いよいよ明日から電王戦出場ソフトを決める将棋電王トーナメントが開催されます。
出場辞退された方もいて18ソフトが参戦することになりました。
将棋コンピュータ選手権で上位に来たソフトが優勝候補であることは間違いないですが、
これに同じスペックのマシンだとどうなるか、
ダークホースは誰かいるのかというのが見所でしょうか。
ponanzaの山本一成さんがBlunder(第23回世界将棋選手権で2次予選敗退5勝4敗)
の下山晃さんとタッグを組んでいて、
「優勝をして、第三回電王戦で大将を目指します。」
と宣言していますので、どのくらい強くなったのが注目です。
個人的にはブログで
「今回の電王戦でいままで費やした電気代はキッチリ返してもらう」
と入賞宣言?をしているやねうら王さんあたりがダークホースになってくれると、
盛り上がるように思うのですが。
まさかBM98の生みの親の方だったとは知らず不勉強でした。
昔かなーりやりこんだように記憶してます。
他には元奨励会員の方が開発されているAWAKEや、
Aperyが電王戦出場を目標にかかげています。


出場ソフト(右が開発者名、敬称略)

AWAKE 巨瀬亮一

Apery 平岡拓也

Bonanza 保木邦仁

Calamity 川端一之

K-Shogi 本田啓太郎

Labyrinthus 細羽英貴

N4S 横内健一

ponanza 山本一成、下山晃

scherzo 氏家一朗

Selene 西海枝昌彦

YSS 山下宏

カツ丼将棋 松本浩志、福田栄一

習甦 竹内章

クマ将棋 上瀧剛

ツツカナ 一丸貴則

ひまわり 山本一将

メカ女子将棋 竹部さゆり、渡辺弥生、酒井美由紀、辻理絵子、木村健

やねうら王 磯崎元洋、岩本慎

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか
夢枕獏、海堂尊、貴志祐介著
¥1,680