森内名人と佐藤王将はライバル同士です。
歳は佐藤王将の方がひとつ上ですが、どちらも羽生世代と呼ばれています。
それでは羽生さんはライバルなのかというと、
森内名人はこんなことを言ってます。

「自分で意識して張り合ってきたのは佐藤康光さんになります。
羽生さんとは同世代ですが、若い頃から遠い存在でした。
羽生さんは道を作ってくれた人。歩んできた道も実績も全然違う。
ライバルというより目標です」

以前羽生さんはアウトサイダー?というコラムを書きましたが、
きっと外からは窺い知れない数々のしがらみを羽生さんが壊してきたのでしょう。
そういえばタイトル戦の公開対局も、
島竜王と羽生六段の竜王戦が最初でした。
今ではニコニコ動画で解説つきの生放送が見れるようになっています。

さて、ライバル同士の森内名人と佐藤王将ですが、将棋はまるで違います。
森内名人は鉄板流と呼ばれ、力強い受けに特徴があります。
勝負師、研究家、芸術家のうち、勝負師の色が濃く出ているのが
森内名人の将棋です。

将棋マガジン1996年6月号、
名人戦七番勝負開幕「両雄を森下、村山が語る」より。

棋風は正統派に近い将棋。近い、というのが森内流で、
正統派にありがちなひ弱さがないのです。
一方で正統であり、もう一方では言葉は悪いのですが、
博打打ち的で一種野性的な面も持っていると思うのです。
時々、えっと思わせる力強い勝負手を放ってくることもしばしば。
森内流には油断は禁物です。

それに対して佐藤王将は綿密流、一億と三手読む男と言われ、
どんな展開になっても多数の手を読んでまとめてしまう豪腕が魅力です。
本人は棋理に基づいた手を指しているつもりであると述べていますが、
研究家の色の他に芸術家の色が強く、
それが意地っ張りな手となって出てくるため、
先崎八段に綿密ではなく野蛮と呼ばれてしまっています。

将棋世界2002年6月号、
佐藤康光王将の特別寄稿「我が将棋感覚は可笑しいのか?」より

私は正直、自分自身ではトップの中でも序盤巧者だと思っている。
中終盤も弱いとは思っていないが、今現在最強でないことは力負け、
逆転負けのある過去の対羽生戦で証明済みである。
<中略>
しかし、確かに私の作戦を真似する若手が全くといっていい程いないのも事実である。
これは本来いい姿なのだろうか?

佐藤王将ほど意地っ張りな部分を真似できる人は
そうそういないと思います。

さて、若かりし日の羽生さん、佐藤さん、森内さんを率いて研究会をしていた
島朗九段は、二人の違いを次のように述べています。

佐藤は中盤で四十手ほど読み筋を掘り下げると、
それを幹の部分にして今度は枝を読んでいく。
枝は本線の一手ごとに三つにも四つにも分かれていき、
その先でまだ……と無限に広がるのだが、
彼の読み方は枝分かれする分岐点を重視して読む方法を取るケースが多い。
森内は、枝分かれの瞬間より枝についている個々の手を探す読み方を得意としており、
方法論が微妙に違う。
佐藤は目印のない沖合の海で特定の場所を求めてブイを懸命に置こうとし、
森内は砂浜でダイヤモンドを丹念に探す。そんな差があった。

佐藤王将は現在タイトル防衛戦の真っ最中です。
相手は合理主義者の渡辺明竜王で、第5局が3月6、7日に行われます。
ニコニコ動画では初日の解説が村山慈明六段、
二日目が行方尚史八段です。
村山六段は序盤は村山に聞けと言われるほど序盤巧者で、
さらに歯に衣着せぬ発言から渡辺明竜王、戸辺誠六段とともに
酷評三羽ガラスと呼ばれています。
行方八段はロック魂に溢れた棋士で、
デビュー直後の第7期竜王戦で挑戦者決定戦まで進んだ時に、
「羽生さんに勝っていい女を抱きたい。」と言ったことが有名です。
今のところ渡辺竜王が3-1とリードしていますが、
このままタイトル奪取なるのか佐藤王将が踏みとどまるのか注目です。



ブログランキング・にほんブログ村へ