棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

中村桃子

第64期王将戦第4局初日が終わる

渡辺明王将に郷田真隆九段が挑む第64期王将戦七番勝負第4局の初日は、
渡辺王将の封じ手で初日が終わりました。

ニコニコ生放送では9時から、解説に佐藤天彦八段、
聞き手に中村桃子女流初段で大盤解説会が始まりました。
ousyou4-1

佐藤八段「相居飛車になると思いますが、矢倉になるか角換わりになるか、
両者どちらも指すので両方ありえます」
そして郷田九段は▲2六歩。
佐藤八段「あっ」
相掛かりを目指す初手でした。
しかし渡辺王将の△3四歩で角換わりに合流、
と思ったら、郷田九段の▲7六歩に、渡辺王将にしては序盤では珍しく時間を使いました。
コメントでは角交換四間飛車になる△4二飛車を推す声や、
昨日の競馬の反省会をしているとか流れていましたが、
渡辺王将は△4二飛。角交換四間飛車になりました。

佐藤八段「番勝負の大きなポイントで、
今までの流れの居飛車ではなく角交換四間飛車になりました。
渡辺王将は一時期後手番で、ゴキゲン中飛車や角交換四間飛車を指されていましたが、
最近はまた居飛車に戻していたので珍しいと思います」

リレー質問
畠山七段から佐藤八段へ
現在大阪のA級棋士は久保九段一人ですが、
佐藤八段が関西に戻ってくればA級棋士が二人になります。
天彦戻ってくる気はないかー寂しいよまた戻ってきて欲しい。
僕は中学卒業まで関西にいて、その時の奨励会幹事が畠山七段でした。
家族が割合関東にいることが多くて、
兄が関東にいて高校の時は兄と東京で2人暮らしでした。
なかなか関西に戻ることは難しいかな。
関西は子供の頃通っていたところなので、懐かしいというか。
関東は三段のときだけなので、大阪の将棋会館の4階とかに行くと、
あーここでやってたなーとか思います。
今はこちらが長いので東京将棋会館のほうが自然に思いますけど、
僕は関西にも行き慣れていて、知り合いの棋士もいるので、
関西で指す時にもあんまりアウェー感はないです。
棋士室に顔出したときもあたたかい気持ちになります。
タイトル戦の立会いで、スーツは何着持っていきますか。
あー、スーツは前は結構2着とか持って行ってたんですけど、
今でも2日制は拘束時間が4日間なので、そういう場合は持って行きます。
1日制だったら1着で、ネクタイを変えるくらいですかね今は。
畠山七段とは、対局の時ににどんなスーツを着るか話をしたこともあります。
一部分だけが磨り減って言ったりもするので、それの話とかもしました。
棋士いろいろ対局のときのスーツに対する考えはあるみたいです。
高いスーツそのままきてくるとか、逆にあくまで作業着だとか。

竹部女流から中村女流へ
普段何をしていますか(棋士同士普段なにをしているのかなかなかわからないので)
プライベートってことですかね。家にいるときは犬と遊んでます。
私は結構アウトドア派なので、外をうろつきます。
今だとウィンタースポーツ、スキー場とか行きますね。
結構急に行きます。予定を立てるのは苦手です。

そして大盤解説に。
中村女流「定跡ってどのあたりまでできているんですか?」
佐藤八段「角交換四間飛車は、ずっと研究されてきた戦法ではないんですね。
ちょっと特殊なところは研究がしにくいところです。
この戦法は一番詳しいのは藤井先生ですが、
藤井システムのように激しい戦いになると、
細かい変化の中で突き詰めて研究できるのですが、
この将棋は角交換するととたんに可能性が増えて、駒組のバリエーションが増えて、
そのため研究しにくいです。
その場の組み合わせでやられてる戦法なので、
定跡はできてきていますが棋士の間でも浸透していないです。
一部の棋士が詳しくて、
その他の棋士は対策はもっていても詳しくは知らないという感じで、
先方の肝となる部分はわかっていないということも多いです。
藤井先生は緻密な研究で指しますが、
同じ振り飛車党の棋士でも緻密というよりは豪快にという棋士もいます。

その後佐藤八段の角交換四間飛車の講座に。
佐藤天彦八段の解説は細かい形の違いも丁寧に拾って説明するのが特徴です。

質問メール
佐藤先生は渡辺王将と仲がいいという話を聞きました。
渡辺王将はプライベートではどのような先生ですか。
佐藤八段「屈託の無い江戸っ子らしいさばさばした感じです。
今はおたがいいろいろ忙しくなったので、会う機会は減っています。
研究会もしていないです。会うといろいろ話すんですけど」
中村女流「桃鉄とコメントが流れてるんですけど」
佐藤八段「10年くらい前に渡辺さんと村山七段と戸辺六段と僕で、
良く遊んでいたんですけど、
僕は桃鉄はあまりやったことないですね。他のメンバーだと思います」
中村女流「郷田九段とは交流はありますか」
佐藤八段「郷田九段とはほとんど無いですね。
渡辺さんと比べるとプライベートのことはあまり聞かないんですけど、
(コメントで金井とながれて)そうですね、金井さんが詳しいです」
金井五段は明日の現地大盤解説らしいです。
郷田九段の大ファンの解説を聞きたい方は是非。

アンケートどちらを応援しているか
渡辺王将35.0%、郷田九段45.7%、どちらも19.2%。
佐藤八段「これはやっぱりここで1番返して欲しいと」

質問メール
A級昇級おめでとうございます。
新人王戦での横歩取りの将棋を見て以来ずっとファンです。
A級棋士となって、心境の変化はありましたか。
某棋士は嬉しすぎてコンビニの弁当やカップラーメンまでA級の味がすると言ってました。
こんなことまで違うように感じるんだなということもあったら教えてください。
佐藤八段「やっぱり嬉しいというかそういう気持ちはありますね。
順位戦は長丁場の戦いでしたから、そういう中で、
1局1局も10時に始まって深夜に終わるとかなので、
そういうのを思い返すと結果が出たのは嬉しかったです。A級昇級は特別に嬉しいです」
中村女流「対戦してみたい先生とかはいますか?」
佐藤八段「今期まだA級の挑戦者や降級者が決まってないですけど、渡辺さんですかね。
順位戦というのは1年に1回昇級のチャンスがあるだけなので、
他の棋戦と比べて上の先輩と指すのはなかなか難しいので、
そういう棋士と順位戦で相見えるというのは楽しみです」

以前ニコ生で先生が出演した際に、
自然な気持ちで指せてますと言ってました。
アマチュアは体調や心が思わしくない時も大会ならば指さないといけないですが、
気分を自然な状態にするためにやってることはありますか。
また、思わしくないときでも将棋を指すことはありますか。
佐藤八段「ひとつめは自然なということですが、
僕の場合は対局が定期的にあるだけなので、
そこに合わせて近づくに連れて準備をしたり、緊張感を高めたりしています。
ずっと同じ気持ちというよりは、近づくにつれて気持ちを高めていって、
そんなに緊張しないで、平常心で挑むようにしています。
終わったら気晴らしで、自分の趣味とかに興じて、ストレスとかを早めに発散します。
緊張で寝れないとかはないです。
平常心でいるつもりでいますが、
対局前だから神経質になってるのかな、と思うこともあります。
些細なことが気になって、意識が鋭敏になっているのかなと思うことはあります」
中村女流「体調が思わしくなくても指してしまうとありますが」
佐藤八段「それは素晴らしいことだと思います。
僕は対局が生活の中のメインなので、そこに悪影響がありそうならば、
まずは体調や自分の状態を整えて挑むことになります。
今どういうことが必要かということを考えて、
それだけ指したいと思えることはいいことですが、
プロの場合だと整える方が対局にいい状態で望めます」

私は年に数回将棋大会に出ていますが、
先輩のぼやきにペースを乱されて負けてしまうことがあります。
こりゃ負けた、意味わからんな、え?、等々。
ぼやきに動揺しないようにするにはどうすればいいでしょうか。
また、連続王手の千日手に誘導されて負けてたことがあります。
先生方は珍しい勝ち方や負け方をしたことはありますか。
中村女流「先生経験ありますか?」
佐藤八段「ありますね。道場にいってるとしゃべりながら指す人は多いです。
大会とかで勝たないといけない場合は難しいですね。
アマチュアの対局は公開されてますし、ギャラリーが見ていたりしますし、
そこで平常心を保つのは大変かもしれないです。
僕はなんというかあんまり感じすぎないというか、
気にしない用に多分訓練したんですねきっと。
意表を突かれるような手を指された時に、動揺はもちろんしますけど、
そこでえ?となっても、え?え?え?え?みたいにはならないように、
ぼやきもふーんくらいで、
その人が本当に気持ちが出てるのか、三味線みたいに言ってるのか、
一歩引いた気持ちでいると冷静になれるかもしれないです」
中村女流「珍しい勝ち方や負け方とありますが」
佐藤八段「僕ありますね、最近はいろんなとこで話題になってると思いますけど、
指していて僕が入玉してて、点数が足りなくて負けだったんですが、
相手が銀を取って、取った銀を前傾姿勢で僕の駒台に乗せちゃったんです。
びっくりしましたね。その時固まってしまって。
相手の人がちょっとこれはどうすればいいですかと言って、
結局こういう手はないから反則負けだねとなったんですけど、
相手が現竜王なんですけど、それが一番珍しい勝ち方じゃないかなと思います。
負け方は無いですね。普通に負けてると思います。
奨励会のときに1回くらい時間切れで負けたかもしれないですけど、
それくらいだと思います」

先日リアル車将棋がありましたが、好きなタイプの車はありますか。
かっこいいスポーツカー、どこでもいけるオフロードカー、みんなでマイクロバス、
ゴージャスにリムジンなどいろいろありますが、どんな車が好きですか。
佐藤八段「僕は乗らないんですよ。免許は取らないんですよ。
僕が乗るとちょっと危ない気がしますね。
考えちゃうからというよりも、乗り物を運転できるかが不安ですねまず。
東京に住んでいると結構電車を使いますね」
中村女流「私は車乗ってるんですけどコンパクトカーが好きです」
佐藤八段「僕中村さんの車に乗せてもらった時がありましたね」
中村女流「ありましたっけ。あ、綾ちゃんとかいたときでしたね」
佐藤八段「みんなで中村邸で遊んだ時に乗せてもらいました」

今日は僕の誕生日なのですが、誕生日に対局があったことはありますか。
佐藤八段「今年あったと思うんですけど。
1月16日なんですけど、佐々木慎さんと対局だったと思います。
不利というか厳しい将棋だったんですけど、なんとか逆転できました」

先生は奨励会三段時代に、次点二回をとりましたが、
フリークラスでの編入を辞退しました。
その時の率直な気持ちを聞かせてください。
佐藤八段「三段リーグで3位の人は次点といいまして、
次点がふたつもらえると特例としてフリークラスに編入できます。
僕が15、6歳の時ですかね、フリークラスに行かずに残りました。
まず前のときに13勝5敗で次点になったときには、
13勝以上はして上がりたいなという気持ちがあったんですね。
ところが2回目は最終日を10勝6敗で迎えていて、
連勝しても昇級の目が無い状態で最終日だったんです。
なのでそんな状態で昇級しても、自分のなかでは納得いかないところがありました。
当然プロにはなりたいわけなんですけど、
上がれないのが決まった状態で、2連勝したら次点になったので、
絶対に上がるんだという気持ちを持って指したわけではないのに、
プロになれてしまう、次点で上がれてしまうようになってしまいました。
師匠とその後話したんですけど、僕はあまり覚えてないんですけど、
僕に対してどうしたいかと聞いた時に、
僕はどちらでもいいですと答えたみたいです。
当時16歳だったんですけど、年齢制限は26歳なので、
フリークラスに編入しても順位戦編入まで10年で条件は同じなので、
そこまで権利を行使する大きな違いがあるとは思えなくて。
人生って切り取った物語じゃないじゃないですか、
その後に頑張り続ける事が一番大事かなと思ったので」
中村女流「プロになるのがゴールじゃないということですか」
佐藤八段「一般的には行使するのが普通だと思うんですけど、
僕の時はそこまで大きな違いがあるわけでもないし、
気持ちの上でも絶対上がるんだと言う気持ちで最終戦に挑んだわけでもないので、
三段リーグ勝ち抜ける自信があるとかそういうわけじゃなくて、
自分の考えをまとめていってというところですかね。
次点を蹴って2年後くらいにプロになったので、そんなにすぐではないです」

10:30のおやつが届いて
佐藤八段「渡辺さんが朝からおやつは珍しいと思うんですけど。
普段はタイトル戦は太るので、
カロリーコントロールということで朝はおやつを食べないんですけど」

対局の展開としては、相居飛車は研究が進んで序盤が早い時間で指されるが、
居飛車対振り飛車はバリエーションがあるので、
相居飛車の将棋より序盤で時間を使うとのこと。

質問メール
ネット将棋の思い出について教えてください。
将棋倶楽部24でレート3000台に初めて到達したdcsyhiと対局したことはありますか。
佐藤八段「福岡にいた頃はよく活用していましたね。
東京の奨励会の棋士とかも、相手の名前はわからなかったですけど指してました。
すごく有名なんですね。ちょっと知らなかったですけど。
今はたまにしか指さなくなりました。
dcsyhiさん、有名ですね。
今は3000くらいのレートはそこまで珍しく無いんですけど、
当時は一番強い人でも2800点とかだったので、
その時に3000点をたたき出したのですごく有名になりました。
僕は指したことがあります。3局か4局くらいかな。
1局だけ勝ったことがあります。横歩取りだったかな。
それだけ一人圧倒的な点数を出すというのは難しいです。
僕自身でいえば、渡辺さんと友だちになったのも将棋倶楽部24だったんですね。
チャットでいろいろ話したりしていて、
元々お互い知らないで指してたんですけど、強いなという印象がありまして、
僕の師匠にあれは渡辺さんだよと言われて、
それでチャットとかするようになりました。
あと人の将棋を観ながら直通会話とかができたんですよ。よく話していました」

デビューして9年でA級になりましたが、9年は長かったですか。
また、順位戦で思い出に残る対局を教えてください。
僕が一番長いなと感じたのはC級2組で4年ですね。
一番多くいたのはC級2組なんですね。
若手はもっと先に上がってる人もいましたし、成績も微妙でちょっと不安もありました。
2組を抜けてからは出来すぎなくらいです。
大きく見てしまえば連続昇級は勢いがあったということかもしれないですけど、
順位戦は1年やるので、そんなにずっと好調だったというわけではないですから。
3期目は4勝5敗で最終局を迎えたと思うんですね。
大阪で指して負けたときに、
翌日かなにかに食事会があってげっそりした感じで出たんですけど、
その後の負け越しかもしれないと言う対局でなんとか勝ったんですけど、
藤井九段が主催している研究会で、終わった後に、
天彦の指し分けは降級点みたいなもんだと発破をかけられまして、
次はしっかりした将棋を指していかないといけないなと思いました」

アンケートみなさんは?
居飛車党31.4%、振り飛車党19.8%、オールラウンダー15.5%、観るだけ33.2%。

アンケートどちらを持って指してみたいか
先手・郷田九段33.0%、後手・渡辺王将25.1%、何とも(ニャンとも)言えない42.0%。

質問メール
私は居飛車党ですが、角交換四間飛車に困っています。
角交換が無かった場合に、4七銀型に組む隙がなくて困ります。
どうしたらいいのでしょうか。
ちょうど本局がいい題材というか。
相手に角交換をして欲しいんですけどしてくれないという場合は、
自陣の整備をするといいです。
4八銀から5八金、3六歩といったように、自分にとって得になる手を指すといいです。
後手も結構指す手が難しいので、どっちも先に角を交換して欲しいんですけど、
どちらかというと後手の方が先に困ります。

天彦という名前はどのような思い出つけられたのか、ご両親に聞いたことはありますか。
僕自身から聞いたことはあまりないと思うんですけど、
天に轟く山彦になれみたいなことでつけられたと聞いてます。
僕としては苗字が佐藤ということで圧倒的に多い苗字で、
下の名前が珍しいので、子供の頃は気に入っているということはなかったんですけど、
ほとんど佐藤と呼ばれることはなくて天彦と呼ばれるので、
親しみのある名前になりました。

どうぶつ将棋で相手の手に対して、
「それ何?」や「何で?」と相手に聞く斬新な盤外戦術をされてた中村女流ですが、
普段の対局でもやってるのですか。それともあの対局の秘策だったのですか。
あのこないだニコニコ生放送で、サークルKサンクスさんのスイーツをかけて、
女流棋士でどうぶつ将棋を指したんですけど、
将棋と違ってわいわいやれるのかなと思って、10秒将棋だったんですけど、
わかんないと言いながら指したり、それ何?何?とか言いながら指してたんですけど。
全然盤外戦術のつもりじゃなかったんですけど、
結構みんな静かな方もいれば、私はずっと話しながらやってました。
優勝は貞升女流で、どうぶつ将棋VSというのをやって研究してきたみたいです。

天彦先生の和服姿を見るのが楽しみです。
プロの先生に指導対局を受ける場合に、駒を並べて待っているのか、
上位者の先生に並べてもらうのがいいのか、どちらがよいでしょうか。
なるほどそれはちょっと思いますね。
1対1でやる場合は上位者が並べるのが一般的ですからね。
指導対局はそこまで作法にこだわられなくても、自由でいいと思います。
先に並べていても失礼ということはまったくないです。
すごく人数が多いのであれば並べてもらった方がいいですし、
少ないならそこまで焦らなくてもいいかなとか。

その後佐藤八段の解説&定跡講座に。
細かい手でポイントを稼いで大きな戦いに望むというのが大まかな考え方らしいです。
また、この局面はお互い経験済みらしく、
郷田九段は藤井九段と、渡辺王将は行方八段とと聞いて、
佐藤八段「あーあー行方先生の終盤▲5九桂という中合いが出た将棋ですね」
そのヒントでどの対局かわかっちゃうんだ。
見る機会があったら面白い将棋なので是非とのこと。
※棋譜データベースより
解説が無いと私には理解不能です。

質問メール
棋士のみなさんは開始5分前とか3分前とか、
思いのほかぎりぎりに来ることが多いと感じました。
30分くらい前にきてちょっと一服みたいなのが普通だと思っていたのですが、
ぎりぎりに来る方がいいのでしょうか。
30分くらい前について一服されてる方も結構いると思いますよ。
あとかなり前についてお茶をしているという話も聞きますね。
渡辺さんは連盟の近所でお茶をしているとか、その手筋が結構あります。
連盟に近いカフェで対局前に棋士がかち合うということもあると聞きます。
僕はお茶とかはなくそのまま行きます。
10時までにいればいいということなのですが、20、30分前に座って待っている人もいます。
ぎりぎりに着くのは多分人それぞれの性格だと思います。
将棋は長丁場なので早くからウォーミングアップしても、
実際は午前中は序盤で終わったり、
順位戦だと夕食休憩まで駒がぶつからなかったりもするので。

先日の朝日杯のように、相手が予測していない作戦をしてきた時に、
渡辺王将は隠さないのが魅力だと思いますが、
ポーカーフェイスが得意な棋士もいますか。
時間があればちょっと考えて、予想外な戦型に対する対策をします。
朝日杯は時間がなくて、どんどん指すしかないので、
え?と思うことはあります。あーそうなんだとか。
それを表に出すかどうかは人それぞれというか。
中飛車を指されて驚くのは全く失礼なことではないですし、
それで相手に主導権をとられるわけでも無いのですが、
終盤だと相手に自信を与えてしまうかもしれないので、序盤はいいのかな。
無理に我慢して、自分の考える時間が減ったり集中力が減ったりするといけないので、
もう自分ものりのりでいやーとか発散した方が楽な場合もありますから。
終盤も相手がいやーとか言いながら指してきて、それがいい手という場合も結構あります。

師匠の中田功先生や周囲の方とA級昇級のお祝いはされましたか。
師匠とはまだですね。日取りも決まってないので。
あまりそういうことを気にしないというか、
それが僕としては自分に合ってるなと思います。ちょっとアバウトなのが。
上がった日の深夜にメールして、遅くて4時とか5時だったので、
明日電話しますとメールしたら、
すぐに観てたよとメールが帰ってきたので、すぐに電話しました。
中村女流「先生のお祝いは水面下でいろいろ動いてるという話を聞きました」
※この瞬間水面下でなくなりました。
中村女流「あと、名人挑戦の自信はありますかとのことです」
当然上を目指して指すことになるんですけれども、
まだ始まってないので、どれだけやれるかは指してみないとわからないですね。

その後の解説ではプロが気にする細かい手順の違いを解説。
こうすると一手得するとか、
こうすると相手の選択肢が狭いのでこの形に誘導するならこの手とか、
何気ないところでも指してる棋士にとっては勝負どころだったりするらしい。
渡辺王将の決断が早いことについては、
自分の中で価値観が定まっていて、どうせこの形は自分は指さないなとか、
己を知るみたいなことができてるから早いのではないかとのこと。

棋譜並べについて
鋭い攻めを磨きたいとかなら渡辺王将の将棋、
振り飛車に対して手厚く押さえ込みたいとかだと郷田さんは森内さんなど、
課題にあわせて棋譜並べをするのがいい。
理解が深まることによって新しい楽しみができたりする。
やっぱり盤にならべた方がいい。
指した時の感触というか、
いい手を自分の手が指した時の気持ちというか感覚というか、
こういう手を気持ちいいと体が感じると直感力というか体が覚えるらしい。

このまま昼食休憩かというところで、
佐藤八段「作戦の分岐点のところは指すと相手に考えられてしまうので、
指さずに休憩に入ったほうがいい」

昼食アンケート
お寿司23.2%、フレンチ29.9%、うなぎ25.9%、そば・うどん13.0%、中華8.0%。
佐藤八段「僕は最近の対局ではお寿司やうなぎが多いですかね」
中村女流「渡辺王将は好き嫌いとかあるんですか」
佐藤八段「辛いものは苦手ですよ。わさびはだめですし。
からしとかもダメだと思います」

次の一手アンケート
△3二飛44.2%、△5四歩22.1%、△6四歩8.0%、△1四歩7.5%、その他18.2%。

そして昼食があけると…
ousyou4-2
豊川七段のTシャツが…
ousyou4-3

中村女流「将棋が強くなりますかね」
佐藤八段「うーん…」
適当なことは言えない性格の佐藤八段。
駄洒落は上手くなるかもしれないですよ。

昼食アンケートの答えはふじもとのうなぎ。

解説に戻って、後手から動く手段をいろいろ封じないといけなくなったので、
ちょっと先手が気を使う展開になってしまったかという佐藤八段。
渡辺王将の△3一金が、自陣の隙を消して動ける準備ができる手だったようだ。

質問メール
つい角の利きをうっかりしてしまいます。うっかりしての逆転負けも多々あります。
佐藤先生は人生で角の利きをうっかりしたことはありますか。
佐藤八段「角と桂馬はうっかりしやすいと思います」
中村女流「先生は角のききをうっかりしたことはありますか」
佐藤八段「うーん僕はないと思います。
うっかりしやすい利きの駒は頭の中で何度も確認するようにするといいと思います。
それが積み重なると自然に注意が向くようになります。
うっかり馬を作られるということはプロでもあると思います。
角を交換して持ち合った状態のときは、あまり駒を上ずらせないのがポイントです。
駒を前進させて、固めたつもりが隙ができるということがでてきてしまうので」

持ち時間が比較的長い対局で、序盤で30分とか時間を使って考えていることもありますが、
定跡の段階での長考は何を考えてるんですか。
中村女流「見ていても不思議な気分になることがありますね」
佐藤八段「よく終盤の秒読みに追われている姿をファンのみなさんは見ていると思うので、
それなら終盤にとっておけばいいのにと思われるかもしれませんが、
考えなければいけないから考えています。
定跡はみんなでずっと作り上げてきたもので、
最先端の定跡研究の中では1週間ごと、1日ごとに定跡がかわることもあります。
今日郷田さんが考えた5八金も、違う手だと激しい展開になることもあります。
居飛車同士だと、ばばばって研究手順に進んで、
片方が研究を知っててそれで勝敗がついちゃうというのがあるので。
定跡は信頼できるものでもありますけども、
同じ局面でも新発見があると、先手良しから後手良しになってもおかしくないです。
表に出てない新手でも確認する必要があります。
順位戦のような長い将棋だと、自分がはっきり形勢が悪くなって、
相手が4時間とか持ち時間が残っているとげんなりしてしまうので。
でもちょっと考えすぎたなとか思うこともあります」

相手の考慮時間中に気を使われていることはありますか。
視線はあんまり相手を見ないということですね。
考慮中に相手にじーっと見られると困ります。
音とかも自分が音を出しすぎない、なるべく扇子とかも。
姿勢は正座でもあぐらでもいいと思いますけど、基本的にじーっとしていれば。
まあ程度問題というか、多少ならいいと思いますけど、あんまりずーっとやってるとね。

局面が佳境に入ってくると前傾姿勢になる棋士が多いと思いますが、
自分は腰痛持ちなので長い間前傾姿勢になると腰を悪くしそうだなと思います。
確かに多いですね。あれは無意識になってしまうものだと思います。
近づいた方が盤上没我になりやすいというか、
序中盤は背筋を伸ばして盤の隅々まで見て、
終盤で王様の詰む詰まないだと、
ここだけ見ている方が集中できたりするのかもしれないです。
読みを重視している局面だからこそ、前後に動いたりリズムを取たりもします。

郷田九段が長考のままおやつの時間に入り、
渡辺王将がおやつのおあずけをくらう展開に、と思ったらホットコーヒーのみらしいです。
午前中におやつを食べたのは郷田九段の長考を見切った深い読みの一手だったのか。

今日のニコ生のおさんじはレモン牛乳クッキーってまじっすか
※私は栃木出身です。
ousyou4-4
中村女流「レモンの香りがしました、んふふふふ」

さて今日のメインイベント貴族のファッションチェックのコーナー。
ousyou4-5
ジャケットに柄が入ってる!無地じゃない!
でも動画じゃよくわかんないですね。

佐藤八段「こんなことしてていいのか…」
中村女流「先生が普通のスーツを見たことがあまりないと思います」
佐藤八段のお勧めブランドはアンドゥムルメステール。
東京だと表参道で売ってるらしいです。

郷田九段は2時間9分の大長考の末に▲2四歩と仕掛けました。

質問メール
タイトル戦で記録係りや立会人をやったことがありますか。
また、失敗談などあれば教えてください。
タイトル戦の記録はないですね。立会人の経験は副立会いならあります。
こないだちょっとあったんですよ、大阪にいるときですかね。
前日に検分をするんですけれども、
時間を間違えてのんびりしてたら時間になっちゃってて、
あわてて駆け込んだら温泉に入ってたので浴衣姿で、穴があったら入りたい気分でした。
あわてて自室に帰って着替えてきたんですけど。
他に名人戦で行ってたときに20分前くらいについて、
職員の方がまだ時間があるのでお部屋で休まれてはと言われたので、
少し休んで10分くらい前に戻ったらもう検分が始まってたことがあります。
ちょっと学習しないといけないですね。
中村女流「みなさん知ってるみたいです。コメントが流れてました」
佐藤八段「有名な話なんですか!?」

タイトル奪取と結婚はいつごろの予定ですか。
中村女流「すごく直球な質問がきましたね」
佐藤八段「どちらもかなりこう先が見えないところですね」
中村女流「タイトルはもちろん早い方がいいですよね」
佐藤八段「まあそうですね。結婚の予定はないです」
中村女流「願望は?」
佐藤八段「願望ですか。うーん…あまりそこまではないですかね」
貴族から独身貴族にクラスチェンジしてしまうかもしれない。

LINEスタンプの「理想だね」について感想を聞かせてください。
中村女流「これのご感想をお願いします。
でも先生の理想だね使いやすいです」
佐藤八段「ええー?このたびに思い出されちゃうんですかね。
僕が四段時代に、大和證券杯の女流のトーナメントの解説をやらせてもらって、
室田さんの将棋を解説していたんですけれども、
解説の棋士によっては口頭でしゃべってチャットに打ち込んでもらうんですね。
僕は慣れてるので連盟のパソコンでチャット解説をしてたんですけれども、
ちょっとこの攻めは無理そうですねということで、無理そうですねとぱっとやったら、
室田さん理想ですねに変換されていて、大いに焦りました」
中村女流「もう使うたびにそれを思い出して」
佐藤八段「いえいえちょっと…」

以前解説していたときに、BGMとしてクラシックが流れてました。
貴族の放送としてぴったりだと思いますのでよろしくお願いします。
解説をしているときですかね。
当時僕が練習していたピアノの曲が流れてたんですけど、
僕も結構クラシック音楽を聴きながら勉強したり原稿を書いたりしてます。
クラシック音楽といってもいろいろあるので、
その時の気分に合わせて、原稿かくときはリズミカルな曲だとどんどん作業が進むとか。
中学生くらいのときからは聞いています。
最初は年末の第九の演奏会に両親に連れられて行ったんですけど、
当時は小学生で良さが全然わからなくて、もう聞くことはないだろうなと思いました。
中学校で帰りに耳に入ってきたのがきっかけで聞くようになりました。
お気に入りはかなりたくさんあるんですけど、
原稿を書く、定番以外ですか、最近はメンデレスゾーンとか、
ハチャトゥリアンの仮面舞踏会のワルツとか。
加藤先生ともそういう話になったことがあります。

藤井九段にC級2組で指し分けた時に発破をかけられたと聞いていますが、
藤井九段とのエピソードを教えてください。
藤井九段とは高校生くらいの時に、三段で関東にいて、
自分としては藤井九段の研究会に入りたいと思っていました。
序盤をもっとやりたいと思っていて、
序盤の大家に序盤の考え方を吸収できればと思っていたのですが、
ちょうど研究会に欠員がでたときに、研究会に行っていた村山七段に誘ってもらって、
その前から代打では行ってたんですけど、レギュラーメンバーになりました。
感想戦が長めの研究会で、序盤中心で感想戦をしてました。

ここでティロフォン阿久津八段から。
阿久津八段「全然進まないですね。
渡辺王将はときどきゴキゲン中飛車を指したり、角交換四間飛車を指したりしてますが、
最近は新人王戦の記念対局で角交換四間飛車をやっていたので、
もしかしたらと思ってました。
ここまでの進行は渡辺さんの方が主導権を握りそうな雰囲気を感じていました。
郷田九段のほうが気を使う展開になったと思うんですけど、
無難に銀冠にするのではなく、
少し得をしようとしたところを後手から動かれそうになっています。
居飛車が怖い雰囲気で渡辺王将もその辺で考えているんですかね。
現局面は自分から動いていけそうなので渡辺王将の方を持って指してみたいです。
銀冠に囲う途中で戦いになるのは郷田さんからみたら不本意なのかな」
中村女流「両対局者の雰囲気はどうですか」
阿久津八段「渡辺王将も郷田九段も普段通りというかリラックスされています。
私は浦和に10年以上住んでたんで、盛り上がっていて嬉しいです」
中村女流「うらわろーる有名なんですね」
阿久津八段「私知らなかったんですけど。ふふふ。
うなぎとかもそこそこ値段もするんで、
うちの親があんまり教えたくなかったのかもしれないですね。ふふふ」
中村女流「後どれくらい進みそうですか」
阿久津八段「渡辺王将がどのくらい考えるかによりますね。
郷田九段がかなり長考して動いていったので、
渡辺さんが決断していけば10手くらい、終盤までは行かないと思います。
相居飛車の定跡形とは違うので、手探り状態といったところです。
激しくなるのは明日になってからだと思います」
現地も大盤解説、指導対局、イベントがあり、
浦和なので飛び入り参加の棋士もいるかもしれないので是非とのことでした。

今泉アマの編入試験がありましたが、
佐藤八段と言えば瀬川五段の編入試験で試験官をされたことがあります。
その時のことを教えてください。
10年以上前ですかね、瀬川さんがプロ入りの試験をすることになりました。
当時僕はフリークラス入りの権利を放棄したあとで、
審判を努めることになりました。
僕はてっきり四段がやるとおもってたので、自分に依頼が来るとは思わなかったです。
僕自身は瀬川さんの編入に反対とかはなかったので、普段通りに対局ができました。
普通奨励会員はは将棋会館で指すのですが、
ホールにお客さんを入れて指すことになって、
舞台の裏側とかもみられるのですごいなーと思ったり、
当日はいろいろ新しいことをできるのがすごく楽しみだったりして、
あんまり緊張しすぎないところもありました。
舞台に出る前に奨励会員の方が準備してたんですけど、
僕に「奨励会の意地を見せてください」と言ってくれて、身が引き締まって、
非常にいい状態でステージ上にいけたかなと思います。
プレッシャーですか?うーん…。
奨励会の代表という形で選ばれているかもしれないですけど、
結局は自分で将棋を指すし、新しいことを楽しいと感じではいけないわけでもないし、
将棋も激戦だったんですけど、終盤いい手が見つけられて、
後になってみると非常にいい経験をさせてもらえました。

棋士の先生方は友達同士の対局が増えると付き合いを減らしたり、
気を使ったりすることはありますか。
そうですね、仲がいいとやりづらくなるとかですか?
よく知らない人と指す時とは違って、手の内を知っていることを踏まえたうえで、
かなり対局が近くなると、わざわざ会おうということにはならないですけど、
終わったら元に戻ると言う感じです。
研究会だと代打をだしたりするのかなあ?どうなんだろう。
みんな忙しくなっちゃったので、奨励会員の時の方が集まりやすかったです。
それぞれプロとして仕事が増えてきたのと、戸辺さんは結婚されて、
村山さんも結婚されましたし、渡辺さんもずっと前から結婚されていますし。
やりにくさは感じないですが、1局の将棋は非常に長いので、
ちょっと気を抜くタイミングの時にそういう状況を楽しむみたいな。
あんまりひどい負け方とかだと空気を読みますけど、
そうでなければその後ご飯食べに行ったりもします。

よくどっちを持ちたいかという言葉を聞きますが、
プロは単にどっちが優勢かという意味で使ってるのでしょうか。
アマチュアだと優劣と関係ない判断で、
好きな戦法のほうを言ったりもすると思いますが、
プロの方でも劣勢に見えるけど持ちたいということもありますか。
明らかに劣勢の場合は、持ちたいということはないと思いますが、
劣勢でも楽しみがある場合は持ちたいということもあると思います。
自分が居飛車党で、振り飛車がよさそうでも自分では指しこなせないかなとか。
将棋は悪い時の逆転のしかたも醍醐味のひとつなので、
そっちを楽しむということは大切です。
僕は結構悪い時でも耐えて耐えて、大逆転の夢を見てるかもしれないですね。

渡辺王将は長考の末△2二歩。
後手の考え方としては2筋を手堅く収めてしまって、
△3五歩から動いていこうということらしい。
先手は後手に動かれずに自玉を固める手が難しいとのこと。

休憩明けでも郷田九段はまだ長考を続けます。

アンケートこの後
このまま封じ手34.9%、一手は指す65.1%。

佐藤八段「ものすごく手の広い局面ではないんですけど、
先手としては読みの裏づけをとらないと、後手が△3五歩と動く手が見えるので」

次の一手アンケート
▲2六飛11.7%、▲2八飛44.9%、その他43.4%。
郷田九段は17時30分くらいまで考えて▲2八飛。

質問メール
私は中田先生の将棋が好きであこがれています。
佐藤先生から見た中田先生の将棋の魅力は何ですか。
やっぱり戦法的にも、コーヤン流三間飛車とか、
居飛車穴熊に一直線に攻めていくじゃないですか。
豪快に捌いていく棋風で、
普通のプロが行ききれないようなところを、どんどん大駒を捨てて攻めていくので、
勝っても負けても気持ちのいい将棋というか。
プロはどうしてもリスクを考えてなかなか過激な攻めはできないんですけれども、
どんどん攻めて行きます。
奨励会時代では師匠とはインターネットを通じて指していました。師匠が関東だったので。
指しているととにかく攻めてこられるんですよ。
師匠と弟子が対局したら、普通は師匠がどんと構えて、
攻めて来いという感じだと思うんですけれども、
僕がずっと守って師匠がどんどん攻めてきました。
歳の離れた兄のような接し方をしてくれました。
大事な決断の時は一緒に考えてくれました。
ゲーム全般に対しての情熱がすごいです。
麻雀とかもすごいんじゃないですか。かなり真剣にやってるのが伝わってきます。

棋士としての人生の中で、これだけはとりたいというタイトルはありますか。
やっぱりタイトルは何でも欲しいと言うのが正直なところです。
子供の頃は竜王に憧れていましたね、竜王とはなんとなくかっこいいと思ってました。
飛車が好きなので、成ったら竜王じゃないですか。
名人というのはまた違った制度というか、
1年では挑戦できないのでなかなか現実的な選択肢に入ってこないんですけど、
今は現実的な目標として見えてきたところです
僕は今となっては順位戦を中心に結果が出ているので長考派なのかなと思いますけど、
早指しの予選で20分30分の早指しとかも勝てたので好きなんですけど、
結果が出てるのは長い時間ですね。

朝日杯の決勝戦で、羽生さんが渡辺さんを相手に中飛車にしました。
前の対局の流れを汲んで戦法を決めるというのは多いですか。
多いかはわかりませんが、そういうことはあるのかなと思います。
そういうところを想像するのも楽しいですよね。
実際それはあるかもしれませんし、普段の対局でも直近の対局に影響を受けて、
その形を掘り下げたいとか、気分転換に違うのを指したいとか。

佐藤先生は福岡出身ですが、関西将棋会館は大阪なのでかなり遠い場所になります。
プロになるまでの間に、これは辛かったということはありましたか。
僕はその時点では一人暮らしではなかったですね。
福岡から小学校時代は親と一緒に、中学校からは一人で通ってました。
月2回ですから僕はそこまでは思って無かったですけど、
両親は心配したかもしれないです。
新幹線の中で「ぼく一人?」とか声をかけられたこともありました。
一人暮らしは高校を卒業してからで、高校は兄と2人暮らしでした。
ただでは帰れないっていう意識は地方から来る人の方が強いのかもしれないです。
奨励会は1日3局ですが、最低2勝してこないと、
行かなきゃよかったとかなっちゃうので。
奨励会のときに、昇級の一番で負けてあがれなかったのがつらかったですかね。
中学生くらいのときに周りとの違いにギャップを感じたことはあって、
やめたほうがいいんじゃないかと思ったことはありました。
悩んで母親に言ったこともあったんですけど、
学校から帰ってやっぱりやると言ったりして、母は安心したと思います。

最近将棋を始めて、矢倉と船囲いの形は覚えました。
詰め将棋も解いていますが、何をすればよいでしょうか。
将棋の勉強って自分が楽しめることと個人的には思っています。
指す戦法が少ないとかいろんな悩みが出てきますが、
自分で意識して少しずつ改善していくのがいいです。
趣味でやってるのでそんなに焦る必要はないので、
それがモチベーションになって苦手なものも少しずつ向上するというか、
相対的な力がつけば苦手な部分も少しずつ改善されていきます。
今言われた方では戦法を覚えていくといいと思います。
ある程度将棋を勉強していれば、例えば棒銀の受け方は知識として取り入れられますが、
自分でやってみた感覚と言うのが一番大事です。
うまくいっても失敗しても身にしみます。
知る充実感というのもでてくるのかなと思います。

封じ手予想アンケート
△3五歩60.0%、△5四歩10.4%、△1四歩9.0%、その他20.5%。
41

△3五歩をするために△2二歩などを指して組み立てているので、
それ以外の手はやりにくい、
△5四歩も自然だが先手の方がよりポイントの高い手が指せそうとのこと。
18時ピッタリに封じ手になりました。

佐藤八段
まず序盤の戦型選択のところが見所でした。
シリーズ初の振り飛車が見られるということで、明日もとても楽しみです。
郷田九段も細かい、きわどいところで得をしに行って、
そこを渡辺王将が動きにいきました。
かなり郷田九段が随所に長考されていて、持ち時間の差もどうなるか見所です。
水面下の戦いというか、相手の手を消すところ、仕掛けさせないところ、
そういった駆け引きが続きました。

ということで初日が終わりました。
佐藤八段の解説は、細かいところまで丁寧に、
かつなるほどと思わせてくれるのでとても勉強になります。
また、質問に対する答えの中で、佐藤八段の人生観が垣間見えたり、
最後の質問にも、ただ単にいろいろな戦法を覚えるように言うのではなくて、
まず将棋は趣味なんだから楽しくといったような、
将棋との接し方から話すのも特徴的です。
以前戦略の階層ということを書いたのですが、
まず上の階層の話をしてから下の階層に落とし込んでいく、
という考えがはっきり分かります。
渡辺王将が決断よくどんどん指すことについても、
価値観が定まってるから早いって言ってましたね。
明日は郷田九段と年齢の近い森内九段が解説です。
今日は渡辺王将の話題がよくでましたが、
明日は郷田九段についていろいろ聞けるかもしれません。

第27期竜王戦第4局初日が終わる

森内俊之竜王に糸谷哲郎七段が挑む第27期竜王戦七番勝負第4局は、
森内竜王の封じ手で初日が終了しました。

このシリーズでは糸谷七段の前夜祭でのスピーチも注目されていますが、
第4局は素晴らしい景色に負けないような将棋を指したいという、
普通の?スピーチになりました。

さて森内竜王の注目の初手は▲7六歩。
糸谷七段も△3四歩と角道を開け、角換わりかと思われましたが、
そこで森内竜王が▲6六歩と角道を止めました。
ここまで3局とも角換わりで糸谷七段の2勝1敗。
森内竜王は糸谷七段の得意戦法を回避したことになります。

ニコニコ生放送では9時から解説に田丸昇九段、聞き手に中村桃子女流初段で、
大盤解説会が始まりました。

田丸九段
今日の第4局は大きいよねえ。
糸谷さんが勝ったら3勝1敗で王手だからねえ。
森内竜王が勝てば2勝2敗に持ち直して、2連敗の後の2連勝は大きいよね。
第3局も大きかったけど、第4局も流れがきまる戦いになるよね。
大山さんや中原さんも挑戦者に出だし2連敗したことも結構あんだけど、でも防衛してた。
角換わり腰掛け銀は指し手が決まってるから、初日からどんどん進むんだけど、
今日は序盤から考える展開じゃないかな。

アンケート
森内竜王の作戦はどちらでしょうか
振り飛車42.7%、居飛車57.3%
田丸九段「僕は居飛車だと思うんだけどねえ」

リレー質問 先崎九段から田丸九段へ
中村女流「リレー質問が、先崎九段から…」
田丸九段「ああ、先崎(笑)」
ラーメンは何味がすきですか。
ははは。まあ豚骨とかねえ。あとは江戸風というかしょうゆ味ね。
ラーメンと言われればしょうゆ味。薄いやつね。
先崎さんも近くに住んでいて、一軒行列のできる店があって、
なかなか食べられないから開店一番でいってきたこともあります。

アンケート
ラーメンは何味が好きですか
豚骨21.4%、塩18.6%、味噌21.4%、魚介8.2%、つけ面7.1%、
二郎一択6.3%、その他16.8%。
田丸九段「渡辺二冠がね、仕事とかで地方に行くと必ずお店を探してラーメンを食べて、
浅草橋の素家って店に渡辺二冠がよく行っているみたいでね、
りんごをすったのをちょっと入れて風味がかかってておいしい。
元奨励会の方がやっている店で、新しい道で頑張ってて応援したくなるよね」

本田女流から中村女流へ
ドライブがお好きらしいですが、最近どこか行きましたか。
最近行ってないですね。車はトヨタ車です。
田丸九段「スポーツカーですか?」
中村女流「いやいや全然。
いろは坂とか行きたかったんですけど、
これから冬なんでウインタースポーツ好きなんで、出かけることになります」
田丸九段「高級車?」
中村女流「いえいえいえ普通の車です」
田丸九段もトヨタのビスタに乗ってたらしい。

森内竜王は10分くらい?考えて居飛車を選択。糸谷七段はどうするんだろう。
田丸九段「研究会でやってきましたというような、だだだだっと進む将棋が多いけど、
こういうのは一手一手駆け引きがあって、面白いよね」

アンケート糸谷七段の作戦は?
居飛車24.6%、中飛車36.8%、四間飛車6.4%、
三間飛車1.6%、向かい飛車22.2%、その他6.6%。
糸谷七段は早くも棋譜用紙をチェック。
森内竜王が居飛車と態度を決めるまでの考慮時間でも見たんだろうか。

ここでponanzaの読み筋も表示。糸谷七段の中飛車に森内竜王が右玉らしい
田丸九段「これは面白いよね。
昔糸谷七段が対振り飛車に右玉を指していたけど、
この対局は森内竜王が糸谷七段の振り飛車に右玉を指すと、
コンピュータは予想してるんだ」

今まで森内糸谷戦は6戦で3勝3敗。
ただし非公式戦の新人王戦記念対局が1局あり、
新人王をとった糸谷七段と森内名人が戦って、角換わり腰掛け銀で森内名人の勝ち。
公式戦は角換わりが竜王戦の3局で森内竜王の1勝2敗、
その他相振り飛車が森内竜王の勝ち、
矢倉模様から糸谷七段の右四間飛車が糸谷七段の勝ち、
横歩取りが森内竜王の勝ちとなっているとのこと。

先日の臨時総会で田丸九段が議長やったらしく、
新四段の紹介もやって、議長なのでなになに四段前に出てくださいとか言うが、
名前が読めなくて何て読むの?と本人に聞いてしまったらしい。
黒澤怜生(れお)新四段で、中村女流の弟弟子とのこと。
黒澤四段はNHKで記録をやっていたので、
田丸九段「NHKやると結構プロになれるんだよね。私の弟子も頼めばよかったなあ」

質問メール
ネット中継担当の記者はハンドルネームを持っていますが、何故ですか。
それと名前は誰がどのように決めているのですか。
それは私もちょっとわからないんだけど、
ハンドルネームのいわれはちょっと興味あるよね。
野辺記者がいるようで話を聞くと、野辺記者曰くのんべえだから野辺とのこと。
将棋中継モバイルにもいわれが書いてあるらしい。
田丸九段「もしあなたがハンドルネームつけるとしたら?私は干支でタイガーで」
中村女流「私は兎だからラビット?」

11手目で早くも前例が0になりました。
10手目までだと3例あり、田丸九段の将棋もあるらしい。
対局者と棋譜をもらい、
田丸九段「変わり者ばっかりだね。神谷八段とか、高田君も変わった将棋だし」

高田君というのは対振り飛車用に高田流左玉戦法を編み出した高田尚平六段のことです。
私はメンバーを聞いてずいぶん力戦スキーな面々が揃っているなあと思いました。
そして、渡辺二冠が著書「勝負心」で書いていたことを思い出しました。

渡辺明著「勝負心」より

当時の私は、後手番で必勝戦法があった。
「得意の『横歩取り8五飛戦法』が羽生さん相手にどこまで通用するか試すチャンスだ」
と意気込んでいたことを今も思い出す。
<中略>
羽生さんは、普段あまり指さない「振り飛車戦法」を採用してきた。
動揺した私は完敗した。
対局直後は、得意形を「避けられた」とばかり思い込んでいた。
それが残念でならなかった。自分の力を発揮できなかったと思ったからだ。
<中略>
しかし、そうではなかった。
「避けられた」のではなく「力勝負に応じてくれた」のである。
トッププロになって悟ったことがある。
それは、格上の対局者にとっても、
自分の得意形を避けるのには大きなリスクが伴う、ということだ。
相手の事前研究による作戦に嵌まって負けるのは、ある意味で仕方ない。
しかし、事前研究と無関係な土俵で負けることは、
それだけ地力で劣っていることを意味する。
だから、実績ある先輩が、明らかに格下の新人に地力勝負の場を提供するなど、
普通は考えられない。
しかし、羽生さんは手堅い道ではなく、
むしろご自身にとっても厳しい道を選んだということなのだ。
しかも結果を出し、貫禄を示されたのは、さすがとしか言いようがない。

この対局は森内竜王が3手目に角交換を拒否し、
11手目にして前例が無いという地力勝負の場になりました。
第3局で相手の得意戦法を破って一つ返した直後に、
自分から地力勝負にしたということで、
森内竜王にちょっと余裕がでてきたのかな?と思いました。

質問メール
今から弟子を取ってエリート教育をするならどのようにしますか。
また、子供の頃の自分にアドバイスするとしたら何ですか。
弟子の一人は若くして引退しちゃったし、一人は三段リーグで足踏みしているし、
こればっかりはうまくいかない。
当時は二人で研鑽していた。今は弟子のが強いから教えられないからね。
最近頑張ってるかとかそんなことを言うことはあるけど。
20前に三段になって期待してたんだけどなかなか成績がでなくて、
こないだ見かねて発破をかけた。
君はなんか女流棋士の対局ばっかりとってるみたいだけど、
三段で記録をとる対局が選べるのに何で女流棋士ばっかり選んでるの?
6時間とか長いのが嫌なの?と言った。そしたら初めてタイトル戦の記録をとった。
奨励会時代の自分にアドバイスするとしたら?
奨励会時代は変わり者だったんでね、もっと穏やかにというか、
特殊な戦法ばっかり勉強してたんで。
※田丸九段が言う若くして引退してしまった弟子とは櫛田陽一六段のことです。
中学生で将棋を覚えて3年で東京都名人優勝、アマ王将戦準優勝、支部名人戦優勝。
プロ入り後もNHK杯で優勝していますが、
30歳でフリークラス宣言をして7年後に引退されました。

高橋呉郎著「勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像」より櫛田六段の話

酒の飲みすぎで、ノイローゼになっちゃったんですよ。
下にいたひとたちに、どんどん抜かれて、あせっていた。
やっぱり、佐藤、森内に抜かれたのがショックでしたね。
自分が遊んでいるときに、あのふたりは将棋の勉強をしていることに、
早く気がつかねばいけなかった。
そんなのはあたりまえのことなのに、それができなかったんですね。


中村女流に質問です。よく行くスキー場はどちらですか。
新潟よく行きます。新潟方面ですとかぐら、苗場。
最近若いこを増やすために、19歳とか20歳だとそのシーズンただになるとかやってる。
平日は大丈夫だが土日は混む。
立会人の大内九段もスキー1級指導員らしい。
田丸九段はテニスが趣味で、
中村女流の師匠の高橋九段とも年に7回か8回くらいは一緒にテニスしてるらしい。

アンケートどちらを応援していますか
森内竜王67.6%、糸谷七段32.4%。

質問メール
将棋の歴史には伊藤家、大橋家、大橋家分家が出てきますが、
それぞれの末裔の方々は今もいらっしゃいますか?
江戸時代に3家あったが、明治維新で将棋界はばらばらになった。
私は末裔の方は知らないけれど、歴史について研究している人がいるので聞いてみたいね。
大橋分家は都内のお寺にお墓があるって記事を読んだことはあるけど。

海外対局に応援に行くのに費用は自分持ちですか?
それと、海外対局での思わぬ出費エピソードとかあれば教えてください。
対局の関係者は当然旅費は経費。応援は自費。
思わぬ出費?ラスベガスとかに行かない限りは無いと思うけど。
僕はタイのバンコクに立会人でいって、結構土産店に寄らされて、
また土産店かと思ったけど、付き合いでしょうがないから買ったりした。

※ラスベガスというと1985年、
米長邦雄棋聖に勝浦修九段(当時八段)が挑んだ棋聖戦で、
ロサンゼルスで対局した後にラスベガスツアーに行ったという出来事があります。

米長邦雄著「将棋の天才たち」より

対局後に、ラスベガスへのツアーをした。団長は大山康晴。
棋界一のギャンブラー森けい二が副団長。
森は1万ドルほど負けてしまって持ち金ゼロになった。今の金額にして250万円相当だ。
夜遅くに大山会長の部屋へ押しかけ、
「お願いします。金を貸してください」と土下座した。
「森君。冷静になりなさい」という返答は将棋界の流行語大賞になったが、
1円も借りられずに森は部屋の外でうずくまる。好手を思いついた。
午前3時頃、勝浦の部屋のドアを激しく叩く。起こされた彼は有り金を残らず貸した。
帰国する日だった。午前6時に勝浦がカジノへ行くと阿佐田哲也先生も居る。
阿佐田先生が100ドル貸してくれたが、勝浦はそれをじっと持っていた。
結局、森と阿佐田は無一文になったが、先ほどの100ドルが命綱。
その金で空港にたどり着くことができた。


※勝浦先生は弟子に森内竜王、王位をとった広瀬章人八段、野月浩貴七段、
金沢孝史五段、久津知子女流初段がいます。

糸谷七段が席を外すのが話題ですが、
対局中に変わった行動をする棋士はいますか?
そしたらあの先生しかいないじゃないですか。あははははは。
僕は加藤九段とも10局以上対局してますけどね、
あるとき咳払いがすごいね、思ったより大きく聞こえて、
でもしょっちゅうするわけじゃなくて、形勢がこっちが悪くなったらしなくなって、
もう勝ったと思ったら必要ないのかな?
最近の若い人の傾向はみんな行儀がいいから、変わったエピソードは探すのが大変。
昔は雑談が多かった。ここでは言えないようなね。
将棋会館でやるときは、気分転換に席を立って他の対局を見ることもある。
あと、やたらとぼやく人ね、有名なところだと石田和雄。
ほんとに苦しくてぼやくのかは別ですよ?
困ったなーとか言ってる時はあまり困ってないからね。

街中で声をかけられたりしますか。写真とかとってもらってもいいですか。
中村女流はたまに声をかけられるらしい。
田丸九段は街中や飲み屋で、
将棋の先生ですよね、名前はなんですかとか言われることはある。
遠くからじーっと見られることもある。
女性に見られたことは一度もないけどおじさんに見られる。
写真は状況にもよるんでね。
今は携帯があるから気楽にとれるけど、
一言よろしいですかとか言ってくれるとね、とられる方も気持ちがいいから。
電車に乗るとかで時間が無いと断るかもしれないけど、普通の時ならね。

先日山田久美女流が正会員になりましたが、正会員とその他で何か違いますか。
今年の秋に山田女流三段が規定の成績で三段から四段に昇段して、
3年前に将棋連盟が公益社団法人になって、
男性と女性の差別をしてはいけない、男性は四段以上がプロで正会員、
女流も四段なら正会員にしようということになった。
正会員とそうじゃない人の違いは、連盟の総会で発言できるし、投票もできるし。
後は何だろう?そのかわり会費を納めないとね。ふふふ。

昼食アンケート
ステーキ23.4%、定食21.7%、ラーメン11.4%、
けんぽ14.5%、イタリアン9.9%、蕎麦18.9%。

森内竜王の次の一手アンケート
3五歩18.8%、3七銀23.6%、6七金27.7%、8六歩14.4%、その他15.4%。

昼食休憩明けの森内竜王の一手は▲3七銀でした。
昼食アンケートの正解はステーキ。CHACO あめみやというお店らしい。
某太地六段が入れ違いで出て行ったとのこと。
昼からステーキ食べてるのにあんなにやせてるのか…。

3時になり対局場で両者おやつタイムに。
ニコニコのおやつはLibertable(リベルターブル)
田丸九段「一昔前から考えると信じられないよね、この光景ね」
両対局者、解説、聞き手4人でおやつを食べるグルメ番組に。
加藤九段はみかんかごにいっぱいとか、板チョコ3枚とか、
カルピスをジャーにいっぱいとか、数々の伝説を残したらしい。

盤上では森内竜王が飛車を最初の2八から3八、7八と大転換する構想を見せ、
糸谷七段が▲7八飛に大長考していました。

将棋年鑑にはアンケートがあって、各棋士が答えているのですが、
田丸九段が糸谷七段がデビューした年からの答えを調べてきました。

2006年アンケート:好きな花
森内竜王:桜
糸谷七段:黒ダリアと青バラ
少し暗い赤が黒ダリアらしい。糸谷七段はさすが凝っている。

2007年アンケート:好きな動物
森内竜王:牛
糸谷七段:猫
田村九段「彼は広島の実家で猫を飼っていて、その猫に癒されて四段になった。
私もちなみに猫が大好き」

2008年アンケート:対局後の過ごし方
森内竜王:お風呂に入って休む
糸谷七段:水を飲んで寝る

2009年アンケート:好きな映画
森内竜王:アクション映画
糸谷七段:タランティーノ監督の映画

2011年アンケート:自分の将棋を動物に例えると
森内竜王:狸
糸谷七段:ビーバー
森内竜王は何でしょうの問いにコメントでハブと流れて、
田村九段「ハブ?ハブにはかなりやられてる、ふふふ」

2012年アンケート:深いと感じる将棋の格言
森内竜王:両取り逃げるべからず
糸谷七段:と金の遅早

2013年アンケート:旅行したい場所
森内竜王:スペイン
糸谷七段:北海道、沖縄

2013年アンケート:好きな言葉
森内竜王:一期一会
糸谷七段:自由・平等・友愛
森内竜王の答えは、茶道で接待するときに、
今の時間は二度と巡ってこない一度きりのものだから、
この一瞬を大切に思い、今できる最高のもてなしをしましょうという意味らしい。
糸谷七段の答えは、フランス共和国の標語らしい。
田丸九段「糸谷さんは哲学を習っているから、
何かフランスの哲学者が好きなのかもしれないね」

2014年アンケート:ここ1年で心に残ったドラマ
正解発表の前にアンケート、森内竜王がこの1年で心に残ったドラマ
みんなエスパーだよ17.1%、半沢直樹19.9%、あまちゃん39.1%、
リーガル・ハイ14.6%、その他9.3%。
正解は
森内竜王:あまちゃん
糸谷七段:アナと雪の女王

2014年最も影響を受けた棋士
正解発表の前にアンケート、森内竜王が最も影響を受けた棋士
羽生善治51.7%、加藤一二三11.8%、大山康晴10.0%、
佐藤康光5.3%、長岡裕也11.2%、その他9.9%。
こちらもアンケート、糸谷七段が最も影響を受けた棋士
升田幸三13.7%、豊島将之27.1%、阪田三吉4.9%、
香川愛生45.6%、室谷由紀8.7%。
田丸九段「その他ないの?」
中村女流「これ正解無いですよ?」
選択肢に正解が無いだと…。正解は
森内竜王:羽生善治
糸谷七段:山崎隆之

ここで室谷女流がゲストで登場。明日の聞き手も務めます。

糸谷七段は森信雄七段門下で、室谷女流も森信雄門下の妹弟子。
一門は普段はやさしいが、将棋はそれぞれみんな個性的とのこと。
糸谷香川ラインは仲がよすぎて、どうなんですかね?
室谷女流と香川女流も仲がよくて、香川女流はもう大阪弁がばっちりだったらしい。
室谷女流「私ももう標準語もばっちりです(キリッ」
中村女流「たまにイントネーションが違う…」
地理に苦戦しているらしい。
実家から食べ物がどんどん送られてきて、食べきれない、
シャンプーとかが1回に3袋くらい月に1回とか来るとのこと。
田丸九段「親は心配なんですよ(ニコニコ」

田丸九段が調べてきた糸谷怪物伝説
2006年当時18歳(高校3年生)のインタビュー
幼稚園時代の愛読書:
アガサ・クリスティー、エラリー・クィーン
田丸九段「普通は絵本とかさ、ドラえもんとかさ」
奨励会時代の変わった反則:
取った駒を相手の駒台に乗せた、相手は佐藤天彦七段。
棋士になって2年目の2007年、相手の7八の馬を王様で取って、
何故か王様を8七に置いた。
7八玉に飛車で王手されて、8七に逃げるという読みだったが、
3手先の手を間違って指してしまった。
四段に昇段したときの感想:
今日の昇段に特に感じるところはありません。
自分の将棋について:
受け将棋で終盤が得意。
将来は谷川九段のような魅せる将棋を指したい。
振り飛車対策に右玉を採用したきっかけ:
牧野光則四段が級位者時代に指しているのをみて、自分なりに仕立てた。
田丸九段曰く、灘蓮照先生が振り飛車相手に右玉を指していたとのこと。
新人王戦の決勝の対局の昼休みでしたこと(高校3年生のとき):
翌日のテスト勉強をしたが、マナーが悪いと思って途中で止めた。
中原十六世名人との対局の感想戦で言い放った言葉:
中原名人の読み筋に「それは意味が無いですよ」
中原名人の振り飛車に糸谷七段が右玉を指した対局らしい。
対局で席を立つことが多い理由:
体重が重いので、長く座っているのがつらいんです
好きな女優:
栗山千明さん。見た目だけでなく、不気味な雰囲気に興味があります
大学の哲学科を目指す理由:
人生の究極の心理や指針を見つけたい。

質問メール
将棋で10分切れ負けはそこそこ指せますが、3分切れ負けや10秒は苦手です。
どう指せばよいのでしょうか。
私も苦手です。ネット将棋も将棋倶楽部24で30秒なら指すんですけど。
結局ねえ、昔米長さんがいってたけどねえ、強い人は早指しでも強い。
勘の字を分けるとおびただしい力と書く。直感で見える人は強い人なんです。
自分の直感を鍛える練習だと思って指すといいんじゃないかな。

田丸先生のブログを楽しく拝見させていただいています。
ブログのタイトル、と金横歩きの由来を教えてください。
と金というのは歩が出世するいい言葉。
と金ゼミナールとか書いているから、統一しようかなと。
普通はまっすぐ歩くんだけど、裏話や雑談を話しますということで横歩き。
横にふらふら歩くという意味で、
なかなかそういうブログがないんで、自分の持ち味が出るかなと思って。
中村先生のツイッターも楽しく見ています。
家に着いたら鍵が無いとつぶやいていましたが、大丈夫でしたか。
そうなんです。こないだ帰ったら鍵が無くて入れないということがあったんですよ。
朝一緒に出まして、夕方に家について誰も居なくて入れなかった。
車の鍵はあったので、上田初美女流が家が近いので、
はっちゃんの家に遊びに行きました。お世話になりました。見てるかなあ。

僕はタバコを吸っていますが、棋士の方でタバコを吸っている方はいますか。
少ないよねえ。田中寅ちゃんは吸うけど、若い人はどうかなあ。
古い話だけれども升田幸三先生は1日に100本以上吸ってましたからね。
吸ってふたつくらいで捨てるから数が増えちゃうんです。
大山先生も若い頃は吸ってたんです。
対局室は禁煙じゃないんですけど、こういう時代なんで、中座して遠慮して吸ってます。

よく居飛車党の本格派と言いますが、本格派とはどういう意味ですか。
なんとなく使ってるけど、振り飛車党で本格派って言わないよねえ。
居飛車が本流っていう時代の名残なのかなあ。
今はあんまり定跡通りにやるとみんな調べてるからねえ。
堂々としてるとか、せこくないっていうと言葉があれだけど。

クリスマスの思い出があれば教えてください。
田丸九段
あんまり僕はいい思い出が、あはははは。
ケーキは毎日食べてるから別に今更ね。
子供の頃はデコレーションケーキが楽しみだったけどね。
枕元に朝起きたらあったというのはありましたね。
中村女流
朝起きるのを楽しみしてた記憶がありますね。
あ、そうだ。クリスマスフェスタあります。
中村修九段や佐藤康光九段なんかがいろいろ準備してるらしい。

どちらを持ちたいかアンケート
森内竜王39.4%、糸谷七段22.8%、ニャンとも言えニャイ37.7%。
その後表示されたponanzaの評価値は森内竜王の+317。

定刻の18:00の15分ほど前に、対局場で何か会話がされる。
立会人の大内九段と森内竜王が少し会話。封じ手の封筒に書く漢字の確認らしい。

20141120b
次の一手アンケート
6六歩23.1%、7八金50.7%、9八玉7.1%、その他19.0%。

定刻通りに森内竜王が封じて、初日が終わりました。
封じ手を書くために森内竜王がふすまを閉めると、
対局中継の映像がふすまで見えなくなるハプニング。
この竜王戦は封じ手ハプニングが多いですな。封じ手って難しい。
三浦九段の封じ手のやり方研究に、
対局カメラの位置やふすまの位置なんかも考慮に入れられるのかもしれない。

田村九段
面白かったねえ。今日は角換わりはあまり見たくないなと思って。
でも糸谷七段の中飛車は意外だったね。
明日の午前中くらいまでは出たり入ったりの神経戦になるんじゃないかな。
明日は終盤相当ドラマがあるかもね。

田丸九段は主導権を持っているということで若干先手持ちらしい。

明日はニコニコ生放送で9時から、
解説佐藤康光九段に聞き手室谷由紀女流初段で大盤解説会があります。
森内竜王と佐藤九段は同じ羽生世代で、
お互いがお互いをライバルと言っている仲ですから、
どんな話が飛び出すのかも楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

勝負という生き方 将棋棋士32人の肖像
高橋呉郎著
¥1,575






王座戦第4局は豊島七段が羽生王座を圧倒!

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦五番勝負第4局は豊島七段が勝ち、
2勝2敗とタイトル奪取へ逆王手をかけました。

戦型は豊島七段が3手目に▲5六歩と中央の歩を突き、先手中飛車になりました。
中継Blogによると豊島七段が▲7六歩△8四歩に▲5六歩と突くのは4年ぶり8度目、
過去7戦は全勝のようで、滅多に抜かない伝家の宝刀といったところでしょうか。
羽生王座は意表を突かれたはずで、どういう対策を採るのか注目されましたが、
穴熊にして堅く囲うのではなく急戦から押さえ込みに行く作戦をとりました。
羽生王座が玉側の端歩を突き、
豊島七段が端歩を受けずに角を出る積極策をとったところで昼食休憩になりました。
これまでの王座戦は豊島七段の手番で休憩に入っていましたが、
今局は羽生王座の手番で休憩に入りました。
持ち時間も羽生王座の方が使った状態で、
豊島七段の意表を突いた作戦が効いている気がします

ニコニコ生放送では13時から解説が屋敷伸之九段、
聞き手が中村桃子女流初段で大盤解説が始まりました。
屋敷九段「意表の中飛車」
放送開始くらいの局面で既に前例はなさそうとのこと。

リレー質問屋敷九段へ
普段どのようにして研究をしていますか。
研究は特にこういったものというのはないが、
詰め将棋を解いたり、中継を見て自分なりに考えたり。
棋譜並べはさぼりがち。見てだいたい終わりで盤に並べることはほとんどない。
棋譜データベースで全部の棋譜が見れるので、
対戦相手の傾向を見て自分がどう戦っていけばいいか考える。
対局に関して心がけていること。
時間に余裕を持って対局場に行くこと。
対局は相手との戦い、自分との戦い、時間との戦い。
1時間くらいは終盤に残しておきたい。
ただ相手もあるので、相手も時間を使うと自分も使ってずっと終盤までいい勝負、
ということになるので時間が切迫するようになる。

中村女流へ
普段体力作りとして取り組んでいること。
そんなにやってない。トレーニングにジムに行くとかはやってない。
ゴルフは最近やっている。たまにランニング。
屋敷九段は散歩くらいらしい。中村女流は30分くらいランニングするとのこと。

屋敷九段「この将棋はここから難しくて指し手が遅くなり、
結構眠くなるので記録の伊東三段に注目」
眠気に注目するのが忍者屋敷流。

初手から解説になり、穴熊は最近の将棋で急戦は古い将棋なので、
羽生王座の急戦模様は自分の形に持っていこうとしたのではないかとのこと。
豊島七段の▲5九角で前例が1局だけに。
先手は捌きを狙いたい。後手は押さえ込みたい。

形勢アンケート
先手:豊島七段20.4%、後手:羽生王座30.5%、にゃんにゃん49.0%。

山梨のこの対局場は名人戦で森内名人と羽生挑戦者のときに行ったことがある。
屋敷九段は観光旅行はあまりしないみたいですが、
平和島とコメントされて「そちらはたまにいきます」
中村女流は旅行行きまくりらしい。山梨信玄餅おいしい。
対局者は着物なのできなこなおやつは苦戦するとのこと。
おやつはケーキの人が多く、散らばらずに和服でも食べやすいとのこと。
初めて将棋のタイトル戦を見る人は、真剣勝負中におやつを食べるのに驚くらしい。

質問メール
屋敷九段の弟子の伊藤さんが10月に奨励会を退会して女流棋士になった。
伊藤女流に何かアドバイスはしたのか。機会があれば師弟コンビで解説をききたい。
今はまったく研究会はしていない。アドバイスもしていない。
中村女流「すごくいいこですよね」屋敷九段「ありがとうございます」
将棋に関しては何も言うことは無い。
女流棋士はイベントなどの仕事もたくさんあるので、
将棋より礼儀や私生活については言ったことがある。
屋敷九段「僕もあまり人のことは言えないけど」

屋敷九段はウインタースポーツはしますか。
中村女流はどこか滑りに行きますか。※屋敷九段は北海道出身
今年の夏は北海道出身の棋士を集めて、
東急百貨店が80周年ということでイベントをやった。青野九段が団長。
屋敷九段は子供の頃はイベントを見に来ていたので、
今はする方になり不思議な気分らしい。
小さいときは授業とかでもスキーをやった。公園の山とかでもすべった。
最近やる機会はあまりない。去年の冬に十数年ぶりに滑った。普通に滑れた。
スキーは野月七段が有名。
中村女流はスキーもボードもしたがボードは怖いのでスキーになった。
新潟は結構いく。去年北海道にいった。ニセコとか。普段は新潟が多い。

中村女流と同じ高橋門下の黒沢三段が新四段になったが、
弟弟子と指すことはあるか。
一門の研究会で師匠の家で指したことがある。
すごいちっちゃかった記憶がある。10年近く前。最近はまったくない。
最終日昇段争いが下のほうだった。何があるかわからない。
中村女流は師匠のブログをたまに読むらしい。

地方にいるので対戦相手がいない。ネット対局も味気なく思ってきた。
自分で将棋カフェ経営とか成り立つと思いますか?どうしよう。
どこか遠征したりとかそういう形になるのでなかなか難しい。
将棋カフェはまったく責任がもてません。
女性は道場よりカフェの方が指しやすいのではないか。

ここで豊島七段は屋敷九段が怖いけど突っ張るならと言っていた▲5六飛車を指す。
その後記者の方が対局室に入ってきて、おやつの注文をとっていた。
真剣勝負の最中におやつの注文を取りに来る人と答える人と、
確かにおかしな光景かもしれない。

豊島七段の▲5六飛車について、
屋敷九段「豊島七段が強い手を指してきたので、
のんびりした手だと先手がよくなってしまう」
強い手には強い手を返すのがセオリーと羽生さんも言っていたような。

その後ちょうど気象衛星「ひまわり8号」を乗せた「H2A」ロケットが発射になり、
何故かロケット発射の映像を見てはしゃぐ中村女流を眺めるという謎番組に。

解説では何か先手が良くなる順がありそうな局面で、
よさそうな手もたくさんあるので豊島七段は長考するのではないかとのこと。
羽生王座は広い局面にして手を渡したのかもしれない。
屋敷九段は豊島七段と結構対局したが、
負けてばかりで初めの1局だけゆるめてもらったけど後全部負けてますとのこと。
対局中の豊島七段はのめりこむような表情になっているらしい。

質問メール
棋士の魂という本で屋敷九段の棋聖時代のインタビューを読みましたが、
将棋の勉強はスポーツ新聞の詰め将棋くらいで、
1日1分から3分とか書いてありましたが本当ですか。
また、変化がおきたのは何年前くらいで、きっかけは何ですか。
棋聖時代の事は本当。運があったんですかね?詰め将棋やっただけで。
当時は力で勝負みたいなところがあったので、
でたとこ勝負じゃないですけどどうやっていこうかなくらいですんだ。
変化がおきたのは結婚したあたりから。
このままやっていてもどのくらい勝てるかわからない、と考えるようになって、
ずっと現役ができるかどうかも分からないから、
できるうちにやっておこうということで。ちょっと遅すぎた感じはしますけど。
昔は痛い目に合っても直そうとは思わなかった。
基本的には勉強方は変わっていない。
詰め将棋の手数は長いのは数えていない。
300や400くらいあるのもあるので何手あるのかわからない。
手数が長いからといって難しいというものでもないので。
30手から40手くらいが一番難しいと思う。
こつは詰む形をたくさん覚えること。後は作者の狙いを考える。
狙いが無い詰め将棋はときにくい。

ボートレース好きの屋敷九段に、
レースの魅力や競艇場のそれぞれの魅力についても教えてください。
※屋敷九段は日本モーターボート選手会外部理事でもあります
6人で戦う。スピード感がある。いろんな選手がいろんな方法で勝利を目指している。
そういったところが魅力。個性的な選手が多い。
若い選手がたくさんいるし、女性選手もたくさんいて、
男女混合戦や70歳過ぎた現役選手もいる。そうそう加藤御大。
老若男女入り乱れていてそこは将棋にも似ている。
インが逃げる時は誰がしかけるとか読むのも楽しい。
平和島はどこが勝つかわからない。
江戸川は波立っている。上手い人とそうでない人の差がでてくる。
多摩川は若い選手が強いイメージ。
食堂もあるのでB級グルメが楽しめる。
見て食べて楽しめる感じ。竹部女流も競艇に詳しいらしい。

今日のニコ生のおやつは神戸のチョコレートハウス モンロワールより

ブランデーが入っているらしい。屋敷九段「大丈夫ですよね?」
屋敷九段「おいしいですね。食レポなかなかできないですね」
おやつを食べながら羽生王座が座りなおすのをにこにこ眺める、
という謎番組になったところで一旦休憩。

羽生王座は当初の押さえ込み作戦から変更して捌く手順を選択。
しばらく一本道な手順らしく、解説通り飛車交換に。
捌きあう手順は羽生王座が勝負手を放ってきたように思うとのこと。
形勢も豊島七段が少しいいのではないかと屋敷九段。

形勢アンケート
先手:豊島七段41.4%、後手:羽生王座22.9%、ニンニン35.6%。

羽生王座はフルーツ盛り合わせ。豊島七段はチーズケーキ。
豊島七段は王座戦のおやつはずっとチーズケーキらしい。
その割には先ほどおやつの注文を取りに来たシーンで考え込んでいたような。

現地の佐藤紳哉六段からティロフォン
佐藤六段「もしもーし。だれでしょう。もしもーし」
中村女流「佐藤先生ですね」
佐藤六段「もうわかっちゃったんですか?少しヒントとかだそうとおもっていたのに。
砂糖のように甘い言葉でしんやにきみをうんたらかんたらです」
とうとう全部言うのが面倒になった模様。
現地では検討は今はあんまりしてない。解説会に行ったり。
香川女流王将がきて仲良く並んでいます。お互い恥ずかしそうな感じで。
8四銀と取る手は意外で全然検討されてなかった。(屋敷九段が勝負手と言った手)
この手は羽生さんのほうが苦しそうかなと思って検討はされてなかった。
羽生さんがどういう手を用意しているのか、思惑を測りかねている。
佐藤六段「中村桃子さんSSFに入りませんか?」
中村女流「生放送で勧誘ですか?」
逃げてーのコメントが多数流れる。
佐藤六段「SSFは会員の数だけなら結構いる。1度来たら会員になるシステム。
好きな会員番号になれるシステム。
今言ってもらえればそれを入会手続きとさせていただきます」
中村女流「考えておきます」スルー力炸裂である。
室谷女流や藤田女流も会員らしい。
佐藤六段「1度来ちゃうと会員。退会できないシステムにうちはなっていますので」
その後何のつなぎもなく豊島七段の作戦の話を真面目に始める佐藤六段。
コメントでも急に真面目になったと突っ込まれていました。
佐藤六段「序盤中盤終盤隙が無いとか最近よく言われてるじゃないですか。
この後中盤終盤の隙の無い指し手を見てみたい」
中村女流「羽生王座の印象はいかがですか」
佐藤六段「はぶさん…も強い…
アドリブに弱いと言われてますがその通りなのでいきなり聞かないでください」
最後に次の電話の時には会員番号考えておいてくださいと言ってました。
どんどん追い込んでいく佐藤スタイルとスルーの達人中村女流。
SSFブログ 佐藤紳哉六段とその仲間たち

質問メール
ニコニコ生放送で解説をはじめたことで、周囲で変化はありましたか。
声をかけられたとか、本の売り上げが上がったとか。
自分は羽生さんと谷川さんくらいしか知りませんでしたが、
たくさんの棋士の名前を覚えました。
注目される機会が増えた。電王戦もそう。
たくさんのファンの方、将棋をまったく知らなかった方にも注目されるのはありがたい。
新たなファンが増えた。何だか分からないけど見てて面白いとか。
きっかけがないと知る機会がないので、機会がたくさんできたのはありがたい。
真剣な姿もいろんな人に見てもらえるのでありがたい。
電王戦タッグについて屋敷九段「ペアを組むのがいいですね。平和です」
森下集めなんてちょっと前まで考えられなかった。
何でもありみたいな感じなのがいい。
視聴者とのつながりがあるのがいい。すぐに返ってくるので。
今までは解説をしていてもこれでいいのか分からなかったので。

初めて将棋会館の道場に行きました。将棋盤を挟んでの対局は楽しかったです。
小学生に軽くひねられたりもしましたが、
最後は6連勝で連勝賞の羽生先生の手ぬぐいをいただいたのでうれしかったです。
次に東京に行くのは正月なのですがやってますか。
実際人と指すのは楽しいので是非とも来て欲しいですが、
お正月はだいたいどこも休み。
本当はそういう日に営業するのがいいんでしょうけど。

羽生名人が小学生名人になった時、解説の大山名人が、
順調に行けば将来ここにいる谷川名人といい勝負ができると言ってびっくりしました。
ずいぶん大胆なことを言うと思いましたが本当にそうなって慧眼に驚きました。
子供でもそういう人はいるんでしょうか。
いるんですよ。なんだこの強さはという人は。結構忘れちゃうんですけどね。
その年屋敷九段もでていた。後1回勝てば羽生さんと対戦できた。
自分に勝って対局した人はもう羽生は強いみたいな感じだった。
指導していてもこの人は筋がいいなとかは分かる。
子供は鋭い手を結構指してきて、
押さえ込もうとして吹っ飛ばされるのはよくあるとのこと。

羽生王座は△5五銀。即座にこれで負けならしょうがないだろうという手と屋敷九段。
ぱっと見でそんなことまで分かるらしい。
一直線の斬り合いの順を詰みまで並べて、単純な斬り合いは豊島七段の勝ちとのこと。
羽生王座が何か手を捻り出さないといけない。

屋敷九段は羽生王座に対して対局のときは気合や威圧感を感じる。
前夜祭とかでは気さくに話している。

対局場の様子を映している映像を見て、
屋敷九段「羽生王座の視線は7筋8筋の豊島七段の飛車の周りを向いている感じ。
このまま攻め合いは勝てないので何か受けの手を考えてるのでは」
羽生王座の手番で夕食休憩に。

次の一手アンケート
7一歩26.9%、9四角11.1%、6九飛12.3%、8四角9.6%、
4二金19.5%、その他20.6%。

夕食アンケート
うなぎ28.3%、中華29.6%、おにぎり21.7%、パン20.4%。

夕食休憩明けに羽生王座は△7一歩。豊島七段の飛車のすぐ上に打ちました。
北海道が産んだ大天才は視線で何を考えているのも分かるのかもしれない。
そして▲同飛成りで手数を稼いでから△5七角と攻め合いに。
あまり思いつかない組み合わせで手が広い局面なので、
豊島七段は長考するのではと屋敷九段。そして豊島七段は残り1時間に。
その後羽生王座は駒損ながら粘る順を選択。
豊島七段と羽生王座の指し手は共に屋敷九段の候補手の中から出ている感じで、
流石北海道が産んだ大天才はすごいです。
選択肢に出なかったのは、
苦戦を意識していそうな羽生王座が勝負手気味に出した△5七角くらいだったような。

19:57羽生王座離席。前局も劣勢な状態で席を立っていました。

盤上では豊島七段の囲い再生に羽生王座が自陣馬と長期戦の様相になりました。
私には羽生王座の粘りに何を指せばいいのか手が見えませんでしたが、
屋敷九段はさっさと豊島七段の攻め筋を披露。
豊島七段もどんどん羽生王座の王様を寄せに行きます。
そして間違わなければ勝ちだろうという局面で豊島七段が離席。
羽生王座も勝ったと思ったところで席を立つ癖があるって真田七段が言ってたなあ。
豊島七段が戻ると今度は羽生王座が入れ替わるように席を立つ。
ここにきて戦型は相トイレに。
羽生王座も残り10分になり、何分から秒を読むかとの記録係りの声に「ごぉ…ふん…」
かなり元気なさそうでした。
屋敷九段「受けてもきりが無いので△4七歩成り▲6二金で投了かなという感じ」
と解説したところでその通りに進み、羽生王座の投了になりました。
終わってからも両者無言でちょっと怖かったです。

屋敷九段「結構きわどい終盤になった。内容的には豊島七段が押してた。
うまく攻めをつなげて豊島七段が勝ちきった。流石に豊島七段隙が無い」

第4局は豊島七段が意表の中飛車でしたが、
数は少ないながらも7戦7勝と得意にしている戦型から序盤で少しリードを奪い、
着実にリードを広げて押し切るという、
まさに「序盤、中盤、終盤、隙がない」将棋でタイトル奪取に逆王手をかけました。
羽生王座がタイトル防衛に王手をかけている状態で、
先手中飛車を選択するというのは大胆な決断だと思いますが、
着実にリードを広げて勝つ横綱相撲で会心の一局だったと思います。

第5局は10月23日、ニコニコ生放送では13時から解説阿久津主税八段、
聞き手安食総子女流初段で大盤解説があります。
オールラウンダー同士の対局らしく、ここまで矢倉、角換わり、横歩取り、中飛車と、
戦型もばらばらで楽しいタイトル戦になっています。
第5局は振り駒で先後を決めますので、どんな戦型になるのか予想もつきません。
ちなみにponanzaの山本一成さんが第5局の観戦記を担当します。
対局中からtwitterで、
と興奮していましたが、無事に?観戦記が書けるということで、うらやましいっす。

屋敷九段の忍者な?エピソード

第83期棋聖戦を振返る


羽生善治棋聖に中村太地六段が挑戦した第83期棋聖戦の、
ニコニコ生放送でのシーンを振り返る動画です。
最初は広瀬章人八段と藤田綾女流初段の同世代解説、
2番目は高橋道雄九段と中村桃子女流初段の師弟解説ですが、
3番目に登場する忍者屋敷こと屋敷伸之九段のエピソードをひとつ。

屋敷伸之棋聖が南芳一王将を挑戦者に迎えた第58期棋聖戦5番勝負の第5局、
前夜祭から小説家の団鬼六先生、お酒ギャンブル何でもござれの森けい二九段、
立会人の高柳敏夫八段と真部一男八段を交えて大盛り上がりでした。
この時は二十数人が中広間を囲むように座って、仲居さんが次から次へとビール、お酒、
水割りセットを持ってくる普通の宴会みたいだったようです。
ゲストの団先生は屋敷棋聖から電話で応援に来て欲しいと言われたそうで、
前夜祭では「ところで、芸者は何時頃、来るのでしょうか」と言って大爆笑だったとか。
他にも南王将と高柳八段の、
UFOいるいない大論争や(南王将が大阪の岸和田で野球をしていたら見たと言った)、
大山康晴先生の棋聖戦での昔話で花を咲かせていたようですが、
屋敷棋聖はそれを横で聞きながらオーオーと笑っていたようです。

後藤元気編「将棋エッセイコレクション (ちくま文庫)」より

「まさか、あの時間から屋敷さんを連れて飲みに行ったのじゃないでしょうね」
というと団先生、アホ吐かせ、俺は痛風だぞ、と、いばるようにいった。
「屋敷君と二人でラーメン、喰いに行ったんや」「ラーメン?」
ラーメンだけというのも何やから、ビール二本ばかり飲んだけど、というので私は呆れた。
「あんな時間からラーメン喰べに行く事、ないじゃありませんか、
屋敷さんにとってはラーメンより睡眠の方が大事なんですよ」
「そんな事いうたかて、屋敷がラーメン喰いたい、といいよるから仕様がないやんけ」
あの時、ラーメン喰えなかったから、次の日将棋に負けたといわれると困るやろ、
そやから連れて行った、と、いうのである。
そして、チラと周囲を見廻るようにして団先生は私にいった。
「驚いたなあ。屋敷、ラーメン、二杯、喰いよった」「ええ?二杯も」
「うん、ラーメンと冷やし中華、二杯ぺろりと平らげよった」
そして、明日は矢倉でもやるのか、振飛車でやる気か、ここだけの話、教えろ、
なんて下らない事、先生、しゃべったようだが、それでも十二時にはその店を出て、
屋敷さんを部屋まで送りとどけ、
俺は野天風呂へまた入りに行ったというので私はまずまず安心した。
すると団先生、また、驚いたなあ、と、いうのだ。
熱海の湯は痛風に効くというので長時間、一人で湯に入ったり、
出たりをくり返していたら、
うしろでガラガラと戸が開いて屋敷さんが野天風呂に入って来たというのだ。
「痛風はまだ痛みますか、といって裸の屋敷がひょっこり入って来よった。
あら、ほんまに寝ない子やねえ、明日の対局の事なんか全然、考えとらんみたいや。
頼むから寝てくれといいたくなった」


屋敷九段は、動画では将棋をやっていると順位戦とかで遅くなり、
生活が不規則になると言っていますが、
上記を見ると自分から進んで夜更かしに行っているじゃないかと突っ込みたくなります。
また、結婚して生活が変わった、普通の人になった方がだいぶいいというのがわかった、
言っていますが、2000年の11月に結婚した後の成績は、
2001年度は勝率.604、2002年度は勝率.681、2003年度は.743と、
C級1組で14年も足止めされた棋士には思えない成績をあげました。
馴れ初めを聞かれて言葉を濁す屋敷九段ですが、インターネットは広いもので。

屋敷師範ご結婚~~~いざ 豊饒の海へ bon voyage~~~より

【速攻忍者流】
夏合宿がおわり、今度は屋敷師範のまっしぐら攻撃が始まった。
棒銀一直線という感じで、食事に誘う。・・・ボートに誘う。
笠井ママの証言によれば、
ハイテクと一番遠くにいるはずの屋敷師範が携帯電話を持ち歩き始めたという。

初めは屋敷師範のことをよく知らず、適当におつきあいしていた順子さんだが、
だんだん屋敷師範の包容力に惹かれていくようになった。
「ええ、・・・・・・・・まあ・・・・・」しか言わない屋敷師範が、
順子さんには、言葉を尽くし、手順を尽くし最善の寄せにでた。

今年になってからは、一緒に住むようになった。
順子さんは、専属のスタイリストにもなった。
しかし、将棋は、他の人に教わっている。
まだまだ師範に教えてもらうには早いと思っているのかもしれない。

育成会で、負けた時、自分の将棋の情けなさに、順子さんは涙が出てくる。
山手線を何周回っても、涙は枯れない。
屋敷師範は棋譜を並べて、最後に、「順子、よく頑張ったね」という。
順子さんの悔し涙は、突然うれし涙に変わる。
ノブちゃんの大きな人柄に、この人を選んで良かったと思う。
この人に選ばれて良かったと思う。


このイケメン忍者である。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋エッセイコレクション
後藤元気編集
¥972






森内名人「余計なお世話ですよねー」

第25期竜王戦を振返る


2012年の第25期竜王戦、ニコニコ生放送の解説を振り返る動画です。
動画は雑談がメインで、三浦弘行九段が当時の人気テレビ番組「進め!電波少年」で、
松本明子さんに結婚を迫られた話や、
安食総子女流初段が子供の頃に妖精を見たことがあると話して、
解説の富岡英作八段が反応に困るシーン、
中村修九段の誕生日おめでとうということでケーキを出すシーン、
中村桃子女流初段に、モヒカン等ころころ変える兄の髪型についてどう思うかなど、
将棋以外の部分で困ったり喜んだり見所満載です。
個人的には中村女流に料理ができないって言われたと不満を述べる藤田綾女流初段に、
森内名人が「余計なお世話ですよねー」と辛辣なフォローをするシーンが面白かったです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋指し57人の日常
週間将棋編集
¥1,663






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ