羽生善治名人に行方尚史八段が挑む第73期名人戦七番勝負第5局初日は、
羽生名人の封じ手で初日が終わりました。

meijin5-1
行方八段の先手番で開始。初手に1分30秒ほど溜めてら▲7六歩。
飯塚七段「一瞬静止画かと思うくらいちょっと初手が長かったですね」

ニコニコ生放送では9時から、解説に飯塚祐紀七段、
聞き手に室田伊緒女流二段で大盤解説会が始まりました。

meijin5-2
おはようございます。

室田女流「先生とは初めてになりますね」
飯塚七段「意外なことにですね、お会いしてると思ったんですけど。
関東と関西所属ということで、あんまりご一緒させていただく事が無かったんですね。
関西の方とお仕事をするのはなかなかないんですね」
室田女流「改めて戦型予想の方を」
飯塚七段「考えてますね。あ、銀が上がりました。矢倉になりましたね。
行方さんは相居飛車は何でもさせるんですね。
実は相居飛車の戦型は矢倉、角換わり、相掛かりの3種類しかなくて、
相掛かりが永遠の3番手なんです。
3勝1敗でまだ負けても余裕がありますから、
羽生さんが変化するならここかなと思ったんですけど、
横歩のことは考えてないんですね。
羽生さんは名人戦で森内さんと3勝3敗で、後手番の横歩で負けたんですけど、
横歩の後手はあまりいいイメージがないのかもしれないですね
前回の第4局はかなり衝撃的な内容でしたね。
気の早い人なら投了かなんて書いてあってそんなもんかと思ってたんですけど、
そこから大逆転でした。
今局は矢倉ということですが、羽生さんの変わり行く現代将棋っていう本で、
矢倉の五手目は▲7七銀と▲6六歩どちらがいいかというテーマだけで、
上下2冊書いてあって、呪文みたいな本でほとんど符号で書いてあるっていう」
室田女流「すごい論文みたいですね」
飯塚七段「結論としてはどちらもあるみたいな感じでした。
第2局は高山でしたけど室田さん行かれましたよね」
室田女流「行きました。1手1手長考で1日目が全然進まなかったです。
温泉を楽しんでました。あと飛騨牛とか」
飯塚七段「おなかがすいてきますね。
選挙カーが通れないっていうのがあったんですよね」
室田女流「半径何百メートルは通ってはいけないっていうことになってました」
飯塚七段「私は行方さん青森出身で、青森に行ってました。
すごい盛り上がってました。
行方さんの飲み友達で、かつ応援している人がいらして、
行方さんが事前に飯塚さんならぴったりだと言われていたので、
ご一緒させていただきました。
第1局は瀬川さんだったかな、あと木村一基さんとか、いかにもみたいな人選でして、
第2局の打ち上げはどうでしたか?」
室田女流「すごい日本酒を並べて抱えて、ちょっと大丈夫かなと遠目で見てました」
飯塚七段「夜中に着信があったんですけど僕寝てたんで出れなかったんですけど、
2時か3時くらいだったかな」
室田女流「そのくらいまで呑んでました」
飯塚七段「青森すごい熱いんですよ。1手指すごとにおおーって。
第2局はいい将棋で、第1局が6時くらいに終わっていて、
話聞いたら会場に行く途中で行方投了の報がくるのでああーって」
室田女流「先生いいときに解説になりましたね」
飯塚七段「地元の応援がある方ってあまりいないですよね。
羽生さんも森内さんも東京ですし、
今回はそういう熱い応援を背に戦っているということになります」
室田女流「行方先生は前夜祭のスピーチとかも面白いです。
僕のこと知らないですよねとか嬉しそうに話して、
そこからどんどん味方をつけるというか、高山の時も声援が凄かったです」
飯塚七段「行方さんはインタビューとか控えめな事言ってる方が、
いい結果が出る事が多いです。
勢いのある事言ってる時のほうがまずいですね」
室田女流「気合が入りすぎちゃってとかですか」
飯塚七段「そうですねそういうことですね」

リレー質問
渡辺棋王から飯塚七段へ
地元で将棋教室をされていらっしゃいますが、
お子さんに将棋を教える極意を教えてください。
飯塚七段「前出た時は羽生さんの次だったんですよ。
羽生さんは質問も厳しくて、飯塚さんは文学にも詳しくてとか無茶振りなんですよ。
僕が詳しいのは羽生さんが出版社の方と付き合いが多くて、
僕も出版社の方が知り合いにいまして、文学じゃなくて出版社の方に詳しいというか。
その時は桐谷先生の本をたまたま買ってたんで、愛読書は桐谷先生の本と答えました」
室田女流「今回はお子さんに教える極意ということですが」
飯塚七段「教えるというのは僭越な感じがします。
子供と楽しく明るくやれればそれでいいかなと思っています。
子供に教えるというのは、普及活動のつもりでやらせていただいてて、
自分も子供教室出身なので恩返しのつもりでやってます」
室田女流「これは自分のお子さんに教えるつもりなんですかね。
渡辺先生が子供教室をされるとはちょっと思えないんですけど」
飯塚七段「もし開かれたら私も通いたいくらいですね。
僕の子どもは将棋をやらないですね。
美濃囲いを教えようとしたら難しいと言われて、
だから明るく楽しく、教えすぎない、
難しいことを教えたくなるときってありませんか。
教えるのは3つくらいでいいんです
森内さんが道場に定期的に教えに行ってらっしゃると聞いてます。
羽生さんなんかもちょっと時間が空くと道場にいらしています。
今週の日曜日に将棋イベントがありまして、
福島県なんですけど羽生さんが行かれることになっています。
名人戦の合間にすごいですよね。」
室田女流「もうすぐ棋聖戦ですよね。31日仕事で1日移動日ですか」
飯塚七段「羽生さんそういうのを表に出さないというか、淡々とされますよね」
室田女流「移動だけで疲れちゃうと思うんですけど」
飯塚七段「タイトル戦って3泊4日ですごい疲れるんですよね。無尽蔵な体力ですよね。
室田さん聞き手だから大盤解説でずっと立ってますよね。
解説の棋士は変わるんですけど、聞き手が変わらないパターンがありますよね。
最近は現地に強い方っていらっしゃるんで、
聞き手をお願いするということもありますね」

あともう一つ、対振り飛車で棒銀を採用されていますが、
加藤先生は生涯棒銀ですが、飯塚先生も生涯棒銀でしょうか。
飯塚七段「渡辺先生も棒銀されてたと思うんですよ。
いつの間にかやめられて寂しいんですけど、
棒銀は続けますよ。お休みする時期はきっとあると思いますけど」
室田女流「棒銀の魅力というのはどこら辺にあるんでしょうか」
飯塚七段「対四間飛車ですよね、穴熊っていうのは出だしが引き気味になるんです。
攻撃のプランが、バリエーションが乏しいんですね。
棒銀は自分からがんがん前に出て行く、相手に向かって行く、
主導権を取りに行く、その分かりやすさが一番の魅力ですね。
ありとあらゆる戦型で棒銀って指せるんですね。
棒銀をやったことがない居飛車党なんていないんじゃないかな。
駒落ちでも使えますから、幅の広いところも魅力です
あと加藤先生と対談できたのが棒銀やっててよかったなと思いました」
室田女流「先生もう将棋ファンですね」
飯塚七段「3時間だったか4時間だったか話していました」
室田女流「それは多分加藤先生がずっと話されていたような」
飯塚七段「講演会を聞いているみたいな感じでしたね。
一応対談形式なんで僕が答えるところはメールで後から(笑。
その時はタイトル戦の立会いなんかも含めて、
ずっと5日間くらい一緒だったんですね。
延べ15時間くらいずっと聞いてました。
僕一人じゃもったいないくらいであとでDVDとかに残したいくらいです」
室田女流「いったい何枚くらいになるのか」

室谷女流から室田女流へ
名前が似ていて間違われることもあると思いますが正直どうですか。
室田女流「室谷さんは結婚おめでとうとか言われて、
私はNHKの読み上げしてるよねとか言われて、私違う方ですって毎回言ってます。
私は結婚しても名前変えなかったんですけど、
室谷さん変えるって言ってたんで、早く変えてください」
飯塚七段「僕も飯島さんと間違えられてね、引き角いいですよねとか、
ニコ生の王座戦の解説よかったですねとか言われます。
飯島さんも奇襲戦法の話面白かったですとか間違われるみたいです」

以前得意料理はイカの刺身といってましたが、得意料理増えましたか。
室田女流「でもイカ捌きますよ、ぶちって。
これはだんなさんがイカ好きっていうだけで。
他の料理だとゴーヤサラダとか。切って塩もみして」
飯塚七段「炒め物とかされますか」
室田女流「流石に炒め物がメインなのでします。
揚げ物は片づけがめんどくさくてあんまりやってなくて、
家ではヘルシーなものにしてます。お肉とかは他でいっぱい食べてるので」
飯塚七段「羽生さんとかも見ていて旅行の日々じゃないですか。
そうなるとおいしいものを食べて帰ってくるんですよね」
室田女流「私も仕事で行くとだいたい体重が増えていきます。
室谷さんとはお姉ちゃんのほうが大会とかでよく当たっていて、妹という感じです。
さっきもトイレで会いましたよ。
女子トークもしました。今日飯塚先生とだよといったらすごくいい先生だよねって」
飯塚七段「その後の女子トークが怖いんですけど」
室田女流「フフフ大丈夫です。フフフ」

アンケート行方八段の作戦をざっくり予想してください
急戦44.9%、持久戦55.1%。
室田女流「アンケートって半分にわれるものなんですね。
先生はどちらだと思いますか」
飯塚七段「僕は長年の付き合いで急戦にします。
室田さんはどっちですか」
室田女流「じゃあ持久戦にしときます」

その後急戦と持久戦の簡単な解説の後一旦休憩に。
先手の▲7七銀は後手の陽動振り飛車に強く、▲6四歩は後手の中央からの急戦に強い、
と言う趣旨の講座でした。

飯塚七段「先が長いものですから、一応講座にしますか。
こうやって攻めるという狙い筋の話を」

meijin5-3
基本図。

meijin5-4
▲1五歩△同歩▲同銀、銀でいくのがポイント。

meijin5-5
ここからどう攻めるか。
▲1四歩の垂れ歩も有効だがもっといい手がある。

meijin5-6
▲1九香と力を溜める。後手は△2二銀打と受ける。

meijin5-7
▲2一成香といくと先手あれれ?竜が取られてしまった。

meijin5-8
なので▲2一成香ではなく▲1四歩と垂れ歩。

meijin5-9
▲1一竜に合い駒が角しかない。

meijin5-10
すぐに取らないで桂馬を打つ。

meijin5-11
ということで角で1三にいくのがポイントでした。

meijin5-12
▲1四銀と取る手と▲2六銀と引く手の違い。
引くと次に▲1五歩だが、取るとそのまま攻められるので一手得。

藤井矢倉は棒銀がメインの狙いなので、銀が中心の将棋になりやすいとのこと。

質問メール
今日の解説が飯塚先生だと知り、外出の予定をキャンセルして放送を見ています。
飯塚先生の最強棒銀戦法の本を買って勉強しています。
先手は相掛かりで勝ってるのですが、
相居飛車の後手だと一手の差で先に攻められてしまいます。
後手で棒銀を成功させるにはどうすればいいでしょうか。
飯塚七段「後手番の棒銀ですよね。
どうしても主導権を取る戦法なんで、先手の一手が大きいんですね。
やっぱりね、一手足りないんで気合で何とかする、気迫が大事です。
僕も後手番でも普通に行きます。
アマだと先に攻められる事が多いですけど、
プロの場合だと受けが間に合ってる事が多いです。
端歩の一手をはしょる、手が足りないから何かやりくりする、
そういう工夫が必要です。
守りを厚くすると攻めが薄くなる、攻めを厚くすると守りが薄くなる、
そういう関係なので、攻めるなら何かを犠牲にしていく必要があります。
プロならともかくアマの場合は棒銀ですと攻めてるほうが圧倒的に有利だと思います。
受け止める技術というのはあまり広まっていないところがあるので、
先に攻めた方が成功する確率が高いです。
毎回振り駒で先手出すってわけにもいきませんからねえ。
一時期プロの間でも議論になったことがあって、
木を掘って作っているので裏と表で比重が違うので、
歩が出やすいという人と、とが出やすいという人がいて、
統計をとった結果あまり変わらなかったという」
室田女流「私昨年度1回くらいしか振り駒負けなかったです。
ほぼ先手で逆に怖かったです。
今期になって後手番が出て嬉しかったです。ほっとしました」
飯塚七段「普段の行いがいいからじゃないですか。コツがあったら教えて欲しいです」

飯塚先生の奇襲振り飛車戦法を買いました。
阪田流振り飛車戦法がいい戦法だと思いました。
コラムを含めてわかりやすく大変参考になりましたが、
奇襲居飛車戦法の予定はありますか。
飯塚七段「ちょっと僕は書いてないんですけど。
奇襲振り飛車戦法があるんだから居飛車もあっても確かにいいですね。
阪田流って知ってますか?」
室田女流「名前だけしか分からないです」

阪田流向かい飛車の解説に。

meijin5-13
基本図。

meijin5-14
△5四角で一丁上がりの図。先手が先に▲5六角と打つ華々しい変化でした。
飯塚七段「対策もそれじゃあいきますか」
室田女流「対策も言われるとメールの方泣いちゃいます」
飯塚七段「相手は見てないということで」

meijin5-15
▲3六歩がポイント。△5五角には▲3七銀で受かる。
相手の金が突進してきたら、▲3七銀から▲2六歩でで受け止める。
これが一番簡単な対策。

進まないのでミニ講座に。

部分図で。

meijin5-16
飯塚七段「何やろうとしてるか分かります?」
コメントで流れた▲4二歩がいい手なので▲4七に歩を置くことに。
▲1五歩△同歩▲1三歩△同香▲1四歩△同香▲2四歩△同歩▲同飛。
香取りが受からず大成功。
歩が2枚で角がいない場合は▲1三歩△同香▲1二歩と垂らす。
そんな感じで端攻め編でした

室田女流「端攻めいろんな筋がありますね」
飯塚七段「香車がいるんで攻めやすいのがあります。
美濃囲いも端攻めあるじゃないですか」
室田女流「攻められるイメージばかりです」
飯塚七段「何で振り飛車は受けるんですか?」
室田女流「やっぱり広い方がいいです。端歩で金銀3枚違うとかいいますよね」
真摯な検討の結果美野囲いの端歩が一つ伸びてると金銀4枚、
2つ伸びてると金銀6枚必要だということになりました。

ついでで美濃囲いの崩し方講座に。

meijin5-17
端攻め成功例。
他に雷落としとかをやってました。

盤上では行方八段が▲3七銀の積極策に、羽生名人も△8五歩と強気の手。
第4局とは離れて第1局と似たような感じに。

meijin5-18
休憩に切り替わるところで画面が止まるハプニング。
室田女流がすごく嬉しそうな顔をしています。
12時過ぎに復旧しました。

行方八段はすごい手つきで▲2五歩。
飯塚七段「僕はねえこの辺で昼食休憩になるのかなと思ってまして、
次の一手の候補とかも考えていたんですけど」

アンケート次の一手
飯塚七段「昼食休憩が一番有力ですね」
と言っていたらフラグだったか羽生名人が即座に△4四歩。
しかし運営怒りのアンケート
△4四歩79.8%、△6四角0.7%、△7三銀1.8%、△7五歩1.4%、その他16.3%。
阿久津流その他定跡信者が16.3%。ひねくれ物が3.9%。

アンケート次の一手再び
▲3五歩16.2%、▲6八玉32.5%、▲7八金8.7%、▲4六角6.8%、▲2六銀15.1%、
▲4六銀6.4%、▲9六歩2.5%、その他11.8%。
室田女流「これは流石に昼食休憩になりますかね」
飯塚七段「室田さんは何だと思いますか」
室田女流「私は囲っておきたいので▲6八玉」
これまたフラグだったか行方八段が▲6八玉。

アンケート次の一手再再び?
△6四角25.7%、△7五歩33.3%、△7三銀13.6%、△4三金右15.0%、その他12.4%。
飯塚七段「意味合いとしては△7五歩だけとんがっていますね。
他は穏やかに指すという方針になります」
積極派と穏健派の比率は1:2。

昼食アンケート
味噌汁がらり25.5%、カレー新手42.1%、
おしゃれアンフォラ17.2%、かたい定跡けんぽ15.1%。
飯塚七段「ぼくちょっと興味のあるお店あるんでパスタ入れていいですか」

昼食アンケート再び
カレー新手30.7%、興味のパスタ52.0%、その他17.3%。
これでパスタじゃなかったら飯塚先生は物腰柔らかい感じなのに相当策士である。

昼食休憩あけて
室田女流「進んでおりません」

今の局面から△6四角は前例が1個だけで、先手藤井九段と後手飯塚七段との対局、
実は今の局面も前例が2つしかないとのこと。
羽生名人は△4三金右。

そして昼食アンケートの答え合わせ。

meijin5-19
室田女流「先生2回目のアンケートは何だったのでしょう」

meijin5-20
飯塚七段「パスタ屋さんの通り道にうなぎ屋さんがあるんですよ」

meijin5-21
室田女流「裏切りのうなぎって。フフフ」

羽生名人は天ぷらそば

meijin5-22
室田女流「すごい上品な感じで。飲み物が特製ジンジャーエール?」

行方八段は海鮮丼。

meijin5-23
室田女流「両方とも上品ですね」

対局場のホテル入り口。

meijin5-24
室田女流「門からして上品なんですねここは」

海外でのタイトル戦について
飯塚七段「羽生さん飛行機でガイドブックを延々と読んでいたのを覚えてますね。
それと現地の方と水について話していました。
盤外の研究も余念が無いという」

現地の写真を見ている間に行方八段はぱしーんと▲4六角。
脇システムということでいろいろな変化の解説に。
詰みまでの変化も並べて
室田女流「私相居飛車指せる気がしません」

となったところで昼休みの詰め将棋の解答に。

meijin5-25
9手詰めの詰め将棋とのこと。

meijin5-26
粋鏡なる試み―棋道を巡る職人魂 こちらは5名にプレゼント。

質問メール
室田女流は将棋界と囲碁界と交流あると思いますが、
文化の違いを感じる時がありますか。
室田女流「交流特に無いです。
トイレにたつと時間が止まるんですよ対局の。
それはうらやましいなと思います。
あと椅子対局とか。タイトル戦でも椅子対局とかあります」
飯塚七段「女流は一斉対局だと椅子の時もあるんじゃないですか?」
室田女流「あれはちょっとびっくりします。
でもアマチュアの頃は椅子だったのでそれを思い出しながら」
飯塚七段「マイナビさんの一斉対局とか、
あれはお客様も結構近くで見るんですよね」
室田女流「声出したら聞こえます。
お客さんも言ったりしないですね。あってもおかしくないですけど」
mainavi
マイナビ一斉対局の様子。後ろのギャラリーは一般の方です。間近ってレベルじゃねぇぞ。

関西でのニコ生の評判はどうでしょうか。また、出たいという人はいますか。
私は山崎先生の出演をあきらめません。
室田女流「関西はしゃべるのが好きな先生が多いのですが、
なかなか関東なので何か対局とかがあったときに、
たまに出演させていただくくらいになりますね。
浦野先生とか出演されたことがあります」
飯塚七段「浦野先生とか詰め将棋ハンドブックいい本ですよね。
子供教室でも読んでいるお子さんが多いです」
室田女流「長谷川優貴ちゃん希望?私も希望です。
井上先生もいいですね。合ってると思うんですけどなかなか機会が少なくて。
でもこうやって関東関西一緒に仕事に出来るといいですね」

そしておやつタイムだ!

meijin5-27
ニコ生ではラ・ファミーユ東京のショートケーキ

meijin5-28
室田女流「シフォンケーキなんですね。
私さっきシフォンケーキ買っちゃいました個人的に。
少し前に誕生日だったんですけど、先月から1ヶ月でケーキ…7個くらいは食べてます。
思い出した限りで7個だから、あ、8個。
実家で3個とか出てきて実家は怖いです」

飯塚七段「行方さんと呑んだのは年末くらい、結構前ですね。
僕は一人で呑んでる時が多いですね。
蒸留酒?ああいいですねー。
赤ワイン?赤ワインは名前が難しくて挫折しちゃいまして。
棋士って凝り性なものですから、
ウイスキーのガイドブック買ってきたり一時期してたんですけど、
でもめんどくさくてやめちゃいました」
室田女流「地方に行くと地酒を飲んでみたくなりますね」
飯塚七段「日本酒も一時期利き酒の会に行っていたことがあります。
蔵元がホテルに部屋を取って、試飲会をやるんです。
昼は僕みたいな一般客なんですけど、夜はプロの世界なんですね。
ご本職の人達は味見して、なめるだけなんですけど、
僕はもったいないなと最後まで飲んじゃうんです。
最近は忙しくてご無沙汰してますけど」

行方八段はフルーツ盛り合わせ

meijin5-29
室田女流「やっぱり上品ですね全部」

羽生名人はチーズケーキ

meijin5-30
室田女流「チーズケーキおいしそう」

アンケート今の気持ちは?
くだもの19.8%、チーズケーキ53.3%、シフォンケーキ26.9%。
おやつは羽生名人圧勝の雰囲気。

休憩の後第4局を初手から解説に。最後まで並べて
飯塚七段「うーん羽生マジックですねやっぱり。
行方さんも挑戦者ですから普段なら勝ちきると思うんですけどね。
なんだかんだ分からない手を指してくるという」

meijin5-31
飯塚七段「午前中何となしにやった講座の局面に近づいてきました」

meijin5-32
室田女流「表情はいかがですか?」
飯塚七段「1日目って感じがしない緊迫感ですね」

質問メール
好手と妙手と指されてみればなるほどの手の違いを教えてください。
基本その人の感覚に近いですよね。
妙手と言われると派手な手が多いですよね。飛車捨てたり角捨てたり。
でも受けの妙手とかも聞きますから定義がないんですね。
羽生さんは指されてみればなるほどという手が多いですね。
後から言われてなるほどというのと、その場で指せるのとでは違いますからね。

私は生まれも育ちも愛知県なので、
室田先生のような愛知県出身の棋士を応援しています。
是非愛知県の好きなところを語ってください。
室田女流「私3年前にずっと愛知にいますって宣言したんです。
でも結婚して大阪に行っちゃったんですけど、
地元の方も行ってらっしゃいとかで少しさみしかったんですけど、ふふふ。
最近一人妹弟子が増えました。
アマチュアの数が多いですね。強い子供とか指導員の方も凄く多くて。
プロになるとなるとまた別の話なんですが」
飯塚七段「僕は東海研修会に出させていただいた事があります」
室田女流「今は女の子10人くらいいませんでしたか?」
飯塚七段「女の子いましたね、強かったです。
室田さんが憧れなんじゃないですか?」
室田女流「私もアマチュアの時にプロを意識した事が無くて、
女流の棋士を見てから目指しました」
飯塚七段「僕は自分が初めて将棋を指したのは将棋連盟の教室だったので、
そういう点では恵まれてました。
一番最初にお会いしたのが、当時初心者同士の森内さんで、
待ち合わせしてどこそこの大会に行こうよって言って、
行くといらっしゃるんですよ、羽生さんが。当時から天才少年って言われてました。
羽生さんは優勝が指定席なんですよ。みんなで2位狙い3位狙い。
当時から将棋見たらたまげてましたね。とても綺麗な将棋を指して」

以前NHK将棋講座で、関西女流棋士の女子会が放送されていました。
羽生名人と一緒に気球に乗ったと聞きましたが、
気球に乗ったときのエピソードを教えてください。
飯塚七段「気球ってなかなか乗らないのに羽生さんと一緒ってすごいですね」
室田女流「緊張しましたね。デビューして1年くらいだったと思うんですけど。
みんなで何か気球に乗るということになって、2人ずつ乗ったんですけど、
私が何故か羽生さんと一緒に乗る事になって、ほとんど何も覚えて無いです。
先生は棋士になって何かよかったことはありますか?」
飯塚七段「僕は旅行が好きなものですから、いろいろ地方に行けるのがいいですね。
こないだの王将戦では佐渡に行きまして、とてもいいところでした。
風景も綺麗魚も綺麗で」
室田女流「対局が大変だったやつですか?」
飯塚七段「1日目が延期になったんですね。
船が止まるのが昨年も無くて前の年も無くて、
1日欠便になるのはそれくらい珍しいことみたいです。ついた瞬間に波が9メートルで。
やっぱり日本海先生が本気出したら凄いなと思いました。
ボーイング社の技術を使っているっていうすごい船で、
就航したのも26年度ということで新しい船なんですけど。
2日目は佐渡の観光局の方とかのスピーチの後にすぐ対局になりました。
立会いの田中先生が凄いんですよ。
対局日は郷田さんと、多分4時まで田中先生起きてたんですよ。
僕7時に起きたらもういらっしゃらなくて、
水泳大会に出場するためにもう帰ったって言うんですよ。
でも元気に水泳大会寝ないで行って、数日後会ったら自己ベスト出したって。
僕も田中先生ほどじゃないですけど、ぼちぼち泳ぎ始めています。
ネットで探すと出先から家に戻るまでに2つ3つプールがあるんです」

解説の後休憩に。
行方八段は銀を3五から2六に下がる手でもばしっとした手つき。

meijin5-33
2局前例があってその一つは飯塚七段が脇先生にひどい目に会った将棋らしい。
飯塚七段「おかしいですよね、さっきも前例2局しかないのに片方僕で、
この局面も僕でどちらもひどい目に会った将棋という」
その対局からの分岐を多数解説。

矢倉は金銀3枚のうち、7八にいる金が一番大事な駒。

meijin5-34
取ってみるとよく分かる。

ここでティロフォン中田功七段から。
飯塚七段「もしもし」
中田七段「もしもしー。こないだ大阪で会ったんですけどお互い対局中でねー」
飯塚七段「こーやん先生は人狼でもご活躍されて」
中田七段「いやいやいや、さっきまで佐藤天彦君というか師弟で、
副立会いなんですよね天彦君がね、それで大盤解説が私で、
あんまり応援できないですよねえ大山一門で」
飯塚七段「どうですか大盤解説は始まってるんですか」
中田七段「2時からもうやってます。
お客さんも多くて私も楽しくて、今だと副立会いのマンモスさんもいます。
さっきまで駄洒落いっぱい考えてました。
後で私と交代してマンモスさんともお話しするといいんじゃないですか?
今講座やってたんでしょー?今度私にも教えてくださいよ。
矢倉の解説私したことがないんでねー」
飯塚七段「中田さんの三間飛車教わりたいんですけど」
中田七段「何言ってるんですかー飯塚さんの棒銀にぼこぼこにされてますよ」
飯塚七段「いやいやいや軽く捌かれてる印象しかないんですよ」
中田七段「10局に1局くらいはねー。現局面どうなってんのー?
行方さん馬作って手厚くやりたいんじゃないかなーって思ってるんですけど。
3六角成で馬を作る展開にしたいです」
飯塚七段「中田さんは角を大切にするんです。
飛車は他の駒と切るためにあるみたいな」
中田七段「美濃囲いは飛車は渡してもいいんですよー。
何ですか角厨ってコメント流れてますけど」
飯塚七段「控え室僕なんか饅頭ばっかり食べてるんですよ」
中田七段「甘党ですねー。こっち豊川さんがいるとまともにはなんないですよね。
飯塚さんはお酒とかは?」
飯塚七段「相変わらずですよ。行きましょうよ東京で」
中田七段「もう何十年も呑んでないんじゃないかな?」
飯塚七段「いつもカードゲーム教えてもらってました。
8人の研究会で僕将棋の方に一票入れるんですけど、将棋やった記憶が無いんですよ」
中田七段「いつも4対4で決選投票するんですよねー。
それで将棋から一人裏切るんです」
飯塚七段「他にもゲームやりましたね」
中田七段「モノポリーとかねー。私的にはそっちがいいんですけどねー」
飯塚七段「後何やったんでしたっけ」
中田七段「黒ひげ危機一髪。定跡作って。いいんですか名人戦でこんな話して。
だってトランプ大富豪とかあまりやらなかったもんね。
森内さんとか鬼のような人いたもんねー。ページワンとか。
将棋やりたい派とゲームやりたい派のぶつかり合いだったんですよね研究会。
こんな話でいいの?室田さんと全然話してないんじゃない?
人狼が得意って聞いたけど」
室田女流「いえいえいえ全然」
中田七段「機会があればよろしくおねがいします」
飯塚七段「福岡の様子もお伺いしたいってコメントが」
中田七段「豊川さんは自宅から自転車ですぐ行ける距離って言ってました」
飯塚七段「豊川さんは東京の時も都内ならどこでも行けるって言ってました」
中田七段「豊川桐谷の自転車はすごいですよねー。
今日外出てないんですけど、ベランダ出たら涼しかったです。
大通り公園めちゃくちゃ近いですよ」
飯塚七段「またニコ生出てくださいってコメント流れてますよ」
中田七段「将棋の方は?将棋の解説は?」
飯塚七段「将棋の解説ばっかりしてますよ本当に」
中田七段「私も解説で佐藤天彦君の小さい頃の話とか、自分の奨励会時代の話とかねー」
飯塚七段「そうそうそっち教えてくださいよ。いつ頃から教えてるんですか?」
中田七段「8歳の頃でやんちゃな感じで、今でも変わってないんじゃないですか」
飯塚七段「師弟関係でいえば歳が近いですよね」
中田七段「私が29歳の時だからそうですね。
道場によく通ってる子で、席主の人に是非見てくださいって言われて」
室田女流「小さい頃から洋服の趣味はあったんですか?」
中田七段「奨励会の頃もいい服着たいっていってました。
それは大賛成でプロとしていい事だと思います。
私は全然逆方向に行っちゃいましたからねー」
飯塚七段「NHKの師弟を語るみたいな本がありましたね」
中田七段「ヨーロッパ行きそびれた話しとかね。
棋聖戦の挑決で行けなくなったとか。でも行きたかったらしいですよ」
飯塚七段「行方さんはどうですか」
中田七段「彼はここ最近成績いいですよね。
お酒控えてるのかなとか考えてますけどいつか聞いてみたいですよね。
あんまり最近彼とも飲んでないんですよ。
家近いんだけどなー荻窪でしょ?」
飯塚七段「ええ、ええ、まあ」
中田七段「あの辺棋士たくさんいますもんね。ずっとしゃべってていいんですか?
私大盤解説戻らないといけないんですけど」
飯塚七段「解説盛り上がりそうですね」
中田七段「視聴者の皆様失礼いたします」
黒ひげ危機一髪の定跡って何だろう?

室田女流「長電話しましたね。いつまでもしゃべれそうな。
大盤解説会行きたいです」
飯塚七段「駄洒落考えてるって言ってましたね。
最近都内で豊川さんが将棋教室していて、
入れ違いで僕が入ったときがあったんですけど、
そしたら生徒さんが駒取るときが取りマンモス、大駒切るときはキリマンジャロ、
うーんここは歩ぎーれジャパン、そんなすごい雰囲気でした」

ということで矢倉崩し講座の続きに。
結論、矢倉は▲4一銀と▲2四桂さえ打っておけば何とかなる。

18時になり次の一手アンケート
△7五歩24.9%、△7三銀9.7%、封じ手56.9%、その他8.4%。
室田女流「56.9%封じ手と」
飯塚七段「一番いい手ですね」

質問メール
私の祖父は仕事一筋だったため、仕事を定年退職した後が心配です。
私も祖父とともに将棋を始めようとしているのですが、何から始めればいいですか。
お勧めの本とかも教えてください。
飯塚七段「退職後に将棋を始められたということですよね。
でも年齢関係なく棋力の向上はあります。
多分初心者の方ですと何から始められても強くなりますよ。
実戦詰め将棋とか身近な人に教えてもらうとか」
室田女流「お二人で指すというのもいいですよね」
飯塚七段「そうですね、やはり身近に相手がいるといいですね。
最近はネットとか、アプリがあるので相手不足というのはなかなかなくなりました。
詰め将棋がお勧めですね」
室田女流「1手詰めハンドブックとかパズルみたいです」
飯塚七段「僕の子ども教室も3手詰めハンドブックを使っています。
羽生さんも詰め将棋は駒の性格を覚えるのによいと言ってました。
一番有名なのは2年間で5000題解けば神話に近づくって。
詰め将棋ってだいたいいい手が1回はあるんですね。
室田さんは最初どう覚えましたか」
室田女流「私は支部に行きました。弟が大会に出ていて、私も大会にもでました」
飯塚七段「僕くらいの時代だと、
7手詰めが解ければだいたい初段くらいかなあという感じでした。
解けないと考え込んじゃうんですけど、答え見て形を覚えちゃえばいいので。
僕の年齢だと行きの新幹線で解けた問題が帰りに解けないとかあるんですよ」
室田女流「私も詰めパラを解いた後に、ノートに書こうとしたら覚えてなくて、
1回解いたのになーとか思う事があります」
飯塚七段「奨励会員が肌身離さず持ってるって聞きますね」
室田女流「私も今持ってます」
飯塚七段「財布は忘れても詰めパラは忘れるなって言ってたら、
本当に財布を忘れた事がありまして、余計な事言うもんじゃないなーと思いました。
こないだ奨励会員の子が熱心に考えていて、いいなーと思って問題見て、
『これ30番だよね』って言ったら40番ですって。
でも詰まない問題だったんですよね。
言っちゃうのもどうかなーと思って言わなかったんですけど」

meijin5-35
名人戦の記念扇子。
行方八段「かもすぞー」

meijin5-36
室田女流「森門下パーティー初めて行ったんですけど、その時の扇子です。
明後日の対局で使います」
飯塚七段「それ相手に森門下いないんですよね」
室田女流「大丈夫です。そういえばあんまり考えてなかったですけど。
パーティーは谷川先生のコメントが面白くて、
毎年恒例みたいなんですが山崎八段に説教タイムというか(笑」

飯塚七段「団先生が2面指しで、僕と行方さんが相手で、2人とも負かされた事があります。
終わったらちょっとお話して、2人ともさっさと名人とれよと、励ましですね。
行方さんこうして名人戦の舞台にお出になってて、
いろいろな思いを胸に指しているということですね」

アンケート羽生名人の封じ手予想
△7五歩56.4%、△7三銀19.0%、その他24.6%。
室田女流「半分以上の方が△7五歩と」
飯塚七段「妥当なところですね」

meijin5-37
今日の圧力団体の様子。あまり圧がないか。

飯塚七段「今お酒の話出ましたけど、
対局者は1日目と2日目の間は飲まない方が多いです。
立会いは関係ないですけど」
室田女流「高山では1日目の夕食はすごくお話で盛り上がりました。
私の師匠が一緒だったのですが、行方先生と同じ机で藤井先生の研究会に参加していて、
私も行方先生に1局教わったことがあるんですけど、
その時の話とかもしました」

そして定刻を1分ほど過ぎたところで羽生名人の封じ手になりました。

今日は飯塚七段と室田女流のコンビでしたが、
丁寧な解説あり講座あり中田七段とのくだけた会話ありの、
なかなか面白い解説になりました。
室田女流もほんわかした雰囲気でしたが、今日は女帝っぷりが出ていなかったような。
室田女流が第2局の時に現地にいたということで、
現地の裏話も聞けるおいしい解説になりました。
盤上では第1局に続いて行方八段の藤井流早囲いになりましたが、
第1局のように初日から乱戦ということにならずほっと一安心といったところでしょうか。

明日はニコニコ生放送では9時から、解説に阿久津主税八段、
聞き手に本田小百合女流三段で大盤解説会が生放送されます。
羽生名人は日曜日に福島で将棋イベント、火曜日から棋聖戦と強攻スケジュールになり、
行方八段としてはここを勝つと大きい1勝になります。
羽生名人の防衛なるか、行方八段が星を戻すのか注目です。