棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

佐藤慎一

電王戦タッグマッチは佐藤ponanzaペアが優勝

当日は予定があって見れなかったのですが、
ニコニコ動画のタイムシフト視聴ができる方には、
ぜひとも見てほしいイベントになりました。
前評判の高かった?三浦GPSペアと船江ツツカナペアは三浦GPSペアが勝ち、
反対の山からは阿部習甦ペア、塚田Puellaαペアを破った、
前評判の低かった?佐藤ponanzaペアが勝ち上がりました。

1回戦の阿部習甦ペア対佐藤ponanzaペアは、
序盤に佐藤四段とponanzaで意見が分かれ、阿部習甦ペアがリードしました。
機械とであっても喧嘩をするとチームワークが乱れるんですかね?
ただし習甦が特殊すぎるソフトだったのが阿部四段にとっては不幸でした。
電王戦のすべてという本の中で阿部四段は、
習甦は受けが強く、
こちらから攻める展開だと攻めを切らされて負けることが多かった、
逆に習甦から攻めさせる展開だと勝ちやすかったと述べています。
1回戦は習甦が攻める展開になってしまい、
佐藤ponanzaペアが攻めを切らせて入玉し、勝利しました。

2回戦の船江ツツカナペア対三浦GPSペアは横歩取りの展開になりました。
両者横歩は得意ですし、コンピュータも横歩が強いということもあって、
コンピュータの読みを参照している棋士ですらよくわからない、
という将棋になりました。
途中でGPSが、王手に対して桂馬を合駒にして受けるという手を指し、
それが勝着になりましたが、
局後の感想戦では両棋士ともこの手を半信半疑に思っていました。
特に合駒された船江五段は、
桂馬で(王様を)囲ってくる人がいるとは思いませんでした、
こんな手考える人頭がおかしいとまで言ってましたが、
そこで阿部四段が解説で桂合を解説してたとネタばれされてしまい、
阿部四段に謝ることしきりでした。
三浦九段も桂合についてそんなこと考えるわけないでしょうと言っていましたが、
GPSがコンピュータもスペシャルな手、
常識外の最善手を見つけることができると証明してくれました。

3回戦は塚田九段とPuellaαが喧嘩して、
1回戦で操り方を経験した佐藤ponanza組に完敗。
佐藤四段はponanzaの示す候補手を採用したりしなかったり、
1回戦の喧嘩しつつも勝ったという経験が出たと思います。

決勝戦は三浦GPSペアが優勢に進めるもここで本日のハイライト。
佐藤四段が三浦九段、GPS、ponanza三者とも読まなかった勝負手を繰り出し、
三浦GPSペア楽勝ムードが一転、混戦模様になりました。
その後も佐藤四段が時にはponanzaの選んだ手、時には佐藤四段の手を指し、
混戦模様になってからは佐藤ponanzaペアがどんどん差を広げて圧勝しました。
喧嘩して劣勢になった1回戦、喧嘩している相手を尻目に圧勝した2回戦、
コンピュータの操り方を学んだ経験が生きた決勝戦になりました。
特に決勝戦の将棋は、佐藤四段がブログで解説したい手があると言っています。
佐藤四段のブログより電王戦タッグマッチ
こちらの更新がとても楽しみです。
将棋連盟公式ページの電王戦タッグマッチの記事はこちら

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

第2回電王戦のすべて








電王戦タッグマッチ開催!

電王戦タッグマッチ PV


電王戦記者発表会が先ほど開かれました。
今度の電王戦は来年春に行われ、棋士5人、コンピュータソフト5つの団体戦ですが、
前回と違いハードウェアは主催者側が用意したものにするということです。
具体的にはPCショップのドスパラが提供するGALLERIAシリーズの、
その時の最強スペックのものを準備するとのことです。
前回はハードの制限がなかったので、
例えばGPS将棋が600台以上のコンピューターを接続して、
とにかく計算量を増やして強くするというアプローチをしましたが、
今回はプログラミングの出来で勝負する、ということでしょうか。
ソフト屋だった私は嬉しいですけど、
これでは視聴者のPCでクラスタ化する大合神クジラちゃんが出れないではないか…。
まあ今回のテーマは市販のPCだとどのソフトが一番強いか、
それはプロ棋士と比べてどのくらい強いのかということなのでしょう。
出場するプロ棋士は屋敷伸之九段だけ発表されました。
北海道が産んだ大天才で、史上最年少の18歳6ヶ月で棋聖位のタイトルを獲得し、
変幻自在な指し回しから忍者屋敷と呼ばれた棋士です。
その後将棋の勉強は競艇場に行くまでに新聞の詰め将棋を解くだけ、
日本酒7合ぐらいなら15分、といった生活がたたって?輝きが失われていましたが、
近年勉強してもちなおし、現在ではA級で活躍しています。
一方で出場するコンピュータは予選をやって決めるということなので、
ハード無制限の無差別級とは違うソフトが台頭するかもしれません。
前回出場したコンピュータソフトの中では習甦とツツカナがPC1台でしたので、
この2ソフトは優勝候補なのかな?
また、今月末の31日に、電王戦タッグマッチと題して、
前回の電王戦で戦ったプロ棋士とコンピュータがタッグを組んで、
トーナメントを戦うようです。
特設サイトはこちら
出場者は阿部光瑠四段&習甦、佐藤慎一四段&ponanza、
船江恒平五段&ツツカナ、塚田泰明九段&Puella α、三浦弘行九段&GPS将棋で、
この5組がトーナメントで激突します。
解説はなんと森内俊之名人ということで今から楽しみですが、
私は後輩の結婚式で見れないんです…。次の日にでもタイムシフトで見よう。
阿部四段や船江五段はペアを組むソフトの特徴を把握していますから、
コンピュータをうまく扱ってくれると思います。
塚田九段とPuella αはともに攻め将棋ですから、仲直りしたら凄そうです。
気持ちで指すタイプの佐藤四段は気持ちのないponanzaをどう扱うんでしょうかねえ。
三浦九段はコンピュータ無しなら優勝候補ですが、
1台の時のGPS将棋がどれほどプロレベルの将棋で頼れるものなのか未知数です。
来年春の電王戦に向けてドワンゴがイベントをする予定もあり、
今のところ年末にイベントをすることが決まっていると、
スポンサーの株式会社ドワンゴ会長川上量生氏から話も出ました。
今日の発表ではこんなところでした。
個人的には事前にソフトを提供するという決め事にほっとしました。
というのも前回の電王戦では、準備が出来た棋士と出来なかった棋士で、
内容が全然違ったからです。
阿部四段や船江五段は、
コンピュータと将棋を指す環境が整ったのでいい将棋が指せましたが、
塚田九段は対局6日前にボンクラーズと指せなくなるなど、
環境構築にトラブルが出ていました。
三浦九段も弟弟子の阿部健治郎五段に環境構築してもらうまでは、
ノートパソコンのGPS将棋と指してなんだこんなもんかと思っていたようで、
これではちょっと準備不足でしょう。
佐藤四段は事前準備や環境構築についてあまり書いてないのでわかりませんが、
今回はソフトの事前提供があるので、
準備不足から一方的な内容になるということはなさそうでほっとしています。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

ゲスト多数の棋聖戦解説

将棋第84期棋聖戦五番勝負第1局羽生善治棋聖vs渡辺明竜王 1


将棋第84期棋聖戦五番勝負第1局羽生善治棋聖vs渡辺明竜王 2


将棋第84期棋聖戦五番勝負第1局羽生善治棋聖vs渡辺明竜王 3


6月4日にニコニコ動画で生放送された第84期棋聖戦第1局、
羽生棋聖対渡辺三冠を船江恒平五段が解説したときの様子です。
途中から佐藤慎一四段が登場して、電王戦コンビで解説していますが、
2番目の動画の3:30あたりで、二人が思いもよらない手が飛び出しました。
この後感心することしきりでしたが、後日渡辺三冠が自戦記でこの△6六歩を、
均衡を台無しにしてしまった悪手と言っていて、トッププロ同士の将棋の難しさが伺えます。
私は対局を見ていて、
午前中のうちに羽生棋聖がリードしてそのまま押し切る圧勝でしたと書いているのですが、
渡辺三冠は先手に新工夫見せられながらも細かい技を駆使した結果均衡が取れていた、
と将棋世界8月号で述べているので、とんでもない大はずれだったようです。
でも飛車を閉じ込められて苦しいと思うんだけどなあ。
△6六歩に変えて攻め合いを目指す△2八歩で難しかったというのが渡辺三冠の感想でした。
また、その直前の▲6五桂では渡辺三冠も解説の二人と同様に▲7五桂を読んでいて、
その場合は攻め合いの△2八歩でいい勝負というのが渡辺三冠の読みでした。
そのため▲7五桂より直線的な▲6五桂を指されて、
この手に対してだと攻め合いが間に合わないと考えてしまったということです。
後手が苦しいと思っている解説陣と、いい勝負と思っている対局者では、
局面をどう見ているのかが全然違うので浮かんでくる手もずいぶん違います。
渡辺竜王は△2八歩と指せなかったことを後悔していますが、
後手が悪いと思っている船江五段は、
△2八歩は間に合わないと一瞬述べただけにとどまっています。
ただ解説の船江五段も佐藤四段も、
検討を進めているうちになんだか難しいことに気がついているのは流石ですね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

電王戦後日談

第2回将棋電王戦 エンディング PV


第2回電王戦が終わりました。
PVには第1~3局の対局者である阿部光瑠四段、佐藤慎一四段、船江恒平五段の
後日談もありますのでぜひご覧ください。

コンピュータが見せた温故知新

第5局にGPS将棋が細いと思われる攻めを仕掛けましたが、
じつは同じような陣形で仕掛けた将棋が1982年にありました。

塚田泰明 vs 田中寅彦 1982-09-17 全日プロ

この対局を先後反転すると、仕掛けた側の陣形が、
端歩を突いていないだけというかなり似ている局面になります。
しかも仕掛けた棋士は第4局に登場した塚田泰明九段(当時は四段)で、
この対局も仕掛けた側の塚田四段が勝っています。
塚田が攻めれば道理が引っ込むから30年、GPSが攻めれば道理が引っ込みました。
田中寅彦九段もTwitterで、
昨日塚田九段と打ち上げの席で、
「我々の若い頃と同じような無理気味の仕掛けだったね」と懐かしく話しました。
コンピュータの進歩を感じます。

と語られています。
GPS将棋の開発者で記者会見の場で答えられた金子さんは、
1990年以降の棋譜だけ定跡として記録しているとおっしゃっていますから、
この棋譜はデータベースには無いのでしょう。
東大にある679台のコンピュータが見せた温故知新。すごいドラマでした。
とはいえ何故この手がこんなに以前に出ていたのに、
誰も後に続くことなく忘れ去られてしまったのでしょうか。

「若者の才能を解き放て」2002年7月1日[日経ビジネス]より羽生さんの話

私は今31歳で、年下の人と対戦する機会が増えてきました。
そこで思うのは、後輩の将棋はしっかり見なければいけないということです。
例えば、4段5段の人や、まだプロになっていない人と指した時に、
その人の手が分からないことが時々あるんです。
どういう意図で指した一手なのか分からない。
対局が終わって、あれこれ考えたりしていると、
あっ、こういう方針だったのかと気づくわけです。
できるだけ情報を集め、最新の型も研究しているつもりですが、
それでもこういうことがある。恐らく私の中にも固定観念が形作られているのでしょう。
プロの将棋界は百数十人の世界ですが、いつも対戦する相手は10人程度。
同じようなメンバーの中で指し続けているうちに、
その中である種の暗黙の了解のようなものが出来上がる。
これはきれいな手であり、これは筋が悪いといった仲間内の共通認識が形成されていく。
このままでは変化に対応できなくなってしまう。
それだけは避けたいですから、若い人たちの将棋は極力意識して見るようにしています。


プロの棋士は百数十人、狭い世界ですから当然固定観念が作られていきます。
その固定観念で、この手は見込みが薄いと切り捨てられた手が、
GPSが仕掛けた手だったのだと思います。
羽生さんは若い人たちの将棋は極力意識して見るようにしていると述べていますが、
今後はコンピュータも固定観念を取り払うツールとして、
研究の場に入り込んでいくのかもしれません。
今後プロ棋士がコンピュータ将棋の進歩にどう接していくのか、
21世紀の人類の生き方、伝統とテクノロジーの付き合い方を示唆してくれると思います。

動画の中で船江五段が師匠の井上慶太九段に恩返しをしました。
4月26日(金曜日)、今度は阿部光瑠四段が師匠の中村修九段に挑みます。
予選なので中継は無いのですが、どのような将棋になるのか注目ですね。

電王戦関連リンク

将棋観戦記

将棋・序盤のStrategy

Slashdotのストーリー
第2回将棋電王戦、第5局はGPS将棋の勝利。コンピューターがプロ棋士に勝ち越す

ブログ内の記事
第2回電王戦第1局、阿部光瑠四段対習甦
第2回電王戦第2局、Ponanza対佐藤慎一四段
電王戦第3局はツツカナが船江恒平五段を破る
電王戦第4局、Puella α対塚田泰明九段は引き分けに終わる
電王戦第5局はGPS将棋が三浦弘行八段に攻め勝つ

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

電王戦第2局、先崎学八段の観戦記届く

先崎学八段による電王戦第2局の観戦記がきました。

第2回将棋電王戦 第2局 電王戦記(筆者:先崎学)1/22/2
※5図と6図が逆になっているので注意してください。

先崎学八段は羽生世代の一人で、故米長邦雄永世棋聖の弟子です。
小学校四年生の時に内弟子として米長先生宅に住み込み、
林葉直子女流とともに師事していました。
五年生の時に奨励会5級で入会して10ヶ月で2級まであがり、
各地の天才少年が集う奨励会の中にあって「天才先崎」とニックネームがつきました。
ところがここから大きく躓き、
同世代の羽生三冠、森内名人、佐藤九段、郷田九段といった面々に追い抜かれていきました。
その後プロ入りするまで羽生さんと話すこともできなくなり、
記録係りも「羽生先生」と呼ぶのが嫌だからという理由でしなくなったそうです。
それでも17歳でプロ入りですから相手が悪かっただけだと思いますけどね。
そんな先崎八段がプロ棋士が初めてコンピュータに負けた対局の観戦記を、
プロは恥を売るのが商売だから仕方ない」で締めたのは印象的でした。 

プロ入り後はNHK杯で優勝したり、順位戦ではA級入りしたりと活躍されましたが、
多才すぎたせいか囲碁や麻雀、パチスロ、等々いろいろはまり、
棋士・先崎学の青春ギャンブル回想録なんて本まで出してしまうほどです。
将棋の棋理ではなく棋士にスポットを当てたエッセイも多く、
文豪としても才能を発揮されています。

下記は若かりし頃の先崎学八段が、中村修九段、郷田真隆九段と一緒に
北海道へバカンスに行った時の様子を書いたものです。

将棋世界1998年6月号より

舞台は海の幸をたらふく食べた後に入ったスナック。
女の子に囲碁と将棋の違いを説明している時のことだった。
酔った(多分)中村さんがいった。
「囲碁の盤の上にはところどころ目印がついているんだ。将棋盤の上にはそれがない」
なかなかに気がつかない、中村さんらしい説である。
たしかに碁盤には九つ、漆が盛り上がった点がある。そこを星といえ。これは間違いない。
だが将棋盤になかったかなあ。
先崎、郷田はしばらく沈黙した。なにせ一週間以上将棋盤を見ていない。
将棋のことなど一瞬も考えていない。自信がもてない。
やがて、おずおずと郷田が切り出した。
「そうでしたっけ、中村さん。将棋盤にも星みたいな飾りが付いていたんじゃあなかったっすか」
中村さんが「あのねえ」といった。「付いてないって」。
先輩である。その話はいったん終わった。
しばらくくだらない話をした後、郷田がぶつぶつ呟きだした。
「やっぱり付いているっすよ中村さん。そう付いている。四つついている」
「はあー、付いていないって、そんな点なんかあるわけない」
ある、ない、ある、ない。我々はもめた。両者とも一歩も譲らない。
酔っ払いがくだらないことでアツくなるのは世の常である。
それに、二人とも頑固なんだ、これが。
「ある、ある、ある。あるといったらある。大丈夫ですか中村さん」
「ない、ないに決まっている。だいたい郷田も何年将棋をやっているんだ、ないものはない」
「中村さんこそ本当にタイトルを取った男ですか、ある、あ、り、ま、す」
「いや、絶対にない」
この絶対という一言が郷田の闘志に火を付けた。郷田軍の進撃がはじまる。
「中村さん、今、絶対といいましたね。ぜえったい、ですね」
「ああ絶対だ」
「絶対ってことは100%ないってことですね、じゃあ僕が百円ここに出します。
百円と百万円で賭けましょう」
「あのなあ、お前、そういう極論……」
「極論は中村さんじゃないすか。万が一つも間違いないなら、百円貰い得でしょう」
「……」
「ほら中村さん、百円、あげますよ」
僕は正直いってあるともないとも確信が持てなかった。横で女の子が呆れだした。
「二人とも、本当に将棋指しなの」
このままでは埒があかないので、誰かに電話して聞いてみようということになった。
当時飛ぶ鳥を落とす勢いの羽生の家にジーコンジーコン。
「ねえねえ先崎だけど」
「なんですか、こんな夜中に」
「いや、実は(中略)で、あるかないか分かる、できれば見てくれない」
羽生も呆れたのだろう。
「悪いけどもう寝てるんで、そんなのいちいち見る気しないよ、けど、あるんじゃない」
席に戻って二人に、羽生がたしかあるんじゃないかといっていたと伝えた。
その時の中村さんの台詞はカッコ良かった。
「羽生時代もこれで終わった」
その後の羽生の活躍はご存知の通り。あるかないかは皆さんの盤で確かめて頂きたい。
そう、市販されている九割の盤の上には、ひっそりと、存在を恥ずかしがるかのように……。

やっぱり勝負師は意地っ張りでないと。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ