船江恒平五段インタビュー 第2回将棋電王戦



将棋世界2013年4月号より

米長先生から直接電話を頂いたのですが、突然のことで驚きました。
選んでいただけるのは光栄なことですし、喜んで引き受けさせていただきました。
<中略>
2日に1局くらい、頂いたソフトである程度持ち時間をつけて指したり、
自分の公式戦の対局をツツカナで検討し、
どれくらい読みが合うのかを調べたりしています。
<中略>
秘策を使って勝てるほど、将棋は簡単なゲームではないですし、
ソフトは弱くありません。
弱点や王道といった考え方はしていません。
自分の力を最大限に出せる形を目指したいと思います。


船江恒平五段は電王戦第2局の解説だった野月七段が人格者だと言っていましたが、
インタビューもなかなか優等生ですね。
将棋は居飛車党で、矢倉、角換わり、横歩取りと何でも指します。
相手が振り飛車にした場合は相振り飛車も指し、戦型の幅が広いです。
ツツカナの開発者である一丸貴則さんは、
コンピュータが苦手な戦型を選ばないようにすると述べていましたが、
ツツカナは人間に近い指し手なので苦手な戦型は何なのでしょうか。
「どうして羽生さんだけが、そんなに強いんですか?」という本の中で、
羽生棋聖と木村八段のタイトル戦を、
コンピュータのGPSに読ませながら観戦している描写がありますが、
このときの戦型は横歩取りで、GPSは読みがちぐはぐになっていました。
また、コンピュータは乱戦で、構想力が問われるものが苦手とも書いてあります。
戦型予想はツツカナの振り飛車と言いたいところなのですが、
開発者の一丸貴則さんはブログに、第1局を見た感想で、
この持ち時間でプロ棋士対コンピュータの相居飛車というのは初めてだったので
興味津津で放送を見てました。
と書いているんですよねえ。
ということで相居飛車が好きと予想して、戦型予想は相矢倉にします。
当たるかな。



ブログランキング・にほんブログ村へ