棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

サッカー

サッカーワールドカップ日本代表を見て

2014年FIFAワールドカップ、日本代表は皆様ご存知の通り、
グループリーグを2敗1分で敗退しました。
ニュースサイトやブログ、2ch、Twitter等々各所でいろいろな意見が出ていますが、
ここは将棋サイトで将棋は戦略ゲームですから、
戦略の階層からサッカーのことを書いていきたいと思います。
まず最初に戦略の階層は下記の7つに分かれています。

奥山真司著「世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう」より

世界観(Vision):人生観、歴史観、地理感覚、心、ビジョンなど。
「日本とは何ものか、どんな役割があるのか」

政策(Polocy):生き方、政治方針、意志、ポリシーなど。
「だから、こうしよう」

大戦略(Grand Strategy):人間関係、兵站・資源配分、身体など。
「国家の資源をどう使うか」

軍事戦略(Miritary Strategy):仕事の種類、戦争の勝ち方など。
「今ある軍の力でどう勝つのか」

作戦(Operation):仕事の仕方、会戦の勝ち方など。
「いつどこで戦いをするのか」

戦術(Tactics):ツールやテクの使い方、戦闘の勝ち方など。
「勝つためにどう戦うか」

技術(Technology):ツールやテクの獲得、敵兵の殺し方など。
「戦闘に勝つためにどのような技術を使うか」


ワールドカップ前の記事で、ポゼッションサッカー、ロングカウンターサッカー、
ショートカウンターサッカーについて書きましたが、
これは勝つためにどう戦うかという戦略の階層で言えば下から2番目の戦術レベルの話、
どのサッカーをどういう状況で使い分けるかは軍事戦略レベルの話になります。
そしてワールドカップ初戦から、日本はポゼッションサッカーがしたいのか、
ショートカウンターサッカーがしたいのか、選手間でばらばらでした。
逆に例えば第2戦で戦ったギリシャは、1人退場して10人担った瞬間に、
この試合は引き分けでいいということになり、軍事戦略レベルで10人がまとまりました。
そして日本にきっちり引き分けて最終戦のコートジボワールに勝ち、
グループリーグを突破しました。
将棋には相手に手を渡す、という戦い方があり、
サッカーにもシュートで攻撃を終わらせる、という考え方があります。
例えば10人で守りきろうという相手にシュートで攻撃を終わらせ、
相手に攻撃のターンを渡すという行為は、
相手の軍事戦略の階層を揺さぶりに行っています。
それに対して、例えばグランドを横に広く使ってパスを回すといった行為は、
守備ブロックを横に広げるような揺さぶりをかけるという戦術レベルの行為です。
守備ブロックを横に広げるような意図も感じられなかったのはきっと気のせい。
皆様もどんな人、あるいは選手がどの階層について語っているのかに着目すると、
ワールドカップに限らずどのスポーツ観戦でもより楽しめると思います。

さて日本がワールドカップでグループリーグを突破したのは、
岡田武史監督の2010年、トルシエ監督の2002年の2回です。
昨日の記事で岡田監督の深夜のひらめきを書きましたが、
岡田監督のMFを5人横に並べてブロックを作って守り、カウンターで点を取る、
という戦い方は、戦術レベルまで監督が指示を出したということです。
トルシエ監督にいたってはフラットスリーというツールの習得、
技術レベルまで口を出し、結果を残しました。
それに対して2006年のドイツ大会では、ジーコ監督が選手の自主性を重んじました。
しかし初戦のオーストラリア戦で、オーストラリアがパワープレーに来た時に、
選手間でブロックを作って守るロングカウンターサッカーか、
攻撃の機会をそもそも与えないようにするポゼッションサッカーかでプレーが分かれ、
大逆転負けを喫しています。
もちろん空中戦に弱いという技術レベルの問題もありますが、
背が低いからという理由だけで負けたわけではありません。
このように日本は軍事戦略レベルを選手に任せると失敗するんですね。

奥山真司著「世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう」より

戦略学の世界ではジョークで、各国の軍隊の組織で最強の軍隊を作ったらどうなるか
というシミュレーションがあります。
兵隊と下士官は日本人にやらせて、
その上の大佐レベルまではドイツ人にやらせる。
そして、一番上の将軍はアメリカ人にやらせると世界最強の軍隊ができるという、
実際に冗談ともつかない話です。


日本人のサッカー選手がドイツのブンデスリーガで比較的活躍しているというのは、
決して偶然ではないと思います。
サッカー選手として試合に出るならば軍事戦略レベルまでの仕事をこなす必要があり、
その仕事ができるドイツ人に合わせることで日本人も輝ける、という構図が見えます。

スポニチ【オシム分析3】「日本らしいサッカー」の方向性は間違っていないより

日本人選手のすぐれた部分を生かした
「日本らしいサッカー」を進めるという方向性は間違っていない。
組織性や勤勉性、俊敏性、献身性など
日本の長所を生かしたスタイルはまだ完成していない。
これから伸びていく余地がまだまだある。


オシムさんが褒めている日本人の長所を戦略の階層に当てはめると、
長所は技術の階層ばかりでぽっかり穴が開いている階層が浮かんできます。
ただしこれはサッカー選手に限ったことではありません。

奥山真司著「世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう」より
企業を「戦略の階層」に落とし込むと・・・

世界観(Vision):企業イメージ、存在意義など。
政策(Polocy):業界における社会的意義、社会貢献など。
大戦略(Grand Strategy):資金管理、システム管理など。
軍事戦略(Military Strategy):デザイン戦略、流通コントロールなど(手に取れないもの)。
作戦(Operation):カスタマーサービス、人事オペレーションなど。
戦術(Tactics):販売マーケティング、営業マーケティングなど。
技術(Technology):商品開発、コンテンツ開発(手に取れるもの)。


例えばこのブログはコンテンツですから技術の階層にあたります。
私のブログですとGoogleから来る人が一番多いのですが、
もちろんGoogleの中の人がこのコラムを書いているわけではありません。
Googleはもっと上の階層を支配しているんです。
Youtubeは動画サイトですが、Youtube社員が動画を作っているわけではありません。
Amazonは通販サイトですが、商品を作っているわけではありません。
iTunesは音楽を聴くことができますが、アップルが音楽を作っているわけではありません。
このように技術より上の階層で商売をする企業は、日本にはなかなかありません。

404 Blog Not FoundRakutenization - 書評 - たかが英語!」より

楽天を楽天たらしめているものは、何か?
徹底した二番手戦略である。
1995年に海の向こうでamazon.comが産声をあげたかと思えば、
1997年には楽天市場を開設し、
2004年にライブドアが球団買収に名乗りをあえたら間髪入れずに名乗りを上げ、
AmazonがKindleをはじめたらKoboを買収し…
かっこよいとはいえない。Coolでない。不酷。ところがどっこい、楽天は生き残っている。
生き残っているどころか、成長している。成長しているし、顧客の支持も得ている。


英レディング大学のコリン・グレイ教授から戦略学を学んだ、
地政学・戦略学者の奥山真司さんは、
日本人も最下層の技術を捨てて上位の階層を学ぶべきだと述べていますが、
現実問題としてお金を稼がなければならない企業の中には上記の楽天のように、
技術の階層が得意なんだから他の階層はパクればいいじゃんという考え方もあります。
サッカー日本代表は今のところ、
技術より上の階層は監督がやる方が結果を出しています。
でもその路線で将来世界一まで行けるかというとそうではないでしょうし、
技術の階層は優れているというところは認められているのですから、
軍事戦略の階層まで仕事を出来るように選手を育てていく、
というところまで日本のサッカーは来ているように思います。
でもこの壁は結構厚いですよ。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

世界を変えたいなら一度"武器"を捨ててしまおう
奥山真司著
¥1,512






将棋とサッカー日本代表

サッカー日本代表が発表され、ワールドカップも近づいてきました。
サッカーの川淵チェアマンは今や日本将棋連盟の非常勤理事ですし、
元日本代表の波戸康広さんは将棋親善大使ですし、
去年日産スタジアムでサッカーと将棋のコラボ企画もやっていましたので、
将棋とサッカーの関連性について少し書きたいと思います。

将棋もサッカーも相手のカウンターにどう対処するのかという部分で共通しています。
将棋の場合は取った駒を敵陣に打ち込むことができますので、
例えば自分の王様が取った駒を相手の王様の隣に「王手!」と打ち込むような、
すごい速さの速攻ができます。
その代わり2歩というルールで歩については制限を加えています。
サッカーの場合は足でボールを扱うので、どうしてもボールを取られる機会ができます。
その代わりオフサイドというルールでカウンターに制限を加えています。

カウンターが嫌ならカウンターの機会を減らしてしまえばいいじゃない、
という考え方が、将棋で言えば手厚い将棋、
サッカーで言えばポゼッションサッカーになります。
それに対してカウンターが嫌なら嫌なことをすればいいじゃない、
という考え方が、将棋で言えば振り飛車、角交換振り飛車、横歩取り、
サッカーで言えばロングカウンターサッカーになります。
そして攻撃の主導権を握り続ければいいじゃない、
という新しい考え方が、将棋で言えば居飛車穴熊、矢倉91手組の先手番、
サッカーで言えばショートカウンターサッカーになります。

tutumori
 第3回電王戦第4局、ツツカナ対森下九段の対局で、
ツツカナが手厚い将棋、森下九段みたいな将棋と言われましたが、
上の図はその対局の72手目の局面です。
ツツカナがラインを上げて押さえ込みに行くところで、森下九段が背後を突きました。
ポゼッションサッカーも同様に、ラインを高く設定するために背後が弱点になります。
日本代表で言うと、2010年のワールドカップ直前まで、
岡田武史監督はポゼッションサッカーを模索していました。
ところが守備が安定せず、
本番ではブロックを作って守るロングカウンターサッカーに軌道修正し、
4試合で2失点という鉄壁の守備を構築しました。
そして何故安定しなかったのかという理由が、将棋と同様に背後を突かれるからです。
当時のセンターバックは仲澤選手と闘莉王選手、
日本代表としては高さと強さ、足元の技術を高いレベルで持つ屈指のDFでしたが、
残念ながらスピードはありませんでした。
そしてスピード不足なこととラインを高く設定するポゼッションサッカーが相性が悪く、
背後を突かれた時の対処ができずに守備が安定しなかったのです。

hujihabu
 上の図は2012年の王位戦第2局、羽生王位対藤井九段の対局の25手目の局面です。
低く構えてロングカウンターという狙いがよくわかります。
 
hujihabuf
そして上の図が投了図です。
藤井九段の左辺の飛車、角、桂馬、香車、綺麗に捌けています。
このように低く構える将棋の場合、足の速い駒をどう捌くのかが重要になります。
そしてこれはサッカーの場合も同様です。
2010年のワールドカップではブロックをつくり守備が安定した日本代表ですが、
攻撃では4試合中フリーキックで2点、流れの中で2点と不満が残る結果になりました。
将棋のロングカウンターは足の速い駒を使うことが条件でしたが、
当時の日本代表はポゼッションサッカーを目的に人選をしたため、
縦にスピードのあるMFがおらず、ロングカウンターがうまく機能しませんでした。

hujiino
 上の図は藤井システム登場局、藤井九段対井上九段の対局で、
藤井九段が仕掛けたところです。
注目は飛車や角といった足の速い駒はまだ待機状態で、
銀や桂馬といった小回りの利く駒で速攻を仕掛けているという点です。

hujiino2
 上の図は36手目の局面で、駒割は先手の銀桂と後手の角の2枚換えですので、
先手の駒損と言えます。ただし攻撃の主導権は先手が握っています。
 
hujiinof
上の図は投了図で、駒割は先手の銀桂と後手の飛車の交換ですが、
もう先手の攻撃が止まらない状況になっています。
この図は将棋とサッカーの違いが出ていて、サッカーはゴールがひとつあるだけですが、
将棋はなんだかんだ言っても飛車の価値が高いので、
飛車方面に攻撃を仕掛けることも有効的です。

サッカーで言えば小回りの利く駒は俊敏性のある選手、
駒損でも攻めを繋ぐということは、
ポゼッションでリードされていても、主導権を握っていればよいということになります。
そしてザッケローニ監督がやりたいサッカーが、このショートカウンターサッカーです。
サッカーで主導権を握り続けるにはどうするか、
というのはまだまだ進化し続けていくことになりますが、
ラインを高く保つこと、前線に人数を増やして縦にどんどんパスを出していくこと、
ボールを取られた瞬間に人数を増やした前線で囲んでボールを奪い返すこと、
これらが求められます。
上の藤井システムの対局では、
藤井九段が井上九段の王様の周辺で戦い戦果を上げていますが、
ショートカウンターサッカーも同じで、なるべく局地戦にすることが重要です。
何故ならボールを取られた時に選手同士の距離が遠いと、
ボールを囲んで奪い返すことが出来ずに戦術が破綻してしまうからです。
2013年のコンフェデレーションズカップで守備が崩壊してしまった原因もこれで、
グランドを横に広く使うことで攻撃は多彩になりましたが、
守備は3試合で9失点とひどい結果になってしまいました。
上の藤井システム登場局の場合は、飛車という重要な駒を攻めることで、
局地戦からの戦線拡大に成功しましたが、
ショートカウンターサッカーにも、
小さいリスクで攻撃の多彩さを保障するものが存在するのか、
ザッケローニ監督は本番直前まで模索すると思います。
そしてこのようなサッカーをする場合、
DFは縦パス供給能力、背後を突かれてもケアできる足の速さ、パスカット能力、
MFは縦パス供給能力、パスカット能力、足元にボールを納める能力、
FWはパスカット能力、足元にボールを納める能力、
そして前線からボールを奪いに行くわけですから、
サボっている選手が1人もいない組織力や戦術理解度が求められます。
日本人の特徴とされる俊敏性、献身性、
足元の技術の高さはこのサッカーを支えるのに有利に働くでしょうし、
うまく機能すれば空中戦、1対1といった弱点が出る局面は少なくなるでしょう。

サッカー日本代表の人選を見ると、リードしていてもされていても、
自分達のサッカーを貫くんだという意志を感じます。
日本代表は6月15日の対コートジボワール戦が初戦で、
20日に対ギリシャ、25日に対コロンビア戦です。
25日は日本時間で朝の5時から、
将棋の名人戦が第7局までもつれれば2日目がかぶって超絶寝不足が決定です。
日本代表はグループリーグを突破したことが2回しかないサッカー新興国ですので、
まずはグループリーグ突破に向けて頑張って欲しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門
いしかわごう著
¥1,512






書評?「勝負哲学」岡田武史、羽生善治著

サッカーで日本をW杯ベスト16に導いた岡田武史監督と将棋の羽生善治三冠の対談を、
1冊にまとめた本です。



本が書かれた時期について

この本が出版されたのは2011年10月です。
3月11日に東日本大震災にみまわれ、対談はそれよりも後に行われました。
岡田さんはまえがきで、
「今回の震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りするとともに、
この本が被災された方の今日の一歩を踏み出す助けに成ればと心から願うばかりである。」
と述べています。
翌年の2012年に岡田さんは、
中国サッカー・スーパーリーグ杭州緑城足球倶楽部の監督になり、
羽生さんはタイトル2つを防衛後、
前年渡辺明竜王に奪われた王座のタイトルを奪取しています。

岡田さんが代表監督になったときの環境

本の中で岡田さんは、加茂監督の後任として代表の監督になった後、
自力での予選通過が消滅したときに、
マスコミにはボロクソに言われるし、
サポーターからじゃんじゃん脅迫電話がかかってくるし、
脅迫状もたくさんくるし、毒入りなんて書いてあるサツマイモが送られてくるし、
かなり大変だったと述べています。
最悪の時期には警察のパトカーが24時間家の周囲をパトロールして、
子供の学校への送り迎えも危ないからと車でしたそうです。
怖い世界だ。

羽生さんの環境

岡田さんのまえがきに、
「名人戦のさなか、それも連敗した後にもかかわらず、
彼はいやな顔ひとつみせず、いつもどおり飄々と答えてくれた。」
とありますから、
対談当時の羽生さんは名人、棋聖、王座の三冠だったと思われます。
本の中で羽生さんは
「子供相手に本気になるのはおとなげないという老成した感情を超えて、
いまと変わらない気力や緊張感をもって真剣勝負に徹することができるかどうか。」
が大きなテーマだと述べています。
羽生さんは対談の3ヵ月後くらいに、
17歳年下の広瀬章人王位(当時)とのタイトル戦がありました。
結果は4勝3敗で広瀬王位からタイトルを奪取しましたが、
確かに苦戦しているように見えますね。
翌年には18歳年下の中村太地六段と棋聖位のタイトル戦がありましたが、
こちらは3勝0敗のストレートで挑戦を退けています。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
目次
まえがき―岡田武史

1章 勝負勘を研ぎ澄ます
理論を超えるもの、直感を支えるもの
・データなしでは勝てない、データだけでも勝てない
・W杯直前のシステム変更を決断させたひらめき
・努力の積み重ねが直感力を発達させる
・勝負の中の「偶然性」にどう対応するか
・直感を信用するために必要なこと

勝負どころを読む力
・危険なとき、苦しいときこそ勝負どき
・小さなミスほど試合の流れを大きく変える
・「じっとがまん」が状況を好転させる
・相手に「手を渡す」ことで勝機をつかむ
・相手の長所を消しながら自分の強みを出せ

全体を客観視できる「広い目」をもて
・戦況を第三者の視点でながめる中立の目
・トップアスリートに必要な「広い集中力」

2章 何が勝者と敗者を分けるのか
リスクテイクをためらうな
・選手の自主性と組織の一体感が両立した理想のチーム
・リスクから逃げるたびに、少しずつ、確実に弱くなる
・「死ぬまで勉強、一生チャレンジ」を体現していた老棋士
・新しさに鋭敏でないと最前線では競えない
・守るべきものと変えるべきものとのさじ加減

打たれ強さを養う
・重力でありながら揚力でもあるプレッシャー
・開き直りでしか背負えない「重圧」の底で目覚めたもの
・可能性に比例してプレッシャーも高まる
・「勝てるメンタル」に何が必要か
・心おきなく戦うために「ふつうの時間」を担保せよ

「勝てる人間」を育てる
・選択肢が多すぎる時代に「野生」の復権を
・「気づかせる」指導が選手の自主性を引き出した
・「絶対に譲れない一線」で本気が伝わる

3章 理想の勝利を追い求めて
集中力の深度を増す
・棋士の集中力の密度は並外れて高いか
・「深い集中」と「力まない集中」のふたつがある
・集中力の深海に交差する狂気と玲瓏の世界
・チーム全体が「ゾーン」に入った稀有の体験

闘争心を制御せよ
・執着心のわずかな不足が敗退につながった
・「制御された闘争心」こそが勝利に不可欠
・勝ち負けより「勝負の持つ深み」に出会いたい
・スポーツとしてのチェス、文化としての将棋
・大震災の悲劇の底から変化の火種を取り出そう
・すべて不確かな世界の中で頼れるものは何か

戦いに美学を求める
・隙のない戦い方が生み出す美しさ
・ずるがしこい戦い方は日本人の美学にそぐわない
・「負け」の中からこそ潤沢な教訓を拾い上げられる

あとがき―羽生善治
―――――――――――――――――――――――――――――――――

タイトルこそ勝負哲学ですが、対談の内容は多岐に渡っています。
岡田さんは監督ですから、勝つためには選手を育てなければいけませんし、
どんな人選で、どんなフォーメーションで、
どんな作戦で戦うのかを考えなければいけません。
羽生さんは棋士ですから、盤上でどう駆け引きをするかの他に、
自分に将棋を教えてくれる先生、監督、コーチが居ない状態でどう技術を磨くか、
ということが課題になります。
そのため岡田さんの話は経営者のような部下を持つ立場の人にっとって、
大いにヒントを与えてくれるものだと思いますし、
羽生さんの話は他人から直接的に教わることなくどう自分を高めるか、
個人事業主から新人社員に限らず、
学生や開業医、芸術家といった自由業の方まで幅広くヒントを与えてくれます。

こう書くとビジネス書のような感じがしますが、この本はビジネス書にとどまりません。
例えば中国では、オーナーや監督などチームの有力者とコネがある選手は、
スタメンが約束されていました。
岡田監督はオーナーと話した上でコネのある選手を放出しましたが、
この本を読んでいる方は岡田監督の頑固さに感動したと思います。
また、羽生さんは局面によっては相手に手を渡し、
先に動いてもらって返し技を狙うということが効果的だと述べています。
私はこのことはターン制のゲームのセオリーなのだと思います。
強い手を指すと強いカウンターが返ってくる、制限をかけて手を渡すといった考え方は、
テニスや卓球のようなターン制のゲームだとそのまま当てはめることができます。
サッカーや将棋に留まらず、スポーツを観戦する上で知っているとより楽しめることが、
この本にはたくさん書いてあります。

勝負哲学」より岡田監督の話

脳科学、心理学、運動生理学、さらには気功や琉球空手、
あるいは経営セミナーや話し方教室にいたるまで、
指導の参考になりそうなものにはみんな首を突っ込み、文献を乱読して、
専門家からも話を聞きまくったんです。
<中略>
当時はその占星学まで勉強しましたよ。
それで遅まきながら、わかったことがあります。
指導の本質は、教えるのではなく引き出すことにあるということです。
それまで私は、空のコップに水を入れてやるのが指導だと思っていました。
でも、そうじゃないんですね。
指導とはじつは、
コップの中にすでに入っているものを表へ引き出してやることにほかならない。
そうコペルニクス的に気づいたんです。
エデュケーションの語源はラテン語のエデュカーレで、
まさに「引き出す」という意味だそうです。
そのことに気づいてからは、指導法もだいぶ変わっていきました。
たとえばW杯の戦術において、私は中盤ではシンプルにパスを回せという支持をしましたが、
だからといってドリブルはダメだなどとは一言もいっていないのです。
試合の編集ビデオを選手に見せるときに、
「ここはパスではなくドリブルを選択すべきだった」と思う場面でも、
そうは指摘しません。
それを指摘すると修正になってしまうからです。
修正の多くは前のプレーの否定ですから、次の試合で同様の場面になったとき、
選手は一瞬、「パスかドリブルか」と考えるようになります。
その一瞬が判断の躊躇を生み、プレーの遅さにつながってしまうんですよ。
<中略>
人を育てるのは人じゃありません。環境です。
その環境をつくってやるのが指導者の役目であり、コーチングの真髄じゃないでしょうか。


上記をわかっていない上司を持つと不幸です。
修正ばかりして職場環境は何も変えません。
上記をわかっていない部下を持つと不幸です。
それは教わってないのでできませんなどと平気な顔して言います。
私はわかっていない上司だったなあ。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram
記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ