棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

羽生さんはアウトサイダー?

大昔ですが、佐藤大五郎九段が中原誠名人との対局で、
鬼殺しという手をくりだしたことがありました。
中原名人は鬼殺しには付き合わないで駒組みを進めたのですが、佐藤九段が
「こんな将棋、名人に対して失礼だ」
として10手で投了しました。
当時は格に相応しい堂々とした将棋を指さなければならないという考え方が主流でしたので、
投了した佐藤九段に潔さを感じますが、
なんと名人戦という大舞台で、普通の定跡形は指さないと宣言した人がいます。
それが米長邦雄名人に挑んだ羽生善治四冠(当時)です。

当時の将棋界には、
日本の村社会のような年功序列を重んずる伝統や暗黙のルールがありました。
将棋界の第一人者たるもの、少なくとも若いときには居飛車党の正統派でなければならない、
名人戦のような大舞台では、将棋の純文学たる矢倉を指すべきだ、
大舞台で先手を持って大先輩棋士を相手に飛車を振るなんて、などなど。
当時23歳で名人初挑戦だった羽生さんは、
盤上は自由であるべきだという主張を大舞台の前で宣言し、大きく話題になりました。
羽生さんは著書である「決断力」のはじめにで次のように述べています。

巷には、「米長、頑張れ」の声が満ちている。それは当然、私の耳にも届いてくる。
対局前から”様々な反響”が起こった経験をしたのはこの時が初めてだった。
何の苦労もなくのし上がってきた二十三歳の若い棋士と、当時、五十歳、
数多の挑戦と挫折をくり返して、ついに栄光を掴んだ「中高年の棋士」米長先生との対決―――
こういう構図を描かれてしまえば、それは米長先生を応援したくなるというのが人情というものであろう。加えて、私は名人戦を前に物議をかもしていた。
<中略>
周囲には、「羽生、討つべし」との非難の声が広がっていたのである。
<中略>
こうした雰囲気のなかで第六局は始まろうとしていた。
その前の三日間。私は、本当に真っ暗闇の道を一人で歩き続けている気持ちだった。

真っ暗闇の中と回想するようなアウェーの中、
羽生さんは4-2で勝ち、名人位を獲得して五冠になりました。
この後前人未到の七冠を達成し、
格や伝統といったものにこだわらなくても強くなれるということを身をもって証明しました。

今は羽生さんの盤上は自由であるという思想が広まり、様々な戦形が指されています。
王様を囲わずに攻める藤井システム、後手なのに更に一手損をする一手損角換わりなどは、
昔の棋士が見たらこんなの将棋じゃないと怒るかもしれないくらいです。
そのような中羽生さんは特定の戦形にこだわらず、
さまざまな戦形を指しこなすオールラウンドプレイヤーとして今も活躍しています。
また、他の大棋士は○○流などと呼ばれるのに対し、
羽生さんにはそのような呼び名がありません。
谷川浩司十七世名人なら光速流、中原誠十六世名人なら自然流、
米長邦雄永世棋聖なら泥沼流、
といったように指し手の特徴から呼び名が付けられるのですが、
盤上で自由に指す羽生さんには特徴のつかみどころがないということでしょうか。

ちなみに将棋世界の企画で、読者から投稿してもらった呼び名を羽生さんにみせたところ、
無相流が気に入っているとのことです。
無相とは姿・形のないこと、一切の執着を離れた境地、
という意味でぴったりなように思いますが、
○○流といった言葉にとらわれない方が自由な羽生さんに似合ってるかもしれませんね。



悪魔を呼び込んじゃってるね

悪魔を呼び込んじゃってるね

木村一基八段、山崎隆之七段の人柄と仲のよさもあいまって、
座談会のような感想戦になりました。
解説の北浜健介七段のフォローとそれを一蹴する率直な山崎隆之七段、
ひたすらぼやき続ける木村一基八段と最後に落ちまでついた感想戦です。

山崎木村ぼやき感想戦


木村一基八段といえばこんな言葉が有名です。

将棋世界2007年5月号

負けと知りつつ、目を覆うような手を指して頑張ることは結構辛く、抵抗がある。
でも、その気持ちをなくしてしまったら、きっと坂道を転げ落ちるかのように、転落していくんだろう。

(´;ω;`)ブワッ



豊島?強いよね

日曜日午前10:30から放送のNHK杯テレビ将棋トーナメントで、
対戦相手の印象を聞かれた佐藤伸哉六段が驚愕の新手を放ちました。


YouTube版
(将棋) 佐藤紳哉のヅラインタビュー


ニコニコ版
将棋界のスーパースターSHINYA!


佐藤伸哉六段は11年ぶりのNHK杯本戦出場でした。
将棋の方は豊島七段の研究にド嵌りしてしまい、
駒たちが躍動することなく敗れてしまいましたが、テレビを見ていてとても楽しめました。

ちなみに豊島七段は後日この件について次のように語っています。

「豊島?(呼び捨て!?)強いよね。序盤中盤終盤隙がないよね。(なんか誉められてる…)
でも俺、負けないよ。
駒… (噛んだ!)駒たちが躍動する俺の将棋を見て欲しいね」で始まり、
対局は私が勝った。
<中略>
控室で、
「今日はカツラ被ってやらせてもらいますんでーふざけたりしないんで宜しくお願いします」
と言われ、びっくりしたが、平静を装い、興味なさそうな顔で「そうですか」とだけ答えた。
その時は動揺していて気付かなかったが、
後から考えると事前に教えてくれるなんて非常に親切な人である。
<中略>
話は一気に飛んで感想戦。勝っている間はカツラを被り続け、負けたらカツラをとる、
が私の読み筋だったので(対局中に何を読んでいるのだろう…)
感想戦中はずっとカツラをとられるんじゃないかとドキドキしていた。
結局、収録終了直後にカツラをとられた。
その時に、真面目そうな観戦記者の方が会心の笑顔を見せたことが妙に印象に残っている。 

平静を装う勝負師な豊島七段なのでした。



何だこの硬い文章は

日本に長寿企業が多いことはご存知の方も多いと思います。
世界で200年以上の歴史のある企業は、
アメリカに14社、インドに3社、ドイツに800社、西ヨーロッパに200社あるのに対して
日本には3000社以上もあると言われています。
チャンスがあれば巨大な企業は誕生しますが、チャンスだけでは200年は続かないのです。
細く長く目先の利益にとらわれず、といった考え方は共感できる方も多いのではないでしょうか。

それではゲームの世界ではどうでしょう。
例えばファミコンソフトのスーパーマリオブラザーズは日本で681万本、
世界ではなんと4024万本売れたと言われる大ヒットゲームですが、
今もなおテレビにファミコンをつなげて
スーパーマリオブラザーズをしている人はほとんどいないでしょう。
ところが、チェスや将棋、囲碁、といったゲームは、
起源がはっきりわからないくらいの大昔から遊ばれ続けています。
将棋に関して言えば、1607年の初代大橋宗桂対本因坊算砂の対局の棋譜が、
最古のものとして残されています。

それでは長く愛されるゲームは何が違うのでしょうか。
シミュレーションゲームの父と呼ばれているシド・マイヤー氏は
「良いゲームは魅力的な選択肢の連続である」("a good game is a series of interesting choices")
と述べています。
チェス、将棋、囲碁に限らずこの条件に当てはまる他のゲームは楽しいでしょうか。
例えば麻雀は?野球は?サッカーは?あなたが長く遊び続けている何らかのゲームは?

私の好きなゲームのひとつに信長の野望というゲームがあります。
簡単に説明すると、戦国時代の大名のひとつを操作して全国制覇を目指すというゲームです。
ところがこのゲームは、最初は楽しいのですが徐々につまらなくなっていきます。
例えば、関東地方のどこかの大名家で初めて、関東地方を平定するくらいまでなら楽しいのですが、東北地方を平定する頃にはすっかり飽きてしまいます。
シド・マイヤー氏の言葉を借りれば、
関東地方を平定するくらいまではゲームに魅力的な選択肢があふれているのですが、
東北地方を平定して圧倒的な兵力を手に入れた頃にはすっかりなくなり、
この先中部、近畿、中国、四国、九州を平定するまで膨大な作業が待っている、
といったところでしょうか。
途中で飽きるということはゲームを観戦していても起こります。
野球を見ようとテレビをつけたらすでに10-0くらいになっていた場合、
日本シリーズのような重要な試合でなければ他のチャンネルに変える人も多いと思います。

それでは観戦していて面白いゲームとは何でしょうか。
私は「魅力的な選択肢の連続」が「最初から最後まで続く」ゲームが楽しいと思います。
そこで将棋ですが、上記の観戦していて面白いゲームに当てはまるでしょうか。

2012年9月5日、渡辺明王座が挑戦者に羽生善治二冠を迎えた
第60期王座戦五番勝負の第2局にて、
対局開始から5分後、後手番の羽生挑戦者の4手目で早くも観戦者が騒然となりました。
両者持ち時間が5時間もある対局で、わずか5分後に騒然となったわけですから、
魅力的な選択肢が最初からあるということだと思います。
また、羽生さんは途中で「パスしたいけど、パスがない」と感想戦で述べるような不利な状況だったのですが、22時15分には検討しているプロの方が
「どこで逆転したのだろう。夕食休憩のあたりは先手がよかったのに」
というような展開になり、22時22分に先手番の渡辺明王座が投了しました。
これは「魅力的な選択肢の連続」が、途中で形勢に差が出ていても「最後まで続く」ということだと思います。

しかし将棋は難しいと感じている方も多いと思います。
渡辺明竜王は著書「頭脳勝負」の「はじめに」で次のように書いています。

将棋の場合、「難しいんでしょ」「専門的な知識がないと見てもわからないんでしょ」と
スポーツに比べて、敷居が高いと感じている方が多いように思います。
確かに、将棋は難しいゲームです。しかし、それを楽しむのはちっとも難しくないのです。
<中略>
将棋を指すのは弱くとも、「観て楽しむ」ことは十分できます。
例えばプロ野球を見るとき。「今のは振っちゃだめなんだよ!」とか「それくらい捕れよ!」
サッカーを見るとき。「そこじゃないよ!今、右サイドが空いてたじゃんか!」
<中略>
言いながら見ますよね。それと同じことを将棋でもやってもらいたいのです。
「それくらい捕れよ!」と言いはしますが、実際に自分でやれと言われたら絶対にできません。
「しっかり決めろよ!」も同じで自分では決められません。
将棋もそんなふうに無責任に楽しんでほしい。

本ブログでは、将棋の魅力とともに将棋の世界に生きる棋士達の魅力を紹介できたらと思っています。
よろしくお願いします。



記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ