棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

画像

矢内女流挙式

12月1日に矢内理絵子女流四段が結婚式を挙げられたようです。

BaZbnWNCUAAL5sgsmall
※クリックで大きい画像になります

写真はつるの剛さんのTwitterより。つるのさんが新郎ではありません(笑)。
交際のきっかけはファンの男性が出した激励の手紙からということで、
どんな内容だったんでしょうか。
我こそは将棋界とは接点のない30代の一般男性ではないか?と思われた方々は、
残念ですが山崎八段同様あきらめていただければと思います。
渡辺二冠(竜王じゃない呼び方に慣れませんが)のブログにありますが、
谷川会長、森内二冠、羽生三冠、渡辺二冠共に同じテーブルだったそうで。

渡辺明ブログより

今日(日曜)は矢内さんの結婚式にお招きいただきました。
左が谷川会長、右が羽生さん、正面が森内さんという席。
気にせず楽しく飲んでいたんですが中村修先生が「空気が重いから君はこっちね」と
上田初美さんと席をトレードすることになり、
女流棋士テーブルへ。やっぱり暗いオーラが出ていたんでしょうか?
テーブル回りの際、新郎新婦もなぜ?という表情を浮かべていました。
結局、その席で最後まで。矢内さん、おめでとうございました!


不思議流の中村九段ナイスフォローだ。
賛否両論あるかもしれませんが、
新郎新婦目線で考えれば重い空気のテーブルがある席次を守る披露宴より、
重い空気のない席次が2人ほど入れ替わってる披露宴の方がいいですからね。
中村九段門下といえば、去年は阿部光瑠四段が電王戦の大舞台で勝利、
上村亘三段が四段プロデビュー、
今年は香川愛生女流が女流王将のタイトルを獲得と絶好調ですね。
不思議流が名伯楽になるんでしょうか。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

勝負心
渡辺明著
¥788






王座戦第4局は羽生王座が辛勝

羽生善治王座に中村太地六段が挑戦している第61期王座戦第4局は、
千日手指しなおしの末に羽生王座が勝ちました。

王座戦中継Blogより終局後ぐったりした様子の羽生王座
332

王座戦中継Blogより対局中の雰囲気が抜け切っていない様子の中村六段
344

羽生王座が先手番で始まった第4局は横歩取りになりました。
後手の中村六段が38手目に決断の角打ちを敢行し、
羽生王座の対応が注目されましたがまさかの千日手になりました。
感想戦で羽生王座は、
後手の角打ちの前に先手が工夫する必要があったと述べていますので、
ここは中村六段が後手番をうまく凌いだということになるでしょう。
羽生王座と中村六段との対局は先手側が7勝1敗と大きくリードしているため、
千日手で先後入れ替えて中村六段先手での指しなおしというのは、
挑戦者有利かという空気でした。
指しなおし局は羽生王座が後手一手損角換わりを選びました。
中村六段が先攻し、後手の形を乱してから後手に手を渡し、
先手玉は囲いが整っているので一見安全そうだったのですが、
羽生王座が銀をぶつけてからの角切りを敢行し、
一直線で斬り合うと後手のほうが早いという局面に持っていってしまいました。
そこで中村六段は一旦守り駒を逃がして間合いを取り、それから再度攻めに転じます。
最後は双方1分将棋になり、
王様が詰むのか詰まないのかという局面になりましたが、
羽生王座が王手ラッシュを凌ぎきり、中村六段が無念の投了となりました。
1分将棋に入ってからは両者に勝つチャンスがあったようで、
こういうどちらに転んでもおかしくないという勝負を拾ってしまうのが、
王者として君臨する人の不思議なところです。
ニコニコ生放送では解説が飯島栄治七段、聞き手が安食総子女流初段でしたが、
横歩取りと読んだ飯島七段の的確な解説が印象的でした。
残念ながら千日手で指しなおしになってしまったのですが…。
飯島七段は断定的な言い方をするので、
時間に余裕がある中盤戦までは指し手も当たって頼もしかったのですが、
終盤は疲れと考える時間の不足から大迷走して面白かったです。
多分対局者の頭の中も時間がなくてジェットコースターだったでしょう。

個人的には将棋の駒と照明の関係で、
羽生さんが敵陣に打ち込んだ駒が光り輝いて見えていたのが印象的でした。
また、渡辺竜王は、
相手の前では頭をかかえるみたいなわかりやすいことはしないと言っているのですが、
中村六段は盤上没頭といった感じで、
羽生さんが目の前に居ても頭をかかえて考えていたのも、
考え方の違いが出ていてとても楽しめました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

初段になるための将棋勉強法
浦野真彦著
¥1,260






王将戦真っ盛り

王将戦はスポーツニッポン新聞社と毎日新聞社が主催しています。
今年は佐藤康光王将に渡辺明竜王が挑んでおり、
2局が終わって渡辺明竜王が2連勝しました。
特設ページ  中継ブログ
 
 王将戦の魅力は何といっても変な写真でしょう。


旦那がダースベイダーに見える。by妻の小言
※左が徳川家康に扮する佐藤康光王将、右が山内一豊に扮する渡辺明竜王。

第2局に勝利した渡辺竜王は勝利の美酒(美肉?)に酔いしれました。

これは素で楽しんでいる時の顔だと思う。by妻の小言

一番有名な写真はこれですかね?




記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ