棋士はカワイイ!

将棋と棋士の魅力を伝えたい!そんなブログです。 なんか難しそう、古くてださそう、そんな印象を吹っ飛ばす!
指すのではなく観戦ならば簡単で面白い!

王座戦第3局は豊島七段が待望の初勝利

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦五番勝負第3局は豊島七段が勝ち、
1勝2敗と待望の初勝利を上げました。

戦型は豊島七段の誘導で横歩取りになりました。
途中で豊島七段が端歩を突いたので前例の無い局面になり、
これが用意の作戦なのではとの見解でした。
羽生王座が39手目を指したところで昼食休憩になりましたが、
豊島七段の手番で昼食休憩は3局連続、
序盤、中盤、終盤、時間配分も隙が無い豊島七段です。

ニコニコ生放送では13時から大盤解説があり、
解説が野月浩貴七段、聞き手が室田伊緒女流二段でした。
野月七段によると豊島七段の端歩が他の手なら前例がある局面で、
後手の△8六歩が負担になるか、
先手の金銀を壁にして他の場所から攻めていけるかがポイント。
この後10手くらいはかなり重要になり、
ここで後手がうまく手を作れると優勢、作れないとひどいことになるが、
後手がこの局面に誘導したので、指したい手があるのではないかとのこと。
どちらを持ちたいかは室田女流は後手の方が王様が堅いので後手を持って指したい、
野月七段は先手がバランスがいいながらも王様が薄く、
後手の攻めを受け止めないといけないので、
後手を持って攻める手を考えて指したいとのこと。攻め好きコンビの解説ですな。

リレー質問室田女流へ
最近二段に昇段おめでとうございます。
旦那さんからは何かお祝いしてもらいましたか。
まだなんですけど盤が欲しいって言ってあります。榧のやつが欲しい。
もらったものしか盤がないので。
野月七段は見学に行ったことがあるらしく、
木を乾燥させているところとか、升目を刀でひいていくところは、
こっちが緊張して何もしゃべれなかったとのこと。
下書きも何もなしでいきなり書くのにちゃんとマスの幅が揃っている、
というのが職人技という感じらしい。

野月七段へ
バルセロナのルイススアレスが10月下旬デビュー予定ですが、
何点くらいとると思いますか。私は20点くらいだと思います。
北浜七段はサッカーが昔から好きでそのときだけ顔が違う。
室田女流もカンプノウでバルセロナの試合を見た事があるらしい。
「どこでみたの?」「ここらへん(何故かジェスチャーで表現)」
質問については、
「その質問興味ないよ。
かみついて出場停止の選手に100億円以上だしたのがまず不満。
スアレスが出るとお気に入りの選手が出れなくなっちゃうかもしれないし。
でもサッカー自体はいい選手。別に出なくてもいい。ベンチで飾り?でもいいよ」
結構な毒吐きである。

野月七段は山崎八段との共著で相掛かりの本をだしていますが、
最近は横歩を取らずに飛車を下げて相掛かり風にする手もでてきて、
相手の研究を外したかったらぜひとのこと。
横歩取りは現代風にアレンジした△8四飛車が流行っているらしい。
昔の△8四飛車は1歩損のまま相手に攻めさせたが、
今は積極的に先攻を目指す△8四飛車。
先手は後手の攻める形によって、
相性のいい駒組にするべく後出しじゃんけんを目指すとのこと。
アマチュアや女流棋界では横歩取りはあまり指されませんが、
形の相性さえ覚えれば指せるとのこと。
後手は囲いを覚えて攻める、飛車をぶつけるタイミングを図るだけなので、
後手の方が先手より難しく考えることなく横歩を指せるらしいです。

豊島七段が端歩をついた局面については、
今の将棋は何でもありで形にこだわらない手が結構出てくるので、
どんな手でも一通り考えてみる、
今まで培ってきた常識みたいなものにとらわれずに考えるのがいいとのこと。
9筋の端歩は先手が受けると後手の攻めが生じるので、後手は突いたほうがいい。
1筋は形によって先手も後手も活用できるので、構想段階で決める。
横歩は先手も後手も歩が2枚持ち駒なので、
端だけで手が作れるのが相掛かりと違うところ。
と言いつつ攻め筋を解説していましたが、
横歩は受け間違うとあっさりつぶれるんだなあ、怖くて指せないよと思っちゃいました。
危ない筋だけしっかり覚えておくといいと野月七段。
室田女流は横歩は指さないが好きとのことで、
ぽんぽん質問して野月七段の解説が冴えまくりました。
横歩のいろんな攻め筋や、コメントで出た手も解説してくれて、
何度も見直して覚えたい講座っぷりでした。
ちょっとした形の違いで攻めが成功したり失敗したりする解説の後に、
室田女流「やっぱり指せないと思う」

盤上では豊島七段が、
野月七段が解説した手のなかで桂馬を跳ねていく一番激しい順を選択。

今日の対局が仙台なので仙台トーク
野月七段は最近熊坂学五段と奨励会時代の先輩と3人で仙台で宴会した。
室田女流は最近GLAYのコンサートで仙台に行った。
どうもGLAYの熱烈なファンらしい。

昨日の検分の写真では、
後ろに人間国宝酒井田柿右衛門(十三代)作の壷が飾られるから注意してねとの様子も。
背伸びしてうっかり壊したら記録係りは大変だ。
昼食の写真が羽生王座が親子丼にオレンジジュース。豊島七段は鴨南蛮そば。
羽生王座はいつもフルーツなジュースを飲みますね。

大盤解説でも食事トークに。
野月七段は一人だとあまり食べないみたいですが、
広瀬八段と一緒になったら昼ステーキ、夜うなぎ、
夜食は軽くと言われて焼肉だったらしい。
また、記録係りにもおやつが出るときがあるそう。
室田女流は記録の机におやつが出されて、自分のかもわからない、
対局者も食べてないという状況で食べるのはまずいと思い食べられなかった事がある。

アンケートどっちを応援しているか
羽生王座21.9%、豊島七段17.2%、室田女帝60.9%。
室田女流「すいません、おとなしくしときます…ふふふ」

どちらを持ってみたいか
羽生王座28.6%、豊島七段32.1%、ニャンともニャン39.2%。

棋力アンケート
実はルールもわからないです3.9%、初心者32.0%、初段以下37.1%、有段者13.1%、
プロ・奨励会・研修会1.0%、現タイトルホルダーです12.8%。

故郷(くに)はどこですか
沖縄・九州9.6% 四国3.6% 中国地方5.3% 関西15.7% 中部16.4%、
関東30.8%、東北7.6% 北海道6.6% おーばーしー4.3%。

野月七段は旅行好きで、朝起きてノープランで空港に行って、
あーあれ乗れるとか思いつつ旅行に行くらしい。
レンタカーを借りたり、
地元っぽい人においしいとこありますかとか聞いたりもするとのこと。

ニコ生のおやつは横濱フランセのミルフィユパンプキンコレクション。
室田女流は口に詰め込みすぎて「んー、ふー」しか話せなくなってました。
野月七段が僕は結構顔見知りでと話したところで突っ込む室田女流。
室田女流「空港で見知らぬ人に声かけたりするんじゃないですか」
野月七段「心こもってない会話は得意なの」
野月七段は人をいっぱい褒めているときに心がこもってないと言われるらしい。

とうとう室田女流は野月七段のおやつまでもらって食べ始める。
そんなにおいしかったんだろうか。
その後も「この…、くり…、おいしかったんで…、今食べるかどうかですよね」
といいつつすぐに開けて食べてしまい、
「プレゼントなんで、それは食べなきゃいけないですよね(キリッ」
関西の将棋連盟はおやつがたくさんあるらしく、伊緒ちゃんおやつあるよと呼ばれて、
棋士室と事務室と道場の3箇所でおやつをはしごしているとか。

羽生王座の次の一手アンケート
35歩26.9%、37歩22.2%、56角29.5%、その他21.4%。
かなーり割れる難しい局面に。
対局者のおやつ写真が映されると
室田女流「見てたら食べたくなりますね」
野月七段「また!?」
胃袋が底なしすぎる…

質問メール
将棋界屈指のサッカー通の野月七段に、一番印象に残ってるサッカーの試合は何ですか。
将棋でも一番印象に残っている対局は何ですか。
日本がワールドカップに行けなかった試合。
最後のロスタイムにこのままだったら行けるという状況で、
最後の最後に点を取られて行けなかった。ドーハの悲劇。
ちょうどJリーグができて日本がサッカーですごい盛り上がっている時期だった。
室田女流は中日のファンクラブに入っていた。
中学生の時にスピードガンコンテストで名古屋ドームで投げて39キロだった。
将棋だと奨励会時代の方が印象に残っている。負けた将棋。
三段リーグで上がり逃した一番とか。
棋士は次につながるので勝っても負けても思い出にして止まってしまうわけにはいかない。
奨励会はその一局がすべてなので。

棋士の方と盤をはさんでみたいなあという気持ちで指導対局にのぞんでもいいのか。
全然おっけー。最初に言ってくれればいい。
優しくお願いしますって人に厳しくはしない。

展開は形勢に差がつくまでひたすらスローペースになるだろうとのこと。
室田女流は札幌でひたすら食べて1日3キロ太ったこともあるらしい。
どんだけ食べたのか。

野月七段の解説によると豊島七段から攻める手がたくさんある局面になった模様。
こういう場合はとにかく読むことと、それまでの経験で手を決めるらしい。
野月七段は結構後手寄りの形勢判断になったとの解説で、
どちらを持ってみたいかアンケート
羽生王座28.6%、豊島七段36.9%、ニャン34.4%。

質問メール
棋譜並べをしていて見失ってしまいます。どうしたらいいですか。
野月七段「見失う?」
室田女流「私よくわかります」
今どこの手まで並べたのかわからなくなってしまう事のようです。
室田女流は並べた手まで指で押さえておくらしい。
野月七段は見失わないらしい。
棋譜並べは自分なりの手の意味や答えを出すといい。それが正解でなくてもいい。
ただ並べただけでなく考える方が上達するとのこと。

サッカーの川島選手の結婚発表にうなだれた室田女流に質問です。
室田女流「確かにうなだれました。あー結婚しちゃったー。ふふふ」
室田女流が結婚したときは、
それまで愛知の人はずっと愛知にいてねと言ってくれてたが、
結婚して大阪行きますといったらうんしょうがないねーとそっけない返事だったらしい。
質問の方はいっか。質問は私のことなのでいっかな。
いやーGLAYのライブで最前列のチケットが取れたんですけど、
中学校の選抜の全国大会で行けなかったんですよ。
そういうわけでこないだ先週行ってきました。前から9列目だった。
GLAYの中ではじろーちゃんが好き。この話は長くなるんでやめときます。
多分GLAYについての質問だったんでしょう。

終盤の場面になるとある程度自信があるが、
序盤から中盤の駒がぶつかる辺りが苦手で、いつも先攻されてしまいます。
受け将棋というのもありますが、中盤のこつ、仕掛けがあれば教えてください。
居飛車の場合は攻め筋の狙いを覚える。
攻めたら勉強という意味で攻め続ける。
いろんな手筋を覚えると組み合わせの問題なので、
組み合わせをかえるとうまくいくことも多い。
降り飛車は昔は反撃する考え方だったが、今は自分からいく考え方もある。
無理攻めでも一回攻めていくのが大事。
居飛車は歩を突き捨てていく手が多い。
振り飛車は桂馬を使う。
押さえ込まれる展開にならないように。角を主軸に考える。
自分の実力や得意戦法を書いてもらうとピンポイントでアドバイスできますよ。
居飛車は手筋を山ほど知っておくと、いろんな戦型に応用がきく。
いろんな突き捨て、とりあえず突き捨ててから考えるとかでもいい。
野月七段と西尾六段はYoutubeでアマチュアの棋譜を解説しているが、
初級者が抱えている悩みと三段くらいが抱えている悩みは結構変わらないらしい。

次の一手予想は野月七段が△8九馬、
室田女流がそれ以外と言われて△8七歩となったところで夕食休憩に。

休憩明けは野月七段と室田女流が間に合わず対局場の生中継に。
羽生王座が部屋から出て行くと豊島七段が少し頭をかかえるしぐさ。
少し悪いと思ってるのかな?
羽生王座は戻ってきてからも指さずに考える。
1局目と2局目は勝ちの局面で席を外し、戻って直ぐに指していたので、
今局は難しいと思っているんだろう。

豊島七段が角のただ捨てから金をもぎとる勝負手を放ったところで、
28分遅刻で解説再開。
この勝負手は受けの意味合いが強いとのこと。
馬を使って羽生王座の攻め駒をねこそぎ取る狙いらしい。
形勢は豊島七段がそこまで有利と言う感じではないが、
先手を持って攻めを切らすのも難しい。
野月七段としては持ちたいのは攻めてる後手だが不安。微妙に後手とのこと。

28分遅刻した原因の夕食はもつ鍋ダイニング繪もん北参道店だったもよう。
室田女流「一応急いだ。デザートは我慢した」
野月七段は受け主体の居飛車党の棋士の指す手は当たらないらしい。
そういう日は解説じゃなくてよかったとほっとするらしい。
その後は手の広い局面になり、どんどんコメントしてくださいと言ってその手の解説に。
野月七段は解説うまいわー。

次の手で豊島七段にぴったりした手が無いと、
羽生王座に形勢が傾くと解説したところで質問メールに。

人見知りな野月さん、意外と毒舌な室田さんこんばんは。
漫画ナリキン!の鈴木さんからメール。将棋とサッカーの漫画で野月七段が監修しています。
ひとまず連載終了ということでナリキン!2を書くときはよろしくおねがいします。
ここで意外と毒舌コンビと描いてある野月七段と室田女流の絵が表示されました。
野月七段「今日猫かぶってるから毒舌はないはず」
室田女流は漫画すき?
コナンとか金田一とかミステリー系が好きとのこと。ワンピース仲間でもあるらしい。
野月七段「フルカラーの電子書籍が70巻まででてるよ」
室田女流は新幹線でジャンプを読んでホームで捨てるらしい。

小学生名人になる頃に詰め将棋を1万個解いたと言っていましたが、
何手詰めくらいのを解いていましたか。
当時はプロを目指していて、
木村八段がライバルでプロになると言っていたので俺もなると思った。
毎日5時に起きて8時までやっていた。今より解くのが早いくらい。
9手11手13手くらい1日100題200題をだーっとやる。1分くらいで解ける問題。
詰め将棋やって損することは無い。
北海道なんで普段対戦する相手がいなかった。
6年生でアマ5段だったので相手がいなく、
一人でやる勉強は棋譜並べより詰め将棋が好きだった。
自分の中で詰む形を覚えるのが大切。
延々考えてやっと詰ますより詰むパターンを山ほど覚えると上達する。
室田女流も詰め将棋を結構解く。
苦手で嫌いな人はやらなくていいと思う。アマチュアは楽しいのが一番だから。
長く考えるのが嫌なら1手詰めとかでもいい。
楽しくない勉強法はやらなくていい。趣味だから。

その間に豊島七段が△3四歩を指し、野月七段はやや先手よりに。
ぴったりした手ではないとの評価か。
ただし羽生王座の▲同銀から混沌とした局面になりました。
記録係り「羽生先生残り30分です」
羽生王座「はいーー」
今日は羽生王座の返事やうなり声がよく聞こえる。
どちらが有利ですかのコメントに、
野月七段「どちらが有利かは教えてください」
終盤なのに手が広い局面で野月七段が楽しそうに解説し、
羽生王座はうめき声をあげ、豊島七段は頭をぽりぽりかく放送になりました。
その後検討を進めて野月七段は互角の評価に。大熱戦だ。

しかし手が進むと豊島七段が大優勢に。
羽生王座との短時間の叩きあいでこの展開はなかなか豊島七段すごいんじゃないか。
野月七段もこの一局を境にタイトル戦の展開もがらっと変わるかもしれないと、
べた褒めの一局になりました。
そして豊島七段が羽生王座の玉に詰めろをかけて、羽生王座が投了。
豊島七段の勝ちとなりました。
今日の豊島七段は攻めっぱなしで細い攻めを繋ぎきってしまい、
羽生王座には反撃の暇もない将棋でした。

野月七段
ぎりぎり細い攻めを延々続けて、最後は自陣の駒も使った寄せで、
横歩取りの後手のお手本のような将棋だった。
途中ちょっと足りないと思える局面でもうまく攻めをつなげた。
選択肢の幅が最後まで多くて、終盤でも広かった。

今日は横歩取りが得意で解説名人でもある野月七段がしゃべりっぱなしで、
とても楽しい放送になりました。
棋力アンケートでは初心者の方が多く、
横歩取りというアマチュアには難しい戦型になりましたが、
聞き手の室田女流は角の利きを指でなぞったり、
省略してもかまわなさそうな1手詰みの局面も並べるなどサポートもばっちりで、
とても分かりやすい解説と面白い雑談で1日中楽しめました。
豊島七段は負けたら終わりでまだ勝ち星が無いという状況でしたが、
横歩取りの後手を持って積極的に攻めていく作戦が成功し、
見事に羽生王座から1勝をもぎ取りました。

王座戦第4局は10月7日、ニコニコ生放送では13時から大盤解説があり、
解説が屋敷伸之九段、聞き手が中村桃子女流初段です。
豊島七段が先手番でどのような将棋を目指すのかとても楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

相掛かり無敵定跡研究
野月浩貴、山崎隆之著
¥1,575






将棋電王戦タッグマッチBブロックは西尾明六段ponanzaタッグが優勝

今日行われた将棋電王戦タッグマッチ2014、
1stRound Bブロックは、西尾六段が優勝し、10月12日の決勝トーナメントに進出しました。

解説は渡辺明二冠、豊川孝弘七段、聞き手は室谷由紀女流初段、熊倉紫野女流初段、
貞升南女流初段でした、
豊川七段「今日はコンピュータに慣れていそうな若手が多いので楽しみです」
室谷女流「竜王戦名人戦に次ぐ賞金規模の棋戦になるということで」
渡辺二冠「それはまだ何も決まってないからニャンとも言えない」
最初の組み合わせ抽選にて。
豊川七段「Eがいいんじゃないですか」
渡辺二冠「それさっき僕がリハーサルの時に教えた…」
船江五段が1番を引き、3回戦うが全部先手なEを選択。
「去年優勝した佐藤慎一さんがEだったのと、
あとひとつ理由があるんですけどそれは後で」
2番を引いた菅井五段「船江さんとやりたいからD」
3番の阿部四段
「うーん、えー、えーとじゃCで。対局時間が一番遅いんで早く帰りたくないから」
4番の西尾六段「選ぶところひとつしかないと思うんですけどBで」
最後の佐藤六段「うーんとどこにしようかな。僕もBでお願いします」軽くウケる。
豊川七段「菅井さんがすがすがしいDを選んだということで、驚きマンモスで」

1回戦
先手船江五段ツツカナVS後手菅井五段習甦
解説渡辺二冠・聞き手室谷女流
読み上げの熊倉女流が
「先手は菅井竜也五段、習甦のタッグです」と言って両対局者につっこまれる。
注目の戦型は菅井五段は2手目△8四歩で居飛車宣言。矢倉に。
渡辺二冠
「菅井五段が後手で矢倉模様は珍しい。
この形はここ20年くらいは先手がいいという結論で指されてなかった」
菅井五段が研究手△5五歩を出して戦いがスタート。
大盤解説のすぐ後ろで対局していることについて渡辺二冠。
「ここすぐ後ろで対局しているんですけど意外に聞こえているというか。
あと指し手の話とかで結構言う人がいるじゃないですか。
そうするとああそうなんだなあとか。
早指しだと解説でこういうのは取る一手とか言われるとああそうなのかなとか」
室谷女流
「取る一手とか言われると違う手を指したくなっちゃうんですけど私は」
渡辺二冠
「そういうひねくれた人もいるんですけど。
この手もあるとか言う解説の人もいるんですけど、
例えばこの局面だと銀が出る一手だから、
それはプロから見たらすぐわかるからその伏せ方は意味が無い。
はーこの手があるんですかーとか言われると、それは解説者は本当にそう思っている」
習甦ツツカナ共にほぼ同じ読み筋なことについて渡辺二冠
「ここで手が広くないということはもうどっちかがいいってことですね」
そういうもんなのかー。
評価値について渡辺二冠
「300点とかで優劣が両者一致したら厳しい。
人間同士だと一手ばったりとかあるんですが」
コンピュータの候補手について渡辺二冠
「対局席からこの(解説者用に両ソフトの候補手が映っている)モニター見れば、
(相手のコンピュータの候補手が)わかるんですよ。
僕眼鏡かければ1.5ですから多分見れるんですよ。
だから候補手については伏せて解説しも意味無いんじゃないですかね」
ソフトによって評価値が違うことについて渡辺二冠
「ソフトでも結構100点くらいの誤差は見る。200点だと多分どっちかのソフトが弱い」
船江五段が持ち駒の銀を打って菅井五段の角のにらみを受けた手について渡辺二冠
「このへんがタッグマッチっぽい手なんですよね。
普段は浮かんでも指しにくい手なんですが、ソフトと一致したら短時間で指せる」
評価値は習甦0、ツツカナ3とほぼ互角に。
後手矢倉で先攻できてこれなら菅井五段の研究手が実ったか。
千日手について渡辺二冠
「コンピュータは千日手は結構するんですよ。
人間は打開しようとするんですよ。もう1局指すのだるいから。
でも打開するとこれこれこうなって50点マイナスになりますよとか言われると、
そうなのかなあとなるんですよ」
盤上では後手の菅井五段が猛攻する展開に。
「ぱっと見先手ピンチですよね。これ人間だとどう受ければいいのか難しいから」
室谷女流「ここで形勢判断アンケートとか」
渡辺二冠「どうせニャンとも言えないに入れるんでしょみんな。
優勝予想とかでいいんじゃないですか?」
「先生予想は?」「6番じゃないですか?ニャンとも言えない」
6番が「にゃーん」になって渡辺二冠「もう、ばかにしやがってー。
今日のトーナメントは競馬でいうとどれも切れない。どれにもかけたくない」
アンケート結果は菅井五段14.5%、船江五段6.0%、阿部四段8.6%、西尾六段14.3%、
佐藤六段5.4%、にゃーん51.2%。
盤上では菅井五段の猛攻炸裂で船江五段に王手飛車取りがかかり、
習甦308、ツツカナ-268と差がつき始める。
渡辺二冠「普通はどっちかがミスをして形勢に差がつくんですけど、
この対局は菅井さんが上手くやってますよね。
コンピュータの手をただ採用するのではなく、自分の手も織り交ぜながらね」
船江五段の玉が詰んでもおかしくない局面になって渡辺二冠
「詰みなら詰みって出ますからね。そしたらその通り指せばいいだけだから」
渡辺二冠が多分詰むと言っていると、菅井習甦タッグも綺麗に詰まして勝利。
菅井五段「終盤はソフトは正確なのでそのへんうまく使えました」
船江五段「毎年毎年完敗で申し訳ない」
その後の感想戦は並べまくり符号言いまくりの楽しい感想戦になりました。
渡辺二冠「じゃあ、室谷さん。最後まとめよう」無茶ぶりである。

2回戦第1局
先手西尾六段ponanzaVS後手佐藤六段やねうら王
解説豊川七段・聞き手飯野女流
西尾六段が横歩を誘い、佐藤六段が乗る流れに。
豊川七段「西尾さん青野門下ですからいきなり取るいちで行きましたよ」
西尾六段は師匠の名前のついた横歩取り青野流に。

質問メール
解説者の先生はどのソフトとタッグを組みたいですか。
豊川七段はソフトを使わないらしい。
豊川七段「使うことはナイチンゲールで」
「沢田研二じゃないけど右手にやねうら王」絶口調である。
「佐藤六段は優勝したらかぶりものするとか聞いてますから」無茶ぶりである。
SSFについて
飯野女流「一度行くとファミリーになれるという話で」
豊川七段「飯野プロ行ったことありますか?ない?行かない方がいいですよー」
序盤から時間を使う佐藤六段と、
定跡手順なのですぐに指す西尾六段という対照的な展開に。
解説中に、名前を呼ぶと呼ばれた棋士の脳波が動くことを発見する豊川七段、
両対局者の名前を言って脳波の乱れを楽しむ。
飯野女流は第1局の記録をとっていて、
渡辺二冠の解説がすごく面白くて笑いをこらえるのが大変だったらしい。
飯野女流「これはまだ定跡なんですか?」
豊川七段「未知との遭遇スピルバーグ」
豊川七段の新格言「手が見えないときは聞き手に聞け」
振り飛車党の飯野女流に横歩の手を聞くとは鬼畜である。
豊川七段「佐藤六段の頭が真っ赤になってきましたよ。
昔米長先生の大事な対局で頭のてっぺんが真っ赤なのを見たことがある。
森内名人とかは見えないけど、ちょっと寂しい人は見える」
カメラが佐藤六段のアップに。
どちらを応援しているかアンケート、佐藤六段48.3%、西尾六段51.7%。
ponanzaの評価値は299だが、豊川七段は佐藤六段やねうら王持ちらしい。
持ち時間は西尾六段57分対佐藤六段28分といきなり大差に。
形勢アンケートは佐藤六段12.6%、西尾六段43.8%、どちらも持ちたくニャイ43.6%。
豊川七段「行きましたねー。成ります南と」記録の貞升南女流はやや笑い。新手か。
解説を進めた後にコンピュータの読み筋を確認する豊川七段。
「ニャンと。僕と同じ読み筋のコンピュータがいない。結構ショック」
しかし解説通りに進んでほっとしていました。
やねうら王の示す金を打っていく攻め筋に豊川七段
「重たい。小錦。見たことないですよーこんな攻め筋」
「会場の皆様こっちもって見たいという人は手を挙げて…おーーーさだはるー」
その後も攻めを着実に繋いで西尾六段の勝ち。豊川七段はおやじギャグ連発でした。

感想戦
佐藤六段「せっかくだから序盤からコンピュータの好きな形を目指そうと思ったが、
うまくいかずに悔いが残る戦いだった」
西尾六段「序盤はよく研究している形なので時間を使わなかった」
感想戦によると西尾六段が踏み込んで攻めに行った手は、
ponanzaではなく西尾六段の決断だったらしい。
決勝への意気込み
西尾六段「勝ちを狙って指していきたいと思います」

2回戦第2局
先手菅井習甦対後手阿部四段YSS
解説渡辺二冠・聞き手熊倉女流
質問メール
渡辺二冠の師匠の所司先生がアジア大会に出場していますが、そのことについて
中国将棋のことだと思うんですけど、まったくわかりません。
入門したときにちょっと教わったんですが、
一応やらせてみて強かったら対戦相手にはなるということで、
弟子には一度はやらせていると思う。
対局開始までのつなぎトークで立会人の豊川七段は既に笑っていました。

序盤3手目に菅井五段は▲1六歩と端歩を突いてさっそく揺さぶりにいき、
ゴキゲン中飛車に。
コンピュータの強くなる成長速度に渡辺二冠
「迷惑な話なんですけどねー。人生設計狂いましたよ」

質問メール
22日に出版された、渡辺明の思考:盤上盤外問答で、
コンピュータ将棋に対する率直な感想を教えてください。
迷惑な話なんすよ。これがね、なければ人生ばら色だったんですけど。
子供の頃に描いていた人生設計と違いますからね。
まったく予想…どうしちゃったんですか?(熊倉女流がつぼに入って爆笑していた)
自分がおじいちゃんになっても、わかんないわかんないコンピュータ将棋なんて、
って言ってるくらいがよかったんですけど。
ファンの方なんですかねえ、僕の。ありがたいですよねえ宣伝してくれて。

渡辺二冠
「2歩はニフティーになっちゃうからね」
「この手は重いですからね。小錦だっけ?」豊川ウィルスに感染してしまったか。
阿部四段は渡辺二冠が無難な手ならこれという解説通りの手を進める。

絶口調の渡辺二冠
「さっき控え室で話していたんですけど、
タブレットは1手しか出なくて10手後とかは出ないので、
席上から解説者用のモニターを覗き見するのが一番いいんじゃないかって」
評価値は習甦と比べるとYSSは悲観派の模様。
習甦+52、YSS-367とかになりました。
千日手になる変化もでてきて渡辺二冠
「千日手は持ち時間を30分にして指しなおしって書いてありますけど、
30分以上残っている場合は違うんですよね?何も書いてないけど。
多分立会人がマンモスって出てきて、
このまま指しなおしてくださいマンモスって言うんだと思いますよ」
どちらが有利かアンケート
阿部四段4.6%、菅井五段22.0%、
わからないので「渡辺明の思考:盤上盤外問答」を読みます73.3%。
菅井五段は攻める振り飛車な棋風という話で、
熊倉女流「渡辺先生も最近振り飛車を指されて」
渡辺二冠「攻めるんだけど決まらないみたいな…リアクション困ってるでしょ今」
豊川七段は渡辺二冠が奨励会時代に幹事だったらしく、
小学生だった頃の渡辺二冠は雷を落とされたことがあるらしい。

将棋は菅井五段が攻めを繋ぐ1回戦と同じような戦い方でじわじわリードを広げ、
阿部四段はジリ貧になり大差に。その後習甦は+9999と勝ちを確信。
詰むのかどうかという局面になり渡辺二冠「考えるかたまには自力で」
その後時間を残していた菅井五段が習甦に頼らずに詰みまで読みきり、
菅井五段の勝ちになりました。

感想戦
阿部四段「YSSは受ける将棋が得意なのですが、
手を選ぶのは自分なのでちょっとちぐはぐしたかなあ」
菅井五段「習甦が正確だった。攻める形を作って習甦に任せるという作戦がよかった」
すかさず菅井五段が手を選んだ局面をさくっと並べて、
「そう言いつつ本当は自分で考えてるんでしょ?」と突っ込む渡辺二冠。
コンピュータの手も結構見ながら解説してたんですねえ。
菅井五段は習甦がいい手を示すまでは自力で指して、
いい手が来たらその後は手を選択するという作戦の模様。
習甦に任せるモードのときは映画鑑賞みたいだったらしい。

決勝戦の意気込み
菅井五段「今みたいな作戦で習甦に任せられれば。
決勝戦くらいは自分のいい手を指したいなとも思うので頑張ります」

決勝戦
先手菅井五段習甦VS後手西尾六段ponanza
解説佐藤六段、船江五段、聞き手貞升女流初段
船江五段「菅井五段は僕に勝ったので優勝してほしい」
佐藤六段「西尾六段は僕に勝ったので優勝してほしい」
控え室では阿部四段が先ほどの対局の棋譜を並べていたらしい。

戦型予想
菅井五段は居飛車振り飛車両方指すので予想しにくい。西尾六段は基本居飛車。
佐藤六段「菅井五段が居飛車、振り飛車ときたので今度は居飛車」
船江五段「そんな普通に?」
タッグマッチについて
佐藤六段「情報がたくさん目に飛び込んできて、
豊川七段のおやじギャグもくるので大変だった」
船江五段「一度コンピュータにまかせると自分の手に戻ってこれなくなる」

聞き手の貞升女流が倉敷藤花挑戦者決定戦出場おめでとうということで一言。
貞升女流「山田女流は相居飛車はかなり強いので」
今まで1局しか対局がなく、大逆転勝ちだったとか。
「中継もされるし、運良くあがってきたなという印象が強いので、
なるようになるか、当たって砕けろの精神で頑張りたいと思います」

対局をしていて解説の声は結構聞こえてきたらしい。
佐藤六段「最初のトーナメント決めでは、
豊川さんのところじゃないところに入りたかった」
船江五段も渡辺二冠の解説が聞こえていた。
佐藤六段は序盤で苦しんでいたので結構聞こえてきたらしい。

菅井五段は準決勝と同じ3手目▲1六歩と変化球。
その後も居飛車か振り飛車かどっちつかずで手を進めました。
佐藤六段曰く習甦は居飛車より、ponanzaはオールラウンダー、
やねうら王は振り飛車よりらしい。
船江五段が振り飛車もあると言っているところで菅井五段が居飛車を表明。
船江五段「兄弟子をたててくれると思ったんですけど」苦笑いの菅井五段。
ponanzaの評価値は触れ幅が大きくて楽観派。習甦は結構慎重とのこと。

船江五段「二人とも完敗でしたね。
気がついたときには受けがなくなっていて知らない間に斬られてた。
痛みも感じなかった」
佐藤六段はすごい痛みを感じたらしい。
ツツカナは早繰り銀が大好き。やねうら王は腰掛け銀が大好き。
桂馬の頭をどう守ればいいかという解説から佐藤六段と船江五段のカツラトークになり、
記録と読み上げの熊倉飯野女流ペアが笑っていました。
盤上では菅井五段が長考の末、西尾六段の飛車を捕獲しにいく手を指すと、
その手に対して菅井五段の桂馬の利きに角を放つ西尾六段。
すごい応酬ですが、両ソフトとも同じ読みとのこと。
船江五段によると両者とも自分で結構指しているらしい。
船江五段は結構頼って指していて負かされたので後悔していました。
細かい折衝の後に菅井五段が手番を握って先攻。
ただし楽観派のponanzaは+200以上、慎重派の習甦は-200以下の評価値に。

佐藤六段は将棋は楽観派でしゃべりは悲観派。
「今日もまたすべるのかなーみたいな」
船江五段は将棋は悲観派でしゃべりは楽観派。
「変な手言っちゃってもアマチュアの方向けの解説なのでなんとかなるみたいな」
黒船江とコメントで突っ込まれていました。
難しい局面になって、自力で考えるとすると難しいと言っていたところで、
解説が渡辺二冠豊川七段と交代に。
菅井五段は角を自陣に打って我慢する手を選択。

貞升女流「このあたりで視聴者の方々にアンケートをとりましょうか」
渡辺二冠「ギロリ」
形勢判断アンケートは西尾六段13.4%、菅井五段9.3%、
分からないので10月から豊川先生の講座を見ます77.3%。
渡辺二冠「将棋の講座ですか?」容赦ない突っ込みである。
角を切る手順を解説する渡辺二冠
「きり…きり…」「桐山清澄で」ここで豊川七段が新手を炸裂。

質問メール
さきほどの渡辺二冠の豊川七段に怒られた奨励会エピソードを教えてください。
渡辺二冠が中一だったとき、
奨励会の研修合宿でお寺に行ったときに雑巾投げかなんかではしゃいでいた。
次やったら承知しないからなみたいな感じで怒られたらしい。
豊川七段「宮田敦史君は雑巾投げてたと思う」
渡辺二冠「お寺で雑巾投げはまずいっすよね」
貞升女流「私は雑巾投げとかはしてないと思う(キリッ」

どのような準備をして大一番にのぞむのか。
豊川七段は、
予定を立ててもその場の気分で変えたりしちゃうからあまり立てていかないらしい。
渡辺二冠もそんな特別準備をしているわけではないらしい。
そこでできるということは普段手を抜いてるということだから、理屈としては変とのこと。
倉敷藤花挑戦者決定戦が控えている貞升女流
「あまり気にせず勝ちたいと思いますけど周りからは結構言われて…」
「頑張れ!」「やめてくださいよー」

機材トラブルで対局が一時停止に。
「矢沢永吉になっちゃったわけですね」
「何ですかそれは」「時間よ止まれって…知らないですね…」

20日のタッグを見ていた渡辺二冠
「加藤九段と中村六段の対局で、
中村六段の銀が4五に出る前に既に加藤九段が4四歩と追い返していて爆笑した」
TSで見れるので是非。
どちらが優勢かを解説中に豊川七段「貞升さんは、とーかなあ」強引すぐる。
ponanza715、習甦0という評価値が分かれまくりな局面になりました。
しかしその後ソフトは西尾六段の勝勢との評価値になり、
秒読みで一手30秒となりましたが西尾六段が冷静に菅井玉を寄せ、
決勝トーナメント進出を決めました。

菅井五段
「始め不本意な展開かなと思った。
難しくなったかなと思ったが推奨手を指さなかったらすぐに悪くなった」
西尾六段
「全然急所がよくわかんなかった」

感想戦
西尾六段はponanzaが盤面を制圧するのが好きなので、それを目指したらしい。
だんだん押さえつけていくような指し方が得意なので、
そのような展開になるようにしたとのこと。
渡辺二冠
「この将棋難しすぎて。序盤が難しすぎましたね。
序盤がとにかく長くて、
中盤から駆け足になって見てる方もどうなっちゃんだという展開だった」

予選が終わって
西尾六段
「いや、ほんとにあのponanzaが強いソフトだったなあと。
自分の指したい手もいろいろさせた。最後はponanzaらしくうまく決められた」
菅井五段
「優勝したかった」
佐藤六段
「優勝した西尾さんはponanzaの良さをうまく引き出して。流石だなと思った。
僕は爪痕を残せなくて残念だった」
船江五段
「決勝戦を見てて二人は使い方も将棋も上手くて自分の力不足だった」
阿部四段
「去年は1回戦負けだったので1回戦は勝ちたかったんですけど、
自分の使い方や実力が足りなくて、決勝戦はレベルが高かった」
片上理事
「今日の方が土曜日に比べると若い棋士が中心で、
タブレット等をうまく使いこなして指してくれるのかなと思ったが、
その通りになってくれた。
決勝戦は自分の読みと違った手が出て、考えてみるとなるほどなと思った。
これからはこんな将棋になるのかなとも思った。
決勝戦はどちらが出てきても優勝候補になるのかなと思って見ていた」

土曜日の予選では森下卓九段がツツカナを操って決勝進出しました。
その時は序盤でリードを奪えば人間+コンピュータ相手に逆転はほぼ無いので、
いかに序盤で人間が考えてリードを奪うのかがポイントなのではないか、
「藤井さんが出れば必勝ですよ」by森下九段とのことでしたが、
今日決勝に勝ち残った西尾六段と菅井五段はコンピュータの特徴を掴んで、
コンピュータが力を発揮しやすい展開に持ち込むということを重視していました。
菅井五段は習甦が攻めが得意という特徴を掴み、
いかに攻撃態勢を作って習甦の力を引き出すかを重視し、
西尾六段はponanzaが盤面を制圧する展開が好きという特徴を掴み、
金銀を中段に打って習甦の攻め駒を刈りに行きました。
評価値も割れていて面白かったですが、
持ち時間が短いとponanzaが強いんだなあということと、
屋敷九段+ponanzaに勝った森下九段+ツツカナってすごい仕事をしたんだなあ、
とも思いました。
これで10月12日のFinalRoundは、
第1局が佐藤慎一四段・ponanza2013var対森下卓九段・ツツカナ、
第2局が西尾明六段・ponanza対久保利明九段・習甦となりました。
解説は深浦康市九段と佐藤天彦七段、聞き手が中村桃子女流初段、安食総子女流初段、
藤田綾女流初段、渡辺弥生女流初段です。
森下九段も西尾六段もコンピュータをうまく扱っている印象で、
佐藤四段と久保九段はかなり対策に迫られそうですが、はたしてどうなるか楽しみです。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

渡辺明の思考: 盤上盤外問答
渡辺明著
¥1,674






王座戦第2局は羽生王座が圧勝で通算22期に王手!

羽生善治王座に豊島将之七段が挑む第62期王座戦第2局は、
羽生王座が豊島七段を破り、王座獲得通算22期まであと1勝としました。

戦型は先手の豊島七段の誘導で角換わりになりました。
午前中に豊島七段が先手ながら1手手待ちをする新趣向を見せ、
未知の局面で戦いが起こりました。
豊島七段が右側の金を6八から5八へ動かし、
羽生王座が穴熊に囲いなおす1二香が入った形での戦いになりました。
1一香型だと前例があり後手が勝ち越しているようですが、
わざと手待ちして1二香型に誘導してから戦いを起こしたのが豊島七段の新工夫で、
その局面はもう前例が無くなったようです。
戦いが起こった直後に豊島七段の手番のまま昼食休憩になりました。

ニコニコ生放送では13時から大盤解説があり、
解説が北浜健介八段、聞き手が室谷由紀女流初段でした。
第1局は矢倉の将棋で午前中からすごい勢いで進行したが、
今日は先手番の豊島七段がどんな作戦でくるのか注目だった。
豊島七段が金を6八から5八へ手損で移動した関係で羽生王座の1二香が入り、
そのせいで未知の局面になっている。
1一香、5八金の将棋なら前例があり、後手が勝ち越しているとのこと。
その後詰め将棋の正解者へのプレゼント色紙を書いている北浜八段に、
室谷女流「最近お勧めの本とかありますか?」「え”?」あわてる北浜八段。
北浜八段が書いた詰め将棋の本脳トレ5手詰よろしくとの前振りだったようですが、
室谷女流「私も買います(キリッ」「え”?」動揺する北浜八段。
室谷女流の妨害工作?にめげずに色紙に詰め将棋を書き終えた北浜八段は、
「緊張しました。微妙に机が揺れるー」
その後初手から解説になりましたが、
角換わり特有の千日手含みでの手待ち合戦の解説中に、
北浜八段「正直何が起きているのかよく分からない」
北浜八段は数年ほど角換わりを指していないらしい。

ここで写真で対局者の昼食紹介
羽生王座はざるそば、天ぷら、ご飯、メロン、オレンジジュース。
豊島七段はそば、天ぷら、山かけご飯、香の物、メロン、ほうじ茶。
ざるそばにオレンジジュースっておいしい感じがまったくしないんですが…。

リレー質問
真田七段から北浜八段へ
北浜さんは二人目のお子様のご予定はありますか。

奨励会幹事を最近まで一緒にしていたのでそういう質問かと思ったんですけど。
うちは小学1年生の男の子なんですけど、男の子元気すぎて…。
やっと将棋始めて1手詰めなら解ける、1手詰めしか解けない。
将棋あまり好きじゃない…教え方がよくなかったのかも。
二人目はないんじゃないかなあ。
姪っ子がいて女の子は静かだなあと思った。
将棋よりサッカーとか体動かす方が好きそう。
かならず女の子が生まれるんだったら…いや、何でもありません。
室谷女流「私の母は女の子が欲しくて酸性のものを食べてたみたいですよ」
それは都市伝説レベルなんじゃなかろうか。

藤田女流から室谷女流へ
Twitterで料理をアップしていますが、得意料理は何ですか。
たこ焼きは得意ではない(コメントで書かれた)。
肉じゃがは作れた方がいい、女の子らしいといわれて作ったが1度きりだった。
簡単だからパスタは好き。
1人暮らし始めてやることが多くて時間かけてらんない。
私の写真はパスタが多いと思います。
ヘルシーなものは心がけています。少し女子っぽいところも見せないと。

ファンレターをもらうことは多いですか。
今までもらったファンレターの中で嬉しかったものとかはありますか。
北浜八段
ほとんど記憶がないですね。ただ忘れてるだけってことかもしれませんけど。
これで私は送りましたって方から抗議がきたらひたすら謝るしかないんですけど。
奨励会幹事をしてからたくさん人の名前を覚えることになって、
他の事の記憶力がなくなってしまった。
室谷女流
イベントとかで会った時に頂いたことの方が多い。
将棋連盟に来る場合は日にちがたって内容がずれてしまうのもあって、
申し訳ないなと思うんですけど、
頂いたお手紙はすべて読むようにしています。厳しいお言葉も頂いて。

北浜先生昨日の勝利おめでとうございます。
作戦負けで苦しいなーと思ってたんですけど、
相手の高橋先生もそんなに良くないと思っていたみたいで不思議だなと思った。
石田九段に勝ったNHK杯で加藤九段をまじえた感想戦について、
放送ではその後も感想戦が続いたように見えたがどうだったのか。
解説が加藤先生で、石田先生もご自分で解説するときは饒舌で、
加藤先生と石田先生が一緒にそろうと楽しいんだろうなと対局前から思っていた。
将棋は石田先生が優勢だった。久々に予選を突破して気合が入っていた。
何か勝ち筋があるんじゃないかということで、
一生懸命勝ち筋を探して、お二人の先生がよくしゃべる感想戦になった。
一旦放映が終わったが、
だいたい負けた方が納得するまでやるのが感想戦の目的と言うか、
テレビ的に言うとよかったんじゃないかなと思うんですけど。
NHK杯はみんな反響も多いので気合が入っている。
室谷女流は初めてNHK杯で読みあげをした時は緊張で鳥肌が立ったらしい。

お二人は今年度関東と関西に移籍しましたが、勝手が違って驚いたことはありますか。
北浜八段。
関西から関東へ移籍する方は時々いらっしゃいますけど。
自分の場合は関西で勉強してみたかったというのがあって、
思い切って移籍しちゃおうかなというのがあった。
子供が1年生になるので移籍するのかしないのか決めなければいけないタイミングだった。
棋士室とか関東ではあんなに1箇所に集まって将棋を指す事はないので活気がある。
周りの方がみんな関西弁。
僕は関西弁をしゃべらない方がいいというか。子供は学校では関西弁みたいですけど。
初めて解説会に行ったが、標準語で解説されるのは新鮮ですと言われた。
勉強する環境はすごく、棋士室にいくと奨励会員もいて指せるというのはありがたい。
室谷女流
北村桂香女流と会った瞬間に大阪弁に勝手に変わった。
使い分けてる自覚はないんですけど自然に変わった。
移籍した理由は環境を変えて将棋にうちこみたかったから。
関東は連盟とかでは指さないで自宅や場所を借りてやったり、
どこに行けばいいかわからない。当初は研究会ゼロだったりした。
関西だと棋士室での将棋が終わったあとに遊びに行って仲良くなってしまう。
ようやく自分の勉強のスタイルが確立できてきた。
最初はどこで将棋を指せばいいのかもわからなかった。

盤上では難解なはずの局面ですが、ぱたぱた指し進める両者。
北浜八段は羽生王座の香車が1一ではなく1二にいるせいで、
豊島七段の2四桂という金香両取りがあるので、
うまく咎めているのではないかとのこと。
形勢アンケート
豊島七段25.9%、羽生王座31.6%、ニャンとも言えない42.6%。
北浜八段はどちらかといえば先手の豊島七段持ちらしい。

羽生王座の香車が1二ではなく1一にいると同一局面があり、
先手森内竜王対後手渡辺二冠の対局は千日手だった。
豊島七段が金を往復して手待ちをしたために、
羽生王座の香車がひとつ前に進み、そのせいで桂馬の両取りの傷が生じているとのこと。

おやつ後の解説では羽生王座の手順に北浜八段
「なるほど指されてみるとこの手順しかなかったんだ」
その後先手指しやすいという形勢判断があっさり揺らぐ。
解説を進めると北浜八段は後手を持ちたいと見解を変えました。

北浜八段と室谷女流のおやつは小田原の一夜城Yoroizuka Farmのデザートらしい。
やばい。おいしそう。

おやつ後は北浜八段が、
羽生王座の指す手が全然見えないと解説不能になるような難しい局面に。
きっとニャンとも言えない形勢なんでしょう。

質問メール
第1局の棋譜中継を見る限り、関西の検討人が豊島七段よりなのですが、
関西ではみんな豊島七段を応援しているのか。
確かにたくさん棋士がいた。みんなで応援するという感じ。
関東は淡々と形勢を考えている。
タイトル戦に関西の棋士が出ると関西棋界全体が盛り上がる。
普段はライバルだが挑戦したら応援したいという気持ちがある。
盤を離れたら仲間という感じ。
先日兵庫で対局された王位戦もたくさん棋士が勉強しに行った。
みんなで待ち合わせて集団で行くような感じ。
関東はカードに関係なく勉強に行く。
現地に行く熱心な棋士が常連みたいな感じになる。

地元を離れて初めて知った地元のことなんかがあれば。
あと、関西には詰め将棋のエキスパートが3名いますが、
詰め将棋部をつくるとしたら宣伝部長が浦野先生、副部長が北浜先生、
課長が船江先生ですか?
北浜八段
今まで神奈川に住んでいて大阪に移籍すると気持ちが違うというか、
ありがたいなあと思う。
大阪だから何か変わったとかはあまりないと思うんですけど、鈍感なのかなあ。
地元の大会と市内の小中学校を回って7、8年になるが、
今年もそろそろシーズンなので関東と関西の往復になるが可能な限りしていきたい。
室谷女流
誰も大阪弁を話していないが、気を使って大阪弁教えてよーと言われたりする。
ずっと実家に住んでいて東京で一人暮らしなので、
食事洗濯掃除とかはすごい有難いことなんだなあと思った。
地元の大会で大阪に帰ったが、東京に来てから大阪に帰るのはすこし違かった。
詰め将棋部について
北浜八段
関西はもっとたくさん詰め将棋の先生がいるよー。
詰め将棋創る棋士は関西のほうが多いかなあ。
船江五段は初めて入選した詰め将棋が看寿賞という不滅の記録を作った。
室谷女流
イベントで船江五段が握り詰め将棋を創ることになって、
多い方がいいのかなと思ってごっそり駒を取ったら、
何でそんなに取るねーんと突っ込まれた。
しかし昼食休憩中の1時間もしないうちに25手詰めが綺麗に完成していた。
自分はご飯を食べていたので怒られた。
詰め将棋の創作について
最終手から逆算していく人の方が多い。
初形から創るとどういう収束になるか分からないから。

先日NHK杯で持将棋指しなおしになった。
室谷さんは読み上げをしていたがどうでしたか。
持将棋になってからも結構指されていたように思いますが。
室谷女流
ちょうどその時豊島七段が解説だった。
周りの方からも大変だったねと言われた。どちらから持将棋を言われるのかなと思った。
時間が切迫していると指さないといけないので言うタイミングが難しい。
個人的には1日に2局見ることができて嬉しかった。
北浜八段
NHK杯予選の時に、持将棋で指しなおしを勝ち上がった人と、
自分が持将棋になって、記録係りがぼやいていたので注意したことはある。
君記録係りなんだから、指してる自分が一番ぼやきたい。

夕食休憩前に形勢アンケート
羽生王座69.8%、豊島七段6.2%、ニャンとも言えニャイ24.0%。
偏ったのは直前に羽生王座の駒をぐりぐりと押さえつける癖がでたのも原因か。

夕食休憩後に室谷女流がお風呂に入ってきてもいいですかというコメントを拾う。
解説の北浜八段は9時までは終わらないから大丈夫と力強く断言。
しかし羽生王座は北浜八段の解説に出てこなかった鋭い寄せを見せ、
フラグかと危ぶまれました。
詰むや詰まざるやの局面になると、詰め将棋作家でもある北浜八段が冴えます。
歩以外の持ち駒を余さず使った創ったような綺麗な詰み筋も披露。流石である。
羽生王座は豊島七段の囲いの金銀を外そうと桂馬2枚で攻めかかりました。
北浜八段は金銀を取るだけ取って受けに回る手もあると言いつつ、
「なんかこう先手の希望を打ち砕くような手があるような気がするんですけどねえ」
結局羽生王座は金銀を取るだけとってさらに寄せ形を作ってから王様を早逃げする、
という鬼畜な激辛流。先手の希望を打ち砕くような手が出ました。
豊島七段が最後のお願いの手を指したところで席を立つ羽生王座。
第1局で真田七段が、
測ったように自分が勝ちになった時に席を立つのが羽生流、って藤井さんが言ってた、
と述べていましたが、やっぱり癖ですねえ。
真田七段はこういうのは戻ってきて比較的すっと指しますよとも言っていましたが、
羽生王座は戻ってきてすぐに受けの手を放ち、室谷女流は「いやー手堅い」とため息。
豊島七段は表情を変えずにコップの水をクイッ。
そして残り5分の秒読みで10秒と言われたところで投了となりました。

今日は豊島七段が羽生王座を角換わりの後手番という、
羽生王座にとっては比較的勝率の低い戦型に誘導し、
しかも新趣向で自分の研究範囲に誘導することも成功したのですが、
それでも連続19期、通算21期という、
羽生王座の高い高い壁を乗り越えることはできませんでした。
豊島七段は趣向により傷になったと言われた▲2四桂の両取りまで漕ぎ着けたのですが、
両取り逃げるべからずとばかりに銀の割り打ちをしてから、
すっと自陣に銀を下げた局面を見ると、どうも羽生王座がうまく指したように思います。
豊島七段は羽生王座の8一にいる桂馬を、持ち駒の銀を使って取りに行ったので、
▲2四桂に1局を賭けたと見てもいいと思いますが、結局▲2四桂は、
趣向のせいで生じた銀の割り打ちという反撃で羽生王座にいなされてしまい、
桂馬を取りに行った豊島七段の8一銀はそのまま活躍することなく、
取られることによって手を稼ぐということもなく、遊んだまま終局してしまいました。
結果的に新手を完璧に逆用された形になってしまい、
豊島七段の力が発揮されずに終局と、羽生王座の横綱相撲になりました。

第3局は9月30日、豊島七段が後手番になります。
ニコニコ生放送では解説は野月浩貴七段、聞き手が室田伊緒女流二段です。
豊島七段の巻き返しに期待ですね。戦型は横歩取りかな?

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

脳トレ5手詰
北浜健介著
¥1,296






やたら発音がいい「スーパーモリシタタイム!」

【モリシタ集め】奇跡のスーパーモリシタタイム開幕!おもしろ将棋棋士勢揃い!


ニコニコチャンネル「マックスむらい部」より、モリシタ集めを紹介する動画、
のはずが、登場棋士のエピソードを話す時間の方が多くなってしまっている動画です。
ドワンゴの将棋番組のディレクター、
月田さん(渡辺二冠にニコって言われてる方かも?)も登場し、
ニコニコ生放送での話も織り交ぜつつゲームより棋士が紹介されていきます。
マックスむらいさんは本名村井智建さんといって、
iPhoneのアプリレビューやパズドラのオフィシャルグッズショップの運営などをしている、
AppBank株式会社の代表取締役CEOで、
マックスむらいの名前でこんな動画のようなこともしています。
森下卓九段をはじめ、「伝説のヒフミン」、「光っている方のサトシン」、
「一家に一台デンオウテ」、「期待の星スガイ」、「ギターの方のサトシン」、
「ギャンブラーヤシキ」、「天然のタイチ」、「捌きのクボ」と、
今度の電王戦タッグマッチに出場する棋士をどんどん集めるというゲームです。
エピソードを聞いたときの将棋を知らない村井さんの反応も新鮮で面白いです。
確かに将棋の番組でギター弾き語りをしたとか、
「将棋界やべえな」「将棋界レベル高くないっすか?」と言われても仕方ないっすか。

BwMEQ2dCQAEFus_

スマートフォン専用ゲームで、インストール不要です。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

森下卓の矢倉をマスター (NHK将棋シリーズ)
森下卓著
¥1,080






糸谷六段の悶絶解説

【将棋】読み筋に無い手に悶絶する糸谷哲郎六段


8月31日に放送された、第64回NHK杯テレビ将棋トーナメント2回戦、
稲葉陽七段対大石直嗣六段の対局より、
リアクション芸人のように悶える糸谷六段の動画です。
糸谷六段は第59回、第60回のNHK杯で準優勝した実力者ですが、
近年では持ち時間の長い将棋でも力を発揮していて、
現在羽生四冠と森内竜王への挑戦権を争っています。
プロ棋士となってのデビュー戦では橋本崇載八段(当時六段)に勝利し、
対局後に橋本八段に「強すぎる。怪物だ!」と言われてあだ名が怪物君になりました。
そんな糸谷六段が解説ですが、
対局者の稲葉七段と大石六段は糸谷六段の読みにない手を指して、
その度に糸谷六段が悶えています。
放送では「怒りの端歩」、「位取りには玉を固めよ」といった発言も飛び出し、
楽しそうな糸谷六段につられてとても楽しく見ることができました。

ブログランキング・にほんブログ村へブログランキングならblogram

現代将棋の思想 ~一手損角換わり編~
糸谷哲郎著
¥1,575






第2回電王戦記事まとめ
記事検索
将棋観戦のお供に
トワイニングダージリン¥798


Janatブラックシリーズ プレミアムダージリン200g¥1,100

ティートサイト耐熱ガラスティーポットMサイズ400ml¥2,900
ブログランキング
棋士はカワイイ!
将棋の動画を紹介したり、
コラムを書いたりしています。
by teneropi

ブログランキング参加中です。
動画や記事が面白かったときに
ポチッと押してくれると励みになります。

にほんブログ村
にほんブログ村 その他趣味ブログ 将棋へ

人気ブログランキング

将棋アンテナサイトといったらここ
将棋アンテナ棒銀くん
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お勧め将棋の本
将棋世界2014年03月号¥750

NHK将棋講座2014年03月号
¥530


共鳴する頭脳 羽生善治対談集
¥1,554


将棋でサッカーが面白くなる本―3日で理解できる将棋戦法入門
¥1,470


将棋世界ムック 第3回将棋電王戦公式ガイドブック ~世紀の対決を楽しもう~¥1,554


将棋観戦ぴあ¥987
にほんブログ村
  • ライブドアブログ