棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

升田幸三

書評?「名人に香車を引いた男―升田幸三自伝」

「この幸三、名人に香車を引いて勝ったら大阪に行く」
母が縫い物に使う三尺の物差しの裏にこう書置きをして、
数えで十五歳、満十三歳で家を飛び出した升田幸三実力制第四代名人の自伝です。



時代背景について

升田名人が生まれたのは1918年、第1次世界大戦が終わった年でした。
ここから第2次大戦が終わり、
升田名人(当時は八段)がGHQ呼び出されて大演説をするまでで、
本のページの3分の2を占めます。
1981年に升田名人が大山康晴の挑戦を退けた対局の棋譜と解説が最後で、
戦前からから戦後にかけての混乱期の様子が、
戦争の悲惨さを書こうといった色眼鏡を通すことなく生き生きと描かれています。
また、将棋界では関根金次郎十三世名人が三百年続いた一世名人制を廃止し、
実力によって名人を決める実力制名人戦が開始され、
1937年に関根十三世名人は名人位を退きました。
これにより誰にでも将棋の実力があれば名人になれる機会が与えられました。
さらに1951年から王将戦がタイトルとしてスタートし、
3勝リードするとリードされた方が駒を落とすという指し込み制が採用され、
升田少年が夢をかなえる道が整いました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
目次

わが最大の腕白事件/極道親父と優しかった母/剣豪の夢破れ将棋の道へ/
決意を物差しに残し家出/天ぷら屋に勤めてみたが/また文無しで広島を出奔/
木見八段宅にたどりつく/将棋どころか雑用ばかり/とうとう「初段」になった
<棋譜>第1番 初陣の譜

強くなって生意気ざかり
<棋譜>第2番 恩返しの譜

”大山いびり”伝説の真相/母の愛で死の床から帰る/
忘れえぬ恩人・坂田三吉/宿敵・木村名人との初対決
<棋譜>第3番 宿敵見参の譜

軍隊三年の空白の後に……
<棋譜>第4番 無念、逸機の譜

強運に恵まれて死地から生還/怨敵・木村との五番勝負
<棋譜>第5番 会心、圧勝の譜
<棋譜>第6番 怨敵三連破の譜

GHQ高官の度肝を抜く/悲憤忘られぬ高野山の決戦
<棋譜>第7番 痛恨、高野山の譜

名人を侮辱する者への怒り
<棋譜>第8番 駅馬車の譜

打倒木村に燃えて名人戦へ/「陣屋事件」の真相
<棋譜>第9番 指し込み第一号の譜

弟弟子・大山を差し込む
<棋譜>第10番 指し込み第二号の譜

二十四年の夢ここに成る
<棋譜>第11番 空前絶後の譜

名人位も獲得、三冠を独占
<棋譜>第12番 三冠達成の譜

将棋指しになってよかった
<棋譜>第13番 わが最高傑作の譜

あとがき

―――――――――――――――――――――――――――――――――

日本一の将棋指しになりたいと思った時に、
名人になりたいではなく名人に香車を落として勝ちたいと言ったところに、
升田名人の反骨精神が伺えます。
また、当時は関東と関西での格差が大きく、
例えば東京の六段は給料が百三十五円でしたが、
大阪の升田六段の給料は二十五円でした。
こんなことから升田名人、
ひいては関西の将棋界は東京の木村義男名人を宿敵とみなしていました。
打倒木村を掲げて名人という権威に挑み、
新手一生をかかげて定跡という権威に挑み、
名人を相手に香車を落として勝つという夢をかなえ、
三冠達成、名人防衛で自伝が終わるというところまで、
反骨精神がにじみ出ていると思います。
ところが打倒名人から離れ、普段の生活の描写になると、
戦前戦中とは思えないほど生き生きとした人々の生活が描かれています。

小林さんは大酒飲みで、飲むと気が大きくなり、友だちを連れてハシゴをする。
カネを持っとるうちは問題ないが、懐中が底をつくと、木見先生に使いを走らせ、
しりぬぐいをしてもらう。
当然ながら先生の奥さんは、小林さんを毛嫌いしておった。
ある日、例によって使いがやってきたんだが、よほど虫のいどころが悪かったのか、
奥さんが先生に取り次がず、玄関払いをくわせた。
しょうことなしに小林さん自身が出向いてき、奥さんと、カネ貸せ、貸さんの押し問答です。
ことわられるとほかに行く先がないから、小林さんもトコトンねばる。
そこへ先生が、廊下を踏み鳴らし、こわい顔して現れた。
「毎度つけあがりおって、けしからんやつじゃ。きょうはわしが灸をすえたるッ」
こういうなり居間に引っぱりこみ、ピシッとフスマを閉めてしまった。
さあ、それからが大騒ぎです。
パチンパチンとたたく音がするわ、物を投げる音がするわ。そのたびに
「悪かった、こらえてくれ」と小林さんが悲鳴をあげる。
私はちょうど庭掃除をしとりまして、なにが起こったかとガラス戸ごしにのぞいたんですが、
なんのことはない、先生は自分の手を叩いとる。
物を投げるにしても、てんで方向違いへほうっとる。
そうしながら自分のフトコロから財布をとりだして、小林さんのタモトにねじこんでおる。
やがて「待てッ」という先生の声を合図に、小林さんがころげるように逃げ出した。
これがまた芸がこまかくてね、玄関でゲタを片方だけ突っかけると、
勧進帳の弁慶が六方を踏むように、ケンケンしながら外へ消えちまった。
あまり二人の芝居がうまいんで、私はあきれたり感心したりだったが、
奥さんは知らぬがホトケです。
長い間の溜飲が下がったっちゅう顔で、ニコニコ笑っておりました。


この本は全文がこんな調子で、少年時代に大道詰め将棋で稼いだこと、
魚雷が飛んできたり爆弾が落ちてきたりする戦争体験、
戦後にGHQに呼び出され、
取った駒を自分の兵隊として使う日本の将棋は人道に反すると言うGHQ高官を相手に、
言いたい放題を言って将棋の文化を守ったこと、
木村名人を指し込んだこと、大山名人を指し込んだことなど、
事件だらけの半生を上記のような独特な口調で書かれています。
本に詳しくは書かれていませんが、この後ライシャワーさんと講演をしたり、
ケネディ大統領の弟であるロバート・ケネディ司法長官にお説教したりと、
この時GHQ相手に言ったことがどれだけインパクトがあったかが伺えます。
よくまあズケズケしゃべりまくったもんだと升田名人は述懐していますが、
ズケズケしゃべる映像も残っています。

MA☆SU☆DA


動画では運、勘、技、根と言っていますが、
本の中でも魚雷がきわどくそれたり、爆風で吹っ飛んでも傷を負わなかったり、
私には強運があったと思うと書いています。
そんな場所に行くことになったことを運が無いと思うか、
その後の体験から運がいいと思えるかのメンタルの差が、
最後に将棋指しになってよかったと思えるかどうかに繋がるのかもしれないと、
若輩ながら思いました。

今も将棋が見れるわけ

将棋vs.GHQ ~升田幸三の戦い~


第二次世界大戦で日本が負けた後、GHQは将棋の代表者を呼びました。
目的はもちろん将棋を消すことです。
戦前戦中と、木村義雄名人が海軍大学で講義をして回っていたため、
将棋は危険思想とみなされていました。
将棋側の代表は升田幸三実力制第四代名人で、当時は七段。
相手は軍服を着た4、5人と通訳が一人。
升田さんは最初にビールを要求しましたが、
これは難しい質問をされたときに便所に立って、じっくり考えて返答する作戦だったそうです。
動画内にはありませんが、木村名人のことも聞かれた升田さんは、
「戦争中、あの人が海軍大学などを講演して回り、おかげで日本は戦争に負けた。
オレが代わりにやっとったら、日本が勝っておる。
おんどれらにとっちゃ、あの人は大恩人なんだぞ」
と言ったそうです。
こうして難を逃れた将棋界ですが、このときの軍人の一人にホイットニー准将がいました。
彼はマッカーサーの右腕として活躍していますが、
升田さんとの会談の後に憲法草案制定会議をGHQ内に設置して、
憲法草案の作成を指揮した人物でもあります。
後に升田さんは、
私の放談のおかげで、吉田茂さんはやりやすくなったんだと思う
と述べていますが、影響を与えたことは間違いないでしょう。

詳しい記事はこちら
マーク・ダーシーの日記「将棋を救った男、升田幸三

将棋連盟のHPにも記事があったきがしたんですけど…

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

運勘技根

MA☆SU☆DA


升田先生はいかにも昔の勝負師といった風貌で、
残っている話も面白く、今もなおファンが多いのもうなずけます。

運勘技根。

例えばホリエモンの後にライブドアの社長に就いた平松庚三さんは、
著書「ボクがライブドアの社長になった理由」にて、
成功するには運、才能、努力が必要で、そのうち2つあると結構いい線までいける、
と述べています。
勘は才能、技根は努力とすれば、
まるで違う人生のはずの2人でも同じことを言っていますね。



ブログランキング・にほんブログ村へ

天才と言われるうちはまだまだ

【将棋】升田幸三 大山康晴


名人18期の大山康晴十五世名人にかかれば、
天才なんてまだまだということらしいです。
また、プロは天狗になることが一番いけない、毒である、
と言う升田幸三実力制第四代名人が、
弟弟子の大山康晴少年が天狗になりかけた頃にその鼻っ柱をへし折るエピソードが
面白いですね。



記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ