棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

2014年05月

猫好きにかかると

ぬこのはなし


猫について熱弁する加藤一二三九段の動画です。
猫が好きだから世話をするというわけではない、
目の前にいる猫を放っておくと死んでしまうから世話をするんだ、という加藤九段ですが、
猫好きにかかれば猫はメンデルスゾーンのバイオリン協奏曲や、
バッハのバイオリン無伴奏曲シャコンヌを聴いて涙を流して感激する存在になります。
加藤九段はバイオリンが好きなのかな?

将棋指し57人の日常より「棋士の好きなものランキング動物編」

第1位 犬
第2位 猫
第3位 ペンギン

棋士の好きな動物第1位は犬。圧倒的な大差での勝利でした。
やはり勝負の世界に生きていると、愛犬に癒されたくなるのでしょうか。
「犬。『犬』という文字を見ただけで心が和む。座右の銘に使いたいぐらい好き。
しかし、適当な言葉が負け・・・いや、「闘犬」くらいしか思い浮かびません」
(杉本昌隆七段)
好きな動物第2位は猫。やはり犬、猫の人気は高いです。
そして第3位はまさかのペンギン。
「ペンギン。寒さ厳しい中も立っているのがスゴい」(佐藤康光九段)
「ペンギン。力を抜いた泳法と、何事にも動じない立ち姿が良いと思うため」
(金井恒太五段)
ペンギンに対する見方が変わりそうです。

その他回答
森内俊之竜王名人 牛。
郷田真隆九段 馬。カッコ良いしかわいいなあと思います。私にお金は運んでくれませんが。
本田小百合女流三段 カワウソ


糸谷哲郎六段も、ロシアンブルーの劉ちゃんが来てから、
三段リーグの調子が上がって四段になった、棋士1年目と受験勉強の両立ができた、
幸運もしくは力を招きいれてくれる、目の内に入れても痛くないとべた褒めです。
ですが圧倒的大差で犬が1位とのことなので、
是非ともニコニコ生放送で犬トークも聞きたいところです。
ペンギンのかっこよさを真面目に語る佐藤康光九段も見てみたいですね。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋指し57人の日常
週間将棋編集
¥1,663






豊川七段のおやじギャグ通じず

ひふみん-ニフティ ティロフォン


名人戦第3局で、ティロフォンコーナーで出演した豊川孝弘七段のおやじギャグを、
駄洒落と受け止めずに話を広げる加藤一二三九段の動画です。
難解ホークスから南海ホークスの杉浦忠投手と相撲の若羽黒大関と、
3人で対談した時の話にしてしまう加藤九段、
西部の試合を球場まで見に行く野球好きがたたって乗っかってしまう安食女流、
いつもは脱線する役なのに話を将棋に戻そうと苦闘する豊川七段、
その後も竜で王様を素抜かれてしまう安食女流や、
キリマンジャロからも話を広げる加藤九段を相手に、豊川七段の苦悩がうかがえます。
豊川七段は5月20日の名人戦第4局初日にニコニコ生放送に出演しますが、
聞き手は藤田綾女流初段ということで、おやじギャグの脱線から戻してくれるでしょう。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界Special.vol4「加藤一二三」 ~ようこそ! ひふみんワールドへ~
将棋世界編集部著
¥1,598






羽生三冠が3連勝で名人位奪取に王手!

森内俊之名人に羽生善治三冠が挑戦する第72期名人戦第3局は羽生三冠が勝利し、
3勝0敗と名人位奪取に王手をかけました。

注目の封じ手は▲5七銀で、前日のニコニコ生放送アンケートでは9.0%の支持率、
昨日解説した田丸昇九段が推奨した手でした。
羽生三冠はうんうんとうなずき、両者の読みは合っていたのでしょうか。
しかし羽生さんは今日もすごい寝癖だ。

ニコニコ生放送では解説が加藤一二三九段、聞き手が安食総子女流初段でした。
加藤九段「うなずくんだから自信があるんじゃないか」
お互いが自信を持っている局面なので、この対局を勝つことは非常に大きいらしいです。
羽生マニア?の加藤九段によれば、
羽生三冠は頭を下げて一見教わっているように見えたり、
扇子を数十分ほど扇いだり、体を揺すったり、
大きく分けて3パターンのモーションがある、とのこと。
羽生三冠は加藤九段の予想通り△3二金寄。
加藤九段は現在の局面は極めて難解でどちらも戦えるとのこと。
視聴者アンケートは森内名人22.8%、羽生三冠49.3%、わかりません27.8%。

リレー質問は加藤九段が自転車に乗っている姿をよく見かけるが、
行きつけの店や喫茶店などはあるのか。
吉祥寺の商店街、本屋さん、デパート、文房具屋、などに行き、
小説や将棋の本を買うらしいです。

今日の名人戦は新品の駒ですが、
以前加藤九段は王将戦の対局で現地で用意した駒で漆かぶれになったそうです。
加藤九段は若いからかぶれて大山さんは年寄りだからかぶれない、
というのが丸田祐三九段説とのこと。
駒は16の工程があるが、1つでも未熟な職人がやると未完成な駒になる。
森けい二さんは手が腫れ上がったことがある。
漆かぶれで頬に斑点がでたこともあった。
自宅で使う駒は漆を使う駒は使用しない。ということです。
使い込まれた駒の方がいいということでしょうか。

安食女流へはストレスを感じることや発散法はありますかとの質問。
普段そんなにストレスを感じない。
趣味は温泉に行くこと。テレビはたまに見る。
バラエティ番組は加藤先生の見ますよ。
母から加藤先生が出ているよとメールが来る。
おいしいものを食べたり、ぬいぐるみがすき。
熊のぷーさん、りらっくまなど熊系が好き。
今日の加藤九段と安食女流は相性が良かったですが、
加藤九段が熊っぽいのも理由の一つかもしれません。

アンケート昨日のアウトデラックス見た20.7%、録画した6.5%、見逃したー72.7%。
加藤九段は小学生と指すとやっぱり強いと言われるらしいです。
番組でドンキホーテに行き、DVDや将棋盤と駒などを買ったそうで、
原稿を書くときに小さい盤駒があると便利らしいです。
将棋の大会に出演したり指導をしたりしても、
アウトデラックスの話題が出ないのが寂しいと言ってましたので、
テレビの話題もどんどんしてみるといいかもしれません。
加藤九段は中原誠名人から名人位を奪取した時に叫んだという話が有名ですが、
「うひょー」ではなくて「あ、そうか!」だったそうです。
詰みが見つかっただけでなく、このタイミングで名人になるのかといった、
万感の思いがこめられた「あ、そうか!」だったとのこと。
1時間たっていないのに加藤九段はしゃべりっぱなしの全開モードで、
コメントでは安食女流は最後までもつのだろうかと心配する声もありました。
名人になった対局のときは冷夏だったので、30%くらいはそのおかげらしいです。
結構な割合である。
また、加藤九段のムック本は永久保存版だと自画自賛していました。

盤上では羽生三冠の△4四歩に加藤九段「誰にも予想できない手」
戦いが起こりそうな状況からお互い歩を突きあって手を渡す状態になります。

ヒフミンアイについて
研究の時もヒフミンアイを使う。
そこまでなりふりかまわない所にひらめきが舞い降りる。
加藤一二三九段のブロマガは1回2500字くらいのエッセイ。
NHKの人にエンターテイナーと言われた。

加藤九段は座って話していても、テンションがあがると立ち上がって解説します。
安食女流も合わせて立つけど体力は持つんだろうか。
猫の話題になると、猫は音楽もわかる、バッハとか聞かせると涙を流す、
ひとつも欠点がなく逞しく、仲間と助け合う、かわいい、音楽もわかる、
神が御創りになったものだから。
神谷さんも浦野さんも猫好き。
浦野さんは死に掛けた猫を見つけて家に連れて帰り、
病院に連れて行って世話をしている。
安食女流は神谷先生から猫の写真を見せてもらったことがあるそうで、
神谷さんも世話をしています。
安食女流も外で拾ってきた猫を2匹育てているらしい。
浦野さんとは浦野真彦八段のことで、神谷さんとは神谷広志八段のことです。
NHK杯に出場した神谷八段は、対局前のインタビューで、
「実は二日後の5月22日は、
私が非常に可愛がっていた「とらにゃん」の三回忌になりますので、
天国で見ているとらにゃんのためにも、恥ずかしい将棋は指せないと思っております」
という「とらにゃん新手」を繰り出したことでも有名です。

盤上では羽生三冠が歩をぶつけてようやく開戦しました。
▲同歩と歩を釣り上げた後、裏に歩を打ってと金を作るのが狙いです。
羽生三冠が攻めて森内名人が受ける展開で、
加藤九段は攻める手がほいほい見えるせいか
森内名人側の手を考えるとちょっと止まる傾向でした。

渡辺二冠は本筋の手、裏切りの手、奇想天外の手と3手読んで指すということで、
3種類の手を解説することになりました。
森内名人は▲2七飛と指したがこれは本筋の手、
▲7五歩は裏切りの手、▲2四歩は奇想天外の手。
その後羽生玉が詰みあがる変化を一直線に並べてしまい、
羽生さんの手を違う手に変えて解説進行。
▲6六歩で森内名人が一手勝っているのではないかとのこと。
その他シンプルに飛車を取っても森内名人がよさそうとのことでしたが、
そこから奇想天外な手、
桂馬と交換できる銀をあえて角と交換する手を見つけて、
その変化では羽生三冠が一手勝ちになりました。
加藤九段は冷やしトマトはやはりスタミナが不足するので鰻に戻したとのこと。
昼食アンケート
うなぎ18.7%、鰻43.0%、UNAGI30.4%、ウナギ7.9%
昼は流石に2匹、夜は場合によっては3匹になるらしい。2匹は軽めのうな重らしい。
2匹入ったうな重を軽いと表現する74歳である。

次の一手アンケート
▲6四馬25.2%、▲6六歩44.1%、▲2四歩12.8%、▲その他17.9%。

森内名人は▲6四馬。△同歩に▲8一飛だと銀を角で取る手が厳しいが、
▲8二飛とずらして打つことで、銀を角で取った場合先手がよくなるとのこと。
羽生三冠はと金を作りましたが、
加藤九段が一直線に攻め合う変化を並べると森内名人の勝ちになりました。

昼食は森内名人がハンバーグカレー。羽生三冠が極上カルビ焼肉弁当。
加藤九段がうな重。安食女流がとんかつ。肉食しかいない…
加藤九段は対局の前日は30年ほど肉食らしく、
うな重を食べる前はラーメンの時代が続いたらしいです。
加藤九段「ラーメンはどちらかというとライト級。
みかんは対局中にぱっと食べられる。ぶどうもそう。りんごは難しい」

その後加藤九段の読みに無かった、
森内名人の竜を捕獲する手順を羽生三冠が指しましたが、
検討を進めてみると互角とのこと。
その後検討を進めると、加藤九段は森内名人よりに。
形勢判断アンケート
羽生三冠40.5%、森内名人28.4%、お手上げ31.2%。
午前中より森内名人が増えたけど羽生人気ぱねえ。
その後おやつを食べて
羽生三冠33.9%、森内名人15.0%、ニャンとも言えない51.1%。
おやつで変わったのかニャンともで変わったのか。
森内名人を持つ人の方が猫派が多いのかもしれない。
名人戦の中で、森内名人は中原名人と加藤九段の名人戦が一番感動したと、
加藤九段に言ったらしく、加藤九段「うれしい☆」
4勝3敗、1持将棋、2千日手という死闘の末の「あ、そうか!」でしたからねえ。

盤上では羽生三冠が△6七銀と放り込み、
加藤九段が攻めを繋げる変化を検討すると森内名人の王様が詰む順を発見し、
森内名人は切り合いを選択。
その後加藤九段は切り合う変化を並べると羽生三冠の勝ちになりましたが、
森内名人の角を攻防に働かせる手を見つけてその変化は森内名人が勝ち。
つまり優劣不明の大熱戦ですな。
加藤九段はその後も詰むや詰まざるやを並べに並べて、
冷やしトマトからうな重に戻した成果がでているのかもしれません。
その後少し羽生さん持ちに。
▲2四歩△同歩が入っていると、明らかに森内名人が勝ちなんだけどなーとのこと。

質問メール
うちの猫はどっしりとしたたたずまいからひふみんと名づけたのですが、
お二人は何かペットがいるか。
加藤九段が飼っていた猫の名前はゆりちゃん。
猫を世話していて思うのは表現が率直で、久しぶりに会っても挨拶をしてくれる。
猫は気まぐれではない。行動に根拠があり間違った行動はしない。

弟子を取らないのは何故か。
実際に弟子をとるという話はなかった。
現役でいる以外に考えたことがない人間なので弟子をとっていない。

雑談。
昔は封じ手をかいたあとに立会人に渡し、
それを相手に渡して相手も封筒にサインをしたというように立会人が仲介した。
現代は立会人が仲介することはなく、立会人が手を出すのは余計なこと。

安食女流は夫婦喧嘩で怒ることがあるのか。また夫婦円満の秘訣。
安食女流は夫婦喧嘩をすることはまったくない。
相手が喜ぶようなことをするといったことを普段は考えている。
二上九段の妻と加藤九段の妻がテレビに出演したときに、
加藤九段の妻は加藤九段を共感者と表現した。
加藤九段「夫婦喧嘩は小さいうちに矛を収めるのがよい」

将棋界の昔と今で変わったこと
共同研究が主流になった。昔は無かった。自分だけでやるという意識だった。
ただし感想戦は2時間でも3時間でもやった。
対局姿が盤を挟んで離れて座るようになった。
昔はあと10cmは盤の近くに座っていた。
昔はお互い好きに駒を並べた。今は2人交互に並べる。
加藤九段は羽生さんや森内さんと対局するときは昔風に好きに並べる。
理由は加藤九段は好きに並べるのが根拠だし、
羽生さんや森内さんは交互に並べるのが根拠なので、
今風に並べると気合負けするから。
竜王戦と名人戦は記録係りも和服だが、加藤九段は名人戦には洋服で挑んだ。

神武以来の天才というニックネームをどう思うか。
嬉しくないらしい。
30歳で洗礼を受けて数々の名局を指してきたが、
神武以来の天才と言われるとそれで自分の評価が終わってしまう。

今注目の戦法。
角換わり腰掛け銀はまだ結論が出ていない。
角交換振り飛車、一手損角換わり、相掛かり後手5二玉型、
一手損角換わりはされると残念ながら2勝8敗くらいの勝率で悩ましい。
名人になったときより研究をしているが、
レパートリーが増えているしなかなか答えが出ない。
質問者がアマチュア三段と聞くと、
アマチュア三段は加藤九段に2枚落ちで勝ったら堂々と胸を張って三段と言っていい。

将棋の初型には意味があると思い、飛車は右で使うのがいいと思うがどうか。
四間飛車は△4五歩とつけば飛車と角がいっぺんに働くから四間飛車が最強だ、
振り飛車の王は戦場から遠く、居飛車の王は戦場から近い、
と大山先生が言っていた。
その後自身の対局の話になり、加藤九段「(自分の対局のうち)750局は名局」
天才は言うことが大きいですな。

詰むかどうか考える加藤九段「かきくけこでこうやってこうやってこやってこやって」
詰むはずなんだけどなあと考える加藤九段と、
ソフトが33手詰めだと言っているとコメントするリスナー。
詰むはずと即座に判断できるのは将棋の才能ですが、
並べられるかは計算能力ですか。

ティロフォンショッキングで豊川七段登場。
豊川七段「詰むんですけど意外と難解ホークスで」
難解ホークスから野球の話になり、
杉浦監督との対談を加藤九段が話し始めて詰む手順が言えない豊川七段。
その後竜を切る手順で豊川七段「キリマンジャロで」
そしたら詰め将棋ほったらかしでキリマンジャロトークになる加藤九段。
加藤九段はおやじギャグを広げていくスタイルでした。
かなり難しい詰め将棋だったです。
神武以来の天才とおやじギャグと妖精さんを混ぜるとカオスになる、
という当たり前の結論になりましたが、こんなに面白くなるとは思わなかったです。

盤上では森内名人は粘りに行く手をさしましたが、これでは勝負ありといったところ。
▲2四歩△同歩が入っていなかったのが明暗を分けたとの結論になりました。

加藤九段「ビートたけしさんは将棋が強い。
ものすごく魅力的な将棋を指す。つるの剛さんも強い。
スピーディな迫力のある将棋を指すのでテレビ向きだし面白い」

詰み手順が見事だったせいもあり、
羽生三冠の勝ちだろうということで初手から解説になりましたが、
羽生三冠は「そうかー」とぶやいて難しそうな表情。ここで夕食休憩に。

休憩後の解説で大勢決しているとの結論になります。
しかし検討を重ねると森内名人の▲5五角で勝負形になることがわかり、
加藤九段「おっおっおっ」
しかし森内名人はひとつずらして▲5四角。これは相当難しい、最強の一手とのこと。
流石に疲れたのか加藤九段は椅子に座って解説し、
安食女流がせっせと駒を動かしました。

ティロフォンショッキングで佐藤天彦七段が出演。
しかし直ぐに羽生三冠が△8五歩と指し、
佐藤七段ほったらかしで検討を始める加藤九段。無敵である。
△8五歩は詰めろだと見抜いてから佐藤七段に話を振る加藤九段。
佐藤七段指摘の難解な変化で、先手玉が詰むかどうかを考え、
加藤九段「えーとこうなってああなってこうきてああきてむにゃむにゃ」
むにゃむにゃって実際に言っていたとは。
現地の検討はまだ後手がいいのではないかとのこと。

電話が終わり、森内名人は手抜きで▲3二金。
これは詰むんじゃないの?とコメントがざわつきました。
森内名人は表情が変わらないから、
首を差し出したのかうっかりなのかわからないですが、
羽生三冠は手が震えたし、森内名人はいつも通りだったので、
うっかりではなく首を差し出したのでしょう。
加藤九段は詰みを見つけられずに羽生さんがまちがっちゃったのかな?
と言っていましたが、悲鳴を上げながら詰むかどうか考えていました。
アンケート詰んでいる84.3%、詰んでいない15.7%。
そして加藤九段が気がつかなかった△8七飛が飛び出し、
羽生三冠の勝ちになりました。

加藤九段
「大変な大熱戦で好局だった。両者が力を発揮した。
森内名人としては、羽生三冠の研究範囲に入っていたように思う」

これで封じ手をした方が10連敗というなんだか凄いジンクスになりました。
封じ手をする方が1手余計にわかっているんだから有利そうなもんですけどね。

第4局戦型予想アンケート
矢倉38.1%、相掛かり21.9%、角換わり13.9%、振り飛車14.4%、その他11.6%。
加藤九段は相掛かりを予想。

これで羽生三冠が相掛かりで往復びんたをした後に、矢倉でも勝利し、
3勝0敗で名人位奪取に王手をかけました。
名人戦第4局は5月20日と21日、ニコニコ生放送では、
初日がおやじギャグで有名になった?豊川孝弘七段と藤田綾女流初段、
二日目が三浦弘行九段と中村桃子女流初段です。
森内名人が待望の1勝をあげるのか、羽生三冠が一気に名人位を取ってしまうのか、
豊川七段のおやじギャグを藤田女流がどういなすのかも注目です。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

負けて強くなる ~通算1100敗から学んだ直感精読の心得
加藤一二三著
¥840






名人戦第3局初日が終わる

森内俊之名人に羽生善治三冠が挑戦する第72期名人戦第3局が佐賀県武雄市で行われ、
初日が終了しました。

武雄市長の樋渡啓祐さんと森内名人、羽生三冠
d0047811_20431623
d0047811_20431877
写真は武雄市長のブログ武雄市長物語より

これがTSUTAYAと提携している噂の図書館ですか。
市長は今日の初手を対局室で観戦されたそうで、
ブログに吐きそうになったと書いていますが、どんな緊張感なんだろうか。
そういえば梅田望夫さんも著書で吐きそうになったって書いていたような。

羽生三冠は見事な寝癖で登場し、先手となった森内名人の注目の初手は▲7六歩。
羽生三冠が△8四歩と指してから報道の記者がぞろぞろ退室しました。
20人くらいいたのかなあ。

ニコニコ生放送では解説が田丸昇九段、聞き手が山田久美女流三段でした。
ニコニコ生放送のコメントで先崎学九段に似ているという理由で、
にせんざきと呼ばれている方は、故村山聖九段と殴りあった加藤昌彦さんらしいです。
ちなみに加藤さんは奨励会三段まで昇段した方で、
これに負けると退会だという勝負に敗れた日に本間博六段と村山九段と飲みに行き、
泥酔いした村山九段に負け犬と言われて殴りあった後に、
抜け殻になった精神と体を粉々にしてくれる人を求めて、
ストリートファイトに明け暮れたという、
今の風貌からは考えられない荒れっぷりもされた方です。
幸か不幸か連戦連勝を続け、
その後俳優の赤井英和さんの付き人として働くことになります。
加藤さんが奨励会時代に体力作りのためにボクシングジムに通っていたことや、
赤井さんが映画『王手』で将棋の真剣師の役を演じた時に、
駒の持ち方を指導したことがあるというのが接点だそうです。

大崎善生著「将棋の子」より

「赤井さんならきっと俺の気持ちをわかってくれるはずだ」
と加藤は勝手にそう思い込んだ。
それに何もせずにぶらぶらとしている自分が
これ以上家にいて親に面倒をかけていることには耐えられなかった。
加藤は家を出て生まれ育った大阪を捨て、上京した。
真っ先に赤井英和の家に行き、そして自分を弟子にしてくれと頼み込んだのである。
加藤の身の上話を聞いた赤井は加藤の目をじいっと凝視して
「わかった」とただ一言いった。そしてこう続けた。
「引き受けよう。明日からとりあえず付き人としてきてくれ」と。
「ありがとうございます」
その言葉を聞いて加藤は思わず床に両手をつき深々と頭を下げた。
「どうして、赤井さんあのとき、ただのチンピラの俺を雇ってくれたのですか」
と後日加藤は赤井に聞いた。
「いや、あのときおまえ暗い目をしていてなあ。
その目は自分にも思い当たるものがあったからや。
この人間は今自分が助けてやらなあかん。そう直感したんや」
と赤井は笑いながらそう答えたのだった。


赤井さんの下で将棋のことを考える間もなく忙しく働いた加藤さんは、
その後上野動物公園でチラシを配る仕事をしている時に子どもの笑顔を見て、
将棋を指すことが嬉しくてしょうがなかった子供の頃を思い出し、
将棋界に戻ってきました。先崎九段に似ているただのおっちゃんではないのですぞ。

田丸九段が解説ということで、いろいろな記録や話を用意してくれました。
名人戦で森内羽生戦は今年で4年連続で、
これは大山升田戦の3年連続を抜いて新記録だそうです。
また、名人戦での森内羽生戦は9回目ですが、これも大山升田戦に並ぶタイ記録。
どちらも19年で9回で、2年に1回戦っている計算になります。
新手が現れれば次の日には検討が始まっているような情報化社会で、
これだけ長い間トップに君臨し続ける森内名人と羽生三冠は恐ろしいですね。

盤上では羽生三冠が後手急戦矢倉を選択しました。
勝者予想アンケートは森内名人42.1%、羽生三冠57.9%。羽生人気ぱねえ。
田丸九段は飛車金両取りの手を示して「しゃっきんとり!」
豊川七段のおやじギャグウイルスが感染拡大しているのでしょうか。
2年前の森内名人対羽生挑戦者の名人戦第3局と同一進行から、
香得をした森内名人が▲5八香と自陣に打って鉄板の構えを見せます。
そして羽生三冠が129分の大長考に。
局面が進まないということで、田丸九段が撮ったという囲碁の職団戦で、
大山先生の囲碁をにこにこ見守る升田先生の写真を披露してくれました。

大山升田名人戦エピソード
昔は撮影用に何度も初手を指させたが、名人戦で升田先生に敗れた大山先生が、
報道陣の撮影で何度も投了シーンを再現させられて頭を下げさせられた。
大山先生が対局場での食事で旺盛な食欲を示して、
升田先生にプレッシャーをかけた。
大山先生は冬場でもコートを着るのは北海道のときだけ。
理由はコートを着る時間がもったいないから。
千駄ヶ谷の駅から将棋会館までの道のりでも今日は何人抜いたとか考えている。
対局前夜と1日目は大山先生は麻雀、升田先生は囲碁をして、
2人の立会人はどちらかの相手で人選もその意図でされた。
山田女流は色紙に「駒魂」と書いていたが、魂の字がぐちゃっとしていたので、
大山名人に駒のかたまりと読むのかね?と冗談を言われた。
麻雀で絶対勝てる方法を聞きたいかと言われて、山田女流が何でしょうかと尋ねたら、
自分より強い人とはやらないことだと言われた。
1968年の名人戦第2局に、
先手升田九段が後手大山名人の振り飛車を相手に居飛車穴熊を指したのが、
名人戦での初めての穴熊だったらしい。当時は評判はよくなかった。
羽生さんも自分が奨励会の時は穴熊を指したら破門とは言われないけど、
田舎に帰れとは言われたかもしれないと言っていましたから、
評判の悪い戦法だったのでしょう。
その名人戦の将棋は大熱戦の末に振り飛車の大山名人が勝った。
大山升田最後の名人戦第2局で升田式三間飛車の戦法が出た。
当時はアマチュアの戦法だったが、あえて名人戦に使った。
升田先生が快勝した第5局は二日目の10時54分に終局してしまった。

盤上では126分の大長考の末に、
羽生三冠が激指推奨の△8四角を打ち、次の一手アンケートに。
▲5七銀15.0%、▲7九玉37.1%、▲8二馬12.8%、▲3六歩6.9%、▲その他28.1%。
森内名人は▲7九玉から王様を囲い、羽生三冠も△1二香から穴熊に囲います。
どちらを持ちたいかアンケートは森内名人15.8%、
羽生三冠49.2%、見ているだけでいいの35.0%。羽生三冠贔屓がやばい。

そしてティロフォンで副立会いの佐藤天彦七段が登場。
貴族先生キターのコメントがあがりました。
今日は師匠の中田功七段と初めて師弟コンビで大盤解説だったそうで、
後手の攻撃陣形が石田流みたいな軽い形なので、
三間飛車の伝道師である師匠が後手を持って軽く攻めてきたそうです。
佐藤七段は先手を持って指していたそうですが、
後手が穴熊に入るまでに先手が手を作れないと、
後手の方がややいいのではないかとのことでした。

ということで先手がどう動くのか注目でしたが、
森内名人は羽生三冠が穴熊に囲う代わりに、自玉の端歩を▲9五歩と突きこす待機策。
羽生三冠が穴熊に囲い終わって暴れてくるのが見えているので、
懐を広げておくというのもある考えですが、
真っ向から攻めを受け止める展開になりそうで普通は指しにくいです。
羽生三冠は△2二金と穴熊のハッチを閉めて固め、
そろそろ開戦前夜といった雰囲気になります。
王将戦と名人戦で封じ手をした方が9連敗中だという話をしていると、
森内名人も18時過ぎに9一にいる馬を▲8二馬と引いて、
田丸九段「封じ手したくないんじゃない?」
などと話していたら即座に羽生三冠も銀を下がる△7四銀。
封じ手の譲り合いが始まっているのかもしれません。
そして18時20分になると立会人の井上九段、
副立会いの豊川七段と佐藤七段が対局室に入り、封じ手圧力?をかけて、
森内名人も18:30になったとの記録係りの合図に即座に封じる意思を見せ、
初日が終了しました。
封じ手アンケートは▲9四歩15.6%、▲5七銀9.0%、▲3六歩4.4%、
▲5五歩48.2%、▲その他22.7%。
消費時間は森内名人が195分、羽生三冠が282分。

持ち時間が9時間の540分なので、羽生三冠が半分以上使ったことになります。
1日目が終わると両対局者揃って夕食会になることが多いらしいです。
ただしどちらかがリーチしていて決着がつくかもしれないという場合では、
揃っての夕食会にはならないとのこと。

今日はお互い牽制しあって、
どの手がプラスなのかがよくわからない神経戦になりました。
持ち時間は羽生三冠が87分ほど多く消費していますが、
その分うまく立ち回って少しリードしたようにも見えます。
明日のニコニコ生放送は解説が加藤一二三九段、聞き手が安食総子女流初段です。
また、明日から11日までの間に、全国の都道府県で名人戦の解説会が開かれます。
名人戦のページから各都道府県の日程や時間、会場、解説者が分かりますので、
お時間のある方は是非足を運んでみてください。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋の子
大崎善生著
¥637






第3回電王戦第3局 豊島将之七段 vs YSS 大盤解説

第3回電王戦第3局 豊島将之七段 vs YSS 大盤解説


今年の3月末に対局された電王戦第3局、豊島将之七段対YSSの対局を、
野月浩貴七段が解説してゲストに小籔千豊さんが来た時の動画です。
小藪さんは池乃めだかさん主催の将棋大会めだかっぷで優勝したという、
強いんだかなんだかよくわからない経歴だそうですが、
将棋ウォーズは1級で、将棋道場でも指しているそうです。
携帯いじりながら指していた小学生に負かされたと笑いを取っていましたが、
多分将棋棋士は結構な割合でそんなことしているような。
携帯ではなくマンガとかでしょうけど。
小藪さんは流石芸人で、
視聴者の方が思っていることをきちんと言葉に直して野月七段に話しています。
次の一手で小藪さんが▲3九金と言いましたがこれも正解で、
実はめだかっぷはレベルの高い将棋大会なのかもしれません。
野月七段の解説も名解説ですが、それを千里眼は上手な言い方だと思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

将棋世界2014年06月号
¥800







記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ