【王座戦】太地、飲みもの頼まずガトーショコラに苦戦【羽生三冠】


やはりガトーショコラには飲み物も必要でしょう。
王座戦は今週の水曜日、10月2日に第3局がおこなわれます。
勝敗は1勝1敗の五分で、王座戦は5戦なので先に3勝した方が勝ちですので、
大熱戦が期待できると思います。
師匠の故米長邦雄会長は、著書の中に弟子の中村太地六段のことも書いていて、
将棋に対する充実した生活や、優等生っぷりが書かれています。

米長邦雄著「将棋の天才たち」より

私が中村にインタビューしたのは4月11日、
森内VS羽生の名人戦第一局が東京・目白の椿山荘で行われた午後だ。
聞けば、箱根での研究合宿の帰りという。
8人で2泊だが、初日は1時にチェックインして20分30秒の総当たり戦。
その後、各自3局をこなして夕食を食べ、夜も2局。
翌日は朝から2局に取り組み、1位から8位まで順位をつける。
その上位4人と下位4人が一人3局のリーグ戦を行って、夕食となったそうだ。
「夜の酒は何を飲んだ?」と問うと、「いえ、禁酒のルールです」。
その帰路、新宿で落ち合って話を聞いたのだが、
「これから一度、自宅に戻って椿山荘へ行きます」という。
そのままでもよいではないかというと、
「ネクタイを締めておりません」との返答。あくまで優等生ですな。


研究合宿とはいっても実戦がメインなんですねえ。
箱根まで行って順位をつけられて帰ってくるとは勝負の世界は厳しいです。
さてニコニコ生放送では解説が野月活貴七段、聞き手が鈴木環那女流二段です。
中村六段が先手、羽生王座が後手ですが、
これまで先手の2勝となっていますので中村六段がリードできるか注目です。
おやつに飲み物を頼むかどうかも注目?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋の天才たち
米長邦雄著
¥900