ひーとだかりー人だかりー。

そんなわけで京急将棋まつりに行ってきました。
開会式が10:45ということでだいたい10:40くらいに着いたのですが、
もう既にここが最後尾とか書いてあるプラカード掲げている人がいてびびりました。
どうも羽生さんのサイン会の抽選カードに並んでいる列と、
藤田女流の指導対局に並んでいる列だったようで、いやはや驚きです。
開会式では出演者の欄にはありませんが中村修九段が挨拶していて、
すべての対局の審判長とのこと。4日全部そうなんですねきっと。
その後も中村九段は取材を受けていましたが、
出番がきて司会の鈴木女流に
「中村修さま。いらっしゃいましたらステージまでお越しください」
と迷子のアナウンスみたいに言われてました。かわいそうすぎる。

11:00から豊川七段と上野五段の席上対局と、
一般参加の将棋大会でしたが、将棋大会はA級(三段以上)が53人、
B級(二段以下)が78人と結構な人数が参加していて、
席上対局も100人くらいが見ているといった状態でした。
他にも指導対局があるので最初から200人オーバーという大盛況でした。
席上対局は解説永瀬六段で聞き手が貞升女流、
みんなで決める次の一手という題名がついていましたが、
これは対局者、解説者、お客さんそれぞれ手を考えて、
3種類の中からお客さんの多数決で決めるということだったようです。
将棋は豊川七段が横歩取り模様から取らずに飛車を下げるという力戦で、
お客さんが手を言うのはちょっと厳しかったです。
ですが上野五段が穏やかに行くか激しく行くか変化球で行くかという選択肢のところでは、
多数のお客さんが激しく行けと手を挙げて、
その後の展開もなかなか盛り上がりました。上野五段攻め切って勝ったし。

昼食は10階がレストランということで覗いてきましたが、
あんな綺麗なとこにおっさん一人じゃじゃアウェイ感がぱねぇ、
ということで地下1階の食事エリアでラーメン。
京急が初めてだったのと方向音痴が重なってプチ迷子になりました。
エスカレーターが3個くらいあるんすよ!
さっきエスカレーター見たなと思って違う道に進んでどんどん迷子になりました。
エスカレーターとは違うものを目印にしましょう。

午後は羽生さんの出番まで京急をぶらぶら。
お茶屋さんで「一二三」というお茶が売っていてずるいよずるいよと心で叫びつつ購入。
その後催事場に戻るとものすごい人数の行列ができていて、
どうも羽生さんのサイン会の抽選に260人が並んでいる状態だったようです。まじぱねぇ。
羽生さんのトークショーでは300人くらいの人だかりになりました。まじやべぇ。
羽生さんは小学校2年生から将棋道場に通いましたが、
最初の2ヶ月くらいはほとんど勝てなかったとのこと。
勝って嬉しいから続いたというよりは将棋が面白くて続いたということなのでしょう。
また、ちびっこからおじいちゃんは将棋が強かったのかという質問には、
おじいちゃんはアウトドア派で将棋は教わらなかったとのこと。
質問したちびっこのおじいちゃんは孫相手に勝ちまくっているのかもしれない。

女流対局では藤田女流対貞升女流の予定でしたが、
2日後に公式戦で対局するということで、
急遽鈴木女流対藤田女流の対局になりました。
聞き手が貞升女流になりましたが、解説の上野五段が
「貞升さんならどう指しますか?あ、こういうこと聞いちゃだめなんだ?」
と、いつもとちょっと変わった解説会に。
将棋は先手の藤田女流の三間飛車に鈴木女流の穴熊となり、
飛車角総交換の大捌きになったかと思ったら、
一瞬で鈴木女流が藤田女流の王様を即詰みにしてしまいました。
即詰みルートに入ってからの鈴木女流のノータイム指しが怖かったです。
ちなみに感想戦は…。
鈴木女流「穏やかな棋風ってそれ褒めてないでしょー」
貞升女流「私そんな性格悪くないんでー」
上野五段「早くここから離れたい」

今日のメインイベントは羽生名人対永瀬六段の席上対局でした。
解説は豊川七段で聞き手が藤田女流と超豪華布陣です。
豊川七段「みなさん今日の最後、ファイナル、大鳥圭介」
永瀬六段といえば千日手が多いことでも有名ですが、
今日の将棋も相矢倉から羽生名人が攻撃を仕掛けて永瀬玉周辺で千日手模様になり、
永瀬六段のカウンターと思ったら羽生玉周辺で千日手模様になり、
感想戦で別の変化を掘り下げたら千日手模様になり、
今日は永瀬六段の千日手デーでした。
しかし席上対局では永瀬玉周辺の千日手は羽生名人が打開し、
羽生玉周辺の千日手模様は永瀬六段が打開し、結果永瀬六段が攻め切って勝利!
永瀬六段の角のただ捨てからの猛攻がかっこよく決まりました。

私は観る方での将棋イベントは初参加でしたが、
席上対局を見ているのはやっぱり面白いですね。
永瀬貞升コンビは、
豊川藤田コンビは豊川七段が遅刻して、
藤田女流が名人戦の解説を1人でしなければならなくなって困ってたなーとか、
そんなことも思いつつ観てました。

明日は将棋大会に級位者クラスもあるので、指す方でも楽しんできたいと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

決断力
羽生善治著
¥864