森下少年を悩ませた名作詰将棋


森下卓九段が昼食休憩中の詰め将棋の解説をした後に、
自身が感動した詰め将棋を紹介する動画です。
最初の詰め将棋は、
ニコニコ生放送ではブルーノ先生とも呼ばれている青野照市九段の作品です。
弟子は西尾明六段、八代弥四段、安食総子女流初段で、
西尾六段や安食女流初段はニコニコ生放送でもおなじみですね。
青野九段の師匠は廣津久雄九段で、
将棋連盟の理事になったり静岡に移住して地元静岡の棋士を育てたりと、
普及に努めた棋士です。
青野九段も20代、40代、50代と三度理事になったり、
静岡に移り住んで東伊豆町出身の八代四段を育て上げるなど、
師匠譲りの活動をされています。
詰め将棋は五手詰めですが、私はもちろん解けませんでした。
二問目は勝浦修九段の作品です。
弟子に森内俊之名人、野月浩貴七段、金沢孝史五段、広瀬章人七段、
久津知子女流初段がいて、森内名人以外は北海道出身の棋士です。
青野九段は静岡、勝浦九段は北海道で弟子を育てているんですね。
森内名人は横浜出身ですが、
勝浦九段が奨励会に入ったときに森内名人の祖母宅に下宿されたようで、
それが縁なようです。
こちらも詰め将棋は五手詰めですが、私はもちろん解けませんでした。
生放送では問題が出されるとコメントがぴたっと止まるのが面白かったです。
五手詰めと言われたら考えちゃいますよね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

5手詰ハンドブック
浦野真彦著
¥1,260