棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

コンピュータ

Bonanza大復活で2度目の優勝

第23回世界コンピュータ将棋選手権の決勝が終わり、
Bonanzaが初登場初優勝を遂げた2006年以来の優勝を遂げ、
去年の二次予選敗退から大復活を果たしました。

最終結果はこちら

1位Bonanza(5-2)
2位ponanza(5-2)
3位GPS将棋(5-2)
4位激指(4-3)
5位NineDayFever(3-4)
6位ツツカナ(3-4)
7位習甦(2-5)
8位YSS(1-6)

5勝2敗で3ソフトが並びましたが、
どれだけ強い相手に勝ったかという差でBonanzaの優勝となりました。
簡単に言いますと自身が勝った相手がどれだけ勝ったかで順位を決めています。
BonanzaはGPS将棋、激指、NineDayFever、ツツカナ、YSSに勝っているのですが、
今並べたソフトが合計で16勝しています。
ponanzaはBonanza、激指、ツツカナ、習甦、YSSに勝っていて、
これらのソフトは合計で15勝、GPSは同様の計算で14勝ですので、
Bonanzaが強いソフトに勝ったということで優勝になりました。

Bonanzaは2009年にソースコードを公開しました。
その後ボナンザライブラリを利用した、
ボナンザチルドレンと呼ばれるソフトが次々登場して、
コンピュータ将棋界に革命を与えたソフトです。
しかし盤上でもボナンザ囲いと呼ばれる囲いを編み出しました。
これは今のボナンザでは出てこないのですが、
優勝した2006年のバージョンではよく指されていたものです。
しかし、今では角換わりの将棋で、
タイトル戦でもでてくる重要な囲いの一つになりました。
例えば第25期竜王戦第2局第4局で、後手になった丸山九段が指されています。
第2局は負け、第4局は勝ちだったのですが、
負けた第2局でも囲いを作って先手の攻めが止まったところでは、
後手がやや指しやすいくらいだったようです。
このようにBonanzaはコンピュータ将棋界、盤上の将棋両方に影響を与えました。

第3回電王戦が第2回のように開催されるとすると、
出場ソフトはBonanza、ponanza、GPS将棋、激指、NineDayFeverの5ソフトになります。
第2回で圧倒的な差し回しだったGPS将棋が3番目に登場ということで、
プロ棋士側としては頭が痛いところかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

第23回世界コンピュータ将棋選手権開催中

※追記しました

第23回世界コンピュータ将棋選手権が開催中です。
期間は2013年5月3日(金)10:00開会~20:15(一次予選)、4日(土)9:30~20:00(二次予選)、
5日(日)9:30~17:15(決勝)となっております。
現在一次予選中ですが、注目のソフトをご紹介します。

2chより
5月3日午前10時時点でのFloodgate2週間レーティング
gpsshogi_expt     3228
ponanza_expt      3227
Gekisashi_X5590_7c 3156
PuppetMaster    3069
Apery_3930K_6c   2982
Shues         2963
BlunderXX_4     2720


このうち、4位のPuppetMasterさんがNineDayFeverという名前で、
5位のAperyとともに一次予選からの登場です。
また、N4というソフトも強そうです。

一次予選ならではのソフトといえば私は大合神クジラちゃんをあげたいです。
これはニコニコ生放送の主がリスナーのPCを使ってクラスタを構成して挑んでいます。
今も生放送をされていますので、どうぞご覧ください
指し手を考える時に画面が少し暗くなる妄想モードと、
妄想通りにいかなくてまた妄想をはじめるのは人間みたいで面白いです。

第23回 世界コンピュータ将棋選手権トップ
参加チーム一覧はこちら
中継ブログはこちら

※追記

一次予選が終わり、NineDayFever(7-0)、Apery(6-1)、柿木将棋(5-2)、N4(5-2)、
AWAKE(5-2)、ひねもすのたり(4-3)、無明4(4-3)、ひまわり(4-3)が二次予選に進出します。
大合神クジラちゃんは4-3ながら順位で敗れました。
出だしに設定ミスなどがあり3連敗したのが痛かったようです。
明日の二次予選からは電王戦に出場した5つのソフトのうち、
Puellaαを除く4ソフトが登場します(Puellaαは今回は出場しないようです)。
1次予選を勝ち抜いたソフトのうち、
全勝のNineDayFeverとNineDayFeverに負けた1敗のAperyは、
二次予選でも台風の目になりそうな強さでした。
個人的にはSeleneに注目しています。
プロの棋譜から学習するのではなく、
自己対戦でどこまで強くなるのかというのはとても興味深いです。

コンピュータ将棋Seleneアピール文書より抜粋

・指せば指すほど強くなる(!)学習方式。

自己対戦を行って勝ったほうの棋譜を学習します。
初めはルール覚えたての人が指したものよりもヒドイ将棋なのですが、
何度も何度も指すことで「なにが有効であるのか」ということを学習し、
駒を玉に向かわせたり、玉のまわりに防衛用の駒を近づけたりしていきます。

数万局の単位で学習しっぱなしにしておくと、学習値にもそれなりの値が設定され、
負けた指し手は指さなくなってくるので、リクツで言えば無限に強くなっていく!はず。

<中略>

・しかし問題が・・。

そうなんでけども、話としてはそうなんですが、強化学習を行っていると、
人間が指す場合には後の展開の構想を持って指していることにものすごく早く気づきます。

Seleneが行っている強化学習方式で発見できた戦法は、棒銀や腰掛銀、美濃囲い。
発見できなかった戦法のうちイタイものは穴熊、中飛車です。
Selene本体というか開発者が将棋にあまり詳しくないので、
さらに致命的なものがあるのだと思います。イタタタ。

例えば穴熊の場合、いったいどこまで対局を続けたら発見できるのか?などと考えると
人間の創意工夫や構想能力がどれだけすごいか思い知る展開に。


中飛車が見つからないのは意外に思いました。
将棋を覚えたての子供の頃に、みんなで無敵囲いをやったと思うんですけどねー。
ニコニコ大百科に記事があるくらいだし。
20100515091357 
集中力なら売り切れたよさまより

とはいえこういった学習方法は人間では無理なんですよね。
数万局も対戦するのにいったいどのくらいの時間がかかるのかを考えると、
同じ時間をプロの棋譜から学ぶことに突っ込んだ方がはるかに強くなります。
しかしコンピュータなら物量作戦は得意分野ですから、
人間とは別の強くなる方法で、未知の鉱脈を見つけて欲しいと期待しています。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

世界コンピュータ将棋選手権▲Puella α対△Ponanza

世界コンピュータ将棋選手権 決勝リーグ四回戦


第22回世界コンピュータ将棋選手権、
これまで2勝1敗同士のPuella α対Ponanzaの将棋です。
決勝リーグは西尾明六段がニコニコ生放送で解説されていましたが、
すごくわかりやすい解説で見ていてとても面白かったです。
ツツカナの開発者一丸貴則さんも、
自身のブログで西尾六段には頭が上がりませんねと述べています。

Ponanzaの右玉に対して、Puella αが自分の玉頭からつっこんで攻めて行きます。
恐れを知らないコンピュータらしいとも言えますが、
この攻め筋と西尾明六段の解説を聞いて、私の右玉の採用率がすごく下がりました。
受けきる自信はまったくありません。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

習甦対Ponanza

世界コンピュータ将棋選手権 決勝リーグ三回戦


習甦は力強い受けが特徴で、終盤もソフトらしく強いです。
Ponanzaは序中盤に強く、終盤は他のソフトと比べると弱い先行逃げ切り型です。
両者の特徴がよくでた対局だと思います。
それにしても王手王手で詰むかどうかという、
計算の世界に入ってからのソフトは抜群に強いですね。
人間側は、序中盤の分岐が多すぎて計算では追いつかない感覚の世界で、
どのくらいリードを保てるか、
また、逆転の要素が少ない局面にどう持ち込むかが鍵となりそうです。



ブログランキング・にほんブログ村へ

羽生さんと川上さんが語る「人間vsコンピュータ」

動画が消えてるじゃないですかやだーorz
Youtubeでみつけました。

ごめんなさい。この記事どうしよう(少し追記しました)。

羽生善治が語る「人間vsコンピュータ」1/3


羽生善治が語る「人間vsコンピュータ」2/3


羽生善治が語る「人間vsコンピュータ」3/3


羽生さんは対話形式だと結構踏み込んで質問するところがあるので、
最初は「あのー」を連発してたドワンゴ会長の川上量生さんですが、
徐々に慣れて饒舌になっていきます。

ニコニコ生放送で一番見られているのはアニメ、政治、そして将棋
というのはかなり意外ですね。

人間は肉体的には他の動物より劣るというのは認識しているので、
例えばマラソンの金メダリストより新幹線の方が速いとわかっていても、
ショックを受けることなくマラソンを見ます。
しかし、人類は頭脳で人間より賢い存在は無いと思っています。
コンピュータに頭脳が負けるとなるとどのくらいショックを受けるかはわからないです。
しかし、21世紀はそれを受け入れていく世紀で、
電王戦はこれから人類がどのようにコンピュータと向き合えばいいかというのを、
示してくれるという川上さんの話は、
私は考えたことも無い切り口でとても面白かったです。

※動画が消えちゃったのでとりあえず追記 2013/3/16

将棋は指し手は広く、ひとつの局面でルール上指せる手が、平均80通りほどあるらしいです。
ところが人間はその80通りのうち、直感で2手や3手しか考えず、
他の手は読まずに捨ててしまいます。
それでも3手考えると、10手先の局面は3の10乗になりますから、
59049通りと途方も無い数になってしまいますので、
実際はもっと直感で切り捨てているわけです。
そこで、何らかの考えで働いている直感を情報圧縮アルゴリズムと言い換え、
将棋の強さ=指し手を読む処理能力×情報圧縮アルゴリズム
とすると、今のコンピュータがしていることは処理能力の向上であり、
それで人間より強くなったとしてそれがインテリジェンスと言えるのかと、
川上さんは言っていました。

羽生さんは、コンピュータは人間とは真逆の方向にトンネルを掘っていて、
一周して出会えれば嬉しいと言っていました。
また、「巡回セールスマン問題」を例に挙げて、
人間の創った最適解に近いものと、
コンピュータの創った最適解に近いものが恐らく違うものになるので、
参考になるはずと言ってました。
ということは羽生さんは、
将棋が現実的な時間では解を求めることができない問題、
と認識してるのではないかと、
巡回セールスマン問題」と「NP困難」を読んで軽く絶望した頭で思いました。 



ブログランキング・にほんブログ村へ

記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ