棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

歌舞伎町の縮図?

(将棋) 松尾 歩×橋本崇載 (解説:渡辺 明・千葉涼子) 1/3


松尾 歩×橋本崇載 (解説:渡辺 明・千葉涼子) 2/3


松尾 歩×橋本崇載 (解説:渡辺 明・千葉涼子) 3/3


インテリヤクザ風味の松尾歩五段、ちんぴら風味の橋本崇載四段と言われたら、
解説の渡辺明六段がチャイニーズマフィアに見えてくるNHKなのにおかしな動画です。
聞き手の千葉涼子女流や記録係りの仲澤雄貴初段まであやしい風貌に見える・・・

解説の渡辺明六段も聞き手の千葉涼子女流も思ったことを率直に言うタイプなので、
非常に歯切れのよい解説になっています。
特に千葉涼子女流は「天然危険物」と評される率直さで、
好き嫌いが分かれるタイプではありますが、面白いエピソードを残しています。

NHK将棋講座2005年12月号、2005年度NHK杯トーナメント2回戦(森内俊之名人-千葉幸生五段戦)観戦記、結城広大さんの「千葉惜敗、大魚を逃す」より。

「あ、おはようございます」―。軽く会釈しながら、森内俊之名人が入ってきた。
名人と千葉女流は、3年前の将棋講座の講師と聞き手という関係。
聞き手の選任に当たっては通常、講師の意向が最優先される。
「どなたになさいますか」と尋ねられた名人は、
少し口ごもって「できれば碓井さん(千葉女流の旧姓)で・・・」と答えた。
つきあいはほとんどなかったのだが、数週間前いっしょに仕事をしたときに
「名人獲得おめでとうございます。
いやあ、このまま無冠の帝王で終わるんじゃないかと思ってたんですがねえ」
と言われ、ただただ苦笑するしかなかったというのだ。
そのとてつもなく無防備な、怖いもの知らずの踏み込みを、名人は高く評価した。
「名人に定跡なし」とはこのことである。



我々は頓死しました

竜王・山ちゃんの漫才解説「我々やっちゃいましたねw」


渡辺明竜王は羽生さんの次に時代を作ると目されている人で、
将棋のほうは現代的な非常に合理的な考え方をする棋風です。 
この動画でも、まず最初に一直線の切り合いの変化を読んで、だめとみるや攻防手を探し、
 最後に受ける手を探すといった思考法がでていて、なるほどなと思わせてくれます。



棋士の三つの顔

※神戸学校での講演から一部抜粋

将棋は勝負なのですが、それだけではありません。
ひとりでできるものではなく、ふたりで対局する、
ふたりでよい作品を創り上げていくという芸術家的な部分もあると思います。
また、将棋の心理を追求していくという研究者の部分も必要だと思います。
「三つの顔」というのは「勝負師と研究者と芸術家」。
この3つの要素が棋士には必要ではないかと最近思うようになりました。 
昔はデータというのがほとんどありませんでした。
東京の棋士がどういうふうに指しているのか、大阪ではまったくわからない、
盤の前に向かってからが勝負でした。
だから、昔、棋士は勝負師だったと思うんです。
最近は、情報化社会になり、研究者の部分がかなり占めてきていると思います。 
研究者の部分が強すぎると自分の研究、
情報などわかっている部分だけで勝負しようということになってしまって、
未知の世界に踏み出す勇気がなかなか持てないのではないかと思います。
また芸術家の部分が強すぎると、自分の思い通りに進んでいるときはいいけど、
ちょっとミスをしたり構想が破綻してしまったときに、
嫌気がさして、ぽっきり折れてしまうかも……。
また、勝負師の部分が強すぎると、先の勝負にだけ固執してしまい、
次の相手とだけ勝てばいいんだということになると、自分自身のレベルアップができない。
この「三つの顔」をバランスよく持つのが棋士としてはいいのではないかと思います。
普段は研究者、対局の序盤は芸術家の部分が必要で、
終盤は勝負師に徹するということが自然にできる人が
トップを長くやっていけるのではないでしょうか。 


上記は谷川浩司九段の講演ですが、
谷川先生自身は芸術家の色合いが強い棋士だと思います。
谷川先生といえば、終盤であっというまに相手玉を寄せきってしまうことから光速流と呼ばれ、
終盤のスピード感覚を将棋に持ち込み寄せの感覚を変えた人と言われています。

将棋世界2012年11月号
「福崎節」で語る谷川将棋と羽生将棋

谷川さんは僕が挑戦者になったのを、とても喜んでくれたんですよ。
全局を通して、すごく機嫌がよかった。
前夜祭とかあるでしょう。お酒飲んで、何回かカラオケにつき合ってくれた。
僕は、いつもどおり歌ったんですが、あとで聞いたら、谷川さんはタイトル戦の前に、
カラオケにいくひとじゃないいうんですね。
僕はタイトル戦二回目でしたが、棋戦によって、しきたりも雰囲気も違う。
谷川さんはタイトル戦の常連でしたから、いろいろと気づかってくれたんでしょうね。
すごく親切でした。
<中略>
谷川さんの終盤は、ドラマを求めるんですよ。一刀のもとに切り捨てるのが好きでね。
<中略>
ふつうの手じゃダメなんで、かなわぬ恋を実現させるようなところがあるんです。
だれでもするような恋じゃないから、危ない目にも遭う。
だから、ファンの方もワクワクするんですね。


本ブログでも紹介しましたが、谷川先生の光速の寄せは見ていてとても楽しいです。



もしも序盤巧者が終盤の解説をしたら

谷川浩司vs羽生善治-林葉&ダメ寅舌好調-(将棋)


谷川浩司、検討室泣かせの驚愕の一手で羽生善治を返り打ち(将棋)


羽生善治、谷川マジックに屈す。-最後まで適当な検討陣-(将棋)


解説の田中寅彦九段は序盤のエジソンと呼ばれ、
王様が固いほうが勝ちやすいという「居飛車穴熊」、
後回しにできる手はできるだけ後に回し、その分を他の手にまわす「飛車先不突矢倉」など、
現代将棋にも影響を与えている棋士です。
もう一人の解説の島朗九段は、
若手との研究会やパソコンによるデータ管理などを取り入れたさきがけの人で、
特に後に名人となる羽生善治・佐藤康光・森内俊之の3人との研究会「島研」が有名です。
聞き手の林葉直子女流は自由奔放な指し手で棋譜を並べていて楽しい人です。
1995年に将棋連盟を退会されましたが、奔放な指し回しは今も健在のようです。




将棋結構わかってるんですね(≧∀≦)

羽生さんをリアクション要員にする豪華な縁台将棋です。

将棋漫才 2012
 


解説の加藤一二三九段は史上初めて中学生で将棋の棋士になり、
神武以来の天才とまで言われた人です。
その割りに獲得したタイトル数は8期と少な目ですが、
解説を見てるとなんとなく原因がわかってきますね。
もう一人の解説は先日亡くなられた米長邦雄永世棋聖ですが、
相手のミスを招く勝負術ならびに終盤力が将棋における勝負の本質である
と著書の中で述べていて、
科学者タイプの加藤先生と勝負師タイプの米長先生の対比が面白い動画です。
米長先生の相手の指し手を当てる能力はすごいですね。



記事検索
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へ

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

将棋観戦のお供に
将棋アイテム

チェコ製将棋セット

価格:6,264円
(2015/1/7 13:56時点)
感想(0件)

どうぶつしょうぎ

価格:1,543円
(2015/1/7 13:44時点)
感想(11件)

クリアファイル (羽生/森内) 2枚組

価格:540円
(2015/1/7 13:46時点)
感想(0件)

クリアファイル (加藤一二三)

価格:216円
(2015/1/7 13:47時点)
感想(0件)


羽生善治のこども将棋 序盤の指し方 入門-1手目からの指し方と戦法を覚えよう!
¥1,026


永瀬流 負けない将棋
¥1,620


人間における勝負の研究―さわやかに勝ちたい人へ
¥576


羽生と渡辺 -新・対局日誌傑作選-
¥1,663
  • ライブドアブログ