行方八段、自身の結婚式の二次会での出来事語る


行方八段、同い年の三浦九段の魅力語る


行方八段、三浦九段のA級残留力について語る


この動画は2013年(年度だと2012年)のA級順位戦の大盤解説会の動画です。
当時は解説している行方尚史八段はB級1組でしたが、
10勝0敗と全勝で既にA級昇級を決めていますので、
心なしか余裕がある感じに見えますね。
三浦九段で結婚式といえば木村一基八段の結婚式でずっと詰め将棋を解いていたと、
ニコニコ生放送で木村八段が語っていましたが、
行方八段の結婚式の二次会で秒読み係とは…。独身はちょっとフリーにさせたげてよぅ。
それにしても三浦九段が深浦九段を順位戦で4回頭ハネしているのは、
どこでも語られちゃうんですね。
とはいえ来年度の順位戦ではとうとう深浦九段が三浦九段より上の順位になります。
深浦九段の順位戦デビューは1992年、三浦九段のデビューは1993年で、
その時に三浦九段が深浦九段に勝ち8勝2敗、負けた深浦九段が7勝3敗で、
順位が逆転してから20年以上続いた因縁でした。深浦さんは根性の人だなあ。
三浦流残留の奥義を味わってみたいと言う行方八段ですが、
順位戦では既に三浦九段と対戦していて、見事に勝利しています。
成績も5勝3敗で残留を決めていますが、
最終局の相手が電王戦に出場する屋敷伸之九段で、
屋敷九段は負けると降級、勝てば残留という大一番ですから難敵です。
A級順位戦最終局は3月7日、電王戦は3月15日からで屋敷九段は4月12日ですので、
立て直す期間は1ヶ月くらいあるんですが、
できればA級残留を決めて勝負に挑んで欲しいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

覆す力
森内俊之著
¥756