。

現地大盤解説に渡辺棋王と羽生名人が登場
kiou1-9
渡辺棋王
そうですね、えーーーと中盤の手が難しい将棋だったんですけど。
飛車がなんか行ったり来たりしてた辺りは、
直線的な手だと負けになってしまうのでじっとしてたんですけど、うーん。
羽生名人
仕掛けていってあんまり成果が出ないまま収まってしまったので、
ちょっとづつ苦しい展開になりました。
その後もちょっと形勢もそうですし何やってるかわからない将棋でした。

現地の大盤解説でも△3四銀に変わってということで、変化をつっついてました。
控え室の△5四歩、解説会では△2七桂を主に考えてましたが、
羽生名人は談笑も混ぜつつ答えていて、切り替えが早いんだなあと思いました。
羽生名人は△5四歩について本譜よりましだけど…といった感想でした。

プレミアム会員限定配信の感想戦はこんな感じでした。
kiou1-10

結構取材のカメラでばしばし撮られてました。
横歩取りは端から桂馬や香車を拾う手段がすぐに出てくるので、
お互い桂馬や香車を打たれる傷を作らないように、
じっとしつつプラスの手を探すという展開だったみたいです。
渡辺棋王的には収集困難になってしまったので▲2五歩からいった、
という感触らしいです。
羽生名人の△3四銀に変えて△5四歩は、
羽生名人は後手が駒がないから先手玉を寄せるのが大変、
渡辺棋王は飛車が取れてれば最悪いい勝負なのかなあとのこと。
結局さっきよりはましだが結構長い勝負になるらしい。

個人的には序中盤はしょうがないしょうがないと言いながら感想戦を指していて、
中終盤はうーんうーんと唸りながら指しているのが印象的でした。

kiou1-11
感想戦はプレミアム会員限定ですから、アンケートも高くなります。

今日は横歩取りの将棋になりました。
横歩取りというと飛車角桂馬が飛び交う派手な将棋というイメージでしたが、
感想戦では渡辺棋王も羽生名人も「しょうがない」連発で、
相手の手を消しあう地味な部分を見ることが出来ました。
両者とも同じタイミングで「しょうがない」から「うーん」に変わるのも面白かったです。
中盤の途中からという感じでしたが、
読みで優劣が計算できそうになると「うーん」に変わるんでしょうか。
井道女流はニコニコ生放送初登場ですが、
結構自分の聞きたい手を屋敷九段に質問したり、
聞き手をしつつも楽しんでます感があって見ていて楽しかったです。

ニコニコ生放送では14日に朝日杯の準決勝と決勝、16日、17日に王将戦第4局、
21日に棋王戦第2局と将棋の生放送が目白押しです。
来月から電王戦FINALも始まり、見る将棋ファンにとっても忙しい年度末になります。
できれば全部みたいですけどどうなることやら。

第8回朝日杯将棋オープン戦、渡辺二冠が準決勝進出

今日は第8回朝日杯将棋オープン戦本戦、渡辺明二冠、永瀬拓也六段、
郷田真隆九段、屋敷伸之九段の間でベスト4が争われ、
渡辺二冠が準決勝に進出しました。

ニコニコ生放送では解説が佐々木慎六段、聞き手が熊倉紫野女流初段で、
大盤解説会が放送されました。

佐々木六段「戦型予想ですか?角換わりだと思います。
角換わり解説があまり得意じゃないんですけど…」
佐々木六段は繊細ではなく豪快寄りの振り飛車党なので、今日の解説は大変そうだ。

渡辺二冠対永瀬六段の対局は予想通り角換わりに。
振り駒で上に映っている渡辺二冠が先手になったので、
盤面の映像が普段と違い上が先手になっていて、
大盤はいつも通り後手が上になっているのでのですごい違和感でした。

すごいペースで進む渡辺二冠対永瀬六段。
佐々木六段「多分記録とってる人も大変ですね。これだけ早いと。これ早送りですか?」

熊倉女流「改めて注目ポイントはありますか」
佐々木六段「まあ渡辺郷田戦になるかどうか」
両者勝ちあがればタイトル戦と同じ組み合わせになります。

盤上は角換わり同型から乱戦に。
佐々木六段「これ実践例ありますか?」
永瀬六段が桂取りを手抜いて攻め合う手を指して、
佐々木六段「あ、これ見たことある」
お互いと金を作りましたが、まだ開始10分という猛スピードです。
前例は1局で先手が勝ったらしいですが、
後手の永瀬六段がこの手順を選んでいるので、何か用意があるのかといったところ。

佐々木六段曰く、
渡辺永瀬戦は棋譜並べしたことがないから初手合いじゃないかなあとのこと。
佐々木六段「普通は個性を出したいんですけど、
終盤まで研究しているってことですかね」
そして渡辺二冠が先に新手。永瀬六段はどう指すか。

熊倉女流「次の一手アンケートいきますか?」
佐々木六段「7六桂と4一歩とその他ですか?でも多分その他が正解ですよ?」
熊倉女流「1八角成りとか」
佐々木六段「あ、飛車取るこんなに普通の手を解説してなかった」
次の一手アンケート
7六桂33.3%、4一歩5.6%、1八角成り31.3%、その他29.9%。
すぐに永瀬六段は7六桂。

そして佐々木六段が解説で先手苦しいかなと言っていた手を渡辺二冠は選択。
佐々木六段「あれ、さっき苦しいって言ったのに。僕が間違ってたんですね」
熊倉女流が馬を取らないで桂馬を取る手を示し、
佐々木六段「熊倉さん天才ですね。こんな手が…ん?」
先手が王手角取りにされる手順を並べて、
佐々木六段「あれ?だめじゃん」

アンケートどちらを持って指してみたいですか
佐々木六段「私は後手で、解説でそう言ってるので」
熊倉女流「私はそれじゃ先手で」
先手・渡辺二冠18.1%、後手・永瀬六段69.4%、どちらともいえない12.5%。
永瀬六段がアンケートでは大優勢に。

佐々木六段「これ誰かプロの人コメントで教えてくれないんですかね?」
そしてコメントで出てくる自称プロ達。しかし…
佐々木六段「具体的な手を言ってくれる人が誰もいない…」

asahi21
優勢じゃないかと見られる局面でじっくり水分補給する永瀬六段。
今思えば渡辺二冠の姿勢評価関数が正しかったか。

しかし佐々木六段が先手がいい変化を発見。
佐々木六段「ようやくまともなことを考え付いたような気がする」
熊倉女流「流石ですね先生、本領発揮ですね」

ここでもう1回アンケート
先手・渡辺二冠31.1%、後手・永瀬六段47.7%、どちらともいえない21.1%。
熊倉女流「先生はどちらですか」
佐々木六段「私は3番です」

渡辺二冠はほぼノータイムで佐々木六段が解説した先手がいいという手順に進む。
佐々木六段「本気で考えたら当たりましたね(ドヤ!」
コメントの8五角を解説し、
佐々木六段「これいい手っぽいですね。
多分どっかのプロが8五角と打てって言いましたよ」
ここで熊倉女流が別の手を示しましたが、まさかの手番間違い。
佐々木六段「それ二手指し…」
熊倉女流「絶妙手に見えたんですけどね…」
二歩に妙手ありに続く新たな格言誕生か。

局面は先手がいいと佐々木六段。
金をただで取られるから選ぶわけが無いと思った手順で、
むしろ指せるというのを渡辺二冠が示しました。
佐々木六段「金取らせて王様を固めるというのは流石の手順だったと思います」

永瀬六段は長考後に2二桂とひねった受け。
佐々木六段「ここでは飛車取ってみたいですね。
なんかこうふんづまりみたいになってるから」
※2一と2二の桂馬が3一の王様の退路をふさいでいるという意味。ふんづまり。
そして渡辺二冠も飛車を取り、銀を王手と放り込んで
佐々木六段「渡辺先生は仕事が早いな。詰むのかな。
こういう手順で必死かけて勝ちってことなんでしょう」
ところが渡辺二冠が違う手を指して、
佐々木六段「今日はあんまり日がよくない」
私もテニスでホームランした時とかにこの言い訳を使おうと思います。
ほどなく永瀬六段が投了となりました。

佐々木六段「途中の形勢判断は私間違ってましたね。流石でした」

そして初手からの解説に。
佐々木六段「打った桂馬と金を取られちゃうけど王様が堅くなる、
というのが流石の手順でした」

隣の郷田九段対屋敷九段の対局がまだ終わりそうにないということで一旦休憩に。

質問メール
師匠の高橋先生はニコニコではアニメの話とかをします。
弟子のうち熊倉さんは露骨に引いていると言っていましたが、本当のところはどうですか。
熊倉女流「許せなくは無いですよもちろん」
佐々木六段「引いてるんですか?」
熊倉女流「うーん…昔は引いてましたけど全然許してます。オールオッケーです」
佐々木六段「許してあげてください、師匠を」
これは引いてそうだ。

そして郷田屋敷戦を初手から並べることに。
屋敷九段の主導で矢倉から、すぐに▲2五歩をきめての棒銀に。
屋敷九段はここ1年2年くらいで急激にこの手順を指すようになったらしい。
筋がいいとは言えないので、腕力が無いと指せないと佐々木六段。
屋敷九段は守りのはずの左の銀も攻めに使って大乱戦に。
熊倉女流「形勢はどうなんでしょうか」
佐々木六段「形勢ですか?ぱっと見屋敷九段がやれてると思うんですけど」
飛車取り放置や歩の頭に銀が出る手など華々しい展開の将棋でした。
郷田九段の桂馬のただ捨てに、屋敷九段が同飛成りと飛車を自陣に戻したため、
おだやかな流れになって後手ペースに。
同金じゃまずかったのかなあと佐々木六段。
最後は郷田九段が屋敷九段の王様に殺到して寄せきりました。
感想戦によると郷田九段の桂馬のただ捨てに、
同飛成りではなく同金と取れば先手勝ちだったらしい。
それを聞いた佐々木六段はご満悦。

この結果、次は渡辺二冠対郷田九段の対局になりました。
佐々木六段「普通に考えると角換わりとか矢倉なんですけど、
タイトル戦を戦ってますから、ちょっと外してくると思うんですよ。
渡辺さんが後手ならゴキゲン中飛車じゃないですかね」
※渡辺二冠と郷田九段は3日後に王将戦第2局を戦います。

戦型予想アンケート
角換わり14.3%、矢倉23.5%、渡辺二冠の後手ゴキゲン中飛車33.5%、
横歩取り14.8%、その他13.8%。

振り駒で渡辺二冠の先手に。
郷田九段は対局前に脇息を変える。脇息の格調が低かったか。

佐々木六段「角換わりか矢倉かな」
熊倉女流「矢倉押しです」
対局が始まり、郷田九段が角換わりを選択。流行ってすごい。

佐々木六段「この二人はちょうどタイトル戦の真っ最中なので、
ここを勝って弾みをつけたいんじゃないでしょうか」
先手の飛車が4八にまわる流行の戦型に。
佐々木六段「僕角換わりは人生で3回くらいしかやったことないです」

端から攻める手順を解説する佐々木六段
「これは金と桂香の2枚換えですけど、
守りの金を剥がしたことが大きい…かもしれない」
前例を並べて、この局面はちょっと先手持ちと佐々木六段が言った瞬間に、
渡辺二冠は前例と違う新手を指しました。
それに対して佐々木六段は3つくらい候補手を挙げましたが、郷田九段は違う手を指し、
佐々木六段「まったく当たんなかったですね。
こんだけ言って当たんないというのもすごいですね。
何でこの手わかんなかったんだろう」
そして…
佐々木六段「コメントでいい手流れてこないかな。
結構ここのコメント当てにしてるんですけどね」
熊倉女流の候補手を渡辺二冠が指して、
佐々木六段「流石ですね熊倉流ですね。天才です。渡辺クラスですよ」
振り飛車党なので角換わりの解説に苦労する佐々木六段
「定跡に詳しい誰か…プロの方が書いてくれると嬉しいんですけど」
コメント頼みである。

アンケートどっちを持ってみたいか
佐々木六段「僕は結構受けるのが好きだから郷田九段を持ってみたいんですけどね」
熊倉女流「じゃあ私は先手で」
先手・渡辺二冠40.0%、後手・郷田九段38.9%、どちらともいえない21.0%。
佐々木六段「お、激戦ですね」

郷田九段が歩を垂らす。
佐々木六段「と金を作られると攻めにくくなるんですね。
なのでこういう時に攻める技術がある人じゃないと、角換わりは指せないんです。
なので私は苦手です」
それに対し渡辺二冠は自陣角を打ちました。これがいい手だったようで郷田九段長考に。
解説によると受けてもどうも攻めが決まっているようだということで、
郷田九段も端から攻めあいに行きました。

というところで大盤解説がまさかの休憩に。機材調整?

休憩明けではいつの間にか郷田九段の王様が金銀4枚で守られている状態に。
渡辺二冠はそこを避けて端から手をつけて、
桂馬を入手してから金銀の壁を崩しに行きました。

形勢判断アンケート
熊倉女流「先生はどちらを持ちたいですか?」
佐々木六段「言うとだいたい逆なんですよね。
自身が無いほうを言えばいいんですね。じゃあ先手よしで」
熊倉女流「じゃあ私は後手で」
熊倉女流の逆張り定跡か。
先手・渡辺二冠44.6%、後手・郷田九段36.6%、どちらともいえない18.8%。

渡辺二冠が先に秒読みになるという意外な展開になりました。
郷田九段は角を切って来いと渡辺二冠の攻めを催促します。
渡辺王将が細い攻めをつなげるか、催促した郷田九段が受けきるのか、という展開に。
秒に追われて駒を落とす渡辺二冠とか貴重なシーンだ。
と思ったら秒に追われた郷田九段も駒を落として、
熊倉女流「おあああ!」
お互い駒を落とすぎりぎりの終盤戦で、
佐々木六段「私の予想では渡辺先生が結構勝ち、かなあ」
もはや予想である。
しかし終盤は渡辺二冠の攻めが切れませんでした。
飛車と銀と拠点の歩の3枚の攻めなんですけどねえ。
佐々木六段は竜取りにかまわず寄せに行く手順を解説していましたが、
渡辺二冠は竜を逃げて、
「逃げたのは冷静かもしれない。秒読みだから安全策をとってる感じですか」
しかし郷田九段は持ち駒をべたべた貼って粘りにいき、
佐々木六段「結構攻めあぐねているというか、素人目にはそう見える」
※素人目(六段)
さっきより見込みが出てきたのか郷田九段は駒音高く△5五桂。
そして渡辺二冠の金引きにノータイムで△4七歩成り。
何だか急に元気になったように見えてきました。
しかし渡辺二冠は頭を抱えながらも決めに行きます。

佐々木六段「これ絶対4一金ですよ。これ外したらもう…ねえ」
熊倉さんをあきらめますが飛び出すかと思って期待してしまいました。
佐々木六段「5六桂馬これも絶対当たりますよ。他の手を指したらちょっと。
私が当たると言った以上絶対当たります(ドヤ」
残念ながら?当たってしまいました。
しかし次の手は
佐々木六段「常識的には4五桂だけど…絶対ではない(保険」
渡辺二冠は4五桂でした。倍プッシュ行けばよかったのに。
その後も着実に攻める渡辺二冠を、
今日は安全に行くってことなんですねと言う佐々木六段。
佐々木六段「今日の渡辺さんはこうだと思いますけどね(慎重な手)」
熊倉女流「絶対ですか?」
佐々木六段「絶対…うん…」
渡辺二冠は佐々木六段の解説通りに慎重な手を指しました。
次の手は5三銀成りを予想
佐々木六段「今日はそういう日」
熊倉女流「絶対ですか」
佐々木六段「絶対…絶対じゃないかな。ちょっとここはね、考えたくなりますよ」
そして渡辺二冠は1一竜。
佐々木六段「今回は絶対じゃないって言ったから大丈夫」
ほどなく渡辺二冠の勝ちになりました。

佐々木六段「結構最後は差がつきましたけど、
途中まではどっちがいいか難しい戦いでした」

後手負けの局面にあえて誘導し、研究手順でばっさり斬りにいった永瀬六段、
先に変化して研究手順をかわし、王様を固める好みの展開で勝ちきった渡辺二冠、
序盤から定跡を外して自由に攻めかかる屋敷九段、
堂々と受けて立って桂馬のただ捨てから逆転する郷田九段、
1回戦からそれぞれの棋士の個性が良く出た対局だったと思います。
2回戦も堂々と攻めを呼び込む郷田九段に、細い攻めを見事に繋げる渡辺二冠と、
早指しの方が棋士の特徴や好みがよく出るのかなあと思いました。
また、解説の佐々木六段の選ぶ言葉が妙に俗っぽくて面白かったです。
聞き手の熊倉女流は、先崎学九段が
「女流のタイトルなんで全部持ってしまうのではないかと思うこともあれば、
アマチュア初段ぐらいじゃないかと思うこともある」
と著書で述べていますが、渡辺二冠のちょっとひねったような手を当てる時もあれば、
うっかり王手角取りされたり二手指ししたり、
確かに強いのか弱いのかよくわからないという感じがよくでていました。
個人的には、チャンスがあったら佐々木語録を使おうと思った一日でした。

王座戦第4局は豊島七段が羽生王座を圧倒!

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦五番勝負第4局は豊島七段が勝ち、
2勝2敗とタイトル奪取へ逆王手をかけました。

戦型は豊島七段が3手目に▲5六歩と中央の歩を突き、先手中飛車になりました。
中継Blogによると豊島七段が▲7六歩△8四歩に▲5六歩と突くのは4年ぶり8度目、
過去7戦は全勝のようで、滅多に抜かない伝家の宝刀といったところでしょうか。
羽生王座は意表を突かれたはずで、どういう対策を採るのか注目されましたが、
穴熊にして堅く囲うのではなく急戦から押さえ込みに行く作戦をとりました。
羽生王座が玉側の端歩を突き、
豊島七段が端歩を受けずに角を出る積極策をとったところで昼食休憩になりました。
これまでの王座戦は豊島七段の手番で休憩に入っていましたが、
今局は羽生王座の手番で休憩に入りました。
持ち時間も羽生王座の方が使った状態で、
豊島七段の意表を突いた作戦が効いている気がします

ニコニコ生放送では13時から解説が屋敷伸之九段、
聞き手が中村桃子女流初段で大盤解説が始まりました。
屋敷九段「意表の中飛車」
放送開始くらいの局面で既に前例はなさそうとのこと。

リレー質問屋敷九段へ
普段どのようにして研究をしていますか。
研究は特にこういったものというのはないが、
詰め将棋を解いたり、中継を見て自分なりに考えたり。
棋譜並べはさぼりがち。見てだいたい終わりで盤に並べることはほとんどない。
棋譜データベースで全部の棋譜が見れるので、
対戦相手の傾向を見て自分がどう戦っていけばいいか考える。
対局に関して心がけていること。
時間に余裕を持って対局場に行くこと。
対局は相手との戦い、自分との戦い、時間との戦い。
1時間くらいは終盤に残しておきたい。
ただ相手もあるので、相手も時間を使うと自分も使ってずっと終盤までいい勝負、
ということになるので時間が切迫するようになる。

中村女流へ
普段体力作りとして取り組んでいること。
そんなにやってない。トレーニングにジムに行くとかはやってない。
ゴルフは最近やっている。たまにランニング。
屋敷九段は散歩くらいらしい。中村女流は30分くらいランニングするとのこと。

屋敷九段「この将棋はここから難しくて指し手が遅くなり、
結構眠くなるので記録の伊東三段に注目」
眠気に注目するのが忍者屋敷流。

初手から解説になり、穴熊は最近の将棋で急戦は古い将棋なので、
羽生王座の急戦模様は自分の形に持っていこうとしたのではないかとのこと。
豊島七段の▲5九角で前例が1局だけに。
先手は捌きを狙いたい。後手は押さえ込みたい。

形勢アンケート
先手:豊島七段20.4%、後手:羽生王座30.5%、にゃんにゃん49.0%。

山梨のこの対局場は名人戦で森内名人と羽生挑戦者のときに行ったことがある。
屋敷九段は観光旅行はあまりしないみたいですが、
平和島とコメントされて「そちらはたまにいきます」
中村女流は旅行行きまくりらしい。山梨信玄餅おいしい。
対局者は着物なのできなこなおやつは苦戦するとのこと。
おやつはケーキの人が多く、散らばらずに和服でも食べやすいとのこと。
初めて将棋のタイトル戦を見る人は、真剣勝負中におやつを食べるのに驚くらしい。

質問メール
屋敷九段の弟子の伊藤さんが10月に奨励会を退会して女流棋士になった。
伊藤女流に何かアドバイスはしたのか。機会があれば師弟コンビで解説をききたい。
今はまったく研究会はしていない。アドバイスもしていない。
中村女流「すごくいいこですよね」屋敷九段「ありがとうございます」
将棋に関しては何も言うことは無い。
女流棋士はイベントなどの仕事もたくさんあるので、
将棋より礼儀や私生活については言ったことがある。
屋敷九段「僕もあまり人のことは言えないけど」

屋敷九段はウインタースポーツはしますか。
中村女流はどこか滑りに行きますか。※屋敷九段は北海道出身
今年の夏は北海道出身の棋士を集めて、
東急百貨店が80周年ということでイベントをやった。青野九段が団長。
屋敷九段は子供の頃はイベントを見に来ていたので、
今はする方になり不思議な気分らしい。
小さいときは授業とかでもスキーをやった。公園の山とかでもすべった。
最近やる機会はあまりない。去年の冬に十数年ぶりに滑った。普通に滑れた。
スキーは野月七段が有名。
中村女流はスキーもボードもしたがボードは怖いのでスキーになった。
新潟は結構いく。去年北海道にいった。ニセコとか。普段は新潟が多い。

中村女流と同じ高橋門下の黒沢三段が新四段になったが、
弟弟子と指すことはあるか。
一門の研究会で師匠の家で指したことがある。
すごいちっちゃかった記憶がある。10年近く前。最近はまったくない。
最終日昇段争いが下のほうだった。何があるかわからない。
中村女流は師匠のブログをたまに読むらしい。

地方にいるので対戦相手がいない。ネット対局も味気なく思ってきた。
自分で将棋カフェ経営とか成り立つと思いますか?どうしよう。
どこか遠征したりとかそういう形になるのでなかなか難しい。
将棋カフェはまったく責任がもてません。
女性は道場よりカフェの方が指しやすいのではないか。

ここで豊島七段は屋敷九段が怖いけど突っ張るならと言っていた▲5六飛車を指す。
その後記者の方が対局室に入ってきて、おやつの注文をとっていた。
真剣勝負の最中におやつの注文を取りに来る人と答える人と、
確かにおかしな光景かもしれない。

豊島七段の▲5六飛車について、
屋敷九段「豊島七段が強い手を指してきたので、
のんびりした手だと先手がよくなってしまう」
強い手には強い手を返すのがセオリーと羽生さんも言っていたような。

その後ちょうど気象衛星「ひまわり8号」を乗せた「H2A」ロケットが発射になり、
何故かロケット発射の映像を見てはしゃぐ中村女流を眺めるという謎番組に。

解説では何か先手が良くなる順がありそうな局面で、
よさそうな手もたくさんあるので豊島七段は長考するのではないかとのこと。
羽生王座は広い局面にして手を渡したのかもしれない。
屋敷九段は豊島七段と結構対局したが、
負けてばかりで初めの1局だけゆるめてもらったけど後全部負けてますとのこと。
対局中の豊島七段はのめりこむような表情になっているらしい。

質問メール
棋士の魂という本で屋敷九段の棋聖時代のインタビューを読みましたが、
将棋の勉強はスポーツ新聞の詰め将棋くらいで、
1日1分から3分とか書いてありましたが本当ですか。
また、変化がおきたのは何年前くらいで、きっかけは何ですか。
棋聖時代の事は本当。運があったんですかね?詰め将棋やっただけで。
当時は力で勝負みたいなところがあったので、
でたとこ勝負じゃないですけどどうやっていこうかなくらいですんだ。
変化がおきたのは結婚したあたりから。
このままやっていてもどのくらい勝てるかわからない、と考えるようになって、
ずっと現役ができるかどうかも分からないから、
できるうちにやっておこうということで。ちょっと遅すぎた感じはしますけど。
昔は痛い目に合っても直そうとは思わなかった。
基本的には勉強方は変わっていない。
詰め将棋の手数は長いのは数えていない。
300や400くらいあるのもあるので何手あるのかわからない。
手数が長いからといって難しいというものでもないので。
30手から40手くらいが一番難しいと思う。
こつは詰む形をたくさん覚えること。後は作者の狙いを考える。
狙いが無い詰め将棋はときにくい。

ボートレース好きの屋敷九段に、
レースの魅力や競艇場のそれぞれの魅力についても教えてください。
※屋敷九段は日本モーターボート選手会外部理事でもあります
6人で戦う。スピード感がある。いろんな選手がいろんな方法で勝利を目指している。
そういったところが魅力。個性的な選手が多い。
若い選手がたくさんいるし、女性選手もたくさんいて、
男女混合戦や70歳過ぎた現役選手もいる。そうそう加藤御大。
老若男女入り乱れていてそこは将棋にも似ている。
インが逃げる時は誰がしかけるとか読むのも楽しい。
平和島はどこが勝つかわからない。
江戸川は波立っている。上手い人とそうでない人の差がでてくる。
多摩川は若い選手が強いイメージ。
食堂もあるのでB級グルメが楽しめる。
見て食べて楽しめる感じ。竹部女流も競艇に詳しいらしい。

今日のニコ生のおやつは神戸のチョコレートハウス モンロワールより

ブランデーが入っているらしい。屋敷九段「大丈夫ですよね?」
屋敷九段「おいしいですね。食レポなかなかできないですね」
おやつを食べながら羽生王座が座りなおすのをにこにこ眺める、
という謎番組になったところで一旦休憩。

羽生王座は当初の押さえ込み作戦から変更して捌く手順を選択。
しばらく一本道な手順らしく、解説通り飛車交換に。
捌きあう手順は羽生王座が勝負手を放ってきたように思うとのこと。
形勢も豊島七段が少しいいのではないかと屋敷九段。

形勢アンケート
先手:豊島七段41.4%、後手:羽生王座22.9%、ニンニン35.6%。

羽生王座はフルーツ盛り合わせ。豊島七段はチーズケーキ。
豊島七段は王座戦のおやつはずっとチーズケーキらしい。
その割には先ほどおやつの注文を取りに来たシーンで考え込んでいたような。

現地の佐藤紳哉六段からティロフォン
佐藤六段「もしもーし。だれでしょう。もしもーし」
中村女流「佐藤先生ですね」
佐藤六段「もうわかっちゃったんですか?少しヒントとかだそうとおもっていたのに。
砂糖のように甘い言葉でしんやにきみをうんたらかんたらです」
とうとう全部言うのが面倒になった模様。
現地では検討は今はあんまりしてない。解説会に行ったり。
香川女流王将がきて仲良く並んでいます。お互い恥ずかしそうな感じで。
8四銀と取る手は意外で全然検討されてなかった。(屋敷九段が勝負手と言った手)
この手は羽生さんのほうが苦しそうかなと思って検討はされてなかった。
羽生さんがどういう手を用意しているのか、思惑を測りかねている。
佐藤六段「中村桃子さんSSFに入りませんか?」
中村女流「生放送で勧誘ですか?」
逃げてーのコメントが多数流れる。
佐藤六段「SSFは会員の数だけなら結構いる。1度来たら会員になるシステム。
好きな会員番号になれるシステム。
今言ってもらえればそれを入会手続きとさせていただきます」
中村女流「考えておきます」スルー力炸裂である。
室谷女流や藤田女流も会員らしい。
佐藤六段「1度来ちゃうと会員。退会できないシステムにうちはなっていますので」
その後何のつなぎもなく豊島七段の作戦の話を真面目に始める佐藤六段。
コメントでも急に真面目になったと突っ込まれていました。
佐藤六段「序盤中盤終盤隙が無いとか最近よく言われてるじゃないですか。
この後中盤終盤の隙の無い指し手を見てみたい」
中村女流「羽生王座の印象はいかがですか」
佐藤六段「はぶさん…も強い…
アドリブに弱いと言われてますがその通りなのでいきなり聞かないでください」
最後に次の電話の時には会員番号考えておいてくださいと言ってました。
どんどん追い込んでいく佐藤スタイルとスルーの達人中村女流。
SSFブログ 佐藤紳哉六段とその仲間たち

質問メール
ニコニコ生放送で解説をはじめたことで、周囲で変化はありましたか。
声をかけられたとか、本の売り上げが上がったとか。
自分は羽生さんと谷川さんくらいしか知りませんでしたが、
たくさんの棋士の名前を覚えました。
注目される機会が増えた。電王戦もそう。
たくさんのファンの方、将棋をまったく知らなかった方にも注目されるのはありがたい。
新たなファンが増えた。何だか分からないけど見てて面白いとか。
きっかけがないと知る機会がないので、機会がたくさんできたのはありがたい。
真剣な姿もいろんな人に見てもらえるのでありがたい。
電王戦タッグについて屋敷九段「ペアを組むのがいいですね。平和です」
森下集めなんてちょっと前まで考えられなかった。
何でもありみたいな感じなのがいい。
視聴者とのつながりがあるのがいい。すぐに返ってくるので。
今までは解説をしていてもこれでいいのか分からなかったので。

初めて将棋会館の道場に行きました。将棋盤を挟んでの対局は楽しかったです。
小学生に軽くひねられたりもしましたが、
最後は6連勝で連勝賞の羽生先生の手ぬぐいをいただいたのでうれしかったです。
次に東京に行くのは正月なのですがやってますか。
実際人と指すのは楽しいので是非とも来て欲しいですが、
お正月はだいたいどこも休み。
本当はそういう日に営業するのがいいんでしょうけど。

羽生名人が小学生名人になった時、解説の大山名人が、
順調に行けば将来ここにいる谷川名人といい勝負ができると言ってびっくりしました。
ずいぶん大胆なことを言うと思いましたが本当にそうなって慧眼に驚きました。
子供でもそういう人はいるんでしょうか。
いるんですよ。なんだこの強さはという人は。結構忘れちゃうんですけどね。
その年屋敷九段もでていた。後1回勝てば羽生さんと対戦できた。
自分に勝って対局した人はもう羽生は強いみたいな感じだった。
指導していてもこの人は筋がいいなとかは分かる。
子供は鋭い手を結構指してきて、
押さえ込もうとして吹っ飛ばされるのはよくあるとのこと。

羽生王座は△5五銀。即座にこれで負けならしょうがないだろうという手と屋敷九段。
ぱっと見でそんなことまで分かるらしい。
一直線の斬り合いの順を詰みまで並べて、単純な斬り合いは豊島七段の勝ちとのこと。
羽生王座が何か手を捻り出さないといけない。

屋敷九段は羽生王座に対して対局のときは気合や威圧感を感じる。
前夜祭とかでは気さくに話している。

対局場の様子を映している映像を見て、
屋敷九段「羽生王座の視線は7筋8筋の豊島七段の飛車の周りを向いている感じ。
このまま攻め合いは勝てないので何か受けの手を考えてるのでは」
羽生王座の手番で夕食休憩に。

次の一手アンケート
7一歩26.9%、9四角11.1%、6九飛12.3%、8四角9.6%、
4二金19.5%、その他20.6%。

夕食アンケート
うなぎ28.3%、中華29.6%、おにぎり21.7%、パン20.4%。

夕食休憩明けに羽生王座は△7一歩。豊島七段の飛車のすぐ上に打ちました。
北海道が産んだ大天才は視線で何を考えているのも分かるのかもしれない。
そして▲同飛成りで手数を稼いでから△5七角と攻め合いに。
あまり思いつかない組み合わせで手が広い局面なので、
豊島七段は長考するのではと屋敷九段。そして豊島七段は残り1時間に。
その後羽生王座は駒損ながら粘る順を選択。
豊島七段と羽生王座の指し手は共に屋敷九段の候補手の中から出ている感じで、
流石北海道が産んだ大天才はすごいです。
選択肢に出なかったのは、
苦戦を意識していそうな羽生王座が勝負手気味に出した△5七角くらいだったような。

19:57羽生王座離席。前局も劣勢な状態で席を立っていました。

盤上では豊島七段の囲い再生に羽生王座が自陣馬と長期戦の様相になりました。
私には羽生王座の粘りに何を指せばいいのか手が見えませんでしたが、
屋敷九段はさっさと豊島七段の攻め筋を披露。
豊島七段もどんどん羽生王座の王様を寄せに行きます。
そして間違わなければ勝ちだろうという局面で豊島七段が離席。
羽生王座も勝ったと思ったところで席を立つ癖があるって真田七段が言ってたなあ。
豊島七段が戻ると今度は羽生王座が入れ替わるように席を立つ。
ここにきて戦型は相トイレに。
羽生王座も残り10分になり、何分から秒を読むかとの記録係りの声に「ごぉ…ふん…」
かなり元気なさそうでした。
屋敷九段「受けてもきりが無いので△4七歩成り▲6二金で投了かなという感じ」
と解説したところでその通りに進み、羽生王座の投了になりました。
終わってからも両者無言でちょっと怖かったです。

屋敷九段「結構きわどい終盤になった。内容的には豊島七段が押してた。
うまく攻めをつなげて豊島七段が勝ちきった。流石に豊島七段隙が無い」

第4局は豊島七段が意表の中飛車でしたが、
数は少ないながらも7戦7勝と得意にしている戦型から序盤で少しリードを奪い、
着実にリードを広げて押し切るという、
まさに「序盤、中盤、終盤、隙がない」将棋でタイトル奪取に逆王手をかけました。
羽生王座がタイトル防衛に王手をかけている状態で、
先手中飛車を選択するというのは大胆な決断だと思いますが、
着実にリードを広げて勝つ横綱相撲で会心の一局だったと思います。

第5局は10月23日、ニコニコ生放送では13時から解説阿久津主税八段、
聞き手安食総子女流初段で大盤解説があります。
オールラウンダー同士の対局らしく、ここまで矢倉、角換わり、横歩取り、中飛車と、
戦型もばらばらで楽しいタイトル戦になっています。
第5局は振り駒で先後を決めますので、どんな戦型になるのか予想もつきません。
ちなみにponanzaの山本一成さんが第5局の観戦記を担当します。
対局中からtwitterで、
と興奮していましたが、無事に?観戦記が書けるということで、うらやましいっす。

山崎八段「わかってんのにやらないって病気ですかね?」

【悲報】山崎隆之八段が病気かもしれない【NHK将棋杯戦】


8月24日に放送された第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント2回戦、
屋敷伸之九段対山崎隆之八段の対局の、感想戦の動画です。
山崎八段は電王戦を見ていた方にはおなじみの、
横歩取りからのYSS新手△6二玉を、電王戦大将だった屋敷九段にぶつけてきました。
YSS新手には飛車を8筋に転換するひねり飛車を含みにする指し方が有力とされていて、
屋敷九段も▲7五歩と突いて飛車が8筋に行く道を作りましたが、
山崎八段の指し回しが見事で大優勢を築き上げました。
しかしそこから急転直下の大逆転負けで、感想戦ではぼやきっぱなしです。
そして巻き込まれる北浜係長。お疲れ様です。

動画の最後の音声は木村八段とのぼやき感想戦のもので、
山崎八段が大優勢になった後にぐだぐだになり、ようやく勝ったという将棋でした。
ちなみにこの時の解説も北浜係長。お疲れ様です。

乱戦気味の序中盤での見事な指し回し、一転終盤では大乱調という、
良くも悪くも山崎八段らしい対局でした。
どうしてこうなった。

この対局の棋譜 NHK 棋譜データベース

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

別冊NHK将棋講座 NHK杯将棋トーナメント60周年記念
もう一度見たい! 伝説の名勝負
NHK出版編集
¥1,620





記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ