将棋 第26期竜王戦 渡辺明竜王vs森内俊之名人 PV


今日と明日にかけて第26期竜王戦第2局が行われます。
第1局は後手番になった渡辺竜王が急戦矢倉を仕掛け、
森内名人が凌ぎきって勝ちましたが、
第2局は森内名人が急戦矢倉を仕掛け、
どちらを持っても勝てますよという往復びんたにいきました。
今年の名人戦でも、第1局で羽生三冠が相掛かりを仕掛けて森内名人が勝ち、
第2局では森内名人が相掛かりを仕掛けて結果2連勝と、
往復びんたに成功して名人位も防衛しています。

米長邦雄著「将棋の天才たち」より

渡辺明は昭和59年生まれの24歳。いわゆる羽生世代より一世代若くなるが、
今のところは孤軍奮闘というよりなく、この世代で、
タイトル戦で大活躍しているのは渡辺明一人である。
その言動は明快で厳しく、
ときには会長の私へも歯に衣着せぬ論評が飛んでくることもある。
羽生世代を「オッサン」と呼ぶのは、棋界では彼一人であろう。


「オッサン」の森内名人は強気に往復びんたに来ました。
森内名人の強気が通るのか、はたまた渡辺竜王が跳ね返すのか、
ニコニコ生放送では豊川孝弘七段と中村桃子女流初段が解説しています。
40手目に森内名人が新手を出し、
豊川七段も用意をしてきた手ではないかと解説していて、
渡辺竜王が早くも勝負どころを迎えています。
初日から早くも見所満載ですが、
豊川七段のだじゃれも絶好調ですので、ぜひご覧ください。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

渡辺流 次の一手
渡辺明
¥800