棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

室谷由紀

羽生マジック炸裂!名人戦第4局は羽生名人が大逆転勝利

羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期名人戦七番勝負第4局は、
羽生名人が行方八段を破り3勝1敗と防衛に王手をかけました。

meijin4-1
朝の様子。羽生名人は寝癖もつけて絶好調か。

羽生名人の注目の封じ手は▲8六銀でした(みんな知ってた)。
立会人の大内九段は行方八段に封じ手の書いてある紙を見せてから、
大内九段「封じ手は▲8六銀です」
このパターンは加藤新手と同じ流れ…

最初の取材陣の撮影タイムについて
渡辺棋王「立会人によって時計止めたり止めなかったり、
その辺はもう適当なんすよ昔から。
まあ1分2分の話なんでね時計止めるっていうのも」

副立会いの話になって
渡辺棋王「名人戦は副立会いが2人なんで、若手も使っていかないと足りないんですよ」
室谷女流「今話題の橋本八段なんですけど」
渡辺棋王「どういう話題なんですか?(ニヤリ」
二歩を言わせようとする渡辺棋王。

meijin4-2
おはようございます。
室谷女流「先生はニコニコ生放送は久しぶりということですけど」
渡辺棋王「去年は5局目6局目を予定していたんですけど流れてしまったので、
今年は4局目以内でということになりました。
候補としては△8二角とか、△4二銀右とか、飛車を引くとか、
手が広い局面です。
先手も何か狙っているわけではないので、
どの駒を動かしても大きなマイナスにはならないので」
室谷女流「今回脇システムということになりましたけど」
渡辺棋王「常に相矢倉の1番手にはなってない、2番手3番手の戦法なんです。
ただ1番手の戦法がうまくいってないときはよく採用される戦法で、
行方八段も予想はしている戦型です。
今日は長いですねー…進み方としても遅いですし…」

行方八段は△7二飛。

meijin4-3
似たような前例で先手が1六歩2六歩型の対局があり、
羽生名人が1七歩2五歩型に改良してきたので、
前例の△8二角は誘われている感じだから指しにくかったのではないか、
△7二飛は受けの手なので先手は右辺の攻撃陣に手を入れることになるが、
▲1五歩~▲1七香~▲1八飛と端攻めを狙う間に、
後手も攻撃陣が整ってしまうとのこと。

リレー質問
加藤九段から渡辺棋王へ
渡辺棋王は今後の名人戦についてどのような意欲をもっていますか。
渡辺棋王「いや意欲はあるんですよね。なかなか毎年少し足りないんですね。
5期目か6期目だと思うんですけど、勝ち越すんだけどなあ。8勝とかいかないとねえ。
今期久しぶりにプレーオフだったんですけど、4者プレーオフは久々でしたね。
いやだからね意欲はあるんだけどなかなか大変という。
去年広瀬君があがってきてね、今年天彦もあがってきて、
そのうち半分くらい後輩になると僕も厳しくなりますからね。
35くらいまでに出られないと僕も出られないでしょうきっと」
室谷女流「若手が入ってくるというのはどんな感じなんですか」
渡辺棋王「自分も20代だったはずなのにね、早いですよね」

山田女流から室谷女流へ
東京に来られてしばらくたちますが、将棋界以外のお友達はできましたか。
室谷女流「あー、できてないですねえ」
渡辺棋王「でも難しいですよね将棋界以外。僕も3人くらいしかいないけどな」
室谷女流「先生とフットサル一緒にやらせていただいて、
そこでのお付き合いは出来ましたけど」
渡辺棋王「でもそれ将棋界に片足つっこんでる人だよねえ」
室谷女流「今年は友達が働き始めて、東京に来てる人もいるので」
渡辺棋王「だいたい学校とか地元ですもんね将棋知らない友達って。
じゃあいないということで」
室谷女流「お友達募集です」
渡辺棋王「将棋にまったく関心がないって友達は俺いないけどなあ」

ここで初手から解説に。
脇システムが流行ってないのは先手が面白くないと思っているからで、
本来は脇システムを誘った先手の羽生名人がどこかで新手を見せる流れなのに、
後手の行方八段が先に新趣向を見せたというのが昨日の駆け引きとのこと。
羽生名人は解説通りの▲1六歩。

羽生名人が席を立って
渡辺棋王「進まないですよね。近年まれに見る進行の遅さなんじゃないですか。
昔はこんな感じで1日目は駒組みで2日目が戦いみたいな。
中原先生が言ってましたけど、
1日目は大山先生がどこに飛車を振るのか決めるだけだからって。
でもこれは本格的に戦うのは夕方以降という感じで。
持ち時間5時間の1日制の将棋でももっと進みますからね。
前回自分が解説してたときは夕休前に終わって、
今日は早く終わったーと思ってたんですけど」

室谷女流「今日は質問メールとかアンケートとか」
渡辺棋王「アンケートはもう飽きてるでしょ?」
室谷女流「ヒフミンアイとか」
渡辺棋王「ヒフミンアイも頭の中でやりますけどね。
本当に見に行くのは加藤先生くらいですけど、相手がいない場合はやる人もいますよね。
加藤先生は相手がいてもやりますからね、ヒフミンアイ。
相手がいないときにやってたら相手が帰ってきちゃって、
帰ってきてるのに気がつかないでやってるので相手が待ってるとかもありますね。
早くどいてよみたいな。
加藤先生の記録も録った事ありますけど、
だいたい朝机の位置を動かすことから始めるんですね。
観戦記者の座る位置もなくなっちゃうんですけど、観戦記者もそのつもりで来てるんで」
室谷女流「昨日の放送はご覧になられてましたか」
渡辺棋王「ちょくちょく見てました。いつも通りでしたよ。
講演会だった?まあ駒組みのねちねちした駆け引きの話より面白いんじゃないですか?
ちらっと見たら四間飛車対棒銀の大盤になってて、あーやってるやってると。
何で四間飛車なんだろう」

meijin4-4
早くも分厚い質問メールのプリント

質問メール
渡辺棋王に質問です。ゴールデンウィークに広瀬八段とヨーロッパに行かれましたが、
現地でのエピソードなどを教えてください。
そうですね行きました。えっと9泊かな。
土曜日に出て連休明けの火曜あたりに帰ってきたのかな。
話は去年の、1年前くらいからあったんですね。
ちょこちょこ話しを進めていって、
元々は広瀬君と佐藤天彦君とサッカーを見に行こうという話だったんですね。
みんなそれなりにタイトル戦に出る可能性もある立場だから、
いざ行くってなって僕と広瀬君がなんだかんだ都合つけて行けたんですけど、
佐藤天彦は棋聖戦で勝ち残ってしまって。
準決勝までは相談で日程がなんとかなるんですけど、
挑戦者決定戦はどうにもならないんですね。
僕と佐藤天彦は1回戦で当たってどっちか死ぬから、
それならみんないける可能性高いよねという話を事前にしていました。
準々決勝と準決勝どっちか負けたら行けたのに、挑戦者決定戦で負けてしまって、
だったら準決勝で負けた方がよかったのにねえ。
彼が一番楽しみにしてたんですよ。
クラシック音楽が好きで美術とか見るのも好きで、僕はサッカーだけなんですよ目的は。
そういう意味では残念だったというか、行った僕らは楽しかったですけど。
1日だけドイツで普及してきたんですけど、
現地にお勤めの日本人の方なのかなと思ってたら、あちらの方がたくさんいました。、
ドイツ人の子供たちに教える場所があって、6枚落ちくらいですけど普通に指せて、
僕も海外普及は知識がなかったので、
だから海外でもいるんだな将棋指す人がって。ってくらいかな?

緊急アンケートご職業は?
ある52.5%、ない47.5%。
室谷女流「今日の運営さん攻めますね」
渡辺棋王「どうせ正しい集計は出ないからなあ」

電王戦の最終局はやっぱり競馬に行ったのですか。
電王戦の日?最終局ですよね。私夕方からゲストで出るつもりだったんですよ。
午前中で終わっちゃったじゃないですか。
終わったけど出るのかなと家では思ってたの。
集合は僕3時くらいだったんです。
3時だから時間繋いどいてもらえれば出るのかなと思ってたんですけど、
昼くらいに連絡が来て今日はいいですって。
エキシビジョンやるからもういいですみたいな。
競馬は家では見てましたけど、土曜日だから。
最近競馬場行かないんですよね。家ならパソコンの前で動かないでいいし、
競馬場行くと動かないといけないじゃないですか。
競馬場に行って1日競馬やってると痩せるんですよ。動くし頭使うし。
でも家だと楽だし時間ギリギリでも買えるから。
でも馬券一度でも買った事ある人の方が多いんじゃないですか?棋士なら。
みんな考えるのが好きなんですね、勝負事も好きだし。
勘じゃないんですね競馬は。理論の裏づけがあるんです。

アンケート競馬
1回はある37.6%、結構買う19.6%、経験なし42.8%。
渡辺棋王「だからやる人が60%くらいってことですね」

もし自由に使える100万円があったら何に使いますか。
渡辺棋王「自由?どうですか?自分の金じゃないということですね?」
室谷女流「馬券購入とかありますけど(笑」
渡辺棋王「いや考えますよ自分の金じゃないんですから。
別に外れたって痛くないですし」
室谷女流「私は何だろう。旅行に行きたいですね。」
渡辺棋王「海外旅行に?」
室谷女流「ハワイとか行きたいですね。
ハワイに行って将棋の駒を買って、後は貯金して」
渡辺棋王「ハワイは竜王戦は行かなかったんですか?」

ここで電話の音。「もしもし」
まさかの対局室から。

渡辺棋王「こんなに音拾えるんですね。何の話してたんだっけ」
室谷女流「えーっと、あ、100万円の話ですけど」
渡辺棋王「自分のお金じゃないからなあ」
室谷女流「物とかで欲しいものとかありますか」
渡辺棋王「でも欲しいものはもう買ってるじゃないですか。
わざわざ我慢してるとか無いんで。
生活家電系だと明らかに必要になったら買うじゃないですか。
物はないかなあ。本当に欲しいと思ったら買いますからねえ」
室谷女流「やっぱり馬券が濃厚ですか」
渡辺棋王「とりあえず1回2倍の単勝を買って、倍になったら考える」
室谷女流「株はされないんですか」
渡辺棋王「株は持ってるんですけど、持ってるだけで1回も売り買いしてないです。
1年以上値段も知らないというね。
大和証券杯にでたときに、それを使ってやったんですけど、買ったまま放置。
あれ配当金って来るんですね。それを含めるとそんな大損してないのかな?
専門家じゃないから分かんないですけど」
室谷女流「桐谷先生とコメント流れてますけど、
大阪に桐谷先生のショップがあって、女子高生とか多かったです」
渡辺棋王「テレビは加藤先生のはたまに見るんですけど、この前はっしーのも見ましたね。
神吉さんと加藤先生の楽しみにしてたのに3分くらいしかなかったじゃないですか。
あの絡みはあんまり見たことないですよね。
あの神吉さんの存在感を消しちゃう加藤先生の存在感って凄いですよね」

室谷女流「まだ30枚くらいあるんですけど…どれにしようかな」

もしもお二人の自伝が漫画化されるなら、どの人に書いて欲しいですか。
渡辺棋王「漫画読んでましたか?」
室谷女流「姉はワンピースとか少年物語が好きなので、
私は少女漫画が好きなんで。今は持って無いですけど。
ちはやふるとか?途中でやめちゃいましたけど。
ワンピースは読んでましたけど33巻くらいです」
渡辺棋王「全然追いついて無いですね、今もう70いくつまで出てますけど。
私はかなり漫画読むので一人誰と言われてもねえ。
うみのちかさんも名人戦の取材に来られてましたね。
だから将棋の漫画って多いんですよねなんだかんだ。
今は月下の棋士は、でも知らないでしょ?産まれる前ですから。
ドラマになったの知ってますか?撮影とかあそこの神社でやってるなーとか」
室谷女流「鳩森神社ですか?」
渡辺棋王「そうそうそう。
この人一人って言われると難しいですね。
有名な漫画家さんに書いてもらえるならいいんじゃないですか」

渡辺棋王は体重を気にされていることで有名ですが、
実は体を鍛えまくっていて全身ムキムキと言う噂を聞きましたがどうなんですか。
渡辺棋王「運動が好きで体重管理は本当なんですけど、ムキムキは嘘ですね。
体重管理はタイトル戦に出るようになって、3泊4日で家を空けて食べるだけ食べてると、
すごい太るんですね、2キロとかあっというまに。
それ以来体重計を持って出かけるようになりました」
室谷女流「出かけるんですか?」
渡辺棋王「そうそうタイトル戦にね。
もともと3泊で行くと、それなりにがらがらに入れてくじゃないですか。
今何キロだから打ち上げでどれくらい食べるとかも考えるし、
戻すの大変ですから。冬とか戻らないですよね」
室谷女流「フットサルは体重管理の一種なんですか?」
渡辺棋王「それはそうでもないんですけど、一度管理しだすと数字が気になって。
ムキムキは明らかに嘘です」

meijin4-5
渡辺棋王「なんか戦いが始まりましたね。
具体的に角がぶつかってるので、取れってことですよね後手は。
先手は逃げる手は無いので取るんですけど、千日手はなくなりますよね。
絶対戦いが始まってっていう。
先手は▲4六歩とか▲6一角とかを絡めてどうするかってことですね」
羽生名人が席を外してる映像が流れて、
渡辺棋王「昼休み僕も寝ますけど目覚ましかけますからね。
対局中の休憩は和服脱ぐかはわかんないですけど、5分以上かかりますからね。
脱ぐのは1分ですけど着るのは5分以上かかりますから。呼びに来ませんからね。
羽生さんはたまにやりますねいなくなるっていうのは。
30分くらいロスしても別に痛くないっていう感じなんだと思います。
最初の頃はびっくりしましたねもったいなくないのかなって。
途中で20分30分っていう単位で、
別に時間なくなっちゃってもいいよっていう人はいないですよ。
糸谷君の場合は戻ってきますよね。
あれはあれで時間を無駄にしないぞっていう意気込みは感じますよね。
あ、戻ってきましたね」
記録係りが羽生名人に指されましたと言って、
渡辺棋王「これ記録係りが指されましたって言うけど、
そりゃ分かるよって思うんですけどね。
だってこれ相手の番だったら角取られちゃうじゃん。
昔記録とってて指されましたって言うと、刺されちゃ困るよって返す人いました。
さすって指じゃなくて刺す方ね。今も言ってる人いますけどね。
よくわかんない局面だったらね、9二香とか1個上がったとかなら言って欲しいですけど、
でも△4五歩って突いてそりゃ見れば分かるんだから、面白いよね。
自分が記録してたときは言ってましたよ指されましたって。
記録もやってると面白いですよね、対局室にずっといるから。
片方がいない時って片方が独り言を言ったりするじゃないですか。
だから記録係りはお互いの形勢判断が分かるっていうね、お互いのぼやきを聞いてるから。
でも記録係りは寝ますよね。
僕も何度も寝たことありますけど、
みんなが別に寝るからある程度しょうがないってみんな思ってるんでしょうね。
意地悪でそっと指されたら起きないですけど、ばちって指されたら起きますよね。
流石に何指したかわかるじゃないですかプロの卵だから」
室谷女流「神吉先生そーっと指されちゃって終わっちゃったらしいんです」
渡辺棋王「終わっちゃったってどんだけ熟睡してるの(笑」
室谷女流「わかんないので符号適当に全部書いたら、当たってたらしいですよ」
渡辺棋王「凄いですね。今は中継もあるしそんなこと起こらないですけどね。
昔は密室だからいろんなことできたと思うんですけど、
相手が二歩を打ったことがあるんですよ、佐々木慎さんなんですけど。
もう詰みだったんで、詰みってことでいいんじゃないですかと言ったんですけど、
中継されてるからだめだってことになりました。
さっきの電話もね、昔だったら出ないでしょ。今は気が抜けないですよ」
室谷女流「対局中は実際どうなんですか?」
渡辺棋王「もう慣れましたよねニコ生に関してはね。
無人カメラは昔からあるじゃないですか。でもそれは放送枠が決まってるじゃないですか。
なので放送開始の4時に姿勢を正すとか。でも今はずっとなので逆に気にしないとか。
3時くらいで敗勢なんだけど4時まで持たせるかとかも考えてましたけど、
今は全部映ってるから、おやつ食べる時とかもね。
ニコ生のスタッフとは最初の頃打ち上げで、
僕がおやつ食べるとこ映さないでくださいよって言ったら間に受けられたことがあります。
最初はニコ生のスタッフは新参者という意識があって遠慮していたんですよ。
運営スタッフの人とかとも話すんですけど、
そしたら間に受けて、おやつ映すのNGだからとか、
そんなん間に受けてたんですかって驚きました」

室谷女流「局面の方が進まないのでこの辺で一旦休憩に」
羽生名人「▲6四角!」
室谷女流「あ!」
渡辺棋王「見なかった事にして見なかった事に」
ということで休憩に。

休憩中に△同銀▲3五歩と進行。

meijin4-6
▲3五歩は意外な手とのこと。
いろいろ検討後、多分△同歩に▲4六歩ということだと思うが、
これを△同歩は先手の攻めが早いので後手は攻め合いに行く。
ただそれだと後手の攻めが早いような、
先手が一手負けてるような気がしなくもないのだが。
ということで先手は馬を作って、
後手の攻め駒を攻めるみたいな手も考えられるとのこと。

室谷女流「どちらを持って指してみたいですか」
渡辺棋王「うーん難しいですねえ。まあどちらも持ちたくない。
どっちを持ってもこの将棋は嫌ですね。
どっちが攻めてるのかわかんないですもんこれは」

アンケートどっちを持ってみたいか
先手:羽生名人27.5%、後手:行方八段21.0%、なんとも言えないニャン51.5%。
室谷女流「なんとも言えないニャンが多いですか」
渡辺棋王「まあこのパターンも飽きたよねー」

羽生名人は▲2六銀。

渡辺棋王「あ、また意外な手が。意外な手ばっかですよね」
室谷女流「棒銀ですよね。昨日の時点でここまでだったら、
加藤先生大喜びだったんですけど」
渡辺棋王「どうやったら先手が成功するのかが分からないんですけど。
後手から見たら、どうやったら悪くなるのかな、
どの手をやっても1局以上の形勢になりそうな。
そこを突く作戦なのかな?これは。
どの手も後手が少しいいんだけど迷わせるみたいな」

ところが△3四金、△4四金は先手の攻めもうるさそうで、
△3四銀で普通は先手無理。あ、△5一角の筋で無理じゃないか、とのこと。

室谷女流「手になっちゃうんですねえ」
渡辺棋王「手になるんですねえ。だから先手が警戒するのは△3四金なんですねえ。
でも結構先手が上手くいくパターンが多いんですね。
なるほど棒銀最強説が。こんな強引な棒銀でもいけるんですね」

meijin4-7
最強棒銀の図。△4四金や△3四銀だと攻めが続く。
ただし△3四金だと受かっているかも。

渡辺棋王「これは昼食休憩まで入ってもおかしくないです」
室谷女流「意外でしたか」
渡辺棋王「いや意外でしょうこれは行方八段にとっては」
両者席を外して対局室は記録係りだけになってしまいました。

質問メール
渡辺先生への質問です。
王将戦でおやつを注文されないことが多かったですが、理由は?
午前中のおやつも抜かれることも気になります。
渡辺棋王「あー頼まないことありましたかね確かに。
それは単純に体重調整です。その日の朝に食べるかどうかを決めます。
ちょっと体重が多いなと思えば頼まないし、
朝になってみないとわかんないですしね、体重が。
前の日の夜ご飯の量も旅館によって違うし。
思考には影響しないんじゃないですか?
糖分とると頭にいくとか聞きますけど、自分はそういう理由で食べてるわけではなくて、
ただ単に好きだから食べてます。
朝食べないで対局にいくとおなかが鳴ったら困るんで、
でもめんどくさいと思えば食べないし。早く起きないといけないんでその分。
普通食べるんですか?」
室谷女流「私は対局のときだけ食べますね」
渡辺棋王「まあ朝が遅いからなんでしょうね将棋指しは。
対局は10時だし、研究会だって10時でしょ?
そうすると8時代起床ですよね。7時代に起きるのは今日の解説のときくらいですよ。
目覚まし9時もよくありますよ。
普段将棋10時からだし、8時40分に起きて、8時50分のニコ生に備えてね。
昨日はもたもたしてて遅れましたけどね1分くらい」
室谷女流「コメントは書き込んだりするんですか」
渡辺棋王「昨日はしなかったです。たまに拾ってくれるとコメント流れてたかって」
渡辺棋王が朝のアリーナ最前列争いに参戦していることが発覚。
ニコニコ動画のプレミアム会員なことは以前の記事で紹介しましたが、
まさか8時50分に備えているとは。

渡辺棋王「頭を使って考えるから、
甘いものはいいってなってるんでしょこの業界は。
本来変でしょ将棋盤の前でケーキを食べるとか。
でも割と昔からそうなってるってことはいいんでしょうね頭には」

室谷女流に、3月の北九州将棋フェスティバルに行かれた方からです。
ファッションにおけるこだわりがあれば教えてください。
室谷女流「初めての質問きました」
渡辺棋王「でも女流の場合は服代かかりますよね。衣装代とか出ないでしょ?
男性の場合はスーツだから誰も見ないでしょ?実際どうなんですか?」
室谷女流「私は結構物を買うのが好きなんですけど、ほとんど服ですね。
必要な物じゃないですか。
スーツと違ってネクタイを変えればいいという感じじゃないので」
渡辺棋王「10パターン以上、相当散らしていかないとばれるでしょ?」
室谷女流「仕事と私服は一応分けています。
私服とかこだわりとかはないですか?」
渡辺棋王「僕は男性の中でも相当無頓着な方なので無いですね。
まあスーツとかは買いますけど、
昔中川さんにダメ出しされて、一緒に買いに行ったことはあります。
僕が竜王のタイトルを取った時なんですけど、
中川先生は研究会とかでもずいぶんお世話になっていたんです。
そこで渡辺君も竜王だから、そんな安い服きててもだめだから買いに行くよって。
中川さんがスーツを選んで僕が後ろで見ててお金出すだけで。
間違いないものを中川さんが全部選んでくれました。
テレビの時はこれを着るんだよとか、対局のときはこれ着ちゃだめだよとか。
本来スーツって正座するものじゃないでしょ。
ずぼんは1回でクリーニングってことも多いんですけど、
しわになって結構困りますよね」
好きなブランドとコメントに流れて
室谷女流「好きなブランドはあんまりこだわってないんですよね」
渡辺棋王「僕は言うのもはばかれるくらいわかんないんですよ。
でもそれは言ったら分かるものなんですか?
さっきから佐藤天彦君のコメントでてますけど、
彼と服の話をしても僕はふーんくらいしか答えられなくて、
そんな対等に彼と服の話できる人いるのかなって。
周りの人が分かってくれない趣味ですよね」
室谷女流「女流棋士は結構服を買うお店がかぶるんですよ。
それに同じ服がかぶる時があります。私は飯野さんとかぶったことがあります。
なので一緒の仕事の時は確認しようと。
高浜女流とは10個くらいかぶってて、趣味が一緒なんですね。
小物ならいいんですけどワンピースが全部かぶってるとか」
渡辺棋王「世間のみんなに人気のある本筋の服とかならかぶるんですかね。
対戦相手の服とかは見ないでしょ?
解説とかで一緒になっても…、まあ和服の色はちょっと見るかなあ。
それも袴とかも全部かぶるとかはないんで」

そろそろ昼食休憩ということで、
室谷女流「少し前に休憩に入りそうですかね?」
渡辺棋王「タイトル戦ではあまりないですかね。
普段は12時10分に休憩ですけど、出前を頼んでると12時とかに来るじゃないですか。
12時にねって頼むと11時55分とかに来るじゃないですか。
なので出前とってて自分の手番だと早めに休憩にってことはあります。
タイトル戦だと副立会いの人とか仕事を奪っちゃうので、
はいそれでは昼食休憩に入りますとか言うんですよ。
それでのどをうんうんってやって準備してるのに、
こっちでじゃあ休憩にって言うのもね」

素朴な疑問ですが、段位は何で九段までなんでしょうか。
渡辺棋王「そうですね、九段までしかないですからね。
例えば竜王戦は1期防衛で九段かな?他の棋戦だと3期とか。
何でですかねえ。でも十段ていうのは囲碁でも将棋でもタイトルなんですよ。
だから十段がタイトルだから?
加藤先生はそれこそ九段になってから何百勝もしてるから、
十段に移ったらとか総会でもでるんですけどなかなかそうはならなくて」
室谷女流「某先生が、
十段のタイトルを失ったら十段から九段に段位が下がったみたいって言ってました」
渡辺棋王「確かに十段から九段じゃ下がったようになりますね。」
室谷女流「もし作るとしたら加藤先生なんか何段になるんですかね」
渡辺棋王「十五段くらいになるんですかね?でも喜ぶんじゃないですか?
同じ九段ていうのがちょっと不満なんでしょうやっぱり。
あ、橋本君が入ってきましたね。宣言するために」

昼食アンケートの流れになって、
渡辺棋王「何でこれ各自でってならないの?
だってうな重食べたくないのに加藤先生がうな重って言ったら断れないじゃないですか」
室谷女流「ということはうなぎ?」
渡辺棋王「いや違うんですけど、
昔記録のときに、加藤先生が3000円くらい用意して待ってるんですけど、
じゃあ僕もうな重で、じゃあ僕もってなって、
一人違う人がいて君もうな重にしなさいってジョーク言われてました。
まだやってるんすか昼飯アンケートって。
これ2011年くらいからやってますっけ?まだやってるのアンケート。
でももうさあユーザーさんの方が詳しくなっちゃってるし、
ぶっちゃけ飽きてるでしょ?」

アンケート解説者二人のお昼ごはんを予想して下さい
ぶっちゃけ飽きてる39.6%、毎回楽しみにしてる60.4%。
渡辺棋王「楽しみにしてるんだー。毎回?しかも毎回?
あ、橋本君の発言を待たずに休憩に入りましたね。
人によるでしょうね何のために来たんだろうとか、
むしろ緊張してて助かったみたいな」

といったところで昼食休憩に。

室谷女流「ということで局面なんですけどまったく変わってないですね」
渡辺棋王「昼休憩明けから30分たってるんですよね?
考えどころですけど残り3時間でしたっけ?」
室谷女流「それではお昼何を食べたか」
渡辺棋王「あ!」
行方八段が△3四金。
室谷女流「今日の私タイミング悪いですね」

昼食は松永

meijin4-8
渡辺棋王「こんな写真撮ってたんだ」

meijin4-9
渡辺棋王「中継を見て勉強してるんですよ。
控え室ではどんな手を検討してるのかなーとか」

meijin4-10
渡辺棋王「森下先生がニコ生で勧めてたので一度来てみたかったんです」

meijin4-11
渡辺棋王「どうしても撮るって言うんで、まあ仕事だから仕方なく。
変だからお店でカメラ目線ではいって。周りの視線が耐えられないです」

羽生名人はお寿司。

meijin4-12
室谷女流「どれから食べればいいかわかんないですね」
渡辺棋王「僕は好きなものは残すタイプなので」
室谷女流「それじゃイチゴショートのイチゴは残すんですか」
渡辺棋王「僕はショートケーキのイチゴはいらない派なので、
むしろ邪魔だから最初に食べるみたいな」

行方八段はうな重。

meijin4-13
室谷女流「今日もうな重食べるって話もありましたよね」
渡辺棋王「昨日食べてるんですよ加藤先生が。
だから予算オーバーだということで」
室谷女流「棋士の方はうな重食べられる方多いですよね」
渡辺棋王「加藤先生の影響じゃないですか?
やっぱり強い人の真似をするっていうね」

詰め将棋の解答の後にプレゼントのコーナー。渡辺明の思考。

meijin4-14
色紙「勇躍」

meijin4-15
扇子「闊達」
今期の棋王戦の就位式用に作ったもので非売品とのこと。

室谷女流「一手進みました。▲1五銀と」
渡辺棋王「あ!ほんとだ!」

meijin4-16
渡辺棋王「これが成立するようだといよいよ棒銀最強説が」
▲6一角の筋を絡めてもそこまで先手がいいとも思えなく、
しかも手番が後手なので△8二飛とかわされたらどう指すんだろうとのこと。
行方八段は△8二飛。
渡辺棋王「あ、解説通り」

質問メール
以前ニコ生で本田小百合さんが、渡辺さんは料理教室に通ってるんです、
あ、言っちゃだめだったのかなあと言ってました。得意料理を教えてください。
渡辺棋王「月に1回か2回くらい作ってます。
料理教室には行ってますけど、それとは別に家で料理するのはそれくらい。
直接的なきっかけは妻の漫画が始まったからですね。
今までは基本的に自分が作る必要がなかったんで、
漫画は締め切りがあるから、忙しい時に惣菜とか外食だけじゃ飽きるから。
今3年目ですかね」
室谷女流「どんなレパートリーがあるんですか」
渡辺棋王「教室で習ったものをそのまま作るってだけです」
室谷女流「私も行きたいなとは思うんですけどちょっと面倒くさくて」
渡辺棋王「僕は普段男性だけのクラスに行ってるんですけど、
女性もいるとカテゴリは初心者教室なのに、
女性はど素人ってあんまりいないじゃないですか。
男性だけだと本当に包丁ってどうやって持つんだろうとか。
1回振り替えで行った事があるんですけどひどい目に会いました。
同じ7級クラスなのに女性は初段くらいあって平手で戦わせるみたいな。
なので男性は若い女性がいるから混合クラスがいいなんていうと大変ですよ」

私は将棋が難しそうだったのでまずはどうぶつ将棋から、
という理由でどうぶつ将棋を始めて、2級までは行けたのですが1級になれません。
室谷女流はどうぶつ将棋トーナメントに出場されていましたが、
何かこつのようなものや、よい勉強方法があれば教えてください。
室谷女流「私に聞くのは多分間違ってて、2級とか1級って十分ですよ?
女流棋士に会うたびに勉強してるって聞くとしてないよって言うんですけど、
すごい強いんですよ。これは定跡でとか言われても会話についていけなくて」
渡辺棋王「最近はやってないですね。一時期かなり研究したんですけど。
研究したら分かりそうじゃないですか小さいから。
後手を持つと引き分け以上という感じなんですけど、
素人同士だったら将棋に近い要素があって、結構頭使うのでいいですよ。
捨て駒があったり面白いです。
いい勉強方法は難しいですよね。何か本とかあるんですか?
この人は2級っていうのは十分強いんですね?
もう将棋の方に行かれてもいいんじゃないでしょうか、
ていうのが答えでいいんじゃないでしょうか」

その後飛車厨対角厨の話が出て、
渡辺棋王「やらないよ?でも飛車の守備力が強いんじゃないかな」

渡辺先生に質問なのですが、
現在の矢倉は▲4六銀▲3七桂の形になる前に△4五歩と反発して、
後手が有力だとのことですが、
今までより先手が攻勢に出れないからなのでしょうか。
細かいニュアンスをお願いします。
渡辺棋王「長いなあそれはー。
じゃあ飛車対角やろうか!15分くらいかかりますよ?これもあれも。
矢倉の解説か飛車対角をどっちか15分で。両方は無理だから」

アンケートどっちがいいか
飛車vs角41.0%、マニアックな矢倉解説59.0%。
渡辺棋王「矢倉の解説かあ」

meijin4-17
これが基本形。ここから▲1六歩が加藤流。
しかし▲4六銀が圧倒的に大流行してて、ずっとこれに対しては

meijin4-18
この対抗形が指されてた。
名人戦だと2年前の羽生さんと森内さんの、
ちょっとタイミングをずらした△3七銀がでたやつとか。

meijin4-19
この△4五歩は元々あったがすぐ下火になった。
子供の頃に覚えた定跡は△4五歩が良くないってほとんどやる人がいなかった。
2、3年前に塚田九段がこの△4五歩を指して、
コンピュータに指されてそれの影響とも言ってた。

meijin4-20
先手の▲4八飛に△5五歩。
これが菅井六段が去年のタッグマッチで指した超斬新な手。
割と後手が上手くいって勝った。
僕も直後A級順位戦で使って勝ったんですよ。

meijin4-21
△5五歩にかえて△9四歩が僕がJT杯で羽生さん相手に指して快勝した手。
でも△5五歩の発想がなかったら△9四歩はなかった。

meijin4-22
ここでの△7三桂の発見が流行している原因。
角がぶつかってる時に桂馬を跳ねるっていうのが。
角交換に△同銀ととって、▲7一角が怖くないというのが発見。

meijin4-23
今はこうなる。ここで後手に手が広い。

見直すきっかけは塚田九段。2年くらい前。
タッグマッチの菅井六段の△5五歩が流行するきっかけ。去年の秋。
僕がやった△9四歩がたまたまうまくいって流行加速。
この後どうなるかわからない。
ただ先手の▲4六銀が凄く減って、先手は角換わりが流行している。

室谷女流「先手として最も有力な作戦はありますかということなんですけど」
渡辺棋王「それが今日の脇システムとか第1局の早囲いとか、森下システムとか。
矢倉は今は後手が前例の通りに指していれば悪くならないということですね」

meijin4-24
対局者はフルーツ盛り合わせ?
渡辺棋王「行方さんど急所の局面だから食べてる場合じゃないのかもしれないですね」

meijin4-25
ニコ生のおさんじはDEMEL JAPANのザッハトルテ
室谷女流「家でおやつは食べられますか」
渡辺棋王「スナック菓子の食べすぎで口内炎できたもん」
室谷女流「嫌いな食べ物はありますか」
渡辺棋王「辛いもの全般、わさび」
室谷女流「タイトル戦で辛いものは出てきますよね」
渡辺棋王「出てきますお寿司とか」
室谷女流「お寿司のときはわさびは」
渡辺棋王「言いますよね」

meijin4-26
渡辺棋王はザッハトルテ秒殺。
渡辺棋王「このまま寝る勢いですよね」
午前のおやつも頼めば来るらしい。
棋戦によって午前のメニューが飲み物だけのものとケーキも入ってるのとあるらしい。

盤上では羽生名人が渡辺棋王の解説通りの▲6一角と指したところ。
この攻めじゃ寂しいとの解説でしたがどうなりますか。

休憩中に行方八段は△4三角。
▲同角成り△同金で後手の金が上ずるので解説していなかったと渡辺棋王。
しかし先手は歩を2枚損しているのでもう攻めるしかなく、
金が上部に厚いということなのだろうとのこと。
羽生名人は▲2六銀。いくら羽生さんでも失敗を認めた手だと思うと渡辺棋王。
これで△4四銀、▲1五歩、△3三銀、▲2六銀、と戻って、
後手番だからこれで千日手もありうる、
積極的に良くしていくなら△4四金が候補、
△4四銀▲1五銀に△2五歩も候補、良くしに行きたいとのこと。

両者のおやつ

meijin4-27
渡辺棋王「おー。食べすぎじゃないですか?」

その後両者席を外し、
室谷女流「両者いなくなって記録係りが一人」
渡辺棋王「屈伸とかあくびとか昔ならしたんじゃないですか?
今は映ってるから出来ないですよねかわいそうに」

meijin4-s
渡辺棋王「お、差し入れ」
両対局者が席を外した好きに救援物資を届ける気配りの大内九段。

質問メール
ナリキンという漫画を描いていた鈴木大四郎と申します。
渡辺棋王モデルのキャラクターを勝手に作ってしまいすみませんでした。
奥様の単行本発行が待ち遠しいかぎりなのですが、漫画は読まれますか。
また、ダメだしとかはされますか。ナリキンの感想もお願いします。
渡辺棋王「チェックはしています事前に。
将棋マンガ書かれてる方でも棋力は人それぞれですよね。
ハチワンダイバーの柴田先生とかは超強い。飛車落ちで負かされて内容も強かったし。
ナリキンも僕をモデルにしたキャラクターを登場させていただいて、
こちらこそありがとうございます」
室谷女流「読まれてましたか」
渡辺棋王「普通に出たら買って読んでました」
室谷女流「感想をとのことですが」
渡辺棋王「いやなんかねえ、自分がでてくると変な感じですよ。
名前は本名ではないんですけど、本名だとまずいんですかね?わたせみたいな感じで。
誰がどう見ても分かりますよねわたせ竜王とかだから。
米長先生とかもでてきてね、主要キャラで台詞も多かったですし」
室谷女流「奥様の漫画はどんなことを見るんですか」
渡辺棋王「これって将棋界では普通にあるのとか聞いてきたときに、
微妙なことは言いますけど、基本的には無いですね。
まずこの話を出していいのとかを見て、
出来上がったら符号とか図面とかおかしかったら困るから見てます」

電王戦最終局で室谷女流は読み上げをされていました。
序盤早々の投了にも冷静に対応しているように見えましたが、内心はどうでしたか。
渡辺棋王「室谷さんの『まで』とかでみんな混乱してましたよね」
室谷女流「3秒から4秒くらい対局者が映っていて、
横で記録係りの杉本三段と、『え!?』っていうのをやって、
一応言っておいたほうがいいよねということで投了と言ったんですけど、
内心すごいびっくりしました」
渡辺棋王「でも普通に読んでましたね」
室谷女流「最近NHK杯の読み上げもさせていただいているので
割と落ち着いてできたかなーと思いますけど、
それが無かったら動揺して何も言えなかったんじゃないかなと思います」

行方八段は△4四銀。
渡辺棋王「これで先手困ってるんじゃないでしょうか」

NHK杯の二歩の話になり、
渡辺棋王「わかりました?すぐ」
室谷女流「対局者の先生の反応を見て分かりました。
先日二歩を打ちそうになってびっくりしました。
残り2秒であわてて打とうとした手が二歩なことに気がついて、
とっさにかえました」
渡辺棋王「秒読みだとね。秒読みじゃないととりあえずその列確認しますけど。
僕も秒読みで二歩じゃなかったんですけど、
二歩を打っちゃったんじゃないかと思って『ああっ!』とか言っちゃったことがあって、
相手藤井さんだったんですけど終わってから謝りました。
その後こっち逆転模様になっちゃって申し訳なかったなと。
読みの中で二歩打っちゃってることは結構ありますよね」

羽生名人は▲3七銀。2歩損のうえ銀が1五から撤退してしまいました。

全棋士の中で渡辺棋王の解説が一番好きなので楽しみにしてました。
少し前から後手番で振り飛車を積極的に採用されていますが、
きっかけや手ごたえなどを教えてください。
渡辺棋王「振り飛車をやり始めたのは、
去年の王将戦とか棋王戦の防衛戦をやってたあたりなんですけど、
相居飛車の後手番が厳しかったんですね・
しかも相手が二人とも居飛車党で、
ずっと同じだと辛いので違う球を投げるという意味でやったというか。
昔から居飛車党が後手の番だけ振り飛車をっていうのは、
羽生さんも谷川さんもあったんですけど。
どれくらい戦果があがったかといわれると、
覚えてないってことはだめだったということだと思います。
振り飛車やればもっと勝てるかもってずっと思っているのも良くないので、
だからいろんなことをやってみるという意味でやったんですけど」
室谷女流「振り飛車党が居飛車党になるのは最近ありますけど、
居飛車の方が振り飛車になるのは珍しいですよね」
渡辺棋王「対抗形はただ裏返すだけだから指せるんですけど、
相振り飛車とかはいきなりやれと言われても難しいです。
タイトル戦で普通にやると後手の角換わりで45手目の局面くらいになって、
火曜日も金曜日もこっから受けに回るのかよーというのが嫌になるんですよ。
矢倉も角換わりも後手が苦戦となると振り飛車もと思うんですけど、
矢倉は後手もいけるとなったらじゃあ角換わりくらい何とかするか、
という気持ちになるんです」

盤上の解説に戻って、▲4六歩と突くしかないけど、
先手がちょっと困っているような気がする、具体的な攻めが無いとのこと。
室谷女流「押さえ込むこつとかあるんですか?」
渡辺棋王「丁寧に指すことじゃないですか?
さっきの△4三角みたく、丁寧に読んで大丈夫だとみるような」
羽生名人は▲4六歩。
渡辺棋王「結構手つきは力強いんですよねえ。
悪くないってことなんですか?もしかして」
しかし行方八段が席を外すと
羽生名人「いやー」
渡辺棋王「やっぱ無言の時間が長すぎて、何かしゃべりたいんですよ。
それで相手がいない時に声を出すっていうのはみんなやってます」
室谷女流「記録をとっていると、
はっきり言われる先生といやーくらいの先生がいますよね」
渡辺棋王「いやーくらいが多いんじゃないですか。
どっちでも良さそうに見えるんだけどなあとか具体的に言われる先生もいますよね」

プレーオフ渡辺久保戦のときに、田中寅彦先生が隣から盤面を凝視していました。
気がついたり気になったりはしましたか。
渡辺棋王「全然気がつきませんでしたよ。
後でいろんな人に言われて。写真とか見せられて」
室谷女流「渡辺先生は隣の対局を気になったりすることはありますか」
渡辺棋王「それはありますよ見ているときはあります。
こっちが盤面見てるから見るんです向こうも。
こっちがきょろきょろしていると目が合ったら気まずいんで」

羽生名人は怪しげな▲2三歩。

meijin4-28
渡辺棋王「言い方は悪いですけどミス待ちなんですよ。
正しく指せるかどうかっていうのが後手の問題なんです。
勝負としてはこういう感じで、後手が間違いそうな手を選ぶしかないですよね」

しかしその後の解説で先手が成功するパターンも結構あることが分かり、
渡辺棋王「これ時間があっても正しく対応できるかわかんないですよ。
正解は何だろう。あるはずなんですけど」
検討を進めて
渡辺棋王「変な手だけど△5三金?
でもこれで負けたら後からみんなに言われちゃいますよね。
普通に指せばいいのに何でこんな変な手指して負けちゃったのなんて。
その普通が分かんないんだよってことなんですけど」

meijin4-29
渡辺棋王「おっと何でこんなに人が?5時って休憩じゃないですよね。
休憩というと昼食休憩は棋戦によって違うんですよ。
1日制は12時で、2日制が12時半なんです。
それで2日制なのに11時50分とかに立会人が入ってくると、あ、これやばいぞとかなって、
観戦記者の方とかが小声で立会人に教えて慌てて戻っていくとかもあります。
うっかり12時で宣言しちゃったこともあるみたいですよ。
で、羽生さんに『ええー↑?』って言われちゃうんです。
多分羽生さんと藤井さんの対局だったんで藤井さんに聞くと面白いですよ。
羽生さんの物真似つきで。
後ろの女性?今スタッフの方が一生懸命検索してるんじゃないですか?
一人は朝吹さんで、初めてじゃないですよね名人戦は。
3年位前にNHKのニュースで芥川賞を受賞されて、趣味が将棋って出てびっくりしました。
若い女性で趣味が将棋って珍しいじゃないですか。
もう一人は青山七恵さんみたいです。
両方朝日新聞なんですか。朝日新聞で観戦記を書くのかな」

一旦休憩に。
休憩中に行方八段が普通じゃんの△3三金寄。

質問メール
解説のお二人に質問です。
今月両親が銀婚式を迎えました。夫婦茶碗を送ります。
お二人はご両親の銀婚式に何か送りましたか。
渡辺棋王「何周年でしたっけ?25周年?とっくに過ぎてるね自分は。
その上は?50年?それは無理じゃないかなあ。
うちは父親が結婚したの30代だと思うんで、80代はそれはそれで。
まったく忘れてたというか発想がなかったですね」
室谷女流「私は1年前くらいにありまして、
父親が母親に銀婚式に何かしたいんだけど、
食事に誘ったら娘達が一緒じゃないとやだって言われたって言われて、
それで銀婚式なんだと知ってお花とか贈りました。
メールの方はお茶碗を贈るみたいで、いいですねそれは。
その時は電車で4人で出かけることになって、2次会に行ったんですね」
渡辺棋王「家族でご飯食べるの2次会って言うの?」
室谷女流「2件目の居酒屋さんにいったんですけど、
その時に母親に渡した花を駅のトイレに忘れてしまったんです。
次の日駅に電話したら見つかって、取りに行きました」

室谷さんに、お勧めの映画を語ってくださいってきてます。
室谷女流「最近一個だけ見まして、今流行のビリギャルっていうのです」
渡辺棋王「で?語ってください」
室谷女流「すごく泣きました」
渡辺棋王「泣く系なんですか?」
室谷女流「楽しい感じの映画なのかと思ったら、映画館中の女性がしくしく泣いてました。
私は開始40分でもう泣いてたんですけど」
渡辺棋王「泣きに来てるんじゃないですかみんな」
室谷女流「あとコナンも見ました。一番新しいやつですね」
渡辺棋王「コナン一人で見に行きますかね?成人女性が」
室谷女流「対局があって空きの日があってイベントがあったので、
空きの日にコナン見に行きました。
漫画は見ないんですけど暇だから見に行こうかなと思って。
あ、でましたね、名探偵コナン業火の向日葵
あとは見ないですね。怖いのがだめなんで」
渡辺棋王「僕も怖いのがだめなんですね。ちょっとでも戦闘シーンがあるとダメ。
血とか絶対ダメ。射ち合いとかでもダメ。
クレヨンしんちゃんは見ましたよ子供の付き添いで。
ドラえもんは今年見てないですね」
室谷女流「ドラえもんは泣いたことありますね」
渡辺棋王「ドラえもんで泣くんですか?」
室谷女流「ジャイアンやっつけるシーンとかで」
ジャイアンやっつけて泣けるシーンって何だろう。

渡辺棋王は本局と同じ会場で、女流タイトル戦の立会人を勤められていました。
その時の話をお願いします。
渡辺棋王「あれ来てましたよね。応援でしたっけ?」
室谷女流「聞き手で行ってました。第2局ですよねあれは」
渡辺棋王「去年の秋くらいですか」
室谷女流「西山さんの中飛車だったと思うんですけど。
渡辺先生の立会いは初めてでしたよね」
渡辺棋王「やっぱりタイトル持っていると来ないのかな?
自分が正立会いだと副立会いの人が年上だと変だから、
それで人選が難しいんでしょうね」
室谷女流「どうでしたか実際されてみて」
渡辺棋王「自分が対局者で行くのと比べると気楽ですよね。
その分対局者が力を発揮できるような、後はスポンサーさんとが主な仕事なので。
でも自分が将棋指すわけじゃないので気楽で、楽しかったというとあれだけど。
裏話?そんなのありましたっけ。将棋も普通に終わって」
室谷女流「奨励会員同士でかなり話題になりましたよね」
渡辺棋王「三段に上がりそうだったけどちょっと残念だったってところですよね。
っていうくらいですか?
僕も立会いとして困るということも起きなかったし。そういうとこで」

meijin4-30
渡辺棋王「先手苦戦」

夕食アンケート
うなぎ11.1%、おにぎり13.9%、寿司18.2%、
チャコ(ステーキ)42.4%、その他14.3%。
室谷女流「チャコは私食べた事が無いんですよ。5回行って5回ともいっぱいで」
渡辺棋王「おおーチャコねえ。でも時間が無いんじゃないかなあ」

ここで夕食休憩に。
休憩前で行方八段は残り44分。

休憩明けて残り行方八段の残り時間は32分。
△3六歩は強い手だが反動も厳しいからやりにくいかなあと解説していたら、
行方八段はびしっと△3六歩。
渡辺棋王「いえー。勝ちましたって手つきでしたね。一番強い手で行きましたね」

室谷女流「私たちの夕食の結果が出ました!」

meijin4-31
室谷女流「じゃーん。チャコも惹かれましたけど」
渡辺棋王「チャコは本当に予算オーバーでしょう」

両対局者はおにぎり。

meijin4-32
渡辺棋王「わさびですかー。わさびのおにぎりなんて僕は超NGですけど。
まあわさび丼とか羽生さんが食べてましたけど。
僕は前の日メニュー見ててこんなの食べる人いるんすかねーとか言ってたら(笑」
コメントを見て
室谷女流「カツサンド4時って頼んだ人いるんですか」
渡辺棋王「丸山さんじゃないですか?」

解説に戻ると羽生名人の攻めが決まってしまい、
渡辺棋王「あれれおかしいですよ?になっちゃう…なんだろこれ」
その後王様が4三に逃げれば大丈夫かなとの解説で、行方八段もばしっと△4三玉。
羽生名人が▲4四歩で、取ると先手よし、△5三玉も先手勝勢、
△5二玉で後手が一手勝ってるかなあとのこと。急に追い上げ始めた羽生名人。
行方八段は▲同玉。

室谷女流「形勢が分からなくなってきたんですけど」
渡辺棋王「分からなくなってきましたねえ。
今までの流れで後手がいいとは思うんですけど、
ここからの3手であれってなるかもしれないです。
先手が駒得になってるんですいつのまにか。
これで先手が飛車を逃げた後に、後手にどれだけ大きな手があるかで、
無ければ先手がよくなったということかもしれないです。
いやー何があるんだろう」

meijin4-33
室谷女流「どうですか?様子は」
渡辺棋王「羽生さんも▲2四飛指したらどうするんだろう。あれー?
みたいに思ってるんじゃないですか?」
といったところで羽生名人が席を立ちました。
渡辺棋王「早く▲2四飛に何を指すのか見たいけど、ここでじっとね」
行方八段は激しく咳き込んだ後退席。
両者戻った後▲2四飛に△3五銀打。
渡辺棋王「追い込んだように見えましたがやはり足りないですね」

ところが行方八段が入玉を急いで△3五玉と指した手について、
ちょっと怪しくなってきたと渡辺棋王。

渡辺棋王「とりあえず▲1七銀で、いやー入れるとは思えないんですけど。
あ!銀打ちましたよ?あれれれれ?」
室谷女流「本日2回目の」
渡辺棋王「さっき作っても先手勝ちって変化無かったんですけど、
今普通に作れるから。実戦レベルでは相当迫ったんじゃないですか?
どうするんだろう。あれ?
ほらもうね、羽生さんも揺れ始めてますから。
先手が勝ちになってる?気のせいかしら。あれ?
駒割は損得無くなってるんですよ。先手は飛車取られてるのに。
代償ではっきり入玉できるとか、先手玉に詰めろがかかってるとかがないと。
もう1手も見えないんですけど後手の手が」

羽生名人は解説の▲3四金ではなく▲3三桂成。
渡辺棋王「ほら、▲3四金でも後手まずそうなのに、もっといい手ってことでしょ?
羽生さんが指したんだから」
ところがその後羽生名人の手が止まり
渡辺棋王「あれ?やっぱり間違ったってことなのかな?」
渡辺棋王の羽生名人信用度も結構高め。
また後手が良くなったか?というところで行方八段は残り10分に。

どちらが勝つと思いますか?
後手:行方八段20.4%、先手:羽生名人79.6%。
圧倒的信用度。
渡辺棋王「これは何でだろう。勝ってるように見えるんですかね。
どちらかと言えば後手が残してると私は思いますけどね」

その後△9六歩に▲9八歩で先手玉の詰みが1手伸びることが分かり、
渡辺棋王「後手が残してると思うけど分からないです。
これは対局者も分からないと思います。まだ。
△9六歩▲9八歩でまだ局面が複雑です」

羽生名人は▲3六香。
渡辺棋王「あ、取りました。ちょっと震え気味に」
その後渡辺棋王は先手持ちに手のひら返し。
羽生名人が席を外すとぼやく行方八段。

meijin4-34
羽生名人は苦悶の表情。しかし…。

渡辺棋王「▲5七金で先手勝ちが濃厚じゃないですか。ついに。
震えながら▲5七金じゃないですかね」
室谷女流「分かりやすいですね」
羽生名人は他の候補に挙がっていた▲5九香。
そこから羽生名人は城を構築しなおす激辛流の指しまわし。
渡辺棋王「逆転の可能性はほぼほぼ無いです」
そして羽生名人の王様が8八に再入城したところで、行方八段無念の投了となりました。

meijin4-35

渡辺棋王
一時は行方さんのほうがかなり良しなんじゃないかと思ったんですけれども、
羽生名人も▲3七桂△3六歩のところは、
どうにか形を作れればという心境だったと思います。
先手が▲1七銀と打ったあたりでかなり差が詰まったなと。
終盤は最後▲6八銀から▲9九歩で先手の受けきりが確定しました。
優劣不明の局面が続いて、将棋の面白さを堪能できる将棋だったと思います。

ということで羽生名人の大逆転勝利ということで第4局が終わりました。
羽生名人が棒銀に行って、行方八段に歩を2枚損したうえで銀を追い返されて、
再アタックを行方八段が跳ね返して、
やっと王様を入玉して勝ちだと思って王様を上がったらそれが落とし穴だった、
というなんとも不思議な将棋で、羽生マジックが炸裂した将棋でした。
渡辺棋王も度々加藤一二三九段みたいな悲鳴を上げていましたね。
羽生名人怖いっす。

meijin4-36
かなりの高評価。

将棋電王戦FINAL初戦は斉藤五段がAperyに勝利

いよいよ今日から始まった電王戦ファイナル、
初戦の斉藤慎太郎五段対Aperyの対局は、斉藤五段が勝利しました。
斉藤五段おめでとう!

タイムシフトで視聴できます

den1-1
これが電王手君から進化した電王手さんだ!

今日の将棋は、後手番のAperyの角道を止める四間飛車に、
斉藤五段が穴熊に囲おうとしたところで、
Aperyから大乱戦を仕掛けるという展開になりました。

この局面は解説の鈴木八段や木村八段は後手が無理をしているという見解でしたが、
夕方くらいに現地で解説していた糸谷竜王は先手がいいけど勝率は53%、
鈴木八段は80%勝つよHAHAHAと言っていたので見解が分かれていました。

負けが決まったAperyは宣言通りの王手ラッシュ。
解説の鈴木八段はやめてくれよーという感じでしたが、
今回はFINALということで、
もうこういう舞台に立つことは無いかもしれない平岡さんの気持ちはわかります。
多分鈴木八段は弟子の梶浦三段が今日の三段リーグで2連勝して四段に昇段したので、
早く祝いたいんじゃあああという気持ちも多分に含まれてたと思われます。

それにしても斉藤五段の勝ち方はかっこよかったですね。
対局後のインタビューで開発者の平岡さんも満足そうな表情をされていました。

見所
角川会長のコメント。1:05:20~
電王戦継続したいからもっとおらにパワーをわけてくれ!みたいな感じで、
皆様の声で継続できるかもしれないので、意見投稿よろしくとのこと。

電王手さん開発者澤田さんインタビュー。1:31:00
僕が電王手君の開発だけやってるように思われちゃって、本当は違います。

現地解説の村田顕弘五段の動揺っぷり。9:36:40~
え、りゅ、りゅ、りゅうとりましたか?
あのー、え、ちょっとあのーえ、ちょっとあの聞いてもらっていいですか?
りゅうをとるっていうのは、えー。
文字に起こしたらひふみんみたいだ。人間ってこんなに動揺できるんですね。

他にもお互いを口撃する鈴木八段と木村八段、
弟子の四段昇段が決まってデレる鈴木八段、
謎の盛り上がりを見せる現地大盤解説、
かっこよく決めに行く斉藤五段など見所シーン満載です。

斉藤五段の決め手が見えなかったPonanza

著書にサインをもらった平岡さん
かっこよく決めてもらってノーサイド感がすごいですな

その他
今回から現地の棋士が話したことが画面に表示され、
twitterに投稿されることになりました。
音声認識技術をつかっているそうで、豊川七段のおやじギャグにも対応しようとしたが、
ちゃんとできたかは分からないとのこと。
藤田女流のりょうどりへっぷばーんは誤認識されましたが、
駄洒落を言う時の発音は普段の発音とちょっと変わってしまうといういことで、
豊川七段の自然に出てくるおやじギャグならいけるかもしれません。


感想
初戦で勝つかもしれないという期待値が高い斉藤五段でしたので、
無事に勝ってひとまず次回以降の勝敗も注目ということになってよかったです。
鈴木八段や木村八段はいつも通り安定した解説でしたが、
関西の大盤解説会の盛り上がりはすごかったですね。
将棋もAperyが乱戦を仕掛けて面白い展開になりましたし、
きっちり動きをとがめてかっこよく勝った斉藤五段は立派です。
対局後の記者会見も落ち着いている斉藤五段とパニクっている平岡さんも、
どちらも真剣に取り組んできたというのが伝わってきて熱かったです。
これは2局目の永瀬六段も気合が入るでしょう。
終局後に鈴木八段と木村八段が初手から並べましたが、
最後の王手ラッシュの手順までちゃんと覚えてるのには驚きました。

視聴者数:300,202
コメント数:375,184

竜王戦第4局は糸谷七段が大逆転勝利

森内俊之竜王に糸谷哲郎七段が挑戦している第27期竜王戦七番勝負第4局は、
後手番の糸谷七段が大逆転勝利を飾り、タイトル奪取に王手をかけました。

注目の封じ手は▲7八金。昨日のアンケートでは50.7%の一番人気の手でした。
糸谷七段は1分とたたずに△5四飛。流石の早指しで応じます。

ニコニコ生放送では解説に佐藤康光九段、
聞き手に室谷由紀女流初段で大盤解説会が始まりました。

佐藤九段
出だし糸谷さんが2連勝しましてこのままいくのかなという勢いだったが、
森内竜王が1番かえして天王山、大きな一番になった。
先手陣は王様が堅くまとまっているが、後手は王様が薄く神経を使う展開で、
糸谷さんがどのようにまとめていくのかが注目。

ここで初手から解説に。
森内竜王の3手目▲6六歩はたまに結構指している手らしい。
まれによくあるみたいな言い回しだ。
▲7五歩は強情な手だが、今期の森内竜王はそのような手を選ぶ傾向があるとのこと。
糸谷七段の△7四歩も強情な手で、お互い意地を張っているらしい。
▲7八飛~▲7六歩は、とても森内さんの手とは思えないとのこと。
読みが相当入ってないと指せない手順らしい。
後手は7筋と8筋の歩を交換したが、
室谷女流「この交換はどちらが得なんですか?」
森内竜王「普通は先手が得してます」
昨日の田丸九段は先手持ちでしたが、佐藤九段も先手持ちとのこと。
ponanzaの評価値も森内竜王の+290。

リレー質問 田丸九段から佐藤九段へ
ゴルフの腕は将棋の棋力で例えるとどれくらいですか。
アマチュアの自称2段くらいかな。
3段くらいだと県代表とかチャレンジできますよね将棋だと。
とてもそこまでじゃないので2段かな。
平均スコアが92、3くらいですかね、年間の。
ハンディで言うと18とか17とか、だからアマチュア2段くらいかな。
ゴルフの話は1時間くらいは平気でしゃべっちゃうんで、ちょっとまずいんですけど、
去年81出て、将棋盤の升目も81でこれくらいが最高かな、
と思っていたら80も出ちゃったんで、まあ100以上というのも結構あるんですよ。
対局場の葛城北の丸は近くにもゴルフ場が併設されていまして、
13年くらい前の王将戦でここで対局して、次の日ゴルフに行ったこともあります。
サッカーの日本代表が合宿をしたり、結構歴史的な場所です。
私も今年1回うかがったことがあって素晴らしい場所でした。

中村女流から室谷女流へ
普段どんなスポーツが好きですか。見るのでもやるのでもかまいません。
スポーツは全般が好きなんですけど、見るのは野球が好きです。
佐藤九段「どこが好きですか?聞くまでも無いですか」
室谷女流「もちろん阪神です」
やるのはフットサルが好き。
日本将棋連盟の部活動でもフットサル部があって、年1回合宿とかもある。
若手棋士、奨励会員、女流棋士もいる。サッカーは見ない。やるのが好き。
佐藤九段は野球は年に1回くらい見に行く。
将棋連盟81周年のときに大阪のホテルでパーティがあって、
神吉さん司会で今岡選手がゲストに来ていたんですけど、
最初谷川先生が阪神ファンですって言うんですよ。もちろん。
そしたら羽生さんも阪神ファンですって言うんですよ。
森内さんも阪神ファンって答えて、
私は巨人ファンっていったら、「どこですか?(大声)」と聞きなおされて、
3回くらい聞きなおされたので、阪神ファンですと答えました。
室谷女流は高校野球が元々好きでずっと見てたらしい。
バトミントン、テニスなども自分がするのが好きらしい。
ゴルフクラブも持っているが、全然やらずに家で防犯用みたいになってるとのこと。
佐藤九段も羽生さんや森内さんのようにヨーロッパのチェスの大会に出たことがあるが、
あまり気分転換にならない、どうしてこれが息抜きになるんだろう、
と思って、ゴルフに転向したらしい。

森内竜王のバックギャモンの話になり、
森内さんと3月にプライベートで食事をした時は、
バックギャモンそんなに強くないよと言っていたが、
一緒に居た観戦記者はこれは結構強いかもしれないと後で言っていたらしい。
チェスは定跡が将棋よりも体系だっていて、
定跡の勉強は将棋以上にしないといけないらしい。
どうしてチェスで息抜きとなるのか謎は深まるばかりである。

竜王戦第1局のハワイでの思い出
台風が来ていて、実は飛行機が飛び立つのか怪しかった。20分遅れくらいで出た。
他の便では6時間くらい遅れたのもあって危なかった。
そして佐藤九段がスマホで撮った写真大公開。
現地の将棋の記事や、初日のワイキキでのイベントの写真、
現地の方向けに野月七段と石田四段の模範対局をして、
青野九段と井道女流が解説と聞き手を務めている写真、
30社くらいきたらしい記者向けのプレス発表会の写真など。
ハワイはアロハシャツが正装でスーツを着ている人はいないらしい。
プレス発表会の写真では、森内竜王がアロハ、
谷川会長がブレザーの下にアロハ、糸谷七段がスーツでした。
そして1日目の指導対局の写真。
現地、日本、アメリカ本土からも人がきていたらしい。
後は糸谷七段と記者の笑顔な写真。記者3人はアロハで満面の笑み。
糸谷七段はスーツでしたが、
次からアロハにしますと言って次の日からアロハだったようです。
次は現地ポスターの写真。
日本だと賞金4200万と書くが、
42,000,000YENと書いてあったので思わず数えてしまったらしい。
駒箱にサインを書いた写真。
立会人と書いたが立会イみたいに見えて失敗したと佐藤九段。
糸谷七段は堂々としていて感心したらしい。
前夜祭で将棋盤の形をしたケーキの写真。
実は詰め将棋にもなっていて、駒も動かせて終わったあと食べられるというすごいケーキ。
駒台までケーキだったらしい。
最後に前夜祭の香川女流と井道女流のアロハの写真。
それを撮っている佐藤九段を記者の方が撮っていたらしい。
香川女流は関西棋士を率いるツアーの番長として行ったらしいです。やはり番長だった。
ハワイでは糸谷七段は席を外すと、廊下をうろうろしていたらしいです。

午前中から早くも終盤の詰む詰まないの計算まで始める佐藤九段。
まだお互い歩を1枚ずつ持っているだけの局面なんですが…。
漠然と有利不利を判断するのではなく、
一直線で斬りあったらどちらが早く相手の王様を詰ますのか、
というところを計算しているようです。

質問メール
先崎先生の功績でモテ光君というあだ名を持っている佐藤先生ですが、
ネットではモテ先生とも呼ばれています。
イベントで会った時にモテさんとか言ったらだめですか。
いやいやいやいや、どう呼んで頂いても大丈夫です。
何かでそういうあだ名を頂いて。言われたことはありません。

盤上の解説に。駒がばらけていた後手陣が整ってきて、盛り返したとの解説。

将棋における厚みの意味と作り方、注意事項を教えてください。
厚みは位、玉側の5段目に位をとって後ろから金銀を押し上げていく形が厚み。
注意事項は、位は普通は取れないものなので、飛車先の位は取れるけど、
そこを取っているということは何かしらのリスクを背負っているということ。
位は支える駒がないといけない。そして作った以上は取り返されてはいけない。
厚みは棋士によって基準が違う。
同じ局面でも厚いという人もいればそうかなという人もいる。

室谷女流曰く、糸谷七段はおやつが好きだが、みんなに振舞うのが好きらしい。
室谷女流も連盟から帰る時に糸谷七段と会い、
もう帰るのと聞かれたのでそうだと答えたら、おやつを渡されたこともあるらしい。
面倒見がいい兄弟子なのかもしれない。

佐藤先生と糸谷七段は、一手損角換わりの本を出しているところが共通点ですが、
一手損角換わりの狙いと指しこなすこつ、破るためのこつを教えてください。
破るためのこつはないですね。私困っちゃいますからね。
昔阪田三吉先生とかも指していて昔からある戦法。
一手損といってもいろいろある。振り飛車もあるが居飛車もある。
後手で一手損するから都合2手損をする。
一手損角換わりは自分から誘導できるのが利点。
四間飛車穴熊だったらかならず穴熊になるが、
一手損角換わりは相手の出方によっては玉が堅くなったり薄くなったりとギャップがあり、
それが楽しめる人は指せる。バランス感覚が大事。
自分だけの方を見て指すとバランスが崩れるので、相手を見るのが大事。

佐藤九段も室谷女流も関西から関東に移籍されていますが、
雰囲気など違いがありますか。また、関西弁の解説も聞きたいです。
関西弁ですか。もう忘れちゃいました。
中学校2年まで京都にいたんですけど、わかりま…へんなあとかそんな感じです。
でも大阪遠征に行ったりするとみんな関西弁なので懐かしい感じがします。
室谷女流は東京で関西弁を話したら言葉がきついと言われたらしい。
佐藤九段は師匠の関西弁は覚えていて、
これはあきまへんとかこれはあかんなとか言われたのを覚えているそう。
佐藤九段曰く、関西は奨励会で1年で関東移籍したが、だいぶ雰囲気が違った。
大阪の方が結構厳しい感じだった。必ず1時間前にきてみんなで駒磨きをした。
東京は自由で本人の意思にまかせてる感じで、だいぶ雰囲気が違った。
東京に来ても駒磨いていた。
磨いている人といない人と半々で、どうなんですかと石川さんに聞いたら、
それは本人の心がけだと言われて、なるほどと思って駒を磨いていた。
小倉七段が最初に声をかけてくれた。研究会にも誘ってくれておかげですぐになじめた。
室谷女流は2月で1年になる。ようやくなじめてきた。
勉強する環境がまず違う。研究会とかも連盟でやるわけではない。
関西は連盟の棋士室に人がいていつでも指せる。
東京は棋士室がないので、場所とか研究会を始めるまで先生にお願いしたり大変だった。
ようやくちょっとずつ勉強する環境が整ってきたかなということらしい。

視聴者アンケートどっちを持ちたいか
森内竜王45.1%、糸谷七段20.2%、ニャンとも言えにゃー34.7%。
ponanzaは森内竜王の+97。糸谷七段が持ち直していると考えているらしい。
佐藤九段は先手持ちだが、ひふみんアイを見ると
佐藤九段「こちらから見るとこれは振り飛車結構綺麗な形だなあ」

最近はひふみんアイのほかに千田アイというのがあり、
記録係りの位置から平等に見るのが千田アイらしく、ここで急遽千田アイの映像に。
佐藤九段「これはー…見づらい…ですねーやっぱり」
歩が横に進んでいく不思議なゲームでした。

アンケートどちらを応援しているか
佐藤九段「これ差がついちゃったら解説しづらいんですけど」
森内竜王66.2%、糸谷七段33.8%。

どちらかと言えば、どちらを応援していますか?
巨人45.7%、阪神54.3%。
佐藤九段「えっ!?(巨人ファン)」

質問メール
今年の電王戦第5局のときに結婚式をあげまして、
ずうずうしくもお祝いの言葉を佐藤九段からいただいてしまいました。
その後無事に第1子が誕生しました。
羽生先生の善治を頂きました。康光じゃなくてごめんなさい。
お名前ねえあるんですよ私も。手紙とかで康光とつけましたとか頂いて。

以前インタビューで、将棋において神の領域を目指していますといっていましたが、
もう少し噛み砕いてお願いします。
そうですねえ真理に近づきたいということですよねえ。
やっぱり自分が正しいと思う道を進んで行きたいということですね。
当時は血気盛んな頃ですから、今はそういうフレーズは使わないようにしていますけど。
おこがましいというか。でも近づいていきたいというのはありますね。

今でも京都に立ち寄られることはありますか。
哲学者の糸谷七段が哲学の道を歩かれることはありますか?
佐藤九段「京都に佐藤康光杯というのがありまして」
室谷女流「出てました!」
佐藤九段「え!?」
レベルが高くて県外からも来てアマチュアのタイトルを取った方もきたりするらしい。
哲学の道は銀閣寺の近くにあるらしい。
室谷女流は京都のお寺めぐりは好きで、朱印状を持ち歩いて集めているらしい。
人力車とかも乗ってみたいらしい。

消費時間は64手目までで森内竜王が5時間59分、糸谷七段が4時間5分。
すいぶん差が出ている。

次の一手アンケート
6六歩23.7%、3八飛12.6%、3七桂39.2%、その他24.5%。

昼食アンケート
蕎麦20.1%、うなぎ37.9%、カレー12.7%、ステーキ12.8%、イタリアン16.7%。

昼食休憩に入った時点での消費時間は森内竜王が6時間39分、糸谷七段が4時間18分。
ずいぶん差がついているけど大丈夫なんだろうか。

再開直後の森内竜王の一手は▲4五銀。その他の24.5%が正解。
2時から大盤解説再開直後、糸谷七段が忙しくなったという解説で、
ponanzaの評価値も森内竜王の+488。
ここで糸谷七段がうまく捌かないと大差になってしまうとのこと。
糸谷七段は角取りにかまわず歩を突き出す勝負手。

昼食アンケートの正解はうなぎ。
森内竜王の昼食のカレーの写真を見て
佐藤九段「ああーやはり」
糸谷七段は松花堂弁当。

初手から解説に。しかし解説中にも手が進み
佐藤九段「まだ1時間しかたってないですけど、もう終盤になってますよ」
そして糸谷七段が角取りに歩を突いた手に対して森内竜王も角を取り、
佐藤九段「これはもうまずいですね。終わっちゃうかもしれないですね」
ponanzaの評価値は森内竜王の+359。
佐藤九段はもっと広がっていると思ったらしく「あら?」と驚いていました。

アンケートどちらを持って指してみたいですか?
森内竜王63.5%、糸谷七段13.3%、ニャンとも言えない23.1%。

森内竜王が解説になかった▲5三歩を指して
佐藤九段「これは痛い…痛いですよー…」
飛車で取ると王手飛車取り、金で取ったり逃げたりするとと金を払われて銀損だけが残る。
ponanzaの評価値も森内竜王の+561。
佐藤九段「これはどうなるかと思ったけど、長くなりそうですね」
糸谷七段は銀損を甘受して粘る手順を選択。
森内竜王位がじわじわ優位を拡大する展開に持っていったようだ。

ジューシー紅玉りんごとほくほくおいものカスタードパイ
室谷女流「おいしーい…気の効いたことは言えないですけどおいしいです」

おやつ後の休憩中にponanzaの評価値が糸谷七段の+200に。大事件?
と思いきやまた森内竜王優勢に。
時間をかけて計算しないと評価値が安定しない複雑な終盤戦になりました。
さらに糸谷七段は森内竜王の手にノータイムで応酬して混沌とした終盤戦になります。
森内竜王は駒音を立てて▲6八銀。これを見て
佐藤九段「これは勝ちに行った手ですね」
数手進めてこれ詰めろなのかなあ→21手詰めでした。プロって怖い。
そこで糸谷七段が受けの勝負手を繰り出し、
森内竜王が決めないと負けと佐藤九段が解説する展開に。
そして森内竜王の寄せに
佐藤九段「これは糸谷さん座りなおして考えるでしょう。
このために時間残したようなものですから」
そして対局場の映像に変わると糸谷七段が席を外していました。
佐藤九段「これはひょっとすると逆転…逆転って表現は違うのかもしれないですけど」
その後も検討を進めて
佐藤九段「これは多分糸谷さんの勝ちになってると思います」
すごい大逆転きたー。
優勢になっても糸谷七段は他に分岐が無いと見れば徹底して即指し。
森内竜王は1分将棋なのでこれは厳しそう。
最後は糸谷七段が鮮やかに森内玉を詰ませて、糸谷七段の勝利となりました。

佐藤九段
両者の読みの深さがよく出ていた1局。
中盤は形勢が把握しきれないまま、二転三転してたかもしれない。
最後森内さんに何かあったかもしれないが、
糸谷さんの△7三歩から△6二金がすごい受けだった。

昨日解説していた田丸九段が、「明日は終盤相当ドラマがあるかもね」と言ってましたが、
糸谷七段が森内竜王相手に大逆転勝利という結末になりました。

羽生善治、岡田武史著「勝負哲学」より羽生さんの話

スポーツもそうでしょうが、ミスというのは連鎖しやすい性質をもっています。
それはミスが状況を複雑にしてしまうからです。
<中略>
そのときおもしろいのは、将棋には、
後でミスをしたほうが不利になるという法則があることです。
相手がミスをする。自分もミスをする。
ミスとミスで帳消しになってもよさそうなものですが、実際には、
先のミスのマイナス分も後のミスが背負わなくてはならなくなるのです。
当然、後のミスのほうが罪が重いというか傷が大きくなります。
それで終盤に大逆転が起こることもめずらしくありません。
こっちのミスがより大きな相手のミスを誘引して形勢が一気にひっくり返るんです。

直後の感想戦で糸谷七段は、銀損になって相当悪い、序盤も下手だったと述べています。
ところが上記の羽生さんの話のように、おやつ直前に銀損になるミスが出た後、
解説がおやつ休憩している間に、
ponanzaの評価値がふらふらし始めるような複雑な局面になり、
とうとう森内竜王がミスをしてしまいました。

升田幸三著「名人に香車を引いた男―升田幸三自伝」より

4六玉で5七桂と合い駒をすれば、私の玉に詰みはなく、
いかにねばり屋の大山君でも、投了のほかはなかった。
積み重なった疲労が、私の思考力を奪い、まだ一時間近くも残しながら、
ノータイムで敗着を指してしまった。
終局は午前二時三十分。観戦しとった人の話だと、じっと盤上を見つめとった私は、
「ああ、これまで。錯覚いけない、よく見るよろし」
不意におどけた顔でこういい、そのあと、急に顔色が蒼白になったという。


升田幸三八段(当時)と大山康晴七段(当時)が名人挑戦をかけて争った、
有名な高野山の決戦で、大頓死をした時のことを升田先生が上記のように書いています。
升田先生は疲労をミスの原因に挙げていますが、
今日の森内竜王は解説の佐藤九段が森内さんの手とは思えないと言うような、
妥協を許さない手を考え抜いて指し、優勢を築き、しかし最後にミスが出てしまいました。

dsc_0524
対局後の森内竜王。ここまでくたびれさせた糸谷七段が立派ということでしょう。
※写真は竜王戦中継plusより

ニコニコ生放送では最後にリレー質問をどうするか聞かれて、
佐藤九段「加藤先生に私が質問するんですか?」
加藤九段への質問はなかなか面白い(切実な?)質問になりました。
竜王戦第5局は12月3日、4日にかけて行われます。
ニコニコ生放送では初日の解説が加藤一二三九段、聞き手が藤田綾女流初段です。
ニューヒーロー誕生か、ベテランが踏みとどまるのか、質問も含めて楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~
糸谷哲郎著
¥1,575






王座戦第2局は羽生王座が圧勝で通算22期に王手!

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦第2局は、
羽生王座が豊島七段を破り、王座獲得通算22期まであと1勝としました。

戦型は先手の豊島七段の誘導で角換わりになりました。
午前中に豊島七段が先手ながら1手手待ちをする新趣向を見せ、
未知の局面で戦いが起こりました。
豊島七段が右側の金を6八から5八へ動かし、
羽生王座が穴熊に囲いなおす1二香が入った形での戦いになりました。
1一香型だと前例があり後手が勝ち越しているようですが、
わざと手待ちして1二香型に誘導してから戦いを起こしたのが豊島七段の新工夫で、
その局面はもう前例が無くなったようです。
戦いが起こった直後に豊島七段の手番のまま昼食休憩になりました。

ニコニコ生放送では13時から大盤解説があり、
解説が北浜健介八段、聞き手が室谷由紀女流初段でした。
第1局は矢倉の将棋で午前中からすごい勢いで進行したが、
今日は先手番の豊島七段がどんな作戦でくるのか注目だった。
豊島七段が金を6八から5八へ手損で移動した関係で羽生王座の1二香が入り、
そのせいで未知の局面になっている。
1一香、5八金の将棋なら前例があり、後手が勝ち越しているとのこと。
その後詰め将棋の正解者へのプレゼント色紙を書いている北浜八段に、
室谷女流「最近お勧めの本とかありますか?」「え”?」あわてる北浜八段。
北浜八段が書いた詰め将棋の本脳トレ5手詰よろしくとの前振りだったようですが、
室谷女流「私も買います(キリッ」「え”?」動揺する北浜八段。
室谷女流の妨害工作?にめげずに色紙に詰め将棋を書き終えた北浜八段は、
「緊張しました。微妙に机が揺れるー」
その後初手から解説になりましたが、
角換わり特有の千日手含みでの手待ち合戦の解説中に、
北浜八段「正直何が起きているのかよく分からない」
北浜八段は数年ほど角換わりを指していないらしい。

ここで写真で対局者の昼食紹介
羽生王座はざるそば、天ぷら、ご飯、メロン、オレンジジュース。
豊島七段はそば、天ぷら、山かけご飯、香の物、メロン、ほうじ茶。
ざるそばにオレンジジュースっておいしい感じがまったくしないんですが…。

リレー質問
真田七段から北浜八段へ
北浜さんは二人目のお子様のご予定はありますか。

奨励会幹事を最近まで一緒にしていたのでそういう質問かと思ったんですけど。
うちは小学1年生の男の子なんですけど、男の子元気すぎて…。
やっと将棋始めて1手詰めなら解ける、1手詰めしか解けない。
将棋あまり好きじゃない…教え方がよくなかったのかも。
二人目はないんじゃないかなあ。
姪っ子がいて女の子は静かだなあと思った。
将棋よりサッカーとか体動かす方が好きそう。
かならず女の子が生まれるんだったら…いや、何でもありません。
室谷女流「私の母は女の子が欲しくて酸性のものを食べてたみたいですよ」
それは都市伝説レベルなんじゃなかろうか。

藤田女流から室谷女流へ
Twitterで料理をアップしていますが、得意料理は何ですか。
たこ焼きは得意ではない(コメントで書かれた)。
肉じゃがは作れた方がいい、女の子らしいといわれて作ったが1度きりだった。
簡単だからパスタは好き。
1人暮らし始めてやることが多くて時間かけてらんない。
私の写真はパスタが多いと思います。
ヘルシーなものは心がけています。少し女子っぽいところも見せないと。

ファンレターをもらうことは多いですか。
今までもらったファンレターの中で嬉しかったものとかはありますか。
北浜八段
ほとんど記憶がないですね。ただ忘れてるだけってことかもしれませんけど。
これで私は送りましたって方から抗議がきたらひたすら謝るしかないんですけど。
奨励会幹事をしてからたくさん人の名前を覚えることになって、
他の事の記憶力がなくなってしまった。
室谷女流
イベントとかで会った時に頂いたことの方が多い。
将棋連盟に来る場合は日にちがたって内容がずれてしまうのもあって、
申し訳ないなと思うんですけど、
頂いたお手紙はすべて読むようにしています。厳しいお言葉も頂いて。

北浜先生昨日の勝利おめでとうございます。
作戦負けで苦しいなーと思ってたんですけど、
相手の高橋先生もそんなに良くないと思っていたみたいで不思議だなと思った。
石田九段に勝ったNHK杯で加藤九段をまじえた感想戦について、
放送ではその後も感想戦が続いたように見えたがどうだったのか。
解説が加藤先生で、石田先生もご自分で解説するときは饒舌で、
加藤先生と石田先生が一緒にそろうと楽しいんだろうなと対局前から思っていた。
将棋は石田先生が優勢だった。久々に予選を突破して気合が入っていた。
何か勝ち筋があるんじゃないかということで、
一生懸命勝ち筋を探して、お二人の先生がよくしゃべる感想戦になった。
一旦放映が終わったが、
だいたい負けた方が納得するまでやるのが感想戦の目的と言うか、
テレビ的に言うとよかったんじゃないかなと思うんですけど。
NHK杯はみんな反響も多いので気合が入っている。
室谷女流は初めてNHK杯で読みあげをした時は緊張で鳥肌が立ったらしい。

お二人は今年度関東と関西に移籍しましたが、勝手が違って驚いたことはありますか。
北浜八段。
関西から関東へ移籍する方は時々いらっしゃいますけど。
自分の場合は関西で勉強してみたかったというのがあって、
思い切って移籍しちゃおうかなというのがあった。
子供が1年生になるので移籍するのかしないのか決めなければいけないタイミングだった。
棋士室とか関東ではあんなに1箇所に集まって将棋を指す事はないので活気がある。
周りの方がみんな関西弁。
僕は関西弁をしゃべらない方がいいというか。子供は学校では関西弁みたいですけど。
初めて解説会に行ったが、標準語で解説されるのは新鮮ですと言われた。
勉強する環境はすごく、棋士室にいくと奨励会員もいて指せるというのはありがたい。
室谷女流
北村桂香女流と会った瞬間に大阪弁に勝手に変わった。
使い分けてる自覚はないんですけど自然に変わった。
移籍した理由は環境を変えて将棋にうちこみたかったから。
関東は連盟とかでは指さないで自宅や場所を借りてやったり、
どこに行けばいいかわからない。当初は研究会ゼロだったりした。
関西だと棋士室での将棋が終わったあとに遊びに行って仲良くなってしまう。
ようやく自分の勉強のスタイルが確立できてきた。
最初はどこで将棋を指せばいいのかもわからなかった。

盤上では難解なはずの局面ですが、ぱたぱた指し進める両者。
北浜八段は羽生王座の香車が1一ではなく1二にいるせいで、
豊島七段の2四桂という金香両取りがあるので、
うまく咎めているのではないかとのこと。
形勢アンケート
豊島七段25.9%、羽生王座31.6%、ニャンとも言えない42.6%。
北浜八段はどちらかといえば先手の豊島七段持ちらしい。

羽生王座の香車が1二ではなく1一にいると同一局面があり、
先手森内竜王対後手渡辺二冠の対局は千日手だった。
豊島七段が金を往復して手待ちをしたために、
羽生王座の香車がひとつ前に進み、そのせいで桂馬の両取りの傷が生じているとのこと。

おやつ後の解説では羽生王座の手順に北浜八段
「なるほど指されてみるとこの手順しかなかったんだ」
その後先手指しやすいという形勢判断があっさり揺らぐ。
解説を進めると北浜八段は後手を持ちたいと見解を変えました。

北浜八段と室谷女流のおやつは小田原の一夜城Yoroizuka Farmのデザートらしい。
やばい。おいしそう。

おやつ後は北浜八段が、
羽生王座の指す手が全然見えないと解説不能になるような難しい局面に。
きっとニャンとも言えない形勢なんでしょう。

質問メール
第1局の棋譜中継を見る限り、関西の検討人が豊島七段よりなのですが、
関西ではみんな豊島七段を応援しているのか。
確かにたくさん棋士がいた。みんなで応援するという感じ。
関東は淡々と形勢を考えている。
タイトル戦に関西の棋士が出ると関西棋界全体が盛り上がる。
普段はライバルだが挑戦したら応援したいという気持ちがある。
盤を離れたら仲間という感じ。
先日兵庫で対局された王位戦もたくさん棋士が勉強しに行った。
みんなで待ち合わせて集団で行くような感じ。
関東はカードに関係なく勉強に行く。
現地に行く熱心な棋士が常連みたいな感じになる。

地元を離れて初めて知った地元のことなんかがあれば。
あと、関西には詰め将棋のエキスパートが3名いますが、
詰め将棋部をつくるとしたら宣伝部長が浦野先生、副部長が北浜先生、
課長が船江先生ですか?
北浜八段
今まで神奈川に住んでいて大阪に移籍すると気持ちが違うというか、
ありがたいなあと思う。
大阪だから何か変わったとかはあまりないと思うんですけど、鈍感なのかなあ。
地元の大会と市内の小中学校を回って7、8年になるが、
今年もそろそろシーズンなので関東と関西の往復になるが可能な限りしていきたい。
室谷女流
誰も大阪弁を話していないが、気を使って大阪弁教えてよーと言われたりする。
ずっと実家に住んでいて東京で一人暮らしなので、
食事洗濯掃除とかはすごい有難いことなんだなあと思った。
地元の大会で大阪に帰ったが、東京に来てから大阪に帰るのはすこし違かった。
詰め将棋部について
北浜八段
関西はもっとたくさん詰め将棋の先生がいるよー。
詰め将棋創る棋士は関西のほうが多いかなあ。
船江五段は初めて入選した詰め将棋が看寿賞という不滅の記録を作った。
室谷女流
イベントで船江五段が握り詰め将棋を創ることになって、
多い方がいいのかなと思ってごっそり駒を取ったら、
何でそんなに取るねーんと突っ込まれた。
しかし昼食休憩中の1時間もしないうちに25手詰めが綺麗に完成していた。
自分はご飯を食べていたので怒られた。
詰め将棋の創作について
最終手から逆算していく人の方が多い。
初形から創るとどういう収束になるか分からないから。

先日NHK杯で持将棋指しなおしになった。
室谷さんは読み上げをしていたがどうでしたか。
持将棋になってからも結構指されていたように思いますが。
室谷女流
ちょうどその時豊島七段が解説だった。
周りの方からも大変だったねと言われた。どちらから持将棋を言われるのかなと思った。
時間が切迫していると指さないといけないので言うタイミングが難しい。
個人的には1日に2局見ることができて嬉しかった。
北浜八段
NHK杯予選の時に、持将棋で指しなおしを勝ち上がった人と、
自分が持将棋になって、記録係りがぼやいていたので注意したことはある。
君記録係りなんだから、指してる自分が一番ぼやきたい。

夕食休憩前に形勢アンケート
羽生王座69.8%、豊島七段6.2%、ニャンとも言えニャイ24.0%。
偏ったのは直前に羽生王座の駒をぐりぐりと押さえつける癖がでたのも原因か。

夕食休憩後に室谷女流がお風呂に入ってきてもいいですかというコメントを拾う。
解説の北浜八段は9時までは終わらないから大丈夫と力強く断言。
しかし羽生王座は北浜八段の解説に出てこなかった鋭い寄せを見せ、
フラグかと危ぶまれました。
詰むや詰まざるやの局面になると、詰め将棋作家でもある北浜八段が冴えます。
歩以外の持ち駒を余さず使った創ったような綺麗な詰み筋も披露。流石である。
羽生王座は豊島七段の囲いの金銀を外そうと桂馬2枚で攻めかかりました。
北浜八段は金銀を取るだけ取って受けに回る手もあると言いつつ、
「なんかこう先手の希望を打ち砕くような手があるような気がするんですけどねえ」
結局羽生王座は金銀を取るだけとってさらに寄せ形を作ってから王様を早逃げする、
という鬼畜な激辛流。先手の希望を打ち砕くような手が出ました。
豊島七段が最後のお願いの手を指したところで席を立つ羽生王座。
第1局で真田七段が、
測ったように自分が勝ちになった時に席を立つのが羽生流、って藤井さんが言ってた、
と述べていましたが、やっぱり癖ですねえ。
真田七段はこういうのは戻ってきて比較的すっと指しますよとも言っていましたが、
羽生王座は戻ってきてすぐに受けの手を放ち、室谷女流は「いやー手堅い」とため息。
豊島七段は表情を変えずにコップの水をクイッ。
そして残り5分の秒読みで10秒と言われたところで投了となりました。

今日は豊島七段が羽生王座を角換わりの後手番という、
羽生王座にとっては比較的勝率の低い戦型に誘導し、
しかも新趣向で自分の研究範囲に誘導することも成功したのですが、
それでも連続19期、通算21期という、
羽生王座の高い高い壁を乗り越えることはできませんでした。
豊島七段は趣向により傷になったと言われた▲2四桂の両取りまで漕ぎ着けたのですが、
両取り逃げるべからずとばかりに銀の割り打ちをしてから、
すっと自陣に銀を下げた局面を見ると、どうも羽生王座がうまく指したように思います。
豊島七段は羽生王座の8一にいる桂馬を、持ち駒の銀を使って取りに行ったので、
▲2四桂に1局を賭けたと見てもいいと思いますが、結局▲2四桂は、
趣向のせいで生じた銀の割り打ちという反撃で羽生王座にいなされてしまい、
桂馬を取りに行った豊島七段の8一銀はそのまま活躍することなく、
取られることによって手を稼ぐということもなく、遊んだまま終局してしまいました。
結果的に新手を完璧に逆用された形になってしまい、
豊島七段の力が発揮されずに終局と、羽生王座の横綱相撲になりました。

第3局は9月30日、豊島七段が後手番になります。
ニコニコ生放送では解説は野月浩貴七段、聞き手が室田伊緒女流二段です。
豊島七段の巻き返しに期待ですね。戦型は横歩取りかな?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

脳トレ5手詰
北浜健介著
¥1,296






永瀬拓矢の負けない将棋実演

将棋ウォーズ 永瀬拓矢VS自爆王 3分切れ負け


今月の24日に放送された、
将棋ウォーズカップ 最強決定戦 × バックギャモンエースより、
永瀬拓矢六段と将棋ウォーズの自爆王さんとの3分切れ負け将棋の動画です。
自爆王さんは関東vs関西 天下分け目の将棋決戦という放送で、
髙見泰地五段に10秒将棋で3連勝した将棋ウォーズの強豪です。
ちなみに髙見五段は負けた後に自爆王さんとの対局を黙々と並べなおして、
視聴者の涙を誘っていました。

動画は3分切れ負けの将棋ですが、永瀬六段は短時間の将棋は攻めていたほうが有利、
というセオリーに反する徹底した受け将棋で、
自爆王さんの攻めを文字通り自爆にしてしまいました。
受けに飛車を打つ自陣飛車2回、成り銀での飛車取りにかまわずじっと金を寄るなど、
3分切れ負け将棋ではあまり見ない手の連続で、しかも1分時間を残しての圧勝でした。
対局直後のコメントの山も納得ですね。
これでも順位戦ではC級2組で1勝2敗と苦戦中なのが怖いところです。
この後永瀬六段の本
「永瀬流 負けない将棋」がamazonで売り切れになるまでがお約束ということで。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

永瀬流 負けない将棋
永瀬拓矢著
¥1,575






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ