棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

中村太地

王座戦後日談

羽生王座同一タイトル獲得数21期達成の瞬間、現地大盤解説会


10月21日に第61期王座戦が終局し、
羽生善治王座が中村太地六段の挑戦を退けて防衛しました。
動画はこのときの現地の大盤解説会で、
解説が木村一基八段、聞き手が井道千尋女流初段です。
この時は対局後に、終局図が美しいと話題になりました。
投了した図が話題になるというのは珍しいと思いますが、
これについて中村六段が後日語っています。

みんなのミシマガジン 北野新太さんのいささか私的すぎる取材後記より
第16回 after the fight 戦いの後で

「どうせ殺されてしまうのなら・・・」
中村は確かに、殺されてしまうなら、と言った。
「いちばん綺麗なかたちで、と思ったんです。
あの10手くらい前から、最後の投了図を描いて指していました。
だから、羽生さんにも、思い描いた手順で指してもらえればと思っていました」
不意に胸を衝かれた。
勝負を見守っている者たちが逆転への一縷の望みを托していた時、
中村は最良の死に場所を探していた。


中村六段は王座挑戦が失敗に終わった対局直後に、
ちょっと信じられない回数のツイートをしていて、
ファン一人一人に感謝の意を述べています。
中村六段のTwitter
師匠の米長永世棋聖は破天荒な方でしたが、ずいぶん優等生な弟子がでました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

つるの将棋七番勝負
つるの剛士著
¥1,470






羽生王座が激闘を制し王座を防衛

今日行われた第61期王座戦五番勝負第5局は、103手で羽生善治王座が勝利し、
中村太地六段の挑戦を退けて王座を防衛しました。
今日は最終局ということで振り駒で先後を決め、羽生王座の先手になりました。
ここで先手を引くのが王者の運の強さでしょうか。
戦型は中村六段の注文で横歩取りになり、
後手となった中村六段が早めに形を決めて先手からの急戦に備える定跡を選びました。
そこで羽生王座が持久戦にするために、
一手損をするかわりにその後の発展性を期待できるという工夫を見せて、
序盤から時間を使う展開になりました。
その後羽生王座が押さえ込みに行く手を指して中村六段の反発を誘います。
反発した勢いに乗って羽生王座の飛車を押さえ込みに行く中村六段と、
それをかいくぐって攻撃を繋ぐ羽生王座という展開になり、
攻め合いとは違った攻めが繋がるか凌げるかで勝負が決まるという、
中盤ながら緊張した局面になりました。
中村六段の指し手は堂々、強気一辺倒で、
加藤一二三九段が著書で羽生さんや谷川浩司九段を「柔」、
森内俊之名人や佐藤康光九段を「剛」と表現していましたが、
中村六段は「剛」なんだなと思わせてくれました。
ニコニコ生放送では解説が屋敷伸之九段、聞き手が本田小百合女流三段でしたが、
中盤の難所で指し手の解説が冴え渡り、忍者屋敷健在を示してくれました。
途中中村六段が角で銀を取るか、角をかわすかという選択肢があり、
角をかわしたのですが、この後数手で羽生王座に形勢が傾き、
最後は羽生王座の、勝ちを確信した時に手が震える癖も出て、
羽生王座の勝利となりました。
今日の観戦記は憲法学者の木村草太さんで、中村六段との対談記事もあります。
将棋ファンっぷりあふれるブログ木村草太の力戦憲法
個人的には形勢が羽生王座に傾いてから、
羽生王座が頻繁に席を外していたのを観て、ずいぶん慎重なんだなあと思いました。

加藤一二三九段著「将棋名人血風録 奇人・変人・超人」より

升田さん自身が著書で述べているけれど、
プロというのは形勢がよくなった瞬間にミスをすることが多い。
升田さんがいうには、そういうとき大山さんはまず、「形を整える」。
つまり、襟元を正したり、トイレに行くといって席をはずしたり、お茶を飲んだり、
庭に目をやったりする。
対して、「うまい話があるとすぐ飛びつく傾向がある」と自分を評する升田さんの場合は、
相手がミスをしたと思った瞬間、すぐに次の手を指してしまう。
「それでかえって悪手を指すことがけっこうあるのだ」―升田さんは語っていた。
升田さんが浪花節をうなるのは、
「すぐに指したい」という気持ちを抑えるためでもあったらしい。
升田さんが大山さんに戦績という点で一歩譲ったのは、
このあたりが影響していたのではないだろうか。


今日の羽生さんはずいぶん形を整えました。
この点だけでも、今回のタイトル戦がどれだけ厳しいものだったか、
中村六段がどれだけ強かったのかが伺えると思います。
どんな観戦記になるのか楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

脳が活性化する! 大人がもう一度はじめる将棋入門
加藤一二三著
¥1,260






王座戦第4局は羽生王座が辛勝

羽生善治王座に中村太地六段が挑戦している第61期王座戦第4局は、
千日手指しなおしの末に羽生王座が勝ちました。

王座戦中継Blogより終局後ぐったりした様子の羽生王座
332

王座戦中継Blogより対局中の雰囲気が抜け切っていない様子の中村六段
344

羽生王座が先手番で始まった第4局は横歩取りになりました。
後手の中村六段が38手目に決断の角打ちを敢行し、
羽生王座の対応が注目されましたがまさかの千日手になりました。
感想戦で羽生王座は、
後手の角打ちの前に先手が工夫する必要があったと述べていますので、
ここは中村六段が後手番をうまく凌いだということになるでしょう。
羽生王座と中村六段との対局は先手側が7勝1敗と大きくリードしているため、
千日手で先後入れ替えて中村六段先手での指しなおしというのは、
挑戦者有利かという空気でした。
指しなおし局は羽生王座が後手一手損角換わりを選びました。
中村六段が先攻し、後手の形を乱してから後手に手を渡し、
先手玉は囲いが整っているので一見安全そうだったのですが、
羽生王座が銀をぶつけてからの角切りを敢行し、
一直線で斬り合うと後手のほうが早いという局面に持っていってしまいました。
そこで中村六段は一旦守り駒を逃がして間合いを取り、それから再度攻めに転じます。
最後は双方1分将棋になり、
王様が詰むのか詰まないのかという局面になりましたが、
羽生王座が王手ラッシュを凌ぎきり、中村六段が無念の投了となりました。
1分将棋に入ってからは両者に勝つチャンスがあったようで、
こういうどちらに転んでもおかしくないという勝負を拾ってしまうのが、
王者として君臨する人の不思議なところです。
ニコニコ生放送では解説が飯島栄治七段、聞き手が安食総子女流初段でしたが、
横歩取りと読んだ飯島七段の的確な解説が印象的でした。
残念ながら千日手で指しなおしになってしまったのですが…。
飯島七段は断定的な言い方をするので、
時間に余裕がある中盤戦までは指し手も当たって頼もしかったのですが、
終盤は疲れと考える時間の不足から大迷走して面白かったです。
多分対局者の頭の中も時間がなくてジェットコースターだったでしょう。

個人的には将棋の駒と照明の関係で、
羽生さんが敵陣に打ち込んだ駒が光り輝いて見えていたのが印象的でした。
また、渡辺竜王は、
相手の前では頭をかかえるみたいなわかりやすいことはしないと言っているのですが、
中村六段は盤上没頭といった感じで、
羽生さんが目の前に居ても頭をかかえて考えていたのも、
考え方の違いが出ていてとても楽しめました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

初段になるための将棋勉強法
浦野真彦著
¥1,260






中村太地六段がタイトル奪取に王手

今日行われた第61期王座戦第3局は、
挑戦者の中村六段が羽生王座に勝利し、2勝1敗としました。
王座戦は5戦なので、これでタイトル奪取に王手をかけたことになります。
今日のニコニコ生放送は解説が野月活貴七段、
聞き手が鈴木環那女流二段でした。
野月七段は午前中に現地に行き、
友人で角換わりのスペシャリストの西尾六段から話を聞いて予習をしてきたようで、
最初の角換わり講座からとても面白かったです。
野月七段は公式戦での角換わりは1度くらいしか指したことがないそうですが、
指し手の意味をわかりやすく解説してくれました。
また、今日は現地に、
サッカー元日本代表で現マリノスのアンバサダーを務める、
波戸康広さんが来ているとのことで、
サッカー界と将棋界の意外な繋がりも教えてくれました。
波戸さんについて調べたらこんな記事がありました。
そういえば日本サッカー協会名誉会長の川淵三郎さんも、
日本将棋連盟の非常勤理事ですね。
聞き手の鈴木女流二段は、
女流の仕事を全うするためにアナウンサー学校に通ったこともある棋士で、
言葉の聞き取りやすさや立ち振る舞いと、
結構いい加減な性格が表に出るところと両方あって面白かったです。
さて今日の将棋は角換わりでした。
後手の羽生王座の用意した対策は44手目に出て、
その時点で前例が1局しかないとのことです。
その前例は▲糸谷六段対△大平五段戦で、
太平五段はブログTwitterでそのことに触れています。
来年くらいにもう一度指そうとしていたとのことですが、
羽生さんに指されて一気にメジャーになってしまいましたね。
午後になると先手の中村六段が徐々に優位に立ち、
おやつも前回飲み物を頼まないでガトーショコラに苦戦したことを考慮して?
氷なしのアイスティーをチョコレートケーキとモンブランと共に頼むなど、
将棋の盤外でも絶妙な指し回し?を見せます。
途中羽生王座が巻き返しますが何とか逃げ切り、王座奪還に王手をかけました。
次の第4局は10月8日で、
ニコニコ生放送では解説が飯島栄治七段、聞き手が安食総子女流初段です。
まったりタイプの2人ですがどうなることやら。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界 2013年 11月号
¥750







そろそろ王座戦第3局がはじまるよー

【王座戦】太地、飲みもの頼まずガトーショコラに苦戦【羽生三冠】


やはりガトーショコラには飲み物も必要でしょう。
王座戦は今週の水曜日、10月2日に第3局がおこなわれます。
勝敗は1勝1敗の五分で、王座戦は5戦なので先に3勝した方が勝ちですので、
大熱戦が期待できると思います。
師匠の故米長邦雄会長は、著書の中に弟子の中村太地六段のことも書いていて、
将棋に対する充実した生活や、優等生っぷりが書かれています。

米長邦雄著「将棋の天才たち」より

私が中村にインタビューしたのは4月11日、
森内VS羽生の名人戦第一局が東京・目白の椿山荘で行われた午後だ。
聞けば、箱根での研究合宿の帰りという。
8人で2泊だが、初日は1時にチェックインして20分30秒の総当たり戦。
その後、各自3局をこなして夕食を食べ、夜も2局。
翌日は朝から2局に取り組み、1位から8位まで順位をつける。
その上位4人と下位4人が一人3局のリーグ戦を行って、夕食となったそうだ。
「夜の酒は何を飲んだ?」と問うと、「いえ、禁酒のルールです」。
その帰路、新宿で落ち合って話を聞いたのだが、
「これから一度、自宅に戻って椿山荘へ行きます」という。
そのままでもよいではないかというと、
「ネクタイを締めておりません」との返答。あくまで優等生ですな。


研究合宿とはいっても実戦がメインなんですねえ。
箱根まで行って順位をつけられて帰ってくるとは勝負の世界は厳しいです。
さてニコニコ生放送では解説が野月活貴七段、聞き手が鈴木環那女流二段です。
中村六段が先手、羽生王座が後手ですが、
これまで先手の2勝となっていますので中村六段がリードできるか注目です。
おやつに飲み物を頼むかどうかも注目?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋の天才たち
米長邦雄著
¥900






記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ